【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 12/18 新入荷一覧! 



●V.A.(寺島靖国) / ジャズバー2018 / 寺島レコード / JPN / TYR1075 / 4988044043572 / CD / 3,024円(税込)

年末の風物詩“Jazz Bar"の新作が登場!
18年目を迎えるキング・オブ・コンピレーション

あまり古びた言葉は使いたくないですが、やはりロマンチシズムやスイングやリリシズムというジャズ特有の言語で説明するとわかりやすい。ジャズには少なからずそういう要素があります。グルーブがあるように叙情性や情に訴える感性もジャズという音楽の立派な一要素と思います。どうかすると情感なるエレメントが下に見られやすいジャズ界、当『Jazz Bar』はその不条理な見解に対する対抗勢力と考えていただいても。
(Jazz Bar 2017 ライナーノーツより)

寺島レコード キング・オブ・コンピレーションのJazz Barが18年目に突入。
今年もブレることなく寺島式選曲で選び抜かたれ美旋律楽曲を収録。

収録予定曲
・La Chanson Des Vieux Amants [Charles Loos Trio]
・Dust In The Wind [Philippe Lemm Trio ]
・Giorgia Mood [Giorgio Azzolini]
・Fenesta che lucivi e mo non luci [Alessandro D'Episcopo]
・Old Folks At Home [Moncef Genoud Trio]
・Marcia Funebre [John Taylor]
・Piensa en mi [Marco Mezquida]
・Tres Palabras [Abe Rabade]

他、数曲収録予定

・選曲・解説:寺島靖国
・セミダブル紙ジャケット(コーティング仕様)



●ジョルジュ・ロベール&ケニー・バロン / ピース / CRAFTMAN RECORDS / JPN / CMRS25 / 4988044043695 / 12" / 3,780円(税込)

※12" / 完全限定プレス
JaZZ JAPAN×CRAFTMAN RECORDS×DIW
ジャズジャパン100号記念45回転高音質12インチシングル盤
「ジョルジュ・ロベール&ケニー・バロン/ピース」
至高のデュオ作品を最高の音質でお届けする、究極のオーディオファイル!!

・演奏:ジョルジュ・ロベール(as, ss)、ケニー・バロン(p)
・録音:2002年8月12日 ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール
・アナログ盤企画/監修:塙耕記
・45prm/180g重量盤
・マスター盤プレッシング/2018年アナログ盤専用最新リマスター

マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。

ソングリスト
1ピース
2時さえ忘れて
3ラウンド・ミッドナイト







●SFJAZZ COLLECTIVE / Miguel Zenón Retrospective: Original Compositions, 2004-2016 / SF JAZZ RECORDS / 0857781007113 / CD / 4,320円(税込)

※2CD / ペーパースリーブ
現代ジャズシーンを代表するミュージシャンが参加する人気グループSFJAZZ COLLECTIVE最新作が2018年年末に入荷!
2018年春にリリースされたアルバムはオリジナル楽曲とセロニアス・モンク、オーネット・コールマンそしてスティーヴィー・ワンダーの楽曲をアレンジしたアルバムでしたが、今作はグラミー賞ノミネート歴もある、プエルトリコ出身のサックス奏者ミゲル・ゼノンが参加した演奏をCD2枚にどっさり収録!

そして、ただの"ミゲル・ゼノン参加作"で終わらないところがSFJAZZ COLLECTIVEの人気の秘密。

ジョシュア・レッドマン、ボビー・ハッチャーソン、ブライアン・ブレイド、ニコラス・ペイトン、エリック・ハーランド、デイヴ・ダグラス、エドワード・サイモン、ジョー・ロヴァーノといった各々が自身のリーダー作を出し現代ジャズを代表するミュージシャンが集結しているまさにトップ・オブ・ザ・トップ。
このメンバーを見てコンテンポラリー・ジャズを聴く方は素通りできないでしょう!!2018年、年末のコンテンポラリー作品として注目です!

【Personnel】
“Lingala” from The Music of Ornette Coleman, Inaugural Season 2004
Miguel Zenón - alto saxophone, Joshua Redman – tenor saxophone, Nicholas Payton – trumpet, Josh Roseman – trombone, Bobby Hutcherson – vibes, Renee Rosnes – piano, Robert Hurst – bass, Brian Blade – drums

“2 and 2” from Live 2005 - 2nd Annual Concert Tour: Original Compositions & Works by John Coltrane, 2005
Miguel Zenón - alto saxophone, Joshua Redman – tenor saxophone, Nicholas Payton – trumpet, Isaac Smith – trombone, Bobby Hutcherson – vibes, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“Collective Overture” from Live 2006 - 3rd Annual Concert Tour: Original Compositions & Works by Herbie Hancock
Miguel Zenón - alto saxophone, Joshua Redman – tenor saxophone, Nicholas Payton – trumpet, Andre Hayward – trombone, Bobby Hutcherson – vibes, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“Life at the End of the Tunnel” from Live 2007 - 4th Annual Concert Tour: Original Compositions & Works by Thelonious Monk
Miguel Zenón - alto saxophone, Joshua Redman – tenor saxophone, Dave Douglas – trumpet, Andre Hayward – trombone, Bobby Hutcherson – vibes, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“Frontline” from Live 2008: 5th Annual Concert Tour: Original Compositions & Works by Wayne Shorter
Miguel Zenón - alto saxophone, Joe Lovano – tenor saxophone, Dave Douglas – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Stefon Harris – vibes, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“No Filter” from Live 2009 – 6th Annual Concert Tour: The Works of McCoy Tyner plus New Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, Joe Lovano – tenor saxophone, Dave Douglas – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Renee Rosnes – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“The Mystery of Water” from Live 2010 – 7th Annual Concert Tour: The Works of Horace Silver plus New Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, Mark Turner – tenor saxophone, Avishai Cohen – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Stefon Harris – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“More to Give” from Live in New York 2011 – The Music of Stevie Wonder & New Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, Mark Turner – tenor saxophone, Avishai Cohen – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Stefon Harris – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Eric Harland – drums

“Grand Opening” from Live: SFJAZZ Center 2013 - The Music of Chick Corea & New Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, David Sánchez – tenor saxophone, Avishai Cohen – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Stefon Harris – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Obed Calvaire – drums

“Synthesis Of A Band, Part 1-3” from Live: SFJAZZ Center 2014 – The Music of Joe Henderson & Original Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, David Sánchez – tenor saxophone, Avishai Cohen – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Warren Wolf – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Obed Calvaire – drums

