【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 12/30 新入荷一覧! 


● DICK CONTE / Blue in Green / D.C. JAZZ / DCJ55 / 0783025409729 / CD / 1,728円(税込)

サンフランシスコで活動しているベテランピアニスト、ディック・コンテの2018年作が入荷。「AUTUMN LEAVES」から10年ぶりとなる作品で、裏ジャケットには"ビル・エヴァンスに捧ぐ"と記載があるように王道ピアノ・トリオの演奏を披露。

■Dick Conte (piano)
Steve Webber (bass)
Akira Tana (drums)

ソングリスト
01Munay (Moon Eye) Blue
02Softly, As In A Morning Sunrise
03All Blues
04Blue In Green
05Song For Bill
06My Foolish Heart
07Come Rain Or Come Shine
08Gentle Rain/Slow Hot Wind
09I'm Getting Sentimental Over You
10Sicily
11Christina's Castle
12Yesterdays
13Yours Is My Heart Alone
14That's All/Some Other Time





● JOHN BUNCH / It's Love In The Spring / PROGRESSIVE / 7011 / 0762247701125 / CD / 2,160円(税込)

※デジパック
多くのビッグ・バンドへの参加やスコット・ハミルトンのサポートとしても知られるベテラン・ピアニスト、ジョン・バンチの1977年に録音された演奏がリリース。
ピアノ、ベース、ギターのドラムレス・トリオで奏でる軽やかなスウィング感にメロディ感の立ったコードワークがジャズ・ファンのみならず多くの音楽好きに受け入れられるであろう流石の演奏。

■John Bunch - piano
Cal Collins - guitar
George Mraz - Bass

ソングリスト
01It's Love In The Spring
02Celia
03Cincinnati Slick
04Emily
05Struttin' With Some Barbecue
06Dream Dancing
07Night Mist Blues
08Jubilee
09Cincinnati Slick (Alt-Tk2)
10It's Love In The Spring (Alt-Tk2)





●MIKE ROELOFS / Root of the Matter / MIKE ROELOFS / MRM009 / 2299990617002 / CD / 2,592円(税込)

※デジパック
レア盤「VIEWMUSIC」で知られたピアニストの2018年最新作。
内省的かつ詩的、流れるような旋律美で奏でる即興、フランス印象派の作品にも影響を受けたユーロ・ジャズ・トリオらしい作品となっております。
大プッシュ。

【Personnel】
Mike Roelofs(p)
Guus Bakker(b)
Arthur Lijten(ds)

ソングリスト
1Root Of The Matter
2Labour Of Love
3Shlm
4Amblyopia
5Ode To The Invisible Sweat Of The Heart
6Fernweh
7I Wonder
8The Gospel





●GIL EVANS / Hidden Treasures Monday Nights Volume One / BOPPER SPOCK SUNS MUSIC / GEO34752CD / 0860000347525 / CD / 3,024円(税込)

※デジパック
Gil Evans が晩年グリニッジ・ヴィレッジのスイート・ベージルで毎週月曜日に行っていた伝説のギグをニューヨークで第一線で活躍するジャズメンが同クラブに終結して再現したのがこちらのアルバム。幅広いレーパートリーをハイレベル、 ハイテンションの演奏で聴かせ、 ギルの魂が現代に蘇ったかのようです。

■メンバー : Kenwood Dennard – Drums, Mino Cinelu – Percussion Mark Egan – bassPete Levin – keyboards, Miles Evans – trumpet Shunzo Ohno – trumpetDavid Taylor - Bass Trombone, John Clark - French Horn, Chris Hunter – Alto Sax, Flute, Alex Foster - Tenor Sax, Soprano Sax Darryl Jones - Bass (Tune 2),Matthew Garrison - Bass & Bass Solo (Tune 2), Vernon Reid - Guitar (Tune 2),Paul Shaffer - Fender Rhodes (Tune 2), David Mann - Alto Sax (Tune 2),Gil Goldstein - Piano (Tunes 1, 2, 5, 6), Delmar Brown - Synthesizer (Tunes 1, 2, 5),Charles Blenzig - Synthesizer (Tunes 2, 3, 4, 7), Gabby Abularach - Guitars (Tune 1, 4, 5), Jon Faddis - Trumpet (Tunes 1, 5, 6), Dave Bargeron -Trombone (Tunes 1, 5, 6),Gary Smulyan - Baritone Sax (Tunes 1, 5, 6), Birch Johnson - Trombone (Tunes 3, 4, 7,) Alex Sipiagin - Trumpet (Tunes 3, 4, 7), Alden Banta - Baritone Sax (Tunes 3, 4, 7)

ソングリスト
1SUBWAY Pete Levin 10:56
2LL FUNK Miles Evans 5:29
3I SURRENDER Delmar Brown/Alex Foster 7:17
4GROOVE FROM THE LOUVRE John Clark 9:50
5LUNAR ECLIPSE Masabumi Kikuchi 6:28
6MOONSTRUCK Gil Evans 1:49
7ELEVEN Gil Evans 5:24





●JOHN MCLAUGHLIN / Live in San Francisco(2LP) / ABSTRACT LOGIX / ABL59 / 0700261470139 / LP / 5,616円(税込)

※2LP
ジョン・マクラフリンとジミー・ヘリングという超絶ギター・プレーヤーが共演した「Live in San Francisco」がアナログ盤でリリース。大名盤「火の鳥」の楽曲も演奏した往年ファン泣きの1枚。

John McLaughlin: 12 string Double Neck and 6 String Guitars
Jimmy Herring : Guitar
Ranjit Barot : Drums, Konokol and Vocals
Gary Husband: Electric Piano and Synths
Etienne M'Bappe: Bass and Vocals
Jason Crosby: Violin, Fender Rhodes and Vocals
Kevin Scott : Bass guitar
Jeff Sipe: Drums and Gong
Matt Slocum: Hammond B3 and Clavinet

ソングリスト
Disc 1
1Meeting Of The Spirits 8:53
2Birds Of Fire 7:50
3A Lotus On Irish Streams 7:13
4The Dance Of Maya 10:09
Disc 2
1Trilogy 13:01
2Earth Ship 8:59
3Eternity's Breath Part 1 & 2 9:39
4Be Happy 7:05





●JULIE LONDON / Julie Is Her Name 1 And 2 / RETURN TO ANALOG / RTA024 / 0722056179522 / LP / 3,564円(税込)

※2LP / 500枚限定ナンバリング入り
スモーキー・ヴォイスの名女性シンガー、ジュリー・ロンドン55年リリースのベストセラー「Julie Is Her Name 1」と58年の続編をワンパッケージにしてRrturn To Analogが500枚限定でアナログ・リイシュー。代表曲「Cry Me River」も収録し、女性ジャズ・ヴァーカルを聴くうえで避けては通れない大名盤2作を一度に聴ける嬉しい仕様です。
裏ジャケットにはナンバリング入りステッカーが張り付けられています。

ソングリスト
Disc 1
01Cry Me A River
02I Should Care
03I'm In The Mood For Love
04I'm Glad There Is You
05Can't Help Lovin' That Man
06I Love You
07Say It Isn't So
08It Never Entered My Mind
09Easy Street
10S' Wonderful
11No Moon At All
12Laur
13Gone With The Wind
Disc 2
01Blue Moon
02What Is This Thing Called Love
03How Long Has This Been Going On
04Too Good To Be True
05Spring Is Here
06Goody Goody
07The One I Love Belongs To Somebody Else
08If I'm Lucky
09Hot Toddy
10Little White Lies
11I Guess I'll Have To Change My Plan
12I Got Lost In His Arms





●OSCAR PETERSON / Live In Paris 1962(LP) / RETURN TO ANALOG / RTA013 / 0722056179225 / LP / 3,564円(税込)

※LP / 500枚限定
ジャズ・ピアノの巨人オスカー・ピーターソンが1962年パリでの演奏を収録したアナログ盤が500枚限定でリリース。
オスカー・ピーターソンのキャリアで最高のメンバーと言われる"Night Train"と同メンバーでパリのオリンピア・シアターでの演奏を収録しアナログ盤化は今回が初となります。

■Bass – Ray Brown
Drums – Ed Thigpen
Piano – Oscar Peterson

ソングリスト
1The Lamp is Low
2Yours is my heart alone
3Jet Song
4Whisper Not
5Cubano Chant
6Jordu
7Tin Tin Deo





●JIMMY ROWLES / Kinda Groovy!(LP) / RETURN TO ANALOG / RTA028 / 0722056180924 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 500枚限定
アメリカ出身のピアニスト、ジミー・ロウルズの「Kinda Groovy!」が初リリースから56年ぶりにアナログ盤でリイシュー。
ウェスト・コーストを代表するモダン・ギターの名手ハワード・ロバーツ、同じくウエスト・コースト・シーンで活躍した実力派ベーシスト、マックス・ベネットが参加していたりと演奏はバッチリ、カッチリしすぎない良い雰囲気で気持ち良く聴けます。
未CD化のため意外と聴き逃していた方も多いのでは?裏ジャケットにはシリアルナンバー入りステッカーが貼り付けられています。

■Bass – Max Bennett
Drums – Nick Martinis, Shelly Manne
Guitar – Howard Roberts
Piano, Vocals – Jimmie Rowles

ソングリスト
01I Can't Resist You
02Your Mind Is On Vacation
03Maybe You'll Be There
04My One And Only
05A Porter's Love Song To A Chambermaid
06Me And You
07Ms. Brown To You
08I Wish I Knew
09How Can We Be Wrong
10So Far, So Good
11When I'm With You
12Sugar





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD・LP】 12/28 新入荷一覧! 


● 神保彰 / 24丁目 ニューヨーク デュオ フィーチャリング ウィル・リー / キングレコード / JPN / KICJ-814 / 4988003535261 / CD / 3,240円(税込)

ソングリスト
01グルーヴ・ミッション
0224丁目ブルース
03マイルズ・アウェイ
04バップ・ダンス
05ピース・オブ・ケイク
06テイク・セブン
07ダウン・ザ・ライン
08キー・ライム
09ワウ!
10ハング・オン!


●神保彰 / 25番街 ロサンゼルス トリオ フィーチャリング エイブラハム・ラボリエル&ラッセル・フェランテ / キングレコード / JPN / KICJ-815 / 4988003535278 / CD / 3,240円(税込)

ソングリスト
1リーズンズ
2レット・イット・ムーヴ
3キャッチ・ミー・イン・ザ・サン
4オクトーバー・レイン
5カム・ウィズ・ミー
6セプテンバー・ムーン
7プロミシス
8ジューン・バタフライ
9メイ・フラワー







●TUIJA KOMI / Midnight Sun / CHAOS / CACD8501 / 4012116850130 / CD / 2,268円(税込)

Tuija Komi Vocals
Walter Lang Piano
Peter Cudek Bass
Martin Kolb Drums

ソングリスト
01Land of the Midnight Sun
02Music Is the Magic
03Thank You for the Music
04Gabriella's Song
05Samba Tzigane
06Sinua, Sinua, Rakastan (You, You I Love)
07You Make Me Feel Brand-New
08Suru on Kunniavieras (Grief Is the Guest of Honour)
09It's Too Late
10Miksi Juuri Hän (Why Just Him)
11Peppi Pitkätossu (Pippi Longstocking)
12Feeling Good
13If I Had My Life to Live Over







●MARC BENHAM / Gonam City / NEUKLANG / NCD4196 / 4012116419634 / CD / 2,268円(税込)

Quentin Ghomari - trumpets
Marc Benham - piano

ソングリスト
01Wehe uns
02Pithecanthropus Erectus
03From Gonam City with Love
04Étourneaux
05Célia
06Petite fleur
07Misterioso
08One for Francis
09Mésozoïque
10Background Music
11Willow Weep for Me
12Terrarium






●CHIARA CIVELLO / Eclipse / KWAIDAN / KW065LP / 4012957339917 / LP / 3,564円(税込)
●CHIARA CIVELLO / ECLIPSE / Sony Music Italy / 4012957339924 / CD / 2,160円(税込)







●FRANK SINATRA / Only The Lonely / WAXTIME / 950652 / 8436559465298 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g / Color
ネルソン・リドル・アレンジによる傷心のバラード曲を集めたフランク・シナトラのキャピタル時代の名作。シナトラのバラード曲における感情表現が見事な代表作の1枚。盤面はブルー。

メンバー:
Frank Sinatra (vo)
The Nelson Riddle Orchestra
Featuring Harry Klee (fl), Pete Candoli (tp), Milt Bernhart (tb),
Vincent De Rosa (frh), Bill Miller (p), Al Viola (g), And Joe Comfort (sb),
Among Others.
Capitol Tower, Hollywood, May 29 (A1, A2, A5, B2-B4),
June24 (A3, B1, B5) & June 26 (A4, A6, B6), 1958.
[Felix Slatkin Replaces Riddle As Conductor On A1, A2, A5 & B2-B4.]
Original Sessions Produced By Dave Cavanaugh.
*Bonus Track (B7):
Frank Sinatra (vo), Nelson Riddle (cond). Featuring Harry Klee,
Ted Nash (reeds), Harry “Sweets” Edison, Pete Candoli, Conrad Gozzo (tp),
Juan Tizol (tb), George Roberts (b-tb), Bill Miller (p), Al Viola (g),
Joe Comfort (b), And Alvin Stoller (ds),Among Others.
Capitol Tower, Hollywood, September 11, 1958.
Originally Issued On Capitol 4070.

ソングリスト
01Only The Lonely
02Angel Eyes
03What’s New
04It’s A Lonesome Old Town
05Willow Weep For Me
06Good-Bye
07Blues In The Night
08Guess I’ll Hang My Tears Out To Dry
09Ebb Tide
10Spring Is Here
11Gone With The Wind
12One For My Baby
13Sleep Warm



●CHET BAKER / Sings It Could Happen To You / WAXTIME / 950653 / 8436559465304 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g / Color
月明かりをバックにチェットと女性が見つめ合うジャケットが印象的。1958年にリバーサイドレーベルから発売された人気盤。オリジナルLPに収録されなかった同セッションの音源がボーナストラックで2曲追加。盤面は紫。

メンバー:
Chet Baker (tp, vo), Kenny Drew (p), George Morrow (b) (on A1-A2, A5 & B2-B3)
Sam Jones (b) (on A3-A4, A6, B1 & B4-B6)
Philly Joe Jones (ds) (On A1-A2, A5, B1-B3 & B5)
Dannie Richmond (ds) (On A3-A4, A6, B4 & B6)
New York, August 1958.

