【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】4/19 新入荷一覧! 


●ジョン・パティトゥッチ / ソウル・オブ・ザ・ベース / AGATE、インパートメント / AGIP3636 / 4532813836362 / CD / 2,700円(税込)

世界最高峰のベーシスト ジョン・パティトゥッチの4年ぶりのリーダー・アルバムが完成。
チック・コリア、ウエイン・ショーターといった超一流ジャズミュージシャンたちから厚い信頼を寄せられている人気ベーシスト。生誕の地ブルックリンにて作り上げた話題を呼んだ前作『ブルックリン』より4年の年月をかけ自身のベースを大胆にフィーチャーしベースの独奏や人気急上昇中のドラマー、ネイト・スミスを迎えたファンキーな楽曲など渾身のリーダー作となっています。(新譜案内より)

ソングリスト
1.Soul of the Bass
2.Seeds of Change
3.Morning Train
4.The Call
5.Mystery of The Soul
6.Morocco
7.Elvin
8.Earth Tones
9.Seeds of Change Reprise
10.Allemande in D miner (J.S.Bach)
11.Sarab
12.Trust
13.Truth







●JOSHUA REDMAN / Come What May(LP) / NONESUCH / 7559792674 / 0075597926743 / LP / 2,700円(税込)

※LP
現代ジャズ・サックス界のイノベータ―、ジョシュア・レッドマンが約20年振りに、ジョシュア・レッドマン(sax)、アーロン・ゴールドバーグ(p)、リューベン・ロジャース(b)、グレッグ・ハッチンソン(ds)とのカルテット編成でニュー・アルバムをリリース!互いを良く知る仲間たちとの、タイトで自由なパフォーマンスと“マジック”がまさしく聴きどころになる本作『COME WHAT MAY』、完成!(新譜案内より)

Joshua Redman, saxophone
Aaron Goldberg, piano
Reuben Rogers, bass
Gregory Hutchinson, drums

ソングリスト
A1.Circle Of Life
A2.I’ll Go Mine
A3.Come What May
B1.How We Do
B2.DGAF
B3.Stagger Bear
B4.Vast







●BILL FRISELL&THOMAS MORGAN / Epistrophy / ECM / 577156 / 0602557701562 / CD / 2,484円(税込)

2017年にリリースされたデュオ・アルバム『Small Town』が大絶賛された現代ミュージック・シーンの重鎮ギタリスト、ビル・フリゼール、そして世代が異なりながらも盟友のベーシスト、トーマス・モーガンによる2016年3月のNYヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ盤がリリース。

本作では『Small Town』で捉えた2人のプレイヤーの親密な音楽交流を再び今度は観客がいる中で再度捉えた名レコーディング。2人の愛するアメリカーナの歌集(「All in Fun」、「Red River Valley」、「ラストダンスは私に」)など詩的な曲の他に、2人がそれぞれよく共演してきたPaul Motianによるコンポジション「Mumbo Jumbo」の別バージョン、さらにビリー・ストレイホーンの「Lush Life」やフランク・シナトラのヒット曲「In The Wee Small Hours Of the Morning」などを見事にとらえ、歌手がいなくても有名な言葉が空中に浮かぶように見えるライヴ。そして アルバム中盤には、モンクのファンキーな「Epistrophy」そして反芻のバラード「Pannonica」。そして、『Small Town』に「Goldfinger」を収録していたように、 ジェームズ・ボンド映画からメロディが豊富なジョン・バリーの「ジェームズ・ボンドは二度死ぬ」のタイトル曲も演奏!
なお、Bill Frisell は2年ぶりにThomas Morganも参加のトリオでの来日公演が決定!2019 6.8 (土), 6.9 (日), 6.10 (月)ブルーノート東京。

ソングリスト
1.Me [Live At The Village Vanguard, New York, NY / 2016]
3.York, NY / 2016]
4.You Only Live Twice [Live At The Village Vanguard, New York, NY / 2016]
5.Lush Life [Live At The Village Vanguard, New York, NY / 2016]
6.Epistrophy [Live At The Village Vanguard, New York, NY /2016]
7.Pannonica [Live At The Village Vanguard, New York, NY / 2016] 1.1.8.Red River Valley [Live At The Village Vanguard, New York, NY / 2016]
9.In The Wee Small Hours Of The Morning [Live At The Village Vanguard, New York, NY / 2016]







●THIERRY ELIEZ / Improse Extended / DOOD MUSIC / AD4896C / 3521383448960 / CD / 2,376円(税込)

※デジパック

Thierry Eliez (p)
Ivan Gelugne (b)
Andre Ceccarelli (ds)

ソングリスト
1.Circum
2.Satie
3.Absinthe
4.Forango
5.Rêverie
6.Intérieur Nuit
7.Frida
8.Triptyque
9.Incognition







●ALEX TASSEL / Past & Present / A Quiet Place / LES BELOUGAS MALICIEUX / AD5465C / 3521383454657 / CD / 2,808円(税込)

※デジパック / 2CD

Alex Tassel (flh)
Rick Margitza (ts)
Jason Rebello (key)
Viktor Nyberg (b)
Julien Charlet (ds)

A Quiet Place
Alex Tassel (flh)
Christophe Panzani (sax)
Jason Rebello (key)
Reggie Washington (b)
Manu Katche (ds)

ソングリスト
Disc 1
1.Mood
2.Abimes
3.Be there
4.Elot
5.My funny valentine
6.Mood
7.Cherokee
8.Gone
Disc 2
1.Ntb
2.Greyboy
3.Roadtrip
4.A quiet Place
5.Abimes
6.Out of town
7.Happy ( dedicated to rh )
8.Dance cadaverous
9.Jam







●長谷部智之 / aitch and emz / インパートメント / 45328138422 / 4532813842202 / CD / 2,808円(税込)

グラミー賞受賞者らから賞賛される作曲家・ドラマー、Tomo Hasebe(長谷部智之)がOz NoyらNYの実力派ミュージシャンを率いて制作した、インストゥルメンタル・アルバム。Evan Marien、Ole Mathisen、Isamu McGregorら参加。

長谷部智之(ds), Evan Marien (ba), Ole Mathisen (sax), Isamu McGregor (keys)​
& Special guest Oz Noy (gt)

ソングリスト
1 Mind Complex (feat. Oz Noy & Ole Mathisen)Tomo Hasebe 07:25
2 Allen Street (feat. Evan Marien)Tomo Hasebe 09:11
3 Daniel (feat. Ole Mathisen & Isamu McGregor)Tomo Hasebe 08:02
4 Christopher! (feat. Oz Noy, Ole Mathisen & Evan Marien)Tomo Hasebe 09:15
5 aitch and emz (feat. Isamu McGregor & Ole Mathisen)Tomo Hasebe 07:59






▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 4/18 新入荷一覧! 



●BILL EVANS / Evans in England: Live at Ronnie Scott's / RESONANCE RECORDS / HCD2037 / 0712758040329 / CD / 3,240円(税込)
●ビル・エヴァンス / エヴァンス・イン・イングランド (日本語帯、解説付= 英文解説完全翻訳 ブックレット付き) / キングインターナショナル / JPN / KKJ1035 / 4909346018051 / CD / 3,600円(税込)

ビル・エヴァンス第二期トリオ@ロンドン“ロニー・スコッツ”
トリオ結成初期を記録した『Live at Top of the Gate』から一年
69 年12月、格段の深化を見せたトリオの演奏!

今や説明不要ともなった21世紀のヒストリカル・レーベル、Resonanceから、ビル・エヴァンスの未発表作品がリリースされます。これまで、Resonanceでは、モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのライヴ録音でしか聴くことができなかったエディ・ゴメスとジャック・ディジョネットによるトリオの最高に貴重な2音源を『Some Other Time』,『 Another Time』として作品化し、ジャズ界を驚嘆させましたが、本作は、レーベルが初めて送り出したエヴァンス未発表作品、『Live at Top of the Gate』(1968年10月23日録音/2012年リリース)の約一年後の演奏を送り出してくれました。

トリオはエディ・ゴメス、マーティ・モレルによる第二期トリオとよばれ、エヴァンスのキャリアの中で最も長い活動歴となったメンバーによるもの。『Live at Top of the Gate』では結成間もないトリオが、NYで繰り広げた瑞々しい演奏を聴くことができましたが、本録音はイギリス、ロンドンにある名クラブ“ロニー・スコッツ”での演奏。ロニー・スコッツでは、前年68 年も一ヶ月もの間演奏しており、その時の体験をエディ・ゴメスとジャック・ディジョネット双方が最高の演奏だったと語っていますが、エヴァンスは翌69 年も新たに結成したトリオで出演。

トップ・オブ・ザ・ゲイトでの演奏においては、まだ手さぐりな部分も見受けられましたが、3 人は一年の時を経て、格段に深化。エヴァンスの演奏と密接に絡み合い、オリジナルなアーティキュレーションも見せるゴメスのベース・ライン、繊細なスウィング感と共に、トリオに活力を与えるモレルのドラミングによって、演奏は、随所で三者が化学反応を見せる展開。その後74 年まで続いていくトリオの長命の歴史を予感させるものもあります。

楽曲は、これぞエヴァンスというナンバーを中心とする中、“Sugar Plum ”“The Two Lonely People ”といった楽曲の初期録音を記録している点でも貴重。また“My Foolish Heart”と“Waltz for Debby”の並びでの収録は、ヴァンガードの名演を作品化した『ワルツ・フォー・デビー』と同じトラック・オーダー。編集性にも興味深いものを感じさせます。

音源は、フランス人の“Joe”と名乗る熱心なコレクターが、ドキュメンタリー映画『Turn out the Stars』を撮影したLeon Terjanianに2016 年にコンタクトしたことがきっかけ。エヴァンスも容認の元、Joe によって録音されていたテープはTerjanian からResonanceへとわたり、関係各所とライセンス契約を結び、作品化されたました。音質は臨場感が抜群。ジャケットのクールさはもちろんのこと、Resonanceらしく、今回もチャック・スチュアート、ジャン・ピエール・ルロアらのレアな写真を使用し、エディ・ゴメス、マーティー・モレルへのインタビューをはじめ、貴重なエピソードを満載したブックレット付き。今回も、アーティストへのリスペクトを感じるリリースです。

* 音源のごく一部にマスターテープに起因する音質のゆがみがあります。予めご了承ください。

Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Marty Morell(ds)


ソングリスト
Disc 1
1. Our Love Is Here to Stay (4:44)
2. Sugar Plum (9:44)
3. Stella By Starlight (6:23)
4. My Foolish Heart (4:41)
5. Waltz for Debby (7:59)
6. 'Round Midnight (6:37)
7. The Two Lonely People (8:07)
Disc 2
1. Elsa (7:16)
2. What Are You Doing for The Rest of Your Life? (5:50)
3. Turn Out the Stars (5:20)
4. Re: Person I Knew (8:51)
5. Goodbye (2:39)
6. Come Rain or Come Shine (5:11)
7. Very Early (5:03)
8. So What (9:35)
9. Midnight Mood (5:07)
10. Polka Dots and Moonbeams (4:15)







●WES MONTGOMERY / Back on Indiana Avenue: The Carroll DeCamp Recordings / RESONANCE RECORDS / HCD2036 / 0712758040312 / CD / 3,240円(税込)
●ウェス・モンゴメリー / バック・オン・インディアナ・アヴェニュー:キャロル・デキャンプ・レコーディングス(日本語帯、解説付= 英文解説完全翻訳ブックレット付き) / キングインターナショナル / JPN / KKJ1034 / 4909346018044 / CD / 3,600円(税込)

<<メジャー・デビュー直前の若々しくも完成されたウェス>>傑作“Four On Six””Jingles”の最初期バージョンの他、“So What”や“Opus De Funk”など注目曲の数々...ジャズ史に輝くレジェンドのエピソード・ゼロを補完する秘蔵音源!

※2CD / デジパック
ウェス・モンゴメリーの未発表音源を次々と世に送り出し、ファンを狂喜乱舞させてきたレゾナンス・レコードがまたまたやってくれました。スタン・ケントン楽団などへアレンジを提供していたことで知られるキャロル・デキャンプ秘蔵の音源が陽の目を見ます!編成は、(1)ピアノ・カルテット、(2)オルガン・トリオ、(3) ホーン入りセクステット、(4)ドラムレス・ピアノ・トリオ(ナット・キング・コールなどで知られる編成)、と4 種類に分けられます。

参加メンバーは、いずれも“推定”ではありますが、盟友メルヴィン・ライン(org) の他、ウディ・ハーマン楽団などで知られたジョン・バンチ(p)、ジム・ホールのデビュー作でスウィンギーなプレイを聴かせた早逝の名手カール・パーキンス(p)、そして、ジョージ・ラッセルの『Jazz In The Space Age』(1960年)などへ参加する名手デヴィッド・ベイカー(tb)とデヴィッド・ヤング(ts)らが名を連ねます。

“Jingles” ”Four On Six””Mr. Walker” ”West Coast Blues”といった、のちのリヴァーサイド作品 『The Wes Montgomery Trio』(1959年) と 『The Incredible Jazz Guitar』 (1960年) へ収録されるオリジナル曲の最初期バージョンが並んでおり、これらの完成度にはただただ驚愕!また、マイルス・デイヴィスが 『Kind Of Blue』 (1959年)で発表したばかりのモード曲“So What”がさっそく演奏されており、インディアナポリスという地方にいながら、ジャズの最先端に対してしっかりとアンテナを張り巡らせていた姿勢がうかがえます。ジャム・セッション風“Stompin' At The Savoy”のドライブ感は強烈で、この白熱した演奏から、あのチャーリー・クリスチャンの名演を想起するファンもいるかもしれません(“The End Of A Love Affair”のソロの途中では、クリスチャンが得意としていた“Topsy=Swing To Bop”のテーマも引用されます)。

“Summertime”では[シングル・ノート→オクターブ→ブロック・コード]という伝家の宝刀を、“Opus De Funk”ではパット・マルティーノに受け継がれた休みなく8 分音符が連続する瞬間を、それぞれお見逃しなく!本作中、最も熱く燃え上がっているのは古いスタンダード曲“Between The Devil And The Deep Blue Sea”でしょう。叩き付けるようなピアノのコード・バッキングに対し、ウェスは「売られた喧嘩は買ってやる!」と言わんばかりの豪胆なアドリブで応酬……もう壮絶!そして、情緒豊かに歌い上げる“Easy Living”等々。兎にも角にも、メジャー・デビュー直前の若々しくも完成されたウェスのオンパレードです。

収録時の詳細は不明ですが、スタジオもしくはウェスの自宅と思しき場所から、明らかに歓声が入るライヴもしくはパーティのようなものまであり、このプライベート感もファンとしては垂涎。ブックレットには、音源の所有者キャロル・デキャンプの甥でギタリストのロイス・キャンベルの他、ジョン・スコフィールドやジョージ・ベンソンといったトップ・ミュージシャンのインタビューも含まれ、彼らの“ウェス観”は非常に興味深いものがあります。ライオネル・ハンプトン楽団の退団(1950年)以降、リヴァーサイドからのメジャー・デビュー(1959年)まで、比較的謎とされていたその期間が、レゾナンス・レコードがこれまでリリースしてきた『Echoes Of Indiana Avenue』『In The Beginning』『One Night In Indy』、そして今回の『Back On Indiana Avenue』によって明らかになってきました。偉大なミュージシャンのエピソード・ゼロを補完させるためにも、ファンにとってはマスト・バイな1枚です。

