【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD】グルーヴ・マーチャント・モー・グルーヴィー・コレクション第二期


●ジュニア・パーカー / ユー・ドント・ハヴ・トゥ・ビー・ブラック・トゥ・ラヴ・ザ・ブルース / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45934 / 4526180466635 / CD / 1,500円(税込)

ハーモニカも操るファンキー・ブルースメン、ジュニア・パーカーが1971年にグルーヴ・マーチャントから発表したソウル~R&Bテイスト溢れるスタジオ好盤!エルヴィス・プレスリーも憧れたジュニア・パーカーのソウルフルなヴォイスとジャズ・フィール溢れるサウンドが最高!

ミュージシャン:ジュニア・パーカー(vo,harmonica)他

1974年作品

・日本初CD化

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

ソングリスト
01ファイヴ・イヤーズ・ロング
02ティン・パン・アレイ
03ブルー・シャドー・フォーリング
04ザッツ・オールライト
05ウェイ・バック・ホーム
06アイ・ニード・ラヴ・ソー・バッド
07ルック・オン・ヨンダーズ・ウォール
08マン・オア・マウス
09スウィート・ホーム・シカゴ
10アイ・ライク・ユア・スマイル



●ジョー・トーマス / マサダ / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45935 / 4526180466642 / CD / 1,500円(税込)

サックス奏者ジョー・トーマスの代表作!女性コーラスとストリングス、ホーン・セクションを大胆に配したディスコティックなジャズ・ファンク大作!メロウ・グルーヴ、ブレイク、ファンク・ビートなどネタ元としてあまりにも有名な『マサダ』!

ミュージシャン:ジョー・トーマス(ts)パット・レビロ(key)ジェフ・ミロノフ、ジェリー・フリードマン、ランス・クイン(g)ボブ・バビット(b)スティーヴ・ガッド(ds)ブラッド・ベイカー(arr,cond)他

1975年作品

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1ジェミニ・フライン・ハイ
2マサダ
3ポインシアナ
4アイム・ゴーン・アンド・アイム・グラッド
5フレイム
6レッツ・ラヴ




●ロニー・スミス / キープ・オン・ラヴィン / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45933 / 4526180466628 / CD / 1,500円(税込)

オルガン・ドクターことドクター・ロニー・スミスが1976年のLRC時代に録音した大編成ジャズ・ファンク作品!本作ではオルガンをプレイせずにフェンダー・ローズを中心にシンセサイザーを駆使しフュージョン・タッチの作品に仕上げた意欲作!

ミュージシャン:ロニー・スミス(rhodes,key,vo)ジェリー・フリードマン、ランス・クイン (g) ボブ・ハビット、ウィル・リー (b) リック・モロッタ(ds)アラン・ルービン、ランディ・ブレッカー(tp)バリー・ロジャース(tb)ジョージ・ヤング (as) ジョー・ロヴァーノ(ts)他

1976年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1キープ・オン・ラヴィン
2シズル・スティック
3リーン・ミート
4ホワット・アイ・ウォント
5フィレ・オ・ソール
6ノー・ティアーズ・トゥモロー



●ジミー・マクグリフ~リチャード・グルーヴ・ホルムズ / ジャイアンツ・オブ・ジ・オルガン・カム・トゥギャザー / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45932 / 4526180466611 / CD / 1,500円(税込)

一人オーケストラの異名を持つハモンド・オルガンの競演など誰が考えたであろうか!ソニー・レスターがジミー・マクグリフとリチャード・グルーヴ・ホルムズの2大オルガン・スター競演を実現させた夢のプロジェクト!バーナード・パーディやジョージ・フリーマン、オドネル・リーヴィらサイドマンもスター揃い!

ミュージシャン:ジミー・マクグリフ、リチャード・グルーヴ・ホルムズ(org)ジョージ・フリーマン、オドネル・リーヴィ(g)バーナード・パーディ(ds)クワジ・ジェイ・オウバ(conga)

1973年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1リックス・ア・プレンティ
2アウト・オブ・ノーホエア
3ザ・スクワレル
4フィンガー・リッキン・グッド
5ハウ・ハイ・ザ・ムーン
6昔は良かったね




●リチャード・グルーヴ・ホルムズ / アメリカン・パイ / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45931 / 4526180466604 / CD / 1,500円(税込)

グルーヴ・マスター、リチャード・グルーヴ・ホルムズが1973年にニューヨークで録音した激烈スタジオ作品!ジェリー・ジェモット、ラリー・ウィリスら漆黒のミュージシャンをサイドに豪快なオルガン・サウンドを巻き起こすグルーヴ・ホルムズ!

ミュージシャン:リチャード・グルーヴ・ホルムズ (org) ラリー・ウィリス(el-p)ジェラルド・ハバード(g)ジェリー・ジェモット(b)クワジ・ジェイ・オウバ(conga)

1973年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1アメリカン・パイ
2セント・トーマス
3キャサリン
4フィンガーズ
5イッツ・インポッシブル
6ヒアズ・ザット・レイニー・デイ
7フー・キャン・アイ・ターン・トゥ



●ジミー・マクグリフ / ストンプ・ジュース / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45930 / 4526180466598 / CD / 1,500円(税込)

1975年に発表されたジミー・マクグリフの大編成ジャズ・ファンク大作!ソロイストにレーベル・メイトのジョー・トーマスやジミー・ポンダーら腕利きミュージシャンをフィーチャーしたゴキゲンなファンキー・アルバム!

ミュージシャン:ジミー・マクグリフ(org,key)ジョー・トーマス(ts)ジェシ・モリソン、レオ・ジョンソン(sax)ジミー・ポンダー、ラルフ・バード(g)アンドリュー・マックラウド、ボブ・クランショウ (b)ローレンス・キリアン(per)他

1975年作品

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1パープル・オニオン
2ザ・リトル・ワン
3ストンプ・ジュース
4クマヨン
5T.N.T
6ストレッチ・ミー・アウト
7パイシーズ



●ジミー・マクグリフ / ブラック・アンド・ブルース / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45929 / 4526180466581 / CD / 1,500円(税込)

1971年に2枚組LP大作として発表されたマクグリフ作品!モータウン伝説のベース奏者ジェリー・ジェモットを迎えひたすらドライヴしまくるマクグリフのオルガン!オーヴァードライヴされたホットなハモンドとジェモットのグルーヴィなベースが絡み合う!

ミュージシャン:ジミー・マクグリフ(org)ルディ・ジョンソン(ts)ラリー・フレイザー(g)ジェリー・ジェモット(b)ウィリー(セイント)・ジェンキンス(ds)

1971年作品

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)


ソングリスト
01ブルー・グルーヴ(パート1)
02ブルース・フォー・ア・ブロークン・ダウン・ファンキー・オールド・バス
03モカ
04ハープ
05ロンサム・ロード
06マック・ザ・ナイフ
07バハマ
08アーメン
09ヘイ、ミセス・ジョーンズ
10ブルー・グルーヴ(パート2)
11ペントハウス・セレナーデ
12ペニーズ・フロム・ヘヴン



●ジミー・マクグリフ / グルーヴ・グリーズ / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45928 / 4526180466574 / CD / 1,500円(税込)

最強のジャズ・ファンク作品にしてグルーヴ・マーチャント代表作ジミー・マクグリフ『グルーヴ・グリーズ』!ベースにリチャード・デイヴィスとシカゴのリチャード・エヴァンスを加えた異色のメンバー編成ながらスタンダードを織り交ぜ豪快にグルーヴしまくるマクグリフが最高!

ミュージシャン:ジミー・マクグリフ(org)ホレス・オット(el-p)エヴェレット・バークスデール、ウェイン・ベネット(g)リチャード・デイヴィス、リチャード・エヴァンス (b) マリアン・J・ブッカー(ds)ローレンス・キリアン(per)マレイ・ワトソン(tp)クリフ・デイヴィス(ts,fl)ジョニー・ベアード(bs,fl)

1971年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1グルーヴ・グリーズ
2ザ・バード
3プレイン・ブラウン・バッグ
4ゼア・ウィル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー
5カナディアン・サンセット
6ミスター・ラッキー
7ムーングロウ
8レッド・セイルズ・イン・ザ・サンセット
9シークレット・ラヴ



●オドネル・リーヴィ / ドーン・オブ・ア・ニュー・デイ / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45926 / 4526180466550 / CD / 1,500円(税込)

ヒップホップのネタ元名盤として知られるオドネル・リーヴィの1973年作『ドーン・オブ・ア・ニュー・デイ』!リオン・ウェア「アイ・ウォナ・ビー・ウェア・ユー・アー」やロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ「ウェア・イズ・ザ・ラヴ」などキラー・カバーが詰まった傑作!

ミュージシャン:オドネル・リーヴィ(g)チャールズ・コヴィントン(p,org)ジョージ・ラッセル(b)チェスター・トンプソン(ds)バート・コリンズ、セシル・ブリッジウォーター、ジョン・ファディス、マーヴィン・スタン(tps)ビル・ワトラス、エディ・バート、ウェイン・アンドレ(tbs)

1973年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1ドーン・オブ・ア・デイ
2バー・ワー
3アイ・ウォナ・ビー・ウェア・ユー・アー
4ウェア・イズ・ザ・ラヴ
5愛の世界
6処女航海
7スーパー・ウーマン
8アイ・ウォント・トゥ・メイク・イット・ウィズ・ユー
9ゴーイン・イン・トゥ・デトロイト



●オドネル・リーヴィー / シンバ /SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45927 / 4526180466567 / CD / 1,500円(税込)

グルーヴ・マーチャントの申し子オドネル・リーヴィがスティーヴ・ガッド、トニー・レヴィン、ウォーレン・バーンハートら最高のリズム・セクションを従え唄うようにギターを奏でるジャズ・ファンク大作にしてリーヴィの代表作!

ミュージシャン:オドネル・リーヴィ(g)ウォーレン・バーンハート(el-p)トニー・レヴィン(b)スティーヴ・ガッド (ds)ジム・マディソン(per)バート・コリンズ、アーニー・ロイヤル、ジョン・ファディス、ルー・ソロフ(tps)アラン・ルービン、セシル・ブリッジウォーター(flh)ビル・ワトラス(tb)エディ・ダニエルズ(fl,bs)

1973年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1バッド、バッド、シンバ
2キリマンジャロ・クックアウト
3プレイ・ハウス
4シエラ・ロンリー
5サド、サド、シンバ
6ナイジェリアン・ナイツ



●ダコタ・ステイトン / アイ・ウォント・ア・カントリー・マン / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45925 / 4526180466543 / CD / 1,500円(税込)

アーシーなスタイルで人気を博したシンガー、ダコタ・ステイトンが1973年にマニー・アルバムのアレンジ&指揮のビッグバンドをバックに豪快なヴォーカルを聴かせる最強盤!ジョー・ニューマンやフランク・ウェス、ペッパー・アダムス、ルー・ソロフら最高のニューヨーク・セッション・ミュージシャンを従えるダコタ・ステイトン!

ミュージシャン:ダコタ・ステイトン(vo)マニー・アルバム(arr,cond)バート・コリンズ、セシル・ブリッジウォーター、ジョー・ニューマン、ルー・ソロフ、マーヴィン・スタン(tps)ビル・ワトラス、エディ・バート、ガーネット・ブラウン(tbs)エディ・ダニエルズ、フランク・ウェス(ts)ペッパー・アダムス(bs)他

1973年作品

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1カントリー・マン
2アイ・ラヴ・ユー・モア・ザン・ユール・エヴァー・ノウ
3ガール・トーク
4クライ・ミー・ア・リヴァー
5ハートブレイク
6イッツ・ザ・トーク・オブ・ザ・タウン
7メイク・イット・イージー・オン・ユアセルフ
8ハウ・ディド・ヒー・ルック?



●リー・コニッツ / シカゴ・アンド・オール・ザット・ジャズ / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45924 / 4526180466536 / CD / 1,500円(税込)

現在も現役で活躍する巨人リー・コニッツが1975年にリリースしたレア作品!マイク・ロンゴ、ディック・カッツ、メイジャー・ホリー、エディー・ロックのリズムにホーン・セクションを配したグルーヴ感溢れるコニッツのスタジオ盤!

ミュージシャン:リー・コニッツ(as)ディック・カッツ(p)マイケル・ロンゴ(synth,key)ジョージ・デイヴィス(g)メイジャー・ホリー(b,vo)エディー・ロック(ds)ロイド・ミシェルズ、リチャード・ハーウィッツ(tp)アラン・ラフ、バリー・マウアー(tb) ドン・パルマー、ジョー・ファレル(sax)

1975年作品

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1ファニー・ハニー
2マイ・オウン・ベスト・フレンド
3テン・パーセント
4ルーピン・デ・ループ
5ラズル・ダズル
6ミー・アンド・マイ・ベイビー
7ロキシー
8クラス



●ラッキー・トンプソン / アイ・オファー・ユー / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45923 / 4526180466529 / CD / 1,500円(税込)

アーシーなサックスでファンを魅了するラッキー・トンプソンが1973年に発表したモーダル~ソウル・ジャズ作品!どこまでもグルーヴィなシダー・ウォルトン・トリオをバックに従えソプラノ・サックスをも駆使し熱いブロウで圧倒するトンプソン!

ミュージシャン:ラッキー・トンプソン(ss,ts)シダー・ウォルトン(p,el-p)サム・ジョーンズ(b)ルイス・ヘイズ(ds)

1973年作品

・日本初CD化

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1マンスーン
2サン・アウト
3イエスタデイズ・チャイルド
4アリヤー
5ザ・モーメント・オブ・トゥルース
6バック・ホーム・フロム・イエスタデイ
7チェロキー



●バディ・リッチ / ビッグ・バンド・マシーン / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45922 / 4526180466512 / CD / 1,500円(税込)

不世出のジャズ・ドラマー、バディ・リッチがピート・イェリンやボブ・ミンツァー、コーネル・デュプリー、スティーヴ・マーカスらフレッシュな若手実力メンバーを率い豪快にビッグバンドを操る1975年リリースの名盤!最強のグルーヴとダイナミックなビッグバンドによるジャズ・ファンク!

ミュージシャン:バディ・リッチ(ds)ロイド・ミシェルズ、チャールズ・カミレリ、ダニー・ヘイズ、リチャード・ハーウィッツ、ロス・コニコフ(tps)バリー・マウアー、ジェラルド・チェンバレン、アンソニー・サルヴァトーリ(tbs)ピート・イェリン、ビル・ブラウト(as)ボブ・ミンツァー、スティーヴ・マーカス(ts)ロジャー・ローゼンバーグ(bs)クリフ・モリス、コーネル・デュプリー、ウェイン・ライト(g)グレッグ・コーガン(p)ベン・ブラウン(b)レイ・アルマンド(per)




●バディ・リッチ / ザ・ロアー・オブ ’74 / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45921 / 4526180466505 / CD / 1,500円(税込)

ホレス・シルヴァー作「ナットヴィル」を激しいビッグバンド・サウンドで奏でるバディ・リッチの人気盤!パット・ラバーベラやジョー・ベック、ラリー・ホールらその後シーンで大活躍する若手を大量注入したバディ・リッチ楽団の炎のような演奏!

ミュージシャン:バディ・リッチ(ds)チャーリー・デイヴィス、グレッグ・ホプキンス、ジョン・ホフマン、ラリー・ホール(tps)アラン・カプラン、キース・オクイン、ジョン・レイス(tbs)ボブ・マーティン、ジョー・ロマーノ(as)ボブ・クレア、パット・ラバーベラ(ts)ジョン・ロウズ(bs)ジョー・ベック(g)バディ・バドソン(p)トニー・レヴィン(b)サム・ウッドヤード、ジミー・マエウレン(per)

1974年作品

・日本初CD化

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1ナットヴィル
2キリマンジャロ・クックアウト
3ビッグ・マック
4バックウッド・サイドマン
5タイム・チェック
6プレリュード・トゥ・ア・キス
7ワルツ・オブ・ア・マッシュルーム・ハンターズ
8セネター・サム



●サド・ジョーンズ / ライヴ・オン・ツアー・スイスランド / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45940 / 4526180466697 / CD / 1,500円(税込)

1969年にスイスのバーゼルで行われた全盛期のサド=メル・オーケストラのコンサート音源!ローランド・ハナやリチャード・デイヴィス、スヌーキー・ヤング、リチャード・ウィリアムス、ジェローム・リチャードソンら黄金メンバーに加えジョー・ヘンダーソンも加わった最強サド~メル楽団のライヴ盤!

ミュージシャン:サド・ジョーンズ (flh) メル・ルイス(ds)ローランド・ハナ(p)リチャード・デイヴィス(b) スヌーキー・ヤング、リチャード・ウィリアムス、ダニー・ムーア、アル・ポーシノ(tps)ジミー・ネッパー、アシュレイ・ファンネル、エディ・バート、クリフ・ヒーザー(tbs)ジェローム・リチャードソン、ジェリー・ドジオン、ジョー・ヘンダーソン、エディ・ダニエルズ、ペッパー・アダムス(sax)

1969年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1セコンド・レ-ス
2ドント・エヴァー・リーヴ・ミー
3ザ・ワルツ・ユー・スワング・フォー・ミー
4A-ダッツ・フリーダム
5カム・サンデイ
6ドント・ギット・サッシー
7バイブル・ストーリー
8グルーヴ・マーチャント



●エラ・フィッツジェラルド with トミー・フラナガン・トリオ / キャバレー / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45939 / 4526180466680 / CD / 1,500円(税込)

不世出の名シンガー、エラ・フィッツジェラルドが1970〜80年代に残したレア音源をまとめた作品で、トミー・フラナガン・トリオとルー・レヴィ・トリオがそれぞれ伴奏をした円熟期のライヴ音源集!スタンダードばかりとびきりスウィンギーに唄うエラの魅力が満載の作品!

ミュージシャン:エラ・フィッツジェラルド(vo)トミー・フラナガン (p) フランク・デラローズ (b) エド・シグペン (ds) ルー・レヴィ (p) マックス・ベネット (b) ガス・ジョンソン (ds)

1973,1979,1982,1985年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01アイ・ウォント・ダンス
02ザット・オールド・ブラック・マジック
03イット・ハプンド・イン・モンタレイ~ノー・リグレット~イッツ・ア・ワンダフル・ワールド
04キャバレー
05アイ・ラヴ・ユー・マッドリー
06ア・マン&ア・ウーマン
07オールライト・オーケー・ユー・ウィン
08ピープル
09アイ・コンセントレイト・オン・ユー
10ミスター・パガニーニ
11アイム・ビギニング・シー・ザ・ライト
12マイ・ハート・ビロングス・トゥ・ダディ
13ジャスト・ワン・オブ・ドーズ・シングス
14アイ・キャント・ギヴ・ユー・エニシング・バット・ラヴ




●スタン・ゲッツ / ザ・ソング・イズ・ユー / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45938 / 4526180466673 / CD / 1,500円(税込)

クール・テナー、スタン・ゲッツが1969年にスタンリー・カウエル(p) ミラスロフ・ヴィトウス(b) ジャック・ディジョネット(ds) のトップ・ミュージシャンをバックにスウィンギーに奏でたヒストリカル・コレクション!

ミュージシャン:スタン・ゲッツ(ts)スタンリー・カウエル(p) ミラスロフ・ヴィトウス(b) ジャック・ディジョネット(ds)

1969年録音

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01ザ・ソング・イズ・ユー
02オ・グランヂ・アモール
03フォー・ジェーン
04ダーンズ・チャント
05メジャー・ジェネラル
06フォーク・チューン・フォー・ベース
07トゥナイト・アイ・シャル・スリープ / デサフィナード
08オール・ザ・シングス・ユー・アー
09サマー・ナイト
10ワン・ノート・サンバ



●ザ・ジョン・バンチ・トリオ / ワールド・ウォー・トゥー・ラヴ・ソングス / ザ・ジョン・バンチ・トリオ / SOLID、GROOVE MERCHANT / JPN / CDSOL45937 / 4526180466666 / CD / 1,500円(税込)

ウディ・ハーマン楽団やソロではプログレッシヴなどで活躍したジョン・バンチが第二次世界大戦期に流行ったスタンダードをカウント・ベイシー楽団のスター・ドラマー、ブッチ・マイルスとハーマン楽団の同僚マイケル・ムーアとのトリオでスウィンギーにプレイ!

ミュージシャン:ジョン・バンチ(p)マイケル・ムーア(b)ブッチ・マイルス(ds)

1998年作品

<完全限定生産品>
最新リマスター、日本語解説、オリジナルジャケット使用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01サムバディ・エルス・ハズ・テイクン・マイ・プレイス
02アイル・ゲット・バイ
03ドゥ・ナッシン・ティル・ユー・ヒア・フロム・ミー
04ウィー・ウィル・ミート・アゲイン
05ドント・テイク・ユア・ラヴ・フロム・ミー
06チャッタヌーガ・チュー・チュー
07アイル・ウォーク・バイ
08サタデー・ナイト・イズ・ザ・ロンリエスト・ナイト
09イッツ・ビーン・ア・ロング・ロング・タイム
10ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
11アイル・ビー・シーイング・ユー
12ハウ・アバウト・ユー?
13アイ・ドント・ウォント・トゥ・ウォーク・ウィズアウト・ユー
14タンジェリン
15スプリング・ウィル・ビー・ア・リトル・レイト・ディス・イヤー
16グリーン・アイズ
17バークリー・スクエアのナイチンゲール
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD&LP】 11/30, 12/1, 2 新入荷一覧! その2 



●黒河博文 / ボーダーレス / High Low Sound / DOPE1223 / 4562265501082 / CD / 2,700円(税込)

8ビート、5拍子によるファンク調、4ビートといった、様々なビートの楽曲をテーマに、深く心地よいグルーヴを強く意識した一枚。
更なる音楽の深みを求めて渡米したサクソフォニスト・コンポーザーの黒河博文が、アーティストが集まるブルックリン・ブッシュウィックを生活の拠点とし、多くのアートから受けた影響を元に全曲自身のオリジナル曲で収録。コンテンポラリーな楽曲をピアノ末永尚史、ベースDan Pappalardo、ドラムJK Kimが深みのあるサウンドを創り出している。

<プロフィール>
ジャズをベースにファンクやR&Bといったブラックミュージックに影響を受けた楽曲を制作してきたサクソフォニスト・コンポーザーの黒河博文が、世界最大規模であるインターナショナルソングライティングコンペティションのファイナリストに選ばれ入賞した後渡米。ニューヨークで作った作品の他、これまでに制作した楽曲もブラッシュアップさせ、レコーディングを行う。メンバーはバークリー音楽院卒業後、ニューヨークを拠点に活動中のピアノ末永尚史、ベースDan Papparaldo・ドラムJK Kim。Dan,JKは現在ニューヨークでも頭角を現してきているミュージシャンで、コンテンポラリーな黒河の楽曲に対してグルーヴ感溢れるプレイを聴かせてくれている。前述のコンペティションで受賞した作品をはじめ、前作ではラテンやアップテンポで押しの強い曲調が多いイメージだったが、今回はスペースを生かして懐の深いグルーヴを作り出すことを念頭におかれた曲調が多く、それをよく把握したリズムセクションの演奏が心地よい。

ソングリスト
1Fun Cruise(Funk Loose)
2Parallel World
3Flight
4Elastic&Tough
5Morning Mist
6Parallel World(Another One)





●KONDO・IMA SELECTION / ONCE UPON A TIME IN TOKYO / TKRecording / TKC-3 / 4582237842401 / CD / 2,700円(税込)

近藤が最初に出会ったのは山木秀夫。
山木は熊本の中学校を出るなり、沖縄の米軍基地でキャリアを始めたミュージシャン。
タイミングや抜けの良さはもちろん、ドラムスの各音の残響まで聞いている耳の良さ。まさにIMAの土台骨。ピアノも打楽器だとするなら、山木のドラムスは和音を奏でている。

富樫春生はキーボードを小脇に抱え、ステージ上の近藤の前に姿を現した。飛び込演奏だ。
容姿そのままだと思うのは勘違い。IMAの踊る切込隊長ではあるが「Red City Smoke」での圧巻のピアノソロを聞かれたし。
普段は素養は野暮と決して見せない鉄火場のダンサー。照れ屋。歩くグルーヴ。ムードメーカなんて言葉はちっぽけすぎる。

IMAでの酒井泰三は誰もが貧乏くじを引いたと思った。Youtubeなど現存している映像を見る限り、演奏中の酒井は常にバンドの誰かを見て演奏をしている。
鳴りが良く、IMAバンドのステージに立った酒井が映っている。

IMA結成当初、ReckのFrictionのライブを聴きに行った近藤が声をかけた。
「よかったら俺のライブを見に来て」Reckは近藤のソロライブに出かけた。
Reckのサングラスがニヤッと傾いて。世界各地で演奏するIMAバンドが動き始めた。 (メーカーインフォより)

近藤 等則(tp, vocal)
山木 秀夫(Dr)
富樫 春生(key)
酒井 泰三(gt, bass)
Reck(bass, gt)





●TOSHINORI KONDO / BLUE IN AMSTERDAM / TKRecording / TKC-4 / 4582237842418
/ CD / 2,700円(税込)

マキシ・ケース仕様

1993年、IMAバンドでの活動を終えた近藤はオランダのアムステルダムにスタジオを構えた。

東京には目もくれず、CD全盛期の音楽産業に別れを告げ、ヨーロッパのミュージシャンと現地でのライブを再開。
同時期に近藤は映像と音の合作を思い立った。イズラエルでのソロ演奏を企立てる。
1994年、日本の映像制作会社と共作した番組「エルサレム混沌の音」がATP賞を受賞。
翌年、近藤はペルーのアンデスを訪れる。マチュピユ遺跡で吹きに吹きまくったらしい。
様々なバンドと世界の街々を旅し、トランペットの音を探求し続けた近藤は地球を、自然をメンバーに選んだ。

2001年、ダライ・ラマ14世からの要請を受けた近藤は、広島の宮島で世界のミュージシャンを集めた音楽祭のプロデュース。2003年、小唄のとよ栄芝をボーカルに迎えたアルバム「THE吉原」がレコード大賞で企画賞を受賞。

当時の最新機、AKAI MPC4000を手にした近藤が。
2004年、アムステルダムで作りためていたトラック。
2018年、そのトラックに吹こうと思った。
江戸時代、舶来物のベロ藍を得た北斎を意識したのか。
Jazzのセオリー、Blueをイメージしたのかもしれない。
自作曲「瀬戸内ブルー」もあったかもしれない。
ともかくこのタイミング。青のグラデーション。(メーカーインフォより)





●TOSHINORI KONDO / TSUNAMI AQUARIUM IN FUKUSHIMA / TKRecording / TKC-5 / 4582237842425 / CD / 2,700円(税込)

マキシ・ケース仕様

画家・黒田征太郎とのライブペインティング音源集

『近ちゃん、やろうよ』
画家・黒田征太郎と近藤等則は30年以上にわたり、数々のライブペインティングを共にしてきた。黒田の気さくな誘いに二つ返事で答えてきた近藤。
2012年の春先、営業を再開したいわき市の”水族館アクアマリンふくしま”でのライブペインティング音源を収録。

落ち着いたトランペットのソロから始まる#1「In the Water」は深い静寂をもたらす。気配だけを感じる空間にワープする。
いつのまにか鳴っているバックトラック、一体化した音色。このトーンは#4「Clear Sky」まで続く。
一転して#5「The Black Current」はアップテンポにハードなフレーズが重なる。近藤が鳴らすトランペットとトラックが付かず離れず絡み合う。ここでもワープした先、ガラス一枚の向こうに隔たれた感覚は続いている。
#6「Cherry Pink & Apple Blossom White」は淡い光が差し込んでくるよう。
#7「Cosmic Aqua」が終わると、静けさが残る。心地良い余韻に包まれる。

ひとりでこのアルバムを聴いていると、これまでの出来事や周りの状況に親近感を覚えます。
孤独や断絶、隔離された状態は辛いものだと思っていた。
けれど、そこに静けさがあれば。あながち悪くはないなと思えて。ちょっと元気が出るアルバムです。 (メーカーインフォより)





●BOB JAMES / In the Chapel in the Moonlight / Tappan Zee / 5638968873 / 0098867225322 / CD / 2,916円(税込)

※デジパック
ジャズ巨人のピアニスト・ボブ・ジェームスと、クラシック界でフルーティストとして活躍するナンシー・スタッグニッタとのデュオ、2017年作品がリリース!!

■ボブ・ジェームス(p.)
ナンシー・スタッグニッタ(Fl)

01Dancing on the Water
02Air Apparent
03J. S. Bop
04Quadrille
05Heartstorm
06Smile
07The Bad & the Beautiful
08Iridescence
09Bijou / Scrapple from the Chapel
10Odyssey
11In the Chapel in the Moonlight
12Angela





●FREDDIE HUBBARD / Artistry of Freddie Hubbard(LP) / DOWN AT DAWN / DAD108 / 0889397001087
/ LP / 2,376円(税込)

オリジナルは1962年リリース!! 若き日の フレディ・ハバード の爆発的なハード・バップがたのりめる名盤がリイシュー!!! カーティス・フラー、ジョン・ギルモア、トミー・フラナガン、アート、デビスとの競演がたのしめます。

■Bass – Art Davis
Drums – Louis Hayes
Piano – Tommy Flanagan
Tenor Saxophone – John Gilmore
Trombone – Curtis Fuller
Trumpet – Freddie Hubbard

ソングリスト
1 CARAVAN
2 BOB'S PLACE
3 HAPPY TIMES
4 SUMMERTIME
5 THE 7TH DAY





●BILLIE HOLIDAY / Lady Day(LP/140g) / DOWN AT DAWN / DAD117 / 0889397001179 / LP / 1,944円(税込)

※LP/140g
“ジャズ・ヴォーカルの女王”ビリー・ホリデイの1954年リリースの人気作品が、今回お買い得プライスにてリイシュー!! 名曲ぞろい&ベニー・グッドマン、テディ・ウィルソンといった名プレイヤーとの競演にも注目!!