“Fall Prelude” from Live: SFJAZZ Center 2015 – The Music of Michael Jackson & Original Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, David Sánchez – tenor saxophone, Sean Jones – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Warren Wolf – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Obed Calvaire – drums

“Tribe” from Live: SFJAZZ Center 2016 – The Music of Miles Davis & Original Compositions
Miguel Zenón - alto saxophone, David Sánchez – tenor saxophone, Sean Jones – trumpet, Robin Eubanks – trombone, Warren Wolf – vibes, Edward Simon – piano, Matt Penman – bass, Obed Calvaire – drums

ソングリスト
Disc 1
1 Lingala
2 2 And 2
3 Collective Overture
4 Life At The End of The Tunnel
5 Frontline
6 No Filter
Disc 2
1 The Mystery of Water
2 More To Give
3 Grand Opening
4 Synthesis of a Band pt. 1
5 Synthesis of a Band pt. 2
6 Synthesis of a Band pt. 3
7 Fall Prelude
8 Tribe







●ONDREJ STVERACEK / LIVE IN PRAGUE / 自主制作 / 2299990621622 / CD / 2,592円(税込)

コルトレーンを敬愛して止まないスロヴァキア出身の注目のサックス奏者、オンドレイ・ストヴェラチェクのSlovakia隣国チェコ・プラハでの白熱のワンホーン・カルテット・ライヴ盤が登場!
コルトレーンのエネルギーを現代に再現させるかのようなエネルギッシュな快演が堪能できるファン待望の1枚です。

Ondrej Stveracek (ts/ss)
Klaudius Kovac (p)
Tomas Baroa (b)
Gene Jackson (ds)

1. Spanish
2. Naima
3. Jin-Fizz
4. Bunch Of Gypsies
5. Dedicated
6. Calm







この年に一度の厳選された贈り物は、コンピレーションCDの無限の可能性を再発見させてくれる。 ― Calm

天上から零れ落ちるようなハングドラムの音色、歌心に溢れたフォーク+エレクトロニカのネクストレヴェル、浮遊するチリ/アルゼンチン産ポップ・バレアリカ、注目のポーランド〜イスラエルの新世代東欧ジャズ、そしてサイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」の慈しむようなカヴァー……。夢中へと誘う、美しき旋律の峰々──静かに胸が震える至極の楽曲群をひとつの物語とすべく組み上げられる、感動のコンピレイション・シリーズ第六集。

ビョークをも魅了したハングドラム奏者マヌ・デラーゴによる独奏「Herzkeks」をオープニングに、ザ・シネマティック・オーケストラやボノボのフィーチャリング・ヴォーカリストとしても知られるグレイ・レヴァレンド「To Be Here」、トーマス・バートレットとニコ・マーリーの奇跡のコラボから生まれた「Valentine」、オルタナティヴなべクトルも同時に包括するUKエレクトロニカ・シーンのオリジネイター、タン衝撃の新曲「Dream In」という叙情派フォークの鮮やかな連なり。チリ出身のヴォーカリストとアルゼンチンのマルチ・インストゥルメンタル・プレイヤーによる未だ知られざる男女デュオ、エラード・インフィニート・カンシオネス・ディスペルサスのフアナ・モリーナを彷彿とさせるキラー・チューン「Encontrar」から、アンビエント~ニューエイジ的サウンド・アプローチにジャジーなアレンジが冴えるG.S. Schray「Placeholder Areas」という浮遊感が心地よいバレアリック・パートのひと時に身を委ねる。
アザー・サイドの始まりを静かに告げるのは、現行ポーランド・ジャズの旗手スワヴェク・ヤスクウケのトリオ作「Chili Spirit」。一方、動のタッチで鮮やかに躍って魅せるのはイスラエルの新世代ピアニスト、ニタイ・ハーシュコヴィッツ。そして幻想的な世界を描くフランスのジュリアン・マルシャルによるピアノ・ソロ「Insight XVI」の流麗なアルペジオにも溜め息が漏れる。昨今ではECMからの一連のリリースが注目を集めるギタリスト、ヤコブ・ブロが2000年代に残した「Hometown Melodies」で郷愁の思いに駆られていると、ジャクリーン・ハンバートの変名プロジェクトが遠い記憶の彼方、もしくは次元の狭間へと聴き手を招く。
後半のハイライトは国内インディー/ネオフォーク・シーンにおけるミューズ誕生の瞬間を捉えたオデオ「White Crow」と、音楽ファンのみならず、ファッション界をも巻き込みながら今やその渦の中心となりつつあるヤン&ナオミの「Utero」。そっと触れるだけで壊れてしまいそうな危うさも同居する二組の描く美しい世界が、切なく胸をえぐる。
エンドロールには上柿絵梨子、ダコタ・スイート&クエンティン・サージャック、ブッゲ・ヴェッセルトフトらによる至極のバラードを。再会へ向けたあたたかな別れのメッセージ「さよなら(Good Bye)」に、春の訪れを待つ「Wintersong」、そうしてサイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」にある永遠の慈愛または祈りのような情感──敷居は低く、その奥は深い、全音楽ファン必聴のコンピレイションです!

●中村智昭(MUSICAANOSSA / Bar Music) / バーミュージック 2018 / MUSICAÄNOSSA GRYPS / JPN / MNGP20 / 4988044044104 / CD+7" / 4,860円(税込)

毎年好評のアナログとの超限定セットは、世界初ヴァイナル化4曲収録の7"EP2枚+コンピレイションCDの3枚組!

EP内容
【A】To Be Here / Grey Reverend *世界初アナログ化! ザ・シネマティック・オーケストラやボノボのフィーチャリング・ヴォーカリストとしても知られるニューヨーク/ブルックリンのシンガーソング・ライターによる新曲。
【B】Herzkeks / Manu Delago *世界初アナログ化! ビョークをも魅了したハングドラム奏者マヌ・デラーゴによる幻想的な独奏。
【C】Encontrar / Helado Infinito Canciones Dispersas *世界初アナログ化!チリ出身のヴォーカリストとアルゼンチンのマルチ・インストゥルメンタル・プレイヤーによる未だ知られざる男女デュオ。フアナ・モリーナ直系の浮遊感とベースラインが癖になるキラー・チューン。
【D】Hometown Melodies / Jakob Bro *世界初アナログ化! ECMからの一連のリリースが注目を集めるギタリスト、ヤコブ・ブロが2000年代に残した名曲。国内チルアウト〜バレアリック・シーンの先駆であるCalmも絶賛のサウダージ・ソング。