Wes Montgomery(g), Earl Van Riper, Buddy Montgomery, John Bunch, Carl Perkins(p), Melvin Rhyne(org, p),
Monk Montgomery, Mingo Jones(b), Paul Parker, Sonny Johnson(ds), David Baker(tb “Sandu” & “Whisper Not”),
David Young(ts “Sandu” & “Whisper Not”)

ソングリスト
Disc 1
1. Four On Six (4:45)
2. Mr. Walker (3:45)
3. 'Round Midnight (7:12)
4. So What (4:56)
5. The End of A Love Affair (4:25)
6. Tune Up (4:34)
7. West Coast Blues (3:14)
8. Jingles (8:19)
9. It's You Or No One (4:29)
10. Nothing Ever Changes My Love For You (5:56)
11. Ecaroh (3:49)
12. Sandu (4:26)
13. Whisper Not (6:45)
Disc 2
1. Stompin' at the Savoy (7:26)
2. It's You or No One (Take 2) (9:21)
3. Opus De Funk (6:52)
4. Summertime (9:38)
5. Between the Devil and the Deep Blue Sea (4:51)
6. Easy Living (5:49)
7. Four (5:36)
8. I'll Remember April (5:23)
9. The Song Is You (8:48)







●ZIV RAVITZ / No Man Is An Island / SOUND SURVEYOR MUSIC / AD5044C / 3521383450444 / CD / 2,376円(税込)

アヴィシャイ・コーエンが参加した前作から7年・・・ドラマー、ジヴ・ラヴィッツの2019年作がリリース。
数々のビッグ・ネームと共演を重ねるギタリスト、ニール・フェルダー、アントニオ・サンチェスが参加したリーダー作が2018年にCRISS CROSSからリリースしたサックス奏者ウィル・ヴィンソンという実力派を従えてのトリオ作。
スペシャルゲストとしてギラッド・ヘクセルマン、ヴァンサン・ペラニも参加していますがやはり注目はカミラ・メザが1曲で参加しているところ。ガッチリとした演奏に現代ジャズを注目の1作。

Ziv Ravitz (ds, electornics)
Nir Felder (g)
Will Vinson (sax)

Special Guest
Gilad Hekselman (g : 1, 2, 6)
Camila Meza (vo : 9)
Vincent Peirani (acc : 10)

ソングリスト
1.Naomi
2.Peire Aussane
3.No man is an island
4.Emma and Mika
5.The story teller
6.The dragon
7.Instant
8.If I only had an answer
9.Peire Aussane vocal version
10.Sleep next to me



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 4/16~17 新入荷一覧! 


●ケン・ペプロフスキー / 小さな花 / ヴィーナスレコード / JPN / VHCD-1259 / 4571292512596 / CD / 2,880円(税込)

ソングリスト
1.小さな花
2.ブルー・ボッサ
3.ドリーム
4.マイ・マン
5.ハッシャバイ
6.ヒアズ・トゥ・ライフ
7.慕情
8.イフ・ユー・アー・バット・ア・ドリーム
9.ソー・イン・ラヴ
10.アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー
11.タンジェリン
12.これからの人生







●市原ひかり / シングス&プレイズ / ポニーキャニオン / JPN / PCCY-30250 / 4988013831513 / CD / 3,000円(税込)

ソングリスト
1.マイ・ファニー・ヴァレンタイン
2.マイ・シャイニング・アワー
3.ハウ・マイ・ハート・シングス
4.ビバップ・リヴズ
5.ビーイン・グリーン
6.嘘は罪
7.バット・ビューティフル
8.アイム・オールド・ファッションド
9.ライク・サムワン・イン・ラヴ
10.ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン







●マリオン・ブラウン・クインテット / ミランテ~オファリングII / ヴィーナスレコード / JPN / VHGD-336 / 4580051150733 / SACD / 4,428円(税込)

ソングリスト
1.ミランテ
2.サマー・セレナーデ
3.クルシフィカード
4.トムズ・ムード
5.ラ・プラシータ
6.モントゥーノ・マイ・ヘッド
7.チェット・セット



●ジョバンニ・グイディ・トリオ / トゥモロー・ネバー・ノーズ / ヴィーナスレコード / JPN / VHGD-337 / 4580051150740 / SACD / 4,428円(税込)

ソングリスト
1.スリープ・セイフ・アンド・ワーム
2.ターンアラウンド
3.ヨーガ
4.バイ・ジス・リバー
5.バック・イン・ザ・USSR
6.ベガット・キッチン
7.トゥモロー・ネバー・ノーズ
8.ベラ
9.モーション・ピクチャー・サウンドトラック
10.ノルウェイの森
11.ダフ
12.アリス・イン・ネバーランド
13.ジロトンド・ペル・フランシス



●リタ・パイエス with マッシモ・ファラオ feat.スコット・ハミルトン / マイ・アイデアル / ヴィーナスレコード / JPN / VHGD-335 / 4580051150726 / SACD / 4,428円(税込)

ソングリスト
1.無意味な風景
2.アイム・オールド・ファッションド
3.セイブ・ユア・ラブ・フォー・ミー
4.波止場にたたずみ
5.忘れられぬ君
6.風と共に去りぬ
7.愛の十字路
8.シダーズ・ブルース
9.ファンジー・ママ
10.マイ・アイデアル







●MARIOLA MEMBRIVES / Lorca, Spanish Songs / NUBA / KAR740 / 8428353074028 / CD / 2,376円(税込)

スペインの女性ボーカリストMARIOLA MEMBRIVESの作品が入荷。
なんと昨年新作をリリースし、フジロック2018の出演や単独公演も行った鬼才マーク・リーボウが全面参加しています。彼女の民族性が色濃く表れた歌唱にマーク・リーボウのヒリヒリするようなギター・サウンドが、切ったら血が出るような人間味溢れる世界観をつくっている力強い作品。

ソングリスト
1. Anda Jaleo
2. La Tarara
3. Nana de Sevilla
4. Los cuatro muleros
5. Sones de Asturias
6. Agua ¿Dónde vas?
7. En el Café de Chinitas
8. Zorongo gitano
9. Las morillas de Jaén
10. Romance Pascual de los Pelegrinitos
11. En tiempos extraños







●DAN PAPIRANY / 2018 / 自主制作 / DP201801 / 0191061813859 / CD / 2,916円(税込)

ニュージーランド、オークランドでジャズピアニストとしてのキャリアをスタートさせ、現在はオーストラリア、クイーンズランドを拠点に活動しているピアニスト、ダン・パピラニー待望のピアノトリオ新作。

Dan Papirany (p)
Marsh Robinson (b)
Steve Wright (ds)

ソングリスト
1.There Is No Greater Love
2.Maya’s Walk
3.When Sunny Get Blue
4.Raindrops Keep Falling on My Head
5.Almost Like Being in Love
6.Tick It
7.Green and Flowing
8.It Could Happen to You
9.Little Girl Blue
10.A Secret Love







●ハンタートーンズ / パスポート / ピーヴァインレコード / JPN / PCD-24832 / 4995879248324 / CD / 2,592円(税込)

ソングリスト
1.CLUTCH
2.BIRD SONG
3.TOGO
4.HONDO
5.STAR OF THE EAST
6.FARA
7.BAD DAVID
8.CHANGE
9.FERGAL’S TUNE
10.PARUSHA
11.WHAT A WONDERFUL WORLD (ボーナス・トラック)






●太田耕平 / Do you like Do-you? / PQ Records / JPN / PQ001 / 4988044885356 / CD / 2,000円(税込み)







●JOSH LAWRENCE / Triptych / POSI-TONE / PR8194 / 0768707819423 / CD / 2,160円(税込)

注目株のトランペッター、Josh Lawrence のPosi-Tone からのサード・アルバムが登場。ハイテンションでありながらメロディーを十分に歌わせるトランペットが堪能できる1枚。アルトサックスとフロント 2 管で繰り広げられるハードバピッシュな自信作。(新譜案内より)

Josh Lawrence - trumpet
Caleb Curtis - alto sax
Zaccai Curtis - piano
Luques Curtis - bass
Anwar Marshall - drums
Brian Charette - organ (10)
2018年9月16日録音

ACOSTIC RECORDING,BROOKLYN,NY

ソングリスト
1.We’re Happiest Together
2.Composition #1
3.Composition #2
4.Composition #3
5.Sugar Hill Stroll
6.Earth
7.Wind
8.Fire
9.Sunset In Santa Barbara
10.That’s The Way Of The World



●PATRICK CORNELIUS / This Should Be Fun / POSI-TONE / PR8195 / 0768707819522 / CD / 2,160円(税込)

NYジャズ界で高い評価を受ける若手アルトサックス奏者の注目のワンホーン・カルテット盤。

メンバー:
Patrick Cornelius - alto sax
Ben Allison - bass
John Escreet - piano
Mark Ferber - drums
Nick Vayenas - trombone 2. 3. 5. 6. 9

ソングリスト
1. Big Pictures 6:45
2. Leaving Paradise 5:09
3. This Should Be Fun 5:00
4. Precious Souls 2:22
5. Telescope 5:38
6. Dissolution (N. Vayenas) 7:07
7. Restless Willow 4:59
8. Like Kenny 7:20
9. One Shy Of A Dozen 5:19
10. For Morgan 7:56







●LYNELL QUIANA / Little Love / CONCORD / CJA00131 / 0888072087545 / CD / 2,160円(税込)

ブルース / ジャズ・シンガーQuiana Lynellのデビュー作がConcordからリリース。
幼少期からゴスペルに触れていたということもあり、ゴスペル・ライクなソウルフルなテイストにジャジーな音使いが印象的で、何よりも聴いていて心地よいこの歌声がたまりません。黒人女性ヴォーカリスト好きに大プッシュ!

ソングリスト
1.We Are
2.Tryin' Times
3.Move Me No Mountain
4.Medley: Come Sunday / I Wish I Knew (How It Would Feel to Be Free)
5.They All Laughed [feat. Jamison Ross]
6.Just A Little Lovin' (Early In The Mornin')
7.You Hit The Spot
8.Hip Shakin' Momma
9.What Is Love?
10.Sing Out, March On







●VIC JURIS / Two Guitars / STEEPLE CHASE / SCCD31869 / 0716043186921 / CD / 2,592円(税込)

ギタリストVIC JURISのレギュラートリオでのレコーディング・アルバム!
タイトルの「TWO GUITAR」はエレキとアコースティック両方を使用して付いたタイトル。普段ニューヨークで定期的に演奏しているお馴染みのメンバーで息の合ったベテランならではという感じ。
余裕のあるプレイで独創的なラインとハーモニーが聴きどころ。

Vic Juris(g)
Jay Anderson(b)
Adam Nussbaum(ds)

ソングリスト
1.Cerise
2.E.S.P.
3.In Three For Two
4.To John
5.Sarasota
6.A Chant For Larry
7.Julia
8.Dreaming
9.Mayaguez
10.Kirby’s Scene




●JAY ANDERSON / Deepscape / STEEPLE CHASE / SCCD31870 / 0716043187027 / CD / 2,592円(税込)

STEEPLECHASEだけで92作品に参加しているベーシストのジェイ・アンダーソン。彼の最新作は参加メンバー、楽曲、使用されている楽器も含めてとてもユニークで多様性に富んだサウンドが魅力だ。サイドマンとしての活躍が多いアーティストだがメロディアスでリリカルなラインに加えシャープな演奏も十分堪能できる内容となっております。

Jay Anderson(b,tibean singing bowl-3)
Billy Drewes(as,ss,bcl)
Kirk Knuffke(cor-2,3,4,6,7,8,10)
Matt Wilson(ds-2,3,4,6,7,8,9,10)
Frank Kimbrough(harmonium-3,9,11)
Rogerio Boccato(per-3,6,7,9)

ソングリスト
1. Deepscape(Jay Anderson)
2. Shades Of Jazz(Keith Jarrett)
3. Rothko Chapel(Morton Feldman)
4. Southern Smiles(Keith Jarrett)
5. And So It Goes(Billy Joel)
6. Time Of The Barracudas(Gil Evans)
7. Sweet And Lovely(Gus Arnheim, Harry Tobias, Charles Daniels)
8. Momentum(Jay Anderson)
9. Witch-Tai-To(Jim Pepper)
10. The Mighty Sword(Branford Marsalis)
11. Tennessee Waltz(Pee Wee King, Redd Stewart)







●MARK GUILIANA / BEAT MUSIC BEAT MUSIC BEAT MUSIC / MOTEMA MUSIC / MTM0324 / 0181212003246 / LP / 3,564円(税込)

※LP / 180g
デヴィッド・ボウイの遺作に参加、ブラッド・メルドー、アヴィシャイ・コーエンなどのグループで活躍し自身のグループでもアルバムをリリースし現代の最高峰ドラマーの地位を確立したマーク・ジュリアナの最新作「ビート・ミュージック!ビート・ミュージック!ビート・ミュージック!」(AGIP-3635)が日本先行発売で4/5にリリースされます。 アルバムにはATCQ新作参加の鍵盤奏者、BIGYUKI、ボウイの★にも参加したジェイソン・リンドナー(key)、ティム・レフェーヴル(ba)、グレッチェン・パーラトが参加。(新譜案内より)

ソングリスト
A1.GIRL 05:05
A2.BONES 05:27
A3.BUD 03:56
A4.BULLET 04:33
A5.HOME 03:51
B1.ROAST 04:35
B2.HUMAN 07:01
B3.BLOOM 04:24
B4.STREAM 06:35


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 4/13 新入荷一覧! 


●JASON PALMER / RHYME AND REASON / Giant Step Arts / 0888295834124 / CD / 2,700円(税込)

近年、増々認知度を上げているトランぺッター、ジェイソン・パルマーの新作カルテットが登場!!