■A1
Clarinet – Benny Goodman
Double Bass – John Kirby
Drums – Cozy Cole
Guitar – John Truehart
Piano – Teddy Wilson
Tenor Saxophone – Ben Webster
Trumpet – Roy Eldridge

A2
Clarinet – Benny Goodman
Double Bass – John Kirby
Drums – Cozy Cole
Guitar – John Truehart
Piano – Teddy Wilson
Tenor Saxophone – Ben Webster
Trumpet – Roy Eldridge

A3
Clarinet – Benny Goodman
Double Bass – John Kirby
Drums – Cozy Cole
Guitar – John Truehart
Piano – Teddy Wilson
Tenor Saxophone – Ben Webster
Trumpet – Roy Eldridge

A4
Guitar – Dave Barbour
Tenor Saxophone – Chu Berry
Trombone – Benny Morton

A5
Clarinet – Art Shaw
Double Bass – Pete Peterson
Drums – Cozy Cole
Guitar – Dick McDonough
Piano – Joe Bushkin
Trumpet – Bunny Berigan

A6
Clarinet – Art Shaw
Double Bass – Pete Peterson
Drums – Cozy Cole
Guitar – Dick McDonough
Piano – Joe Bushkin
Trumpet – Bunny Berigan

B1
Clarinet – Benny Goodman
Double Bass – Walter Page
Drums – Jo Jones
Guitar – Freddie Green
Piano – Teddy Wilson
Tenor Saxophone – Lester Young
Trumpet – Buck Clayton

B2
Clarinet – Buster Bailey
Double Bass – Walter Page
Drums – Jo Jones
Guitar – Freddie Green
Piano – Teddy Wilson
Tenor Saxophone – Lester Young
Trumpet – Buck Clayton

B3
Clarinet – Buster Bailey
Double Bass – Walter Page
Drums – Jo Jones
Guitar – Freddie Green
Piano – Teddy Wilson
Tenor Saxophone – Lester Young
Trumpet – Buck Clayton

B4
Clarinet – Ed Hall
Double Bass – Walter Page
Drums – Jo Jones
Guitar – Freddie Green
Piano – Jimmy Sherman
Tenor Saxophone – Lester Young
Trumpet – Buck Clayton

B5
Clarinet – Ed Hall
Double Bass – Walter Page
Drums – Jo Jones
Guitar – Freddie Green
Piano – Jimmy Sherman
Tenor Saxophone – Lester Young
Trumpet – Buck Clayton

B6
Alto Saxophone – Johnny Hodges
Baritone Saxophone – Harry Carney
Double Bass – John Kirby
Drums – Cozy Cole
Guitar – Lawrence Lucie
Piano – Teddy Wilson
Trumpet – Jonah Jones





●MOONDOG / Snaketime Series(LP) / WAX LOVE / WLV82091 / 8592735007949 / LP / 1,836円(税込)

※LP / 500枚限定
NYストリート界の巨人ムーンドッグが1956年にリリースした「Snaketime Series」がアナログ盤でリイシュー。
チャカポコと叩かれるパーカッションに民謡と室内楽が合わさったような響きは今なお新鮮に聴ける名作。
お求めやすい値段も嬉しいところ。

01Caribea
02Lullaby
032Tree Trail
04Death
05Big Cat
06Frog Bog
07To A Sea Horse
08Dance Rehearsal
09Surf Session, Part 1
10Surf Session, Part 2
11Surf Session, Part 3
12"Trees against the sky,"
13Tap Dance
14Oo Debut
15Drum Suite
16Street Scene





●ENZO PIETROPAOLI / Princess(LP/180g) / FONE JAZZ / LP116 / 8012871011612 / LP / 5,400円(税込)

※LP/180g
1951年生まれのベテランベーシスト、PIETROPAOLIを中心としたトリオ編成による2018年作品が重量盤LPでもリリース!!! エンリコ・ピエラヌンツィ、エンリコ・ラバ、パオロ・フレスといったミュージシャンや、晩年のチェット・ベイカーと共演したことで評判と名声を得たベーシスト、エンツォ・ピエトロパオーリ。彼の2018年作品は、新鋭ジュリアン・オリヴィエ・マッツァリエロのピアノをフィーチャーしたピアノトリオ作品。
オリジナルの他に、ジョン・レノン、ボブ・ディラン、ピーター・ガブリエル、ニール・ヤング、ブライアン・ウィルソンらロック界のスーパースターのナンバーをジャズ化したものが収録されています。

■Enzo Pietropaoli (b)
Julian Oliver Mazzariello (p)
Alessandro Paternesi (ds)

ソングリスト
1 JEALOUS GUY ( John Lennon )
2 A HARD RAIN'S A GONNA FALL ( Bob Dylan )
3 NIGHT AND DAY ( Cole Porter )
4 SCALENO BEAT ( Enzo Pietropaoli )
5 FATHER SON ( Peter Gabriel )
6 THE PRINCESS ( Enzo Pietropaoli )
7 SUPEREROA ( Enzo Pietropaoli )
8 PHILADELPHIA ( Neil Young )
9 GOD ONLY KNOWS ( Brian Wilson )





●#11 / SHARP ELEVEN / #11 / SE-1 / 4532813842110 / CD / 2,376円(税込)

ヨーロピアンテイストが散りばめられた抒情的なメロディ、4ビートからドラムンベースまで高次元に昇華されたキャッチーなコンテンポラリーサウンド。日本xイタリア混成カルテット"#11"デビュー!!

日本に拠点を置きつつ日欧で活躍するイタリア人Fabio Bottazzo(guitar)、それぞれヨーロッパのミュージシャンとの共演が多い木村秀子(piano)土村和史(bass)嘉本信一郎(drums)から成る日伊混成カルテット「#11」。2012年の結成以来、毎年ツアーを続けてサウンドを確立してきた盤石のアンサンブルによる#11のデビュー盤「Sharp Eleven」がここに完成した。メンバー全員が曲を書き、ジャズをベースにしつつロックやエスニックなどのテイストを持つ多様なオリジナル曲が特徴。このアルバムでもイタリアの偉大な作曲家ニーノ・ロータに捧げた2、北欧色が強い➀&7、歪んだ音色と激しいビートが異彩を放つ3、アフリカと現代ジャズが融合した4、ファンキーな6&8と様々な楽曲が並ぶ。バラエティー豊かな楽曲群に統一感を与えているのがコンテンポラリーなサウンドと随所に散りばめられたヨーロッパを感じる抒情的なメロディだ。肩ひじ張らずに最後まで楽しんで聴けるアルバムに仕上がっている。(メーカインフォより)

#11:Fabio Bottazzo(electric guitar)木村秀子(piano, djembe)土村和史(acoustic&electric bass)嘉本信一郎(drums, percussions)

ソングリスト
1My Signature
2Remembering Nino
3Sharp 11
4Nuvole Africane
5Pottery Sings
6Funky Personnel
7Nobmber Song
8Yokohama Mainstream





●上野香織 / デスティネーションズ / KUR1402 / 4589518610988 / CD / 4,536円(税込)

ニューヨークで2作目となる作品を録音。オリジナル曲を中心にストレートなハード・バップを展開。

【PERSONNEL】
上野香織(pf)
Shareef Clayton(tp)
Chad-Lefkowitz Brown(tenor and soprano sax)
Noah jackson(bass)
Darrian Douglas (drums)

ソングリスト
1Swingin' At The Heaven
2Sky Blue
3Swimming Baby
4Destinations
5Cold Desert
6Snowman's Dance
7It Never Entered My Mind
8L





●永井隆雄 / アトモスフェア / CORE PRIME / CPM004 / 4580068150023 / CD / 2,880円(税込)

パッション溢れるダイナミックなソロ!日本を代表する佐藤達哉(sax)をフューチャーしたスタンダード、コンテンポラリージャズの名曲カバーアルバム。
(帯より)

■永井隆雄(piano, Fender rhodes)
佐藤達哉(sax)
畠山芳幸(Bass)
海老沢幸二(Drums)

ソングリスト
01Oriental Folk Song
02Chameleon
03Blue Bossa
04You Stepped Out Of A Dream
05El Nino
06Good Morning Heartache
07Teo
08Eiderdown
09Criss Cross
10Blues On The Corner





●秋山明美 / 8ペタルス / Studio A / SAMJ-18001 / 4524505339886 / CD / 2,000円(税込)

恋のうた、愛のうた、情熱のうた、人生のうた8曲を8つの花びらにたとえて…
秋山明美1stアルバム『8 Petals(8ペタルス)』

ソングリスト
1 You And Night And Music
2 The Nearness of You
3 Afro Blue
4 Everything Must Change
5 Just In Time
6 Spring Can Really Hang You Up The Most
7 If I Should Lose You
8 Fragile





●デイヴ・オ・ヒギンズ / テナーズ・オブ・アワ・タイム / ALBORE JAZZ/ ALBCD035 / 4560312310359 / CD / 2,160円(税込)

是非試聴してみてください!!
オルガン・トリオに熱いバップ魂の組み合わせがカッコイイのなんの・・・
英国の人気サックス奏者デイブ・オヒギンズのオルガン・トリオにイタリアを代表するテナー奏者マックス・イオナータが参加した1作。
このオルガン・トリオに熱いバップ魂の組み合わせがカッコイイのなんの・・・
ハード・バップやワン・ホーン好きな方で「食わず嫌いってわけじゃないけど、オルガン・トリオってあまり聴かないな・・・」という方にも、いや、という方にこそ!!聴いて頂きたい男気あるストレート・アヘッドな演奏とクルーネスが同居したジャズの旨味が香る素晴らしい1作。
スウィンギーなドラムスとオルガンの涼しげでクールな音色にノセて2管で吹くわ吹くわ・・・もちろんオルガンもガンガンにソロを取るのでオルガン・ファンも聴き逃せませんよ。
ここからオルガンの深~い世界にハマってしまいそうです・・・文句なしに全曲カッコイイ!!

30年以上のキャリアを誇り、近年はマット・ビアンコのメンバーとしても活躍する英国紳士デイヴ・オ・ヒギンズ(ts)率いるオルガン・トリオに、イタリアの伊達男マックス・イオナータ(ts)が全面ゲスト参加した、双頭テナーによるハードバップ・プロジェクト。
サポートは、「ノスタルジア77オクテット」のロス・スタンレー(org)、そしてNY在住のルーカ・サンタニエッロ(ds)。

ソングリスト
01Fourplay (James Williams)
02Satosong (Max Ionata)
03Lady Face (Dave O’Higgins)
04Donna (Gorni Kramer)
05Medication (Dave O’Higgins)
06Song for Cape Town (Dave O’Higgins)
07The Eternal Triangle (Sonny Stitt)
08The Enigma of the Day (Dave O’Higgins)
09You’re Nicked (Dave O’Higgins)
10Rainy Day (Max Ionata)





●ONE LESS QUARTET / Family Portrait / DODICILUNE / ED407 / 8033309694078 / CD / 2,268円(税込)

※デジパック
イタリアのカルテット”One Less Quartet”の2018年デビューアルバム。祝祭的、地中海といった身近な土地柄からにじみ出るテイスト、ストーリー性に富んだピクチュラルな楽曲などなど、注目すべきところが満載です。ファブリッジオ・ボッソ(3曲)とトロンボーンのマッシモ・モーガンティ(2曲)がゲストで参加しています。

■Edoardo Petracci (ac-b/el-b)
Sabatino Matteucci (ss/as/ts)
Massimo Saccutelli (p/rhodes)
Luca Cingolani (ds)
Guest: Fabrizio Bosso (tp #3,8,10)
Massimo Morganti (tb #7,8)

ソングリスト
01Family Portrait
02Infinito
03Partenze
04Intimita
05Nastine
06Teratango
07Prospettive Diverse
08Don Carluccio
09Via Virgilio
10Doppia Faccia
11Dolce Sentire





●WALTER PRATI / Close Your Eyes Open Your Mind / DODICILUNE / ED401 / 8033309694078 / CD / 2,268円(税込)

イタリアの作曲家、WALTER PRATI の2018年作品がリリース!!

■Walter Prati(el-b/el-cello etc...)
Sergio Armaroli(perc/electronics etc...)

ソングリスト
1 Close Is A Mistery Of Pain
2 Eyes The End Of The Arm
3 Open An Acting Or Voice
4 Your In Honor Of Saints
5 Mind Dance For Joy





●ENRICO INTRA / Gregoriani & Spirituals / ALFA MUSIC / AFMCD208 / 8032050018133
/ CD / 2,376円(税込)

イタリアの巨匠と賞賛されているピアニスト、エンリコ・イントラによる2018年作品がリリース!!

■Arranger: Enrico Intra
Author: Traditional
Composer: Traditional
Featured Artist: Yoice Elaine Yuille
Featured Artist: Stefano Proietti
Featured Artist: Matteo Bortone
Featured Artist: Stefano Tamborrino
Music Publisher: Alfa Music Studio

ソングリスト
01A Holy Day for Us (feat. Yoice Elaine Yuille, Marcella Carboni, Matteo Bortone, Stefano Tamborrino)
02Wade in the Water (feat. Yoice Elaine Yuille, Stefano Proietti, Matteo Bortone, Stefano Tamborrino)
03Gillo (feat. Matteo Bortone, Stefano Tamborrino)
04Morning Star (feat. Yoice Elaine Yuille, Marcella Carboni, Matteo Bortone)
05This Little Light of Mine (feat. Yoice Elaine Yuille, Stefano Proietti, Matteo Bortone, Stefano Tamborrino)
06Scherzo (feat. Matteo Bortone, Stefano Tamborrino) [Da Anbahnen]
07Sometimes I Feel Like a Motherless Child (feat. Yoice Elaine Yuille)
08Per Elena (feat. Marcella Carboni)
09Gomme (feat. Matteo Bortone, Stefano Tamborrino)
10The New Born (feat. Yoice Elaine Yuille, Marcella Carboni, Matteo Bortone, Stefano Tamborrino)
11Non solo Be Bop (feat. Matteo Bortone, Stefano Tamborrino)
12Amazing Grace (feat. Yoice Elaine Yuille, Marcella Carboni, Stefano Proietti, Mattia Bortone, Stefano Tamborrino)
13Ode to Thee (feat. Yoice Elaine Yuille, Marcella Carboni, Matteo Bortone)
14Intrannias (feat. Gavino Murgia, Tenore Goine di Nuoro)





●GABRIELE MIRABASSI/CRISTINA RENZETTI/TAUFIC / AGRESTE (ITA) / 3573533 / 8058333573533 / CD / 2,376円(税込)

GABRIELE MIRABASSI (cl)
CRISTINA RENZETTI (vo)
ROBERTO TAUFIC (g)

1 Desenredo
2 Estrela Da Terra
3 Fruta Boa
4 Monti Di Mola
5 Romaria
6 Cio Da Terra Feat. Elena Ledda
7 Mare Maje
8 Disparada
9 Morro Velho
10 Saci
11 Viver Na Fazenda





●GARY GUTHMAN / Salute to Swing!(2CD) / SOLITON / SL8022 / 5901571098029 / CD / 3,780円(税込)

ストレートアヘッドでオーソドックスなトランペットが冴える、往年のファンも楽しめるスインギーな好盤。

■Gary Guthman(tp) & his Orchestra

ソングリスト
Disc 1
01Air Mail Special
02And The Angels Sing
03Benny Goodman Medley
04Cherokee
05Duke Elington Medley
06Harry James Medley
07Hey-Bop-A-Re-Bop
08King Porter Stomp
09Sing, Sing, Sing
10Tico Tico
Disc 2
01Love Talk
02Staradust
03Bye Bye Blackbird
04Some Gets In Your Eyes
05Lush Life
06Shiny Stockings
07(Bye The) Sleepy Lagoon
08Besame Mucho
09Forever You
10Stars Fell On Alabama



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD&LP】 11/30, 12/1, 2 新入荷一覧! その1 



●DAVE DOUGLAS / Brazen Heart Live at Jazz Standard Complete / GREENLEAF MUSIC / US / GRLF1046 / 0186980000466 / 8CD / 6,480円(税込)

デイヴ・ダグラス・クインテットの、ニューヨークのジャズ・スタンダード(ジャズクラブ)に於いてのライブ収録盤がリリース。

■Dave Douglas - trumpet and compositions
Jon Irabagon - saxophones
Matt Mitchell - piano
Linda Oh - bass
Rudy Royston - drums

The Dave Douglas Quintet finishes their extensive Brazen Heart tour with a four night run at the Jazz Standard November 19-22, 2015. This 8-set recording features Jon Irabagon (saxophone), Matt Mitchell (piano), Linda May Han Oh (bass) and Rudy Royston (drums). The group delivers a roller-coaster ride of complex harmonic and rhythmic structures, veering between fierce and soulful. Memorable versions of their entire repertoire, by a band at the height of its powers.

Now on CD for the first time, this music is available as a complete set (8 CDs) or individual nights (2CDs), all featuring repertoire from the band’s three acclaimed studio albums Be Still (2012), Time Travel (2013) and Brazen Heart (2015).

"Douglas' quintet ... is one of the best working groups in jazz. In recent years, Douglas' unflagging intellectual curiosity has led to the creation of a diverse body of work.... His quintet, however, represents a creative pinnacle." Michael Hamad, Hartford Courant

“… these players have developed a vital shorthand, a band dialect … a high bar for chemistry.” New York Times

Recorded live at Jazz Standard NYC
November 19-22, 2015

Producer: Dave Douglas
Recorded and mixed by Tyler McDiarmid and Geoff Countryman
With assistance from David Stoller

Package design and photographs by Russell Moore
With assistance from Robyn Kent


1. Hawaiian Punch (Thursday) 07:40
2. Miracle Gro (Thursday) 13:39
3. Barbara Allen (Thursday) 06:35
4. Lone Wolf (Thursday) 07:26
5. Going Somewhere With You (Thursday) 15:47
6. There Is A Balm In Gilead (Thursday) 08:10
7. Law of Historical Memory (Thursday) 06:00
8. Ocean Spray (Thursday) 10:17
9. Time Travel (Thursday) 06:51
10. Pyrrhic Apology (Thursday) 09:50
11. Inure Phase (Thursday) 08:30
12. My Cares Are Down Below / The Pigeon And The Pie (Thursday) 15:40
13. Deep River (Thursday) 06:14
14. Hawaiian Punch (Friday) 07:30
15. Little Feet (Friday) 14:25
16. Wake Up Claire (Friday) 05:59
17. Be Still My Soul (Friday) 07:28
18. Brazen Heart (Friday) 15:20
19. Whither Must I Wander? (Friday) 07:05
20. Beware of Doug (Friday) 09:16
21. Bridge to Nowhere (Friday) 16:48
22. Variable Current (Friday) 06:17
23. This Is My Father's World (Friday) 08:25
24. One Morning (Friday) 09:32
25. Middle March (Friday) 10:25
26. God Be With You Til We Meet Again (Friday) 08:01
27. Hawaiian Punch (Saturday) 08:32
28. Time Travel (Saturday) 09:50
29. Be Still My Soul (Saturday) 09:26
30. Brazen Heart (Saturday) 14:57
31. Whither Must I Wander? (Saturday) 11:19
32. Lone Wolf (Saturday) 09:36
33. Garden State (Saturday) 09:53
34. Miracle Gro (Saturday) 17:01
35. Barbara Allen (Saturday) 09:41
36. Inure Phase (Saturday) 10:07
37. Little Feet (Saturday) 18:17
38. Law of Historical Memory (Sunday) 08:18
39. Ocean Spray (Sunday) 09:18
40. This Is My Father's World (Sunday) 08:41
41. Variable Current (Sunday) 06:17
42. My Cares Are Down Below / The Pigeon And The Pie (Sunday) 21:35
43. There Is A Balm In Gilead (Sunday) 08:14
44. Bridge to Nowhere (Sunday) 23:26
45. Deep River (Sunday) 07:51
46. Wake Up Claire (Sunday) 07:56
47. Going Somewhere With You (Sunday) 14:41
48. God Be With You Till We Meet Again (Sunday) 08:48





●DAVE DOUGLAS / Brazen Heart Live at Jazz Standard Sunday / GREENLEAF MUSIC / US / GRLF1067 / 0186980000671 / CD / 2,160円(税込)

デイヴ・ダグラス・クインテットの、ニューヨークのジャズ・スタンダード(ジャズクラブ)に於いてのライブ収録盤がリリース。

■Dave Douglas - trumpet and compositions
Jon Irabagon - saxophones
Matt Mitchell - piano
Linda Oh - bass
Rudy Royston - drums

ソングリスト
1. Law of Historical Memory (Sunday) 08:18
2. Ocean Spray (Sunday) 09:18
3. This Is My Father's World (Sunday) 08:41
4. Variable Current (Sunday) 06:17
5. My Cares Are Down Below / The Pigeon And The Pie (Sunday) 21:35
6. There Is A Balm In Gilead (Sunday) 08:14
7. Bridge to Nowhere (Sunday) 23:26
8. Deep River (Sunday) 07:51
9. Wake Up Claire (Sunday) 07:56
10. Going Somewhere With You (Sunday) 14:41
11. God Be With You Till We Meet Again (Sunday) 08:48





●DAVE DOUGLAS / Brazen Heart Live at Jazz Standard Friday / GREENLEAF MUSIC / US / GRLF1062 / 0186980000626 / CD / 2,160円(税込)

デイヴ・ダグラス・クインテットの、ニューヨークのジャズ・スタンダード(ジャズクラブ)に於いてのライブ収録盤がリリース。

■Dave Douglas - trumpet and compositions
Jon Irabagon - saxophones
Matt Mitchell - piano
Linda Oh - bass
Rudy Royston - drums

1. Hawaiian Punch (Friday) 07:30
2. Little Feet (Friday) 14:25
3. Wake Up Claire (Friday) 05:59
4. Be Still My Soul (Friday) 07:28
5. Brazen Heart (Friday) 15:20
6. Whither Must I Wander? (Friday) 07:05
7. Beware of Doug (Friday) 09:16
8. Bridge to Nowhere (Friday) 16:48
9. Variable Current (Friday) 06:17
10. This Is My Father's World (Friday) 08:25
11. One Morning (Friday) 09:32
12. Middle March (Friday) 10:25
13. God Be With You Til We Meet Again (Friday) 08:01





●DAVE DOUGLAS / Brazen Heart Live at Jazz Standard Thursday / GREENLEAF MUSIC / US / GRLF1066 / 0186980000664 / CD / 2,160円(税込)

デイヴ・ダグラス・クインテットの、ニューヨークのジャズ・スタンダード(ジャズクラブ)に於いてのライブ収録盤がリリース。

■Dave Douglas - trumpet and compositions
Jon Irabagon - saxophones
Matt Mitchell - piano
Linda Oh - bass
Rudy Royston - drums


1. Hawaiian Punch (Thursday) 07:40
2. Miracle Gro (Thursday) 13:39
3. Barbara Allen (Thursday) 06:35
4. Lone Wolf (Thursday) 07:26
5. Going Somewhere With You (Thursday) 15:47
6. There Is A Balm In Gilead (Thursday) 08:10
7. Law of Historical Memory (Thursday) 06:00
8. Ocean Spray (Thursday) 10:17
9. Time Travel (Thursday) 06:51
10. Pyrrhic Apology (Thursday) 09:50
11. Inure Phase (Thursday) 08:30
12. My Cares Are Down Below / The Pigeon And The Pie (Thursday) 15:40
13. Deep River (Thursday) 06:14





●Brandon Seabrook Trio / Convulsionaries / Astral Spirits / AS076 / 2299990619959
/ CD / 3,240円(税込)

First pressing of 200 glass mastered CD's in a sleek wallet with signature AS design from Jaime Zuverza.

Brandon Seabrook - Guitar
Henry Fraser - Double Bass
Daniel Levin - Cello

Recorded, Mixed, and Mastered by Colin Marston at Menegroth, The Thousand Caves October 2017.

All Songs Brandon Seabrook BMI

1.Bovicidal 05:28
2.Groping at a Breakthrough 06:34
3.Crux Accumulator 05:06
4.Vulgar Mortals 08:46
5.Qorikancha 06:47
6.Mega Faunatic 09:40





●Brandon Seabrook / Die Trommel Fatale / New Atlantis Records / NACD050 / 0616892480143
/ CD / 3,240円(税込)

"...it passes you through a gantlet of anxiety promising you little more than cataclysm at the other end" - NY Times

"Seabrook's highly controlled manic concoction refines all parts into a disciplined collage" - Downbeat Magazine

Brandon Seabrook - Guitar
Chuck Bettis - Voice/Electronics
Dave Treut - Drums
Sam Ospovat - Drums
Markia Hughes - Cello
Eivind Opsvik- Bass

Recorded, Mixed and Mastered by Colin Marston at Menegroth, The Thousand Caves July-October 2016.

1.Clangorous Vistas 02:30
2.Emotional Cleavage 05:58
3.Abccessed Pettifogger 03:18
4.Shamans Never R.S.V.P. 06:56
5.Litany of Turncoats 00:55
6.The Greatest Bile Pt. 1 04:48
7.The Greatest Bile Pt. 2 05:38
8.Rhizomatic 03:54
9.Quickstep Grotesquerie 03:49
10.Beautiful Flowers 02:41





●Brandon Seabrook / Sylphid Vitalizers / New Atlantis Records / NACD021 / 0616892230649
/ CD / 3,240円(税込)

“Sylphid Vitalizers” recreates the density of the 1920's banjo orchestras leaving behind the diatonic harmonies, trading them for thickly overdubbed passages of accelerated tremoloing, percussive strumming and bowing. Utilizing studio layering, nothing is sped up or looped all of the material is played in real time to the incessant thrash of a click track. Flashes of improvisation and a pummeling vintage drum machine give a startling counterpoint to this study in density. Tiny Mix Tapes noted “the tension here resembles that of string ensembles stretched to the absolute snapping point”.

"Intensely wired and seizure-inducing, Sylphid Vitalizers combines the insane thrash of Slayer’s Reign in Blood and the dissonance of Branca’s The Ascension with the mid-80’s skronk of SY, in the meantime transforming an instrument identifiable with country, bluegrass, folk and cathartic back porch settings, into a terror-inducing Black and Decker power drill." -SPIN

Brandon Seabrook: Electric Guitars, Tenor Banjo
Dr. Vitalizer: Drum Programing

Recorded, Mixed and Mastered by Colin Marston at Menegroth, The Thousand Caves July - October 2013

1.Ballad of Newfangled Vicissitudes 06:16
2.Selfodomized Poltergeists 07:07
3.Mucoidal Woolgathering 06:53
4.Cabeza Spasms and Aural Championships 09:26
5.Lurid Clusters 04:27





●PAM BRENNAN / Moonglow / EVERLAND JAZZ / PAMB0011 / 0888295764452 / CD / 2,592円(税込)

※ペーパースリーブ
これまでに数作のリリースがあったものの現状では入手困難になり、唯一彼女の歌声を楽しめる2018年新作。
アメリカ本国でも派手な活動は行っていないものの、耳馴染みのスタンダード作品を、少し掠れたような歌声で情感たっぷりに歌い上げます。幽かな響きで何ともいえない奥深ささえ感じさせる、ヴォーカル ・ ファンには見逃せない注目盤です。(新譜案内より)

■メンバー :
Pam Brennan(voc)
Ron Affif(g)
Ken Ascher(p)
Tom Kirschner(b)
Tony Tedesco(ds)

ソングリスト
01Old Devil Moon 4:12
02I Hear Music 3:17
03Lazy Afternoon 3:11
04I Can't Give You Anything but Love 2:30
05Let's Get Lost 2:47
06It's Alright with Me 3:17
07Moonglow 3:06
08I've Got a Crush on You 4:18
09Just One of Those Things 2:47
10All of You 3:22
11Make Someone Happy 3:59





●CHAMPIAN FULTON / Stylings Of Champian(2CD) / CR002 / 0888295821773 / CD / 3,024円(税込)

※2CD
ヴォーカリストとして高い評価を得るチャンピアン・フルトンの10枚目のアルバムがリリース。

■Hide Tanaka - bass
Fukushi Tainaka - drums
Stephen Fulton - flugelhorn

ソングリスト
Disc 1
1Day by Day
2Lollipops and Roses
3I Only Have Eyes for You
4Blues Etude
5I Didn’t Know What Time It Was
6Rodeo
7Darn That Dream
8Too Marvelous for Words
9Body and Soul
Disc 2
1Isn’t It a Lovely Day
2You’d Be So Nice to Come Home To
3Martha’s Prize
4Lonesome and Sorry
5All the Things You Are





●SIMONE KOPMAJER / Spotlight On Jazz / LUCKY MOJO RECORDS / SK2018 / 9120045196672 / CD / 2,484円(税込)
●SIMONE KOPMAJER / Spotlight On Jazz / LUCKY MOJO RECORDS / SKLP2018 / 7071750180062 / LP / 3,348円(税込)

※デジパック
※LP
オーストリアの人気女性ヴォーカリスト、シモーネ・コップマイヤーの2018年リリース作品。
彼女の魅力であるナチュラルな心地よさは本作でも健在、大人の王道女性ヴォーカル作品に仕上がっています。

■Simone Kopmajer (vo)

Terry Myers (ts,cl)
Paul Urbanek (p,key)
Martin Spitzer (g)
Karl Sayer (b)
Reinhardt Winkler (ds)

ソングリスト
01 Spotlights
02 Pennies From Heaven
03 You Don ́T Call Me
04 Mighty Tender Love
05 Poinciana
06 Dig That Riff
07 Remember Jeannie
08 Struttin ́ With Some Barbecue
09 Exactly Like You
10 A Gift From Buddy
11 Stompin ́ At The Savoy
12 We ́Re Goin ́ In
13 Mood Indigo
14 Dig That (Remix)





●JERI SOUTHERN / Warm Singins Style Of Jeri Southern The Complete Roulette & Capitol Recordings(3CD) / FRESH SOUND / FSRCD833 / 8427328608336 / CD / 4,536円(税込)

2018年デジパックに変更して再発。

フレッシュ・サウンドが、またしてもボーカル・ファン垂涎のボックス・セットをリリースしました。「THE WARM SINGING STYLE OF JERI SOUTHERN - THE COMPLETE DECCA YEARS」(Fresh Sound FSRCD795)に続き、今度は「THE COMPLETE ROULETTE & CAPITOL RECORDINGS」の登場です。ジェリ・サザンの歌声にはさらに艶やかさと華やかさが増し、コンボ伴奏でもオーケストラ伴奏でも絶好調。現在の歌手でいうとダイアナ・クラールに通じる魅力に、今回も多くのボーカル好きがノックアウトされることでしょう。ボーナス・トラックとして未アルバム化のシングル曲、テレビ出演時のパフォーマンスも収録。伝説の歌姫、ジェリ・サザンのすべてがここにあります。 (jazzyellより)

■Jeri Southern(vo), Lennie Hayton(cond), Sy Oliver(arr), Marty Paich(arr), Don Fegerquist(tp), Bob Enevoldsen(vtb), Herb Geller(as), George Auld(ts), Mel Lewis(ds), Johhny Smith(g), Billy May(cond) Roulette and Capital labels released on albums and singles between 1957-1959 & 4 tracks recorded by the singer during two of her appearences in the TV show Stars of Jazz. Album:「Coffee, Cigarettes and Memories」「Southern Breeze」「Meets Johnny Smith」「Meets Cole Porter」「At the Crescendo」





●JERI SOUTHERN / The Warm Singing Style Of Jeri Southern: The Complete Decca Years 1951-1957(5CD) / FRESH SOUND / FSRCD795 / 8427328607957 / CD / 7,560円(税込)

2018年デジパック仕様で再発。

※24 Bit Digitally Remastered Stereo Recordings & 40 page booklet.
DECCA時代のジェリ・サザン全て、この5枚組ボックスに網羅。世界初のドリームボックス!
収録112曲全24ビットリマスター(72曲は6枚のアルバム、40曲はシングルから)デジパック2枚組CD2セット+デジパック1枚CDとバイオグラフィー、ディスコグラフィー、写真満載の40頁ブックレットを、豪華ボックスに収納。

語りかけるような歌声と、滑らかなピアノ・スタイルで不動の人気を誇るジェリ・サザン。その暖かなフィーリングは、どこかダイアナ・クラールを思い起こさせます。この5枚組CDは、彼女が残した名盤「Warm, Intimate Songs in the Jeri Southern Style、「The Southern Style、「You Better Go Now」、「When Your Heart's On Fire」、「Jeri Gently Jumps」、「Prelude to a Kiss」、「Southern Hospitality」を軸に、貴重なアルバム未収録曲も加えた文字通りのスペシャル・ボックス・セット。ここに、絶頂期のサザンのすべてが網羅されているといっても過言ではありません。コンボからオーケストラまで、充実した伴奏陣にも注目です。 (jazzyellより)

■Jeri Southern(vo), Camarata(cond), Sy Oliver(cond), Sal Guide(p), George Barnes(g), George Duvivier(b), Rudy Traylor(ds), Victor Young(cond), Norman Leyden(cond), Lew Douglas(cond), Sonny Burke(cond), Frank Merriweather (aka. Billy May)(cond), Ralph Burns(cond), Pete Rugolo(cond), Gus Levene(cond), Recorded in 1951-1957. Sources: Decca 10-inch album「Warm, Intimate Songs in the Jeri Southern Style」(DL-5531) / Decca 12-inch albums「The Southern Style」(DL-8055) / 「You Better Go Now」(You Better Go Now) / 「When Your Heart's On Fire」(DL-9394) / 「Jeri Gently Jumps」(DL-8472) / 「Prelude to a Kiss」(DL-8745) / 「Southern Hospitality」(DL-8761).