●中村智昭(MUSICAANOSSA / Bar Music) / バーミュージック 2018 / MUSICAÄNOSSA GRYPS / JPN / MNGP19 / 4988044044098 / CD / 2,700円(税込)

01Herzkeks / Manu Delago *国内初CD化!
02To Be Here / Grey Reverend *世界初CD化!
03Valentine / Thomas Bartlett & Nico Muhly *国内初CD化!
04Dream In / Tunng
05Encontrar / Helado Infinito Canciones Dispersas *国内初CD化!
06Placeholder Areas / G.S. Schray *世界初CD化!
07Chili Spirit / Sławek Jaskułke 3yo
08Green Hill Pearls / Nitai Hershkovits
09Insight XVI / Julien Marchal
10Hometown Melodies / Jakob Bro *国内初CD化!
11 / J. Jasmine(Jacqueline Humbert & David Rosenboom)
12White Crow / Odeo *世界初CD化!
13Utero / Jan And Naomi
14Sayonara(Good Bye) / Eriko Uegaki
15Wintersong / Dakota Suite, Quentin Sirjacq
16Bridge Over Troubled Water / Bugge Wesseltoft *国内初CD化!







●ブッゲ・ヴェッセルトフト&プリンス・トーマス / ブッゲ・ヴェッセルトフト&プリンス・トーマス / カレンティート / JPN / CLTCD2076 / 4580345014345 / CD / 2,160円(税込)

ブッゲ・ヴェッセルトフトはノルウェーのジャズ・シーンを代表するピアニスト。名門ECMレーベルでの客演仕事(ヤン・ガルバレクやシゼル・アンデルセンなど)からキャリアをスタート、90年代後半には自らのレーベル「ジャズランド」を立ち上げエレクトロニック・シーンとも積極的に関わりながら「ニュー・コンセプション・オブ・ジャズ(新たなるジャズの概念)」の創出に取り組んできたヨーロッパを代表する「クロスオーバー」のパイオニア。
プリンス・トーマスは、リンドストロームと共に、イギリスでイジャット・ボーイズらがやっていた新しくオルタナティヴなディスコやハウスのシーンを2000年代の半ばにいち早く取り込み、ノルウェーに独自のコズミック・スタイルを定着させた北欧ディスコの盟主。近年は、3枚組ミックス『Paradise Goulash』、アンビエントな2枚組大作『Principe Del Norte』、サイケ・バンド「ドゥンエン」の再構築仕事、エクスペリメンタル新レーベル「Horisontal Mambo」の立ち上げ、IDM名曲「Solstice」のリミックスなど、フロアの外でも野心的な取り組みを続け新境地を開拓している。
ジャンルや世代は異なるが、どちらも独自のエクレクティックなアウトプットでノルウェーのミュージック・シーンに大きな刺激をもたらし続けてきたイノヴェーターである。
そんな両者が、今年設立25周年を迎えたノルウェー屈指の尖鋭レーベル「スモールタウン・スーパーサウンド」のもとでコラボ・アルバムを創り上げた!
いかにもブッゲな美しく研ぎ澄まされたピアノの音とメロディ。いわゆるジャズランド的な「フューチャー・ジャズ」とはまた少し趣を異にした、コズミックでバレアリックな、プリンス・トーマスならではのジャズとダンスフロアの越境感。張り詰めたテンションと心地よい揺らぎと…。ふたりの特徴的なサウンドやアイデアが真正面からぶつかり混ざり合い、唯一無二の「ノルウェーのいまの音」を生み出すことに成功しております。
カーリン・クロッグやヤン・ガルバレク諸作にも名を連ねる名士ヨン・クリステンセンがパーカッションとドラムスでゲスト参加。ミックスは「ECMサウンドの要」とも言われているベテラン・エンジニアのヤン・エリク・コングスハウグ。
全5曲62分。オスロ発、人跡未踏の音の彼方へのエキサイティングなサウンド・ジャーニー。お乗り遅れなきよう!

ソングリスト
1Furuberget
2Norte Do Brasil
3Sin Tempo
4Bar Asfalt
5Epilog







●LYN STANLEY / London Calling: A Toast To Julie London(SACD/hybrid) / A.T. MUSIC / ATM3107 / 0672713983088 / SACD / 5,616円(税込)

コンボバックに聴きやすいアレンジとムード溢れるヴォーカルが聴きどころ。また前作同様オーディオファイル作品としても素晴らしい出来栄えとなっております。参加メンバーも豪華。ピアノのマイク・ガーソンはデビッド・ボウイのセッションでお馴染み。クリスチャン・ヤコブもコンコード作品等で人気のピアニスト。ベースを演奏するチャック・ベルホファーはジュリー・ロンドンのライブで演奏した経歴もあります。ギターのジョン・チオーディーニは、ペギー・リーと7年間演奏、またナタリー・コールの「アンフォゲッタブル」にも参加した経験豊かな持ち主。 リン・スタンレーの「インタールード」と「ミッドナイト・セッション」でもレコーディングしており、このアルバムのアソシエート・プロデューサーでもあります。他にもルイス・コンテ等ミュージシャンにサポートされジュリー・ロンドンに捧げた思いがひしひしと伝わる作品となっております。

【Personnel】
Lyn Stanley(vo)
John Chiodini;(g)
Mike Garson(p)
Christian Jacob(p)
Chuck Berghoferb)
Mike Valerio(b)
Paul Kreibich(ds)
Aaron Serfaty(ds)
Luis Conte(per)
Aaron Serfaty(per)
Brad Dutz(per)

ソングリスト
01Goody Goody
02Call Me Irresponsible
03Bye Bye Blackbird
04I Heard It Through The Grapevine (bonus)
05How About Me?
06Cry Me A River
07I've Got A Crush On You
08Blue Moon
09Light My Fire
10Sway
11Go Slow/Nice Girls Don't Stay For Breakfast
12Summertime (band version)
13It's Impossible (bonus)
14As Time Goes By
15You The Night And The Music
16Ev'ry Time We Say Goodbye
17Summertime (piano/vocal)







●畑ひろし / Door to Door / KANEHA / JPN / COMK002 / 4560280320022 / CD / 2,000円(税込)

心地よいスイング感、厚みのある音色。
ニューヨークのミュージシャンと繰り広げるセカンドセッション!