本作はなんとマーク・ターナーとの2ホーン。クロスオーバーではないNYのストレート&コンテンポラリーのトランぺッターとしては、いまや最右翼と言える存在になりました。アレンジメントはシンプルでも細部は緻密。それを可能にする完璧主義的な手腕がこの作品にも活かされています。

Jason Palmer, trumpet
Mike Turner, saxaphone
Matt Brewer, bass
Kendrick Scott, drums

1. Herbs in a Glass (Live) 12:31
2. Rhyme and Reason (Live) 16:22
3. Blue Grotto (Live) 5:44
4. Sadhana (Live) 12:53
5. The Hampton Inn (For Alan) [Live] 11:41
6. Mark's Place (Live) 16:51
7. Waltz for Diana (Live) 12:37
8. Kalispel Bay (Live) 17:26





●宇根崎緑 / Green / CD / 2,500円(税込) / nanopeaks / JPN / NN0010 / 4562286560105

明るく楽しいライブが好評 JAZZ VOCAL宇根崎 緑、10年ぶりの新作。

PRODUCERはベーシスト中村健吾氏。ギタリスト大野こうじ氏。
息の合った3人の調和を お楽しみ下さい。

温かみのあるボーカルと弦楽器ベースとギターのトリオ
JAZZスタンダードやpops 映画音楽を綴る作品を発表。
DUOからフルバンドまで様々な形態で 即興性高く 明るく楽しいライブが好評の関西を中心に活躍するボーカリスト 宇根崎 緑の10年振りの新作。
PRODUCERは世界的に活躍するベーシストの中村健吾氏
リズム・メロディ・フレーズが揃った端正な美しい音色を奏でる
関西を中心に活躍する ギタリスト大野こうじ氏
2015年より東京でライブ活動を開始した 息の合った3人の演奏の空気感、色が混ざり合う調和を お楽しみ下さい。

宇根崎 緑 プロフイール (うねさき みどり)ジャズボーカリスト
学生時代よりジャズボーカルを始める。
2006年 2007年 浅草JAZZコンテストボーカル部門 2年連続銀賞受賞。
2006年 神戸JAZZボーカルコンテスト 神戸・新開地特別賞受賞。
NHKテレビ、FMラジオ等、出演多数。
関西を中心にライブハウス、パーテイ演奏活動中。
FM COCOLOナレーション活動やJAZZボーカル講師として後進の指導を行う。
CD 2007年「 MIDORI 」2009年「FALLING IN LOVE WITH LOVE」2枚リリース

【Member】
宇根崎 緑 MIDORI UNESAKI (VOCAL)
中村 健吾 KENGO NAKAMURA (BASS)
大野 こうじ KOUJI OHNO (GUITAR)

ソングリスト
1. LOUISIANA SUNDAY AFTERNOON (4 : 41)
2. EVERYTHING HAPPENS TO ME (5 : 24)
3 .MY FAVORITE THINGS (4 : 52)
4. MOON DANCE(5 : 07)
5. IF I SHOULD LOSE YOU(6 : 48)
6. DO YOU KNOW WHAT IT MEANS TO MISS NEW ORILEANS(4 : 03)
7. THROW IT AWAY(3 : 58)
8. WE’LL BE TOGETHER AGAIN(5 : 19)
9. HAVEN’T WE MET(3 : 17)
10. TRAV’LIN’ LIGHT(4 : 49)
11. SOMETHING GOOD(3 : 26)
12 . THAT’S ALL(2 : 44)







●藤井郷子 / ストーン / Libra records / JPN / LIBRA-201056 / 4562169330566 / CD / 2,484円(税込)

静寂なのか、音なのか、波動なのか
昨年還暦を記念して12ヶ月連続リリース行い話題となった藤井郷子が、早くも新録ソロ作をリリース。内部演奏などの特殊奏法を駆使し、変化に富んだコンパクトな楽曲を多数収録。前衛性と親しみやすさを併せもった、多くの人にお勧めしたい一枚です。アルバムの最後には2011年に亡くなったベーシスト是安則克の楽曲を収録。
還暦プロジェクトを終えて、より確信を持って自身の音楽を追求するピアニスト藤井郷子の新たな第一歩をお聴き逃しなく!(新譜案内より)

藤井郷子 (p)

All music composed by Satoko Fujii except “Eternity” by Norikatsu Koreyasu

ソングリスト
1. Obsius
2. Trachyte
3. Biotite
4. River Flow
5. Shale
6. Phonolite
7. Lava
8. Icy Wood
9. Piemontite Schist
10. Chlorite
11. Basalt
12. Sand Stone
13. Marble
14. Ice Waterfall
15. Eternity







●PHAROAH SANDERS / AFRICA / TIDAL WAVES MUSIC / TWM25 / 0742338383546 / LP / 4,320円(税込)

ソングリスト
A1.You've Got To Have Freedom
A2.Naima
A3.Origin
B1.Speak Low
B2.After The Morning
B3.Africa






●ULYSSES OWENS JR. / SONGS OF FREEDOM / Resilience Music / 0192641064197 / CD / 1,944円(税込)


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】4/12 新入荷一覧! 


●ノラ・ジョーンズ / ビギン・アゲイン / ユニバーサルミュージック / UCCQ-1097 / 4988031325117 / SHM-CD / 2,268円(税込)
●NORAH JONES / BEGIN AGAIN / BLUE NOTE / 7744041 / 0602577440410 / CD / 1,836円(税込)
●NORAH JONES / Begin Again(LP) / BLUE NOTE / 7744040 / 0602577440403 / LP / 3,456円(税込)

★シンガー・ソングライターとして更なる進化を遂げた、2年半ぶりの新作、緊急世界同時発売!

●2016年にアルバム『デイ・ブレイクス』のリリース後、長期に渡るプロモーション、そしてアルバムを引っさげてワールド・ツアーを行なったノラだったが、昨年、ひっそりとスタジオに入り、“songofthemoment”(ソング・オブ・ザ・モーメント) という、何の期待も境界線も持たずに、ただクリエイティヴな道に没頭して音楽を作れるという純粋な喜びを楽しみながら、友人達とほぼ全て即興というセッションを行ない、配信にて昨年夏から4曲をデジタル・オンリーでシングルを次々にリリース。それらは魅惑的なエレクトロニック・サウンド、厳格なアコースティック・フォーク・バラード、オルガンとホーン満載のソウル・ソングまで、様々なジャンルを網羅。

●今作では更に3曲の新曲(M-2,M-5,M-7)を追加した内容で現在先行配信中の新曲「ジャスト・ア・リトル・ビット」は、ノラ自身のプロデュースで、彼女のヴォーカル、ピアノ、オルガンの他に、ブライアン・ブレイドのドラムス、クリストファー・トーマスのベース、デイヴ・ガイのトランペット、レオン・マイケルズのテナー・サックスが堪能できる。

●ノラのクリエイティヴィティを色々な角度から撮影した7枚のスナップ写真のような作品。

CDソングリスト
1.マイ・ハート・イズ・フル
2.ビギン・アゲイン
3.イット・ワズ・ユー
4.ア・ソング・ウィズ・ノー・ネーム
5.アッ・オゥ
6.ウインタータイム
7.ジャスト・ア・リトル・ビット

LPソングリスト
A1.My Heart Is Full,
A2.Begin Again,
A3.It Was You,
A4.A Song With No Name
B1.Uh Oh,
B2.Wintertime,
B3.Just A Little Bit







●BILL FRISELL/THOMAS MORGAN / Epistrophy(2LP) / ECM / 7739824 / 0602577398247 / LP / 6,048円(税込)

※2LP
2017年にリリースされたデュオ・アルバム『Small Town』が大絶賛された現代ミュージック・シーンの重鎮ギタリスト、ビル・フリゼール、そして世代が異なりながらも盟友のベーシスト、トーマス・モーガンによる2016年3月のNYヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ盤がリリース。

本作では『Small Town』で捉えた2人のプレイヤーの親密な音楽交流を再び今度は観客がいる中で再度捉えた名レコーディング。2人の愛するアメリカーナの歌集(「All in Fun」、「Red River Valley」、「ラストダンスは私に」)など詩的な曲の他に、2人がそれぞれよく共演してきたPaul Motianによるコンポジション「Mumbo Jumbo」の別バージョン、さらにビリー・ストレイホーンの「Lush Life」やフランク・シナトラのヒット曲「In The Wee Small Hours Of the Morning」などを見事にとらえ、歌手がいなくても有名な言葉が空中に浮かぶように見えるライヴ。そして アルバム中盤には、モンクのファンキーな「Epistrophy」そして反芻のバラード「Pannonica」。そして、『Small Town』に「Goldfinger」を収録していたように、 ジェームズ・ボンド映画からメロディが豊富なジョン・バリーの「ジェームズ・ボンドは二度死ぬ」のタイトル曲も演奏!
なお、Bill Frisell は2年ぶりにThomas Morganも参加のトリオでの来日公演が決定!2019 6.8 (土), 6.9 (日), 6.10 (月)ブルーノート東京。

ソングリスト
Disc 1
A1. All In Fun
A2. Wildwood Flower / Save The Last Dance For Me
B1. Mumbo Jumbo
B2. You Only Live Twice
Disc 2
A1. Lush Life
A2. Epistrophy
A3. Pannonica
B1. Red River Valley,
B2. In The Wee Small Hours Of The Morning







●ベン・モンダー / デイ・アフター・デイ / SUNNYSIDE / KKE093 / 4909346018075 / CD / 2,890円(税込)
●BEN MONDER / DAY AFTER DAY / SUNNYSIDE / SSC1549 / 0016728154925 / CD / 2,592円(税込)

※2CD / 日本語帯、解説付 / デジパック
90 年代の半ば、NYのシーンで頭角を現し、2016年、ECMでも作品をリリースしたベン・モンダーの最新作品。マーク・ジョンソン・ライト・ブレイン・パトロールへの参加を皮切りに、マリア・シュナイダーのビッグ・バンドでも演奏。リーダー作では、スペイシーなコードが特徴のコンテンポラリー・サウンドから、盟友セオ・ブラックマンとのアンビエント的なサウンド・スケープあり、一方プログレッシヴなロック的サウンドからクラシック的なアプローチまで幅広く、またデヴィッド・ボウイのバック・バンドのメンバーとしてもその名を刻む現代屈指の鬼才といって間違いないでしょう。

本作は、そんなベン・モンダーが数々のカバー・ナンバーに取り組むという注目のプロジェクト。しかも、1枚をソロで構成し、1枚をトリオで構成するという異なるコンセプトも興味尽きないものがあります。どちらも、ベン・モンダーが幼少時から親しんで聞いて大切にしてきたという曲の数々を、楽曲の世界観と対話して、アレンジ。ヘンリー・マンシーニをはじめ、ビル・エヴァンスの演奏でも広く知られる“エミリー”、バカラック、また、ベン・モンダーが大きく影響を受けたというオリビエ・メシアンの楽曲はソロで演奏。浮遊感あふれるコードによって幽玄な空間を生み、詩的なフレージングを交えて美的なサウンド構築を見せる一方、無調的な響きや、対位法的な奏法を見せるなど、現代音楽/ クラシック的なアプローチも見せています。

一方、トリオでの演奏は、バンド・メンバーとのスポンティニアスな演奏を見せる展開。ビートルズ・ナンバーでもある“Long, Long, Long”で、テッド・プアとクールにも切れたインター・プレイを見せる一方、底流には、現代のシーンを象徴するようなモダン・アメリカーナ的なカントリー・サウンドも。また和声の響きも効果的に使ったボブ・ディランの“Just Like A Woman”では哀愁のサウンドを奏でるかと思えば、バッドフィンガーの1971 年のヒット・ナンバー“Day after Day”では、ア
ブストラクトで、プログレッシヴに振り切る演奏も見せてくれます。

原点は、2014 年。Shifting Foundation の助成を得たことによって、この作品に向けて道をさだめたとのことですが、ニューヨークのアパートで数ヶ月にわたってアレンジに取り組んでのプロジェクト。どちらのディスクも、ブルックリンでの録音ながら、目指すサウンドの違いから、Joseph BranciforteとJames Farberというそれぞれのサウンドに長けた2人のエンジニアを迎えているところも注目。現代数々のギタリストが活躍するシーンにおいて、確実に一角を担って、独自の世界を切り拓くベン・モンダー。注目です。

Ben Monder(el-g, ac-g), Matt Brewer(el-b, ac-b Disc 2-M1,2,4,5,6,7), Ted Poor(ds Disc2-M1-7)

ソングリスト
Disc 1
1. Dreamsville (Henry Mancini)
2. Emily (Johnny Mandel/Johnny Mercer)
3. O Sacrum Convivium (Olivier Messiaen)
4. My One And Only Love (Guy Wood/Robert Mellin)
5. The Windows Of The World (Burt Bacharach)
6. Never Let Me Go (Jay Livingston/Ray Evans)
7. The Midnight Sun Will Never Set (Quincy Jones)
Disc 2
1. Galveston (Jimmy Webb)
2. Dust (Danny Kirwan)
3. Long, Long, Long (George Harrison)
4. The Guitar Man (David Gates)
5. Goldfinger (John Barry)
6. Only Yesterday (Richard Carpenter/ John Bettis)
7. Just Like A Woman (Bob Dylan)
8. Day After Day (Pete Ham)







▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 4/10 新入荷一覧! 



●QUINTETHENCE / 1st Chronicle / CD / 2,700円(税込) / NORM RECORDS / JPN / NRCD0015 / 4988044885653

2016年結成。「ジャズに新風を。」がコンセプトで都内を中心に活動するクインテット編成のオリジナル・ジャズユニット。全曲メンバーのオリジナルでその旋律はハートフルでエモーショナル。聴き手の耳に焼き付ける力強いサウンド。

【Member】
関口綾華(Tp)
サイトーマナブ(T.sax)
根本哲史(Pf)
溝辺隼巳(Ba)
守真人(Dr)

ソングリスト
1.No1 Dope Music Machine
2.Norm
3.High Time
4.Skips
5.「幼年期組曲」第一印象、第二印象
6.豆帰り
7.Metropolitan Night
8.Where the brightest things are
9.Five Flowers
10.JAZZ







●ケイコ・ローズ / ハートビート / 亀吉レコード / JPN / KAME023 / 4580390350146 / CD / 3,024円(税込)

Voユニット活動後作曲家としてピアニストとして躍進。
Rhodes弾きKeikoの待望のソロ初アルバム。
ダニーハサウェイを彷彿させるエレピが光る!
ナガシマトモコ(orange pakoe a.k.aNIA)featしたソウルフルな楽曲「ブレス」必聴!