ソングリスト
01Do It The Hard Way (Rodgers-Hart) 2:57
02I’m Old Fashioned (Kern-Mercer) 5:00
03You’re Driving Me Crazy (Walter Donaldson) 2:52
04It Could Happen To You (Burke-Van Heusen) 2:48
05My Heart Stood Still (Rodgers-Hart) 3:24
06While My Lady Sleeps (Kahn-Kaper) 4:18
07The More I See You (Warren-Gordon) 3:01
08Everything Happens To Me (Matt Dennis) 5:01
09Dancing On The Ceiling (Rodgers-Hart) 3:05
10How Long Has This Been Going On (George & Ira Gershwin) 4:06
11Old Devil Moon (Harburg-Lane) 2:54
12You Make Me Feel So Young (Gordon-Myrow) 3:37



●NINA SIMONE / Strange Fruit / WAXTIME / 950654 / 8436559465311 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g / Color
ニーナ・シモン、初期のキャリアの音源集。1956年頃アトランティック・シティのクラブで録音された曲が5曲、コルピックスレーベルからシングル盤で発売された音源が4曲、シカゴやNYでのプライベート録音が4曲収録されている。盤面はオレンジ。

Nina Simone, piano & vocals
On all tracks, with:
A1-A5: Unknown drummer on 4-5 only.
Recorded live in Atlantic City,New Jersey, 1956.
A6-A7 & B1-B2: Orchestra conducted by Stu Phillips.
A6: New York, 1959. Originally issued on the single Colpix 151.
A7: New York, 1959-60. Originally issued on the single Colpix 156.
B1: Same as A7. Originally issued on the single Colpix 158.
B2: New York, September 1961. Originally issued on the single Colpix 614.
B3-B4: Nina Simone unaccompanied piano & vocals.
Live at the Lake Meadows Club, Chicago, 1960.
B5-B6: Nina Simone unaccompanied piano & vocals.
Live at unidentified location, probably New York, early 1960s.

ソングリスト
01I Loves You Porgy 5:13
02Since My Lover Has Gone 3:56
03Black Is The Color Of My True Love’S Hair 3:42
04Lovin’ Woman 2:24
05Baubles, Bangles And Beads 3:22
06Since My Lover Has Gone #2 2:51
07If Only For Tonight 3:07
08Nobody Knows You When You’Re Down And Out 2:46
09Come On Back, Jack 2:21
10I Love To Love 5:25
11Nobody Knows You When You’Re Down And Out #2 8:00
12I Want A Little Sugar In My Bowl 2:46
13Strange Fruit 3:28



●ART PEPPER / ARTISTRY OF PEPPER + 2 BONUS TRACKS / WAXTIME / 772252 / 8436559465229 / LP / 2,700円(税込)

オリジナルはPacific Jazz Recordsから1962年に発売された作品『The Artistry Of Pepper』(PJ-60) 。
1953~54年にかけて麻薬による収監や入院でブランクがあったが、56年にカムバック後、当時西海岸で活躍していた名手達と共演した4つのセッションを集めたアルバム。

Side A
01 What Is This Thing Called Love (Cole Porter) 5:29
2 A Foggy Day (George & Ira Gershwin) 3:53
3 Diana Flow (Art Pepper) 4:01
4 Zenobia (Art Pepper) 5:14
5 Didi (Shorty Rogers) 3:13*
6 Powder Puff (Shorty Rogers) 3:23*

Side B
1 Popo (Shorty Rogers) 7:01
2 I Can’t Give You Anything But Love (Jimmy Mchugh-Dorothy Fields) 4:10
3 Old Croix (Art Pepper) 5:29
4 Bunny (Shorty Rogers) 3:45
5 C.T.A. (Jimmy Heath) 5:09
*Bonus Tracks: From The Same Sessions,
But Not Included On The Original Album.

メンバー:
Art Pepper (as),
On all tracks, plus:
A1-A4: Bill Perkins (ts), Jimmy Rowles (p), Ben Tucker (b), Mel Lewis (d).
Los Angeles, December 11, 1956.
A5-A6, B1 & B4: Don Fagerquist (tp), Stu Williamson (v-tb),Red Callender (tu), Bill Holman (ts),
Bud Shank (bar), Russ Freeman (p), Monty Budwig (b), Shelly Manne (d), Shorty Rogers (arr, dir).
Hollywood, CA, August 12, 1957.
B2-B3: Pete Jolly (p), Leroy Vinnegar (b), Stan Levey (d).
The Forum Theatre, Los Angeles, July 26, 1956.
B5: Chet Baker (tp), Phil Urso (ts), Carl Perkins (p), Curtis Counce (b),Lawrence Marable (d).
Hollywood, November 20, 1956.


●GERRY MULLIGAN QUARTET / GERRY MULLIGAN QUARTET / WAXTIME / 408723 / 8436559465250 / LP / 2,700円(税込)

オリジナルは1962年にVerveレーベルから発売された『The Gerry Mulligan Quartet』(V6-8466)。ボブ・ブルックマイヤーとの名コンビを中心にベースにはビル・クロウが参加したカルテット演奏。
マリガンとブルックマイヤーは40年に亘るコラボで50作以上のスタジオ録音、ライブ録音がある。本作は1962年に初めて2人がコラボした記念すべきアルバムである。B-3はヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ録音。

Side A
01 I’m Getting Sentimental Over You (George Bassman-Ned Washington) 5:05
02 Piano Train (Gerry Mulligan) 6:12
03 Lost In The Stars (Kurt Weill-Maxwell Anderson) 5:56

Side B
01 I Believe In You (Frank Loesser) 4:38
02 Love In New Orleans (Gerry Mulligan) 5:46
03 I Know, Don’t Know How (Gerry Mulligan) 7:54

メンバー:Gerry Mulligan (bs), Bob Brookmeyer (tb) (piano on A2),
Bill Crow (b), Gus Johnson (ds),
New York, May 14-15, 1962 (Side A & B1-B2) &
Live At The Village Vanguard, New York, February 25, 1962 (B3).


●CHICO HAMILTON/ CHICO HAMILTON QUINTET + 1 BONUS TRACK / WAXTIME / 408724 / 8436559465267 / LP / 2,700円(税込)

オリジナルはPacific Jazzから1955年に発売された作品『Chico Hamilton Quintet』(PJ-1209)。バディ・コレット、ジム・ホール(g) 等が参加したチコ・ハミルトン・クインテットとしてのファースト・アルバム。
A面はロスのスタジオ録音、B面はロングビーチの「ストローラーズ・クラブ」でのライブ録音。同メンバーによるボーナストラックが1曲追加収録されている。

Side A
01 A Nice Day (Buddy Collette) 2:52
02 My Funny Valentine (Richard Rodgers-Lorenz Hart) 4:15
03 Blue Sands (Buddy Collette) 6:28
04 The Sage (Fred Katz) 3:33
05 The Morning After (Chico Hamilton) 2:08
06 Taking A Chance On Love (Vernon Duke-Ted Fetter-John Latouche) 4:12*

Side B
01 I Want To Be Happy (Vincent Youmans-Irving Caesar) 2:09
02 Spectacular (Jim Hall) 5:14
03 Free Form (Ad Lib) 5:03
04 Walking Carson Blues (Traditional; Arr. Carson Smith) 6:09
05 Buddy Boo (Herbert Magidson-Allie Wrubel) 5:12

メンバー:
Buddy Collette (fl,as,ts,cl), Flute, Fred Katz (cello), Jim Hall (g),
Carson Smith (b), Chico Hamilton (ds)
Side A: Los Angeles, August 23, 1955.
Side B: Live At The Strollers, Long Beach, California, August 4 & 5, 1955.
*Bonus Track: Same Personnel.
Los Angeles, February 10-13, 1956.


●TONY FRUSCELLA / TONY FRUSCELLA + 1 BONUS TRACK / WAXTIME / 408722 / 8436559465243 / LP / 2,700円(税込)

チェット・ベイカーを思わせるジャケット写真が印象的なトランぺッター、トニー・フラッセラが残した唯一のリーダー作品。
1927年生まれ、軍隊のバンドで活動をスタート、その後1950年代の中期にはレスター・ヤング、ジェリー・マリガン、スタン・ゲッツ等のサイドメンとして活躍したが60年代初めに薬やアルコールの影響で目立った活動ができず1969年に42歳の若さで死亡した。1948年録音のカルテット演奏がボーナストラックとして追加。

Side A
01 I’ll Be Seeing You (Irving Kahal-Sammy Fain) 3:19
02 Muy (Phil Sunkel) 5:41
03 Metropolitan Blues (Phil Sunkel) 5:05
04 Raintree County (Phil Sunkel) 5:16
05 Out Of Nowhere (Johnny Green-Edward Heyman) 3:22*

Side B
01 Salt (Phil Sunkel) 4:40
02 His Master’s Voice (Phil Sunkel) 5:32
03 Old Hat (Phil Sunkel) 3:19
04 Blue Serenade (Burton Lane-Harold Adamson) 5:15
05 Let’s Play The Blues (Phil Sunkel) 4:05

メンバー:
Tony Fruscella (tp), Allen Eager (ts), Bill Triglia (p), Bill Anthony (b), Junior Bradley (ds)
On A2 & B1 Only Add: Chauncey Welsch (tb), Danny Bank (bs)
New York, March 29 (A2 & B1) And April 1 (A1, A3-A4 & B2-B5), 1955.
Original Sessions Recorded by Frank Abbey And Produced by Nesuhi Ertegün.
*Bonus Track:
Tony Fruscella (tp), Chick Maures (as), Bill Triglia (p), Red Mitchell (b), Dave Troy (d)
New York, December 10, 1948.



●JOHNNY HARTMAN / SONGS FROM THE HEART + 2 BONUS TRACKS / WAXTIME / 408721 / 8436559465236 / LP / 2,700円(税込)

ジョニー・ハートマンの最大のヒットは1963年にジョン・コルトレーンとコラボした作品が有名だが、1955年にベツレヘム・レーベルから発売された本アルバム『Songs From The Heart 』(Bethlehem Records BCP 43) はハワード・マギー(tp)らが参加したハートマン初期の傑作アルバム。全曲が雰囲気のあるバラードでボーカル・ファン必聴作品!
オリジナルLPに収録されなかった2曲のボーナストラック入り。

Side A
01 What Is There To Say? (Vernon Duke-E.Y. “Yip” Harburg) 2:59
02 Ain’t Misbehavin’ (Fats Waller-Andy Razaf-Harry Brooks) 3:36
03 I Fall In Love Too Easily (Sammy Cahn-Jule Styne) 3:24
04 We’ll Be Together Again (Carl Fischer-Frankie Laine) 2:44
05 Down In The Depths (Cole Porter) 2:58
06 They Didn’t Believe Me (Jerome Kern-Herbert Reynolds-Michael Rourke) 2:57
07 Down In The Depths (Cole Porter) [Alternate Take] 3:22*

Side B
01 I’m Glad There’s You (Jimmy Dorsey-Paul Mertz) 3:35
02 When Your Lover Has Gone (Einar A. Swan) 3:51
03 I’ll Remember April (Gene Depaul-Patricia Johnston-Don Raye) 3:49
04 I See Your Face Before Me (Howard Dietz-Arthur Schwartz) 3:10
05 September Song (Maxwell Anderson-Kurt Weill) 3:22
06 Moonlight In Vermont (John Blackburn-Karl Suessdorf) 2:20
07 I’ll Remember April (Gene Depaul-Patricia Johnston-Don Raye) [Alternate Take] 3:26*

メンバー:Johnny Hartman (vo), Howard Mcghee (tp),
Ralph Sharon (p), Jay Cave (b), Christy Fabbo (ds)
New York, October, 1955.
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD&LP】 12/26 新入荷一覧! 


●島田奈央子 / 島田奈央子のTBM~SOMETING JAZZY / ソニー・ミュージックダイレクト / DQCP739 / 4560427445281 / CD / 2,916円(税込)

ソニー・ミュージックダイレクトのポータル・サイトotonanoでレギュラー放送中のインターネット・ラジオ番組「今夜も大いいトークス~センチなジャズの旅」が放送55回を超え、放送のテーマであるスリー・ブラインド・マイス・レーベルのコンピレーションを企画。パーソナリティーであり、女子ジャズ~Something Jazzyの島田奈央子が責任選曲。ブックレットには島田奈央子書き下ろしエッセイ/曲解説が収録。スリー・ブラインド・マイスは1970年代を代表する和ジャズのインディーズ・レーベルで、現在、サブ・カルチャーの中で再び脚光を浴びている。島田奈央子ならではリリカルな選曲が魅力的。
パーソナリティ: 渡辺康蔵 / 島田奈央子

和ジャズ最大のインディーズ・レーベルTBM(スリー・ブラインド・マイス)を題材に島田奈央子がセレクトしたコンピレーションCDがオーダーメイド・ファクトリーとdiskunionジャズ4店舗(JazzTOKYO、新宿ジャズ館、吉祥寺ジャズ館、横浜関内ジャズ館)で販売開始!

「島田奈央子のTBM 〜Something Jazzy」(DQCP-739)を2019/1/21(月)までに先着でご購入の方へ感謝イベントにご招待いたします。

<イベント名>
「島田奈央子のTBM 〜Something Jazzy」(DQCP-739)
ご購入者 感謝イベント
ソニー・ミュージックダイレクトotonanoインターネット・ラジオ「今夜も大いいトークス」公開録音とサイン会

<対象者>
当該CDをソニー・ミュージックショップ、diskunionジャズ4店舗(JazzTOKYO、新宿ジャズ館、吉祥寺ジャズ館、横浜関内ジャズ館)でご購入された方。
(diskunionジャズ4店舗では12月26日(水)発売予定)

<日時>
2019年1月24日木曜日 19時開場 19時20分スタート
公開録音後 選曲者:島田奈央子サイン会~
場所 都内にて。 詳細はdiskunion店舗でお買い上げのお客様にご案内致します。

--------------------------------------
TBMの略称で知られる日本最大のインディペンデント・ジャズ・レーベル。1970年6月、熱狂的なジャズ・ファンである藤井武、佐賀和光、魚住佳也が共同で設立した(発足第1弾は峰厚介の『ミネ』)。プロデュースには藤井があたり、「楽しいジャズ」、「スイングするジャズ」、「創造的なジャズ」、「個性的なジャズ」を四本柱に、メインストリーム系のモダン・ジャズ、ビッグ・バンド、ヴォーカル、フリー・ジャズ、フュージョン等、幅広いカテゴリーを網羅。今田勝、山本剛、鈴木勲、金井英人、中本マリなど、それまであまりレコーディングの機会に恵まれなかったライヴ・シーンの実力者たちを積極的に起用し、日本のジャズ~ジャズ・レコード界に新風を吹き込んだ。名エンジニアの誉れ高い神成芳彦が手がけたガッツのある音質は、究極のジャズ・サウンドのひとつに数えられている。

現在まで約150種の作品がリリースされているが、駄作の類はひとつもない。驚異的なレベルの高さ、これもTBMの大きな特質にして魅力である。(メーカーインフォより)

ソングリスト
01エブリシング・ハプンズ・トゥー・ミー /鈴木勲トリオ
02グリーン・キャタピラー /今田勝
03イン・ア・リトル・スプリング・ワルツ /水橋孝カルテット
04Gringo /辛島文雄
05夜も昼も /森山浩二+山本剛トリオ
06Poppy /今田勝
07遊ぶ子供たち /高橋達也と東京ユニオン
08インディアナ(take1) /甲田まひる a.k.a. Mappy
09黄昏 /市川秀男トリオ
10 リル・ガール・ブルー /中本マリ
11ダークネス /土岐英史カルテット





● ナイポンク / Hard Day’s Night-Live at the Office / GATS / NAJ0006 / CD / 4522250880097 / 2,268円(税込)

※デジパック
今回はドラマーに、ヨーロッパで現在注目を浴びている新進気鋭アーティストDano (Daniel) Soltis を迎え、従来通りスイング街道をまっしぐらに駆け抜け、相変わらずの快演を聴かせてくれる。今年春に行われた最新のライヴ盤がいよいよ登場!
スタンダード・ナンバーに加え、ビートルズ・ナンバーや、ファンキーなナイポンクのピアノが冴えわたる彼ならではの「ユー・アー・マイ・サンシャイン」など新しい魅力も加わったタイトル通り正にハード・ドライヴィングな1 枚です。

■メンバー: Najponk - piano
Taras Voloschuk - bass
Daniel Soltis - drums

■録音: 2018 年3 月28 日プラハ「オフィス」にてライヴ録音

ソングリスト
01Speak Low (Kurt Weill) 7:50
02A Hard Day's Night (John Lennon - Paul McCartney) 5:30
03Don't You Know I Care (Duke Ellington) 5:55
04Misterioso (Thelonious Monk) 7:08 / dedicated to Hans Groiner
05You've Changed (Carl Fischer - Bill Carey) 6:39
06Girl Of My Dreams (Sunny Clapp) 5:41
07You Don't Know What Love Is (Gene De Paul - Don Raye) 9:43
08-dedicated to clarinetist George Lewis
09Based On Bach, Bird And Trane (Najponk) 5:45
10You Are My Sunshine (Jimmie Davis) 3:27





●BAD LUCK(JAZZ) / Four(LP) / ORIGIN RECORDS / 82761 / 0805558276118 / LP / 3,024円(税込)

※LP
Four, the latest offering from Seattle-based duo Bad Luck "bears down on you like a cyclone of fire" (the Stranger Magazine)

■Produced by
Randall Dunn + Bad Luck

Recorded by
Randall Dunn at Avast! Record Co.
Seattle, WA - May 27-29, 2016

Mixed by
Randall Dunn at Avast! Recording Co.
Seattle, WA - Aug 25-26, 2016

Mastering
Jason Ward at Chicago Mastering Service
Chicago, IL

ソングリスト
1Four
2R.B.G
3Index
4Capital
5Bends
6Big Sky
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】 12/25 新入荷一覧! 