関西を拠点に活躍するスイング系バップギタリスト、畑ひろしの「イントロデューシング」に続く、2枚目のリーダー作。 彼が目指すところは心地よいスイング感を伴った、モダン・スイングとも言える世界である。デビュー作同様10年来の友人でもあるルイス・ナッシュ(ds)、ピーター・ワシントン(b)というニューヨークでもとびっきりの腕達者が、さらに数曲では新たにレイ・ドラモンド
(b)が参加している。単なるノスタルジックなものではなく、しっかりと今の息吹を感じさせる作品。彼の演奏スタイルは、自作のジプシー・スイング的なものからアーシーなブルースまで守備範囲は広く、シンプルながら心に響くナチュラルな良い演奏を聞かせてくれる。

畑 ひろし HATA HIROSHI (guitar)
1959年3月2日生まれ。
大学在学中よりジャズ・ブルースに強く影響を受け、多くのアマチュア・プログループに参加。1998年、ニューヨークにてルイス・ナッシュ(dr)ピーター・ワシントン(b)と1st.CD「イントロデューシング」をレコーディング。理想のギタートリオを実現させた。以降、同メンバーで2nd.CD「ドア トゥ ドア」3rd.CD「ブルース・ウォーク」を発表。2002年「第十回中山正治ジャズ大賞」プロフエッショナル部門を受賞。独自のフィーリングを持った彼の演奏スタイルは、海外のミュージシャンにも定評がある。

【Member】
畑 ひろし (guitar)
RAY DRUMMOND (bass)
PETER WASHINGTON (bass)
LEWIS NASH(drums)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Air mail special
02 Door to door
03 How about you
04 Stairway to the stars
05 Tickle toe
06 Volare
07 Embraceble you
08 Honky tonk
09 Autumn in New York
10 The fish in Chelsea



●畑ひろし / Blues Walk ! / KANEHA / JPN / COMK003 / 4525118050748 / CD / 2,000円(税込)

NYC三部作 完結編。ルイス・ナッシュ(ds)、ピーター・ワシントン(b)との息のあった緊密なインタープレイと寛ぎを感じさせる一作!

畑ひろしによるニューヨーク録音三部作完結編。いずれもルイス・ナッシュ(ds)ピーター・ワシントン(b)を共演者に、また尊敬するギタリスト増尾好秋氏を共同プロデューサーに迎えスタンダード、自作曲など幅広い選曲で、気心の知れあった3人が緊密なインタープレイの中にもリラックスした雰囲気を醸し出している。そして冒頭のソロナンバー、テンダリーでは彼の歌心の神髄
が味わえる。自分の好きなスタイルをとことん追求することで彼は独自の個性を築きあげてきた。同じメンバーでレコーディングを重ね、常にやりたいことをやって表現に変化を持たせている。彼のプレイにはスイング派の要素、ビバップの要素もあり、そんなモダンスイングのスタイルに味わいがある。メロディアスでリズミックな曲にこの人のスインギーなプレイはぴったり。趣味のいい作品である。

畑 ひろし HATA HIROSHI (guitar)
1959年3月2日生まれ。
大学在学中よりジャズ・ブルースに強く影響を受け、多くのアマチュア・プログループに参加。1998年、ニューヨークにてルイス・ナッシュ(dr)ピーター・ワシントン(b)と1st.CD「イントロデューシング」をレコーディング。理想のギタートリオを実現させた。以降、同メンバーで2nd.CD「ドア トゥ ドア」3rd.CD「ブルース・ウォーク」を発表。2002年「第十回中山正治ジャズ大賞」プロフエッショナル部門を受賞。独自のフィーリングを持った彼の演奏スタイルは、海外のミュージ オーダー数 シャンにも定評がある。

【Member】
畑 ひろし (guitar)
PETER WASHINGTON (bass)
LEWIS NASH(drums)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Tenderly
02 Never on Sunday
03 Prince and Spring
04 Stars fall on Alabama
05 The blues walk
06 Triste
07 Angel eyes
08 Portable music blues
09 Louise
10 I wished on the moon
11 So many stars







●畠山令 / Mosaic Structure / Forward Records / JPN / FRW2365 / 4988044882706/ CD / 2,500円(税込)

2017年 International Songwriting Competition ファイナリスト!ベーシスト畠山令の待望の1stアルバム!
世界最大級の作曲コンペティションファイナリスト曲を含むオリジナル10曲と枯葉を含む全11曲の快心作!

深く太いビート、そして力強く優しいその音色で自由に音楽全体をリードする彼のプレイは聴く者全てを魅了する。曲は枯葉を除く10曲が畠山令のオリジナルとなりその独特で唯一
無二の世界観には定評があり世界最大級の作曲コンペティションでファイナリストとなり作曲家としても高い評価を得る。またスタジオ録音にもかかわらずライブさながらのインタープレイによりそのサウンドに引き込まれていく。

畠山 令 (プロフィール)
18歳の時にエレクトリック・ベースを始め、その後甲陽音楽学院 に入学し上山崎初美氏に師事、ベースという楽器の持つ可能性を体得する。ジャズの持つ即興性や音楽の広がりに感銘を受け20歳でアコース ティック・ベースに転向し、バークリー音楽大学に奨学金を得て入学。在学中はR.Mahdi、 J.Lockwood氏らに師事、また学生時代より 現地アメリカの数々のライブハウスで演奏する。2006年から209年にはRodney Whitakerに師事卒業後に帰国し自己のグループを中心に「ジャズの伝統を大切にしながら、新しくも個性のある音楽の 創作」をモットーに活動している。2017年には自身の作曲した曲、Two in OneがInternational Songwriting Contestでファイナリストに選出。2018年に自身初となる1stアルバム"Mosaic Structure"を発売。国内のみならずフランス、ドイツ、ルーマニア、台湾等でも演奏をする。Taipei International Jazz Festival, Pinneberg Jazz Festival,Europa Fest, Tokushima Jazz Street, Takatsuki Jazz Street等数多くのジャズフェスティバルに出演。Benny Green、Craig Handy、John Pizarreli、山中千尋 等著名アーテイストとの共演多数。

【Member】
畠山令 Ryo Hatakeyama bass
浅井良将 Ryosuke Asai alto saxophone
吉田優子 Yuko Yoshida piano
中村雄二郎 Yujiro Nakamura drums

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 Two In One
02Swangin
03 Pendulum
04 Eric the Dolphy
05 Dance of Thelonious
06 Dark Gloomy Room
07 Hands
08 Autumn Leaves
09 Tower of Babel
10 Phantom
11 Mosaic Structure