90年代に活躍したオシャレ男女ユニットThis Time解散後、様々なアーティストに楽曲提供。ライブやレコーディングでも活躍。
Fender RhodesやWurlitzerの演奏を得意とする。Keikoの作る多数の楽曲の中からセレクトされた珠玉の10曲を様々なコラボでお届けするソウルアルバム。

(ライナーノーツ)*ナガシマトモコ
私が「おけいこ」と出会ったのは、もうかれこれ17年前!orangepekoeのデビュー曲のレコーディングのために彼女の自宅スタジオを
訪れた時だった。気さくな彼女は、なごやかなムードで曲のイメージの話を聞き終えると、ビンテージのRhodesの前に背筋を伸ばして座った。そして音楽が始まったその瞬間。ほとばしるエネルギーが弾けた。そこには、ピュアで、温かい、音楽への愛が満ち溢れていた。 その時からずっと、私はおけいこのファンなのだ。敬愛をこめてKeiko the Rhodesと呼んでいたら、いつのまにかそれが彼女の名前にもなっていた。 そんなKeiko Rhodesの待望のソロアルバム。
完成おめでとう! そして、これを聴くあなたが、そんな美しく輝くおけいこのソウルを感じることができますように。
ナガシマトモコ (orange pekoe, a.k.aNIA)

(ライナーノーツ) *ラジオ番組制作 Steve土田
当時 Voユニットの彼女は、今ではローズ使いのピアニストとして活動していることもわかった。これは当時と現在の彼女のズレを埋めるために必要なアルバム。ナガシマトモコにヴォーカルを委ねたことで、ソングライターとしてのKeiko Rhodesのポテンシャルの高さを実感できる。

【Member】
Keiko Rhodes (Vo,Piano,Key,Cho)M1~M10
ナガシマトモコ (orange pekoe,a.k.aNIA)(Vocal) M4
杉本智和 (Bass) M4
ハピネス徳永(bass&Cho) M1,2,8
上田隆志(Bass) M10
角田順 (Guitar&Bass) M5
URU (Programming) M6
円山天使(Programming&Guitar&Cho) M1,2,3,4,8,9
Fermin Querol Arduna (Guitar& Voice) M7
okyon ( Per&Cho )M1,2,8
Eiji Yamada (Guitar) M8
末藤健二(Drum&Cho) M1,2,8
金子政則 (Drum) M10
尾崎あゆみ(Tp) M10
GOOD LOVIN’(Cho) M4,6
ダイナマイトしゃかりきサ~カス(Cho)M4

ソングリスト
1.海へとつづく道 (4.01)
2.Heartbeat (4.59)
3.潮騒 (4.55)
4.ブレス Feat.Tomoko Nagashima(orange pekoe, a.k.aNIA)(5.11)
5.マーメイドのうた (3.39)
6.Life is Journey Feat. URU, GOOD LOVIN’ (4.57)
7.えほんのうた (1.34)
8.Heartbeat (Instrumental)(5.02)
9.おやすみ (2.13)
10.Lady in Jazz (Bonus Track)(1.58)







●さくら / アイ・ビリーヴ・ユー "オマージュ・トゥ・ザ・カーペンターズ" / ホワッツニューレコーズ / GWNS5010 / 4523177850101 / CD / 3,000円(税込)

SAKURAの最新作『アイ・ビリーヴ・ユー』には、日本を代表する凄腕ジャズメン7名が集結。音楽監督・編曲及びピアノが田中裕士、ベースが北川弘幸、ドラムが猿渡泰幸、ギターが宮野弘紀、フルートが中島心、トロンボーンが池田雅明、チェロが平山織絵である。そのテーマは、カーペンターズの作品集である。ご存知カーペンターズは、リチャード・カーペンター(兄)とカレン・カーペンター(妹)による兄妹ポップ・デュオである。1968年から1983年までの14年間活動し、11枚のアルバム、31枚のシングルを発表した。1970年~1989年まで、日本の海外アーティストのアルバム売上枚数ランキングでは、ビートルズに次ぐ2位だった。日本においても世界においても、時代を超越して今も愛され続けているスーパー・グループである。本作について、SAKURAは、「私が幼少の頃から大好きだったカーペンターズの音楽に特別の愛着と敬意を込めたオマージュ的CD作品を作りました。オリジナルのカーペンターズの世界観を大切にしながらもカーペンターズ愛好家や私自身のファンの方々、誰もが懐かしく感じながら、一緒に口ずさんでいただける作品になればという想いで、全編曲、音楽監督、ピアノサポートを田中裕士さんにお願いしました。今年は、カレン・カーペンター没後35周年、カーペンターズ結成50周年という佳節なので、私なりの想いを込めた金字塔的CDを発表させていただける幸運に深く感謝しています。このアルバムが皆さまのライブラリーの片隅で末永く愛聴していただけます作品となりますことを切実に願っております」。

《メンバー》
さくら/ SAKURA (vocal/ヴォーカル)
田中裕士/ Hiroshi Tanaka (piano /ピアノ)
北川弘幸/ Hiroyuki Kitagawa (bass/ベース)
猿渡泰幸/Yasuyuki Sawatari (drums/ドラムス)
宮野弘紀/Hiroki Miyano (guitar/ギター) #3,#7,#9,#14
中島心/ Kokoro Nakajima (flute/フルート) #2,#6,#8
池田雅明/Masaaki Ikeda (trombone/トロンボーン) #5,#11
平山織絵/Orie Hirayama (cello/チェロ) #4,#12,#13

《SAKURAプロフィール》
2011年よりジャズボーカルを始める。ジャズボーカリストである川鰭裕子、粟田麻利子に師事する。
青木弘武(p)、大野俊三(tp)、岡安芳明(g)、菅野義孝(g)、吉岡秀晃(p) 他、多数の実力あるミュージシャンと共演を重ね、ボーカルを初めて、日は浅いが、メキメキと実力を付
けてきていて、共演したミュージシャンは勿論、周りの人達からの勧めもあり、2016年1月20日 What new Recordから『Rose'』を発売。同時に2016年1月に、CD発売記念コンサートを開催する。
音楽活動とは別に、2013年8月に念願であった 《ミュージック カフェ SAKURA》をオープンして多くのミュージシャンに演奏の場を提供している。
2019年4月10日にセカンドアルバム『I Believe You』を発売する。

ソングリスト
1.I Need To Be In Love
2.Sweet Sweet Smile
3.This Masquerade
4.Yesterday Once More
5.Close To You
6.Please Mr. Postman
7.Goodbye To Love
8.I Believe You
9.Rainy Days And Mondays
10.Rainbow Connection
11.Top Of The World
12.We’ve Only Just Begun
13.A Song For You
14.I Believe You (Inst.)







●アラゴン / アラゴン / ローソンHMVエンタテイメント / JPN / HRLP029 / 2299990211246 / LP / 4,104円(税込)

※LP / 帯付き
Tin Pan Alleyのドラマー、林立夫を中心に、今剛、灘波正司、西松一博、浦田恵司からなる一流のスタジオ・ミュージシャン集団、Aragonのオリジナル・アルバム唯一作。マライア『うたかたの日々』にも通じるエスノ~アンビエントでイマジネイティヴなサウンドは今なお新鮮に響きます。 スタジオ・レコーディングに2年間という破格の制作時間が費やされた本作は、マリンバやラテン・パーカッション、シンセサイザーを全面的に導入したサウンドに、エスノ~ニュー・エイジな趣向を最新のポップ・センスでちりばめたジャパニーズ・エレクトロニック・ウェーヴ名作。フュージョン~ポップスの世界の凄腕ミュージシャンが入念に紡いだドリーミーでデカダンなサウンド・メイキングは30数年前に作られたものとは思えないほど今の時代にフィットします。

ソングリスト
A1.家路
A2.horridula
A3.あやとり
A4.アタタビタタ
B1.手編みの音符
B2.力車
B3.かかし
B4.polaris







●NAT KING COLE / Love Is The Thing / ANALOGUE PRODUCTIONS / AAPP824-45 / 0753088082474 / 2LP / 8,316円(税込)

※2LP / 200g / 45RPM
1957年にリリースされたナット・キング・コールの代表作がマニアから絶大な信頼を得る高音質レーベルAnalogue Productionsからアナログ2LP200g重量盤45回転仕様で登場。

ソングリスト
A1. When I Fall In Love
A2. Stardust
A3. Stay As Sweet As You Are
B1. Where Can I Go Without You?
B2. Maybe It’s Because I Love You Too Much
B3. Love Letters
C1. Ain’t Misbehavin’
C2. I Thought About Marie
C3. At Last
D1. It’s All In The Game
D2. When Sunny Gets Blue
D3. Love Is The Thing







●AYUMI ISHITO / Midnite Cinema / 自主盤 / 0755491130582 / CD / 1,944円(税込)

ブルックリンをベースに活動するサックス奏者 / コンポーザーAyumi Ishitoの2019年作が入荷。
インディ・ロックもコンテンポラリー・ジャズも飲み込んだサウンドながら流行りの80'sシンセ・サウンドをほのかに忍ばせたり、ジョン・ゾーンのようなパワフルなフレーズを盛り込んだりと自身の幅広い音楽知識を「Midnite Cinema」というタイトルからイメージできる雰囲気からぶれずに表現した良質な作品。

Ayumi Ishito - tenor saxophone, celesta
Hajime Yoshida - electric and acoustic guitar
Steve Brickman - keyboards, piano, organ, synthesizers
Yoshiki Yamada - electric bass
Carter Bales - drums
Alessandra Levy - vocals

ソングリスト
1.Lost Sheep 06:32
2.Caterpillars
3.Not Today 06:15
4.Eight Steps
5.Clown Ride
6.Antler Velvet
7.Under The Raft
8.Sun House







●HERBIE HANCOCK / Montreux / LEFTFIELD MEDIA / LFM2CD595 / 0823564030296 / CD / 2,160円(税込)

名手ハービー・ハンコックが1997年モントルーでラジオ放送用に演奏した音源がリリース。
ビートルズ「ノルウェイの森」やプリンス、スティービー・ワンダー、ピーター・ガブリエルなどの楽曲を約2時間、CD2枚にわたりハービー・スタイルでたっぷりと収録。
マイケル・ブレッカー、ジョン・スコフィールド、デイブ・ホランド、ジャック・ディジョネット、ドン・アライアスというオール・スターメンバーでの演奏。

ソングリスト
Disc 1
1. New York Minute 23:46
2. Norwegian Wood 10:33
3. Mercy Street 16:36
Disc 2
1. Thieves In The Temple 17:48
2. You've Got It Bad Girl 32:50
3. Love Is Stronger Than Pride 10:44







●WES MONTGOMERY / Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery / WAXTIME IN COLOR / 8436559465946 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g
1960年録音のウェス・モンゴメリーのセカンド・リーダー作。バッキングをつとめるトミー・フラナガン、ヒース・ブラザースのリズム・セクションのプレイも光る。 盤面は赤。(新譜案内より)

メンバー:
Wes Montgomery, guitar Tommy Flanagan, piano Percy Heath,
bass Albert “Tootie” Heath, drumsReeves Sound Studios, New York,
January 26 (A1, A2, A4 & B1)& January 28 (A3 & B2-B4), 1960.
Original Sessions Recorded by Jack Higgins & Produced by Orrin Keepnews.

ソングリスト
A1.Airegin 4:28 (Sonny Rollins)
A2.D-Natural Blues 5:22 (Wes Montgomery)
A3.Polka Dots And Moonbeams 4:42 (Johnny Burke-Jimmy Van Heusen)
A4.Four On Six 6:15 (Wes Montgomery)
B1.West Coast Blues 7:23 (Wes Montgomery)
B2.In Your Own Sweet Way 4:53 (Dave Brubeck)
B3.Mr. Walker 4:32 (Wes Montgomery)
B4.Gone With The Wind 6:20 (Allie Wrubel-Herbert Magidson)







●STAN GETZ / Stan Getz '57 / MATCHBALL RECORDS / 8436569190586 / LP / 2,268円(税込)

※LP
オリジナルは1957年にVerveレーベルに残した「Stan Getz '57」(MGV-8029) より。1953年の録音ですが、タイトルは発売された57年になっている不思議なアルバムです。同じセッションからの1曲がボーナストラックとして収録されています。

ジャケット写真はポール・ホエフラー(Paul Hoeffer) によるもの。アート・ブレーキー、モーニンのジャケット写真でも有名なジャズ写真家。

メンバー:"Stan Getz (ts), Bob Brookmeyer (v-tb), John Williams (p),
Teddy Kotick (b), Frank Isola (ds)
All Tracks Recorded In Los Angeles, California.
A1, A2, A4 & B3: July 27, 1953.
B1-B2: August 15, 1953.
A3: August 22, 1953."

ソングリスト
A1. Love And The Weather 6:33
A2. Spring Is Here 6:09
A3. Pot Luck 3:54
A4. Crazy Rhythm 5:51
B1. Fascinatin’ Rhythm 8:03
B2. Minor Blues 7:04
B3. It Don’t Mean A Thing 6:21





★ブルーノート創立80周年記念 ブルーノート・ザ・80ワークス★

《シリーズの特長》
・高音質UHQ-CD仕様
・オリジナルLPライナーノーツの日本語訳付
・新規ミニ・ライナーノーツ付
・ウェブサイト「BLUE NOTE CLUB」(https://bluenote-club.com/) の特別コンテンツへアクセス可能なシリアルコード封入

THELONIOUS MONK / セロニアス・モンク / GENIUS OF MODERN MUSIC. VOL. 2 / ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol. 2 +10
●セロニアス・モンク / ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol. 2 +10 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9456 / 4988031324028 / UHQCD / 1,944円(税込)

ブルーノート総帥アルフレッド・ライオンは、既成のスタンダードとは異なるセロニアス・モンクの音楽に魅せられ、6回のセッションを実施した。本作『Vol. 2』の収録曲は、初回を除く残り5回の録音の中からピックアップ。有名な「ストレイト・ノー・チェイサー」、「モンクス・ムード」の初吹込みを含む。ケニー・ドーハム、ルー・ドナルドソン参加のクインテットにも注目。アンサンブルが、ユニークなモンク・ワールドを具現化する。

録音年 1947年10月15日、24日、11月21日、1951年7月23日、1952年5月30日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 セロニアス・モンク(p) ケニー・ドーハム(tp) ルー・ドナルドソン、サヒブ・シハブ、ダニー・ケベック・ウェスト(as) ラッキー・トンプソン(ts) ミルト・ジャクソン(vib) ジーン・ラミー(b) アート・ブレイキー、マックス・ローチ(ds)他

ソングリスト
1.キャロライナ・ムーン
2.ホーニン・イン
3.スキッピー
4.レッツ・クール・ワン
5.サバーバン・アイズ
6.イヴォンス
7.ストレイト・ノー・チェイサー
8.フォア・イン・ワン
9.ナイス・ワーク
10.モンクス・ムード
11.フー・ノウズ
12.アスク・ミー・ナウ
13.サバーバン・アイズ (別テイク)
14.イヴォンス (別テイク)
15.ナイス・ワーク (別テイク)
16.フー・ノウズ (別テイク)
17.アスク・ミー・ナウ (別テイク)
18.シックスティーン (ファースト・テイク)
19.シックスティーン (セカンド・テイク)
20.アイル・フォロー・ユー
21.ホーニン・イン (別テイク)
22.スキッピー (別テイク)




●バド・パウエル / ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol. 1 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9453 / 4988031323991 / UHQCD / 1,944円(税込)

ブルーノートに記録された偉大なる“ジ・アメイジング~”シリーズ、全5作のうち、最初の2セッション(49年、51年)を完全収録。“モダン・ジャズ・ピアノの父”バド・パウエルの絶頂期の演奏が聴ける。トリオ演奏は冒頭の「ウン・ポコ・ロコ」3連発が凄い。マックス・ローチが叩き出すラテン・ビートにパウエルが挑みかかる。クインテット演奏では、夭逝の天才ファッツ・ナヴァロと火花を散らす。ソニー・ロリンズ(18歳)の参加も貴重。

録音年 1949年8月9日、1951年5月1日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 バド・パウエル(p) ファッツ・ナヴァロ(tp) ソニー・ロリンズ(ts) カーリー・ラッセル、トミー・ポッター(b) マックス・ローチ、ロイ・ヘインズ(ds)