●ベネディクト / ミヤ+7マエストロス / ミヤ+7マエストロス ライブアット新宿ピットイン 東京2017(2CD) / SUON RECORDS / BMPISR001 / 4580071560017 / CD / 2,160円(税込)

※2CD / ペーパースリーブ
混沌と秩序のポップなルツボ。日本代表ミュージシャンによる即興演奏とそれぞれの指揮で音の風景が一変するコンダクション!

「Modern Jazz」と、先鋭化された「Improvisation」との境界線上に位置している音楽家としてのMiyaが、ロンドンを拠点とする音楽家Benedict Taylorと、また、それぞれの境界線上に、それぞれの言語を持ったImproviser7人と、新宿PITINNに於いてライブが行った。その記録がこの2枚組CDである。

〜 ブックレットより抜粋


【Member】
Miya (flute)
Benedict Taylor (vla・from U.K)
蜂谷真紀 (voice/objects)
横川理彦 (violin/computer)
吉田隆一(b.sax)
坂口光央 (keyboard/synthesizer),
ナスノミツル (e.bass)
植村昌弘 (drums)
寳玉義彦 (詩/朗読)

【Credits】
Recorded by Takahiko WATANABE (Shinjyuku Pit Inn) Masahiro
UEMURA
Mixed and Masterd by Masahiro UEMURA
Recorded at Shinjyuku Pit Inn

(メーカーインフォより)

ソングリスト
Disc 1
1 Conduction by Miya
2 Conduction by Masahiro UEMURA
3 Conduction by Yoshihiko HOGYOKU
4 Conduction by Ryuichi YOSHIDA
Disc 2
1 Conduction by Maki HACHIYA
2 Conduction by Mitsuru NASUNO
3 Conduction by Mitsuhisa SAKAGUCHI
4 Conduction by Tadahiko YOKOGAWA
5 Conduction by Benedict TAYLOR





● 増田ひろみ / Infinity / MO'JAZZ PLEASE / MJP033 / CD / 4589518610629 / 2,700円(税込)

※デジパック
ワンホーンカルテットによる白熱した演奏を臨場感あふれる抜群の音質でお楽しみください。

長い間一部のファンだけが楽しんでいたライブ演奏の録音をこのたび著作権者を説得しその了承を得てようやくCDにすることができました。
リーダーの増田ひろみは知る人ぞ知るアドリブの名手です。
このライブ演奏では気心の知れた強力なリズム陣をバックに情感豊かな演奏を自在に繰り広げております。演奏される曲はほとんどが有名なスタンダードです。
唯一あまりなじみのないタイトル曲 INFINITY はテナー奏者アル・コーンの作曲です。本人以外ではかつてアルト奏者のハーブ・ゲラーが発表していますが、増田ひろみの演奏はそれを凌ぐものがあります。百聞は一聴にしかず、ぜひ良質のライブ録音をお聴き逃しのございませんように。

【PERSONNEL】増田ひろみ (alto sax) 竜野みち子 (piano) カイドーユタカ (bass) 力武 誠 (drums)

録音月日 :2010年12月 新所沢「Swan」にて収録録音: hk sound lab 春日洋ミックス:hk sound lab 春日洋マスタリング:hk sound lab 春日洋

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1MY ROMANCE (Richard Rodgers)
2CLOUDS (Mauricio Einhorn / Durval Ferreira)
3Wolf)
4/ Victor Young)
5IN MY LIFE (John Lennon / Paul McCartney)
6WHAT'S NEW (Robert Haggart)
7INFINITY (Al Cohn)





●江上友彦 / IMAGE OF SOUND / MO'JAZZ PLEASE / MJP037 / 4589518610926 / CD / 2,700円(税込)

江上友彦はすぐれた音楽性を持つベーシストとして首都圏のジャズスポットで活躍中です。その彼が長年温めていたアイディアを気脈の通ずる精鋭とともに展開した意欲的な作品です。といっても肩の凝るような野暮な表現ではありません。近しい人に楽しい物語を聞かされている、そんな感じの心温まる演奏です。ぜひ、江上友彦の音楽世界をひととき探訪していただきたいと思います。

【Member】
江上友彦 (wb.pf)
トオイダイスケ (pf.eb)
青木秀明 (sax)
中島道博 (ds)


ソングリスト
01’ll Remember Be’Bop
02距離ドライブ
03桜並木
04畑
05雪の踊り子
06中華街
07鶴の恩返し
08ピアノロック
09夏の景色
10流星群
11楽しい人々





●田窪寛之 / ワルツ・フォー・デビィ ~ア・トリビュート・トゥ・ビル・エヴァンス~ / KUSU RECORDS / HTT002 / 4589809130027 / CD / 2,700円(税込)

自身の音楽的ルーツとなるピアニスト、Bill Evansへ捧ぐ。
その叙情性を受け継ぎ、名作を新たな表現で魅せる。

自身のトリオでの活動に加え、様々なバンドに参加し、その端正なプレイで人気を博している田窪寛之。
2017年に発表した自身のファーストアルバム「TonePainting」も、そのタッチと世界観で好評を得た。前作がオリジナル中心の作品だったのに対し、2作目となる本作品は、自身の音楽的ルーツでもあるBill Evansのトリビュート作品である。
Evansの代表作であるWaltz for Debby、Very earlyや、アルバムタイトル曲として演奏されているHow my heart singsなどの名曲を10曲収録。
メンバーは前作と同じ安田幸司(ba)と長谷川ガク(dr)。原曲に敬意を払いつつも、斬新なアプローチで名曲の新たな表現に挑む。
曲から溢れる叙情性と、トリオのスリリングな展開が一体となった今作品は、Evansの曲の魅力と共にトリオの世界観と進化を感じる事が出来る意欲作である。

【Member】田窪寛之 / Hiroyuki Takubo – piano 安田幸司 / Koji Yasuda - bass 長谷川ガク / Gaku Hasegawa - drums

【Credits】 Recorded: Etsuo Masukawa Mixed: Etsuo Masukawa Masterd: Etsuo Masukawa Recorded at: YUME studio, Maebashi

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 How my heart sings
02 Elsa
03 Waltz for Debby
04 Gloria’s step
05 Turn out the stars
06 Radiance
07 Time remembered
08 One for Helen
09 Very early
10 My bells


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 12/22 新入荷一覧! 


●V.A. / THIRD SEASON / NEWVELLE RECORDS / 3770007633033 / 6LP / 86,400円(税込)

※6LP BOX
LPオンリーの制作を行い、アートワーク、音質にとことんこだわり抜いた新レーベルNewvelle-Records。
リリースを"シーズン"で区切り、本商品は"サード・シーズン"全6作品を一つにまとめた特別なBOXとなります。
ハイクオリティなレコードを制作するために、ヴィンテージのアナログ機材を使用、グラミー賞に5回ノミネート、3度の受賞歴を誇るレコーディング・ミキシングエンジニアMarc Urselliがそれを操作し、その音にあのニューヨークタイムズ紙は"その音は美しく新鮮だ"とコメントを残すほど。
そして、音もさることながら目を引き付けて離さないジャケット・アートワークはMaciej Markowiczを起用。

CDもデジタル配信も一切無し、アナログ・レコードオンリーで製作するNewvelle-Records。
音楽の内容、アナログ・レコードの音質、ジャケット・アートワーク、どこを切り取ってもこだわり抜かれた特別な逸品を是非手に入るうちにお求めください。




↓下記6名のリーダーによる6タイトル

Steve Cardenas is releasing a record dedicated to greats Charlie Haden and Paul Motian. Recording, with a quartet built of long-time collaborators of both titans Loren Stillman on sax, Thomas Morgan on bass and Matt Wilson on drums, all Charlie and Paul tunes, a couple of which have never been recorded.

・The Chicagoan composer and saxophonist Andrew Zimmerman (previously featured on our first release, Frank Kimbrough’s “Meantime”) has put together a drumless quartet featuring pianist Kevin Hays (recording here on the same 9 foot Fazioli that Jack DeJohnette used), the bassist Matt Penman and the great Dave Douglas on trumpet.

Lionel Loueke is releasing his first ever album of standards featuring extraordinary accomplices Reuben Rogers on bass and Eric Harland on drums.

Skúli Sverrisson and Bill Frisell are releasing their first collaboration. All original music from Skúli, much of it written for Bill. If you are familiar with Skúli and Bill's music, you'll know what you're getting into, a record of uncommon depth and beauty.

・Incredible Cuban drummer Francisco Mela (McCoy Tyner, Joe Lovano, John Scofield) is releasing an album of all original material with his working band featuring Kris Davis, Gerald Cannon and Hery Paz.

・Boston based trumpeter Jason Palmer put together a band of his long time New York collaborators for a session of originals and original takes on standards with pianist Leo Genovese (previously featured on his own record on Newvelle), bassist Joe Martin and drummer Kendrick Scott.









●ラロ・シフリン / ノー・ワン・ホーム +4 / SOLID RECORDS / JPN / CDSOL5237 / 4526180155782 / CD / 1,944円(税込)

映画音楽の巨匠として知られるアルゼンチン出身の作・編曲家もタブーにアルバムを残していた。タブー第2 弾となる本作では、当時のフュージョン~ディスコ・ブームを反映した内容で、ファンキー・メロウなディスコ(1)やコモンfeat. エリカ・バドゥ“The Light(Remix)” で引用された(6)など、女声を交えたストリート感覚溢れるナンバーが登場する。CD には78 年作『Gypsies』からのシングルを追加収録。
(メーカーインフォメーションより)

・英文歌詞付き
・1979年作品
・最新デジタルリマスタリング
・解説:林剛

ソングリスト
01 ノー・ワン・ホーム
02 オー・ダーリン...ライフ・ゴーズ・オン
03 エンチャンテッド・フレーム
04 ユー・フィール・グッド
05 メモリー・オブ・ラヴ
06 ミドル・オブ・ザ・ナイト
07 ノーワン・ホーム (シングル・ヴァージョン) (ボーナストラック)
08 ノーワン・ホーム (インスト・ヴァージョン) (ボーナストラック)
09 ムーン・ライト・ジプシーズ (ボーナストラック)
10 プロフェシー・オブ・ラブ (ボーナストラック)











●THELONIOUS MONK / LIVE IN PARIS 1961 / RETURN ANALOG / 0722056179324 / LP / 2700円(税込)

Tracklist
A1: Rhythm-A-Ning
A2: Body and Soul
A3: Hackensack
B1: Jackie-Ing
B2: Crepuscule With Nellie
B3: Well You Needn't


●LEE GAGNON / JAZZZZZ / RETURN ANALOG / 0722056182324 / LP / 2700円(税込)

Tracklist
A1: Detente
A2: Skin Dance
B1: Ode To The Ode
B2: Gene Structure Ramble
B3: Rybo-Nucleic Rhumba


●RAY BRYANT TRIO / PIANO PIANO PIANO PIANO / 0722056179720 / LP / 2700円(税込)

Tracklist
A1: Golden Earrings
A2: Angel Eyes
A3: Blues Changes
A4: Splittin"
B1: Django
B2: The Thrill is Gone
B3: Daahoud
B4: Sonar


●LE QUATUOR DE JAZZ LIBRE DU QUÉBEC / LE QUATUOR DE JAZZ LIBRE DU QUÉBEC / 0722056181129 / LP / 2700円(税込)

Tracklist
A1:Stalisme Dodécacophonique / Signature
A2:Fuseau
A3:Opus 2 / Signature
B1:Signature / Valse À Grand'Mère
B2:Il N'avait Jamais Fait Si Beau Si Longtemps

Credits
Bass – Maurice Richard
Design – Robert Pauly
Drums – Guy Thouin
Engineer – Ken Albert (2)
Piano – Pierre Nadeau
Producer, Liner Notes – Edward Farrant
Tenor Saxophone, Liner Notes – Jean Préfontaine
Trumpet – Yves Charbonneau


●HORACE SILVER / LIVE IN PARIS 1959 / 0722056179126 / LP / 2700円(税込)

Track List:
Senior Blues
Sweet Stuff
Doodlin
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】 12/20 新入荷一覧! 


●NATHAN DAVIS / Live In Paris - The Ortf Recordings 1966/67 / SR20/2 / 3770010277019 / LP / 9,720円(税込)

ネイザン・デイヴィスとジョルジュ・アルヴァニタス・トリオが1966年から67年に収録したライブ音源が本邦初公開!
レコードでしか聴けない貴重な録音を全世界1500枚完全限定盤!

• ドイツプレス直輸入盤
• 1500枚完全限定プレス
• 帯付き3面スリーブ
• 180g 12インチアナログ盤、3枚組セット
• 直輸入限定盤につき、ライナーノートはございません。

昨年セロニアス・モンク1959年録音の未発表スタジオ・レコーディング「Les Liaisons Dangereuses 1960」をリリースしたSam Recordsがまたもや驚愕リリース決定!
モダン・ジャズ~モーダル~レア・グルーヴを追う方なら必ず一度はその名を知るであろう重要人物ネイザン・デイヴィス。
60年代後半のパリで録音された完全未発表ライヴ・レコーディングが50年の時を経てリリース!