CD1) 1.You Better Go Now 2.Baby Did You Hear? 3.Give Me Time 4.I Thought Of You Last Night 5.What Good Am I Without You 6.Something I Dreamed Last Night 7.A Mighty Pretty Waltz 8.When I Fall In Love 9.Call Me Tonight 10.Forgive And Forget 他全24曲

CD2) 1.Who Can I Turn To 2.All In Fun 3.Ev'rytime We Say Goodbye 4.Mad About The Boy 5.Joey 6.The Man That Got Away 7.Little Boy Grown Tall 8.Remind Me 9.The Gypsy In My Soul 10.One Day I Wrote His Name Upon The Sand 他全23曲

CD3) 1.(You Gotta Get) A Lot Of Livin' Out-A Life 2.I Won't Be Around Anymore 3.What Do You See in Her 4.An Occasional Man 5.Kiss And Run 6.Where Walks My True Love 7.Don't Explain 8.Who Am I To Say 9.I'm Gonna Try Me Some Love 他全21曲

CD4) 1.Little Girl Blue 2.My Ship 3.You're Driving Me Crazy (What Did I Do) 4.Autumn in New York 5.Let Me Love You 6.You Make Me Feel So Young 他全24曲

CD5) 1.You Walked Out 2.You're Gonna Flip Mom 3.Hold Me 4.Please Be Kind 5.Trust In Me 他全20曲





●PAUL MOER / Amazing Piano Of Paul Moer Complete Trio Sessions 1957-1991(2CD) / FRESH SOUND / FSRCD972 / 8427328609722 / CD / 3,132円(税込)

※2CD
西海岸を代表する名ピアニストポール・モアーの1957年~1991年の間に録音したピアノ・トリオ作品を2枚のCDにまとめてリリース!

Personnel:
Paul Moer (p),
Paul Chambers, Jimmy Bond, John Heard (b),
Philly Joe Jones, Frank Butler, Maurice Miller, Lawrence Marable (d)

ソングリスト
Disc 1
01Neat Foot
02Short Politician
03Moer or Les
04I Love Paris
05To a Folk Song
06Mary Ann
07Azure Blues
08Cute
09We’ll Be Together Again
10Our Waltz
11Untitled Melody
12Bob Keene introduces the trio
13Things Ain’t What They Used to Be
14Shop-a-Doddle-Op
15Stay Even
16Sunset
17Tall Polynesian
18Jazz Por Favor
19Bottled in Bond
20Way Up
Disc 2
01Mean Time
02All The Things You Are
03Wave Dance
04Cute
05Closing announcements by Paul Moer
06Later for You
07Something for Kenny
08Moe’s Bluff
09Maybe So
10Happy Hour
11Minor Bertha
12Carving the Rock
13Low Tide
14One Second Please
15So Nice
16Boa





●ANDRE PERSIANY / His Orchestra Featuring Guy Lafitte / FRESH SOUND / FSRCD795 / 8427328607957 / CD / 2,160円(税込)

フランスのスウィンギーなピアニスト、アンドレ・ペルジアニがギ・ラフィットと共演した4枚の貴重なアルバムを1枚のCDにまとめてリリース。

ANDRÉ PERSIANY and His Orchestra - featuring GUY LAFITTE
Tracks #1-8: Guy Longnon (tp); Benny Vasseur (tb); William Boucaya (as); Guy
Lafitte, Maurice Meunier (ts); Michel de Villers (bar); André Persiany (p, org #3,
5); Buddy Banks (b); Jacques David (d)
Tracks #9-16: Bill Jackson, Lucien Juanico (tp); Gaby Villain #9-15, Charles
Verstraete #12-16, André Paquinet (tb); Teddy Hameline, André Dabonneville (as);
Guy Lafitte, Armand Conrad (ts); Michel de Villers (bar); André Persiany (p); Benoît
Quersin (b); Teddy Martin (d); Sadi (bongos #12 ,14, 16)
RECORDED at Pathé-Marconi Studios, Paris, June 2, 1954 (#1-8); and at Pathé-
Marconi Studios, Paris, May 26 (#9-11) & 31 (#12-16), 1955

ANDRÉ PERSIANY joue COUNT BASIE
Fernand Verstraete, Pierre Thibault, Lucien Juanico, Georges Gay (tp); Bill Tamper,
Sandy Fall, Claude Gousset (tb); Teddy Hameline, René Godard; Michel Attenoux
(as); Guy Lafitte, Armand Conrad, Georges Bessieres, Jean-Claude Fohrenbach (ts);
Michel de Villers, Robert Bagneres (bar); André Persiany (p, arr); Pierre Cullaz (g);
Paul Rovère (b); Christian Garros (d)
RECORDED at Pathé-Marconi Studio. Paris, January, 31 (#17-20), and February 21
(#21-23), 1958

ソングリスト
01 Halbe Fünf
02 King Porter Stomp
03 Blue Organ
04 Lover Come Back to Me
05 T. Bone Steack
06 Christmas Song
07 Finnts the Prince
08 Mamoune
09 Beer Barrel Bounce
10 Little Story
11 Serenade in Twelve Bars
12 Swingin’ the New A.P. Blues
13 Jean-Paul’s Wedding Day
14 Just for Fun
15 Panorama
16 Two Cats and a Piece of Lung
17 One O’Clock Jump
18 Shorty George
19 Blue and Sentimental
20 Miss Thing
21 Swinging the Blues
22 Jive at Five
23 Topsy





●GUY LAFITTE / His Tenor Sax And His Orchestra 1954-1959 / FRESH SOUND / FSRCD969 / 8427328609692 / CD / 2,160円(税込)

ブラック&ブルーなどから70年代以降の数多くの作品が復刻され脚光を浴びているフランスの名テナーマン、ギ・ラフィットの50年代のレアなアルバムの復刻盤!! 当時の絶頂期が伺わうことができます。「ジャンゴ・ラインハルト賞」のベスト・ソロイストに輝いた1954年に吹き込まれたテイクや、マーシャル・ソラール編曲のオーケストラとの共演などスインギーな吹奏が収録された貴重なトラックがたのしめます。

■Personnel on #1:
Bernard Hulin, trumpet; Benny Vasseur, trombone; Raymond Fol, piano and arranger; Guy de Fatto, bass; Pierre Lemarchand, drums.
Recorded live at Théâtre de l’Apollo, Paris, May 26, 1954

Personnel on #2-9:
Guy Longnon, trumpet; Benny Vasseur, trombone; William Boucaya, alto sax; Michel de Villers, baritone sax; André Persiany, piano & arranger; Buddy Banks, bass; Jacques David, drums.
Recorded at Pathé-Marconi Studios, Paris, October 8, 1954

Personnel on #10-13:
Roger Guérin, trumpet; Benny Vasseur, trombone; René 'Mickey' Nicholas, clarinet; Michel de Villers, alto & baritone sax; Claude Bolling, piano & arranger; Paul Rovère, bass; Roger Paraboschi, drums.
Recorded in Paris, April 26, 1956

Personnel on #14-15:
Fernand Verstraete, trumpet, and Christian Garros, drums, replace Guérin and Paraboschi.
Recorded in Paris, May 23, 1956

Personnel on #16-17:
Large orchestra featuring Bernard Hulin, trumpet; Claude Gousset, trombone; Martial Solal, piano & arranger; Christian Garros, drums.
Recorded in Paris, September 28, 1959

ソングリスト
01 Don’t Blame Me (McHugh-Fields)
02 You Can Depend On Me (Hines-Carpenter-Dunlap)
03 Cynthia’s In Love (Owens-White)
04 Love Me or Leave Me (Donaldson-Kahn)
05 Reminiscing Mood (Lionel Hampton)
06 My Ideal (Richard Whiting)
07 My Serenade (Django Reinhardt)
08 Stay Cool (Count Basie)
09 Blues for Vidi (Guy Lafitte)
10 Swingin’ the Berry’s (Emmett Berry)
11 My Old Flame (Johnston-Coslow)
12 Smoking with Frank and J.P. (Guy Lafitte)
13 I Want to Be Happy (Victor Youmans)
14 Do Not Disturb (Guy Lafitte)
15 Genevieve (J.C.Pelletier)
16 A Flower Is a Lovesome Thing (Billy Strayhorn)
17 Caméléon (Lafitte-Solal)
18 Caravan (Ellington-Tizol)





●FLATE EARTH SOCIETY / Boggamasta / Igloo Records / IGL288 / 5410547052885 / CD / 1,944円(税込)

※ペーパースリーヴ
ペーター・ヴェルメールシュがリーダー、欧州のアヴァン・ビッグ・バンドの2017年作品!!

■Alto Saxophone – Benjamin Boutreur
Baritone Saxophone, Flute – Bruno Vansina
Bass Clarinet, Clarinet, Vocals, Electronics – Peter Vermeersch
Double Bass, Violin – Kristof Roseeuw
Drums, Electronic Drums – Teun Verbruggen
Electric Bass – Pierre Vervloesem
Electric Guitar, Vocals, Electronics – David Bovée
Keyboards, Piano – Peter Vandenberghe
Percussion – Amel Serra Garcia
Recorded By – Raf De Clercq
Tenor Saxophone – Michel Mast
Trombone – Marc Meeuwissen, Peter Delannoye
Trumpet – Bart Maris, Thomas Mayade
Tuba – Berlinde Deman
Vocals – Berlinde Deman (tracks: 7)

ソングリスト
01 The Rule of The Mule
02 From Darkness to Light
03 Sing Hallelujah
04 Confiscated Song
05 Slave
06 The Prince of All
07 Boggamasta
08 Da Beava
09 Coisi Miniti
10 Continued Progress And Development





●JULIEN TASSIN / Sweet Tension / Igloo Records / IGL291 / 5410547052915
/ CD / 2,376円(税込)

※デジパック
ベルギー・ジャズギターの隠れた逸材、ジュリアン・タシンのギタートリオ、2018年作品がリリース!!

ブリュッセル王立音楽院でベルギーのジャズギターの巨匠パオロ・ラドーニに師事。音楽にたいして常に好奇心と情熱を持ち合わせるタシンのジャズとブルースとロックをミックスしたユニークな音楽性が展開された作品です。

■Julien Tassin (composition, guitar)
Nicolas Thys (doublebass)
Dré Pallemaerts (drums)

ソングリスト
01 Working Class
02 Escape
03Ghost Town
04 Housewives
05 Le Blues
06 Last Call From The Factory
07 Green Lady
08 Dance
09George Harrison
10 Sweet Tension





●CLAUDIO FASOLI / Selfie / ABEAT / ABJZ189 / 8031510001890 / CD / 2,268円(税込)

サックス奏者、クラウディオ・ファゾーリによる注目の2018年作品がリリース!! ヨーロッパ独特の美意識を保つ演奏は世界的なジャズファンの心を掴んで離しません。ファゾーリを支えるメンバーはニューヨークで活躍する個性的なミュージシャンばかりですが、お互いの良さを活かしあうような演奏に心惹かれます。

■Claudio Fasoli (ts/ss)
Matt Mitchell (p)
Matt Brewer (b)
Justin Brown (ds)

ソングリスト
01 Parsons Green
02 Kammertrio
03 Far
04 Pauly
05 Legs
06 Squero
07 No Kidding
08 Fit
09 Nyspel
10 Difference Of Emphasis




●DANIELE CIUFFREDA / Out On The Ninth Day / ABEAT / ABJZ561 / 8031510005614 / CD / 2,268円(税込)

伊の ダニエレ・チュッフレダ(g) 率いる、爽快ファンキーなオルガン・トリオの 2018年作。2曲に Fabrizio Bosso (tp) が参加したストレートな一枚!

■Daniele Ciuffreda (g)
Alberto Marsico (organ)
Daniele Pavignano (ds)
Fabrizio Bosso (tp #5,7)

ソングリスト
1 Steppin’ Out
2 Brownies For Two
3 Rainy Mornings
4 Something To Be Happy About
5 Out On The Ninth Day
6 Second Ride
7 Arep
8 Minorando





●FRANCO FINUCCI / Taleia / ABEAT / ABJZ562 / 8031510005621 / CD / 2,268円(税込)

イタリアの才能溢れるギタリスト、Franco Finucci の2018年作品がリリース!! ステファノ・ディ・バティスタが4曲目に参加しており、全曲フランコのオリジナルという徹底ぶり。オリジナリティーに溢れた楽曲と卓越したテクニックによるアドリブ、インタープレイが展開されています。

■Franco Finucci (g)
Stefano Di Battista (as on 2,4,6,7)
Marco Di Battsta (p/key)
Gabriele Pesaresi (b)
Roberto Desiderio (ds/per)
Davide Cavuti (accordion #6)

ソングリスト
1 Walking Up
2 Dexter
3 No 42 Baia St
4 Lapislazzulo
5 Al Bei Ricordi
6 Tango De Vita
7 Song A Magic
8 Al Non Ricordi





●AMATO JAZZ TRIO(QUARTET) / One Day / ABEAT / ABJZ184 / 8031510001845 / CD / 2,268円(税込)

エリオ、アルベルト、ロリスのアマート 3兄弟 が 1976年に伊シチリアで結成した "Amato Jazz Trio" の円熟味と風格に溢れたピアノトリオ、2018年作品がリリース! ジャケット・デザインのキュートさにも注目!!

■Alberto Amato (b)
Elio Amato (p, tb)
Loris Amato (ds)

Recorded at Indiehub, Milano, by Gabriele Simoni on 6,7 May 2017

ソングリスト
01 One day (Elio Amato)
02 Pegaso (Elio Amato)
03 Prelude (Elio Amato)
04 Questions (Elio Amato)
05 Valeria (Elio Amato)
06 Far (Elio Amato)
07 Monday (Elio Amato)
08 Trigonometry(Ornette Coleman)
09 Epigraphic (Elio Amato)
10 Take the A train(Duke Ellington)
11 Village Vanguard (Alberto Amato)
12 Coldness (Elio Amato)





●ベニー・グリーン / ゼン・アンド・ナウ / キングインターナショナル / KKE084 / 4909346016903 / CD / 2,500円(税込)

※日本語帯、解説付 デジパック
まさに絶好調のピアニスト、 ベニー・グリーンの新たな冒険
ホッド・オブライエンの娘、ヴェロニカ・スウィフトがヴォーカルで参加
ジャズマン・オリジナル曲等を新鮮な味付けで再演した注目作!

■オスカー・ピーターソンが自分の後継者と賞讃したピアニスト、ベニー・グリーンの待望の最新作が登場。デビッド・ウォン(b)、ケニー・ワシントン(ds)のお馴染みのリズム・セクションをバックに全12曲を収録。5曲に若手実力派の女性ジャズ・ヴォーカリスト、ヴェロニカ・スウィフト、3曲に女性フルート奏者のアン・ドラモンドを大きくフューチャーした注目作である。

■もはや世界でも有数のジャズ・ピアニストの一人に登りつめたベニー・グリーン。過去38年間にわたりコンサートライブや大物ジャズメンとの共演等で、最強のピアニスト、バンドリーダーとして大活躍中。 しかし、過去20枚のリーダー作のいずれにもヴォーカリストやフルート奏者をフィーチャーしたことがなかった。本作『ゼン・アンド・ナウ』は女性ヴォーカルのヴェロニカ・スウィフトと女性フルート奏者のアン・ドラモンドが参加したベニー・グリーンの新たな冒険のアルバムと言って良いだろう。

■ヴェロニカ・スウィフトは2015年セロニアス・モンク・コンペティションで2位入賞の実力派若手女性ヴォーカリスト。父親はバップ・ピアニストのホッド・オブライエン(2016年没)、母親は歌手のステファニー・ナカシアン。グリーンと同じような音楽に恵まれた環境で育っている。ベニーはライブ等で彼女と共演するにつれ、今回の作品に彼女を大きくフューチャーする必然性を見出したに違いない。

■本作ではヴェロニカのヴォーカルを5曲で聴くことができる。スキャットを交えた透明感あるオーソドックスな唱法は耳に残り、印象的である。 M7のHorace Silverの作品“Split Kick”ではトランペット・パートとサックス・パートをヴォーカルで見事に表現している。また、M9の“Humphrey”は90年代にクリスチャン・マグブライド(b)、カール・アレン(ds)とのトリオ作『Testifyin'!』に収録されていたファンには懐かしい曲。スキャットが入ることで新鮮な味付けになった。

■アン・ドラモンドはニューヨークで活躍中の女性フルート奏者。ケニー・バロン(p)のアルバムやツアーに参加したり、リーダー作も数枚発表している。彼女の参加(3曲)も本アルバムに独特なテイストを加えた。

■言うまでもなくベニー・グリーンの演奏は絶好調である。女性ゲストの3曲でフェンダー・ローズの演奏も披露している。また、ピアノ・トリオのフォーマットで演奏される4曲はハンク・ジョーンズ、デューク・ピアソン、ハンク・モブレイのジャズマン・オリジナルと自身のオリジナル曲。ベニー・グリーン節が大全開である。まさに『Then And Now』、あのときと現在が心地よく融合した大注目のアルバムである。

メンバー:Veronica Swift - vocals (2, 4, 7, 9, 11) Anne Drummond - flute & alto flute (1, 3, 6)Benny Green - piano (all tracks) & electric piano (1,3,4) David Wong - bassJosh Jones - percussion (1, 3) Kenny Washington - drums (all tracks except 6)Recorded: Fantasy Studios, Berkeley, CA on February 26-27, 2018 and Samurai Studio, Astoria, Queens, NY on June 1, 2018

ソングリスト
01Donny Hath A Way (Benny Green)
02For Regulars Only (Dexter Gordon)
03Latin America (Cedar Walton)
04Naturally (Benny Green)
05Minor Contention (Hank Jones)
06Enchanted Forest (Benny Green)
07Split Kick (Horace Silver)
08Say You’re Mine (Duke Pearson)
09Humphrey (Benny Green)
10Hipsippy Blues (Hank Mobley)
11Something I Dreamed Last Night (Sammy Fain, Jack Yellin & Herb Magidson)
12Wiggin’(Benny Green)





●ステフォン・ハリス / ソニック・クリード / インパートメント / AGIPI3629 / 4532813846293
/ CD / 2,592円(税込)

現行ブラックジャズ維新軍の革新者ステフォン・ハリスの最新作「SONIC CREED」が完成。
ケイシー・ベンジャミン(Robert Glasper Experiment)、ジョシュア・クランブリー(Kamasi Washington)、ペドリート・マルチネス、エレーナ・ピンダーヒューズ(Christian Scott)ら同志一挙参加。

ケニー・バロン、ロン・カーター、ハービー・ハンコック、ライ・クーダー、コモンと共演、自身のプロジェクトのアルバムも数々の名門レーベルよりリリースしてきたステフォン・ハリス、自身のユニットブラックアウト名義ではグラミー賞コンテンポラリー・ジャズ・アルバム部門にノミネートしたUrbanus(Concord)より9年ぶりのNEW ALBUMが完成しました。2011年にはクリスチャン・スコット、デヴィッド・サンチェスとキューバを訪問しアルバムNinety Miles(Concord)を録音し伝統を受け継ぎながら現代的なジャズとキューバ音楽を融合した高い音楽性がジャズファンの間で話題を集めました。ロバート・グラスパー・エクスペリメントでもおなじみケイシー・ベンジャミン(sax、vocoder)ら長年活動してきたメンバーと新たに若手ながら世界最高峰のジャズフルート奏者と名高いエレーナ・ピンダーヒューズ、カマシ・ワシントン、菊地成孔とも共演したキューバ人ピアニスト、アクセル・トスカも参加しているバンド(U)nityでも来日したジョシュア・クランブリーら新しいメンバーも加わりフレッシュでエネルギッシュも加わっています。美しい歌声を披露する女性R&BシンガーJean Baylorを迎えた上品に包み込んでくれるソウル・チューン38、ホレス・シルバーの名曲4を収録。心地よいソウルミュージックの色気とジャズの気品が溢れるアルバムだ。

1Dat Dere
2Chasin’ Kendall
3Let’s Take A Trip To The Sky
4Cape Verdean Blues
5Go
6Song of Samson
7Throw It Away
8Now
9Gone Too Soon





●マーキス・ヒル / モダン・フローズ VOL. 2 / ピーヴァインレコード / PCD24784 / 4995879247846 / CD / 2,592円(税込)

※国内盤
この男こそクリスチャン・スコットやアンブローズ・アキンムシーレに続くジャズ・ トランペットの最先端!
Concordからメジャー・リリースされた前作『The Way We Play』が大絶賛を浴びたシカゴ出身の新世代ジャズ・トランぺッター筆頭株=マーキス・ヒルが待望のニュー・アルバムを完成!

2014年のセロニアス・モンク・コンペティションで優勝、現在はマーカス・ミラー・バンドの一員としても活躍する真の実力者! ヴィブラフォンのクールな響きやラップを随所フィーチャーしながら伝統と未来が交差する圧巻の傑作!

“黄金のトランペット・サウンド”と評されるマーキスのプレイは言わずもがな、オーセンティックなジャズをヒップホップ世代のグルーヴ感で再構築してみせるコンポーザーとしての圧倒的なセンスとバランス感覚が過去最高に発揮された大傑作! 本作のサウンドを決定付ける天才ヴィブラフォン/マリンバ奏者:ジョエル・ロスに、ウェイン・ショーター・バンドのジョナサン・ピンソン(dr)、エスペランサ〜ジェフ・パーカー等と共演のジョシュ・ジョンソン(sax)、新世代ジャズ・シーン最注目ドラマーで あるマカヤ・マクレイヴンの盟友:ジュニアス・ポール(b)、さらにはブラクストン・クックのヴォーカル参加もありと、メンバー も最高の気鋭揃いだ。

2017年には自身のクインテットで来日済、マーカス・ミラー・バンドの一員としても度々日本を訪れている参考商品マーキスは、すでに日本でも高い評価を得ているが、初の日本盤リリースとなる本作で、その評価をさらに押し上げることにな るだろう。まさに2018年ジャズ・シーンの大必聴盤だ。日本盤ボーナストラック収録!!

(メーカーインフォより)





●JOHN FEDCHOCK / REMINISCENCE / SUMMIT RECORDS / DM735 / 0099402735924 / CD / 2,160円(税込)

1980年以降活躍しているアメリカのトロンボーン・マスターの一人。

John Fedchock(tb)
John Toomey(p)
Jimmy Masters(b)
Dave Ratajczak(ds on 1-6)
Billy Williams(ds on 7)
ソングリスト
1The Third Degree
2Loose Change
3Lament
4The End Of A Love Affair
5You're My everything
6If You Could See Me Now
7Brazilian Fantasy





●ジャコ・パストリアス / ジャコ / タワーレコード / TRAG0002 / 4997184991612 / DVD / 3,024円(税込)

【孤高の天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画 『JACO』 DVD】

メタリカのロバート・トゥルージロが制作総指揮を行ない、2015 年にアメリカにて公開されたドキュメンタリー映画『JACO』。
本国では数々の映画祭で話題となったものの、日本国内での公開は実現していなかったが、2016 年末ようやく公開された。
監督は『ストーンズ・イン・エグザイル ~「メイン・ストリートのならず者」の真実』や、X JAPAN のドキュメンタリー映画 『We Are X』を手がけた、気鋭のスティーヴン・キジャック。本編では、現存する貴重な映像により振り返るジャコの生い立ち から華々しいデビュー、そして、ジャコの訃報を告げる失意の瞬間までを、ジャコと親交を深めたミュージシャンの証言ととも に追う。インタビューでは、フリー (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ジョニ・ミッチェル、スティング、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ゲディー・リー(ラッシュ)、ブーツィー・コリンズ、カルロス・サンタナ、ジェリー・ジェモ ットほか、豪華なアーティストが出演、ジャコの音楽家としての魅力を語る。





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】 11/29 新入荷一覧! 



●ANTONIO SANCHEZ / Lines In The Sand / CAM JAZZ / CAMJ7940 / 8052405143532 / CD / 2,268円(税込)

現代の才能アントニオ・サンチェスのレギュラー・バンドによる強力最新作!!
『メリディアン・スイート』の延長線となる壮大な組曲的な演奏&『バッド・オンブレ』を引き継ぐ強い切迫感とメッセージ!!
現代アメリカに投げかける6編の楽曲!!

2017年秋にはソロ作『バッド・オンブレ』、本2018年春にはヴィンス・メンドゥーサがコンダクターを手がける WDR ビッグ・バンドとの共演作『チャンネルズ・オブ・エナジー』をリリース。一年一枚以上のペースは、パット・メセニー・グループでのツアー・スケジュールなども考えれば、超ハイペースの作品リリース。しかし、そのクォリティはどれも、高水準。創造力がみなぎります。★本作は、自らの活動の核となるマイグレーション (Migration) での一作。このグループの前作は2015年の『メリディアン・スイート』で、5つのパートが有機的に連なる壮大な組曲となっていましたが、本作も、20分を越える長大な楽曲2トラックを含む作品になっています。

しかし、作品のテーマとしては、『バッド・オンブレ』の延長線上となる / 性格をもった一作。『バッド・オンブレ』とは、2016 年のアメリカ合衆国の大統領選挙において、自分たちメキシコに生まれ住んだ人々を呼んだ乱暴な言葉に怒りを感じ、痛烈な皮肉を込めたソロ作品でしたが、本作は、その主張をバンド形式の音楽で投げかけたもの。冒頭から、聴こえるのはパトカーのサイレンに、“This is Wrong” “Shame on You” といった人々の不穏な声。泣き声も混じるそのイントロからは、殺気立った空気があふれ、サンチェスの強い切迫感があふれます。

一人のドラマーとしてのみならず、コンポーザー、アレンジャーほか、トータルに音楽を構築出来る現代屈指の音楽家であるサンチェスらしく、今回も楽曲は全て自らのペンによるもの。ミニマル的な音楽モチーフなども組み上げ、緻密なこだわりも十二分にみせながら、トータルに音楽を構築して行くところは、サンチェスの音楽の真骨頂。しかし、この音楽にはまぎれもない、焦燥感を含め、何かに駆られる音楽家の表現があふれ出ています。

グループは、ジョン・エスクリート、マット・ブリューワーに加えて、サックスに、現在 30 歳のチェイス・ベアードが加入。サンチェスはかつてより、“自分のグループでは、骨太の重量のあるサックスを求めている”、と語っていましたが、シェイマス・ブレイクに代わって(ポスト・マイケル・ブレッカーとも言われ)EWIも操るベアードは、20分に及ぶ M2“Travesia”のラストで豪快なブローを披露。加入の理由も納得のソロを聴かせます。また、サンチェスの公私に渡ったパートナー、タナ・アレクサのヴォイスも健在。グループの中にさらに緊密に絡むヴォイス・パフォーマンスを聴かせてくれます。

作品のライナーノーツは、今回もサンチェス自身が執筆。そこにも、現在のアメリカ合衆国への憂いと、自らの強烈な思いがあふれます。自ら、移住者として、メキシコ人として、アメリカ人として誇りを持ち続けながら、吐露した6編の音楽。2018年の今(2018年5月録音)が生んだまぎれもない問題作です。

メンバー:
Antonio Sanchez(ds, voice, additional keys),
John Escreet(p, fender rhodes, prophet synth),
Matt Brewer(b, el-b),
Thana Alexa(voice, effects),
Chase Baird(ts, EWI)
Nathan Shram(viola on Travesía Part II),
Elad Kabilio(cello on Travesía Part II and Long Road)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1Travesía Intro
2Travesía (Part I - Part II - Part III)
3Long Road
4Bad Hombres Y Mujeres
5Home
6Lines In The Sand (Part I - Part II)







●AARON GOLDBERG / At the Edge of the World / SUNNYSIDE / SSC1521 / 0016728152129 / CD / 2,268円(税込)

1974年生まれ、数々の演奏キャリアを重ね、今や、現代トップのピアニストの一人と言って過言のない、アーロン・ゴールドバーグ。実に4年振りとなる最新トリオ作品。

ボストンに生まれ、1990年代初頭にニュースクールで音楽の才能を現すと共に、ハーバードおよび、タフト大学で学位を取得するという異色のキャリアももつアーロン。しかし再び96年にはNYに戻り、本格的に活動。ジャズ・アーティストとしての登竜門的なバンドであったベティ・カーターのバンドも経ての活躍は、現在では広く知られる通りでしょう。ジョシュア・レッドマン、アル・フォスター、ウィントン・マルサリス、カート・ローゼンウィンケル他、大御所のバンドでのジャム・セッションなども経ながら、先輩格のバンドにも引き入れられ、一方では、後人の憧れのピアニストとして屈指の存在といえます。

本作はそんなアーロンが、メンターの一人であるレオン・パーカーと共に結実させた音楽の結晶。

1965年生まれのレオン・パーカーは、90年代に鬼才的なドラマー/パーカッショニストとしてシーンに頭角を現し、2人は92年に記念すべきギグを得て、活動を重ねますが、パーカーが2001年にフランスに移住。それ以来、パーカー自身の活動はスローになり、シーンから雲隠れ。しかし、類まれなセンスをもった2人。再会を機に、また創造的な歯車が大きく動き出します。フランスでドラマーを探していたアーロン。一方、以前の演奏記憶に興味をもったレオン・パーカー。二人は10年の時を経ながら、ギグにいたり、リハーサルも無しだったにも関わらず、演奏は予想外のものに到達。結果、パーカーの復活も促して行くことになります。

経済的には一筋縄でいかなかったものの、a French-American Jazz Exchange (FAJE)の助成も得てさらに前進。ツアーも決行したあと2人は究極の選択としてマット・ペンマンを招き、トリオを結成。バンドとしての演奏曲目も発展させていきます。そんなドラマを経ての演奏には、商業主義や、企画的なものとは別次元の、シンプルに成り立った音楽のしなやかな強さがあります。

アーマッド・ジャマルの演奏によって有名な“ポインシアナ”をオープニングにして、伝統的なジャズのフォームに則りながら、輝きをもつトリオの演奏は正に白眉。パーカーのユニークなヴォーカルやボディ・パーカッションも効果的に響かせ、プリミティヴなものを見せる瞬間もあり、ハッチャーソン/ マッコイ・タイナーといったアーティストをリスペクトしながら、スリリングなインプロを聴かせる演奏あり。一方、チャーリー・ヘイデンの『ノクチューン』のオープニングでも蘇った“En La Orilla Del Mundo”は、深い情感が滲む感動的な演奏。慈しみ深く奏でられるピアノ・ソロはアーロン・ゴールドバーグの才能も物語ってやみません。一転、ブラジル音楽へも深い造詣をもつアーロンが、朋友ギジェルモ・クラインのアレンジで斬新に聴かせる“黒いオルフェ”ではプリパード・ピアノや、パーカーのヴォイスもフィーチャー。また2つの異なるオリジナルも魅力的。M2は、アンゴラの政治的な活動家であり、ラッパーであるLuaty Bei raoに捧げた崇高な美しさと芯の強さを感じさせるアーロンのコンテンポラリーな側面があり、ラストは、ズバリ、モダンな響きをもったブルース・・・このオリジナルの幅も興味深いところです。

それぞれの楽曲8曲が独自の響きをたたえつつ、作品として物語も紡いでいく作品。長く共演を重ね、演奏を深めてきたトリオならではの表現。リューベン・ロジャース/エリック・ハーランドとのレギュラー・トリオとも、オメル・アヴィタル/マーク・ミラルタとのOAMトリオとも、アリ・ジャクソン・ジュニアをドラマーにしたYes Trioとも違う味わい。現代を代表するピアニストのまぎれもないマイルストーン的作品の登場です!(メーカー・インフォメーションより)

Aaron Goldberg(p)
Matt Penman(b)
Leon Parker(ds, vo, perc, embodirhythm)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1Poinciana (Nat Simon, Buddy Bernier)
2Luaty (Aaron Goldberg)
3Isn't This My Sound Around Me (Bobby Hutcherson)
4When You Are Near (Bobby Hutcherson)
5Effendi (Mccoy Tyner)
6En La Orilla Del Mundo (Martin Rojas)
7Black Orpheus (Manha De Carnaval)(Luiz Bonfá, Antonio Maria/arranged by Guillermo Klein)
8Tokyo Dream (Aaron Goldberg)







●JOHN COLTRANE / American Broadcast / HI HAT / HH5CD8 / 5297961300736 / CD / 4,860円(税込)

※6CD BOX
貴重なラジオ音源をリリースするHi Hatレーベルからカリスマ、ジョン・コルトレーン1951年~1963年の音源がCD6枚組ボックスでリリース。
Disc1の1951年録音はディジー・ガレスピーとの演奏を、Disc2の1957年録音はマイルス・デイヴィス・クインテットでの演奏を収録。

Disc1 : Birdland Jazz Club, New York, NY, 1951, WJZ-FM
Disc2 : Peacock Alley, St.Louis, MI. 1957, KWLW-AM
Disc3 : Birdland Jazz Club, New York, NY, 1962, WJZ-FM
Disc4 : Jazz Showcase, 1962, WBGO-FM
Disc5 : Pennsylvania State University, PA, 1963, WDFM
Disc6 : WKCR 50th Anniversary Broadcast, 1991

ソングリスト
Disc 1
1 Congo Blues
2 Night in Tunisia
3 Yesterdays
4 Birk's Works
5 Good Bait
6 I Can't Get Started
7 Birk's Works (Version 2)
8 Jumping with Symphony Syd (Theme)

Disc 2
1 Intro
2 Ah-leu-cha
3 A Foggy Day
4 All of You
5 Woody N' You
6 Walkin'
7 Sign Off>the Theme
8 Two Bass Hit
9 Well You Needn't
10 Billy Boy
11 All of You
12 Oleo
13 Announcement>the Theme

Disc 3
1 Mr. P.c.
2 Miles' Mode (Aka Red Planet)
3 My Favorite Things
4 Announcement by Symphony Sid Torin
5 The Inch Worm
6 Mr. P.c.
7 Miles' Mode (Aka Red Planet)
8 My Favorite Things

Disc 4
1 Blue Train
2 Naima
3 Impressions
4 Sax Prelude
5 I Want to Talk About You
6 Ev'ry Time We Say Goodbye

Disc 5
1 Bye Bye Blackbird
2 The Inch Worm
3 Ev'ry Time We Say Goodbye
4 Mr. P.c.
5 I Want to Talk About You
6 My Favorite Things

Disc 6
1 Wkcr Introduction
2 Afro Blue
3 Walkin'
4 Mr. P.c.
5 Alabama
6 On Green Dolphin Street
7 Autumn Leaves>what's New>moonlight in Vermont
8 Rifftide





●CECILE CAPPOZZO / SUB ROSA / AYLER / 7320470215609 / CD / 2,160円(税込)

1.Chaos - Fragment 1 09:31
2.Chaos - Fragment 2 06:55
3.Chaos - Fragment 3 09:27
4.Chaos - Fragment 4 11:45
5.Sub rosa 07:24
6.Chaos (complete) 37:40

Cécile Cappozzo, piano
Patrice Grente, double bass
Etienne Ziemniak, drums
+
Jean-Luc Cappozzo, trumpet on #5

Recorded May 2018 at Gaël Mevel's "la Maison en Bois",
Abbéville-la-Rivière, France.