ソングリスト
1.ウン・ポコ・ローコ (別テイク1)
2.ウン・ポコ・ローコ (テイク2)
3.ウン・ポコ・ローコ
4.異教徒たちの踊り
5.52丁目のテーマ
6.イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー (別テイク)
7.チュニジアの夜 (別テイク)
8.チュニジアの夜
9.ウェイル
10.オーニソロジー
11.バウンシング・ウィズ・バド
12.パリジャン・ソロフェア
13.バウンシング・ウィズ・バド (別テイク)
14.バウンシング・ウィズ・バド (別テイク)
15.ウェイル (別テイク)
16.異教徒たちの踊り (別テイク)
17.ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
18.オーニソロジー (別テイク)
19.虹の彼方に
20.イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー (別テイク)



●バド・パウエル / ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol. 2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9454 / 4988031324004 / UHQCD / 1,944円(税込)

本CD『Vol. 2』は、1953年録音のトリオ演奏全曲を録音順に並び直して収録。(オリジナル盤の51年録音曲は『Vol. 1』に収録)。前回のブルーノート・セッションの後、体調を崩し長期療養していたバド・パウエルは、約1年半ぶりに活動再開。バードランドやマッセイ・ホールのライヴなどを経て、スタジオへ復帰した。彼の美意識が際立つ「ニューヨークの秋」、クラシカルな組曲風の「グラス・エンクロージャー」などが聴きどころ。

録音年 1953年8月14日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 バド・パウエル(p) ジョージ・デュヴィヴィエ(b) アート・テイラー(ds)

ソングリスト
1.ニューヨークの秋
2.リーツ・アンド・アイ
3.シュア・シング
4.カラード・グリーン・アンド・ブラック・アイ・ピーズ
5.ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス
6.アイ・ウォント・トゥ・ビー・ハッピー
7.オードリー
8.グラス・エンクロージャー
9.アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン
10.ニューヨークの秋 (別テイク1) (Alternate Take #1)
11.ニューヨークの秋 (別テイク2) (Alternate Take #2)
12.リーツ・アンド・アイ (別テイク1) (Alternate Take #1)
13.リーツ・アンド・アイ (別テイク2) (Alternate Take #2)
14.シュア・シング (別テイク) (Alternate Take)
15.カラード・グリーン・アンド・ブラック・アイ・ピーズ (別テイク) (Alternate Take)



●ホレス・シルバー / ホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9462 / 4988031324080 / UHQCD / 1,944円(税込)

ファンキー・ジャズの元祖というべきホレス・シルヴァー初期の名作。最初10インチで世に出た『ホレス・シルヴァー・クインテット』と『同Vol. 2』をまとめたもの。後に本作のメンバーが、初代ジャズ・メッセンジャーズとして活動を始めたため、12インチ化される時にこのアルバム・タイトルに改められた。収録曲は1曲を除き全てシルヴァーのオリジナル。ゴスペル・テイストのキャッチーな「ザ・プリーチャー」が当時大ヒットした。

録音年 1954年11月13日、1955年2月6日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ホレス・シルヴァー(p) ケニー・ドーハム(tp) ハンク・モブレー(ts) ダグ・ワトキンス(b) アート・ブレイキー(ds)

ソングリスト
1.ルーム608
2.クリーピン・イン
3.ストップ・タイム
4.トゥ・フーム・イット・メイ・コンサーン
5.ヒッピー
6.ザ・プリーチャー
7.ハンカリン
8.ドゥードリン




●ジミー・スミス / ザ・チャンプ +1 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9467 / 4988031324134 / UHQCD / 1,944円(税込)

ハーレムのジャズ・クラブに出演していたジミー・スミスは、アルフレッド・ライオンに見出され、ブルーノートに初リーダー作を録音。本作はその2か月後に吹き込まれた第2弾である。その後もスミスは、矢継ぎ早にアルバムを発表。ブルーノートの看板アーティストとなっていく。タイトル曲はディジー・ガレスピー作のビバップの名曲。スミスはオリジナルよりも速いテンポで、ひたすら激しく弾きまくる。まるで嵐のような演奏だ。

録音年 1956年3月27日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ジミー・スミス(org) ソーネル・シュワルツ(b) ドナルド・ベイリー(ds)

ソングリスト
1.ザ・チャンプ
2.バイユー
3.ディープ・パープル
4.ヴァーモントの月
5.レディ・ン・エイブル
6.トルコ石
7.バビス
8.風と共に去りぬ




●アート・ブレイキー / バードランドの夜 Vol. 2 +2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9461 / 4988031324073 / UHQCD / 1,944円(税込)

“ハード・バップ誕生の夜”と呼ばれた伝説の名セッションの第2集。アート・ブレイキー・クインテットは、後に結成されるジャズ・メッセンジャーズの母体となったグループ。本作ではJ.J.ジョンソンとレオ・パーカー作「ウィー・ドット」、チャーリー・パーカーの代表曲「ナウズ・ザ・タイム」、「コンファメーション」で、各自が勢いあるプレイを聴かせる。ルー・ドナルドソンが堂々としたソロを取る「イフ・アイ・ハッド・ユー」もいい。

録音年 1954年2月21日
録音場所 ニューヨーク、バードランド
録音方式 ライヴ
演奏者 アート・ブレイキー(ds) クリフォード・ブラウン(tp) ルー・ドナルドソン(as) ホレス・シルヴァー(p) カーリー・ラッセル(b)

ソングリスト
1.ウィー・ドット (Live)
2.イフ・アイ・ハッド・ユー (Live)
3.クイックシルヴァー (別テイク)
4.ナウズ・ザ・タイム (Live)
5.コンファメーション (Live)
6.今宵の君は (Live At Birdland, New York/1954)
7.ルーズ・ブルース (Live)




●ユタ・ヒップ / ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol. 2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9469 / 4988031324158 / UHQCD / 1,944円(税込)

ドイツ出身の女流ピアニスト、ユタ・ヒップは、評論家のレナード・フェザーに見出された。ブルーノートのバックアップもありNYへ進出するが、同レーベルから発売されたのは、ドイツ録音の10インチ、ヒッコリー・ハウスでのライヴ盤2枚、ズート・シムズとの共演盤だけ。彼女は最後の録音の後、引退してしまう。本作にはライヴ盤2枚を通じて唯一の自作「ホレーショ」を収録。影響を受けたホレス・シルヴァーに捧げたナンバーだ。

録音年 1956年4月5日
録音場所 ニューヨーク、ヒッコリー・ハウス
録音方法 ライヴ
演奏者 ユタ・ヒップ(p) ピーター・インド(b) エド・シグペン(ds)

ソングリスト
1.風と共に去りぬ (Live)
2.アフター・アワーズ (Live)
3.ザ・スカーラル (Live)
4.ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン (Live)
5.ホレーショ (Live)
6.アイ・マリード・アン・エンジェル (Live)
7.ヴァーモントの月 (Live)
8.スター・アイズ (Live)
9.イフ・アイ・ハッド・ユー (Live)
10.マイ・ハート・ストゥッド・スティル (Live)




●ハービー・ニコルス / ハービー・ニコルス・トリオ / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9470 / 4988031324165 / UHQCD / 1,944円(税込)

異才セロニアス・モンクの論文を発表するほどの信望者だったハービー・ニコルス。彼のピアノ・サウンドもまた独特だ。ニコルスは近現代のクラシック作曲家が用いた斬新な和声感覚をジャズに持ち込む。だがその先鋭的な音楽は全く売れず、再評価の機運が高まったのは、死後数十年を経てからだ。本作には彼の重要な楽曲が並ぶ。「レディ・シングス・ザ・ブルース」は、ビリー・ホリデイが気に入り自ら歌詞を付けたことでも知られる。

録音年 1955年8月1日、7日、1956年4月19日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ハービー・ニコルス(p) アル・マッキボン、テディ・コティック(b) マックス・ローチ(ds)

ソングリスト
1.ザ・ギグ
2.ハウス・パーティ・スターティング
3.チット・チャッティング
4.ザ・レディ・シングス・ザ・ブルース
5.舞踏の女神
6.スピニング・ソング
7.クェアリー
8.ワイルドフラワー
9.ハングオーヴァー・トライアングル
10.マイン



●セロニアス・モンク / ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol. 1 +3 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9455 / 4988031324011 / UHQCD / 1,944円(税込)

“バップの高僧”と呼ばれた孤高の天才セロニアス・モンクが、ブルーノートに残したジャズ史に輝く歴史的遺産。本CD収録曲は、初リーダー録音2曲を含む40年代後半の4種のセッションからのもので、代表的オリジナルの「ラウンド・ミッドナイト」、「エピストロフィー」、「ルビー・マイ・ディア」などが並んでいる。斬新なハーモニー・センス、独自のリズム感覚を持つ特異な作風が、キャリア初期の段階で完成されていたことに驚く。

録音年 1947年10月15日、24日、11月21日、1948年7月2日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 セロニアス・モンク(p) ジョージ・テイト、イドリース・スリーマン(tp) サヒブ・シハブ、ダニー・ケベック・ウェスト(as) ビリー・スミス(ts) ミルト・ジャクソン(vib) ジーン・ラミー(b) アート・ブレイキー(ds)他

ソングリスト
1.ラウンド・ミッドナイト
2.オフ・マイナー
3.ルビー・マイ・ディア
4.アイ・ミーン・ユー
5.パリの四月
6.イン・ウォークト・バド
7.セロニアス
8.エピストロフィー
9.ミステリオーソ
10.ウェル・ユー・ニードント
11.イントロスペクション
12.ハンフ
13.ルビー・マイ・ディア (別テイク)
14.パリの四月 (別テイク)
15.ウェル・ユー・ニードント (別テイク)



●ケニー・ドリュー / イントロデューシング・ザ・ケニー・ドリュー・トリオ / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9458 / 4988031324042 / UHQCD / 1,944円(税込)

ブルーノートの総帥アルフレッド・ライオンが有望な新人を発掘し世に送り出した「New Faces-New Sounds」シリーズの一枚で、ケニー・ドリューにとって初リーダー作品。ここで聴ける20代半ばのドリューが素晴らしい。「イエスタデイズ」、「恋人よ我に帰れ」の超高速ソロは、全盛期のバド・パウエルのような迫力を思わせる。カーリー・ラッセル、アート・ブレイキーとは、当時在籍していたバディ・デフランコ・グループでも共演。

録音年 1953年4月16日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 ケニー・ドリュー(p) カーリー・ラッセル(b) アート・ブレイキー(ds)

《シリーズの特長》
・高音質UHQ-CD仕様
・オリジナルLPライナーノーツの日本語訳付
・新規ミニ・ライナーノーツ付
・ウェブサイト「BLUE NOTE CLUB」(https://bluenote-club.com/) の特別コンテンツへアクセス可能なシリアルコード封入

ソングリスト
1.イエスタデイズ
2.星影のステラ
3.グロリア
4.ビー・マイ・ラヴ
5.ラヴァー・カム・バック・トゥ・ミー (20 Bit Mastering)
6.エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー
7.春の如く
8.ドリューズ・ブルース




●アート・ブレイキー / バードランドの夜 Vol. 1 +2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9460 / 4988031324066 / UHQCD / 1,944円(税込)

1954年2月、NYのバードランドで行われたステージは、“ハード・バップ誕生の夜”と呼ばれる伝説のセッションとなった。これはその模様を記録したブルーノート最初の実況録音盤。アート・ブレイキー・クインテットは、後に結成されるジャズ・メッセンジャーズの母体となったグループ。なかでも司会者が“トランペット・センセーション”と紹介するクリフォード・ブラウンのプレイが鮮烈。ホレス・シルヴァー提供のオリジナルも素晴らしい。

録音年 1954年2月21日
録音場所 ニューヨーク、バードランド
録音方式 ライヴ
演奏者 アート・ブレイキー(ds) クリフォード・ブラウン(tp) ルー・ドナルドソン(as) ホレス・シルヴァー(p) カーリー・ラッセル(b)

《シリーズの特長》
・高音質UHQ-CD仕様
・オリジナルLPライナーノーツの日本語訳付
・新規ミニ・ライナーノーツ付
・ウェブサイト「BLUE NOTE CLUB」(https://bluenote-club.com/) の特別コンテンツへアクセス可能なシリアルコード封入

ソングリスト
1.イントロデューシング by ピー・ウィー・マーケット (Live)
2.スプリット・キック (Live)
3.ワンス・イン・ア・ホワイル (Live)
4.クイックシルヴァー (Live)
5.チュニジアの夜 (Live)
6.メイリー (Live)
7.ウィー・ドット (別テイク)
8.ブルース (Live)




●ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・カルテット / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9464 / 4988031324103 / UHQCD /1,944円(税込)

アート・ブレイキーとホレス・シルヴァーが結成したジャズ・メッセンジャーズ(JM)のメンバーとなったハンク・モブレーの初リーダー作。当時のJMの仲間をバックに、ワンホーンで歌心溢れるソロを披露する。1曲を除きモブレーのオリジナルで構成。作曲家としての才も光る。なかでも哀愁のメロディを持つ「アヴィラ・アンド・テキーラ」の人気が高い。ブレイキーのスティックさばきも見事。同曲は同年JMのライヴ盤でも再演される。

録音年 1955年3月27日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ハンク・モブレー(ts) ホレス・シルヴァー(p) ダグ・ワトキンス(b) アート・ブレイキー(ds)

ソングリスト
1.ハンクス・プランク
2.マイ・シン
3.アヴィーラ・アンド・テキーラ
4.ウォーキン・ザ・フェンス
5.ラヴ・フォー・セール
6.ジャスト・クーリン



●ケニー・ドーハム / アフロ・キューバン +2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9463 / 4988031324097 / UHQCD / 1,944円(税込)

ラテン音楽とジャズが融合したアフロ・キューバン・ジャズを代表する名作。「アフロディジア」は80年代にロンドンのクラブDJに再発見され、ダンス・ミュージックのキラー・チューンとなった。後にケニー・ドーハムも参加するジャズ・メッセンジャーズの面々が、ラテン・パーカッションと華麗に競演。コンガとドラムの強烈なビートが、聴き手の高揚感を煽っていく。名曲「マイナーズ・ホリデイ」の初演(2テイク)にも注目。

録音年 1955年1月30日、3月29日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ケニー・ドーハム(tp) J.J.ジョンソン(tb) ハンク・モブレー(ts) セシル・ペイン(bs) ホレス・シルヴァー(p) オスカー・ペティフォード、パーシー・ヒース(b) アート・ブレイキー(ds) カルロス“パタート“バルデス(cga) リッチー・ゴールドバーグ(cowbell)

ソングリスト
1.アフロディジア
2.ロータス・フラワー
3.マイナーズ・ホリデイ
4.バシュアーズ・ドリーム
5.K.D.ズ・モーション
6.ザ・ヴィラ
7.ヴェニターズ・ダンス
8.エコー・オブ・スプリング(K.D.ズ・キャブ・ライド)
9.マイナーズ・ホリディ (別テイク)




●アート・ブレイキー / カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ Vol. 1 +3 / ユニバーサルミュージック / JPN / UHQCD / UCCQ9465 / 4988031324110 / UHQCD / 1,944円(税込)