クレジットを確認するとSide Eのトラック2が1965年2月9日、Side AとBが1966年11月19日、サイドC、D、E(トラック1)が1967年10月22日録音と記載されております。

Side Eのトラック2がSABAからリリースの「Happy Girl」(65年1月31日録音)と超ド級ハード・バップ・レア盤「Peace Treaty」(65年5月7日録音)の間に演奏された録音が1曲収録されている点もファンとしては興味深いですが、面白いのはサイドC、D、E(トラック1)が1967年10月22日に録音、名作「Rules Of Freedom」は1967年12月録音のため、まさに直前に行われた演奏を捉えた音源ということがわかります。加え、D面1曲目にはその"Rules Of Freedom"が収録されており、アルバムより前の演奏が聴ける貴重な音源なのではないでしょうか。

そしてSide AとBに収録された1966年の音源というのが注目で、リーダー作にはこの年の音源を確認できないためにこれまで空白となっていた年の貴重な未発表音源と言えると思います。

ジョン・コルトレーンを彷彿とさせるディープでスピリチュアルなサウンドからモダン・ジャズ・ファンも納得の演奏まで、多くのジャズ・ファンの皆様に手にしてほしい音源が50年の時を経て登場です。
本作品の写真はJAZZ IMAGESシリーズでもお馴染みフランスの名カメラマン、ジャン・ピエール・ルロアの作品を掲載。
CDやデジタル・リリースの予定は現在されていないとのことなので、ジャズ好きの皆様は本リリースをお見逃しなく!

■メンバー
Side A, B, C, D & E, Track 1
Nathan Davis : saxophone
Georges Arvanitas : piano and organ
Jacky Samson : bass
Charles Saudrais : drums

Side E, Track 2
Jazz aux Champs-Elysées All-Stars :
Nathan Davis : saxophone
Jack Diéval : piano
Jacques Hess : bass
Franco Manzecchi : drums

ソングリスト
Disc 1
1The Hip Walk
2Yesterdays (Flute Version)
3A5
4Nathalie’s Bounce
Disc 2
1Love Ye the Neighbor
2Mid Evil Dance
3The Rules of Freedom
4The Thing
Disc 3
1Yesterdays (Sax Version)
2Blues For Southeast Asia





● ジャズ・パースペクティヴ / VOL.17 / JP4017 / BOOK / 9784866470849 / 1,620円(税込)

特集 ECM
1. 鉄のカーテンとECM(岡島豊樹)
2. ロシア―ECMの接点:概論(キリル・モシュコウ)
3. キース・ジャレット・スタンダーズ・トリオとは何だったのか(杉田宏樹)
4. ECMを彩った個性的な女性ヴォーカリスト(杉田宏樹)
5. 大半のキャリアをECMで築いたヤン・ガルバレク(杉田宏樹)
6. レインボー・スタジオ見学記(杉田宏樹)

●ジャズレコードコレクター訪問
ドン・ウィルカーソンからフレンチ・フリージャズまで語るコレクター、大河内善宏氏登場
●ジャズ喫茶極道烈伝
静岡県袋井市の老舗ジャズ喫茶 カフェ・マムゼムさんの登場です
●ジャズ喫茶マッチ誌上展覧会
『昭和・東京・ジャズ喫茶 昭和JAZZ文化考現学』の著者、シュートアロー氏が所有するマッチコレクションの誌上展。氏によるマニアックな解説もためになる。
●廃盤座談会
最近値上がりしているレコードの話など
●ボルネオ・ジャズ紀行(山本隆)

連載コラム
ジャズとワインのおいしい関係(目黒研)
錆びない映画 『君も出世ができる』とフランキー堺と『ジャズ・スタア誕生』津下佳子
EP特集 イタリアの大コレクター マルコ・パッチのコレクションからレア盤誌上展
ジャズのある風景 山中千尋
モノラル者がゆく 大塚康之
ブルーノートなモノ、ヒト、コト(行方均)
Jazz放言主義(寺島靖国)
スウェーデンのレコード店ガイド(山本隆)
A Day in The Audio Life(田中伊佐資)
ポーランドジャズで一番忙しいバンドは弦楽四重奏団!?(オラシオ)
ラディカル・セファルディック・ティンジ・ジャズ物語〜6人のモレニカ嬢のサウンド・ブロマイド〜ラディカル度判定付(岡島豊樹)
メガネ事件簿(渡辺康蔵)

【JP的 Disc Review】
杉田宏樹 河内周二 神尾孝弥 広瀬毅 早川公規 深堀清次 大塚広子 島田奈央子 柳楽光隆 原雅明 中村智昭 山本勇樹 松林弘樹 山本隆

B5 / 160ページ予定 / 並製
2018年12月発売





●JOE HAIDER / Waltz for Ever / DOUBLE MOON / DMCHR71351 / 0608917135121 / CD / 2,376円(税込)

ドイツが誇る重鎮ピアニストのジョー・ハイダー。
スイス人若手リズムセクションを迎えての王道ピアノ・トリオ作品!
ピアノ・トリオ・ファンに自信をもってお勧めできる快心アルバム!

■1936年生まれ、ドイツが誇る重鎮ピアニスト、ジョー・ ハイダーの新作はオーソドックスなアコースティック・ピアノ・トリオ作品が登場。

■サイドメンには1980年代生まれの2人のスイス人プレーヤーを起用している。ベーシストのRaffaele Bossardとは既に長い間共演しており、すでに4枚のレコーディングに参加している。ジョー・ハイダー曰く、ドラムスのClaudio Struby(ロスコ―二・トリオ)とは初共演であるが、彼のパンチのある演奏がこのトリオにフィットしたとのこと。

■タイトルチューンの「Waltz For Ever」を始め、ハイダーのオリジナル曲が5曲、「Darn That Dream」「Nature Boy」等のお馴染みのスタンダード曲が3曲、合計8曲。特に「Darn That Dream」はスペインの盲目ピアニスト、テテ・モントリューのバージョンからインスパイアされ、「Nature Boy」はナット・キング・コールから、「Every Time We Say Goodbye」はレイ・チャールスのバージョンから影響を受けたとのことである。

■若手のリズム・セクションをバックに軽快にスイングする、ジョー・ハイダーには全く年齢を感じさせない。ピアノ・トリオ・ファンには特にお勧めの快作である。

メンバー:
Joe Haider (p)
Raffaele Bossard (b)
Claudio Struby(ds)

ソングリスト
1Waltz For Ever
2Inspirations
3Katys Katzenvilla
4Nature Boy
5Dance Of The Flames
6Darn That Dream
7The Reconciliation
8Every Time We Say Goodbye





●ERIC VLOEIMANS / Viento Zonda / V-FLOW / VF03 / 8713897904383 / CD / 2,376円(税込)

※デジパック
今年(2018年)東京JAZZにも出演し多くの観客を魅了したオランダを代表するトランぺッター、エリック・フロイマンス。
アルゼンチン・ピアニストと繰り広げる美しいアコースティック・デュオ作品

■ Viento Zonda- アンデス山脈から東側のアルゼンチンへと吹き下ろす風のような暖かさに包まれた作品。オランダを代表するトランペッター、エリック・フロイマンスとアルゼンチン生まれのピアニスト、ホアン・パブロ ・ドバルによるデュエット作品。

■今年の東京JAZZにも出演し、牧歌的でウォームなサウンドで大勢の観客を魅了した。本作はエリックのオリジナル曲が7曲、ピアノのホアンのオリジナル曲が6曲、合計13曲の構成。新プロジェクトとなる、ピアノとのデュエットはエリック・フロイマンスの新たな冒険である。

■情景が次々と切り替わるような短い楽曲が続き、まるで美しい景色の短編映画を観ているようだ。全曲が暖かさと優しさに包まれた楽曲で心が温まる作品である。

メンバー:
Eric Vloeimans (tp),
Juan Pablo Dobal (p)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01If You Are Here)
02Por Las Ramas
03Sudamerica
04The Wanderer
05Andes
06En Memoire De Nos Voisins
07Temperley
08To Louis
09Mo
10Viento Zonda
11Orbit
12Guano
13Mama'S





●GEORGE RUSSELL / Stratus Seekers(LP) / DOXY / ACV2105 / 0889397021054 / LP / 2,484円(税込)

※LP
ピアニスト、ジョージ・ラッセルの1962年リリース作品が、今回お買い得プライスでリイシュー!! ファンのかたはもちろん、入門者のかたにもおすすめの1枚です。

■Alto Saxophone – John Pierce
Bass – Stephen Swallow
Drums – Joe Hunt
Piano – George Russell
Tenor Saxophone – Paul Plummer
Trombone – Dave Baker
Trumpet – Don Ellis

ソングリスト
1Pan-Daddy
2The Stratus Seekers
3Kige's Tune
4Stereophrenic
5Blues In Orbit
6A Lonely Place
7The Stratus Seekers (Take 2)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 12/19 新入荷一覧! 



●E.J. STRICKLAND / Warriors for Peace / JAMMIN' COLORS / JC180062 / 0715235007860 / CD / 2,160円(税込)

ドラマーE.J.ストリックランドの2018年作がリリース。
しなやかなドラミングにソウルフルなハーモニー、穏やかな楽曲にクインテットも確かな演奏で応える充実の内容。コンテンポラリーで美メロ好きの方にはどストライクなのではないでしょうか。

E.J. Strickland(ds)
Godwin Louis(as)
Jure Pukl(ts,ss)
Taber Gable(p)
Josh Ginsburg(b)
Ulrich Edorh(vo-11)

ソングリスト
01 Uvumilivu 07:16
02 Warriors for Peace 05:30
03 Midnight's Clearing 07:27
04 Eclipse in 5 (Interlude) 00:27
05 Let It Go 06:27
06 Abandoned Discovery 07:56
07 Understand What I Mean 05:17
08 For Those Who Break the Silence (Interlude) 00:31
09 When Time Passes By 05:16
10 Coexistence 06:35
11 Let It Go - Vocal 07:11



●REGGIE WASHINGTON / VINTAGE NEW ACOUSTIC / VINTAGE NEW ACOUSTIC / 7152350410312 / CD / 2,484円(税込)

フランスの強力ハード・バップ。

Reggie Washington (b)
Bobby Sparks (p,fender rhodes,org)
Fabrice Alleman (ts,ss)
E.J. Strickland (ds)

ソングリスト
01Always Moving
02Fall
03Eleanor Rigby
04Half Position Woody
05Afro Blue
06E.S.P.
07Thoughts of Buckshot
08Footprints
09Moanin'
10B3 Blues 4 Leroy
11Always Moving (Reprise Ending)







●MAT MANERI / Conference Of The Mat/ts / ROGUEART / ROG0085 / 3760131270853 / CD / 2,484円(税込)

日本でも根強い人気のあるピアニスト・即興演奏家・作曲家マシュー・シップとヴィオラ奏者マット・マネリのデュオ作品。
クラシカルな印象を受けるマシュー・シップのピアノに硬質な音質のヴィオラの絡みが独特な美しさを創出しています。

Piano, Composed – Matthew Shipp
Viola, Composed – Mat Maneri

ソングリスト
01Conference #1 (5:34)
02Conference #2 (3:09)
03Conference #3 (6:05)
04Conference #4 (2:42)
05Conference #5 (4:30)
06Conference #6 (6:40)
07Conference #7 (7:12)
08Conference #8 (3:24)
09Conference #9 (4:35)
10Conference #10 (5:46)
11Conference #11 (4:57)
12Conference #12 (1:53)
13Conference #13 (3:39)







●GRETCHEN PARLATO / Live in NYC / OBLIQ SOUND / OSDCD116 / 0823889911621 / CD / 2,376円(税込)

ジャズ・ヴォーカリスト、グレッチェン・パーラトの2013年リリース作。DVD付き2枚組仕様もリリースされておりますが、こちらはCDのみの1枚組となります。

ソングリスト
1Butterfly
2All That I Can Say
3Alo Alo
4Within Me
5Holding back The Years
6Juju
7Weak
8On The Other Side
9Better Than







●NIRA / Noxious Revival / FABTONE / JPN / FBAC074 / 4580341197387 / CD / 2,160円(税込)

重奏によるイマジネーションに満ちた楽曲が、多彩なランドスケープを描く! !
山口県3 年連続金賞や全国4 位、蒼々たる実績を誇る藤崎姉妹(藤崎ふみ/藤崎しおり)が放つ、変拍子ジャズアンサンブル。
フランスパリで行われたJAPAN EXPO2018 やイギリスロンドンで行われるHYPER JAPAN への出演を果たし、国内のみならず海外でも活躍中の女性ユニットBANZAI JAPAN の中心メンバーとして活動中の藤崎姉妹が、作り出すプロジェクト。

〈NIRA〉
重奏4年連続山口県ナンバー1、重奏全国4 位など、蒼々たる実績を誇る藤崎姉妹(藤崎ふみ/藤崎しおり)が中心の変拍子ジャズアプロジェクト。
JapanExpo(2018)やロンドン公演を開催するなど活躍中の女性ユニットBANZAI JAPAN の中心メンバーとして活動中。

ソングリスト
01贈
02気
03羅
04母
05王
06吹
07漢
08飛
09震
10続







●坂上真清 / Celtic Succession~ケルトの幻影 / ティートックレコーズ / JPN / TTOC0030 / 4988044882720 / UHQCD / 3,000円(税込)

ケルトの伝統的スタイルである金属弦ケルティックハープの第一人者「坂上真清」 13年ぶりとなる全編ハープソロ演奏によるアルバム。アイルランドやブルターニュに残るケルトの伝統音楽とこれまでの活動から選りすぐりのオリジナル曲を収録。

自分にとってこの「Celtic Succession ~ケルトの幻影~」はハープソロとして3 枚目のアルバムになります。ここ数年はヨーロッパの民族音楽に影響を受けたオリジナル曲を「ハンドリオン」「スリーラビリンス」として発表してきましたが今回のアルバムには18 世紀アイルランドの吟遊詩人" オキャロラン" の作品を含むアイルランドとブルターニュの伝統音楽、そしてこれまでの作品から選りすぐりのオリジナル曲を収録しています。ケルトの伝統が残るアイルランドやスコットランド、ブルターニュでは中世よりハープを持った吟遊詩人が旅をして貴族の為に曲を捧げる伝統があり彼らが奏でていたのが金属弦を張った小型のハープでした。チェンバロにも似たその煌びやかな音色と深く長い残響音は一般に知られているガット弦やナイロン弦を張ったハープとはまったく異なるものです。レコーディングにあたり心がけたのは金属弦ハープが持つマジカルな音の" ゆらぎ" を失わないという事でした。この素晴らしい音像のCD から聴こえてくる音色に中世ケルトへの想いを馳せてもらえたら嬉しく思います。 ケルティックハーパー坂上真清( さかうえますみ)

プロフィール
80 年代よりアイルランドの伝統的スタイルである金属弦を張ったケルティックハ-プの演奏を始める。皇后陛下を招いてのアイルランド大使公邸レセプション、秋篠宮御夫妻を招いてのエメラルドボ-ル、アイルランドのオキャロランフェスティバルなどで演奏。 1989 年からZABADAK の「飛行夢」「私は羊」「はちみつ白書」に参加。 2000 年NHK ラジオ深夜便サウンドオアシス生演奏出演。 2002 年フジTV で放映されたアニメ-ション「灰羽連盟」のサントラ「ハネノネ」に楽曲提供と演奏で参加しパイオニアLDC より発表。 2012 年平泉の世界遺産登録を記念するプロジェクト「久遠の鐘」に楽曲提供と演奏で参加。毛越寺、中尊寺本堂にて奉納演奏を行う。 2014 年東京演劇アンサンブル創立60 周年公演「無実」の舞台音楽を担当。 2018 年元ふきのとう細坪基佳デビュー45 周年記念アルバム「Old Time is Good Time」に参加。主な作品・ソロアルバム「クラルサッハ」「アイルランド最後の吟遊詩人~オキャロランの世界」( たまご クラブにて胎教お勧めのCD として紹介される) ・ハンドリオン「ムジカハンドリオン」「森のサーカス夜奏会」・スリーラビリンス「3 つの迷宮」

(メーカーインフォより)
ソングリスト
01Composed by Masumi Sakaue
02 Gentle Maiden Irish Traditional
03 ラスモア ~Lusmore~ Composed by Masumi Sakaue
04 Lady St.John ~ Fanny Power Composed by Turlough O'Carolan
05 She Moved Through the Fair Irish Traditional
06 絵空事 ~Imaginary Thing~ Composed by Masumi Sakaue
07 ギルの湖 ~Lough Gill~ Composed by Masumi Sakaue
08Breton Traditional
09 Miss Noble Composed by Turlough O'Carolan
10 メスキータ ~Mezquita~





●BEN WEBSTER / THE QUINTESSENCE NY-LA 1940-62 / FREMEAUX / FA3068 / 3448960306829 / CD / 3,132円(税込)






●OSCAR PETERSON / CLASSIC VERVE ALBUMS COLLECTION / ENLIGHTENMENT SERIES / 0823564870007 / CD / 1,728円(税込)



●THAD JONES / Classic Albums Collection: 1954-1959 / ENLIGHTENMENT / EN4CD9134 / 0823564703824 / CD / 1,836円(税込)






●FRANCK VAILLANT / DRUMMER 2 / SHREDS / 3521383448939 / CD / 1,728円(税込)



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 12/18 新入荷一覧! 