●Joëlle Léandre & Marc Ducret / Chez Hélène / AYLER / 7320470215647 / CD / 2,160円(税込)

1.Observation 14:41
2.Ponctuation 07:57
3.Vibration 10:10
4.Invocation 10:51

Marc Ducret, electric guitar
Joëlle Léandre, double bass

Recorded live by Jean-Marc Foussat on May 13, 2018
at "19PaulFort", Paris, France.
Produced by Stéphane Berland.



●PETER BRUUN / VERNACULAR AVANT-GARDE / AYLER / 7320470215692 / CD / 2,160円(税込)

1.Follow Me 05:45
2.All Too Human 06:02
3.Vernacular Avant-garde 07:37
4.Sunshine Superman 07:09
5.Extended Mind 04:58
6.Is That So Sir Names? 07:20

Kasper Tranberg, trumpet, cornet
Marc Ducret, guitars (6 & 12-stringed)
Simon Toldam, moog, juno 60, philicorda
Peter Bruun, drums, mikrokorg

Recorded in Copenhagen at The Village Studio, April 2017.
All compositions written and produced by Peter Bruun,
except #6 by Peter Bruun and Petter Eldh.
Cover artwork by Stéphane Berland.



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD&LP】 11/27,28 新入荷一覧! 




●BRANDON SEABROOK / Needle Driver / Nefarious Industries / US / NEF29 / 2299990619960 / CD-R / 2,700円(税込)

アメリカのギター&バンジョー奏者、Brandon Seabrookを中心としたトリオによる2017年作品がリリース!! アタマから超絶テク連発、記憶に深く刻み込まれる音の数々は興奮まちがいなし!!

■Bass – Johnny Deblase
Drums – Allison Miller
Guitar – Brandon Seabroo

Cover Art: Bryan Elkins

ソングリスト
1Synonymph
2Ocular Rabies
3Entropic Vacuum Party
4ventwhorerisin'
5Opticidal Flavorist





● BARBRA LICA / You're Fine / JUSTIN TIME / CAN / JUST2602 / 0068944026029 / CD / 2,160円(税込)

※デジパック
人気急上昇中!!カナダのジャズヴォーカリスト、ソングライター、バーブラ・リカ。彼女のヴォーカルは、ユニークでありながら繊細さと優美さをも表現する稀有な存在。そんな彼女が世界に贈る2018年作品が登場です。キュートなルックスやファッションにも注目。

ソングリスト
01Before I Do
02The Birds and the Bees
03Let You Go
04Jolie Oiseau
05Everybody Else
06Slow Dancing
07More Than Anything (Like Song)
08Drive
09Nowhere With You
10Lucky Break
11All There Is
12When I'm Gone





●AMINA FIGAROVA / Road to the Sun / US / BACD014 / 0742451051223 / CD / 2,376円(税込)

※ペーパースリーヴ
美女ピアニスト、 AMINA FIGAROVA を中心としたセクステットの結成20周年記念のプロジェクト作がリリース!!

■Amina Figarova - piano
Bart Platteau - Flute
Alex Pope Norris - trumpet;
Wayne Escoffery - tenor
soprano sax; Luques Curtis
bass; Brian Richburg JR - drums





●HARD RUBBER ORCHESTRA / KENNY WHEELER: SUITE FOR HARD RUBBER ORCHESTRA FEATURING NORMA WINSTONE / Justin Time Records / IMPORT / CD / JTR8614 / 0068944861422 / 2,160円(税込)

ケニー・ホイーラーに捧ぐ、ハード・ラバー・オーケストラの 4th作。ノーマ・ウィンストン参加!

ソングリスト
1. Movement I 08:03
2. Improvisation 01:20
3. Movement II 06:42
4. Movement III 03:11
5. Improvisation II 03:25
6. Movement IV 04:33
7. Improvisation III 01:40
8. Movement V 04:09





●菊地雅晃 / Arraignment / NO SCHOOLS RECORDINGS / NSR04 / 2299990624151 / USBメモリ / 3,000円(税込)

※USBメモリ(収録音源は48kHz / 24bit)
故・菊地雅章の甥にして、現代音楽からフュージョンまでを股にかける異才・菊地雅晃が、10年以上に渡って取り組んできたプロジェクト「2ベース・カルテット」がついに音源として登場!

ジャズにおいてベースが2本という編成は珍しいが、これまでにも全く存在しないというものでは無い。
古くはオーネット・コールマンのダブル・カルテットから、近年ではジョシュア・レッドマンまで、著名なジャズメンもトライしている編成であり、名盤もそれなりに存在している。

フリージャズをベースにしたカオスなものから、2台のベースをしっかりとアレンジしたものまでさまざまだが、菊地がここで目指したものは、そのどれとも微妙に異なる。

それは菊地の言葉を借りると『バスフルートの虚ろな響きと、コントラバスの弱音のアルコのビブラート無しのロングトーン(ハーモニクス含む)のアンサンブルと、クールな生ブレイクビーツドラムの融合』であり、現代音楽からクラブ・ミュージックまで、20世紀に生まれた音楽を大きく縦断する試みとも言える。

本作では、前半が菊地のオリジナル曲、後半は有名なスタンダード・ナンバーとなっている。

特に前半の菊地オリジナル曲パートでは、ポリリズミックな2台のベースリフとブレイクビーツが印象的なM2「Atlas」から、完全即興に聴こえながらその実、ほとんどのパートが譜面に記されているという45分にもおよぶ大曲「Arreignment」まで、どこを切っても菊地の意図する仕掛けが充満しており、その才気と10年間の成熟したバンドの姿を堪能できる。

一方のスタンダードのパートでは、前半と比べると幾分かリラックスしたムードになっているが、その中で2台のベースがうっすらと醸し出すえも言われぬ妖しさに注目してもらいたい。

ここまで菊地のことばかり触れてきたが、他のメンバーの卓越した手腕があってこそというのは言うまでも無い。

今や日本ジャズ界において欠かせない存在とも言えるもう一人のベーシスト、千葉広樹。
菊地のアルバム『on forgotten potency』でも目覚ましいプレイを聴かせるフルート、松村拓海。
そしてこのボーダーレスなバンドに最適とも言える、ジャンルを越えて活躍するドラマー、イトケン。

彼ら個人個人の豊かな音楽性の上に成り立っているバンドでもあり、その意味では非常に「ジャズ的」な聴き方でも楽しめるバンドである。

ソングリスト
01Low concord (17:27)
02Atlas (15:32)
03Coincidence variation (16:15)
04Arraignment (45:34)
05Midnight office (8:32)
06Weaver of dreams (9:38)
07Tenderly (9:29)
08Milestones (3:48)
09so what (5:28)
10Darn that dream (8:51)





●高免信喜 / 高免信喜トリオ / JPN / PCD24785 / 4988044899896 / CD / 2,700円(税込)

※直輸入盤帯付仕様/ペーパースリーヴ
ジャズギタリスト、高免信喜の通算7作目となる最新作。
ヨーロッパツアーでも共演した強力なメンバーとの会心のトリオ作品。

2004年からニューヨークを拠点にワールドワイドに活動を続ける、広島県出身のジャズギタリスト、高免信喜の通算7作目となる最新作。日本や
ヨーロッパでのツアーでも共演し、前作『Live in Japan』にも参加した棚橋俊幸(ベース)、會川直樹(ドラム)という強力なメンバーを迎えたトリオ編成によるスタジオ録音。1曲のみスペシャルゲストとしてドラマー、吉川昭仁もパーカッションで参加。アメリカで出会って以来、長年共演を続けてきた気心知れたメンバーと録音した、高免のオリジナルを全10曲収録。

【Member】
高免信喜 ギター
棚橋俊幸 ベース
會川直樹 ドラム
吉川昭仁 パーカッション(Track 6)

【Credits】
Recorded by Shinya Matsushita
Mixed by Akihiro Nishimura
Mastered by Akihito Yoshikawa
Recorded at Studio Dede

ソングリスト
01 The Circle Game
02 Helsingin taivas (Helsinki’s Sky)
03 3AM
04 Fox’s Tail
05 Wonderful Days
06 A-Tico-Ta
07 Blues Alberta
08 Sjećanja za Pamćenje (Memories to Remember)
09 25
10 Piece for Peace





●VICJ70046 / 沢田駿吾 / フール・オン・ザ・ヒル 4988002775767
1952年に国内でジャズ・コンボを結成、名実共に日本を代表するジャズ・ギタリストとして知られる沢田駿吾を代表する名盤。1969年リリースの記念すべきファースト・アルバム。

●VICJ70047 / 沢田駿吾 / フォーメーション 4988002775774
1970年リリースのセカンド・アルバム。ポップスのカバー作も少なくないが、前作よりも更にストレートなジャズをクインテットで奏でる和ジャズの最高峰。

●VICJ70048 / 中牟礼貞則 / ライブ・アット・シャイニー・ストッキング 4988002775781
日本ジャズ界で最古参のギタリスト。大巨匠であり、現役で活動も続けるまさにリヴィング・レジェンド。そんな氏が1979年にビクターの<ジャズ・ライヴ・シリーズ>の第5弾としてリリースした歴史的名演のドキュメント。(初CD化)

●VICJ70049 / 村岡健 / Rock Joy In Sax 4988002775798
1971年にビクターの<ロック・ジョイ・イン・インストゥルメンタル・シリーズ>として伝説のJMC品番でリリースされた、サキソフォニスト、村岡健のリーダー・カヴァー作品集。水谷公夫のギターの名演も光るビクター発のジャズ・マスターピースの1枚。

●VICJ70048 / 杉本喜代志 / Rock Joy In Guitar 4988002775804
村岡健と同様、1971年に<ロック・ジョイ・イン・インストゥルメンタル・シリーズ>としてリリースされたギタリスト杉本喜代志の名盤。長らく国内のみならず世界からも復刻が望まれてきた本シリーズの目玉的1作。(初CD化)

●VICJ70049 / 藤岡琢也 / Let’s Swing Now 4 4988002775811
全5集まで発売された、ジャズの大家とも知られた俳優、藤岡琢哉が監修する新進アーティストを多数含むジャズの新録集の第4弾。かの渡辺香津美が23歳位の時の貴重なギター演奏も堪能できる。1976年発売。(初CD化)

●VICJ70050 / 藤岡琢也 / Let’s Swing Now 5 4988002775828
藤岡琢哉監修による新録ジャズ集の第5弾。ギターは全編で小西徹の名演に次ぐ名演が堪能できる。76年にリリースされた、日本のジャズの底深さを痛感させる恐るべき作品集。(初CD化)

●VICJ70051 / ソニー・ロリンズ / イン・ジャパン〜コンプリート〜 4988002775835
1973年の来日時、東京中野サンプラザでの模様を全収録したジャズ界のレガシーとして語り継がれる名作。ギターには増尾好秋がセッションに加わり、名演を繰り広げる。

◆初CD化作品4タイトルあり
◆SHM-CD
◆各2,700円(税込)

リットー・ミュージックの「ギター・マガジン」とビクターがタッグを組んで、同誌が2018年5月号で特集した『ニッポンのジャズ』が音楽界に巻き起こした反響に呼応する形で、ビクターのアーカイブの中から日本が世界に誇る和ジャズの名盤の数々8作品を高音質リイシューを行ないます。

キュレーターにジャズ評論家の原田和典氏、世界的に知られる高円寺のレコード・ショップ
「universounds」の尾川雄介氏を迎え、ギタリストによる作品からギターの名演が光る名作まで初CD化作品も4作含め、今や世界へと及ぶ'和ジャズ・ムーヴメント'の核心中の核心を伝えます。





●STANLEY COWELL / Musa(LP) / EVERLAND JAZZ / EU / ELJ011 / 0710473184113 / LP / 2,700円(税込)

※LP
オリジナルは1973年録音、1974年リリース!! スピリチュアル・ジャズ界の御大、ピアニストのスタンリー・カウエルの人気盤が、LP盤でリイシュー!!

■Stanley Cowell Piano, Electric Piano, Kalimba [African Thumb Piano]

ソングリスト
1Abscretions
2Equipoise
3Prayer For Peace
4Emil Danenberg
5Maimoun
6Travelin' Man
7Departure No.
8Departure No.
9Sweet Song





●LEE KONITZ & WARNE MARSH / LEE KONITZ WITH WARNE MARSH (OGV) / SPEAKERS CORNER / 1217 / 4260019715739 / CD / 4,320円(税込)

"Lee Konitz With Warne Marsh" - Lee Konitz (as); Warne Marsh (ts); Ronnie Ball, Sal Mosca (p); Billy Bauer (g); Oscar Pettiford (b); Kenny Clarke (dr)

オスカー・ペティフォードとケニー・クラークにビリー・バウアーという最強のリズムセクションを従えたトリスターノ派の名作。

このSpeakers Corner のLPは、マスタテープからカッティングまで、純粋なアナログコンポーネントのみを使用してリマスタリングされました。

Recording: June 1955 at Coastal Studios, New York City, by Tom Dowd in mono
Production: Nesuhi Ertegun





●OSCAR PETERSON / Motions & Emotions / MPS / MSW0212831 / 4029759128311
/ CD / 3,780円(税込)

珍しくポップ・チューンに取り組んだオスカー・ピーターソンのオーケストラ作品。華麗なタッチがバックのゴージャスなオーケストレーションに溶け込み、思いのほか聴きごたえ充分に楽しめるイージー・リスニング・ジャズ作品。

曲目
1サリーズ・ポテト
2サニー
3恋はフェニックス
4ワンダリング
5ディス・ガイズ・イン・ラヴ・ウィズ・ユー
6ウェイヴ
7ドリームズヴィル
8イエスタデイ
9エリナー・リグビー
10ビリー・ジョーの唄





●MATS EILERTSEN / Maze / Oslo Session Recordings / OSR001 / 7071750180062
/ CD / 2,376円(税込)

収録曲
1 The VoidComposed By – Mats Eilertsen Vibraphone – Mike Mainieri 6:36
2 Capital Composed By – Bendik Hofseth 4:22
3 Bordeaux State of Mind Composed By – Jacob Young Vibraphone – Mike Mainieri 6:55
4 Bolero Composed By – Jacob Young Vibraphone – Mike Mainieri 8:11
5 Bora Composed By – Mats Eilertsen 5:15
6 Kokomlemle Composed By – Bendik Hofseth 5:45
7 Blue Composed By – Jacob Young 3:40

Bendik Hofseth - tenor sax
Jacob Young - guitar
Mats Eilertsen - bass
Paolo Vinaccia - drums
Mike Mainieri - vibes on 1, 3 &4

Recorded by Jan Erik Kongshaug at Rainbow Studios, Oslo, May 2016.





●BENDIK HOFSETH / Ratkes Gate / Oslo Session Recordings / OSR002 / 7071750180062
/ CD / 2,376円(税込)

Design – Nikolai Blumenthal
Photography – Erlend Mikael Sæverud
Producer – Paolo Vinaccia
Recorded By, Mixed By, Mastered By – Giert Clausen
Tenor Saxophone – Bendik Hofseth
Drums – Paolo Vinaccia
Guitar – Jacob Young

1 Oh,My Country 4:19
2 Here We Go Again 5:19
3 The Man, The Myth & The Legend 2:09
4 Horizon 6:19
5 Lille Berlin 6:45
6 Kilamba 7:40
7 Bird Ballad 3:47





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD&RD】 11/22 新入荷一覧! 


●STEVE KUHN / To and from the Heart / SUNNYSIDE / SSC1490 / 0016728149020 / CD / 2,268円(税込)

本年80歳の大台にのった超ベテラン・ピアニストスティーヴ・キューン
2017年NYシアー・サウンドでのスタジオ録音
20年以上の活動歴となるスティーヴ・スワロー、ジョーイ・バロンとの演奏
ラストは名作のタイトル曲メドレー!!
1938年3月24日生まれ、80歳の大台に乗った超ベテラン・ピアニスト、スティーヴ・キューン・トリオの最新スタジオ録音作品!

60年近くに及ぶキャリアの中、コールマン・ホーキンス、チェット・ベイカー、ジョン・コルトレーン、ゲイリー・マクファーランド、ピート・ラロッカ等、数々のレジェンドと共演。王道のジャズから、アヴァンギャルドなフィールドまで、非常に幅広い演奏を聴かせて来た一方、このところはトリオ・フォーマットでの活動を主軸にしており、中でも、本作のメンバーとのトリオは、キューンにとって、もっともなじみで、クリエイティヴなものといえます。
本作は、2017年9月、NYのシアー・サウンドでのスタジオ・レコーディング。
ほの明るい響きの中にも内省的で落ち着きをもったスティーヴ・キューンのオリジナルをオープニングに、どの曲もキューンの美しいハーモニー/ メロディが光る演奏。スロー~ミディアムのテンポを中心に、限られた音数で奏でられるだけに全体的には穏やかさが感じられますが、それだけに、一音一音の粒立ちも印象的。また、さりげなくも匠のインプロヴィゼーションによるトリオのコンビネーションも言うまでもありません。
魅力的なスタンダード演奏も 2 曲織り込むと同時に、鮮烈なコントラストを見せるのがラストの演奏。“Trance”“Ocean in the Sky”ともに言うまでもなく、キューンの代表的なオリジナル楽曲で、双方とも名作と評価の高いキューンの作品のタイトル曲メドレ-。詩的なリリシズム、内省的な側面と情感あふれるままに吐露される表現、静けさと激しさ・・・キューンの個性/魅力が凝縮された演奏は、これぞラストにふさわしいトラックとなっています。
長いキャリア、長い活動歴/演奏歴を経ているからこその表現の幅も魅力の一枚。まだまだ現役で演奏を続けてほしいと願わずにはいられない一作品です。

メンバー:Steve Kuhn(p), Steve Swallow(b), Joey Baron(ds)

ソングリスト
1Thinking Out Loud (Steve Swallow)
2Pure Imagination (Leslie Bricusse & Anthony Newly)
3Away (Steve Swallow)
4Never Let Me Go (Raymond Evans & Jay Livingston)
5Into The New World (Michika Fukumori)
6Trance/Oceans In The Sky (Steve Kuhn)






●Harold Mabern / The Iron Man : Live at Smoke / Smoke Sessions Records / SSR-1807 / 0888295814577 / 2CD / 2,484円(税込)

ジャズ界のアイアン・マン、ハロルド・メイバーン
エリック・アレキサンダーをフィーチャーした現代の「黄金のカルテット」
ジャズマン・オリジナルからスタンダード曲まで、ハードバップ魂が満載
NYでの重量級のライブ・ステージが堪能できる大注目盤!!

ジャズ界の「アイアン・マン(鉄人)」ハロルド・メイバーンの26作目のリーダー・アルバムが登場。スモーク・セッション・レコードからは4作目のアルバム。エリック・アレキサンダーをフィーチャーした同カルテットのライブ盤は1999年3月の東京原宿キーノートの録音以来、約20年振りになる。
2017年12月17日からNYのジャズクラブ、スモークで行われた「カウントダウン2018-ジョン・コルトレーン・フェスティバル」と題された「ハロルド・メイバーン・カルテット・フィーチャリング・エリック・アレキサンダー」の21日間連続のライブ。毎晩同カルテットにゲスト・プレーヤーが参加し、3セットに亘って演奏。本作は最終日1月7日(日)の61、62、63セット目のステージをライブ収録したもの。
実はメイバーンが意図したライブ録音は2日前の1月5、6日(金、土)に終了しており(このライブ録音も後日発売予定)、1月7日にあえて録音する必要はなかったが、メンバーはライブ録音というプレッシャーもなくリラックスした雰囲気の中でいつものお気に入りの曲を演奏。収録された曲の出来がどれも良いので本作の発売が先行されたとのこと。
テナーのエリック・アレキサンダーは1987年からメイバーンに師事し、エリック・アレキサンダーとの同カルテットはもう30年近く続いている長寿グループ。まさに現代のコルトレーン、マッコイ・タイナー、エルヴィン・ジョーンズの「黄金のカルテット」を彷彿とさせるグルーブである。ドラムスのジョー・ファンズワースはエリックと同じウイリアム・パターソン大学の盟友で白人ドラマーとしてトップクラスの人気と実力の持ち主。白人ベーシストのジョン・ウェバーもナット・リーブスと共に同グループで長年活躍している。
収録曲はエリック・アレキサンダーのカルテットでもよく演奏されるお馴染みの曲ばかり。オープニング曲の“A Few Miles From Memphis”は1968年にプレスティッジレコードから発売されたメイバーンのデビューアルバムのタイトルチューン。他にもリー・モーガンとの共演で有名な“Rakin’and Scrapin’”他メイバーンのオリジナル曲が全3曲。ジャズマン・オリジナルやスタンダード曲、エリック・アレキサンダーが良くライブで披露するマイケル・ジャクソンの名曲“She’s Out of My Life”がエリック・アレキサンダーの珠玉のバラード演奏で収録されている。
今年82歳のメイバーン、そのプレイはファンキーで年々若返っているようだ。ある時はウイントン・ケリーのように、またある時はマッコイ・タイナーのように。もちろんメイバーンはワン・アンド・オンリーのピアニストである。ソロの合間に別な曲のフレーズがどんどん出てきて湧き上がるアイデアと情熱には頭が下がります。日本には毎年コンスタントに自己のトリオで来日しており、その健在ぶりを証明している。ジャズ界の「アイアン・マン」には目が離せない。

メンバー:
Harold Mabern (p),
Eric Alexander (ts), John Webber (b), Joe Farnsworth (ds)
Recorded January 7, 2018 at Smoke Jazz Club in New York City.

Disc 1
1. A Few Miles From Memphis (Harold Mabern) 7:32
2. I Get A Kick Out Of You (Cole Porter) 8:08
3. I Know That You Know (Vincent Youmans / Anne Caldwell) 4:48
4. I Remember Clifford (Benny Golson) 4:44
5. T-Bone Steak (Jimmy Smith) 9:28
6. Almost Like Being In Love (Frederick Lowe / Alan Jay Lerner) 8:49
7. Dear Lord (John Coltrane) 5:49

Disc 2
1. Nightlife In Tokyo (Harold Mabern) 9:45
2. She’s Out Of My Life (Tom Bahler) 9:03
3. How Insensitive (Antonio Carlos Jobim / Norman Gimbel) 10:29
4. Mr. P.C. (John Coltrane) 5:07
5. On A Clear Day (You Can See Forever) (Burton Lane / Alan Jay Lerner) 6:34
6. You Are Too Beautiful (Richard Rodgers / Lorenz Hart) 7:14
7. Rakin’And Scrapin’ (Harold Mabern) 5:43







●ENRICO PIERANUNZI / Play Gershwin / CAM JAZZ / CAMJ7939 / 8052405143501 / CD / 2,268円(税込)

“パリのアメリカ人”発表から90年
エンリコ・ピエラヌンツィが描くガーシュインの世界
原曲の世界観を活かしながらクラリネット&ヴァイオリンとのトリオのために
大胆にアレンジ /演奏
ヨーロッパ⇔アメリカ、クラシック⇔ジャズ
異なる要素が相互作用を起こし、新たに生み出された注目作

イタリアが誇る音楽家、エンリコ・ピエラヌンツィによるガーシュイン曲集。
エンリコ・ピエラヌンツィの活動の軸足は、他でもないジャズにありますが、ルーツはクラシック。また近年は、スカルラッティ、バッハ、ハイドンといった作曲家の楽曲を原曲と不可分なく即興劇と結びつける作品を 2 作品リリースしたほか、同郷のクラシックの鬼才ブルーノ・カニーノとクラシックの2台ピアノに挑戦する作品もリリースしています。
本作は、そんなピエラヌンツィが、アメリカ 20 世紀、クラシック界の巨匠であり、欧米の音楽、またジャズとクラシック双方の要素に架け橋をかけた、ジョージ・ガーシュインの楽曲に取り組んだ注目作品。原曲の世界観を崩さないスタンスは、エンリコ・ピエラヌンツィの流儀で、全般的にはクラシック的な音の世界。一方、もともとオーケストラで演奏されることが多かった楽曲をここでは 3 人で演奏するためにアレンジ。そこには大胆な書き換えがありますが、“原曲”と“ジャズ的な要素”を組み合わせ、境界線もかぎりなく曖昧に描くアレンジ〜演奏は、まさにピエラヌンツィの音楽家としての真骨頂とも言えます。
エンリコ・ピエラヌンツィとともに演奏するのは、兄弟であるヴァイオリニスト、ガブリエレ・ピエラヌンツィ、そしてエンリコとは、デュオ作なども制作しているクラリネットのガブリエレ・ミラバッシ。
ヨーロッパが生んだクラシック音楽の世界はそのままに、管弦楽曲を即興的な演奏のシナジーにより 3 人で創り上げていく果敢な試みも聴きもの。もちろん類まれなピエラヌンツィのテクニック、繊細でニュアンス豊かなタッチは言うまでもなく、特に、このような楽曲で聴かせるトリルの美しさも絶品です。
本年 (2018 年 ) は、“パリのアメリカ人”が、初めて発表されてから 90 年。メモリアル・イヤーの楽曲を筆頭に、壮大な“ラプソディ・イン・ブルー”まで、注目の7編。歴史的に考えると、<ガーシュインがヨーロッパ、パリにインスパイアされてNYの地で描いた楽曲>を、90 年の時を経て、<イタリア人として生まれ、アメリカのジャズに憧れて自らの表現を極めてきた音楽家エンリコ・ピエラヌンツィが逆方向から描く>という背景もとても興味深いものでもあります。

メンバー:
Enrico Pieranunzi(p)
Gabriele Mirabassi(cl)
Gabriele Pieranunzi(vln)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1An American In Paris (14:53)
2Prelude 1 (1:24)
3Prelude 2 (Blue Lullaby) (4:54)
4Prelude 3 (Spanish Prelude) (1:08)
5Prelude (Melody No.17) (2:32)
6Variazioni Su Un Tema Di Gershwin (4:59)
7Rhapsody In Blue (19:21)




●GIOVANNI MIRABASSI / Summer's Gone / CAMJAZZ / CAMJ7938 / 8052405143471 / CD / 2,268円(税込)

ジョヴァンニ・ミラバッシ、『アニメッシ』発表以来4年半あまり・・
ファン待望のトリオ作
全12曲中11曲がオリジナルのレギュラー・トリオでの一作
イタリアの抒情、美旋律が溢れるミラバッシ・ワールド!