ハード・バップ草創期に登場したジャズ・メッセンジャーズが、その名を冠した最初の記録。バンドを率いるアート・ブレイキー、ホレス・シルヴァー以下、各楽器のトップ・アーティストが屈指のパフォーマンスを展開。注目は8か月前にケニー・ドーハムの『アフロ・キューバン』で初演した「マイナーズ・ホリデイ」の再演。テンポが速くなり、ライヴならではの熱いソロ・リレーが続く。後半のブレイキーとドーハムの掛け合いも凄い。

録音年 1955年11月23日
録音場所 ニューヨーク、カフェ・ボヘミア
録音方式 ライヴ
演奏者 アート・ブレイキー(ds) ケニー・ドーハム(tp) ハンク・モブレー(ts) ホレス・シルヴァー(p) ダグ・ワトキンス(b)

ソングリスト
1.アナウンスメント・バイ・アート・ブレイキー (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Rudy Van Gelder Edition/2001)
2.ソフト・ウィンズ (Live At Cafe Bohemia/1955)
3.ザ・テーマ (Live At Cafe Bohemia/1955)
4.マイナーズ・ホリデイ (Live At Cafe Bohemia, New York, U.S.A./1955)
5.アローン・トゥゲザー (Live At Cafe Bohemia/1955)
6.プリンス・アルバート (Live At Cafe Bohemia/1955)
7.レディ・バード
8.ホワッツ・ニュー (Live)
9.ディサイファリング・ザ・メッセージ (Live)



●アート・ブレイキー / カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ Vol. 2 +3 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9466 / 4988031324127 / UHQCD / 1,944円(税込)

ハード・バップ草創期に登場したジャズ・メッセンジャーズが、その名を冠した最初の記録。バンドを率いるアート・ブレイキー、ホレス・シルヴァー以下、各楽器のトップ・アーティストが屈指のパフォーマンスを繰り広げる。『Vol. 2』ではハンク・モブレーのオリジナルが目を引く。白眉は彼のデビュー作でお披露目された「アヴィラ・アンド・テキーラ」。ブレイキーの長いソロで幕を開けるエキサイティングなヴァージョンになっている。

録音年 1955年11月23日
録音場所 ニューヨーク、カフェ・ボヘミア
録音方式 ライヴ
演奏者 アート・ブレイキー(ds) ケニー・ドーハム(tp) ハンク・モブレー(ts) ホレス・シルヴァー(p) ダグ・ワトキンス(b)

ソングリスト
1.アナウンスメント・バイ・アート・ブレイキー (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
2.スポーティン・クラウド (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
3.ライク・サムワン・イン・ラヴ (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
4.イエスタデイズ (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
5.アヴィラ・アンド・テキーラ (Live At Cafe Bohemia, New York; U.S.A/1955; 2001 Remaster)
6.アイ・ウェイテッド・フォー・ユー (Live At Cafe Bohemia, New York, U.S.A./1955; 2001 Remaster)
7.ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
8.ハンクス・シンフォニー (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
9.風とともに去りぬ (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)




●ミルト・ジャクソン / ミルト・ジャクソン +7 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9457 / 4988031324035 / UHQCD / 1,944円(税込)

ミルト・ジャクソンのブルーノート唯一のリーダー・アルバム。じきにMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)を結成する仲間や、ルー・ドナルドソンらが共演。アルバムでは生涯の代表曲「バグス・グルーヴ」、美しいバラード「リリー」が有名。さらにブルーノートに残されたセロニアス・モンクの歴史的セッションの中から、ジャクソンが参加した一部を収録。「エヴィデンス」、「クリス・クロス」、「エロネル」などモンクの代表曲が含まれる。

録音年 1948年7月2日、1951年7月23日、1952年4月7日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 ミルト・ジャクソン(vib) サヒブ・シハブ、ルー・ドナルドソン(as) セロニアス・モンク、ジョン・ルイス(p) パーシー・ヒース(b)、アート・ブレイキー、ケニー・クラーク(ds)他

ソングリスト
1.リリー
2.タヒチ
3.ホワッツ・ニュー
4.バグス・グルーヴ
5.オン・ザ・シーン
6.ウィロー・ウィープ・フォー・ミー
7.クリス・クロス
8.エロネル
9.ミステリオーソ (別テイク)
10.エヴィデンス
11.リリー (別テイク)
12.フォア・イン・ワン
13.ホワッツ・ニュー (別テイク)
14.ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニモア
15.ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニモア (別テイク)
16.クリス・クロス (別テイク)
17.オール・ザ・シングス・ユー・アー
18.アイ・シュッド・ケア (別テイク)
19.アイ・シュッド・ケア (Alternate Take)



●ユタ・ヒップ / ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol. 1 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9468 / 4988031324141 / UHQCD / 1,944円(税込)

評論家のレナード・フェザーがドイツで見出した女流ピアニストのユタ・ヒップは、ブルーノートのバックアップもあってNYへ進出した。52丁目のジャズ・クラブ、ヒッコリー・ハウスのステージを収めたライヴ盤は、彼女のアメリカ初録音となったピアノ・トリオの名品。この街でホレス・シルヴァーの影響を受けたユタは、スウィンギーなプレイヤーへ変身していった。哀愁のメロディの「テイク・ミー・イン・ユア・アームズ」が人気。

録音年 1956年4月5日
録音場所 ニューヨーク、ヒッコリー・ハウス
録音方法 ライヴ
演奏者 ユタ・ヒップ(p) ピーター・インド(b) エド・シグペン(ds)

ソングリスト
1.イントロダクション (Live)
2.テイク・ミー・イン・ユア・アームズ (Live)
3.ディア・オールド・ストックホルム (Live from the Hickory House, New York, U.S.A./1956)
4.ビリーズ・バウンス (Live)
5.四月の思い出 (Live)
6.レディ・バード (Live)
7.マッド・アバウト・ザ・ボーイ (Live)
8.エイント・ミス・ビヘイヴン (Live)
9.ジーズ・フーリッシュ・シングス (Live)
10.ジーパーズ・クリーパーズ (Live)
11.ザ・ムーン・ワズ・イエロー (Live)




●ウィントン・ケリー / ピアノ・インタープリティションズ・バイ・ウィントン・ケリー / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9459 / 4988031324059 / UHQCD / 1,944円(税込)

ウィントン・ケリーが19歳で録音した初リーダー・アルバム。ブルーノートが新人を紹介した「New Faces-New Sounds」シリーズの一枚。ジャマイカ出身のケリーは、ダイナ・ワシントンの伴奏者に抜擢され注目を浴び、その直後本作を吹き込む機会を得た。ミディアム・テンポの「ブルー・ムーン」などでスウィンギーかつ小粋なプレイを聴かせる。スローな「グッドバイ」もロマンティック。小品ながら、後の個性を垣間見ることができる。

録音年 1951年7月25日、8月1日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 ウィントン・ケリー(p) フランクリン・スキート、オスカー・ペティフォード(b) リー・エイブラムス(ds)

ソングリスト
1.チェロキー (Instrumental)
2.クレイジー・ヒー・コールズ・ミー (Instrumental)
3.ブルー・ムーン
4.ボーン・トゥ・ビー・ブルー (Instrumental)
5.ヴァーモントの月 (Instrumental)
6.ゼアル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー (Instrumental)
7.アイヴ・ファウンド・ア・ニュー・ベイビー (Instrumental)
8.グッド・バイ (2nd Take / Instrumental)




●マイルス・デイビス / マイルス・デイヴィス Vol. 1 +3 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9451 / 4988031323977 / UHQCD / 1,944円(税込)

ブルーノート1500番台最初の作品。20代のマイルス・デイヴィスは1952~54年の間、ブルーノートに3回のセッションを記録。本作は52年と53年の録音から収録。前者は先輩ケニー・クラーク、オスカー・ペティフォードと、後輩ジャッキー・マクリーンが参加。「ディア・オールド・ストック・ホルム」、「イエスタデイズ」が有名。アート・ブレイキーとヒース兄弟が加わる後者は、不滅の傑作「テンパス・フュージット」を含む。

録音年 1952年5月9日、1953年4月20日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 マイルス・デイヴィス(tp) J.J.ジョンソン(tb) ジャッキー・マクリーン(as) ジミー・ヒース(ts) ギル・コギンズ(p) オスカー・ペティフォード、パーシー・ヒース(b) ケニー・クラーク、アート・ブレイキー(ds)

ソングリスト
1.テンパス・フュージット
2.ケロ
3.エニグマ
4.レイズ・アイディア
5.ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
6.C.T.A. (別テイク) (別テイク)
7.ディア・オールド・ストックホルム
8.チャンス・イット
9.イエスタデイズ
10.ドナ (別テイク) (別テイク)
11.C.T.A.
12.ウディン・ユー (別テイク) (別テイク)
13.チャンス・イット (別テイク)
14.ケロ (別テイク)
15.エニグマ (別テイク)




●マイルス・デイビス / マイルス・デイヴィス Vol. 2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9452 / 4988031323984/ UHQCD / 1,944円(税込)

若きマイルス・デイヴィスがブルーノートに残した3セッションから、52年2曲、53年3曲、54年6曲で構成。なかでも最高とされるサード・セッションでは、ホレス・シルヴァー、パーシー・ヒース、アート・ブレイキーのトリオをバックに、美しくかつスリリングなプレイを披露している。中でも「イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド」が素晴らしい。後年の有名な再演(プレスティッジ盤『ワーキン』)とも甲乙つけがたい。

録音年 1952年5月9日、1953年4月20日、ニューヨークにて録音、1954年3月6日、ニュージャージーにて録音

演奏者 マイルス・デイヴィス(tp) J.J.ジョンソン(tb) ジャッキー・マクリーン(as) ジミー・ヒース(ts) ギル・コギンズ、ホレス・シルヴァー(p) オスカー・ペティフォード、パーシー・ヒース(b) ケニー・クラーク、アート・ブレイキー(ds)

ソングリスト
1.テイク・オフ
2.ウェアード
3.ウディン・ユー
4.アイ・ウェイテッド・フォー・ユー
5.レイズ・アイディア (別テイク) (別テイク)
6.ドナ
7.ウェル・ユー・ニードント
8.ザ・リープ
9.レイジー・スーザン
10.テンパス・フュージット (別テイク) (別テイク)
11.イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド







●V.A. / GREATEST BLUE NOTE / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCU-1595/6 / 4988031323915 / CD / 2,160円(税込)

最上級の名曲と名演。ブルーノートのすべてがここに。

2019年に創立80周年を迎えた史上最強のジャズ・レーベル、ブルーノートの決定的名曲・名演ばかりを22曲収録。

往年の名演から近年のヒット曲までを網羅。各収録アルバムは全て名盤にして大ベストセラー!

Disc 1にはブルーノート史上に輝く歴史的名盤から9曲を収録。Disc 2にはノラ・ジョーンズやロバート・グラスパーなどの近年のヒット曲からクラブ・シーンで再評価されたメロウ&グルーヴィーなナンバーを収録。ブルーノートの最新版ガイドブック『ブルーノート80ガイドブック』にもリンクした選曲になっています。

アートワークは、昨年の『GREATEST CLASSICS』『GREATEST JAZZ』と同じく、ニューヨーク在住のグラフィックデザイナーTaiji Kurodaが担当。

ソングリスト
Disc 001
1.枯葉
2.ブルー・トレイン
3.モーニン
4.クール・ストラッティン
5.オールド・デヴィル・ムーン (LIVE) (MONO)
6.クレオパトラの夢
7.ザ・サイドワインダー
8.ソング・フォー・マイ・ファーザー
9.処女航海

Disc 002
1.ドント・ノー・ホワイ
2.ヘイ・ローラ
3.アフロ・ブルー (feat.エリカ・バドゥ)
4.トラブル
5.アフロディジア
6.アポイントメント・イン・ガーナ
7.ジェリコの戦い
8.ジェリコの戦い
9.リカード・ボサノヴァ
10.リカード・ボサ・ノヴァ
11.アリゲイター・ブーガルー
12.ミッドナイト・ブルー
13.フィール・ライク・メイキン・ラヴ
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】4/9 新入荷一覧! 


●福井ともみ&マウント・ノネット / マウント・ノネット / CRAFTMAN RECORDS / 4988044045682 / CD / 3,000円(税込)

福井ともみ率いるテカニカルな9重奏楽団「マウント・ノネット」のスリリングかつ優雅な映画音楽曲集。

■演奏:福井ともみ(piano)、浦田雄揮、高瀬龍一(trumpet)、三塚知貴(trombone)、萱生昌樹(alto sax)、辻野進輔(tenor sax)、宮崎達也(baritone sax)、俵山昌之(bass)、 藤井 学(drums)
■A&R:塙耕記
■帯コメント:寺島靖国
■解説:ラズウェル細木
■UHQCD/セミダブル紙ジャケット

UHQCDとは?(メーカーより)
HQCDの誕生から6年、我々はさらなる高音質を目指して試行錯誤いたしました。新しい原材料を研究し、いかにして原盤を忠実に再現するかを模索する日々。様々な実験の末に辿り着いたのは、CDの製造方法自体を根本から変更するという全く新しいアプローチでした。30余年も世界中で続けられた製造方法の常識を疑う。この無謀とも思える試みで、我々は既存のCDでは決して辿り着くことができない究極のハイ・クオリティを実現しました。

ソングリスト
1.One More Chance
2.007のテーマ&危険な関係のブルースメドレー(映画「007と危険な関係」より)
3.風のささやき(映画「華麗なる賭け」より)
4.Speak Softly Love (映画「ゴットファーザー愛のテーマ」より)
5.314D
6.夢のカルフォルニア
7.Shop Till You Bop (映画「恋のゆくえ」より)
8.Without You
9.Cominʼ Home Baby
10.Dreamsville






●V.A. / Disk In the World Compiled by Jun Numata / DIW / DIW3049 / 4988044045361 / CD / 2,700円(税込)

「アウトな」ジャズのレーベルだったDIWレーベルの”好き”を厳選した70分以上に及ぶDIWコンピレーション完成!!
ロック少年~プログレ少年~パンク青年から、ノイズ・アヴァンギャルド方面へ歩み、フリージャズを愛するディスクユニオン・DIW元社員、沼田順(doubtmusic)氏が厳選したDIWコンピレーション!