●V.A.(寺島靖国) / ジャズバー2018 / 寺島レコード / JPN / TYR1075 / 4988044043572 / CD / 3,024円(税込)

年末の風物詩“Jazz Bar"の新作が登場!
18年目を迎えるキング・オブ・コンピレーション

あまり古びた言葉は使いたくないですが、やはりロマンチシズムやスイングやリリシズムというジャズ特有の言語で説明するとわかりやすい。ジャズには少なからずそういう要素があります。グルーブがあるように叙情性や情に訴える感性もジャズという音楽の立派な一要素と思います。どうかすると情感なるエレメントが下に見られやすいジャズ界、当『Jazz Bar』はその不条理な見解に対する対抗勢力と考えていただいても。
(Jazz Bar 2017 ライナーノーツより)

寺島レコード キング・オブ・コンピレーションのJazz Barが18年目に突入。
今年もブレることなく寺島式選曲で選び抜かたれ美旋律楽曲を収録。

収録予定曲
・La Chanson Des Vieux Amants [Charles Loos Trio]
・Dust In The Wind [Philippe Lemm Trio ]
・Giorgia Mood [Giorgio Azzolini]
・Fenesta che lucivi e mo non luci [Alessandro D'Episcopo]
・Old Folks At Home [Moncef Genoud Trio]
・Marcia Funebre [John Taylor]
・Piensa en mi [Marco Mezquida]
・Tres Palabras [Abe Rabade]

他、数曲収録予定

・選曲・解説:寺島靖国
・セミダブル紙ジャケット(コーティング仕様)



●ジョルジュ・ロベール&ケニー・バロン / ピース / CRAFTMAN RECORDS / JPN / CMRS25 / 4988044043695 / 12" / 3,780円(税込)

※12" / 完全限定プレス
JaZZ JAPAN×CRAFTMAN RECORDS×DIW
ジャズジャパン100号記念45回転高音質12インチシングル盤
「ジョルジュ・ロベール&ケニー・バロン/ピース」
至高のデュオ作品を最高の音質でお届けする、究極のオーディオファイル!!

・演奏:ジョルジュ・ロベール(as, ss)、ケニー・バロン(p)
・録音:2002年8月12日 ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール
・アナログ盤企画/監修:塙耕記
・45prm/180g重量盤
・マスター盤プレッシング/2018年アナログ盤専用最新リマスター

マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。

ソングリスト
1ピース
2時さえ忘れて
3ラウンド・ミッドナイト







●SFJAZZ COLLECTIVE / Miguel Zenón Retrospective: Original Compositions, 2004-2016 / SF JAZZ RECORDS / 0857781007113 / CD / 4,320円(税込)

※2CD / ペーパースリーブ
現代ジャズシーンを代表するミュージシャンが参加する人気グループSFJAZZ COLLECTIVE最新作が2018年年末に入荷!
2018年春にリリースされたアルバムはオリジナル楽曲とセロニアス・モンク、オーネット・コールマンそしてスティーヴィー・ワンダーの楽曲をアレンジしたアルバムでしたが、今作はグラミー賞ノミネート歴もある、プエルトリコ出身のサックス奏者ミゲル・ゼノンが参加した演奏をCD2枚にどっさり収録!

そして、ただの"ミゲル・ゼノン参加作"で終わらないところがSFJAZZ COLLECTIVEの人気の秘密。

ジョシュア・レッドマン、ボビー・ハッチャーソン、ブライアン・ブレイド、ニコラス・ペイトン、エリック・ハーランド、デイヴ・ダグラス、エドワード・サイモン、ジョー・ロヴァーノといった各々が自身のリーダー作を出し現代ジャズを代表するミュージシャンが集結しているまさにトップ・オブ・ザ・トップ。
このメンバーを見てコンテンポラリー・ジャズを聴く方は素通りできないでしょう!!2018年、年末のコンテンポラリー作品として注目です!

【Personnel】
“Lingala” from The Music of Ornette Coleman, Inaugural Season 2004
Miguel Zenón - alto saxophone, Joshua Redman – tenor saxophone, Nicholas Payton – trumpet, Josh Roseman – trombone, Bobby Hutcherson – vibes, Renee Rosnes – piano, Robert Hurst – bass, Brian Blade – drums

“2 and 2” from Live 2005 - 2nd Annual Concert Tour: Original Compositions & Works by John Coltrane, 2005
Miguel Zenón - alto saxophone, Joshua Redman – tenor saxophone, Nicholas Payton – trumpet, Isaac Smith – trombone, Bobby Hutcherson – vibes, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“Collective Overture” from Live 2006 - 3rd Annual Concert Tour: Original Compositions & Works by Herbie Hancock
Miguel Zenón - alto saxophone, Joshua Redman – tenor saxophone, Nicholas Payton – trumpet, Andre Hayward – trombone, Bobby Hutcherson – vibes, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“Life at the End of the Tunnel” from Live 2007 - 4th Annual Concert Tour: Original Compositions & Works by Thelonious Monk
Miguel Zenón - alto saxophone, Joshua Redman – tenor saxophone, Dave Douglas – trumpet, Andre Hayward – trombone, Bobby Hutcherson – vibes, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“Frontline” from Live 2008: 5th Annual Concert Tour: Original Compositions & Works by Wayne Shorter
Miguel Zenón - alto saxophone, Joe Lovano – tenor saxophone, Dave Douglas – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Stefon Harris – vibes, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“No Filter” from Live 2009 – 6th Annual Concert Tour: The Works of McCoy Tyner plus New Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, Joe Lovano – tenor saxophone, Dave Douglas – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“The Mystery of Water” from Live 2010 – 7th Annual Concert Tour: The Works of Horace Silver plus New Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, Mark Turner – tenor saxophone, Avishai Cohen – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Stefon Harris – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“More to Give” from Live in New York 2011 – The Music of Stevie Wonder & New Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, Mark Turner – tenor saxophone, Avishai Cohen – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Stefon Harris – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“Grand Opening” from Live: SFJAZZ Center 2013 - The Music of Chick Corea & New Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, David Sánchez – tenor saxophone, Avishai Cohen – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Stefon Harris – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Obed Calvaire – drums

“Synthesis Of A Band, Part 1-3” from Live: SFJAZZ Center 2014 – The Music of Joe Henderson & Original Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, David Sánchez – tenor saxophone, Avishai Cohen – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Warren Wolf – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Obed Calvaire – drums

“Fall Prelude” from Live: SFJAZZ Center 2015 – The Music of Michael Jackson & Original Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, David Sánchez – tenor saxophone, Sean Jones – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Warren Wolf – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Obed Calvaire – drums

“Tribe” from Live: SFJAZZ Center 2016 – The Music of Miles Davis & Original Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, David Sánchez – tenor saxophone, Sean Jones – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Warren Wolf – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Obed Calvaire – drums

ソングリスト
Disc 1
1 Lingala
2 2 And 2
3 Collective Overture
4 Life At The End of The Tunnel
5 Frontline
6 No Filter
Disc 2
1 The Mystery of Water
2 More To Give
3 Grand Opening
4 Synthesis of a Band pt. 1
5 Synthesis of a Band pt. 2
6 Synthesis of a Band pt. 3
7 Fall Prelude
8 Tribe







●ONDREJ STVERACEK / LIVE IN PRAGUE / 自主制作 / 2299990621622 / CD / 2,592円(税込)

コルトレーンを敬愛して止まないスロヴァキア出身の注目のサックス奏者、オンドレイ・ストヴェラチェクのSlovakia隣国チェコ・プラハでの白熱のワンホーン・カルテット・ライヴ盤が登場!
コルトレーンのエネルギーを現代に再現させるかのようなエネルギッシュな快演が堪能できるファン待望の1枚です。

Ondrej Stveracek (ts/ss)
Klaudius Kovac (p)
Tomas Baroa (b)
Gene Jackson (ds)

1. Spanish
2. Naima
3. Jin-Fizz
4. Bunch Of Gypsies
5. Dedicated
6. Calm







この年に一度の厳選された贈り物は、コンピレーションCDの無限の可能性を再発見させてくれる。 ― Calm

天上から零れ落ちるようなハングドラムの音色、歌心に溢れたフォーク+エレクトロニカのネクストレヴェル、浮遊するチリ/アルゼンチン産ポップ・バレアリカ、注目のポーランド〜イスラエルの新世代東欧ジャズ、そしてサイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」の慈しむようなカヴァー……。夢中へと誘う、美しき旋律の峰々──静かに胸が震える至極の楽曲群をひとつの物語とすべく組み上げられる、感動のコンピレイション・シリーズ第六集。

ビョークをも魅了したハングドラム奏者マヌ・デラーゴによる独奏「Herzkeks」をオープニングに、ザ・シネマティック・オーケストラやボノボのフィーチャリング・ヴォーカリストとしても知られるグレイ・レヴァレンド「To Be Here」、トーマス・バートレットとニコ・マーリーの奇跡のコラボから生まれた「Valentine」、オルタナティヴなべクトルも同時に包括するUKエレクトロニカ・シーンのオリジネイター、タン衝撃の新曲「Dream In」という叙情派フォークの鮮やかな連なり。チリ出身のヴォーカリストとアルゼンチンのマルチ・インストゥルメンタル・プレイヤーによる未だ知られざる男女デュオ、エラード・インフィニート・カンシオネス・ディスペルサスのフアナ・モリーナを彷彿とさせるキラー・チューン「Encontrar」から、アンビエント~ニューエイジ的サウンド・アプローチにジャジーなアレンジが冴えるG.S. Schray「Placeholder Areas」という浮遊感が心地よいバレアリック・パートのひと時に身を委ねる。
アザー・サイドの始まりを静かに告げるのは、現行ポーランド・ジャズの旗手スワヴェク・ヤスクウケのトリオ作「Chili Spirit」。一方、動のタッチで鮮やかに躍って魅せるのはイスラエルの新世代ピアニスト、ニタイ・ハーシュコヴィッツ。そして幻想的な世界を描くフランスのジュリアン・マルシャルによるピアノ・ソロ「Insight XVI」の流麗なアルペジオにも溜め息が漏れる。昨今ではECMからの一連のリリースが注目を集めるギタリスト、ヤコブ・ブロが2000年代に残した「Hometown Melodies」で郷愁の思いに駆られていると、ジャクリーン・ハンバートの変名プロジェクトが遠い記憶の彼方、もしくは次元の狭間へと聴き手を招く。
後半のハイライトは国内インディー/ネオフォーク・シーンにおけるミューズ誕生の瞬間を捉えたオデオ「White Crow」と、音楽ファンのみならず、ファッション界をも巻き込みながら今やその渦の中心となりつつあるヤン&ナオミの「Utero」。そっと触れるだけで壊れてしまいそうな危うさも同居する二組の描く美しい世界が、切なく胸をえぐる。
エンドロールには上柿絵梨子、ダコタ・スイート&クエンティン・サージャック、ブッゲ・ヴェッセルトフトらによる至極のバラードを。再会へ向けたあたたかな別れのメッセージ「さよなら(Good Bye)」に、春の訪れを待つ「Wintersong」、そうしてサイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」にある永遠の慈愛または祈りのような情感──敷居は低く、その奥は深い、全音楽ファン必聴のコンピレイションです!

●中村智昭(MUSICAANOSSA / Bar Music) / バーミュージック 2018 / MUSICAÄNOSSA GRYPS / JPN / MNGP20 / 4988044044104 / CD+7" / 4,860円(税込)

毎年好評のアナログとの超限定セットは、世界初ヴァイナル化4曲収録の7"EP2枚+コンピレイションCDの3枚組!

EP内容
【A】To Be Here / Grey Reverend *世界初アナログ化! ザ・シネマティック・オーケストラやボノボのフィーチャリング・ヴォーカリストとしても知られるニューヨーク/ブルックリンのシンガーソング・ライターによる新曲。
【B】Herzkeks / Manu Delago *世界初アナログ化! ビョークをも魅了したハングドラム奏者マヌ・デラーゴによる幻想的な独奏。
【C】Encontrar / Helado Infinito Canciones Dispersas *世界初アナログ化!チリ出身のヴォーカリストとアルゼンチンのマルチ・インストゥルメンタル・プレイヤーによる未だ知られざる男女デュオ。フアナ・モリーナ直系の浮遊感とベースラインが癖になるキラー・チューン。
【D】Hometown Melodies / Jakob Bro *世界初アナログ化! ECMからの一連のリリースが注目を集めるギタリスト、ヤコブ・ブロが2000年代に残した名曲。国内チルアウト〜バレアリック・シーンの先駆であるCalmも絶賛のサウダージ・ソング。

●中村智昭(MUSICAANOSSA / Bar Music) / バーミュージック 2018 / MUSICAÄNOSSA GRYPS / JPN / MNGP19 / 4988044044098 / CD / 2,700円(税込)

01Herzkeks / Manu Delago *国内初CD化!
02To Be Here / Grey Reverend *世界初CD化!
03Valentine / Thomas Bartlett & Nico Muhly *国内初CD化!
04Dream In / Tunng
05Encontrar / Helado Infinito Canciones Dispersas *国内初CD化!
06Placeholder Areas / G.S. Schray *世界初CD化!
07Chili Spirit / Sławek Jaskułke 3yo
08Green Hill Pearls / Nitai Hershkovits
09Insight XVI / Julien Marchal
10Hometown Melodies / Jakob Bro *国内初CD化!
11 / J. Jasmine(Jacqueline Humbert & David Rosenboom)
12White Crow / Odeo *世界初CD化!
13Utero / Jan And Naomi
14Sayonara(Good Bye) / Eriko Uegaki
15Wintersong / Dakota Suite, Quentin Sirjacq
16Bridge Over Troubled Water / Bugge Wesseltoft *国内初CD化!