90年代半ばから頭角を現し、数々の来日公演もあり、日本でも高い人気を誇るジョヴァンニ・ミラバッシ、CAM JAZZでの第4弾。
作品としては、ドイツのバウアー・スタジオでの録音作品『Live in Germany』以来、1年半ですが、トリオとしては、4年半あまりぶりのリリース。また楽曲はアストル・ピアソラの楽曲M5をのぞいてすべてオリジナル。ジブリ・アニメの大ファンだと公言し、スタジオ・ジブリからもリスペクトを受ける存在であるだけに前作のようなジブリ曲集は企画ものに止まるものでは決してなく、もちろん魅力的ですが、このようなオリジナル楽曲をトリオで聴きたいと思っていた方も数多いはず。それだけに、いろいろな意味での待望の作品と言えます。
ベースにはジャンルカ・レンツィ、ドラムはルクミル・ペレスという長年活動を繰り広げるトリオによる演奏で、楽曲は、どの曲も叙情あふれるメロディが印象的なものばかり。同国の先輩ピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィの影響も今なお薫らせながら、ブルース・フィーリングを抑えめにしたところは、やはりミラバッシならではです。
ヨーロピアンならではの詩的な世界は、美的メロディを愛するリスナーの心にすんなりと入る演奏。キャリア初期から一貫とした世界があります。

メンバー:Giovanni Mirabassi(p), Gianluca Renzi(b), Lukmil Perez(ds)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Requiem For N. F.
02 A Dirty Job
03 Le Voyage De Yui
04 Quasi Quasi
05 Ausencias
06 La Mélodie Du Désastre
07 Impro 1
08 Summer’s Gone
09 My Corean Heart
10 Impro 2
11 Nana Nana Nana (777) (5:45)
12 Valentina (3:01)




●ROBERTO NEGRO / Kings And Bastards / CAMJAZZ / CAMJ7937/ 8052405143440 / CD / 2,268円(税込)

ピアノ、プリペアド・ピアノ、エレクトロニクスを使用
ミニマル的で民俗的でクラシカル…あらゆるサウンドが溶け込む
Roberto Negro、CAM JAZZデビューにして初のソロ・アルバム!

トリノ出身、20年以上フランスで育ち、現在はフランスの新しいジャズ・シーンの代表的な存在となっているピアニスト/作曲家、Roberto Negro。今作はCAM JAZZからのファースト・アルバムであり、ピアノソロ・デビュー作である。
Roberto Negro 自身のプロジェクトは、エミール・パリジャンとのデュオやパーカッションを入れたトリオ、ヴァイオリンとのデュオや弦楽四重奏を取り入れたバンドをはじめ、多岐に渡る。またミシェル・ポルタルやルイ・スクラヴィス、ダニエル・ユメールなどヨーロッパ・インプロ界隈の大御所とも交流がある。
ソロ・デビューの今作は、ステファノ・アメリオのレコーディング・スタジオの他、フランスの“Sons d’Hiver festival”での演奏やNegroの自宅での演奏に、後からエレクトロニクスを追加している。
電子音で創り出す壮大な宇宙空間のようなサウンドや、プリペアド・ピアノの調子外れの響きと複雑なリズムを重ね合わせミニマル的であり民俗的でもある奇妙なサウンド、クラシカルとも言えるピアノのタッチと現代的なハーモニーの楽曲、またそれら全てを併せたものなど、底知れないネグロの音楽性がトラックごとに異なるスタイルで表現されてる。

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Fahrenheit 0.2- Grande Assaly
02 Kings & Bastards
03 François il Riformista
04 Mbah il Supremo
05 Fahrenheit 1.7
06 Lemba
07 Boboto
08 Horik il Feroce
09 Scaramouche
10 Qin il Legista
11 Il Gattopardo
12 Giò
13 Beaumarché







●PHILIPPE LEMM / City Birds / OUTSIDE IN MUSIC / LEMM201802 / 0845121025057 / CD / 2,268(税込)

前作同様のメンバーでピアノトリオの可能性を追求したドラマーがリーダーの新録。とにかくメロディー重視の初心者にも親しみやすい内容!
ただ音楽的には創意工夫があらゆるところになされていて、ダイナミックな表現と緻密な構成にベテランリスナーをも唸らせるであろう推薦盤です。

Philippe Lemm – Drums
Angelo Di Loreto – Piano
Jeff Koch – Bass

ソングリスト
1Emerge
2Anyone Who Knows What Love Is
3Castle Rock
4Interlude
5Scarborough Fair
6Arya
7Funchal
8Amsterdams Parfum
9Elvy Feat. Brainpower






●MARY HALVORSON / TRAVERSING ORBITS / ROGUEART / 3760131270839 / CD / 2,484(税込)

Joe Morris: guitar
Mary Halvorson: guitar

Brain Draft (2:33)
Shivering Sunshine (3:50)
Traces of Three (4:11 ) Play
Silence Invasion (3:42)
Semaphore (11:44)
Full of Somehow (9:02)
Constant Between (7:29)
In Other Terms (6:14)
Over the Line (5:39)





●V.A. / Snapshot: Jazz Now Jazz Aus Der Ddr / SONG CYCLE / CY992 / 0889397719920 / LP / 4,320円(税込)

※2LP/140g
1979年に開催された、ベルリン芸術アカデミーでのライブ音源が、2枚組LP盤でリリース!!

In August 1979, East German musicians were invited to perform a three-day festival in West Berlin. Billed as 'Jazz Now,' this landmark meeting was recorded and initially released by Free Music Production. From stunning duos to challenging small-group performances, from large rave-ups to Mingus nods, 'Snapshot' provides much more than that name suggests. It's as complete a portrait of jazz in the GDR as you're ever likely to find, and a moment in time that continues to reverberate - via these sounds - today.

ソングリスト
Disc 1
1 Berliner Improvisations Quartett - Sieben Viertel
2 Gumpert-Sommer-Duo - Nachschlag - Aufgewärmt
3 Gumpert-Sommer-Duo - Jazz Now - Und Später
4 Friedhelm Schönfeld Trio - Manchmal Scheint's Als Ob, Ulrich 2. Gumpert Workshop Band - For C.M.
Disc 2
1 Studio IV - Wikope
2 Gumpert-Sommer & Manfred Hering - Anophelismücke
3 Ernst-Ludwig Petrowsky Quartett - Talar
4 Ernst-Ludwig Petrowsky Quartett - Enfant
5 Hans Rempel Orchester - Nummer 3 (Auschnitt/A Part Of The Piece)







●CECIL TAYLOR / New York City R&B / CECIL TAYLOR / DOXY / ACV2106 / 0889397021061 / LP / 2,484円(税込)

※LP/140g
オリジナル盤は1972年リリース!! 今回はお買い得プライスでおなじみのレーベルdoxyより、ボーナストラックを含めてのぜいたくなリイシュー!!

Baritone Saxophone – Charles Davis
Bass – Buell Neidlinger
Drums – Billy Higgins, Dennis Charles
Piano – Cecil Taylor
Producer, Liner Notes – Nat Hentoff
Soprano Saxophone – Steve Lacy
Tenor Saxophone – Archie Shepp
Trombone – Roswell Rudd
Trumpet – Clark Terry

ソングリスト
1 O.P.
2 Things Aint What They Used To Be
3 I Forgot
4 Cindys Main Mood
5 Cell Walk For Celeste
6 Section C







●E.S.T. / Strange Place For Snow / ACT / ACTLP90111 / 0614427901118 / LP / 4,968円(税込)

※2LP/180g
2002年リリース。エフェクターによるエレクトリック・サウンドもさることながら、キャッチーなメロディや数小節のループが増え、よりロック色が強まり、ドラマチックな作品となっている。日本デビュー作でもある。

メンバー:Esbjörn Svensson(p), Dan Berglund(b), Magnus Öström(ds)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
Disc 1
1 The Message
2 Serenade For The Renegade
3 Strange Place For Snow
4 Behind The Yashmak
5 Bound For The Beauty Of The South
Disc 2
1 Years Of Yearning
2 When God Created The Coffeebreak
3 Spunky Sprawl
4 Carcrash



●E.S.T. / Seven Days Of Falling / ACT / ACTLP90121 / 0614427901217 / LP / 4,968円(税込)

※2LP
2003年リリース。既に世界的な人気を得ており、特にドイツ、フランス、スウェーデンではリリース直後のポップ・チャートにランクインした。“German Jazz Award”や“Swedish Grammy-award 2004”を受賞。

メンバー:Esbjörn Svensson(p), Dan Berglund(b), Magnus Öström(ds)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
Disc 1
1 Ballad For The Unborn
2 Seven Days Of Falling
3 Mingle In The Mincing-Machine
4 Evening In Atlantis
5 Did They Ever Tell Cousteau?
6 Believe, Beleft, Below
Disc 2
1 Elevation Of Love
2 In My Garage
3 Why She Couldn’t Come
4 O.D.R.I.P
5Love is Real







●BLUE MITCHELL / Blue Soul / WAX LOVE / WLV82082 / 8055515230291 / LP / 2,160円(税込)

※LP
オリジナルは1959年リリース!! 人気トランペッターによる、ハードバップの歴史を語るような存在として光り輝く名盤が、今回はお買い得プライスでおなじみのWAX LOVEレーベルよりリイシュー!!

Bass – Sam Jones
Drums – Philly Joe Jones
Piano – Wynton Kelly
Tenor Saxophone – Jimmy Heath
Trombone – Curtis Fuller
Trumpet – Richard "Blue" Mitchell*

ソングリスト
1Minor Vamp
2The Head
3The Way You Look Tonight
4Park Avenue Petite
5Top Shelf
6Waverley Street
7Blue Soul
8Polka Dots And Moonbeams
9Nica's Dream



●ARMSTRONG / LOUIS AND THE GOOD BOOK + 1 BONUS TRACK / WAXTIME / 8436559464819 / LP / 2,700円(税込)



●GERRY MULLIGAN / Meets Paul Desmond / GERRY MULLIGAN / WAXTIME / WAX772250 / 8436559465168 / LP / 2,700円(税込)

※LP/180g
ジェリー・マリガンとポール・デスモンドがピアノレスのユニットで録音した名作。オリジナルは1957年にヴァーヴレーベルから発売された『Blues In Time』。相性の良い二人の心地よいサックスの響きが素晴らしいアルバムです。
オリジナルLPに含まれなかった同セッションの音源が1曲追加収録されている。

メンバー:
Gerry Mulligan (bs), Paul Desmond (as), Joe Benjamin (b), Dave Bailey (ds)
A1, A2, B1 & B4: Los Angeles, August 2, 1957.
A3, A4, B2 & B3: New York, August 27, 1957.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1 Blues In Time (Paul Desmond)
2 Body And Soul (Green-Eyton-Heyman-Sour)
3 Stand Still (Gerry Mulligan)
4 Line For Lyons (Gerry Mulligan)
5Wintersong (Paul Desmond)
6Battle Hymn Of The Republican (Paul Desmond)
7Fall Out (Gerry Mulligan)
8Lover (Richard Rodgers-Lorenz Hart)



●OSCAR PETERSON / Night Train + 1 Bonus Track / WAXTIME / WAXIC950645 / 8436559464833 / LP / 2,700円(税込)

※LP/180g/COLORED VINYL
レイ・ブラウン(b)、エド・シグペン(ds) との黄金のトリオで録音されたオスカー・ピーターソンの大人気作。オリジナルLPに含まれなかった1曲がボーナストラックとして追加。盤面は、パープル。

メンバー:
Oscar Peterson (p), Ray Brown (b), Ed Thigpen (ds)
Radio Recorders, Hollywood, December 16, 1962.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Night Train
02 C Jam Blues
03 Georgia On My Mind
04 Bags’ Groove
05 Moten Swing
06 Easy Does It
07 The Honeydripper
08 Things Ain’t What They Used To Be
09 I Got It Bad And That Ain’t Good
10 Band Call
11 Hymn To Freedom
12 Volare



●ELLA FITZGERALD / Ella In Berlin Mack The Knife + 4 Bonus Tracks! / WAXTIME / 950645 / 8436559464802 / LP / 2,700円(税込)

※LP/180g
エラ・フィッツジェラルドの1960年ベルリンでのライヴを収録した人気作。途中で歌詞を忘れ、アドリブの歌詞で唄うタイトルチューンの“Mack The Knife”は有名である。オリジナルLPに収録されなかった同ライブの音源2曲と1956年のハリウッド・ボウルでのライヴ2曲をボーナス収録!盤面は、ブルー。

メンバー:
Ella Fitzgerald (vo), Paul Smith (p), Jim Hall (g),
Wilfred Middlebrooks (b), Gus Johnson (ds)
Deutschlandhalle, Berlin, Germany, February 13, 1960.
*From The Same Concert. Not On The Original LP.
**Bonus Tracks (B5-B6): Ella Fitzgerald (vo), Paul Smith (p),
Barney Kessel (g), Joe Mondragon (b), Alvin Stoller (ds).
Hollywood Bowl, Los Angeles, August 15, 1956.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 That Old Black Magic
02 Our Love Is Here To Stay
03 Gone With The Wind
04 Misty
05 The Lady Is A Tramp
06 The Man I Love
07 Summertime
08 Too Darn Hot
09 Lorelei
10 Mack The Knife
11 How High The Moon?
12 Love For Sale
13 Just One Of Those Things






●JOHN COLTRANE / Standard Coltrane + 1 Bonus Track / SPIRAL RECORDS / 97147 / 8436563182457 / LP / 2,484円(税込)

※LP/180g
オリジナルは1962年リリース!! 数あるコルトレーン作品群の中でも安定した人気を保つ本作が、今回はお買い得プライス+ボーナストラック、重量盤LP仕様でSPIRAL RECORDSよりリイシュー!!

Bass – Paul Chambers
Drums – Jimmy Cobb
Piano – Red Garland
Tenor Saxophone – John Coltrane
Trumpet – Wilbur Hardin

ソングリスト
1Don’t Take Your Love From Me (Henry Nemo)
2I’ll Get By (Turk-Ahlert)
3Spring Is Here (Rodgers-Hart)
4Invitation (Kaper-Webster)
5My Ideal (Richard Whiting)



●ORNETTE COLEMAN / Change Of The Century + Bonus Track / ORNETTE COLEMAN / SPIRALS RECORDS / 97140 / 8436563182440 / LP / 2,484円(税込)

※LP/180g
オリジナルは1960年リリース!! コールマンといえばこの作品といえるほどの人気作品。今回は、ボーナストラックを含めての重量盤LP2枚組でリイシュー!!

Alto Saxophone, Composed By, Liner Notes – Ornette Coleman
Bass – Charlie Haden
Drums – Billy Higgins
Trumpet [Pocket] – Donald Cherry

ソングリスト
1Ramblin’
2Free
3The Face Of The Bass
4Music Always
5Forerunner
6Bird Food
7Una Muy Bonita
8Change Of The Century




●CHET BAKER / Picture Of Heath + Bonus Track / SPIRAL RECORDS / 97126 / 8436563182433 / LP / 2,484円(税込)

※LP/180g
チャット・ベイカー、1957年リリース作品が、今回は、ボーナストラックを含め重量盤LP仕様でリイシュー!!

Alto Saxophone – Art Pepper
Bass – Curtis Counce
Drums – Lawrence Marable
Piano – Carl Perkins
Tenor Saxophone – Phil Urso
Trumpet – Chet Baker

ソングリスト
1Picture Of Heath ( Jimmy Heath)
2For Miles And Miles ( Jimmy Heath)
3C.t. A. ( Jimmy Heath)
4Tynan Tyme [First Version] (Art Pepper)
5For Minors Only ( Jimmy Heath)
6Minor-Yours (Art Pepper)
7Resonant Emotions ( Jimmy Heath)
8Tynan Tyme (Art Pepper)








●CHRISTIAN MCBRIDE / Christian Mcbride's New Jawn / CHRISTIAN MCBRIDE / MACK AVENUE / MAC1133LP / 0673203113312 / LP / 6,804円(税込)

'15年のヴァンガード公演をきっかけにスタートした21世紀の注目グループ
待望!クリスチャン・マクブライド“New Jawn”による強力作!!
コード楽器を排したカルテットならではの化学反応
4人が最大公約数的に炸裂し、美しく響き合う!!

待望!クリスチャン・マクブライドの新グループ“New Jawn”による作品の登場!!
チック・コリア、パット・メセニーのグループの一角として活躍し、自身のグループ/ プロジェクトでも話題の尽きないクリスチャンは、今や、1ベーシストという枠を越え、クリエイターとして大きな存在感を見せますが、本作の登場によって、またその魅力が証明されます。
本グループは、コード楽器を排したカルテット!!近年のクリスチャン・マクブライドの活動では、ピアノ・トリオ、ヴィブラフォン、ピアノを加えたインサイド・ストレート、そして、ビッグ・バンドというのがおなじみで、この編成は演奏機会が極めて少なかった類のもの。しかしだからこそ、クリスチャン自身も、このフォーマットで何が起こるか好奇心も抱いて、挑んだといい、結果は、見事にここに結実しました!
クリスチャンのベースをコアとして、ディープなスウィング・ナンバーからブルース演奏あり、アグレッシヴで大胆な抽象的な表現あり、また美しく上品なバラードあり。一言でいえば、メンバー4人がピアノレスならではの化学反応を起こし、最大公約数的な音楽を描き上げたと言えそうな演奏の数々!伝統と革新、統制のとれた美しいアンサンブルと、即興のスリルが混然一体となるこのユニットは、21世紀の注目グループといっても過言でないものを感じさせます。
グループのきっかけは、2015年12月、毎年恒例となったヴィレッジ・ヴァンガードの2週間公演の機会にて。クリスチャン・マクブライドは、今やおなじみのピアニストとなったクリスチャン・サンズを迎えたトリオを結成して2枚の作品を録音しながら、評判高まる“サンズ自身の活動の自由”を考えて新しい方向性も考えていたとのこと。
そんな時、ジャッキー・マクリーンの薫陶を受け、若くしてラシッド・アリ、オリバー・レイク、ビリー・ハーパーといったレジェンドのグループにも参加し、ケニー・バロン、マーク・ターナーといったアーティストとも録音歴を持つトランペッター、ジョシュ・エヴァンスと“邂逅”。そこにクリスチャン・マクブライド自身“ブランフォード・マルサリスの後継者”と評するマーカス・ストリックランドを迎えて、フロント二管を設定。そしてリズムを共に担うドラマーには20年以上という長年の知り合いでありながら、共演歴が少なく、リスペクトし続けていた未知数のナシート・ウェイツを迎えて結成!クリスチャンは、そんなナシートを“いつ何時もクリエイティヴで、旋風を巻き起こすようなドラマー”と評していますが、その意味は、M2, 4, 7あたり数曲を聴けば納得といえます。
酔っ払いが列をなして歩く様子を音楽で表現したというユニークなリズムを配したオープニング曲に始まり、コードレス・カルテットのスリルが炸裂するM4.5、ジョシュ・エヴァンスがセロニアス・モンクへのオマージュを曲にしたM3、ビリー・ストレイホーンの美学を彷彿とさせるM6、そして、ウェイン・ショーターのコンポジションへのメンバーのリスペクトと演奏力が炸裂するM9まで、駄作、駄演なし、ヴァラエティにも富んだ9曲!!本年6月に来日もした本グループ。その公演に共感された方はもちろん、伝統に則る現代ジャズに注目する全ての方にお薦めの最高の作品です!!

メンバー:Christian Mcbrid(b), Josh Evans(tp),
Marcus Strickland(ts, b-cl), Nasheet Waits(ds)

ソングリスト
Disc 1
1 Walkin’ Funny
2 Ke-Kelli Sketch
3 Ballad of Ernie Washington
4 The Middle Man
5 Pier One Import
Disc 2
1 Kush
2 Seek The Source
3John Day
4 Sightseeing





●濱瀬元彦 / 樹木の音階 / SILENT RIVER RUNS DEEP / JPN / SR2D1001 / 4988044039568 / LP / 3,996円(税込)

※LP / 完全限定プレス
才気溢れるコンテンポラリー/ アンビエント・ミュージック奇跡の録音がついにLP化。

1970年代よりベーシストとしてジャズ・シーンの第一線で活躍、音楽理論家としても名高い濱瀬元彦が1988年に発表したソロ3作目が初のLP化。
ピアノに柴野さつき、パーカッションに山口恭範を迎え制作した本作品は、国産コンテンポラリー/アンビエント・ミュージックの金字塔として評価が再燃、最もレコード化が待たれた音源の一つと言えるでしょう。
優れた演奏技術を備えた3名が奏でる、研ぎ澄まされた1音1音が織りなすアンサンブルは詩情豊かな情景を見事に描き出し、精緻極める理論に基づき、聴くたびに新たな発見を促す楽曲構成には、只々感嘆の一言に尽きます。
今回の初アナログリリースにあたり濱瀬氏自身が立ち会いのもと新たなミックスを施し作品はさらなる高みへ、ディスクユニオン新レーベル『Silent River Runs Deep』より満を持してリリース。

・演奏:濱瀬元彦(b)、柴野さつき(pf)、山口恭範(perc)
・2018年最新ミックス&マスタリング
・巻き帯/インサート付

ソングリスト
1 #Notes Of Forestry (6:13)
2 Pascal (7:44)
3 Spiral For Multipul Instruments (8:04)
4 Nude (17:14)





●BILL EVANS & JIM HALL / Undercurrent (The Stereo & Mono Versions) / GREEN CORNER / GC200905 / 8436563182204 / LP / 3,240円(税込)

※2LP/180g
ビル・エヴァンス(p) とジム・ホール(g) という繊細な二人が対峙したデュオ・アルバム。まさに究極のリリシズム。
1962年ニューヨーク録音。ステレオ盤のみオリジナル盤に収録されなかったボーナストラックが2曲追加。
1950年代から1960年代の前半はMONOとステレオの切り替え時期にもあたり、大きなレコード会社はレコード番号を変えてMONO盤、ステレオ盤の2種類を発売していた。当時のステレオはまだ技術的にも成熟していなかったこともあり本2枚組LPはMONOとステレオの音作り、音場の違いなどの聴き比べが可能。

メンバー:Bill Evans (p), Jim Hall (g)
On both LPs: New York, April 24 (A2)& May 14 (tracks A1, A3 & B1-B3), 1962.
*BONUS TRACKS: From the same sessions (same date as A2),
but not included on the original album.
The Mono versions are not known to have survived.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
Disc 1
1 My funny valentine
2 I hear a rhapsody
3 Dream gypsy
4 Stairway to the stars (bonus track)
5 Romain
6 Skating in central park
7 Darn that dream
8 I'm getting sentimental over you (bonus track)
Disc 2
1 My funny valentine
2 I hear a rhapsody
3 Dream gypsy
4 Romain
5 Skating in central park
6Darn that dream





●ART BLAKEY / Moanin / JAZZ IMAGES / 37001 / 8437012830721 / LP / 2,484円(税込)

※LP / 180g / Gatefold
大好評のJazzImagesシリーズから新たなタイトル続々!ジャズ名盤 with Jean-Pierre Leloir's Photoフランスの名カメラマンの”未発表写真”をジャケにした注目の21世紀の新ジャケシリーズLP!! 【Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection】

アート・ブレイキー初のブルーノート作品/ジャズ史上に残る58年録音のハードバップ名盤。ボビー・ティモンズ作曲のタイトル曲<モーニン>は言わずもがなの、大名曲。カバー写真は、63年3月16日、パリ、オルリー空港で撮影されたブレイキーのポートレイト。

メンバー:
ART BLAKEY (ds & leader), LEE MORGAN(tp), BENNY GOLSON(ts),
BOBBY TIMMONS(p), JYMIE MERRITT(b),
Hackensack, New Jersey, October 30, 1958.
Original session recorded by Rudy Van Gelder & produced by Alfred Lion.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1 Moanin'
2 Are You Real
3 Along Came Betty
4 The Drum Thunder (Miniature) Suite
5 Blues March
6 Come Rain Or Come Shine



●BUD POWELL / Lonely One- Gatefold Edition / JAZZ IMAGES / 37052 / 8436569190401 / LP / 2,484円(税込)

※LP/180g/Gatefold Edition
フランスの名カメラマン Jean-Pierre Leloirの写真と名盤の出会い
アーティストの素顔を追った写真家の名ショット
フランスならではのセンスが最高に粋です!!!
1955年の“ジョージ・デュヴィヴィエ+アート・テイラーとのトリオ”および、“パーシー・ヒース+ケニー・クラークとのトリオ”を収録。オリジナルのリリースはVerveで、1959年に発売されている。ジャケット写真は、1963年パリのBuci通りにたたずむワンショット。

メンバー:Bud Powell(p) On All Tracks, Plus:
A1-A5 & B7: George Duvivier(b), Art Taylor(ds)
Fine Sound Studio, New York, April 25 (A4-A5 & B7) and April 27 (A1-A3), 1955.
B1-B6: Percy Heath(b), Kenny Clarke(ds)
Fine Sound Studio, New York, January 13, 1955.
(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Confirmation (Charlie Parker)
02 Star Eyes (Gene Depaul-Don Raye)
03 Lullaby In Rhythm (Benny Goodman-Walter Hirsch-Clarence Profit-Edgar Sampson)
04 Willow Weep For Me (Ann Ronell)
05 Heart And Soul (Hoagy Carmichael-Frank Loesser)
06 Mediocre (Bud Powell)
07 All The Things You Are (Jerome Kern-Oscar Hammerstein Ii)
08 Epistrophy (Thelonious Monk-Kenny Clarke)
09 Dance Of The Infidels (Bud Powell)
10 Salt Peanuts (Dizzy Gillespie-Kenny Clarke)
11 Hey George [Sweet Georgia Brown] (Ben Bernie-Maceo Pinkard-Kenneth Casey)
12 Crazy Rhythm (Joseph Meyer-Roger Wolfe Kahn-Irving Caesar)




●CHET BAKER / Sings / JAZZ IMAGES / 37022 / 8437012830936 / LP / 2,484円(税込)

※LP / 180g / gatefold
大好評のJazzImagesシリーズから新たなタイトル続々!ジャズ名盤 with Jean-Pierre Leloir's Photoフランスの名カメラマンの”未発表写真”をジャケにした注目の21世紀の新ジャケシリーズLP!! 【Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection】
トランペット奏者としてと共に、ヴォーカリストとしてファンに大きく支持され、編集された12インチ盤『チェット・ベイカー・シングス』は今では、揺るぎない人気盤。
本作は、その内容はそのままに、59年、パリ・ブルーノートでの写真をジャケにしたもの。
左から、ケニー・クラーク、チェット・ベイカー、ルネ・ウルトルジュ。8月31日撮影。

メンバー:
CHET BAKER (vo & tp), RUSS FREEMAN (p & eleste), JIMMY BOND (b on Side A), CARSON SMITH (b on B1-B5 & B7-B8),
JOE MONDRAGON (b on B6), PETER LITTMAN (ds on A1-A2 & A5), LAWRENCE MARABLE (ds on A3-A4 & A6),
BOB NEEL (ds on B1-B5 & B7-B8), SHELLY MANNE (ds on B6)
All tracks recorded in Los Angeles.
A1, A2 & A5: July 23, 1956; A3, A4 & A6: July 30, 1956;
B1-B5 & B7-B8: February 15, 1954; B6: October 27, 1953.
Original sessions produced by Richard Bock.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01That Old Feeling 3:01
02It's Always You 3:32
03Like Someone In Love 2:23
04My Idem 4:23
05I've Never Been In Love Before 4:26
06My Buddy 2:17
07But Not For Me 3:01
08Time After Time 2:48
09I Get Along Without You Very Well 2:56
10My Funny Valentine 2:18
11There Will Never Be Another You 2:57
12The Thrill Is Gone 2:49
13I Fall In Love Too Easily 3:18
14Look For The Silver Lining 2:36





●CHET BAKER / Chet & Dick / JAZZ IMAGES / 37035 / 8437016248164 / LP / 2,484円(税込)

※LP/180g
大好評のJazzImagesシリーズから新たなタイトル続々!ジャズ名盤 with Jean-Pierre Leloir's Photoフランスの名カメラマンの”未発表写真”をジャケにした注目の21世紀の新ジャケシリーズLP!! 【Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection】

オリジナルは、『Chet Baker Quartet Vol.1』 (Barclay 84009)。本録音は、チェット・ベイカーのヨーロッパでの初の録音をとらえたものとしても知られています。しかし、同行のツワージクは、この一週間後の、10月21日にパリで麻薬過剰摂取のため客死。二人の共演の貴重な記録になっています。
ジャケット写真は、正に、このツアーでのワン・ショット。55年10月、パリのサレ・プレイエルのバックステージでの2人をとらえた貴重写真です。
メンバー:
CHET BAKER(tp), DICK TWARDZIK(p), JIMMY BOND(b), PETER LITTMAN(ds)
Pathé-Magellan Studio, Paris, France, October 11 (A1, A3, A4, B1 & B2) & October 14 (A2, A5, B3 & B4), 1955.
Original sessions produced by Eddie and Nicole Barclay.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1 RONDETTE (Bob Zieff)
2 PIECE CAPRICE (Bob Zieff)
3 MID-FORTE (Bob Zieff)
4 RE-SEARCH (Bob Zieff)
5 POMP (Bob Zieff)
6 SAD WALK (Bob Zieff)
7 JUST DUO (Bob Zieff)
8 THE GIRL FROM GREENLAND (Dick Twardzik)
9 BRASH (Bob Zieff)





●MILES DAVIS / Round About Midnight / JAZZ IMAGES / 37017 / 8437012830882 / LP / 2,484円(税込)

※LP / 180g / Gatefold
大好評のJazzImagesシリーズから新たなタイトル続々!ジャズ名盤 with Jean-Pierre Leloir's Photoフランスの名カメラマンの”未発表写真”をジャケにした注目の21世紀の新ジャケシリーズLP!! 【Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection】

56年、コロンビアでの記念すべき第一作としてリリースされた名盤『ラウンド・ミッドナイト』。プレステッジから、新たなるステージに一歩を踏み出した作品が、マイルス・デイビスにとって、またジャズ史上にとってもまぎれもない、偉大なるマイルストーンとなったのは言うまでもない。ジャケット写真は57年11月、パリ・オランピア劇場で撮影されたもの。

メンバー:MILES DAVIS (tp), JOHN COLTRANE (ts), RED GARLAND (p), PAUL CHAMBERS(b), PHILLY JOE JONES (ds)
All tracks recorded in New York.
“All of You” / “Sweet Sue, Just You” / “’Round Midnight” on September 10, 1956.
“Dear Old Stockholm” / “Bye, Bye, Blackbird” / “Tadd’s Delight” on June 5, 1956.
“Ah-Leu-Cha” on October 26, 1955.
“Sweet Sue, Just You” was originally issued on the 1956 compilation LP What Is Jazz? (Columbia CL- 919).
All original sessions produced by George Avakian.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1 'round midnight (thelonious monk)
2 Ah-leu-cha (charlie parker)
3 All of you (cole porter)
4 Bye, bye, blackbird (mort dixon-ray henderson)
5 Tadd's delight (tadd dameron)
6 Dear old stockholm (traditional. arr. stan getz)
7 Sweet sue, just you (victor young-will j. harris)




●THELONIOUS MONK / Monk's Music / JAZZ IMAGES / 37009 / 8437012830806 / LP / 2,484円(税込)

※LP / 180g / Gatefold
大好評のJazzImagesシリーズから新たなタイトル続々!ジャズ名盤 with Jean-Pierre Leloir's Photoフランスの名カメラマンの”未発表写真”をジャケにした注目の21世紀の新ジャケシリーズLP!! 【Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection】

セロニアス・モンクとジョン・コルトレーンが共演した、ジャズ史上の珍盤、迷盤とも言われるRi versi d『eモンクス・ミュージック』。ジャケット写真は61年パリ、セロニアス・モンクと、妻ネリーの写真。

メンバー:
THELONIOUS MONK(p), COLEMAN HAWKINS & JOHN COLTRANE (ts), GIGI GRYCE(as), RAY COPELAND(tp),
WILBUR WARE(b), ART BLAKEY(ds)
New York, June 26, 1957.
*BONUS TRACK: John Coltrane (ts), Thelonious Monk (p), Wilbur Ware (b), Shadow Wilson (d). New York, July 1957.
All original recordings produced by Orrin Keepnews.