“誰からも評価されない音楽を「好きだ」と言える自らの感覚の判断をもっと信じましょう。(沼田順)”

■ 監修・解説・マスタリング:沼田順(doubtmusic)

監修:沼田順による渾身のライナーから抜粋コメント

【M-1】
ART ENSEMBLE OF CHICAGO / Kush
異例の20分超え!フリー・ジャズ・アンサンブルのアート・アンサンブル・オブ・シカゴの創立メンバーの一人であり、2019.1.9その生涯を終えたジョセフ・ジャーマン。「どこのインダストリアル・ノイズ・バンドだ?」と思わせるカッコ良さと次第に展開してゆく即興による絶妙なテクスチャーの構築はAEOCの最高傑作。

【M-5】
DAVID S.WARE / Autumn Leaves
リリースされたときに聴いてスタッフ皆で爆笑したデヴィッド・S・ウェアの「枯葉」。
爆笑出来るのは衝撃的な音楽に出会った時なのですが、これはほぼ直球ど真ん中。
痛快です。

【M-9】
CHARLIE HADEN LIBERATION MUSIC ORCHESTRA / Spiritual
リーダー=チャーリー・ヘイデン。アレンジ=カーラ・ブレイ。オレのために作ってくれたのか!
『スイングジャーナル』
ゴールド・ディスク受賞作

ソングリスト
1.ART ENSEMBLE OF CHICAGO / Kush (DIW-832 / THCD150)
2.JAMES BLOOD ULMER / Burning Like Love (DIW-845)
3.MASADA / Tahar (DIW-888)
4.SHANNON JACKSON & DECODING SOCIETY / Illegal (DIW-862)
5.DAVID S.WARE / Autumn Leaves (DIW-870)
6.AYIBOBO feat, JEAN-PAUL BOURELLY / Anba Aozo (DIW-462)
7.DAVID MURRAY / Deep River (DIW-830)
8.MUSIC REVELATION ENSEMBLE / In Time (DIW-885)
9.CHARLIE HADEN LIBERATION MUSIC ORCHESTRA / Spiritual (DIW-844)








●JULIAN LAGE / Chesed / TZADIK / TZ5104 / 0702397510420 / CD / 2,376円(税込)

※ペーパースリーブ
数十年に一度の才能とも言わしめるギタリスト、ジュリアン・ラージとミニマル・ミュージックの巨匠テリー・ライリーの息子ギャン・ライリーのデュオ作品がリリース。
2018年に発売されたCD11枚組BOX SET「Book Beriah」とは同内容となります。

ソングリスト
1.Katanot
2.Zeir Anpin
3.Sachel
4.Tohu
5.Hekhalot Zutari
6.Shevirah
7.Devekut
8.Dibor
9.Pnimiyut
10.Bohu







●TOOTS THIELEMANS / CULLY1989 & 1990 / TCB / TCB02442 / 0725095024426 / CD / 2,376円(税込)

貴重な放送音源等を発掘し、オリジナルテープから高品質なリマスタリングで復刻するTCBの「スイス・ラジオ・デイズ・ジャズ・シリーズ」。装いを新たにした第40巻以降は「ソニー・ロリンズ&ホレス・シルヴァー(TCB 02402)」、「レイ・チャールズ(TCB 02412)」、「デイヴ・ブルーベック(TCB 02422)」、「ナット・キング・コール(TCB 02432)」といったまさにレジェンド級のジャズ・ジャイアンツのスイス・ライヴを復刻してきた超人気シリーズです。

最新作となる第44巻は、チャーリー・パーカー、マイルス・デイヴィス、ビル・エヴァンス、ジャコ・パストリアスらと共演し、「セサミストリート」のテーマ曲でも知られるジャズ・ハーモニカの世界的巨匠トゥーツ・シールマンスと、スイスの人気ピアニスト、ティエリー・ラングの共演盤。1989年と1990年に、スイスのレマン湖畔の町、キュリーで行われたライヴが登場!

1980年代にはビリー・ジョエルやJ-popなどポピュラー系アルバムにも参加し、90年代にはワールド・ミュージックを含むテーマ・プロジェクトに着手するなど、多彩に活動していた時期。円熟のトゥース・シールマンスによる哀愁のハーモニカが、ティエリー・ラングのどこまでも美しく繊細なピアノと絡み合う至福のライヴです。
※録音(ライヴ):1989年&1990年、キュリー(スイス)

Toots Thielemans - Harmonica
Thierry Lang - Piano
Ivor Malherbe - Bass
Marcel Papaux - Drums

ソングリスト
1. The Days of Wine and Roses (08:44)
2. A Weaver of Dreams (08:16)
3. I Do it for Your Love (15:12)
4. Stella by Starlight (10:26)
5. My One and Only Love (09:41)
6. Estate (11:16)
7. Sno’Peas (10:30)





●ドン・トンプソン&パット・ラ・バーベラ / タイム・アンド・タイム・アゲイン/オール・バラード~ビリー・ホリデイ集 / FIVE STARS RECORDS / FSY519 / 4988044885707 / CD / 2,700円(税込)

カナダ・トロント録音第2弾!
カナダの巨匠、ドン・トンプソが愛してやまないビリー・ホリデイへのオマージュとジャズ界の重鎮パット・ラ・バーベラの偉大なサツクス奏者、レスター・ヤングへの思いも含んだ強力作品!

「タイム・アンド・タイム・アゲイン」はカナダの巨匠、ドン・トンプソが愛してやまないビリー・ホリデイへのオマー
ジュとジャズ界の重鎮パット・ラ・バーベラの偉大なサツクス奏者、レスター・ヤングへの思いも含まれている。
ビリー・ホリデイによる初レコーディング、初リリース曲「グッド・モーニング・ハートエイク」他、ビリー・ホリデイ愛唱歌を収録。
ピアニストはカナダのマルチプレイヤーでカナダ勲章を授与された、巨匠ドン・トンプソン。そして、ドンとの長年の共演者でもあり友人のマルチリード奏者でその豊富な経歴と演奏はジャズ界で不同な地位を確立した、パット・ラ・バーベラをフィーチャリング。ドラマーはビル・エバンス(p)のラストドラマーとして知られている、パットの実弟ジョー・ラ・バーベラ。ニール・スウェインソンはジョージ・シアリング(p)の共演者でドンが最も信頼をしているカナダ人ベーシスト。
今回のトロント録音第2弾は「タイム・アンド・タイム・アゲイン/オール・バラード」は前回と同様の最強メンバーでお贈りします。
そのサウンドはカナダ・ジュノー賞 最優秀レコーディングエンジニア賞に輝くチャド・イルシックによるインセプション・サウンド・スタジオでの録音。前作同様にオーディーファンを魅了するでしょう。

Don Thompson Quartet featuring Pat La Barbera
ドン・トンプソン(p)
ニール・スウェインソン(b)
ジョー・ラ・バーベラ(ds)
*パット・ラ・バーベラ(ts)

ソングリスト
1.Crazy He Calls Me (Trio) by Carl Sigman 6:47
2.Higginbotham, Ervin Drake and Dan Fisher 6:40
3.For All We Know (Trio) by John Frederick Coots 4:48
4.Maybe You’ll Be There (Quartet) by Rube Bloom 5:35
5.by Victor Young 5:58
6.Edwards and Donald Meyer 7:14
7.I'm A Fool To Want You (Quartet) by Joel Herron 4:55
8.Moonlight in Vermont (Quartet) by Karl Suessdorf 7:15
9.by Eddie De Lange and Louis Alter 4:22







●DUKE PEARSON / I Don’t Care Who Knows It The Complete 68’ to ‘70 sessions(2LP) / WALLEN BINK / WB001 / 2299990648805 / LP / 4,860円(税込)

※2LP / 180g / Gatefold / 全世界1000枚限定
ピアニストとして、そして名アレンジャー/プロデューサーとして名門Blue NoteやAtlanticで活躍したデューク・ピアソン。
1996年に未発表音源としてリリースされた編集盤「I Don't Care Who Knows It」が新レーベルWallenBinkの第一弾で登場!

本リリースのポイントは、

■1968~70年の間に録音され当時未発表音源として発売された「I Don't Care Who Knows It」がアナログ盤でリリース。
■ルディ・ヴァン・ゲルダー録音のアナログ・マスター・テープから、グラミー賞受賞経験もあるアビー・ロードスタジオのエンジニア、ショーン・マギーが落とし込み。
■ジャケットはゲートフォールド仕様、完全未発表ブルーノート・セッションの写真をアートワークに使用。
■全世界1000枚限定、オーディオファイル・アナログ2LP仕様。

68~70年の音源ということで、時代の雰囲気をパッキングしたかのようなバリバリのソウル・ジャズから、人気の高いボッサ・ジャズ、ビッグバンド的なアレンジが光る楽曲までを収録、デューク・ピアソンの名仕事を堪能できる極上の1作。参加ミュージシャンもアイアート・モレイラ、ボビー・ハッチャーソン、ロン・カーター、フローラ・プリム、フランク・フォスターといった豪華さです。
全世界限定盤のためご注文はお早めにお願い致します!!

※下記レーベルHPから収録曲12曲中6曲が試聴可能ですので是非一度聴いてみてください。この時期のピアソン好きなら思わず震えるかと!
http://www.wallenbink.com/#shop_section

参加ミュージシャン
Duke Pearson - piano
Airto Moreira - percussion, drums, vocals
Bobby Hutcherson - vibes
Andy Bey - vocals
Flora Purim - vocals
Frank Foster - tenor sax
Jerry Dodgion - alto sax, flute
Ron Carter - bass
Mickey Roker - drums
and others.

ソングリスト
Disc 1
A1.I Don’t Care Who Knows it
A2.Bloos
A3.A Beautiful
B1.Horn In
B2.Canto Ossanha
B3.Xibaba
Disc 2
C1.I Don’t Know
C2.O Amor En Paz
C3.Upa Neguinho
D1.Captain Bacardi
D2.Theme From Rosemary’s Baby
D3.Dialogo







●BILL EVANS / At The Montreux Jazz Festival(LP/200g) / ANALOGUE PRODUCTIONS/ AAPJ8762 / 0753088876219 / LP / 5,184円(税込)

マニアから絶大な人気を誇る高音質レーベルAnalogue Productionsより「お城のエヴァンス」として親しまれる68年作「At The Montreux Jazz Festival」が登場!!
アナログLP200g重量盤、数々のAnalogue Productions作品を手掛ける名エンジニアBernie Grundmanによるオリジナル・テープからのマスタリング、そして同レーベルでもお馴染みのQuality Record Pressingsという、これまでと変わらない品質の高さで「お城のエヴァンス」が楽しめます!!

200-gram vinyl reissue
Mastered from the original tapes by Bernie Grundman
Pressed at Quality Record Pressings
Old-style tip-on Stoughton Printing jacket

Winner of the 1969 Grammy for Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group!

ソングリスト
A1.One For Helen
A2.A Sleeping Bee
A3.Mother Of Earl
A4.Nardis
B1.I Love You Porgy
B2.The Touch Of Your Lips
B3.Embraceable You
B4.Someday My Prince Will Come
B5.Walkin'Up







●DON CHERRY / Brown Rice(LP) / A&M / 42001 / 0602577252594 / LP / 2,808円(税込)

※LP
フリー・ジャズも民族音楽も飲み込んだフリーキーな名盤「Brown Rice」がアナログ・リイシュー。
エレピと女性のミニマルで怪しい呟きにドン・チェリーの語り、フリーキーなサックスにエレクトリック・コンガのトーンがドロドロに溶け合ったドン・チェリー・ワールド炸裂の冒頭「Brown Rice」からして最高にイマジネーション刺激されます。その後も民族音楽とフリー・ジャズを呪術的とも言える雰囲気の中で繰り出す刺激的な作品。

ソングリスト
A1.Brown Rice
A2.Malkauns
B1.Chenrezig
B2.Degi-Degi






▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】4/8 新入荷一覧! 


●V.A. / 75 ジョニ・ミッチェル・バースデイ・セレブレーション / ユニバーサルミュージック / 4988031323960 / CD / 2,808円(税込)

プロデュースを手掛けるのは、当日ドラムスも担当したブライアン・ブレイドとブライアンの盟友でピアノを担当したジョン・カウハード。

【SHM-CD】
●2018年11月6,7日にLAのThe Music Centerで行われたジョニ・ミッチェル生誕75年オールスター・トリビュート・コンサートのライヴを収録。
●参加しているのは、ノラ・ジョーンズ、チャカ・カーン、ダイアナ・クラール、エミルー・ハリス、クリス・クリストファーソン、ジェイムス・テイラー、グラハム・ナッシュ、シール、グレン・ハンザード、ロス・ロボス、ブランディ・カーライルラ・マリソウル、セサール・カストロ&ソチ・フローレス、ルーファス・ウェインライトなど。
●プロデュースを手掛けるのは、当日ドラムスも担当したブライアン・ブレイドとブライアンの盟友でピアノを担当したジョン・カウハード。
●夢の2夜からセレクトした16曲+日本盤用ボーナストラック1曲収録予定。
●2月7日には全米350館にて一夜限りの80分間ヴァージョンの映画上映を予定。
●3月1日より全米ではPBSにて120分のドキュメンタリー映像が配信スタートし、DVDでも発売される予定。

ソングリスト
1.夢の国
2.ヘルプ・ミー
3.アメリア
4.オール・アイ・ウォント
5.コヨーテ
6.リヴァー
7.青春の光と影
8.僕達の家
9.ア・ケイス・オブ・ユー
10.あなたのもとへ
11.ブルー
12.コート・アンド・スパーク
13.ナッシング・キャン・ビー・ダン
14.マグダレーン・ランドリーズ
15.ウッドストック
16.ビッグ・イエロー・タクシー
17.バラにおくる (日本盤ボーナス・トラック)



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】4/5 新入荷一覧! 


●KENDRICK SCOTT / Wall Becomes A Bridge / BLUE NOTE / 0602577492068 / CD / 2,160円(税込)

ドラマー/コンポーザー、ケンドリック・スコットの『We Are The Drums』以来4年ぶりとなるBlue Note第2弾!!

前作同様、プロデュースを務めるのは第6のメンバー、デリック・ホッジ。
本作のテーマはイノセンス(“Archangel”), 受諾 (“Windows”), 不安 (“Voices”)など.今回もケンドリック・スコットのバンド、オラクルの演奏が楽しめる。ターンテーブルにはJahi Sundanceも参加。

Taylor Eigsti(p) Joe Sanders(b) Mike Moreno(g) John Ellis (sax,fl) Kendrick Scott(ds) Jahi Sundance(turntable)

ソングリスト
1.NewEyes
2.Mocean
3.Windows
4.Voices
5.BeLoved
6.Don Blue
7.Becoming
8.Horizons
9.The Catalyst
10.Plēh
11.Nemesis
12.Archangel





●TOBIAS MEINHART / Berlin People / SUNNYSIDE / SSC1541 / 0016728154123 / CD / 2,268円(税込)

Enjaで2作品をリリースしたトビアス・マイナートが描くNYとドイツの音楽文化の橋渡し!
5曲でカート・ローゼンウィンケルが参加するコンテンポラリー・ジャズ!