●ブッゲ・ヴェッセルトフト&プリンス・トーマス / ブッゲ・ヴェッセルトフト&プリンス・トーマス / カレンティート / JPN / CLTCD2076 / 4580345014345 / CD / 2,160円(税込)

ブッゲ・ヴェッセルトフトはノルウェーのジャズ・シーンを代表するピアニスト。名門ECMレーベルでの客演仕事(ヤン・ガルバレクやシゼル・アンデルセンなど)からキャリアをスタート、90年代後半には自らのレーベル「ジャズランド」を立ち上げエレクトロニック・シーンとも積極的に関わりながら「ニュー・コンセプション・オブ・ジャズ(新たなるジャズの概念)」の創出に取り組んできたヨーロッパを代表する「クロスオーバー」のパイオニア。
プリンス・トーマスは、リンドストロームと共に、イギリスでイジャット・ボーイズらがやっていた新しくオルタナティヴなディスコやハウスのシーンを2000年代の半ばにいち早く取り込み、ノルウェーに独自のコズミック・スタイルを定着させた北欧ディスコの盟主。近年は、3枚組ミックス『Paradise Goulash』、アンビエントな2枚組大作『Principe Del Norte』、サイケ・バンド「ドゥンエン」の再構築仕事、エクスペリメンタル新レーベル「Horisontal Mambo」の立ち上げ、IDM名曲「Solstice」のリミックスなど、フロアの外でも野心的な取り組みを続け新境地を開拓している。
ジャンルや世代は異なるが、どちらも独自のエクレクティックなアウトプットでノルウェーのミュージック・シーンに大きな刺激をもたらし続けてきたイノヴェーターである。
そんな両者が、今年設立25周年を迎えたノルウェー屈指の尖鋭レーベル「スモールタウン・スーパーサウンド」のもとでコラボ・アルバムを創り上げた!
いかにもブッゲな美しく研ぎ澄まされたピアノの音とメロディ。いわゆるジャズランド的な「フューチャー・ジャズ」とはまた少し趣を異にした、コズミックでバレアリックな、プリンス・トーマスならではのジャズとダンスフロアの越境感。張り詰めたテンションと心地よい揺らぎと…。ふたりの特徴的なサウンドやアイデアが真正面からぶつかり混ざり合い、唯一無二の「ノルウェーのいまの音」を生み出すことに成功しております。
カーリン・クロッグやヤン・ガルバレク諸作にも名を連ねる名士ヨン・クリステンセンがパーカッションとドラムスでゲスト参加。ミックスは「ECMサウンドの要」とも言われているベテラン・エンジニアのヤン・エリク・コングスハウグ。
全5曲62分。オスロ発、人跡未踏の音の彼方へのエキサイティングなサウンド・ジャーニー。お乗り遅れなきよう!

ソングリスト
1Furuberget
2Norte Do Brasil
3Sin Tempo
4Bar Asfalt
5Epilog







●LYN STANLEY / London Calling: A Toast To Julie London(SACD/hybrid) / A.T. MUSIC / ATM3107 / 0672713983088 / SACD / 5,616円(税込)

コンボバックに聴きやすいアレンジとムード溢れるヴォーカルが聴きどころ。また前作同様オーディオファイル作品としても素晴らしい出来栄えとなっております。参加メンバーも豪華。ピアノのマイク・ガーソンはデビッド・ボウイのセッションでお馴染み。クリスチャン・ヤコブもコンコード作品等で人気のピアニスト。ベースを演奏するチャック・ベルホファーはジュリー・ロンドンのライブで演奏した経歴もあります。ギターのジョン・チオーディーニは、ペギー・リーと7年間演奏、またナタリー・コールの「アンフォゲッタブル」にも参加した経験豊かな持ち主。 リン・スタンレーの「インタールード」と「ミッドナイト・セッション」でもレコーディングしており、このアルバムのアソシエート・プロデューサーでもあります。他にもルイス・コンテ等ミュージシャンにサポートされジュリー・ロンドンに捧げた思いがひしひしと伝わる作品となっております。

【Personnel】
Lyn Stanley(vo)
John Chiodini;(g)
Mike Garson(p)
Christian Jacob(p)
Chuck Berghoferb)
Mike Valerio(b)
Paul Kreibich(ds)
Aaron Serfaty(ds)
Luis Conte(per)
Aaron Serfaty(per)
Brad Dutz(per)

ソングリスト
01Goody Goody
02Call Me Irresponsible
03Bye Bye Blackbird
04I Heard It Through The Grapevine (bonus)
05How About Me?
06Cry Me A River
07I've Got A Crush On You
08Blue Moon
09Light My Fire
10Sway
11Go Slow/Nice Girls Don't Stay For Breakfast
12Summertime (band version)
13It's Impossible (bonus)
14As Time Goes By
15You The Night And The Music
16Ev'ry Time We Say Goodbye
17Summertime (piano/vocal)







●畑ひろし / Door to Door / KANEHA / JPN / COMK002 / 4560280320022 / CD / 2,000円(税込)

心地よいスイング感、厚みのある音色。
ニューヨークのミュージシャンと繰り広げるセカンドセッション!

関西を拠点に活躍するスイング系バップギタリスト、畑ひろしの「イントロデューシング」に続く、2枚目のリーダー作。 彼が目指すところは心地よいスイング感を伴った、モダン・スイングとも言える世界である。デビュー作同様10年来の友人でもあるルイス・ナッシュ(ds)、ピーター・ワシントン(b)というニューヨークでもとびっきりの腕達者が、さらに数曲では新たにレイ・ドラモンド
(b)が参加している。単なるノスタルジックなものではなく、しっかりと今の息吹を感じさせる作品。彼の演奏スタイルは、自作のジプシー・スイング的なものからアーシーなブルースまで守備範囲は広く、シンプルながら心に響くナチュラルな良い演奏を聞かせてくれる。

畑 ひろし HATA HIROSHI (guitar)
1959年3月2日生まれ。
大学在学中よりジャズ・ブルースに強く影響を受け、多くのアマチュア・プログループに参加。1998年、ニューヨークにてルイス・ナッシュ(dr)ピーター・ワシントン(b)と1st.CD「イントロデューシング」をレコーディング。理想のギタートリオを実現させた。以降、同メンバーで2nd.CD「ドア トゥ ドア」3rd.CD「ブルース・ウォーク」を発表。2002年「第十回中山正治ジャズ大賞」プロフエッショナル部門を受賞。独自のフィーリングを持った彼の演奏スタイルは、海外のミュージシャンにも定評がある。

【Member】
畑 ひろし (guitar)
RAY DRUMMOND (bass)
PETER WASHINGTON (bass)
LEWIS NASH(drums)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Air mail special
02 Door to door
03 How about you
04 Stairway to the stars
05 Tickle toe
06 Volare
07 Embraceble you
08 Honky tonk
09 Autumn in New York
10 The fish in Chelsea



●畑ひろし / Blues Walk ! / KANEHA / JPN / COMK003 / 4525118050748 / CD / 2,000円(税込)

NYC三部作 完結編。ルイス・ナッシュ(ds)、ピーター・ワシントン(b)との息のあった緊密なインタープレイと寛ぎを感じさせる一作!

畑ひろしによるニューヨーク録音三部作完結編。いずれもルイス・ナッシュ(ds)ピーター・ワシントン(b)を共演者に、また尊敬するギタリスト増尾好秋氏を共同プロデューサーに迎えスタンダード、自作曲など幅広い選曲で、気心の知れあった3人が緊密なインタープレイの中にもリラックスした雰囲気を醸し出している。そして冒頭のソロナンバー、テンダリーでは彼の歌心の神髄
が味わえる。自分の好きなスタイルをとことん追求することで彼は独自の個性を築きあげてきた。同じメンバーでレコーディングを重ね、常にやりたいことをやって表現に変化を持たせている。彼のプレイにはスイング派の要素、ビバップの要素もあり、そんなモダンスイングのスタイルに味わいがある。メロディアスでリズミックな曲にこの人のスインギーなプレイはぴったり。趣味のいい作品である。

畑 ひろし HATA HIROSHI (guitar)
1959年3月2日生まれ。
大学在学中よりジャズ・ブルースに強く影響を受け、多くのアマチュア・プログループに参加。1998年、ニューヨークにてルイス・ナッシュ(dr)ピーター・ワシントン(b)と1st.CD「イントロデューシング」をレコーディング。理想のギタートリオを実現させた。以降、同メンバーで2nd.CD「ドア トゥ ドア」3rd.CD「ブルース・ウォーク」を発表。2002年「第十回中山正治ジャズ大賞」プロフエッショナル部門を受賞。独自のフィーリングを持った彼の演奏スタイルは、海外のミュージ オーダー数 シャンにも定評がある。

【Member】
畑 ひろし (guitar)
PETER WASHINGTON (bass)
LEWIS NASH(drums)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Tenderly
02 Never on Sunday
03 Prince and Spring
04 Stars fall on Alabama
05 The blues walk
06 Triste
07 Angel eyes
08 Portable music blues
09 Louise
10 I wished on the moon
11 So many stars







●畠山令 / Mosaic Structure / Forward Records / JPN / FRW2365 / 4988044882706/ CD / 2,500円(税込)

2017年 International Songwriting Competition ファイナリスト!ベーシスト畠山令の待望の1stアルバム!
世界最大級の作曲コンペティションファイナリスト曲を含むオリジナル10曲と枯葉を含む全11曲の快心作!

深く太いビート、そして力強く優しいその音色で自由に音楽全体をリードする彼のプレイは聴く者全てを魅了する。曲は枯葉を除く10曲が畠山令のオリジナルとなりその独特で唯一
無二の世界観には定評があり世界最大級の作曲コンペティションでファイナリストとなり作曲家としても高い評価を得る。またスタジオ録音にもかかわらずライブさながらのインタープレイによりそのサウンドに引き込まれていく。

畠山 令 (プロフィール)
18歳の時にエレクトリック・ベースを始め、その後甲陽音楽学院 に入学し上山崎初美氏に師事、ベースという楽器の持つ可能性を体得する。ジャズの持つ即興性や音楽の広がりに感銘を受け20歳でアコース ティック・ベースに転向し、バークリー音楽大学に奨学金を得て入学。在学中はR.Mahdi、 J.Lockwood氏らに師事、また学生時代より 現地アメリカの数々のライブハウスで演奏する。2006年から209年にはRodney Whitakerに師事卒業後に帰国し自己のグループを中心に「ジャズの伝統を大切にしながら、新しくも個性のある音楽の 創作」をモットーに活動している。2017年には自身の作曲した曲、Two in OneがInternational Songwriting Contestでファイナリストに選出。2018年に自身初となる1stアルバム"Mosaic Structure"を発売。国内のみならずフランス、ドイツ、ルーマニア、台湾等でも演奏をする。Taipei International Jazz Festival, Pinneberg Jazz Festival,Europa Fest, Tokushima Jazz Street, Takatsuki Jazz Street等数多くのジャズフェスティバルに出演。Benny Green、Craig Handy、John Pizarreli、山中千尋 等著名アーテイストとの共演多数。

【Member】
畠山令 Ryo Hatakeyama bass
浅井良将 Ryosuke Asai alto saxophone
吉田優子 Yuko Yoshida piano
中村雄二郎 Yujiro Nakamura drums

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Two In One
02Swangin
03 Pendulum
04 Eric the Dolphy
05 Dance of Thelonious
06 Dark Gloomy Room
07 Hands
08 Autumn Leaves
09 Tower of Babel
10 Phantom
11 Mosaic Structure







●酒井尚子 / Light / コアポート / JPN / RPOL10008 / 4562469600789 / CD / 2,200円(税込)

コアポートの日本人ジャズ系ヴォーカリスト第1弾として、宝石のような才能がコンテンポラリーJAZZ/POPSシーンに登場。
ポップなのに、切ない。ジャズとR&Bが重なる新しいメロウネス。シンガーソングライター酒井尚子のデビュー作。石若 駿、黒田卓也 他が参加。
グレッチェン・パーラト、ベッカ・スティーヴンス他現代ジャズ・ヴォーカル・カタログを多数保有するコアポートが、初の日本人女性ジャズ系ヴォーカリストをリリース。NYのニュースクールで学び、その後も独自のライヴ&作曲活動を続けている兵庫県出身のシンガー・ソングライター酒井尚子(さかい なおこ)。
凛としたテンダー・ヴォイスから都市の日常風景や、センシティヴな人の心のうつろいがメロウに響きわたる。そのサウンドの特徴はスウィートなR&Bの感性をベースに宿らせながら、ジャズの技法でコーティングされた絶妙なポップ・フィーリング。様々なレイヤーが交わった、まったく新しいタイプのContemporary Jazzy Sound。
瞬時に光と影の表情を同居させる切ないヴォーカルでいながら、どこまでも自然体の空気感。さらに高音域の吐息は清冽なエモーションを解き放つ。英語詞と日本語詞それぞれで感じられる、淡い光が差すような心持ちブルーでいて飾りのない声質は聴き手の心のひだに歓びと潤いを与える。
また全曲オリジナル曲による、その作詞作曲の才能は特筆すべきもの。時には内省的な歌詞と、自然に湧き出るという様々な曲タイプは、サウンドから伝わる繊細な感性と共にすべて酒井尚子の色彩となっていき、ナチュラルなヴォーカルとのコントラストをさらに美しく、希望溢れるものにしていく。
全7曲中4曲に石若 駿が、初の他アーティストへのプロダクションとして参加(arr,ds,,p他)。名作『SONGBOOK』で披露した世界とも重なるヴォイシングや音響が、酒井尚子の世界と共鳴していく。さらに三好功郎(g)を始めとする実力派ミュージシャンも多数参加しているばかりでなく、NY時代からの盟友、黒田卓也(tp)も1曲参加!