●酒井尚子 / Light / コアポート / JPN / RPOL10008 / 4562469600789 / CD / 2,200円(税込)

コアポートの日本人ジャズ系ヴォーカリスト第1弾として、宝石のような才能がコンテンポラリーJAZZ/POPSシーンに登場。
ポップなのに、切ない。ジャズとR&Bが重なる新しいメロウネス。シンガーソングライター酒井尚子のデビュー作。石若 駿、黒田卓也 他が参加。
グレッチェン・パーラト、ベッカ・スティーヴンス他現代ジャズ・ヴォーカル・カタログを多数保有するコアポートが、初の日本人女性ジャズ系ヴォーカリストをリリース。NYのニュースクールで学び、その後も独自のライヴ&作曲活動を続けている兵庫県出身のシンガー・ソングライター酒井尚子(さかい なおこ)。
凛としたテンダー・ヴォイスから都市の日常風景や、センシティヴな人の心のうつろいがメロウに響きわたる。そのサウンドの特徴はスウィートなR&Bの感性をベースに宿らせながら、ジャズの技法でコーティングされた絶妙なポップ・フィーリング。様々なレイヤーが交わった、まったく新しいタイプのContemporary Jazzy Sound。
瞬時に光と影の表情を同居させる切ないヴォーカルでいながら、どこまでも自然体の空気感。さらに高音域の吐息は清冽なエモーションを解き放つ。英語詞と日本語詞それぞれで感じられる、淡い光が差すような心持ちブルーでいて飾りのない声質は聴き手の心のひだに歓びと潤いを与える。
また全曲オリジナル曲による、その作詞作曲の才能は特筆すべきもの。時には内省的な歌詞と、自然に湧き出るという様々な曲タイプは、サウンドから伝わる繊細な感性と共にすべて酒井尚子の色彩となっていき、ナチュラルなヴォーカルとのコントラストをさらに美しく、希望溢れるものにしていく。
全7曲中4曲に石若 駿が、初の他アーティストへのプロダクションとして参加(arr,ds,,p他)。名作『SONGBOOK』で披露した世界とも重なるヴォイシングや音響が、酒井尚子の世界と共鳴していく。さらに三好功郎(g)を始めとする実力派ミュージシャンも多数参加しているばかりでなく、NY時代からの盟友、黒田卓也(tp)も1曲参加!

アーティストプロフィール
兵庫県出身。幼少の頃から音楽好きの両親の影響でソウル、アフロ・ロック等を聴いて育つ。中学時代からHIP HOPやR&Bに傾倒していくと同時に歌うことの魅力にも気づき、高校時代に地元の音楽スクールで歌のレッスンを受ける。高校卒業後ニューヨークに単身渡米し様々なジャンルの人脈を広げていくかたわら、ブルックリンの音楽学校でジャズ・ヴォーカルを学ぶ。この頃から作詞作曲を始める。その後ニュースクール大学ヴォーカル科に入学。同時期の在学生ではジャマイア・ウィリアムス、クリス・ターナー、ベッカ・スティーヴンス、黒田卓也他を輩出している。卒業後も現地のミュージシャンとのライヴ活動やコラボレーション活動を行う。帰国後は地元関西でオリジナル曲を中心にライヴ活動をスタート。上京後はソロ活動、ユニット活動など都内を中心に活動。約2年間の充電を経て2018年に初アルバム『The Light』を発売。透明感溢れるヴォーカルと、天性の才能であるソングライティングからは今後の活動をさらに期待させる。

ソングリスト
1The Light
2エイト
3月の花
4Wrong
5Unseal
6I See
7IT’s







●コンラッド・パシュクデュスキ / 過ぎし夏の想い出~ジュール・スタイン・ソング・ブック / ヴィーナスレコード / JPN / VHCD-1245 / 4571292512459 / CD / 2,880円(税込)

ソングリスト
01過ぎし夏の想い出
02オール・アイ・ニード・イズ・ザ・ガール
03タイム・アフター・タイム
04涙のかわくまで
05お久しぶりね
06アイ・ビリーブ
07ネヴァー・ネヴァー・ランド
08アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥー・イージリー
09ジャスト・イン・タイム
10アイム・グラッド・アイ・ウェイテッド・フォー・ユー
11イッツ・ユー・オア・ノー・ワン
12いつか聴いた歌







●ULTIMATES / Smug Radio / SIEBENROCKI RECORDS / JPN / ULTI0001 / 4525118078469 / CD / 2,160円(税込)

芯を突くグルーヴに遊び心のある背景そして真っ直ぐなメロディーが調和融合し立体サウンドを創り出すその上を柔軟に駆け巡るインプロヴィゼーションこのセクステットが成せる唯一無二なサラウンドサウンド "ULTIMATES"

ドラマー崎田治孝がNYから帰国し、自己のバンドを作るために、様々なジャンルで活躍している名古屋ミュージシャンの先鋭達が招集され2018年1月に名古屋にて始動。以来、瞬く間に全国のミュージシャン界隈でその名が広がったSoul Jazz Funk Instrumental Band “ULTIMATES”の1st album “SMUG RADIO”。タイトルの名の通り「常識や流行、ジャンルの垣根を飛び越えて、ラジオのように新しい音楽を発信していこう」との思いが込められた待望の1st album NYの街の音や波の音、アコースティックサウンドにエレクトリックが融合し、しっかり構成したバンドサウンドの上で広がるインプロビゼーション。どのバンドとも類似しない唯一無二のアルバム。

【Member】 DRUMS:崎田 治孝(サキタ ハルタカ) SAX:佐藤 莉佳(サトウ リカ) SAX:山﨑 貴大(ヤマサキ タカヒロ) PIANO&KEYBOARD:渡辺 翔太(ワタナベ ショウタ) GUITAR:小金坂 栄造(コガネザカ エイゾウ) E.BASS:梶 祥太郎(カジ ショウタロウ)

(メーカーインフォより)







●弘田三枝子 / イズント・イット・ロマンティック? / doLuck Jazz / JPN / DLC19 / 4988044882423 / CD / 2,592円(税込)

昨年デビュー55周年を迎えた弘田三枝子が、ジャズの世界に帰ってきた!
自身の集大成として真正面からジャズに取り組んだ意欲作。ベテラン北島、フレッシュな仲石、長谷川のトリオと共に、ジャズ録音のあらたな拠点となりつつある前橋・夢スタジオにこもり、昨年発表したシングル「ひいふうみいよう」の英語歌詞バージョンを始め、初めて取り組んだタイトル曲や「ブラック・コーヒー:など、珠玉の12曲を収録。とくに日本語で歌う「星に願いを」は絶品。