Double Moon Recordsの、≪Jazz thing Next Generation≫シリーズからリーダー作をリリースしたのち、名門ENJAで2作品をリリース。この10年、ドイツからニューヨークに拠点を移して活動しているサックス奏者、トビアス・マイナートの最新作品。
多くのミュージシャンがそうであるように、ニューヨークでの活動にあこがれて移住したトビアスは、この新作で、ニューヨークとドイツの音楽文化の橋渡しをしたかったとのこと。そんなトビアスにとって、ニューヨークで名声を築きあげたのちにベルリンに移住し、Jazz Institute of Berlin のヘッドとなったカート・ローゼンウィンケルはこれ以上にない適任のアーティスト。またトビアスは、この数年間、セカンド・メロディのヴォイスにトランペットをイメージして楽曲を書いていたとのことですが、最近はギターをイメージして作曲を行っていたとのこと。カートの参加了承を得て、大喜び。2ヶ月あまりの時間をかけて、楽曲作りに取り組んだとのことです。
リズム・セクションには、カートをメンターと仰ぎ、尊敬してやまないドイツ出身の仲間たち。サックスとギターがユニゾンで強力なメロディを提示するオープニング・トラックほか、90~00 年代にカートが切り拓いてきたギター&サックスを軸とした編成の演奏をほうふつとさせるM3など、演奏にはどれも、カートへのリスペクトがあふれます。また、全9曲中4曲はカルテットでの演奏ですが、ニューヨークへの思いを形にしたアーティストたちの楽曲/ 演奏により、その他の楽曲も90年代以降のコンテンポラリーなテイストが息づきます。
ジョー・ヘンダーソンの“セレニティ”では、これぞカート!とも言える歌混じりの自在のソロもあり、聴きものです。

メンバー:
Tobias Meinhart(ts)
Kurt Rosenwinkel(g 1,3,4,6,7)
Ludwig Hornung(p)
Tom Berkmann(b)
Mathias Ruppnig(ds)

ソングリスト
1.Mount Meru (8:19)
2.Früher War Alles Besser (7:46)
3.It's Not So Easy (7:19)
4.Malala (7:36)
5.Be Free (3:59)
6.Serenity (9:16)
7.Childhood (7:21)
8.Berlin People (6:09)
9.Alfred (5:38)





●ANAT FORT / Colour / SUNNYSIDE / SSC1550 / 0016728155021 / CD / 2,268円(税込)

1970 年イスラエル生まれの女性ピアニスト、アナット・フォートによる美しい世界が繰り広げられたトリオ作品。これまでECM で3 作のアルバムをリリース。一作目のドラマーはポール・モチアンで、昨年、惜しくも逝去した鬼才クラリネット奏者、ペリー・ロビンソンを迎えた作品でも広く話題になりました。本作は、そのアナットが、20 年にわたって活動を続けるドイツ人ドラマーRoland Schneider、ベーシストGary Wang との作品。

1999 年に演奏をはじめて即、Schneider は、バンドが、一時的なプロジェクト以上のものであることを明白に感じたとのこと。そして、アナットに、週一度のペースでリハーサルを行うことを提案。ニューヨーク、イースト・ヴィレッジのスタジオで演奏を重ね、バンドとしての音楽的なアイデンティティに磨きをかけていったとのことです。一方、2008 年に、Schneiderはドイツに帰国。アナットもその後、イスラエル、テル・アビブに移住。しかし、トリオは活動を続け、ヨーロッパ・ツアーなども精力的に行っています。

そして、演奏にはそんな3人の培ってきた音が結実しました。メランコリックなハーモニー・センスとルバートによるピアノ演奏が、ECM の世界観を感じさせるオープニングを筆頭に、アナットのルーツが垣間見える中東的なメロディが交わるM3, メロディのラインとリズムをオノマトペで曲目にした3 人の一糸乱れぬコンビネーションとインプロの妙が楽しいM5 など、それぞれの楽曲は、異なる魅力をもっています。

また、M7 のように、フリー的なものとギリギリのバランスをとりながら疾走していくスリリングでプログレッシヴな演奏に、ヨーロッパのピアノ・トリオの先鋭性が見えるトラックもある一方、M2 では、アメリカ合衆国に移住して以来練習を積んできたというゴスペル・ムードがいつくしみを感じさせるM2 など、コントラストの妙もあります。ウィリアム・パターソン大学で、ハロルド・メイバーン、ルーファス・リードといったアーティストに師事しながら、ポール・ブレイの影響をにじませ、ルーツとブルース、ゴスペルといった音楽要素を融合したアナット。20 年の時の積み重ねもにじませたヨーロピアン・ピアノ・トリオの素晴らしい結晶です。

Anat Fort(p), Gary Wang(b), Roland Schneider(ds)

ソングリスト
1. BBB
2. Sort Of
3. The Limp
4. Part Trio
5. Tirata Tiratata
6. Goor Katan
7. Free
8. Part Solo
9. Heal And...







●NICK SANDERS / Playtime 2050 / SUNNYSIDE / SSC1537 / 0016728153720 / CD / 2,268円(税込)

ニューオリンズに生まれ、幼少の時よりドラムに親しみ、即座にセカンド・ライン・ビートを習得したという神童ぶり。クラシックの専門教育を受けたのち、ジャズに転向。ダニーロ・ペレスとの出会いにより、ジェイソン・モラン、そしてフレッド・ハーシュに師事した現代の鬼才ピアニスト、ニック・サンダースの最新作品。ダウン・ビート・マガジンも“そぎ落とした無駄のない演奏、アクロバティックで、極めて独創的なサンダースのスタイルは、予想できず、驚きに満ちている”と述べ絶賛していますが、その演奏は極めてユニークなものがあります。

本作は、不動のトリオによる3 作目。前作『You Are a Creature』に引き続き、ニューメキシコをベースとするアーティスト、Leah Saul ni er のイラストをカバーにし、インスパイアされたという音楽は、ダークなユーモアが込められたもの。しかし、サンダースは、“どんなにダークな事柄があろうと、楽観的な世界も並行してある”との見方の持ち主。そんな視点を表現するかのように、アルバムには、さまざまなスタイルの演奏が渾然一体となっています。

オープニングは、一聴して複雑なリズム、メロディを組み合わせてのコンテンポラリーなフィーリングを提示しつつ、クラシック的なピアノの素養もしっかり見えるレガートなども美しいサウンド。M8 ではソロで対位法的なアプローチも見せています。一方、M3では、大きな影響を受けたとあげるセロニアス・モンクや、ハービー・ニコルスのスウィング感が絶妙な演奏を見せるかと思うと、同時にオーネット・コールマンから多大な影響を受けたことを証明するようにM6 では、ハーモロディク的に、自由な即興も見せていきます。ほか、プリパードでの演奏や、ゴスペル的な深い癒しも、作品の中に自然に表現されています。

フレッド・ハーシュによってプロデュースされた第一作『Nameless Neighbors』から約5 年。ジャズピアノの伝統と対話しつつ、オリジナルな世界を切り拓くピアニストの注目作品です。

Nick Sanders(p), Henry Fraser(b), Connor Baker(ds)

ソングリスト
1.Live Normal
2.Manic Maniac
3.Playtime 2050
4.Prepared For The Blues
5.Still Considering
6.The Number 3
7.Interlude For S.L.B.
8.Endless
9.It's Like This
10.Hungry Ghost
11.RPD
12.Prepared For The Accident
13.#2 Longfellow Park





●BEN WINKELMAN / Balance / OA2 RECORDS / 0805552216424 / CD / 2,376円(税込)

Jazzheadなどからのリリースもあるピアニスト、ベン・ウィンケルマンのリーダー作4枚目がOA2 Recordsからリリース。SFJAZZ COLLECTIVEにも参加するObed Calvaire、現代ジャズ屈指のベーシスト、マット・ペンマンというトップミュージシャンとのトリオ作品。

Ben Winkelman (p)
Matt Penman (b)
Obed Calvaire (ds)

ソングリスト
1.Bx12 Part One
2.April
3.Wheels
4.Santiago
5.Merri Creek
6.Window Shopping
7.The Trip
8.Fala Baixio
9.Bye-Ya
10.Bx12 Part Two







●PETER BEETS / Our Love Is Here To Stay: Gershwin Reimagined / MAGIC BALL JAZZ RECORDS / MBJ74609 / 0608917460926 / CD / 2,376円(税込)
●ピーター・ビーツ / アワー・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ~ガーシュイン・リイマジンド / キングインターナショナル / JPN / KKJ138 / 4909346017986 / CD / 2,592円(税込)

人気ピアニスト、ピーター・ビーツ。ストケロ・ローゼンバーグとの共演作品に続く、トリオ作のリリース!!同レーベルでは、オスカー・ピーターソン曲集や、ショパンを題材にした作品もトリオでリリース。大好評を博してきましたが、今回はジョージ・ガーシュイン!珠玉のメロディを、名手ビーツが奏でます。テクニックも抜群、スウィンギーなピアノ・スタイルは、もちろんいつも通り。

特に、ウォーキング・ベースのイントロに導かれて、アップテンポで演奏するM4 の“S'Wonderful”は、まさにピーター・ビーツの真骨頂ともいう快演!!粒立ちよいピアノは、アップテンポになってなお、メロディアス!ピーター・ビーツはたびたび来日もして、ライヴでは、これでもかというくらい弾きまくる演奏で、オーディエンスを興奮させていますが、この演奏は、スタジオ演奏にして、そのライヴの興奮を感じさせてやみません。

一方、M2 の“I Love You, Porgy”や、M5“I've Got A Crush on You”などのバラード演奏も魅力的。ガーシュインによって描かれた楽曲のメロディを、ブルージーなムードも漂わせるハーモニーと、流麗なフレージングで描き上げるところにもビーツのセンスが光ります。またバッハの“主よ人の望みの喜びよ”のメロディをソロに織り込むという展開も!ブルーズの感覚なども根付かせながら、軽妙な語り口となるところが、ヨーロピアンならではであり、ピーターソンの影響を受けたビーツ的なところ。スロー、ミディアム、アップテンポと、テンポのバランスもよいピアノ・トリオ好演!!そして、『Way Out West』でもおなじみ、大阪を拠点に活動するイラストレーター藤岡宇央さんが手掛けたジャケットも魅力です!!

Peter Beets(p), Tom Baldwin(b), Eric Kennedy(ds)

ソングリスト
1. Our Love Is Here To Stay (05:58)
2. I Loves You, Porgy (07:19)
3. Embraceable You (03:10)
4. ‘S Wonderful (03:38)
5. I’ve Got A Crush On You (05:00)
6. Summertime (04:35)
7. How Long Has This Been Going On? (05:36)
8. They Can’t Take That Away From Me (05:53)
9. Lady, Be Good! (06:20)







●NINA SIMONE / At The Village Gate / WAX LOVE / WLV82121 / 8055515230932 / LP / 1,944円(税込)

ソングリスト
A1.Just In Time
A2.He Was Too Good To Me
A3.House Of The Rising Sun
A4.Bye Bye Blackbird
B1.Brown Baby
B2.Zungo
B3.If He Changed My Name
B4.Children Go Where I Send You
B5.You'll Never Walk Alone







●BILLIE HOLIDAY / Music For Torching With Billie Holiday / WAX LOVE / WLV82122 / 805551523095 / LP / 1,944円(税込)

ソングリスト
A1.It Had To Be You
A2.Come Rain Or Come Shine
A3.I Get A Kick Out Of You
A4.I Don't Want To Cry Anymore
A5.Ghost Of A Chance
B1.A Fine Romance
B2.Gone With The Wind
B3.Isn't It A Lovely Day



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 4/4 新入荷一覧! 



●HANK MOBLEY / Workout(LP) / WAX LOVE / WLV82118 / 8055515230901 / LP / 1,944円(税込)

※LP
本作は4031、4058と並ぶ60年代初頭の三部作、内容、メンツ共にモブレーにとってピークの作品です。タイトル曲「WORKOUT」のソフトなトーンとスムーズなフレージングを持つテナーマンをハードバッパーと呼ぶべきか、と以前のライナー中でレナードフェザーが悩んでいましたが、まさにそれを超える特別な存在でしょう。また、ウイントン・ケリー・トリオ+グラント・グリーンとのクインテットで、なんといってもB-2「BEST THINGS IN LIFE ARE FREE」はグリーン(g)のアドリブが絶妙です。3部作の中で最もソリッドな作品になっています。5曲中4曲がモブレーのオリジナル。

■HANK MOBLEY(ts)
GRANT GREEN(g)
WYNTON KELLY(p)
PAUL CHAMBERS(b)
PHILLY JOE JONES(ds)

ソングリスト
A1.WORK OUT
A2.UH HUH
B1.SMOKIN'
B2.THE BEST THINGS IN LIFE ARE FREE
B3.GREASIN' EASY






●JIMMY SMITH / Back At The Chicken Shack(LP) / WAX LOVE / WLV82120 / 8055515230925 / LP / 1,944円(税込)

※LP
ジミー・スミスの1960年作がアナログ盤でリイシュー。
それまでのハードバップから脱却し、ソウルフルなジャズという新たな局面へとシフトチェンジしていったスミスの記念すべき一枚で、テナーのスタンリー・タレンタインとともにアーシーな雰囲気がたまりません。『MIDNIGHT SPECIAL』と同一セッションの音源です。

■JIMMY SMITH(org)
STANLEY TURRENTINE(ts)
KENNY BURRELL(g)
DONALD BAILEY(ds)

ソングリスト
A1.BACK AT THE CHICKEN SHACK
A2.MINOR CHANT
A3.ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET
B1.WHEN I GROW TOO OLD TO DREAM
B2.MINOR CHANT






●マーク・ジュリアナ / ビートミュージック!ビートミュージック!ビートミュージック! / インパートメント / AGIPI3635 / 4532813836355 / CD / 2,484円(税込)

デヴィッド・ボウイの遺作に参加、アヴィシャイ・コーエンなどのグループで活躍。ブラッド・メルドーとのデュオ・アルバムは注目を集め、自身のグループでもアルバムをリリースし、現代の最高峰ドラマーの地位を確立したマーク・ジュリアナの最新作「ビート・ミュージック!ビート・ミュージック!ビート・ミュージック!」(AGIP-3635)が日本先行発売。 アルバムにはATCQ新作参加の鍵盤奏者、BIGYUKI、ボウイの★にも参加したジェイソン・リンドナー(key)、ティム・レフェーヴル(b)、グレッチェン・パーラトが参加。

ソングリスト
1.GIRL
2.BONES
3.BUD
4.BULLET
5.HOME
6.ROAST
7.HUMAN
8.BLOOM
9.STREAM







●KEVIN HAYS & CHIARA IZZI / Across the Sea / VIA VENETO JAZZ / VVJ128CD / 8013358201281 / CD / 2,160円(税込)

かのフレッド・ハーシュも“最も過小評価されているアーティストの一人”と太鼓判を押し、ブラッド・メルドウも尊敬するピアニスト、ケヴィン・ヘイズとイタリア生まれのシンガー、キアラ・イッツィの作品がリリース。
メロディアスな楽曲とマッチしたソフティでヌケの良い歌声も聴いていて心地よく、ケヴィン・ヘイズも流石の文句無しの演奏を披露。この両者による演奏だけでも買いなのですが、なんとあのクリス・ポッターまでも参加。もしかすると、2019年度ピアノ~ヴォーカル・ファンの年間ベストに入るのでは?

■Kevin Hays (vocals, piano, fender rhodes)
Chiara Izzi (vocals)
Rob Jost (bass and french horn)
Greg Joseph (drums)
Omer Avital (oud)
Gregoire Maret (harmonica)
Nir Felder (guitar)
Chris Potter (sax)
Rogerio Boccato (percussion)

ソングリスト
1.Circles Of The Mind
2.I’ve Grown Accustomed To Her Face
3.James
4.Secret O’Life
5.Two For The Road
6.Across The Sea
7.Viaggio Elegiaco
8.Verso Il Mare
9.Tierna Nardis
10.With You I’m Born Again







▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
1 2 3 4 5 6 次へ

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter


新宿ジャズ館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す