アーティストプロフィール
兵庫県出身。幼少の頃から音楽好きの両親の影響でソウル、アフロ・ロック等を聴いて育つ。中学時代からHIP HOPやR&Bに傾倒していくと同時に歌うことの魅力にも気づき、高校時代に地元の音楽スクールで歌のレッスンを受ける。高校卒業後ニューヨークに単身渡米し様々なジャンルの人脈を広げていくかたわら、ブルックリンの音楽学校でジャズ・ヴォーカルを学ぶ。この頃から作詞作曲を始める。その後ニュースクール大学ヴォーカル科に入学。同時期の在学生ではジャマイア・ウィリアムス、クリス・ターナー、ベッカ・スティーヴンス、黒田卓也他を輩出している。卒業後も現地のミュージシャンとのライヴ活動やコラボレーション活動を行う。帰国後は地元関西でオリジナル曲を中心にライヴ活動をスタート。上京後はソロ活動、ユニット活動など都内を中心に活動。約2年間の充電を経て2018年に初アルバム『The Light』を発売。透明感溢れるヴォーカルと、天性の才能であるソングライティングからは今後の活動をさらに期待させる。

ソングリスト
1The Light
2エイト
3月の花
4Wrong
5Unseal
6I See
7IT’s







●コンラッド・パシュクデュスキ / 過ぎし夏の想い出~ジュール・スタイン・ソング・ブック / ヴィーナスレコード / JPN / VHCD-1245 / 4571292512459 / CD / 2,880円(税込)

ソングリスト
01過ぎし夏の想い出
02オール・アイ・ニード・イズ・ザ・ガール
03タイム・アフター・タイム
04涙のかわくまで
05お久しぶりね
06アイ・ビリーブ
07ネヴァー・ネヴァー・ランド
08アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー
09ジャスト・イン・タイム
10アイム・グラッド・アイ・ウェイテッド・フォー・ユー
11イッツ・ユー・オア・ノー・ワン
12いつか聴いた歌







●ULTIMATES / Smug Radio / SIEBENROCKI RECORDS / JPN / ULTI0001 / 4525118078469 / CD / 2,160円(税込)

芯を突くグルーヴに遊び心のある背景そして真っ直ぐなメロディーが調和融合し立体サウンドを創り出すその上を柔軟に駆け巡るインプロヴィゼーションこのセクステットが成せる唯一無二なサラウンドサウンド "ULTIMATES"

ドラマー崎田治孝がNYから帰国し、自己のバンドを作るために、様々なジャンルで活躍している名古屋ミュージシャンの先鋭達が招集され2018年1月に名古屋にて始動。以来、瞬く間に全国のミュージシャン界隈でその名が広がったSoul Jazz Funk Instrumental Band “ULTIMATES”の1st album “SMUG RADIO”。タイトルの名の通り「常識や流行、ジャンルの垣根を飛び越えて、ラジオのように新しい音楽を発信していこう」との思いが込められた待望の1st album NYの街の音や波の音、アコースティックサウンドにエレクトリックが融合し、しっかり構成したバンドサウンドの上で広がるインプロビゼーション。どのバンドとも類似しない唯一無二のアルバム。

【Member】 DRUMS:崎田 治孝(サキタ ハルタカ) SAX:佐藤 莉佳(サトウ リカ) SAX:山﨑 貴大(ヤマサキ タカヒロ) PIANO&KEYBOARD:渡辺 翔太(ワタナベ ショウタ) GUITAR:小金坂 栄造(コガネザカ エイゾウ) E.BASS:梶 祥太郎(カジ ショウタロウ)

(メーカーインフォより)







●弘田三枝子 / イズント・イット・ロマンティック? / doLuck Jazz / JPN / DLC19 / 4988044882423 / CD / 2,592円(税込)

昨年デビュー55周年を迎えた弘田三枝子が、ジャズの世界に帰ってきた!
自身の集大成として真正面からジャズに取り組んだ意欲作。ベテラン北島、フレッシュな仲石、長谷川のトリオと共に、ジャズ録音のあらたな拠点となりつつある前橋・夢スタジオにこもり、昨年発表したシングル「ひいふうみいよう」の英語歌詞バージョンを始め、初めて取り組んだタイトル曲や「ブラック・コーヒー:など、珠玉の12曲を収録。とくに日本語で歌う「星に願いを」は絶品。

【Member】
弘田三枝子(vo)
北島直樹(p)
仲石裕介(b)
長谷川ガク(ds)

(メーカーインフォより)

日本人女性ヴォーカリストの中では、最高峰とも評価されるミコの歌唱力!! 55年前のアメリカンポップスを歌う少女時代、1970年の「人形の家」での大人の女性への成長、さらにジャズ・ヴォーカリストとして作品を発表した70年後半~現在までの軌跡がわかる、まさにヴォーカリスト人生が感じられる1枚です。

ソングリスト
01When You Wish Upon A Star
02Black Coffee
03Alfie
04Isn't It Romantic?
05All of me
06But Not For Me
07Laura
08One Note Samba
09The Things We Did Last Summer
10Hi Fu Mi Yo
11The Good Life
12星に願いを







●大石亜矢子 / My Best / ティートックレコーズ / JPN / TTOC0031 / 4988044882737 / UHQ-CD / 3,000円(税込)

全盲のシンガーソングライター「大石亜矢子」の音楽活動二十周年の集大成のベスト盤。前作「マイ・ライフ」から8年・・・。今回、夫婦初の共演作をCDに収録!夫の大胡田誠さんは、全盲で司法試験に合格した日本で3人目の弁護士で、現在一般民事事件や企業法務、家事事件(相続、離婚など)や刑事事件などに従事し、著書の『全盲の僕が弁護士になった理由』(日経BP 社)は、松坂桃李主演でドラマ化される等多方面で活躍2012年より妻の大石亜矢子さんと共に、全盲夫婦に寄るトークアンドコンサートを各地で開催。新アレンジでお届けするオリジナル曲の他、この8年の間に生まれた曲や、過去の未発表曲を収録。リクエストが多かったカバー曲も4曲をセレクト。

今年で音楽活動20年。そんな節目の年にこうしてCDをリリースすることができてほんとうにうれしいです。今の私があるのは支えてくれる家族・友人・応援してくださる皆様・・・そして音楽のお陰です。心からの感謝とこれからも歌い続け、奏で続けると言う「決意」を込めて(ベストを尽くした)アルバムです。音楽ではお腹はいっぱいになりませんが心を満たすことはできるはず・・・。このCDを手に取ってくださった」方が一人でも、少しでも心満たされますようにと願っています。

大石 亜矢子
1975 年、千葉県生まれ。男女の双子として早産で産まれる。未熟児網膜症のため生まれた時から、目が見えず県立沼津盲学校の幼稚部小学校に通い、中学校時「もっと多くの、いろいろな人に会いたい」との思いから単身上京、筑波大付属盲学校へ入学。中学校時代にバンドを結成し、幼い頃より慣れ親しんだピアノを担当。高校は音楽科に進み声楽を学び、武蔵野音大声楽科卒業後は、ソプラノ歌手として、ソロによる歌唱の他、ピアノの弾き語りによる演奏活動を行う。また、盲導犬の啓発活動も行うかたわら、夫で全盲の弁護士の大胡田誠と共に「全盲夫婦によるトーク& コンサート」を各地で開催。さらに、松坂桃李さんの主演ドラマ『全盲の僕が弁護士になった理由』(TBS)のモデルであり、原作者で夫である大胡田誠さんと、『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(TBS)に出演し、話題となった。今回8 年振りのニューアルバムは、夫との共演の曲をはじめ、バンド編成の曲においては、なんと、バンドメンバー全員が学校の同級生。演奏のみならず、コーラスにも参加している。《聴いているだけで胸弾み、口ずさみたくなる楽曲》が印象的だ。音楽活動開始から20年…まさに大石亜矢子の集大成『My BEST』。

【PERSONNEL】ヴォーカル&ピアノ:大石 亜矢子ギター&コーラス:大胡田 誠ギター&コーラス:大槻 純一ベース&ギター&コーラス:加藤 秀幸ドラムス&コーラス:松村 道生

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 地球のダイアモンド
02 どきどきっ
03 Irina
04 一人歩き
05 ココア
06 Mi Scusi!
07 深呼吸
08 Amazing Grace
09 糸
10 花~すべての人の心に花を~
11 卒業
12 きさらぎ
13 貴方のために私のために
14 庭の千草







●クラーラ・ヴースト / ビフォア~ユー・ウォーク・アウェイ / STORYVILLE / JPN / 1014322J / 4526180472612 / CD / 2,484円(税込)

北欧デンマークの美女ジャズ・シンガー・クラーラ・ヴースト最新作!透明感溢れる歌声で優しくスタンダードを唄うクラーラの魅力が詰まった作品!
ゲストにはUS3「カンタループ」で激烈ソロをプレイしたトランペットのジェラルド・プレゼンサー!

<ミュージシャン>
クラーラ・ヴースト(vo)
フランチェコ・カリ(p,accordion)
イェッペ・ホルスト(g)
アンドレアス・ハットホルト(b)
カーステン・ランドース(ds)
ジェラルド・プレゼンサー(tp on 1,4,5,9)

2018年作品

(メーカーインフォより)
ソングリスト
01Some Other Time
02Estate
03I Will Wait For You
04Out Of Nowhere
05Sea Lady
06One November Day
07I Wish Your Love
08Watch What Happens
09Tomorrow
10When I Look In Your Eyes
11Joana Francesa







●モルテン・ハクスホルム / ヴェスティギウム / STORYVILLE / JPN / 1014319J / 4526180472643 / CD / 2,484円(税込)

※デジパック / 帯付き国内盤仕様
デンマークで活躍する若手ベース奏者モルテン・マクスホルムがジョナサン・クライスバーグやアリ・ホーイングらニューヨークで活躍する同世代のトップ・ミュージシャンとカルテットで行ったスタジオ作品!

<ミュージシャン>
モルテン・ハクスホルド(b)
ジョナサン・クライスバーグ(g)
アリ・ホーイング(ds)
フレドリック・メンジー(sax)
ニコライ・ヘス(p)

ソングリスト
1Occam’s Razor
2Vestigium
3Central Park West
4Leviathan
5Obviate
6Deep Sea Explorer
7A World Without End
8All or Nothing at All







●原田知世 / L'Heure Bleue / ユニバーサルミュージック / JPN / UCJJ9016 / 4988031304754 / LP / 3,888円(税込)

※LP
彼女のサウンドトラック ― 原田知世のいま、そしてこれから。

デビュー35周年を経て、女優として歌手としてまた新たな一歩を歩み始めた原田知世。「これからはひとつひとつの変化を大切に過ごしていきたい」という想いを携え、2014年の『noon moon』以来4年ぶりとなるオリジナル・アルバムを発表します。
ここ10年間の音楽パートナーであるギタリスト/作曲家の伊藤ゴローをプロデュース、作曲&アレンジに、そして作詞に原田自身に加えて、気鋭のアーティストを迎えて制作。
これまでのアコースティックでナチュラルな肌触りのものから、プログラミングも取り入れたサウンド・メイキングに。「主演:原田知世/監督:伊藤ゴロー/脚本:作詞家」で構成する、架空の短編映画のサウンドトラックのようなコンセプトで、原田知世のさまざまな表情を描き出します。

作詞参加アーティスト
角銅真実、高橋久美子(ex.チャットモンチー)、角田隆太(ものんくる)、土岐麻子、堀込高樹(KIRINJI) 他
※五十音順

ソングリスト
1 夢の途中
2 銀河絵日記
3 ping-pong
4 名もなき青
5 風邪の薬


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】 12/15 新入荷一覧! 


●John Zorn / Salem, 1692 / TZADIK / TZ8361 / 0702397836124 / CD / 2,376円(税込)

ジョン・ゾーンによる注目のインスト・カルテットの第2作目。前作「Insurrection」に続く本作は「セイラム魔女裁判」に捧げられた音楽。それは恐怖や悲劇、魔法的、魔術的、様々な変化を伴う強烈で嫌になるほど美しい音楽。

Personnel:
Trevor Dunn: Bass
Kenny Grohowski: Drums
Matt Hollenberg: Guitar
Julian Lage: Guitar

1. The Devil Bid Me Serve Him
2. Spectral Evidence
3. Tituba
4. Witness to an Invisible World
5. Spell Bound
6. Malleus Maleficarum
7. Dark of the Moon
8. Under an Evil Hand
9. Sarah Good
10. I Will Not Write in Your Book Though You Do Kill Me!





●FIMA EPHRON / SONGS FROM THE TREE / Ropeadope / 0824833022783
/ CD / 1,944円(税込)

伝説のフュージョン、コンテンポラリー・ジャズのグループ「ロスト・トライブ」のベーシストの最新リーダー作。

Chris Potter(ts)
Adam Rogers(g)
Kevin Hays(p,key)
Nate Smith(ds)


1Arboreal
2Beaulieu
3Bamboo
4Fortune
5Gamma
6Ground of Being
7Know Self
8Plan Nine
9Signs
10Times Fly





● LISA HILTON / OASIS / Ruby Slippers / IMPORT / CD / 806314102320 / 0806314102320 / 2,916円(税込)

女流ピアニスト、リサ・ヒルトンの新作は美的フレーズが特徴!!

Lisa Hilton(p)
Luques Curtis(b)
Mark Whitfield Jr.(ds)

ソングリスト
TWISTS OF FATE / LISA HILTON
ADVENTURE LANDS / LISA HILTON
OASIS / LISA HILTON
WATERCOLOR WORLD / LISA HILTON
FASCINATING RHYTHM / GEORGE GERSHWIN
VAPORS & SHADOWS / LISA HILTON
JUST FOR FUN / LISA HILTON
SUNSHINE STATES / LISA HILTON
LAZY DAISY / LISA HILTON
SUNDAY MORNING / LISA HILTON
WARM SUMMER NIGHT / LISA HILTON





●CANNONBALL ADDERLEY / Swingin' in Seattle: Live at the Penthouse 1966-1967 / REEL TO REAL / RTRCD001 / 0875531015119 / CD / 2,268円(税込)

1966、67年超ホットなキャノンボール・アダレイ・クインテット!!
シアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”でのライヴ・パフォーマンス
“Sticks”他、この時代を象徴する曲の数々がファンキーに盛り上がる!
●弟のナット、ジョー・ザヴィヌル、ヴィクター・ガスキン、ロイ・マッカーディを従えたキャノンボール・アダレイ・クインテットが1966年6月と1967年10月にシアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”で行ったライヴ・パフォーマンスを収めたアルバム。

●演奏はすべて未発表で、66年のほうは、6月3日にアムステルダムでライヴ・レコーディングを行った後に帰米しての演奏。
この年の8月には同じメンバーで2度目の来日を果たしましたが、その模様はCapitolからリリースされた『Cannonball In Japan』というアルバムで聴くことができます。また、67年のパフォーマンスは、6~7月録音のCapitol盤『74 Miles Away』の2ヶ月半ほど後のもので、68年6月録音のCapitol 盤『Accent On Africa』との間ということになります。

●演奏されているのは、60年頃によく取り上げていたジミー・ヒースのオリジナル「Big “P”」、『74 Miles Away』のタイトル曲やそのアルバムに収録されているスタンダード曲「The Girl Next Door」、『Cannonball In Japan』や名盤『Mercy,Mercy,Mercy』で聴くことのできる「The Sticks」と「Hippodelphia」、『Great Love Themes』に収められている「Morning Of The Carnival」と「Somewhere」、そしてチャーリー・パーカー作のブルース「Back Home Blues」。そのうち、キャノンボールによる「Back Home Blues」の演奏はこれまで聴くことができませんでした。

●66年の演奏も67年の演奏も、66年夏の来日公演を思い出させるホットでグルーヴィなものばかり。特にロイ・マッカーディのシャープなドラミングが光っています。

≪注目レーベル登場≫
*今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Live のコリー・ウィーズによる共同制作。
*ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Julian ‘Cannonball’ Adderley(as), Nat Adderley(corn),
Joe Zawinul(p), Victor Gaskin(b), Roy McCurdy(ds)
Recorded live at the Penthouse Jazz Club in Seattle,
WA on June 15 & 22, 1966 and October 6 & 13, 1967.

ソングリスト
01Jim Wilke Introduction (0:13)
02Big “P” (9:13)
03Spoken Introduction (0:16)
04The Girl Next Door (11:10)
05Spoken Introduction (0:48)
06Sticks (4:39)
07Spoken Introduction (0:12)
08The Morning Of The Carnival(Manhã De Carnaval) (10:56)
09Spoken Introduction (0:34)
10Somewhere (5:04)
11Jim Wilke Introduction (0:16)
1274 Miles Away (10:38)
13Spoken Outro (0:31)
14Back Home Blues (6:46)
15Hippodelphia (10:44)
16Set-Closing Outro (0:57)





●ETTA JONES / A Soulful Sunday:Live at the Left Bank / REEL TO REAL/ RTRCD002 / 0875531015133 / CD / 2,268円(税込)

≪ブルージー&スウィンギー・ヴォーカル!!≫
エタ・ジョーンズ、1972年ボルティモアのジャズ・クラブでの一夜
シダー・ウォルトン・トリオの名バッキングを得た魅力的な歌唱!!