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1Abide With Me
2Well, You Needn't
3Ruby, My Dear
4Ruby, My Dear
5Off Minor
6Epistrophy
7Crepuscule With Nellie



●LESTER YOUNG / Jazz Giant / JAZZ IMAGES / 37051 / 8436569190395 / LP / 2,484円(税込)

※LP/180g/Gatefold
大好評のJazz Imagesシリーズ
フランスの名カメラマン Jean-Pierre Leloirの写真と名盤の出会い
アーティストの素顔を追った写真家の名ショット
フランスならではのセンスが最高に粋です!!!

オリジナルは、Norgranの『The Jazz Giants’56』(MGN-1056)。50年代のレスター・ヤングはアルコール中毒などで不安定な時期で、演奏の評価は微妙なものが多いものの、ノーマン・グランツのディレクションの元、かつての仲間が揃った本作品は、愛すべき演奏が収録されている。ジャケット写真は、1959年1月のパリ・オルリー空港でのもの。この2ヶ月後、レスター・ヤングは49歳の生涯を閉じている。(メーカーインフォより)

メンバー:
Lester Young(ts),
Roy Eldridge(tp),
Vic Dickenson(tb),
Teddy Wilson(p),
Freddie Green(g),
Gene Ramey(b),
Jo Jones(ds)

ソングリスト
1 I Guess I’ll Have To Change My Plan (Howard Dietz-Arthur Schwartz)
2 I Didn’t Know What Time It Was (Richard Rodgers-Lorenz Hart)
3 Louise (Richard Whiting-Leo Robin)
4 Gigantic Blues (Lester Young)
5 This Year’s Kisses (Irving Berlin)
6 You Can Depend On Me (Earl Hines-Charles Carpenter-Louis Dunlap)



●CHET BAKER / Chet is Back! / JAZZ IMAGES / 37014 / 8437012830851 / LP / 2,484(税込)

※LP / 180g/ gatefold
ジャズ名盤 with Jean-Pierre Leloir's Photoフランスの名カメラマンの”未発表写真”をジャケにした注目の21世紀の新ジャケシリーズLP!!
【Jean-Pierre Leloir’s Photo Cover Collection】
1962年、イタリア人、フランス人アーティストとローマで録音されたチェット・ベイカーの人気作品。若きダニエル・ユメールも参加!
ジャケット写真は、63年、パリのポール・ポドリー通りのホテルで撮影された素顔を垣間見せるチェットの肖像。(メーカーインフォより)

メンバー:
CHET BAKER(tp)
BOBBY JASPAR(ts, fl)
RENÉ THOMAS(g)
AMEDEO TOMMASI(p)
BENOÎT QUERSIN(b)
DANIEL HUMAIR(ds)

Rome,Italy,January 5,1962.Original sessions produced by Daniel Baumgarten and Joshua Sherman.

ソングリスト
1 WELL, YOU NEEDN’T (Thelonious Monk)
2 THESE FOOLISH THINGS (Harry Link-Holt Marvell-Jack Strachey)
3 BARBADOS (Charlie Parker)
4 STAR EYES (Gene DePaul-Don Raye)
5 OVER THE RAINBOW (Harold Arlen-E.Y. “Yip” Harburg)
6 PENT-UP HOUSE (Sonny Rollins)
7 BALLATA IN FORMA DI BLUES (Amedeo Tommasi)
8 BLUES IN THE CLOSET (Oscar Pettiford)





●ADRIEN CHICOT / CITY WALK / GAYA / 3521383449615 / CD / 2,484円(税込)




●JULIAN OLIVER MAZZARIELLO / DEBUT / VIA VENETO / 8201250 / 8013358201250 / CD / 2,160円(税込)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

★★2018年11月23日 RECORD STORE DAY BLACK FRYDAY限定商品★★



※RECORD STORE DAY限定商品は
店舗/オンライン・ショップ共に予約販売をいたしません。予めご了承ください。

■店舗では11/23(金)の開店と同時に販売をスタートいたします。
※発売当日に限りまして、購入はお一人様2枚までとさせていただきます。
※発売当日の電話での予約/取り置きはお断りさせていただきます。

■店舗の店頭・電話・メールでの通販に関しましては、商品確保・発送および未入荷品の予約受付は11/30(金)以降となります。
※店頭では、ご来店前提の在庫商品のお取り置きのみ、11/24(土)より受付いたします。




↓新宿ジャズ館入荷品



●ERIC DOLPHY / Musical Prophet: The Expanded 1963 New York Studio Sessions / RESONANCE RECORDS / HLP9035 / 0096802280481 / 3LP / 12,420円(税込)

今なお前人未到ともいえる革新的なアーティスト、エリック・ドルフィー。
ミンガスとの欧州楽旅出発前、ドルフィーが友人に託した7時間半もの音源を発掘/ 作品化!!
『Out to Lunch』の6日後の15 分に及ぶ超貴重音源を含む衝撃のリリース!!

完全未発表音源を多数収録した63年ドルフィーの正にベスト・オブ・ベスト!!
オリジナルLP等で発表された音源も、今回の作品ではエリック・ドルフィー自身が所蔵していた別テープを使用し、マスタリングして作品化!

※3LP / 180g重量盤 / 手書きシリアルナンバー入り予定 / 完全限定盤
マスタリング・エン ジニア= バーニー・ グランドマン / RTI

ジャズ史において、もっとも革新的な演奏家の一人としてその名を刻むマルチ・リード奏者、エリック・ドルフィー。2013年の『ミューゼス』以来、またワールド・ワイドな発表としては1999年にリリースされた『イリノイ・コンサート』以来、19年ぶりの未発表音源が、Resonanceから登場します!
本音源は、1964年に、チャールズ・ミンガスとの演奏のために、エリック・ドルフィーがヨーロッパに発つ前に、親しい友人夫妻(Hale and Juanita Smith) に託して行ったスーツケースの中に収蔵されていたもの。ドルフィーがベルリンで客死してしまったため、のちにスーツケースを開いたところ、実に7時間半にも及ぶ音源のテープを発見。そのテープは80年代にジェームズ・ニュートンの手に渡り、一部の音源が、異色の未発表音楽集『Other Aspects』としてブルーノートでリリースされましたが、本作はその音源の中の推測5,6時間あったとされる63年のアラン・ダグラスのセッションを中心に作品化しています。
アラン・ダグラスがプロデュースしたドルフィー1963年7月のレコーディングは、まずFM Records から『Conversations』という名のアルバムで4曲がリリースされ、後にダグラス自身のレーベルDouglas から『Iron Man』というタイトルの5曲入りアルバムもリリース。それらは、ジャズ史上の永遠の名作『Out to Lunch』(64年2月25日録音) とスタイル的に共通項も多く、歴史的に前哨戦的な意味も持つと言われている貴重音源。つまり、未発表を加えたこのリリースは、63年時点のドルフィーを語るものであるのはもちろんのこと、名作『Out to Lunch』制作の秘密を解き明かす意味を持っているといっても過言ではありません。
作品を手がけたゼヴ・フェルドマンによれば、7時間半の記録は二つとして同じものがなく、テンポやフレーズなど、全てが違い、エリック・ドルフィーの入念な試みが見られたとのこと。今回は、その全てを、ジェームズ・ニュートンとともに聴きこみ、究極のテイクを選んだ末のセレクションといいます。
今なお、前人未踏ともいえるほどの自由な音楽を聴かせると共に、緻密さも持っていたエリック・ドルフィー。『Out to Lunch』において、ドルフィーは綿密な構想を描き、リハーサルを重ねて、スタジオに入ったとも語られていますが、この新たな発見からは、究極の表現を追究する姿が生々しく蘇ります。ウディ・ショウやプリンス・ラシャ、ソニー・シモンズなどの加わった管のアンサンブルと、ボビー・ハッチャーソンの鋭角的なヴィブラフォンの響きに、縦横無尽で、軽やかに跳躍するように大きな振り幅をもって繰り出されるドルフィーのソロ、また、他各人のソロも聴きものです。加えてリチャード・デイヴィスとのデュオもたっぷり収録。2人の親密かつディープな会話があります。
また、Disc2のラストには、『Other Aspects』収録の「Jim Crow : A Personal Statement」の未発表別テイクも特別収録。本音源は、アラン・ダグラスのセッションとは関係がないものですが、同じスーツケースに入っていた貴重音源としてボーナス・トラックとして収録。音源は正しくは64年3月に録音されたと判明。つまり、『Out to Lunch』の直後の録音。このテイクには時代に先行したシリアスな前衛的音楽が展開されています。
どこまでも自由で創造的であったドルフィーの音楽的探求の歴史が明らかになる歴史的復刻。Resonance も最重要の作品ととらえ、今回も24本の文章、未発表写真なども収めた豪華パッケージで登場します。

メンバー:
Eric Dolphy(as, fl, b-cl), William “Prince” Lasha(fl),
Huey “Sonny” Simmons(as), Clifford Jordan(ss), Woody Shaw(tp),
Garvin Bushell(bassoon), Bobby Hutcherson(vib), Richard Davis(b),
Eddie Kahn(b), J.C. Moses(ds), Charles Moffett(ds)
Recorded on July 1 & 3, 1963 at Music Maker’s Studios in New York City.
*Bonus Track: “A Personal Statement” is a
Bob James composition that was recorded at WUOM studios in Ann Arbor,
MI on March 2, 1964 with Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet, flute),
Bob James (piano), Ron Brooks (bass), Robert Pozar (percussion) and
David Schwartz (vocals).

ソングリスト
Disc 1
1 Jitterbug Waltz (7:18)
2 Music Matador (9:37)
3 Love Me (3:22)
4 Alone Together (13:36)
5 Muses for Richard Davis (Previously Unissued 1) (7:39) †
6 Muses for Richard Davis (Previously Unissued 2) (8:31) †
Disc 2
1 Iron Man (9:14)
2 Mandrake (4:47)
3 Come Sunday (6:28)
4 Burning Spear (11:59)
5 Ode to Charlie Parker (8:04)
6 A Personal Statement (Bonus Track) (15:02) †*
Disc 3
1 Music Matador (Alternate Take) (8:05) †
2 Love Me (Alternate Take 1) (2:27) †
3 Love Me (Alternate Take 2) (3:43) ‡
4 Alone Together (Alternate Take) (12:14) ‡
5 Jitterbug Waltz (9:36) †
6 Mandrake (Alternate Take) (6:48) †
7 Burning Spear (Alternate Take) (10:31) †






CANNONBALL ADDERLEY / キャノンボール・アダレイ / Swingin' in Seattle: Live at the Penthouse 1966-1967(2LP/180g)
●Swingin' in Seattle: Live at the Penthouse 1966-1967 / CANNONBALL ADDERLEY / REEL TO REAL / LP / RTRLP001 / 0875531015102 / LP / 7,560円(税込)

1966、67年超ホットなキャノンボール・アダレイ・クインテット!!
シアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”でのライヴ・パフォーマンス
“Sticks”他、この時代を象徴する曲の数々がファンキーに盛り上がる!
弟のナット、ジョー・ザヴィヌル、ヴィクター・ガスキン、ロイ・マッカーディを従えたキャノンボール・アダレイ・クインテットが1966年6月と1967年10月にシアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”で行ったライヴ・パフォーマンスを収めたアルバム。

※2LP / 180g / 全世界2,000セット 完全限定

●演奏はすべて未発表で、66年のほうは、6月3日にアムステルダムでライヴ・レコーディングを行った後に帰米しての演奏。
この年の8月には同じメンバーで2度目の来日を果たしましたが、その模様はCapitolからリリースされた『Cannonball In Japan』というアルバムで聴くことができます。また、67年のパフォーマンスは、6~7月録音のCapitol盤『74 Miles Away』の2ヶ月半ほど後のもので、68年6月録音のCapitol 盤『Accent On Africa』との間ということになります。
演奏されているのは、60年頃によく取り上げていたジミー・ヒースのオリジナル「Big “P”」、『74 Miles Away』のタイトル曲やそのアルバムに収録されているスタンダード曲「The Girl Next Door」、『Cannonball In Japan』や名盤『Mercy,Mercy,Mercy』で聴くことのできる「The Sticks」と「Hippodelphia」、『Great Love Themes』に収められている「Morning Of The Carnival」と「Somewhere」、そしてチャーリー・パーカー作のブルース「Back Home Blues」。そのうち、キャノンボールによる「Back Home Blues」の演奏はこれまで聴くことができませんでした。
66年の演奏も67年の演奏も、66年夏の来日公演を思い出させるホットでグルーヴィなものばかり。特にロイ・マッカーディのシャープなドラミングが光っています。

≪注目レーベル登場≫
*今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Live のコリー・ウィーズによる共同制作。
*ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Julian ‘Cannonball’ Adderley(as), Nat Adderley(corn),
Joe Zawinul(p), Victor Gaskin(b), Roy McCurdy(ds)
Recorded live at the Penthouse Jazz Club in Seattle,
WA on June 15 & 22, 1966 and October 6 & 13, 1967.

ソングリスト
Disc 1
01Jim Wilke Introduction (0:13)
02Big “P” (9:13)
03Spoken Introduction (0:16)
04The Girl Next Door (11:10)
05Spoken Introduction (0:48)
06Sticks (4:39)
07Spoken Introduction (0:12)
08The Morning Of The Carnival(Manhã De Carnaval) (10:56)
09Spoken Introduction (0:34)
10Somewhere (5:04)
Disc 2
1Jim Wilke Introduction (0:16)
274 Miles Away (10:38)
3Spoken Outro (0:31)
4Back Home Blues (6:46)
5Hippodelphia (10:44)
6Set-Closing Outro (0:57)







●ETTA JONES / A Soulful Sunday:Live at the Left Bank / ETTA JONES / REEL TO REAL / RTRLP002 / / LP / 4,104円(税込)

≪ブルージー&スウィンギー・ヴォーカル!!≫
エタ・ジョーンズ、1972年ボルティモアのジャズ・クラブでの一夜
シダー・ウォルトン・トリオの名バッキングを得た魅力的な歌唱!!

※LP / 180g / 全世界1,000セット 完全限定

1928年にサウス・キャロライナ州で生まれ、40年代から数多くのビッグ・バンドで歌ってきたエタ・ジョーンズは、独立してしばらく経った1960年にPrestigeへ録音した『Don’t Go To Strangers』(フランク・ウェスやリチャード・ワイアンズなどが参加)で大きな注目を浴びました。その後は63 年までPrestige にオリヴァー・ネルソンからラリー・ヤング、ケニー・バレルなどを従えた秀作を録音していますが、65年にRoulette へ『Etta Jones Sings』を残した後はしばらくレコーディングから遠ざかってしまいました。
シダー・ウォルトンのライヴ盤『Three Sundays In The Seventies:“Live” At The Left Bank』(Label M Records)に1972年の彼女の歌が2曲収録され、久しぶりにその力強い歌声を楽しめましたが、翌73年にヒューストン・パーソンやジーン・アモンズと共演した録音がきっかけとなって本格的なカムバックへと進み、76 年からMuse に次々と傑作を残していきました。
今回発掘されたのは、1972年2月27日にボルティモアのクラブでのライヴ・レコーディング。つまりは上に記したシダー・ウォルトン・トリオとのセッションで、Roulette盤以来久方ぶりの歌声をきくことができるわけですが、収録されている10曲のうち「Don’t Go To Strangers」と「Blow Top Blues」はLabel M Records盤で聴けたパフォーマンス。残る8曲が初めて聴く演奏ということになりますが、冒頭の「Theme from “Love Story”」はシダー・ウォルトン・トリオだけの演奏で、エタは参加していません。サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズを従えたシダーのトリオは、他にも名録音をたくさん残していますが、ここでもこのトリオならではのスウィンギーなプレイで聴衆を沸かせています。
文句のつけようのない名トリオのバッキングを得たエタも、軽やかにスウィングし、バラードをしっとりと歌っています。

≪注目レーベル登場≫
* 今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Liveのコリー・ウィーズによる共同制作。
* ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Etta Jones(vo), Cedar Walton(p), Sam Jones(b), Billy Higgins(ds)
Recorded live at the Famous Ballroom in Baltimore,
MD on February 27, 1972. Presented by the Left Bank Jazz Society.

ソングリスト
01 Theme From “Love Story” (10:07)
02 Vernon Welsh Intro (0:34)
03 Sunday (4:34)
04 This Girl’s In Love With You (6:30)
05 If You Could See Me Now (4:15)
06 For All We Know (4:41)
07 Exactly Like You (5:04)
08 You Better Go Now (3:16)
09 Blow Top Blues (5:22)
10 Love Nest (4:22)
11 Don’t Go To Strangers (6:32)







●ELLA FITZGERALD / Ella At The Shrine / VERVE / B002904701 / 0602567969570 / LP / 3,996円(税込)

"Ella at Zardi's"の10日前に演奏された音源が新たに発見、Record Store day Blackflyday2018で世界限定リリース!!

ヴァーヴからのデビュー・アルバム『Ella Fitzgerald Sings The Cole Porter Song Book』の録音の5日前のライブがRecord Store day2018でリリースされた"Ella at Zardi's"でしたが今回はそれよりも前の貴重な音源となります。
45回転イエローヴァイナルという嬉しい仕様。

※LP / 45RPM / Yellow vinyl

ソングリスト
1'SWonderful
2Cry Me a River
3Lullaby of Birdland
4Glad To Be Unhappy
5And the Angels Sing
6Joe Williams's Blues
7Air Mail Special
8Norman Granz announcement








●JOHN COLTRANE / Selects from Both Directions At Once / JOHN COLTRANE / VERVE / B002898711 / 0602567934516 / LP / 3,240円(税込)


2018年ジャズ最大のリリースといえるジョン・コルトレーンの未発表スタジオ録音作「Both Directions at Once: The Lost Album」から選ばれた楽曲2曲が限定12inchでリリース決定

※12"

オレンジ・ヴァイナルに三角形ダイカットされた特別仕様が目を惹く1枚。「Both Directions at Once: The Lost Album」を聴いた方もこれから聴く方にもオススメしたいコレクタブルなリリースです。

ソングリスト
1Untitled Original 11383
2Impressions







●HERBIE HANCOCK / Flood / GET ON DOWN / GET51294LP / 0664425129410 / LP / 4,860円(税込)

これを聴き逃すわけにはいかないでしょうというレベルの1975年来日公演の模様を収録した大名盤「Flood」がRECORD STORE DAY BLACK FRYDAY2018でリリース

国内盤がオリジナルになり、実は輸入盤は2015年にリリースされたSpeakers Corner盤と本Get On Down盤というありそうでなかった作品でもあります。
マスト!!

※2LP

ソングリスト
1Introduction & Maiden Voyage Actual Proof
2Spank-A-Lee Watermelon Man
3Butterfly Chameleon
4Hang Up Your Hang Ups







●DUKE ELLINGTON / Duke Ellington Plays With The Original Motion Picture Score Mary Poppins / RHINO / 6141 / 0603497856206 / LP / 3,240円(税込)

※LP
ジャズ・ジャイアンツ、デューク・エリントンが1964年のディズニーの人気ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の音楽を取り組んだ1作が約50年ぶりにアナログ盤でリイシュー。

ソングリスト
01A Spoonful Of Sugar
02Chim Chim Cher-ee
03Feed The Birds
04Let's Go Fly A Kite
05Stay Awake
06I Love To Laugh
07Jolly Holiday
08Sister Suffragette
09The Perfect Nanny
10Step In Time
11The Life I Lead
12SupercalifragilIsticexpialidocious







●JOHN COLTRANE / Blue Train / BLUE NOTE / 6795205 / 0602567952053 / LP / 3,888円(税込)

※LP
コルトレーンのBlue Note唯一作の名盤『Blue Train』の180g重量盤グリーン・ヴァイナルが登場。

ソングリスト
1Blue Train
2Moment's Notice
3Locomotion
4I'm Old Fashioned
5Lazy Bird







●DEXTER GORDON / Live At The Playboy Jazz Festival / RUN OUT GROOVE / 063P / 0081227924065 / LP / 3,996円(税込)

※LP
数々の名演・名盤を残す巨匠Dexter Gordonの1982年6月20日ハリウッド・ボウルで行われたPlayboy Jazz Festivalの模様を収録した作品がリリース決定!
ピアノにはKirk Lightsey、トランペットにWoody Shawも参加、"Bag's Groove"と"Blues"は完全未発表音源となっており、この2曲にはなんとジャズ・ヴィブラフォンの巨匠Milt Jacksonがゲスト参加したファン聴き逃せない貴重音源となっております。また、"Fried Bananas"と "You've Changed"の音源に関して未編集コンプリート版で収録。
巨匠Dexter Gordonを追ってこられた方は素通りできないリリースなのではないでしょうか。

Bass – David Eubanks
Drums – Eddie Gladden
Piano – Kirk Lightsey
Tenor Saxophone – Dexter Gordon
Trumpet – Woody Shaw
Vibraphone – Milt Jackson (tracks: A3, B2)
Vocals – OC Smith (tracks: B2)

ソングリスト
1Introduction 0:30
2Fried Bananas 10:32
3Bag's Groove 8:50
4You've Changed 12:14
5The Blues 8:10
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD】 11/20,21 新入荷一覧! 




●須川崇志 / アウトグロウイング / SONG X JAZZ / JPN / SONGX057 / 4571381530579 / CD / 2,700円(税込)

※ペーパースリーブ
チェロとコントラバスで「ジャズ」におけるアートフォームの新たな可能性と向き合い、探求してきた新鋭の音楽家による会心の初リーダー作品(ニューヨーク録音)。盟友レオ・ジェノ ベーゼ、名手トム・レイニーらと綴る、斬新且 つ新鮮な前衛ジャズ・アンソロジー。

【PERSONNEL】 Takashi Sugawa: contrabass (02, 05, 07), cello (01, 03, 04, 06, 08) Leo Genovese: piano Tom Rainey: drums

Recorded September 2017 The Bunker Studio, Brooklyn NY Engineer: Akihiro Nishimura Assistant: Todd Carter Mixed and mastered at Dedé AIR Mastering Studio, Tokyo Mixing engineer: Shunroku Hitani Mastering engineer: Akihito Yoshikawa Cover art: Akiko Kitami Design: fischiff VERLAG A & R director / Product planning: Makoto Miyanogawa (SONG X JAZZ Inc,.)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1 First Meeting (Sugawa / Genovese / Rainey)
2 Outgrowing (Takashi Sugawa)
3 Violoncello (Sugawa / Genovese / Rainey)
4 Short Story Long (Sugawa / Genovese / Rainey)
5 Motion (Sugawa / Genovese / Rainey)
6 Izayoi 「十六夜」 (Michiyo Yagi)
7Ancient Blue (Takashi Sugawa)
8 Uncompleted Waltz (Takashi Sugawa)





● ANDREW CYRILLE / Lebroba /ECM / GER / 6775528 / 0602567755289 / CD / 2,484円(税込)

★ドラマー、アンドリュー・シリルのECMリーダー作2作目。

■トランペッターWadada Leo SmithとギターにBill Frisell というそれぞれの創造的な音楽を持った思想家3人がそれぞれの個を最大限発揮しながらひとつの音楽奏でた作品。リーダーは寛大であまりドラムに焦点を当てず、メロディック、そしてインタラクティヴに演奏することを優先、ピッチと空間にも敏感な音楽を展開。

■Lebrobaとはアルバムのタイトルは、クリエイティブ・ミュージックの独立した思想家の3人の生誕地Leland、Brooklyn、Baltimoreからとったタイトル。

(パーソネル)
Wadada Leo Smith: trumpet
Bill Frisell: guitar
Andrew Cyrille: drums

ソングリスト
1Worried Woman
2Turiya:Alice Coltrane Meditations and Dreams:Love
3Lebroba
4TGD
5Pretty Beauty





●ANDREW RATHBUN / Character Study / STEEPLE CHASE / DEN / SCCD31862 / 0716043186228 / CD / 2,592円(税込)

カナダ出身のサックス奏者アンドリュー・ラスバン。毎回作品ごとに演奏形態、作風の変化が楽しめるアーティストだが、最新作はウエイン・ショーターの5曲目以外は自作で1960年代新主流派の流れを汲んだ作風の曲を中心に熱い演奏を展開します。参加メンバーも実力派揃いで注目です。

【Personnel】 Andrew Rathbun(ts) Tim Hagans(tp) Gary Versace(p) Jay Anderson(b) Bill Stewart(ds)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1The Golden Fool
2Team Of Rivals
3Alphabet Deaf And Forever Blind
4His Quiet Determination
5Etcetra
6The Long Awakening
7Character Study
8Turmoil





●EUGENIA CHOE / Verdant Dream / STEEPLE CHASE / DEN / SCCD33137 / 0716043313723 / CD / 2,592円(税込)

ビル・エバンスの6以外はオリジナル曲でクラシカルな風合いをもつユーロピアン・トリオ。
前作「Magic Light」に続き比較的内容も似た雰囲気です。元々はクラシック・ピアノでバッハ、ショパン、シューマンなどを中心に演奏。ニューヨークではレジー・ワークマン、サム・ヤヘル、チコ・ハミルトン等多くのミュージシャンに師事。韓国で生まれL.A.、アトランタ、シカゴで育ち異文化と密接な関係もつユニークな立場が演奏や曲のスタイルを発展させるものとして役立ってます。

【Personnel】 Eugenia Chou(p) Danny Weller(b) Alex Wyatt(ds)

(メーカーインフォより)
ソングリスト
01Verdant Dream
02Sunday Fattigue
03Odd Birds
04Ever Green
05Midnight Mingle
06Blue In Greem
07What
08Milomonalo
09Knock Knock
10Wind Catcher





●VIKTOR LAZLO / Woman / PROVA RECORDS / BEL / PR1709CD31 / 9008798238415 / CD / 2,160円(税込)

※デジパック
ヴィクター・ラズロはカリブ地域の出身でベルギーに移住。モデル業を経てヴォーカリストとしてデビュー。1980年代後半に「スウィート・ハートエイク」、「ホット・アンド・ソウル」が大ヒット。当時シャーデーとならんでオシャレなポップ・ヴォーカリストの一人として話題となり、以降数年置きにアルバムを発表してます。
この作品、フランス語、英語で歌う雰囲気はあの時代そのままにハートウォームなヴォイスに包まれます。過去の関係、息子との絆、自身について歌い、現代的なアレンジ、曲により一部ラップもありつつもスムース・ジャズ・ファンにもアピールできる作品です。

【Personnel】
Viktor Lazlo(vo)
Michel Bisceglia(p,key)
Werner Lauscher(b)
Marc Lehan(ds,per)
Luuk Cox(ds,per)
Patrick Deltenre(g)
Olivier Louvel(g)
Angelo Bisceglia(g)
David Linx(back vo)
Marlon Moore(rap)
Hungarian Studio Orchestra

ソングリスト
01 La Derniere Cigarette
02 Promised Land
03 The Loss Of You
04 Debout
05 Bruxelles
06 Etre La
07 Mommy’s Boy
08 Lola & Jim
09 The Music Between Us
10 Au Mont De Piete
11 Until Heaven Finds A Way
12 Breathless (feat. Marlon Moore)
13 Canoe Rose (Orchestral Version)
14 Lettre d’un Taulard (from the film Le Fidele)





●エリザベス・シェパード / モントリオール / ピーヴァインレコード / JPN / PCD24785 / 4995879247853 / CD / 2,592円(税込)

※日本先行発売
カナダが誇る才媛シンガー・ソングライター、エリザベス・シェパード4年ぶり新作!
ジャケットさながらの甘美な靄が充満したような夢幻ジャズ・ポップ・ワールド! ソフトな美声とメロウ なエレピ、モダンなビートが聴く者を至福の陶酔へと誘う....

オーガニックで洒脱なジャズ・ポップを奏でる才色兼備の女性シンガー・ソングライターとして日本でも絶大な人気を誇るエリ ザベス・シェパード。リオーネル・ルエケも参加した前作『The Signal』(2014)でエレクトロニック・サウンドを大胆に取り入れ、新世代ジャズ系のアプローチへと一気に舵を切った彼女が、4年ぶりのニュー・アルバムを完成!

エレピを多用した幻想的なサウ ンドメイクや、随所にモダンなビートを取り入れた野心的なアレンジは前作の発展形ながら、今回はますますドリーミーで陶酔 感の強い作品に仕上がっている。フランス語を公用語とする“北米のパリ”=モントリオールをテーマとしたコンセプト・アルバ ムだけに、フランス語歌唱による楽曲が多くを占め、その響きが本作をますます心地よく且つ洒脱たらしめている。エスペランサ・スポルディングやグレッチェン・パーラトなど、才気あふれる女性アーティストのファンこそ必聴の傑作だ。

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Tiotia:ke
02 Reine du monde
03 Suits and Ties
04 The Terminal
05 C’est le temps
06 Ainsi
07 Our Lady
08 Jedlika
09 La Boxe
10 The Good Lord’s Work
11 Beau Voyag





●OTTILIE PATTERSON / First Lady Of The British Blues / JASMINE RECORDS / JASMCD2657 / 0604988265729 / CD / 1,944円(税込)

イギリス史上最強の女性ブルース・ヴォーカリストの重要作がリリース!!
クリス・バーバー楽団のヴォーカリストとして活躍した英国史上最強のブルース・レディ。1961年の唯一のソロアルバム『Blues Book Vol.1』とクリス・バーバー楽団のライブ録音
『In Concert』Vol.1、2、3の3作から収録した作品集。圧巻のステージ・パフォーマンスが10曲。初CD化多数、ブリティッシュ・ブルース重要作です。

(メーカーインフォより)

■ OTTILIE PATTERSON (Vo.)