【Member】
弘田三枝子(vo)
北島直樹(p)
仲石裕介(b)
長谷川ガク(ds)

(メーカーインフォより)

日本人女性ヴォーカリストの中では、最高峰とも評価されるミコの歌唱力!! 55年前のアメリカンポップスを歌う少女時代、1970年の「人形の家」での大人の女性への成長、さらにジャズ・ヴォーカリストとして作品を発表した70年後半~現在までの軌跡がわかる、まさにヴォーカリスト人生が感じられる1枚です。

ソングリスト
01When You Wish Upon A Star
02Black Coffee
03Alfie
04Isn't It Romantic?
05All of me
06But Not For Me
07Laura
08One Note Samba
09The Things We Did Last Summer
10Hi Fu Mi Yo
11The Good Life
12星に願いを







●大石亜矢子 / My Best / ティートックレコーズ / JPN / TTOC0031 / 4988044882737 / UHQ-CD / 3,000円(税込)

全盲のシンガーソングライター「大石亜矢子」の音楽活動二十周年の集大成のベスト盤。前作「マイ・ライフ」から8年・・・。今回、夫婦初の共演作をCDに収録!夫の大胡田誠さんは、全盲で司法試験に合格した日本で3人目の弁護士で、現在一般民事事件や企業法務、家事事件(相続、離婚など)や刑事事件などに従事し、著書の『全盲の僕が弁護士になった理由』(日経BP 社)は、松坂桃李主演でドラマ化される等多方面で活躍2012年より妻の大石亜矢子さんと共に、全盲夫婦に寄るトークアンドコンサートを各地で開催。新アレンジでお届けするオリジナル曲の他、この8年の間に生まれた曲や、過去の未発表曲を収録。リクエストが多かったカバー曲も4曲をセレクト。

今年で音楽活動20年。そんな節目の年にこうしてCDをリリースすることができてほんとうにうれしいです。今の私があるのは支えてくれる家族・友人・応援してくださる皆様・・・そして音楽のお陰です。心からの感謝とこれからも歌い続け、奏で続けると言う「決意」を込めて(ベストを尽くした)アルバムです。音楽ではお腹はいっぱいになりませんが心を満たすことはできるはず・・・。このCDを手に取ってくださった」方が一人でも、少しでも心満たされますようにと願っています。

大石 亜矢子
1975 年、千葉県生まれ。男女の双子として早産で産まれる。未熟児網膜症のため生まれた時から、目が見えず県立沼津盲学校の幼稚部小学校に通い、中学校時「もっと多くの、いろいろな人に会いたい」との思いから単身上京、筑波大付属盲学校へ入学。中学校時代にバンドを結成し、幼い頃より慣れ親しんだピアノを担当。高校は音楽科に進み声楽を学び、武蔵野音大声楽科卒業後は、ソプラノ歌手として、ソロによる歌唱の他、ピアノの弾き語りによる演奏活動を行う。また、盲導犬の啓発活動も行うかたわら、夫で全盲の弁護士の大胡田誠と共に「全盲夫婦によるトーク& コンサート」を各地で開催。さらに、松坂桃李さんの主演ドラマ『全盲の僕が弁護士になった理由』(TBS)のモデルであり、原作者で夫である大胡田誠さんと、『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(TBS)に出演し、話題となった。今回8 年振りのニューアルバムは、夫との共演の曲をはじめ、バンド編成の曲においては、なんと、バンドメンバー全員が学校の同級生。演奏のみならず、コーラスにも参加している。《聴いているだけで胸弾み、口ずさみたくなる楽曲》が印象的だ。音楽活動開始から20年…まさに大石亜矢子の集大成『My BEST』。

【PERSONNEL】ヴォーカル&ピアノ:大石 亜矢子ギター&コーラス:大胡田 誠ギター&コーラス:大槻 純一ベース&ギター&コーラス:加藤 秀幸ドラムス&コーラス:松村 道生

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01 地球のダイアモンド
02 どきどきっ
03 Irina
04 一人歩き
05 ココア
06 Mi Scusi!
07 深呼吸
08 Amazing Grace
09 糸
10 花~すべての人の心に花を~
11 卒業
12 きさらぎ
13 貴方のために私のために
14 庭の千草







●クラーラ・ヴースト / ビフォア~ユー・ウォーク・アウェイ / STORYVILLE / JPN / 1014322J / 4526180472612 / CD / 2,484円(税込)

北欧デンマークの美女ジャズ・シンガー・クラーラ・ヴースト最新作!透明感溢れる歌声で優しくスタンダードを唄うクラーラの魅力が詰まった作品!
ゲストにはUS3「カンタループ」で激烈ソロをプレイしたトランペットのジェラルド・プレゼンサー!

<ミュージシャン>
クラーラ・ヴースト(vo)
フランチェコ・カリ(p,accordion)
イェッペ・ホルスト(g)
アンドレアス・ハットホルト(b)
カーステン・ランドース(ds)
ジェラルド・プレゼンサー(tp on 1,4,5,9)

2018年作品

(メーカーインフォより)
ソングリスト
01Some Other Time
02Estate
03I Will Wait For You
04Out Of Nowhere
05Sea Lady
06One November Day
07I Wish Your Love
08Watch What Happens
09Tomorrow
10When I Look In Your Eyes
11Joana Francesa







●モルテン・ハクスホルム / ヴェスティギウム / STORYVILLE / JPN / 1014319J / 4526180472643 / CD / 2,484円(税込)

※デジパック / 帯付き国内盤仕様
デンマークで活躍する若手ベース奏者モルテン・マクスホルムがジョナサン・クライスバーグやアリ・ホーイングらニューヨークで活躍する同世代のトップ・ミュージシャンとカルテットで行ったスタジオ作品!