●1928年にサウス・キャロライナ州で生まれ、40年代から数多くのビッグ・バンドで歌ってきたエタ・ジョーンズは、独立してしばらく経った1960年にPrestigeへ録音した『Don’t Go To Strangers』(フランク・ウェスやリチャード・ワイアンズなどが参加)で大きな注目を浴びました。その後は63 年までPrestige にオリヴァー・ネルソンからラリー・ヤング、ケニー・バレルなどを従えた秀作を録音していますが、65年にRoulette へ『Etta Jones Sings』を残した後はしばらくレコーディングから遠ざかってしまいました。

●シダー・ウォルトンのライヴ盤『Three Sundays In The Seventies:“Live” At The Left Bank』(Label M Records)に1972年の彼女の歌が2曲収録され、久しぶりにその力強い歌声を楽しめましたが、翌73年にヒューストン・パーソンやジーン・アモンズと共演した録音がきっかけとなって本格的なカムバックへと進み、76 年からMuse に次々と傑作を残していきました。

●今回発掘されたのは、1972年2月27日にボルティモアのクラブでのライヴ・レコーディング。つまりは上に記したシダー・ウォルトン・トリオとのセッションで、Roulette盤以来久方ぶりの歌声をきくことができるわけですが、収録されている10曲のうち「Don’t Go To Strangers」と「Blow Top Blues」はLabel M Records盤で聴けたパフォーマンス。残る8曲が初めて聴く演奏ということになりますが、冒頭の「Theme from “Love Story”」はシダー・ウォルトン・トリオだけの演奏で、エタは参加していません。サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズを従えたシダーのトリオは、他にも名録音をたくさん残していますが、ここでもこのトリオならではのスウィンギーなプレイで聴衆を沸かせています。

●文句のつけようのない名トリオのバッキングを得たエタも、軽やかにスウィングし、バラードをしっとりと歌っています。

≪注目レーベル登場≫
* 今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Liveのコリー・ウィーズによる共同制作。
* ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Etta Jones(vo), Cedar Walton(p), Sam Jones(b), Billy Higgins(ds)
Recorded live at the Famous Ballroom in Baltimore,
MD on February 27, 1972. Presented by the Left Bank Jazz Society.

ソングリスト
01Theme From “Love Story” (10:07)
02Vernon Welsh Intro (0:34)
03Sunday (4:34)
04This Girl’s In Love With You (6:30)
05If You Could See Me Now (4:15)
06For All We Know (4:41)
07Exactly Like You (5:04)
08You Better Go Now (3:16)
09Blow Top Blues (5:22)
10Love Nest (4:22)
11Don’t Go To Strangers (6:32)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】 12/14 新入荷一覧! 


●FLORIAN WEBER / Lucent Waters / ECM/ 6751583 / 0602567515883 / CD / 2,484円(税込)

★ドイツのピアニストFlorian Weberの2016年にマルクス・ストックハウゼンとのデュオ作品『Alba』に続くECM2作目が登場。

■本作ではカルテットをつくりFlorianのプログラムを展開、M-5のようなコンセプチュアルな作品から、鮮やかなM-2などそれぞれが開放しつつ、お互いに新鮮な反応を音楽で伝え合うインプロヴィゼーション豊かな作品。 (メーカーインフォより)

(パーソネル)
Ralph Alessi: trumpet;
Florian Weber: piano;
Linda May Han Oh: double bass;
Nasheet Waits: drums

ソングリスト
1Brilliant Waters
2Melody Of A Waterfall
3From Cousteau‘s Point Of View
4Honestlee
5Butterfly Effect
6Time Horizon
7Fragile Cocoon
8Schimmelreiter





●フレッド・ハーシュ / トリオ’97アット・ヴィレッジヴァンガード +1 / キングインターナショナル / KKE9003 / 4909346017313 / CD / 2,400円(税込)

伝統に立脚しながら一瞬にかける瞬間芸術と、美しい世界観・・・91年に活動を開始したワーキング・グループによる演奏!現在につながるキャリアの決定的なマイルストーン!!
ボーナストラック “ニアネス・オブ・ユー”は、究極のバラード演奏!!
美的世界あふれる余韻を残すこの演奏はボーナス・トラックの域を越え、必聴です!

★現代を代表する屈指のピアニスト、フレッド・ハーシュが、自己のグループで初めてヴィレッジ・ヴァンガードに出演した 1997年の記念すべき演奏の作品化!!!

★ジャズ・ミュージシャンにとって“ヴィレッジ・ヴァンガード”は唯一無二の憧れの場所。1935年にオープンして以来、同じ場所に立ち続け、そのステージは、ジャズの歴史をつくってきた数々のアーティストたちが名演を繰り広げ、名盤となる作品を残してきた場所。フレッド・ハーシュはそこを“ジャズのカーネギー・ホール”ともよび、ジョー・ヘンダーソン、アート・ファーマー、チャーリー・ヘイデンといったアーティストのサイドマンとして出演した時から、強い感動を覚えてきたとのことです。しかし、それだけに、リーダーとしては中途半端な形での出演は出来ず、実際、依頼を受けながらも自分のワーキング・グループで満足できるまで出演を保留したのだそうです。つまり、本ライヴは、フレッド・ハーシュが納得の時を迎え、ヴァンガードに自らのバンドで万全を期して臨んだライヴ。結果、フレッド・ハーシュ曰く“自分の人生を変えた週の演奏”とまでに、今振り返っています。

★自分が出来る限り完璧な状況を望みたかった、ということのもとに、出演当日、ヴァンガードに自ら選んだスタインウェイのピアノを運び込んだフレッド・ハーシュは、91年に結成して以来、7年を迎えたレギュラー・グループと共に、すばらしい演奏をみせています。

★ 80 年代のキャリア初期から、伝統に立脚しながら、その一瞬にかける瞬間芸術の極みといえる演奏の美しい世界観は一貫として、演奏はどれも特別な瞬間をはらんだもの。リズム・チェンジなども決まるソロ・パフォーマンスに、7 年間活動したトリオだからこその年輪を感じさせるオープニング・トラック。明暗のコントラストから物憂さとセンチメンタリズムが交錯するイントロをもって、スタンダード曲に新たな命が吹き込まれる“マイ・ファニー・ヴァレンタイン”、それらを筆頭に、スウィングするリズムに 4 ビートの快活な演奏あり、深い叙情をもったバラード演奏の美しさあり。またピアニシッモの響きと、凛としたタッチで豊かなニュアンスをもって描き出す“I wish I Knew”の響きなど、無類の美しさがあり、7 曲目のオリジナルは、トラッド色濃くブルーズがあふれるアプローチで、歴史へのリスペクトも感じさせます。

★そして日本盤は特別にボーナス・トラックとして、究極のバラード・ナンバー“The Nearness of You”を収録!!オリジナルの最終トラック“You Don't Know What Love Is”の力強いアップテンポの演奏と、絶妙なコントラストを見せるこのトラックによって、日本盤は、深い余韻が残り、さながら、コンサートのアンコールを聴いたような構成も実現しました。

★記念すべき音源の初作品化。ファンの方はもちろん、ピアノを愛する方に広く聴いていただきたい作品です。

メンバー:Fred Hersch (p), Drew Gress(b), Tom Rainey(ds)

最近になって記録された音源をきいて、すばらしいサウンド、そしてハイレベルの演奏に驚いた。そして、この特別な日のベスト・トラックを届けられたらと思った。そう、私の人生が一変したこの時の演奏を・・・(フレッド・ハーシュ オリジナル・ライナーから抜粋、意訳 )

ソングリスト
1Easy To Love (Porter) 9:50
2My Funny Valentine (Rodgers) 10:06
3Three Little Words (Kalmar/Ruby) 6:00
4Evanessence (Hersch) 5:47
5Andrew John (Gress) 7:36
6I Wish I Knew (Warren) 5:48
7Swamp Thang (Hersch) 5:44
8You Don’t Know What Love Is (Raye/DePaul) 7:28
9The Nearness of You(Carmichael / Washington) 9:43





●FRANK MORGAN / Montreal Memories / HIGH NOTE / HCD7320 / 0632375732028 / CD / 2,268円(税込)

フランク・モーガン(as)とジョージ・ケーブルズ(p)のデュオ作品、1989年カナダのモントリオール・ジャズ・フェスでのライブ録音。
両ベテランプレーヤーが楽器で会話する重厚で美しい注目作!
■フランク・モーガン (as) とジョージ・ケーブルズ (p) がデュオで共演した 1989 年カナダのモントリオール・ジャズ・フェスティバルでのライブ録音。
■ 1933 年ミネアポリス生まれ、50 年代に西海岸で活躍したチャーリー・パーカー直系のアルト奏者、フランク・モーガン。幼少の頃にチャーリー・パーカーの演奏を目の当たりにし、パーカー・スタイルに傾倒する。その後はドラッグ中毒のため長い間のブランクもあったが80年代半ばに復帰してニューヨークのジャズシーンで活躍した。
■ピアニストのジョージ・ケーブルズはニューヨーク、ブルックリン生まれ。音楽一家の環境で育ち、高校の時に聴いたセロニアス・モンク等のジャズ・ピアニスト達の演奏に感動しジャズの世界へ。ソニー・ ロリンズ、ジョー・ ヘンダーソン、デクスター・ゴードン、アート・ペッパー、フレディ・ハバード、ウッディ・ショー、ボビー・ハッチャーソン、マックス・ローチ、アート ・ ブレイキー、ロイ ・ ヘインズ等のジャズ界の巨匠と共演、・・・ 数々のジャズ ・ レジェンズから愛されているピアニストのひとりである。
■2人が共演したデュオアルバムは 1986 年に Contemporary レーベルから発売された「Double Image」というアルバムがあるが、本作はライブでの共演である。フランク・モーガンの人生を変えたチャーリー・パーカーの大ヒット曲“Now’s the Time”、“Confirmation”他お馴染みのパーカー・ナンバーが 3 曲、ジョージ・ケーブルズが敬愛するセロニアス・モンクの“Round Midnight”等のスタンダード曲、2 人のオリジナル曲が収録されている。数々の経験を積んだ両者がライブステージで繰り広げる演奏は落ち着きがあり重厚さに溢れ、まさにベテラン・プレーヤーならではである。
■ジョージ・ケーブルズが28年連れ添ったHelen Wrayに捧げられたM7、M8も本作のハイライトである。(メーカーインフォより)

ソングリスト
1Now’s the Time (Charlie Parker)
2All the Things You Are (J. Kern / O. Hammerstein II)
3A Night in Tunisia (J. Gillespie / F. Paparelli)
4‘Round Midnight (T. Monk / B. Hanighen / C. Williams)
5Confirmation (Charlie Parker)
6Blues for Rosalinda (Frank Morgan)
7Helen’s Song (George Cables)
8Lullaby (George Cables)
9Medley: Nefertiti (Wayne Shorter) / Billie’s Bounce (Charlie Parker)





●PAT BIANCHI / In The Moment / SAVANT / SCD2173 / 0633842217321 / CD / 2,268円(税込)

白人ハモンドオルガン奏者、パット・ビアンキの最新作
パット・マルティーノ、ピーター・バーンスタイン、ジョー・ロック等超豪華なゲストが参加、クールでファンキーなサウンドを展開

■白人ハモンドオルガン奏者、パット・ビアンキのSavantレーベルからの初リーダー作が登場。■ 1975 年ニューヨーク生まれ、7 歳の時に家族からオルガンをプレゼントされ、11 歳の時には既に地元のダンスバンドの一員としてプロとしての最初のギグを経験したそうだ。その後バークリー音楽院でジャズピアノを勉強し、2010年にはダウンビート誌でアメリカの10人のベストオルガン奏者に選ばれた。現在はニューヨークを本拠地として演奏活動をしている。

■ 2009 年にはジャズ界のレジェントサックス奏者、ルー・ドナルドソンとのカルテットに参加し、2011 年からはパット・マルティーノのグループに参加し現在も活動を続けている。

■本作はオルガン・トリオ(オルガン、ギター、ドラムス)を軸として、ルー・ドナルドソン、パット・マルティーノとの演奏活動で知り合った数々の有名ミュージシャン達がゲストとして参加している。ニューヨークの売れっ子人気ギタリスト、ピーター・バーンスタインや名人パット・マルティーノが1曲づつ、ヴァイブの名手、ジョー・ロックが3曲に参加。また、バリトン・ヴォイスが魅力のケヴィン・マホガニーがビリー・エクスタインの名曲「I Want to Talk About You」をバラードで披露している。

■同じ Savant レーベルには、ベテラン B3 オルガンの第一人者マイク・ルドーンがいるが、ルドーンの重量感あるグルーブに比較して、ビアンキはクールで現代的なサウンドが持ち味である。今後の両者は良いライバルになりそうな予感。

メンバー:
Pat Bianchi (organ),
Paul Bollenback (guitar, Tracks 3, 5, 6 & 7),
Byron Landham (drums, Tracks 2, 3, 5, 6, 7 & 8)

With Special Guests:
Peter Bernstein (guitar, Track 2),
Carmen Intorre, Jr (drum, Tracks 1, 4, 9 & 10),
Joe Locke (vibes, Tracks 1, 9 & 10),
Kevin Mahogany (vocal, Track 8),
Pat Martino (guitar, Track 4)

Recorded at Acoustic Recording Studios, Brooklyn, NY on August 25 & September 1, 2016

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01Humpty Dumpty (Chick Corea)
02Blue Gardenia (R. Russell / L. Lee)
03Don’t You Worry ‘Bout a Thing (Stevie Wonder)
04Mr. PM (Pat Bianchi)
05Barracudas (General Assembly)(M. Davis / G. Evans)
06Crazy (Willie Nelson)
07No Expectations (Pat Bianchi)
08I Want to Talk About You (Billy Eckstine)
09Fall (Wayne Shorter)
10Four in One (Thelonious Monk)





●ジミー・スコット / フォーリン・イン・ラヴ・イズ・ワンダフル / オールデイズ・レコード / ODR6743 / 4582239487433 / CD / 1,620円(税込)

ジミー・スコットが“天使の声”でバラードを歌いあげた幻の名作が甦る!
1990年代半ばから2000年代前半にかけて、本人も驚くほどのブームが起こったジミー・スコットは、2014年に亡くなるまで20点以上のアルバムを残したが、最も希少とされたのが本盤だ。レイ・チャールズのレーベル、タンジェリンより62年に発売された作品で、マーティ・ペイチとジェラルド・ウィルソンが編曲したストリングスをバックに、スコットは“天使の声”と称されたハイ・テナーで丁寧にバラードを歌いあげている。その深遠な表現力は、アレサ・フランクリンなど多くの同業者を魅了した。(新譜案内より)

ソングリスト
01THEY SAY IT’S WONDERFUL
02I WISH I DIDN’T LOVE YOU SO
03THERE IS NO GREATER LOVE
04IF I SHOULD LOSE YOU
05WHY TRY TO CHANGE ME NOW
06I’M GETTING SENTIMENTAL OVER YOU
07SOMEONE TO WATCH OVER ME
08HOW DEEP IS THE OCEAN
09I DIDN’T KNOW WHAT TIME IT WAS
10SUNDAY, MONDAY OR ALWAYS
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter


新宿ジャズ館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す