ソングリスト
01 I Hate A Man Like You (Live)
02 Nobody Knows You When You're Down And Out
03 Beale St. Blues
04 Kay Cee Rider
05 I Love My Baby
06 Mean Mistreater (Live)
07 Lowland Blues (Live)
08 When The Saints Go Marching In (Live) (with Sister Rosetta Tharpe)
09 When Things Go Wrong (Live) (with Sonny Terry & Brownie Mcghee)
10 Moonshine Man (Live)
11 Georgia Grind (Live)
12 Strange Things Happening Every Day (Live)
13 Trombone Cholly
14 As Long As I'm Moving
15 Bad Spell Blues
16 Kid Man Blues
17 Four Point Blues
18 It's All Over
19 Mama He Treats Your Daughter Mean
20 Tell Me Why
21 Me And My Chauffeur Blues
22 Lordy Lordy It Hurts So Bad
23 Only The Blues





●サキソフォビア / ノクターン / SONG X JAZZ / JPN / SONGX058 / 4571381530586 / CD / 2,700円(税込)

※ペーパースリーブ
過去と故郷からも距離を置き、音楽の旅に出て 理想の調和を目指す 4 人の男たち。木管だけによる異次元の合奏は、森に棲む神々をも呼び覚 ます協和となる。
結成 20 周年記念アルバムは、 これまでの作品とは一線を画す、洗練され優雅 な音楽絵巻。

【PERSONNEL】 Saxophobia Hiroshi Inoue: Baritone Saxophone, Flute Makoto Oka: Tenor Saxophone, Flute, Shinobue Nao Takeuchi: Tenor Saxophone, Bass clarinet Hidenori Midorikawa: Alto Saxophone, Soprano Saxophone

Recorded at Studio Dedé, May 8, June 5, 2018 Recording and Mix Engineer: Shinya Matsushita (Studio Dedé Recording) Mastered by Akihito Yoshikawa (Dedé AIR Mastering) Artwork: Riccardo Vecchio Design: fischiff VERLAG A & R Director / Product Planning: Makoto Miyanogawa (SONG X JAZZ Inc,.)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Nocturnizm (Hiroshi Inoue)
02 Only One (Makoto Oka)
03 Thompkins Square Park Serenade (Nao Takeuchi)
04 Amber (Nao Takeuchi) 6:14
05 Wind Boy 「どっどど どどうど」 (Makoto Oka)
06 Bright Mississippi (Thelonious Monk)
07 Bird’s Words (Makoto Oka)
08 Valsa de Porto das Caixas(Antonio Carlos Jobim)
09 越天楽今様 (Traditional)
10 C Jam Blues (Duke Ellington)
11 Light Blue (Thelonious Monk)





●寺地美穂&皆川太一 / URBAN GROOVE SESSION / CRAFTMAN RECORDS / CMRS20 / 4988044042698 / CD / 2,500円(税込)

寺地美穂(sax)と皆川太一(g)のライブプロジェクト"URBAN GROOVE SESSION"から集めたこだわりの曲を磨き上げた渾身の1枚。
ハイクオリティーなサウンドに拘り、疾走感あるダンサブルなナンバーから、SMOOTH&JAZZYでメロディアスな楽曲まで、遊び心たっぷりな大人の夜のための音楽。

■演奏:
寺地美穂(Miho Terachi/sax)、
皆川太一(Taichi Minagawa/g)、
中林万里子(Mariko Nakabayashi/p,key)、
二家本亮介(Ryosuke Nikamoto/b)、
今村慎太郎(Shintaro Imamura/ds)

■A&R:塙耕記
■ダブル紙ジャケット

1Velvet Cruising
2Slow Starter
3Sunset Dance
4Natural
5To The Sky
6A Piece Of Future
7Old Diary
8Late Summer Blues





●福田重男&浜崎航 / レイチェルズラメント / Concept Records / CR10 / 4988044881488 / CD / 2,700円(税込)

聴く人のハートを鷲掴みにする煌めきに満ちたピアニスト福田重男。海とジャズを愛してやまない浜崎航の圧倒的な説得力のサクソフォン。”ダンディズム、粋、男気、色気、円熟、童心、人情”こんな言葉がよく似合う小細工無しの渾身のDuo。

■福田重男 pf
1980年にプロ入り、JAZZフュージョンを中心に内外訪わず数多くのミュージシャンのセッション、レコーディングに参加。ロン・カーターとのデビューアルバムを始め現在迄に6枚のリーダー・アルバムをリリース。最新作は布川俊樹との「0ld Boys'Dreams」

■浜崎航sax&flute
セルマー社野中貿易50周年記念野中サクソフォンコンクールジャズ部門にて第1位受賞。2012年自己の主宰する”Encounter”にてアメリカカリフォルニアで行われた55thMonterey Jazz Fesに出演。フジロックフェスティバル出演、リーリトナーバンドで東京ジャズ出演。ハービー・メイソン
バンドのメンバーとして東京ブルーノートに3日間出演。現在日本が世界に誇る石森管楽器のオリジナルサックスのエンドーサーも務め楽器開発にも関わる。

(メーカーインフォより)

ソングリスト
1Comrade conrad (Bill Evans)
2Triton’s Dream (Wataru Hamasaki)
3Rachel’s Lament (Shigeo Fukuda)
4Portrait of undercurrent (Shigeo Fukuda)
5When I am in the Ocean (Wataru Hamasaki)
6Sail Away (Tom Harrel)
7Wistful moment (Rolland Hanna)
8Bitter sweet (Shigeo Fukuda)





●藤田恵美 / Camomile Colors(UHQCD) / エイチディーインプレッション / JPN / HDI70001 / 4573159760379 / CD / 3,300円(税込)

※UHQCD
8年ぶり5作目の『camomile』が遂に完成!「Close to You」「LetIt Be」スコットランド民謡など、アコースティック楽器と共に歌う、カバーアルバム!
日本のみならず、アジアのリスナーから切望され続けたシリーズの新作。それだけに藤田恵美の製作への思いも強い。8年のブランクはあったが、新しい試みを模索するためにも、この時間は無駄ではなかったようだ。これまでのシリーズ同様、近代では非常に珍しいアナログ録音。その音質と『心地よい眠りを』のコンセプトはそのままに、年輪を重ねた樹木に芽吹く、新芽のような初々しさも感じるアルバムだ。

■camomileシリーズ
2001年からスタートした藤田恵美のソロプロジェクト。当時新型肺炎SARSの大流行や、アジア経済危機で落ち込んでいる時期に「耳で聴く薬」と評判を呼び、香港で突如ヒット。その後、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシアなどへ拡がり、各国でプラティナディスクやゴールドディスクを獲得。韓国では今までにサムスン他、24社のCMソングに起用された。アルバムのヒット後は、香港コンベンションセンター、シンガポールのエスプラネードなどで、定
期的にコンサートを開催しており「ナイチンゲールソング」との愛称もついた。日本国内では、2008年にリリースしたベストアルバムが、フジテレビ「とくダネ!」のオープニングで、小倉智昭氏が大絶賛したところ、CDショップに注文が殺到し、セールスはアジアと合わせると40万枚を超えた。また、究極の高音質を目指した結果、多くのオーディオファンに愛され、「オーディオクイーン」とも呼ばれている。

藤田恵美プロフィール
幼少時、劇団ひまわりに所属し、子役としてドラマなどに出演。名脇役俳優であった左卜全(ひだりぼくぜん)の「老人と子供のポルカ」では、“ひまわりキティーズ”の一員としてバックコーラスで参加。10代後半にライブハウスでブルーグラスやカントリーを歌い、1994年にLe Coupleとしてデビュー。1997年に「ひだまりの詩」が180万枚の大ヒットを記録。
2001年からはソロプロジェクトを開始し、「camomile」の一作目を発売。2012年、リリー・フランキー氏プロデュースのアルバム「花束と猫」が、第54回 日本レコード大賞『優秀アルバム賞』を受賞。また、ライフワークとして2010年からは、「いじめをなくそうではなく、思いやりを増やそう」の発想をもとに、子供たちと音楽や手話を通して「思いやり」を考える、「OMOIYARI音楽会」を小学校中心に行っている。現在までに170か所以上を訪れ、合唱をした人数は3万3千人を超えている。

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Close to You
02 Colors of the Wind
03 Let It Be
04 Shape of My Heart
05 Vincent
06 Someday
07 Just When I Needed You Most
08 You Raise Me Up
09The Water Is Wide
10 Ae Fond Kiss
11 Wishes「ひだまりの詩」英語バージョン





●武田吉晴 / Aspiration / MTNSS001 / 2299990622576 / CD / 1,620円(税込)

Track9 Compose: Fumio Hayasaka
Cover Photo:Library of Congress via pingnews
Cover Print Cooperation: Hand Saw Press, Shinsuke Kanno
Compose, Arrangement, All Instruments, Programming, Recording, Mastering:Yoshiharu Takeda:

ソングリスト
01 Bliss of Landing
02 Lhasa
03 In a Silent Ray
04 Allayer
05 Glider
06 Aspiration
07 Curved Colors
08 Nazareth
09 Fumio Hayasaka - Piano Pieces for Chamber XII
10 Fluffy Asia





●早川ふみ / WALKING BIRD / NEW VINTAGE RECORDS / JPN / NVRC-2935 / 4524505339541 / CD / 2,160円(税込)

名古屋を拠点にコンボやビッグバンドなど、幅広く活動するジャズサクソフォン奏者早川ふみのファーストリーダーアルバム。”早川ふみカルテット”のメンバーによるセッションレコーディングである。アルバムタイトル"Walking Bird"は、「一歩づつ着実にジャズサックスの巨匠達に近づいて行く」という気持ちを込め名付けられた。
オルガントリオの王道であるハモンドオルガン・ギター・ドラムをベーシックサウンドとし、それら舞台の上で、オリジナリティー溢れる早川ふみのアルトサックス、ソプラノサックスがWalking Birdストーリーを語り上げてる。

この作品には、オリジナル楽曲とビートルズナンバー、ジャズスタンダードなど全8曲を収録。スタンダードナンバーは、ジャズサクソフォンの先達の名曲名演から厳選し、独自の解釈によりクールでファンキーなサウンドにアレンジされている。ルー・ドナルドソンのオルガンジャズの名曲”Turtle Walk”、ジョン・コルトレーンのハードバップナンバー”StarightStreet”の2曲にはトランペットが加わり2管のクインテット編成とギターレスのカルテット編成をそれぞれ愉しむ事ができる。その他の収録曲に、”Willow Weep For Me””My Foolish Heart”等の直球のスタンダードナンバーやアルトサックスの巨匠リー・コニッツの”Kary’s Trance”、ライブで演奏し続けているオリジナル曲2曲(アルバムタイトル曲とフィラデルフィアの地下鉄をヒントにしたモーダルな4ビートナンバー)、そしてビートルズの名曲“ノルウェーの森”。

ジャズピアニスト平光広太郎をオルガン奏者に、確かな実力と不動の人気を兼ね備えたジャズギタリスト砂掛康浩、実力派若手ドラマー浅井翔太、そして長年、早川とアンサンブルを共にするトランペッター長瀬良司ら選りすぐりのハイ・パフォーマンス集団を迎え早川ふみをジャズの世界にイントロデュースする素晴らしいアルバムが完成。

早川ふみ/ Alto Saxophone & Soprano Saxophone
6歳で鍵盤楽器、9歳の時にサックスに出会う。中学、高校の部活動でジャズオーケストラに所属、高校生のビッグバンドコンテストでソリスト賞を受賞するなど学生時代より頭角を現す。多田誠司氏に師事。
ジャズギタリスト砂掛康浩率いる、ジャズファンクバンド砂掛ブラザーズwith the BAND「S.B.B.」で2枚のアルバムレコーディングに参加。
2008年から2014年の6年間を、アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィアで暮らす。現地では数多くのジャムセッションなどに参加し、フィラデルフィアクレフクラブジャズパフォーミングアーツにてジャズを学ぶ。又、ニューヨークにてウィルビンソン氏に個人レッスンを受ける。
帰国後、名古屋を拠点に活動を再開。自身がリーダーとして、アルトサックス&オルガントリオ「早川ふみカルテット」を結成。好評を得ている。
2018年11月、ファーストアルバム「Walking Bird」をリリース。

早川ふみ:Alto Saxophone & Soprano Saxophone
砂掛康浩:Guitar(except Tr3)
平光広太郎:Hammond Organ
浅井翔太:Drums & Cymbals
長瀬良司:Trumpet(Tr3&8)

ソングリスト
1Market-Frankford Line
2Willow Weep For Me
3Straight Street
4Kary’s Trance
5My Foolish Heart
6Walking Bird





●小島のり子 / エニタイム / whisper label / WSP18101 / 4571386242750 / CD / 2,300円(税込)

※ペーパースリーヴ
長い間ジャズをリスペクトし、演奏しつづけてきた2人のデュオ・アルバム。
きらりと光る選曲、美しい音色、展開するソロとインタープレイ。

flute,alto-flute,piccolo 小島のり子, guitar 天野丘 , bass 落合康介(3,4,5)

エモーショナルなラインを飛翔させるフルート奏者、小島のり子。そして思索的でエキセントリックなギターを操るギタリスト、天野丘。このふたりが「のリキューDUO」を組んですでに4年近い。その間に熟成させてきたインタープレイの手法は個性的で、これまでにトライし育んできた成果を本作に表現しきった。(長門竜也)

(小島のり子公式ウェブサイトより)

ソングリスト
1 グリーンスリーブス
2 エビデンス
3 盆踊りブルース
4 直立猿人
5雪男ウォーキン
6 ア・ラーク
7 イエスタデイズ
8 ステイブルメイツ
9 アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー
7Norwegian Wood
8Turtle Walk





●JAMES SUGGS / YOU'RE GONNA HEAR FROM ME / ARBORS RECORDS / US / CD / ARCD19465 / 0780941146523 / 2,160円(税込)

■James Suggs (tp)
Houston Person (ts)
Lafaette Harris (p)
Peter Washington(b)
Lewis Nash (ds)

ソングリスト
1 When I Grow Too Old To Dream
2 Laura
3 The Night We Called It A Day
4 But Oh, What Love
5 Be My Love
6 Detour Ahead
7 My Baby Kinda Sweet
8 The Ripple
9 It Shouldn't Happen To A Dream
10 Blame It On My Youth
11 Rachel's Blues
12 You're Gonna Hear From Me





●DAVE McKENNA / DAVE MCKENNA IN MADISON / Arbors Records / US / CD / ARCD19467 / 0780941146721 / 2,160円(税込)

■Dave McKenna (p)

ソングリスト
1 Too Marvelous For Words
2 Vernon Duke Medley
3 Craziology
4 Soon Medley
5 Medley
6 Exactly Like You
7 Detour Ahead
8 Time Medley





●BETTY MADIGAN / Call Me Darling - The Complete Singles 1953-1961(2CD) / JASMINE RECORDS / JASCD851 / 0604988085129 / CD / 1,944円(税込)

※2CD
クリスタルな歌声と美貌で人気のジャズ ・ シンガー、ベティ・マディガンの1953年~1961年のシングルをコンプリートした2CDがリリース。
CD2枚に56曲収録という特大ボリュームで女性ヴォーカル・ファンにはたまらない1枚。

ソングリスト
Disc 1
01I Just Love You
02You're Thoughtless
03My Heart Is Dancing With You
04Call Me Darling
05Joey
06And So I Walked Home
07That Was My Heart You Heard!
08Always You
09I Had The Funniest Feeling
10Be A Little Darlin'
11The Wheels Of Love
12A Saluté
13I Had A Heart
14Wonderful Words
15Teddy Bear
16Please Be Kind
17We're All Kids At Christmas
18The Story Of Christmas
19Strangers
20There Should Be Rules (Protecting Fools Who Fall In Love)
21To You, My Love
22Faithful And True
23Surprise
24I Miss The Boy
25A Perfect Understanding
26Cryin'
27The Test Of Time
28Where In The World
Disc 2
01Hold Me Again, Love
02Take Mine
03Ev'ry Time
04Can't You Tell
05Am I Blue?
06When School Lets Out This Year
07A Lovely Night
08True Love Gone (Come On Home)
09Come Home, Joe
10Think Of All The Nice Things He’s Done
11Brigitte's Song (Tell Me Something Sweet)
12The Heart Mender
13Under Your Spell
14Tell Me How
15Dance Everyone Dance
16My Symphony Of Love
17Just Like Sam
18Now-A-Days
19Joey
20If And When
21My Number One Love
22Magic Moon
23Tonight, Tonight
24Just As I Am
25I’m Glad That You’re Falling
26Golden Memories
27Twenty-One Years
28Bigger And Better Things
24 Can't Afford To Do It (Live)
25 Weeping Willow Blues (Live)
26 I Hate Myself (For Being So Mean To You)
27 T'aint Nobody's Business If I Do (with Louis Jordan)





●SATORI / IN THE CORNERS OF CLOUDS / WHIRLWIND RECORDINGS / 4730 / 4055388386648 / CD / 2,160円(税込)

1.Wabi Sabi 06:11
2.Song of the Dancing Saint 07:04
3.In the Corners of Clouds 05:17
4.Oddities 05:18
5.The Space Between Thoughts 04:31
6.Cry 06:01
7.Lazy 05:28
8.Scattered 03:45

PERSONNEL
Josephine Davies - tenor saxophone
James Maddren - drums
Dave Whitford - bass

ALBUM CREDITS
Recorded at Buffalo Studios, London (14th Feb 2018)
Compositions - Josephine Davies
Recording Engineer - JB Pilon
Producer - Josephine Davies
Executive Producer - Michael Janisch
Mixing - Nick Wollage
Mastering - Peter Beckman
Album Artwork - Fini Bearman
Photography - Tor Hills and Rob Blackham





● JOHN COLTRANE / EUROPEAN TOUR 1961 / Le Chant Du Monde / IMPORT / CD / CM574293440 / 3149020936467 / 3,240円(税込)

収録曲
Paris (November 18, 1961, Olympia, 1st Show)
1-1 Impressions 10:52
1-2 I Want To Talk About You 6:53
1-3 Blue Train 16:07
1-4 My Favorite Things 22:29
Paris (November 18, 1961, Olympia, 2nd Show)
2-1 Blue Train 12:46
2-2 I Want To Talk About You 9:37
2-3 My Favorite Things 25:30
Copenhague (November 20, 1961, Falkonercentret)
3-1 Presentation Norman Granz 2:23
3-2 Delilah 11:57
3-3 Every Time We Say Goodbye 4:57
3-4 Impressions 13:51
3-5 Naima 7:33
3-6 False Start & John Coltrane Speech 0:57
3-7 My Favorite Things 28:53
Helsinki (November 22, 1961, Kulttuuritalo)
4-1 Blue Train 9:29
4-2 I Want To Talk About You 7:18
4-3 Impressions 8:23
4-4 My Favorite Things 21:05
Stockholm (November 23, 1961, Konserthuset)
5-1 Blue Train 8:59
5-2 Naima 4:08
5-3 Impressions 20:27
5-4 My Favorite Things 20:27
5-5 Impressions 11:18
5-6 My Favorite Things 25:16
Stuttgart (November 27, 1961, Liederhalle)
6-1 Impressions 9:07
6-2 Every Time We Say Goodbye 5:27
6-3 My Favorite Things 14:38
Frankfurt (November 29, 1961, Kongresshalle)
6-4 Présentation 1:19
6-5 Impressions 17:36
6-6 My Favorite Things 19:08
Berlin (December 2, 1961, Auditorium Maximum)
7-1 Impressions 13:01
Baden-Baden (December 4, 1961, Südwestfunk Studio)
7-2 My Favorite Things 10:33
7-3 Every Time We Say Goodbye 5:25
7-4 Impressions 7:51
Düsseldorf (March 28, 1960, WDR Studio)
7-5 On Green Dolphin Street 8:55
7-6 Walkin' 7:17
7-7 The Theme 3:31
Medley (6:22)
7-8-a Autumn Leaves
7-8-b What's New
7-8-c Moonlight In Vermont
7-9 Hackensack 8:01
クレジット
Alto Saxophone – Eric Dolphy (tracks: 1-1, 1-3, 2-1, 3-4, 4-1, 4-3, 5-1, 5-3, 5-5, 6-1, 6-5, 7-1, 7-4)
Bass – Paul Chambers (3) (tracks: 7-5 to 7-9), Reggie Workman (tracks: 1-1 to 7-4)
Bass Clarinet – Eric Dolphy (tracks: 3-2, 3-4, 3-5, 5-2)
Drums – Elvin Jones (tracks: 1-1 to 7-4), Jimmy Cobb (tracks: 7-5 to 7-9)
Flute – Eric Dolphy (tracks: 2-3, 3-7, 4-4, 5-4, 5-6, 6-3, 6-6, 7-2)
Liner Notes [Responsable éditorial] – Alain Raemackers
Mastered By, Remastered By [Restauration] – Latzen Anna
Piano – McCoy Tyner (tracks: 1-1 to 7-4), Oscar Peterson (tracks: 7-9), Wynton Kelly (tracks: 7-5 to 7-8)
Soprano Saxophone – John Coltrane (tracks: 1-4, 2-3, 3-2, 3-3, 3-6, 3-7, 4-4, 5-4, 5-6, 6-2, 6-4, 6-6, 7-2, 7-3 , )
Tenor Saxophone – John Coltrane (tracks: 1-1, 1-2, 1-3, 2-1, 2-2, 3-2, 3-4, 3-5, 4-1, 4-2, 4-3, 5-1, 5-2, 5-3, 5-5, 6-1, 6-5, 7-1, 7-4, 7-5, 7-6, 7-7, 7-8, 7-9), Stan Getz (tracks: 7-8-c, 7-9)
Transferred By [Digital Transfer] – Andy Mill





● JOHN COLTRANE / EUROPEAN TOUR 1962 / Le Chant Du Monde / IMPORT / CD / CM574294150 / 3149020936474 / 3,240円(税込)

収録曲
Paris
1-1 Bye-bye Blackbird 19:49
1-2 The Inchworm 10:17
1-3 Every Time We Say Goodbye 4:58
1-4 Mr. P.C. 2:44
1-5 Traneing In 17:24
Stockholm
2-1 Bye-bye Blackbird 14:25
2-2 The Inchworm 5:43
2-3 Naima 9:26
2-4 Traneing In 18:39
2-5 Impressions 7:21
2-6 Mr. P.C. 15:21
Stockholm
3-1 My Favorite Things 21:15
3-2 Bye-bye Blackbird 17:20
3-3 The Inchworm 7:00
3-4 Naima 6:36
3-5 I Want To Talk About You 6:22
3-6 Mr. P.C. 16:53
Stockholm
4-1 Impressions 7:45
4-2 Every Time We Say Goodbye 4:34
4-3 Traneing In 16:47
4-4 My Favorite Things 23:57
4-5 Bye-bye Blackbird 20:45
Helsinki
5-1 The Inchworm 7:06
5-2 Every Time We Say Goodbye 5:19
5-3 Mr. P.C. 16:15
5-4 Traneing In 20:07
5-5 My Favorite Things 10:47
5-6 Chasin' The Trane 7:31
5-7 The Inchworm 9:14
Copenhague
6-1 Bye-bye Blackbird 21:04
6-2 Every Time We Say Goodbye 5:37
6-3 Mr. P.C. 19:21
6-4 I Want To Talk About You 11:04
6-5 My Favorite Things 18:57
Copenhague
7-1 Traneing In 23:23
7-2 Impressions 8:50
7-3 Bye-bye Blackbird 22:11
7-4 The Inchworm 12:53
7-5 Autumn Leaves 10:19
Graz
8-1 Mr. P.C. 17:15
8-2 I Want To Talk About You 13:50
8-3 Impressions 20:55
8-4 My Favorite Things 23:30
Graz
9-1 Every Time We Say Goodbye 6:12
9-2 Bye-bye Blackbird 13:32
9-3 The Inchworm 7:08
9-4 Mr. P.C. 15:30
9-5 Naima 7:03
9-6 Traneing In 19:17
Paris
10-1 My Favorite Things 19:17
10-2 The Inchworm 8:04
10-3 Every Time We Say Goodbye 4:58
10-4 Mr. P.C. 17:03
10-5 Chasin' The Trane 4:31
10-6 My Favorite Things 23:59
クレジット
Bass – Jimmy Garrison
Drums – Elvin Jones
Piano – McCoy Tyner
Soprano Saxophone, Tenor Saxophone – John Coltrane
ノート
Made in Germany.

Track time from the booklet.

CD 1 - 1-5: November 17, 1962, Olympia, Paris (Second Show)
CD 2 - 1-6: November 19, 1962, Konserthuset, Stockholm (First Show)
CD 3 - 1-2: November 19, 1962, Konserthuset, Stockholm (First Show)
CD 3 - 2-6: November 19, 1962, Stockholm (2nd Show)
CD 4 - 1-5: November 19, 1962, Stockholm (2nd Show)
CD 5 - 1-5: November 20, 1962, Kulttuuritalo, Helsinki
CD 5 - 6-7; November 22, 1962, Falkoner Centret, Copenhagen
CD 6 - 1-5: November 22, 1962, Falkoner Centret, Copenhagen
CD 7 - 1-2: November 22, 1962, Falkoner Centret, Copenhagen
CD 7 - 3-5: November 28, 1962, Grosser Stefanien-Saal, Graz, Austria
CD 8 - 1-4: November 28, 1962, Grosser Stefanien-Saal, Graz, Austria
CD 9 - 1: November 28, 1962, Grosser Stefanien-Saal, Graz, Austria
CD 9 - 2-6: November 17, 1962, Olympia, Paris (First Show)
CD 10 - 1: November 17, 1962, Olympia, Paris (First Show)
CD 10 - 2-5: December 2, 1962, Teatro dell'Arte, Milano, Italy
CD 10 - 6: Controverse Date: November 17, 1962, Olympia, Paris OR November 1, 1963, Salle Pleyel, Paris





● マッシモ・ファラオ・トリオ / トッカータとフーガ ニ短調~プレイ・バッハ / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD-1244 / 4571292512442 / 2,880円(税込)

クラシックの要素もお手の物にしてしまうマッシモ・ファラオの人気作。

ソングリスト
01甘き死よ、来たれ
02トッカータとフーガ・ニ短調
03G線上のアリア
04バディヌリー 管弦楽組曲第2番ロ短調
05ブランデンブルク協奏曲第6番3楽章
06羊は安らかに草をはみ
07ミュゼット
08マイ・ハート・エヴァー・フェイスフル
09アリオーソ
10メヌエット
11優しいイエス
12マーチ





●マッシモ・ファラオ / マスカレード・イズ・オーバー(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78315 / 4580051150504 / 1,543円(税込)

■マッシモ・ファラオ(p)
ジョージ・ケイブルス(p)
ジョン・ウェバー(b)
ジミー・コブ(ds)

ソングリスト
01オール・ザ・シングス・ユー・アー
02ビューティフル・ラブ
03エミリー
04フォー・ヘブンス・セイク
05アイ・トールド・ユー・ソー
06イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー
07イン・ウォークドイン・バド
08ザ・マスカレード・イズ・オーバー
09オン・ザ・トレイル
10恋とは何でしょう





●マッシモ・ファラオ / ブルー・ボッサ(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78314 / 4580051150498 / 1,543円(税込)

■マッシモ・ファラオ Massimo Farao' - piano
ニコラ・バーボン Nicola Barbon - bass
ボボ・ファチネッティ Bobo Facchnetti -drums
エルネスティコ Ernesttico - conga

Recorded at Azzurra's Studio in Pastrengo-Italy
on January 17 & 18, 2017.

ソングリスト
01南の海
02ザ・フォール・オブ・ラブ
03ケリー・ロール
04恋に恋して
05バット・ノット・フォー・ミー
06マッシュのテーマ
07ノット・ア・ティアー
08今宵の君
09カナディアン・サンセット
10サニー
11ブルー・ボッサ





●コンラッド・パシュクデュスキ / 恋のチャンス(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78318 / 4580051150535 / 1,543円(税込)

オーストラリア出身の新星、コンラッド・パシュクデュスキ(p) がトリオで世界デビューを飾った一枚!

ソングリスト
01キャビン・イン・ザ・スカイ
02ユア・ゲティング・トゥ・ビ・ア・ハビット・ウィズ・ミー
03キャリコの女の子
04アイ・ゲス・アイル・ハブ・トゥ・チェンジ・マイ・プラン
05アイ・ハド・ザ・クレイジスト・ドリーム
06あなたにあきて
07ラブ・ウォークド・イン
08ナイス・ワーク
09九月の雨
10アイ・クッド・ハブ・トールド・ユー
11恋のチャンス
12ゼイ・オール・ラフド
13ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ





●コンラッド・パシュクデュスキ / カム・ダンス・ウィズ・ミー(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78320 / 4580051150559 / 1,543円(税込)

■コンラッド・パシュクデュスキ Konrad Paszkudzki - piano
ディラン・シャマト Dylan Shamat - bass
ダグ・マーカス Dag Markhus -drums

Produced by Tetsuo Hara
Recorded at Trading 8's Studio in New York on May 30, 31 and June 1, 2016.
Engineered by Chris Sulit
Mixed and Mastered by Tetsuo Hara
Venus Hyper Magnum Sound Direct Mix Stereo

ソングリスト
01エイント・ザット・ア・キック
02オール・マイ・トゥモロー
03カム・ダンス・ウィズ・ミー
04カム・フライ・ウィズ・ミー
05ダーン・ザット・ドリーム
06あなたを想いて
07イマジネーション
08イッツ・ナイス・トゥ・ゴー・トラベリング
09ラスト・ダンス
10ポケット・フル・オブ・ミラクルズ
11ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス
12リング・ア・リン・リン
13スインギング・オン・ア・スター
14ラブ・イズ・ザ・テンダー・トラップ





●フィル・ウッズ / チェイシン・ザ・バード(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78319 / 4580051150542 / 1,543円(税込)

フィル・ウッズ、待望のヴィーナス第3弾! パーカーの代表曲等、バップの定番中心に名曲、名演だらけの純度 100% ビ・バップの傑作!

ソングリスト
1チェイシン・ザ・バード
2イスラエル
3エブリシング・ハプンス・トゥ・ミー
4オータム・シーブス
5チャーリーズ・ウィグ
6トリビュート・トゥ・ブルー
7クリニコロジー





●ダリア・トファリ / 愛の十字路~アントニオ・カルロス・ジョビン・ソング・ブック(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78324 / 4580051150597 / 1,543円(税込)

■ダリア・トファリ : vocals Daria Toffali
マッシモ・ファラオ :piano Massimo Farao
ニコラ・バーボンNicola Barbon - bass
ロベルト・ボボ・ファチネッティRoberto ”Bobo” Facchnetti -drums

Produced by Tetsuo Hara
Recorded at Azzurra Studio in Pastrengo on January 20 and 21, 2017.
Engineered by Paolo Lovat
Mixed and Mastered by Tetsuo Hara

ソングリスト
01サンバで踊ろう
02ジンジ
03太陽への道
04お馬鹿さん
05もう一度
06誰もいない海
07平和の愛
08彼女はカリオカ
09もう決して喧嘩はしない
10愛の十字路
11白と黒の肖像
12ルイーザ
13ファベーラ
14デサフィナード





●デニス・キング / バラ色の人生(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78323 / 4580051150580 / 1,543円(税込)

■デニス・キング : vocals Denise King
マッシモ・ファラオ : piano Massimo Farao
アルド・ズニーノ : bass Aldo Zunino
スティーブ・ウイリアムス drums Steve Williams

Produced by Tetsuo Hara
Recorded at Riverside Studio in Torino on July 6 and 7, 2016.
Engineered by Alessandro Taricco
Mixed and Mastered by Tetsuo Hara

ソングリスト
01セイブ・ユア・ラブ・フォー・ミー
02いそしぎ
03スカイラーク
04バラ色の人生
05エスターテ
06あなたを想いて
07マイ・ロマンス
08レッツ・ドゥ・イット
09アイブ・ガット・ア・クラッシュ・オン・ユー
10ドゥ・イット・アゲイン
11いつかどこかで





●ジョイス・イレーヌ・ユール(ジョイス・ユイル) / レディ・ビー・グッド(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78322 / 4580051150573 / 1,543円(税込)

■ジョイス・ユイル vocals : Joyce Yuille
マッシモ・ファラオ piano : Massimo Farao
アルド・ズニーノ bass : Aldo Zunino
スティーブ・ウイリアムス drums : Steve Williams

Studio is Riverside Studios, Engineer is Alessandro
Recording date is Jury 5,6 and 7,2016.