<ミュージシャン>
モルテン・ハクスホルド(b)
ジョナサン・クライスバーグ(g)
アリ・ホーイング(ds)
フレドリック・メンジー(sax)
ニコライ・ヘス(p)

ソングリスト
1Occam’s Razor
2Vestigium
3Central Park West
4Leviathan
5Obviate
6Deep Sea Explorer
7A World Without End
8All or Nothing at All







●原田知世 / L'Heure Bleue / ユニバーサルミュージック / JPN / UCJJ9016 / 4988031304754 / LP / 3,888円(税込)

※LP
彼女のサウンドトラック ― 原田知世のいま、そしてこれから。

デビュー35周年を経て、女優として歌手としてまた新たな一歩を歩み始めた原田知世。「これからはひとつひとつの変化を大切に過ごしていきたい」という想いを携え、2014年の『noon moon』以来4年ぶりとなるオリジナル・アルバムを発表します。
ここ10年間の音楽パートナーであるギタリスト/作曲家の伊藤ゴローをプロデュース、作曲&アレンジに、そして作詞に原田自身に加えて、気鋭のアーティストを迎えて制作。
これまでのアコースティックでナチュラルな肌触りのものから、プログラミングも取り入れたサウンド・メイキングに。「主演:原田知世/監督:伊藤ゴロー/脚本:作詞家」で構成する、架空の短編映画のサウンドトラックのようなコンセプトで、原田知世のさまざまな表情を描き出します。

作詞参加アーティスト
角銅真実、高橋久美子(ex.チャットモンチー)、角田隆太(ものんくる)、土岐麻子、堀込高樹(KIRINJI) 他
※五十音順

ソングリスト
1 夢の途中
2 銀河絵日記
3 ping-pong
4 名もなき青
5 風邪の薬


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】 12/15 新入荷一覧! 


●John Zorn / Salem, 1692 / TZADIK / TZ8361 / 0702397836124 / CD / 2,376円(税込)

ジョン・ゾーンによる注目のインスト・カルテットの第2作目。前作「Insurrection」に続く本作は「セイラム魔女裁判」に捧げられた音楽。それは恐怖や悲劇、魔法的、魔術的、様々な変化を伴う強烈で嫌になるほど美しい音楽。

Personnel:
Trevor Dunn: Bass
Kenny Grohowski: Drums
Matt Hollenberg: Guitar
Julian Lage: Guitar

1. The Devil Bid Me Serve Him
2. Spectral Evidence
3. Tituba
4. Witness to an Invisible World
5. Spell Bound
6. Malleus Maleficarum
7. Dark of the Moon
8. Under an Evil Hand
9. Sarah Good
10. I Will Not Write in Your Book Though You Do Kill Me!





●FIMA EPHRON / SONGS FROM THE TREE / Ropeadope / 0824833022783
/ CD / 1,944円(税込)

伝説のフュージョン、コンテンポラリー・ジャズのグループ「ロスト・トライブ」のベーシストの最新リーダー作。

Chris Potter(ts)
Adam Rogers(g)
Kevin Hays(p,key)
Nate Smith(ds)


1Arboreal
2Beaulieu
3Bamboo
4Fortune
5Gamma
6Ground of Being
7Know Self
8Plan Nine
9Signs
10Times Fly





● LISA HILTON / OASIS / Ruby Slippers / IMPORT / CD / 806314102320 / 0806314102320 / 2,916円(税込)

女流ピアニスト、リサ・ヒルトンの新作は美的フレーズが特徴!!

Lisa Hilton(p)
Luques Curtis(b)
Mark Whitfield Jr.(ds)

ソングリスト
TWISTS OF FATE / LISA HILTON
ADVENTURE LANDS / LISA HILTON
OASIS / LISA HILTON
WATERCOLOR WORLD / LISA HILTON
FASCINATING RHYTHM / GEORGE GERSHWIN
VAPORS & SHADOWS / LISA HILTON
JUST FOR FUN / LISA HILTON
SUNSHINE STATES / LISA HILTON
LAZY DAISY / LISA HILTON
SUNDAY MORNING / LISA HILTON
WARM SUMMER NIGHT / LISA HILTON





●CANNONBALL ADDERLEY / Swingin' in Seattle: Live at the Penthouse 1966-1967 / REEL TO REAL / RTRCD001 / 0875531015119 / CD / 2,268円(税込)

1966、67年超ホットなキャノンボール・アダレイ・クインテット!!
シアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”でのライヴ・パフォーマンス
“Sticks”他、この時代を象徴する曲の数々がファンキーに盛り上がる!
●弟のナット、ジョー・ザヴィヌル、ヴィクター・ガスキン、ロイ・マッカーディを従えたキャノンボール・アダレイ・クインテットが1966年6月と1967年10月にシアトルのジャズ・クラブ“ザ・ペントハウス”で行ったライヴ・パフォーマンスを収めたアルバム。

●演奏はすべて未発表で、66年のほうは、6月3日にアムステルダムでライヴ・レコーディングを行った後に帰米しての演奏。
この年の8月には同じメンバーで2度目の来日を果たしましたが、その模様はCapitolからリリースされた『Cannonball In Japan』というアルバムで聴くことができます。また、67年のパフォーマンスは、6~7月録音のCapitol盤『74 Miles Away』の2ヶ月半ほど後のもので、68年6月録音のCapitol 盤『Accent On Africa』との間ということになります。

●演奏されているのは、60年頃によく取り上げていたジミー・ヒースのオリジナル「Big “P”」、『74 Miles Away』のタイトル曲やそのアルバムに収録されているスタンダード曲「The Girl Next Door」、『Cannonball In Japan』や名盤『Mercy,Mercy,Mercy』で聴くことのできる「The Sticks」と「Hippodelphia」、『Great Love Themes』に収められている「Morning Of The Carnival」と「Somewhere」、そしてチャーリー・パーカー作のブルース「Back Home Blues」。そのうち、キャノンボールによる「Back Home Blues」の演奏はこれまで聴くことができませんでした。

●66年の演奏も67年の演奏も、66年夏の来日公演を思い出させるホットでグルーヴィなものばかり。特にロイ・マッカーディのシャープなドラミングが光っています。

≪注目レーベル登場≫
*今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Live のコリー・ウィーズによる共同制作。
*ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Julian ‘Cannonball’ Adderley(as), Nat Adderley(corn),
Joe Zawinul(p), Victor Gaskin(b), Roy McCurdy(ds)
Recorded live at the Penthouse Jazz Club in Seattle,
WA on June 15 & 22, 1966 and October 6 & 13, 1967.