ソングリスト
1ビューティフル・ラブ
2捧ぐるは愛のみ
3チェロキー
4時さえ忘れて
5ヒアズ・ザット・レイニー・デイ
6ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス
7レディ・ビー・グッド
8セプテンバー・ソング
9サムタイムス・アイム・ハッピー





●ジェシカ・ヤング / 恋に落ちた時(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78321 / 4580051150566 / 1,543円(税込)

■ジェシカ・ヤング vocal
マッシモ・ファラオ piano : Massimo Farao
アルド・ズニーノ bass : Aldo Zunino
マルコ・トロッティ Marco Tolotti - drums

Produced by Tetsuo Hara
Recorded at Riverside Studio in Torino on Jury 25,26 & 27, 2016.
Engineered by Alessandro Taricco
Mixed and Mastered by Tetsuo Hara
Venus Hyper Magnum Sound Direct Mix
Cover Photo by
Designed by Artplan

ソングリスト
01サマータイム
02誰も奪えぬこの気持ち
03恋に落ちた時
04ドゥ・ナッシング・ティル・ユー・ヒア・フロム・ミー
05魅惑のとりこ
06あなたは恋を知らない
07ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド
08ジョージア・オン・マイ・マインド
09マイ・ファニー・ヴァレンタイン
10ブルー・スカイ
11私の心はあなたのもの
12恋をしましょう





●アンナ・コルチナ / 野性の息吹(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78317 / 4580051150528 / 1,543円(税込)

■アンナ・コルチナ : ヴォーカル
ジョン・ディ・マルティーノ : ピアノ
ピーター・ワシングトン :ベース
ウイリー・ジョーンズ :ドラムス

9月12, 13、14日 ニューヨーク録音

ソングリスト
01ユー・デュー・サムシング・トゥ・ミー
02ウィズ・ア・ソング・イン・マイ・ハート
03ア・シナー・キスド・アン・エンジェル
04アイ・ネバー・トールド・ユー
05ソー・イン・ラブ
06ユー・キャン・ハブ・ヒム
07ドント・ルック・バック
08野性の息吹
09デイ・バイ・デイ
10ユー・ウォント・フォゲット・ミー
11エグザクトリー・ライク・ユー
12ドント・ウォリー・アバウト・ミー
13素敵なロマンス





●ニッキ・パロット / 遥かなる影~バート・バカラック・ソング・ブック(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78316 / 4580051150511 / 1,543円(税込)

ニッキがバカラックの名曲をジャジー & ロマンティックにカヴァー!

ソングリスト
01幸せはパリで
02サンホセへの道
03遥かなる影
04涙でさよなら
05小さな願い
06愛を求めて
07ウイッシン・アンド・ホーピン
08アルフィー
09僕はこんなに
10恋する心
11貴方に恋して
12ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム
13雨にぬれても
14素晴らしき恋人たち
15ウォーク・オン・バイ





●ニッキ・パロット / アンフォゲッタブル~ナット・キング・コール・ソング・ブック(紙ジャケット) / ヴィーナスレコード / JPN / CD / VHCD78313 / 4580051150481 / 1,543円(税込)

■ニッキ・パロット Nicki Parrott - vocals & bass
ジョン・ディ・マルティーノ John Di Martino - piano
リサ・パロット Lisa Parrott - bariton sax & bass clarinet
フランク・ヴィニョラ Frank Vignola - guitar

Produced by Tetsuo Hara
Recorded at Trading 8's Studio in New York on February 23,24 & 25,2016.
Engineered by Chris Sulit
Mixed and Mastered by Tetsuo Hara

ソングリスト
01ウォーキン・マイ・ベイビー・バック・ホーム
02恋をしましょう
03あなたを想いて
04ヒット・ザット・ジャイブ・ジャック
05モナリサ
06ミート・ミー・アット・ノー・スペシャル・プレイス
07バークリー・スクエアーのナイチンゲール
08アンフォゲッタブル
09ストレイテン・アップ・アンド・フライ・ライト
10フォー・センチメンタル・リーズンズ
11恋に落ちた時
12L.O.V.E
13アンサー・ミー、マイ・ラブ
14パーフィディア





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD&RD】 11/15~18 新入荷一覧! 



●Cubic Zero Cubic Zero 立方体・零 / Flying Umishida / NONOYA RECORDS / JPN / NONOYA003 / 2299990574581 / CD / 2,160円(税込)

ノイズ・サックスの吉田野乃子が札幌音楽シーンの第一線で活動する屈強な4人のミュージシャンと結成した新生エレクトリックバンド。ハンドサインでゲームのように組み立てる即興演奏や、いくつもの異なるシーンから構成され、ものすごい情報量が一気に放出されるオリジナル曲、更にライブ限定で吉田の師匠、ジョン・ゾーンが、複雑すぎて自分のバンドではもうやっていない変拍子の難曲などを演奏。何者にも負けない山の上の要塞のようなバンドを目指している。

【Cubic Zero 立方体・零 】
吉田野乃子 Nonoko Yoshida (sax)
本山禎朗 Tomoaki Motoyama (keyboard)
佐々木伸彦 Nobuhiko Sasaki (guitar)
大久保太郎 Taro Okubo (bass)
渋谷徹 Toru Shibuya (drums)

ソングリスト
01 Iwai
02 もぐった先 Moguttasaki
03 Block of Noise
04 永遠の苺~椅子とポルタが~ Towa no Ichigo ~Isu to Porta ga~
05 Moldy Coffee Lighter
06 Seaslug Interlude #1 ~Trapania Naeva~
07 Spice 389 (Sabaku)
08 Walking Head
09 Seaslug Interlude #2 ~Hypselodoris Festiva~
10 Flying Umishida
11 Seaslug Interlude #3 ~Hypselodoris Kanga~
12 Critical
13 Setakamui
14 Seaslug Interlude #4 ~Thecacera Pacifica~
15 15 Lunatics







● ホリー・コール / ドント・スモーク・イン・ベッド /ステレオサウンズ / JPN / SSVS008 / 4571177051585 / SACD / 3,780円(税込)

※SACD/デジパック
1993年にリリースされたホリー・コールの代表作が、SACD/CDハイブリッド盤で登場します。カナダ出身のヴォーカリスト/ホリー・コールが広く知られるようになったのは、91年に発表されたアルバム『コーリング・ユー』(原題“Blame It On My Youth” )から。日本では80年代後半に公開されカルト的人気を誇った映画「バグダッド・カフェ」のテーマ曲「コーリング・ユー」のカヴァーを収録した作品として話題を集め、ジャズ・ヴォーカルものでは異例ともいうべきヒットを記録しました。前作に続く本作でもアーロン・デイヴィス(ピアノ)、デヴィッド・ペルチ(ドラム&パーカッション)、そしてホリー・コールの3人が繰り広げる演奏が名曲の数々に斬新なアレンジを施すことで新たな音楽体験をもたらしてくれます。本作は発売当時からアコースティック楽器とホリー・コールのハスキーな歌声がまろやかにブレンドした優秀録音盤として、オーディオファンの心を捉えてきました。当時の『StereoSound』の誌面でも優秀録音盤として紹介され、オーディオシステムを聴き分け判断する際のリファレンス・ディスクとして頻繁に登場していました。

今回のSACD/CDハイブリッド盤は、米国に保管されているアナログマスターテープからフラットトランスファーにて商品化しています。エンジニアはキャピトル・スタジオのヴェテランとして活躍しているRobert Vosgien氏。三浦孝仁氏による新規ライナーノートでは、本作がオーディオファンに愛聴されてきた背景や本盤ならではのディスクの聴き処などが明らかにされています。

・ディスク形態:SACD/CDハイブリッド盤(SACD層はステレオのみ)
・音匠レーベルコート採用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01I Can See Clearly Now
02Don't Let The Teardrops Rust Your Shining Heart
03Get Out Of Town
04So And So
05The Tennessee Waltz
06Everyday Will Be Like A Holiday
07Blame It On My Youth
08Ev'rything I've Got
09Je Ne T'Aime Pas
10Cry (If You Want To)
11Que Sera Sera
12Don't Smoke In Bed



●アン・バートン / シングス・フォー・ラヴァーズ・アンド・アザー・ストレンジャーズ / ステレオサウンズ / JPN / SSVS007 / 4571177051578 / SACD / 3,780円(税込)

※SACD/デジパック
1972年にリリースされたアン・バートンのサード・アルバムが、SACD/CDハイブリッド盤で登場します。1933年オランダ生まれの彼女はソニー傘下のアートワン・レーベルを経て、CBS/EPICで本作の制作に取り組みました。彼女はウィム・オーヴァーハウ率いるカルテットによる編曲および伴奏の下、一曲一曲をまるで語りかけるようにていねいに歌っています。録音は前2作の録音にも携わっていたエンジニアのルーク・ルドルフが所有するスタジオで敢行されました。音量を比較的下げた状態で再生しても歌と演奏がしっかりと伝わってくる録音は、当時から音楽ファンのみならずオーディオファンからも親しまれてきました。70年代初頭、ジャズ喫茶で本作をリクエストしたというファンの方は少なくないでしょう。ジャズ・テイストの曲に混じって、ビートルズの「フォー・ノー・ワン」「ゴッド・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイライフ」、ジェイムス・テイラーの「ファイアー・アンド・レイン」、そして本作のアルバム・タイトルにも縁のある70年公開のアメリカ映画「ふたりの誓い」(原題“Lovers and Other Strangers”)で披露されカーペンターズがカヴァーし大ヒットさせた「二人の誓い」のカヴァー曲などが収められています。

今回のSACD/CDハイブリッド盤は、日本に長期間保管されていたアナログマスターテープから、ソニー・ミュージックスタジオの鈴木浩二氏がリマスタリングを手掛けています。黛健司氏による新規ライナーノートでは、アン・バートンの歌がかつてオーディオ評論家として活躍していた瀬川冬樹氏から愛されていたことなどが、当時のエピソードを交え回想されています。なお、SACD化は世界初となります。

・ディスク形態:SACD/CDハイブリッド盤(SACD層はステレオのみ)
・音匠レーベルコート採用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01A Boy Named Charlie Brown
02Business Goes On As Usual
03Sweet William
04For No One
05Got To Get You Into My Life
06Little Man, You’ve Had A Busy Day
07Fire And Rain
08My Ship
09For All We Know
10Until It’s Time For You To Go



NAT KING COLE / ナット・キング・コール / Love Is the Thing(SACD) / 恋こそはすべて(SACD)
●ナット・キング・コール / 恋こそはすべて / SACD / ステレオサウンズ / JPN / SSVS010 / 4571177051615 / 4,500円(税込)

※SACD/デジパック
1957年にリリースされたナット・キング・コールの代表作が、SACD/CDハイブリッド盤で登場します。1917年にアラバマ州モンゴメリーで生まれたナット・キング・コールは、アメリカを代表するシンガーとして世界的に知られる存在です。ゴードン・ジェンキンスが指揮するオーケストラと一緒に収録された本作は1957年12月にレコーディングが実施され、翌年4月にモノーラルLPが、同年にテープメディアでステレオが、続いて59年にステレオLPが発売されました。50年代後半、レコード会社は従来のモノーラル録音に加え、ステレオ録音にも着手し始めた時期で、キャピトルから発売された本作は彼にとって初のステレオ録音となりました。艶やかな響きを湛えたオーケストラの演奏をバックに歌われる本作は、ナット・キング・コールの名唱を見事に捉えた名盤です。テンポのゆったりとしたバラードを中心に構成された本作は、キャピトルが取り組んでいた最先端のレコーディング技術を集約し制作されており、繰り返し聴くほどに新たな発見があります。

今回のSACD/CDハイブリッド盤は、米国に保管されているアナログマスターテープからフラットトランスファーにて商品化しています。エンジニアはキャピトル・スタジオのヴェテランとして活躍しているRobert Vosgien氏。高橋健太郎氏による新規ライナーノートでは、キャピトルのモノーラルおよびステレオ録音における取り組み方の違いや、モノーラル版とステレオ版の聴き処などについて言及しています。

※5曲目と17曲目、6曲目と18曲目は同一音源となります。これは17曲目と18曲目のステレオ音源がそもそも存在しないことによるものです。ご了承ください。

・ディスク形態:SACD/CDハイブリッド盤(ステレオ/モノーラル)
・音匠レーベルコート採用

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 When I Fall In Love(MONO)
02 Stardust(MONO)
03 Stay As Sweet As You Are(MONO)
04 Where Can I Go Without You(MONO)
05 Maybe It’s Because I Love You Too Much(MONO)
06 Love Letters(MONO)
07 Ain’t Misbehavin’(MONO)
08 I Thought About Marie(MONO)
09 At Last(MONO)
10 It’s All In The Game(MONO)
11 When Sunny Get’s Blue(MONO)
12 Love Is The Thing(MONO)
13 When I Fall In Love(STEREO)
14 Stardust(STEREO)
15 Stay As Sweet As You Are(STEREO)
16 Where Can I Go Without You(STEREO)
17 Maybe It’s Because I Love You Too Much(MONO)
18 Love Letters(MONO)
19 Ain’t Misbehavin’(STEREO)
20 I Thought About Marie(STEREO)
21 At Last(STEREO)
22 It’s All In The Game(STEREO)
23 When Sunny Get’s Blue(STEREO)
24 Love Is The Thing(STEREO)







●マーク・カヴューマ / カヴューマ / インパートメント / JPN / IPM8098 / 4532813730981 / CD / 2,376円(税込)

※ペーパースリーブ / 未発表テイク2曲追加収録 / 国内盤仕様
時代やトレンドを超越した場所で出会う、あまりにも痛快なハード・バップ。
トランペットが鳴る。タップ・ダンスに舞う土埃と、酒場の喧噪を吸い込んで。無骨なフォルムに見え隠れする洗練と挑戦。 享楽性と芸術性が互いに欺き、やがて結ばれる。

あなたのUKジャズ観をがらりと変えてしまう、新たな刺客による衝撃のデビュー作。ウガンダ共和国出身のトランペット奏者 マーク・カヴューマは、ウィントン・マルサリス、ムラトゥ・アスタトゥケ、ウェイン・ ショーターら数々のレジェンドからラヴ・コールを受ける若き有望株。本人の洒脱な雰囲気を裏切ることなく鮮やかに繰り出される、50年代にタイム・スリップしたかの様なその豊かな作風は、時代やトレンドを超越した場所で鳴る、あまりにも痛快なハード・バップ。 カルテットからセクステットまで率いる彼のデビュー作となるこのアルバムには、ジョン・コルトレーンを彷彿とさせる情熱的なM1から、ラスヴェガスに流れ込む様にゴージャスなM2など、様々なアイディアが並ぶ。特にM7でのタップ・ダンサーとの競演は、彼がハウスバンドを率いる、ダンスフロアのあるジャズクラブ“Floor Rippers”の熱気を伝える最高のドキュメント。この時代において、かつてアート・ブレイキーやセロニアス・モンクの繰り広げた狂乱の夜を蘇らせ、同時に録音物としてのマイルスやビル・エヴァンスの領域に立ち入ろうとする、野心と情熱に溢れた姿勢が美しい。

Mark Kavumaマーク・カヴューマ
UKジャズシーンのダークホース。ウガンダ共和国出身のこの若きトランペット奏者は、ロンドンの現在を更新するクラブハウス、”Floor Rippers”のハウスバンドを率い、ストリート・ダンスとジャズ、ファンク、ソウル、ヒップホップを接続する全く新しいこのカルチャーの一翼を担っている。カルテットからセクステットまでリードし、ウィントン・マルサリス、ムラトゥ・アスタトゥケ、ウェイン・ ショーターら大物からもその才能をリクエストされる逸材。2018年、Chet Baker、Camilla Georgeらの所属するUKのUbuntu Musicより満を持してデビューアルバムを発表。

ソングリスト
1Into The Darkness
2Carolina moon
3Modibo
4Barbar G
5Papa Joe
6Abide With Me
7Church
8Papa Joe – alternate take
9Church – alternate take







●インギ・ビャルニ / フンドゥル / AGATE、インパートメント / JPN / AGIPI3632 / 4532813846323 / CD / 2,700円(税込)

※日本語解説付き / 国内盤仕様
北欧の風景が聞こえてくるピアニスト、インギ・ビャルニ
アイスランドの澄んだ空気感、牧歌的な美しいメロディーが極めて流麗なタッチを持つ若手ピアニストが日本デビュー。

アイスランドの首都レイキャビクから期待のピアニストが登場。オランダ、ヨーテボリ、コペンハーゲン、オスロなど北欧の都市を渡り歩き北欧の名ピアニスト、ヘルゲ・リエンに師事したビャルニの楽曲は北欧の空気のように澄み切った静寂感溢れる美しい世界を見事に創りだし緻密なアレンジ、トリオが織りなす高度なインタープレイも奏功して”"北欧ジャズもの”"という一言では括れないオリジナリティ溢れる音楽を創りあげることに成功している。インギ・ビャルニの代表作となる記念すべきアルバム。

インギ・ビャルニ・スクラソン (Ingi Bjarni Skúlason) : piano and compositions
バデゥル・レイナート・ポウルセン (Bárður Reinert Poulsen) : bass
マグヌス・トリヴァソン・エリアセン (Magnús Trygvason Eliassen) : drums

ソングリスト
1Fundur
2Hlaupa burtu
3Þóf
4Snúður
5S306
6Trump Waltz
7Sakna norðurljósa
8Mars







●メリー・オズボーン / ア・ガール・アンド・ハー・ギター / クリンク / JPN / ODR6710 / 4582239487105 / CD / 1,620円(税込)

女性ジャズ・ギタリストを語るとき、メアリー・オズボーンは絶対に外せない!
女性ジャズ・ミュージシャンの歴史をひもとく場合、絶対に避けることができないひとりがメアリー・オズボーン。もちろん実力も第一級、これほど歯切れのよいギターの響きにはなかなか出会えないはずだ。59年後半に録音され、60年前半にリリースされた本盤は、そんな彼女の貴重なリーダー作で、トミー・ポッター(ベース)、ジョー・ジョーンズ(ドラムス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダニー・バーカー(リズム・ギター)が参加。“アンプ直結、鉄弦の音”というべきサウンドはジャズの歴史遺産だ。

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01I LOVE PARIS
02I LET A SONG GO OUT OF MY HEART
03HOW HIGH THE MOON
04WHEN YOUR LOVER HAS GONE
05MARY’S GOODBYE BLUES
06I FOUND A NEW BABY
07SOPHISTICATED LADY
08I’M BEGINNING TO SEE THE LIGHT
09BODY AND SOUL
10I SURRENDER DEAR
11THESE FOOLISH THINGS (REMIND ME OF YOU)







●JOHN COLTRANE / 1963 New Directions / VERVE / 7702018 / 0602577020186 / CD / 3,888円(税込)

※追加発注中です

今年度ジャズ界最大のヒット・アルバム『ザ・ロスト・アルバム』を含む、コルトレーンの音楽が大きな変革を遂げた1963年の録音を集大成した3枚組。
ジャズ界最高のカリスマ、ジョン・コルトレーンが音楽的に大きな変革を遂げた1963年の公式録音を集大成した3枚組セット。
2018年度ジャズ界最大のヒット作となった『ザ・ロスト・アルバム』セッションの全曲を皮切りに、ジェントルな名盤『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』、コルトレーンの死後に発表された壮絶なライヴ盤『セルフレスネス・フィーチャリング・マイ・フェイヴァリット・シングス』、ライヴとスタジオ録音を組み合わせた『ライヴ・アット・バードランド』まで、黄金のカルテットを率いて縦横無尽の活躍を繰り広げた1963年の軌跡を録音順に収録。(新譜案内より)

ソングリスト
Disc 1
01Vilia (Take 3)
02Vilia (Take 5)
03Untitled Original 11383 (Take 1)
04Nature Boy
05Impressions (Take 1)
06Impressions (Take 2)
07Impressions (Take 3)
08Impressions (Take 4)
09Untitled Original 11386 (Take 1)
10Untitled Original 11386 (Take 2)
11Untitled Original 11386 (Take 5)
12One Up, One Down (Take 1)
13One Up, One Down (Take 6)
Disc 2
01Slow Blues
02They Say It's Wonderful
03Lush Life
04My One And Only Love
05Autumn Serenade
06Dedicated To You
07You Are Too Beautiful
08After The Rain
09Dear Old Stockholm
10I Want To Talk About You (Live At The Newport Jazz Festival, Newport, RI, 7/7/1963)
Disc 3
1My Favorite Things (Live At The Newport Jazz Festival, Newport, RI, 7/7/1963)
2Impressions (Live At The Newport Jazz Festival, Newport, RI, 7/7/1963)
3The Promise (Live At Birdland Jazzclub, New York City, NY, 10/8/1963)
43.1.5Afro-Blue (Live At Birdland Jazzclub, New York City, NY, 10/8/1963)
5Your Lady
6Alabama







●ART ENSEMBLE OF CHICAGO / Art Ensemble Of Chicago And Associated Ensembles / ECM / 6792089 / 0602567920892 / 21CD / 24,840円(税込)

1968年にデビューした唯一無二のフリー・ジャズ・バンド、アート・アンサンブル・オブ・シカゴの結成50周年記念限定ボックスが登場。
・21枚組みで1978年の作品『ナイス・ガイズ』から2013年リリースのジャック・ディジョネットの傑作『メイド・イン・シカゴ』まで関連作品までを含む18作品を収録。
・300ページにも及ぶブックレットが格納。

CD1: Art Ensemble of Chicago /Nice Guys 1978年リリース
CD2: Art Ensemble of Chicago /Full Force 1980年リリース
CD3&4: Art Ensemble of Chicago/Urban Bushmen (2 CD) 1980年リリース
CD5: Art Ensemble of Chicago /The Third Decade 1984年リリース
CD6:Leo Smith /Divine Love 1978年)(CD7: Lester Bowie /The Great Pretender 1981年
CD8&9: Lester Bowie /All The Magic 1982年
CD10: Lester Bowie’s Brass Fantasy /I Only Have Eyes for You 1985年
CD11 Lester Bowie’s Brass Fantasy /Avant Pop 1986年
CD12 Art Ensemble of Chicago /Tribute to Lester 2001年
CD13: Roscoe Mitchell & The Note Factory /Nine To Get Ready 1997年
CD14: Transatlantic Art Ensemble, Mitchell / Composition, Improvisation 1, 2 and 3 2004年
CD15 Transatlantic Art Ensemble, Parker /Boustrophedon 2004年
CD16: Roscoe Mitchell & The Note Factory / Far Side 2007年
CD17&18: Roscoe Mitchell/Bells for the South Side 2015年
CD19: Jack DeJohnette’s New Directions w Lester Bowie 1978年)
CD20: Jack DeJohnette’s New Directions /In Europe w Lester Bowie 1979年
CD21: Jack DeJohnette / Made In Chicago (w Roscoe, Muhal, Threadgill) 2013年







●アート・ブレイキー / Live in Scheveningen 1958 / FONDAMENTA / JPN / FON1804034 / 0190759045121 / CD / 2,808円(税込)

※2CD / 帯付き国内盤仕様
フランスの高音質レーベル、Fondamentaの高音質復刻シリーズ「The Lost Recordings」。最新作は、ハード・バップの黄金期を彩り、ジャズ史にその名を刻んだ偉大なジャズ・ドラマー、アート・ブレイキーの1958年オランダ・ライヴが登場!

1958年11月29日、オランダ、スヘフェニンゲンのクアハウス(Kurhaus)で行われた一夜のライヴを、アート・ブレイキーのアナウンスも含めて収録した2枚組。ベニー・ゴルソンが加わり、リー・モーガン、ボビー・ティモンズらの名手たちによって名曲「モーニン」が生み出されたばかりの時代(ブルーノートの名盤「モーニン」収録時と同じメンバー)のザ・ジャズ・メッセンジャーズの生々しいライヴが、最先端のテクノロジーで蘇ります。ブレイキー&JMの代名詞となる「モーニン」はもちろん、チャーリー・パーカーの「ナウズ・ザ・タイム」、ディジー・ガレスピーの「チュニジアの夜」などの名曲の収録も嬉しいポイント。

Fondamentaが、フランスのオーディオ・メーカー Devialet(ドゥヴィアレ)のテクノロジーを駆使して開発した、アナログ録音の正確な復刻を可能にする復元プロセス、Phoenix Mastering(フェニックス・マスタリング)を使用。(新譜案内より)

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
アート・ブレイキー(ds)
リー・モーガン(tp)
ベニー・ゴルソン(ts)
ボビー・ティモンズ(p)
ジミー・マレット(b)

ソングリスト
Disc 1
1Introduction by Art Blakey 03:24
2Moaning 15:23
3Announcement by Art Blakey 01:09
4Along Came Betty 09:33
5Announcement by Art Blakey 00:30
6Evidence/Justice 06:58
Disc 2
1Just by Myself 05:52
2Announcement by Art Blakey 01:08
3I Remember Clifford 06:02
4Announcement by Art Blakey 00:43
5Now Is the Time 06:07
6Announcement by Art Blakey 00:29
7Whisper Not 10:13
8Night in Tunisia 12:21







●JAKOB BRO / Bay of Rainbows / ECM / 6775896 / 0602567758969 / LP / 3,996円(税込)

※LP / 180g
デンマーク出身40歳のギタリスト、ヤコブ・ブロとアメリカ人のリズム隊にトリオによるNYのJAZZ STANDARDにおける2017年の2晩のライヴを録音した初のライヴ作品。
2016年のアルバム『Streams』リリース後のライヴでありながら2015年『Gefion』からも演奏。メロディックな新曲「Mild」は2ヴァージョンを収録、その時によって新たな形を作り出す見事なトリオが美しい。

Jakob Bro: guitar
Thomas Morgan: double bass
Joey Baron: drums

ソングリスト
1Mild
2Red Hook
3Copenhagen
4Dug
5Evening Song
6Mild(Var)







●カーヴェー・ラステガー / ライト・オブ・ラブ / BSMF RECORDS / JPN / BSMF-5053 / 4546266213779 / CD / 2,592円(税込)







●ALEXANDER CLAFFY / STANDARDS: WHAT ARE YOU DOING THE REST OF YOUR / SMOKE SESSIONS / 0888295814560 / CD / 2,268円(税込)

カート・ローゼンウィンケル参加!!
久々に爆裂ソロが楽しめる作品が登場!!

Bass – Alexander Claffy
Drums – Aaron Kimmel (tracks: 4, 6, 7), Adam Arruda (tracks: 1, 3, 5), Mark Whitfield Jr. (tracks: 2, 8)
Guitar – Kurt Rosenwinkel
Piano – David Kikoski
Tenor Saxophone – Joel Frahm (tracks: 2, 6, 7)
Trumpet – Benny Benack III (tracks: 6, 7)
Vocals – Veronica Swift (tracks: 7)






●RICARDO PINHEIRO / TRIPLICITY / DOUBLE MOON / DBCHR75227 / 0608917471229 / CD / 2,376円(税込)







●MILES DAVIS / KIND OF BLUE + 2 BONUS TRACKS / JAZZ IMAGES / 8436569192603 / CD / 1,404円(税込)







●RENEE ROSNES / Ice on the Hudson - Songs by Renee Rosnes & David Hajdu / SMOKE SESSIONS RECORDS / SMKJ001 / 0888295812153 / CD / 2,268円(税込)

5年の構想を経て、女流ピアニスト、リニー・ロスネスが作家/コラムニストのデイヴィド・ハイデュとのコラボを完成4人のシンガーが参加した豪華オールスター・アンサンブル!
スモークセッション・レコードから新コンセプトの『SMK JAZZ』シリーズが登場。
女流ピアニスト、作曲家でもあるリニー・ロスネスは同世代のミュージシャンの中でも評価の高い作曲家の一人である。カナダからニューヨークに移り、ウェイン・ショーター、ジョー・ヘンダーソン、J.J.ジョンソン、ロン・カーター等のツアーに参加し、現在までに16作のリーダー作を発表している。
本作『Ice on the Hudson』は作家、評論家、コラムニスト、ソングライターでもあるデイヴィド・ハイデュ(David Hajdu)の詩にリニー・ロスネスが音楽を担当するという両者の5年前の構想が遂に実現したコラボレーション・アルバムである。現代において、大人が直面するライフスタイルの情緒的な複雑さを色々な局面から詩で描いている。
4人のヴォーカリストが大きくフィーチャーされている。グラミー・ノミネイト女性シンガー、ルネ・マリーやマンハッタン・トランスファーのジャニス・シーゲル、ジャズやポップのパフォーマーとして知られるカレン・オバーリン、男性ボーカルのデリアス・デ・ハイスの4人が参加した豪華オールスター・アンサンブルである。
全曲でリニー・ロスネス(p)、シーン・スミス(b)、カール・アレン(ds)が参加、スティーブ・ウイルソン(as,ss)、シェイマス・ブレイク(ts)、ケン・ペプロウスキー(cl)等がゲストで参加している。

メンバー:René Marie (vo) (1, 7), Janis Siegel (vo) (2, 6, 9), Darius de Haas (vo) (3, 5, 11), Karen Oberlin (vo) (4, 8, 10)Renee Rosnes (p), Sean Smith (b), Carl Allen (ds)Steve Wilson (as)(1, 10) (as,ss) (2), Seamus Blake (ts) (6, 11), Ken Peplowski (cl) (5),Erik Friedlander (cello) (2, 7, 8), Rogerio Boccato (perc) (6, 7, 8, 11

ソングリスト
01A Tiny Seed(featuring René Marie)
02I Used to Like to Draw(featuring Janis Siegel)
03Trotsky in Mexico(featuring Darius de Haas)
04All But You(featuring Karen Oberlin)
05To Meet My Brother(featuring Darius de Haas)
06The Passage(featuring Janis Siegel)
07Little Pearl(featuring René Marie)
08I Like Pie(featuring Karen Oberlin)
09Ice on the Hudson featuring Janis Siegel)
10I Still Feel the Same(featuring Karen Oberlin)
11Confound Me (featuring Darius de Haas)






●JOANNE GRAUER / INTRODUCING LORRAINE FEATHER / MPS / 4029759128045 / LP / 4,320円(税込)



●ART VAN DAMME / ECSTASY / MPS / 4029759128373 / LP / 4,320円(税込)



●MICHAEL NAURA / CALL / MPS / 4029759128281 / LP / 4,320円(税込)





●PAUL DESMOND / EASY LIVING / SPEAKERS CORNER / 4260019715661 / LP / 4,320円(税込)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD&RD】 11/14 新入荷一覧! 



●ANDREW DICKESON / Song Is You / ANDREW DICKESON / 752830428713 / CD / 2,484円(税込)

エリック・アレクサンダーを迎えた前作、『IS THAT SO?』が大好評だったオーストラリアを代表するドラマー、アンドリュー・ディケソンの新作。
今回サックスには、NYの第一線で活動するニック・ヘンプトンを起用しており、前作に全く引けを取らない、これぞ王道のスタンダードジャズを聴かせてくれます。

ジャズファンであれば、馴染みのあるスタンダード中心の選曲ですが、どれも一味加えられたアレンジに新鮮さを感じます。
また、前作同様、録音も素晴らしいです。50年代後半から60年代の、あのコンテンポラリーレコードのエンジニアの録音テクニックを使用しているとのこと。スタジオの録音なのでサウンドはクリアですが、ライブ感が強く、サックスの息遣い、ギターの繊細のピッキング、ベースのどっしりとしたウォーキング、美しいドラミング...がリアルに目に浮かぶほどです。

【Personnel】
Nick Hempton(ts,as)
Carl Dewhurst(g)
Ashley Turner(b)
Andrew Dickeson(ds)

ソングリスト
1Trinkle Trinkle
2Moonlight In Vermont
3Shoulders
4Blues For Riyo
5The Song Is You
6You've Changed
7Spirit Song
8Ugly Beauty
9It's You Or No One







●MIKE JONES / Show Before The Show / CAPRI / 0054987414817 / LP / 3,780円(税込)

※LP/140g
魅力的なピアノソロ作品をリリースしているピアニスト、 マイク・ジョーンズ の2018年作品がLP盤でリリース!!

Bass – Penn Jillette
Piano, Producer – Mike Jones

ソングリスト
1Broadway
2Corcovado
3There Is No Greater Love
4But Not For Me
5Manha de Carnaval
6Box Viewing Blues
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter


新宿ジャズ館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す