ソングリスト
01Jim Wilke Introduction (0:13)
02Big “P” (9:13)
03Spoken Introduction (0:16)
04The Girl Next Door (11:10)
05Spoken Introduction (0:48)
06Sticks (4:39)
07Spoken Introduction (0:12)
08The Morning Of The Carnival(Manhã De Carnaval) (10:56)
09Spoken Introduction (0:34)
10Somewhere (5:04)
11Jim Wilke Introduction (0:16)
1274 Miles Away (10:38)
13Spoken Outro (0:31)
14Back Home Blues (6:46)
15Hippodelphia (10:44)
16Set-Closing Outro (0:57)





●ETTA JONES / A Soulful Sunday:Live at the Left Bank / REEL TO REAL/ RTRCD002 / 0875531015133 / CD / 2,268円(税込)

≪ブルージー&スウィンギー・ヴォーカル!!≫
エタ・ジョーンズ、1972年ボルティモアのジャズ・クラブでの一夜
シダー・ウォルトン・トリオの名バッキングを得た魅力的な歌唱!!

●1928年にサウス・キャロライナ州で生まれ、40年代から数多くのビッグ・バンドで歌ってきたエタ・ジョーンズは、独立してしばらく経った1960年にPrestigeへ録音した『Don’t Go To Strangers』(フランク・ウェスやリチャード・ワイアンズなどが参加)で大きな注目を浴びました。その後は63 年までPrestige にオリヴァー・ネルソンからラリー・ヤング、ケニー・バレルなどを従えた秀作を録音していますが、65年にRoulette へ『Etta Jones Sings』を残した後はしばらくレコーディングから遠ざかってしまいました。

●シダー・ウォルトンのライヴ盤『Three Sundays In The Seventies:“Live” At The Left Bank』(Label M Records)に1972年の彼女の歌が2曲収録され、久しぶりにその力強い歌声を楽しめましたが、翌73年にヒューストン・パーソンやジーン・アモンズと共演した録音がきっかけとなって本格的なカムバックへと進み、76 年からMuse に次々と傑作を残していきました。

●今回発掘されたのは、1972年2月27日にボルティモアのクラブでのライヴ・レコーディング。つまりは上に記したシダー・ウォルトン・トリオとのセッションで、Roulette盤以来久方ぶりの歌声をきくことができるわけですが、収録されている10曲のうち「Don’t Go To Strangers」と「Blow Top Blues」はLabel M Records盤で聴けたパフォーマンス。残る8曲が初めて聴く演奏ということになりますが、冒頭の「Theme from “Love Story”」はシダー・ウォルトン・トリオだけの演奏で、エタは参加していません。サム・ジョーンズ、ビリー・ヒギンズを従えたシダーのトリオは、他にも名録音をたくさん残していますが、ここでもこのトリオならではのスウィンギーなプレイで聴衆を沸かせています。

●文句のつけようのない名トリオのバッキングを得たエタも、軽やかにスウィングし、バラードをしっとりと歌っています。

≪注目レーベル登場≫
* 今や、“ジャズ探偵” の名をもつゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Liveのコリー・ウィーズによる共同制作。
* ジャケット・デザイン、ブックレットの制作陣はResonanceと同様のスタッフによる作品です!!

メンバー:
Etta Jones(vo), Cedar Walton(p), Sam Jones(b), Billy Higgins(ds)
Recorded live at the Famous Ballroom in Baltimore,
MD on February 27, 1972. Presented by the Left Bank Jazz Society.

ソングリスト
01Theme From “Love Story” (10:07)
02Vernon Welsh Intro (0:34)
03Sunday (4:34)
04This Girl’s In Love With You (6:30)
05If You Could See Me Now (4:15)
06For All We Know (4:41)
07Exactly Like You (5:04)
08You Better Go Now (3:16)
09Blow Top Blues (5:22)
10Love Nest (4:22)
11Don’t Go To Strangers (6:32)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】 12/14 新入荷一覧! 


●FLORIAN WEBER / Lucent Waters / ECM/ 6751583 / 0602567515883 / CD / 2,484円(税込)

★ドイツのピアニストFlorian Weberの2016年にマルクス・ストックハウゼンとのデュオ作品『Alba』に続くECM2作目が登場。

■本作ではカルテットをつくりFlorianのプログラムを展開、M-5のようなコンセプチュアルな作品から、鮮やかなM-2などそれぞれが開放しつつ、お互いに新鮮な反応を音楽で伝え合うインプロヴィゼーション豊かな作品。 (メーカーインフォより)

(パーソネル)
Ralph Alessi: trumpet;
Florian Weber: piano;
Linda May Han Oh: double bass;
Nasheet Waits: drums

ソングリスト
1Brilliant Waters
2Melody Of A Waterfall
3From Cousteau‘s Point Of View
4Honestlee
5Butterfly Effect
6Time Horizon
7Fragile Cocoon
8Schimmelreiter





●フレッド・ハーシュ / トリオ’97アット・ヴィレッジヴァンガード +1 / キングインターナショナル / KKE9003 / 4909346017313 / CD / 2,400円(税込)

伝統に立脚しながら一瞬にかける瞬間芸術と、美しい世界観・・・91年に活動を開始したワーキング・グループによる演奏!現在につながるキャリアの決定的なマイルストーン!!
ボーナストラック “ニアネス・オブ・ユー”は、究極のバラード演奏!!
美的世界あふれる余韻を残すこの演奏はボーナス・トラックの域を越え、必聴です!

★現代を代表する屈指のピアニスト、フレッド・ハーシュが、自己のグループで初めてヴィレッジ・ヴァンガードに出演した 1997年の記念すべき演奏の作品化!!!

★ジャズ・ミュージシャンにとって“ヴィレッジ・ヴァンガード”は唯一無二の憧れの場所。1935年にオープンして以来、同じ場所に立ち続け、そのステージは、ジャズの歴史をつくってきた数々のアーティストたちが名演を繰り広げ、名盤となる作品を残してきた場所。フレッド・ハーシュはそこを“ジャズのカーネギー・ホール”ともよび、ジョー・ヘンダーソン、アート・ファーマー、チャーリー・ヘイデンといったアーティストのサイドマンとして出演した時から、強い感動を覚えてきたとのことです。しかし、それだけに、リーダーとしては中途半端な形での出演は出来ず、実際、依頼を受けながらも自分のワーキング・グループで満足できるまで出演を保留したのだそうです。つまり、本ライヴは、フレッド・ハーシュが納得の時を迎え、ヴァンガードに自らのバンドで万全を期して臨んだライヴ。結果、フレッド・ハーシュ曰く“自分の人生を変えた週の演奏”とまでに、今振り返っています。

★自分が出来る限り完璧な状況を望みたかった、ということのもとに、出演当日、ヴァンガードに自ら選んだスタインウェイのピアノを運び込んだフレッド・ハーシュは、91年に結成して以来、7年を迎えたレギュラー・グループと共に、すばらしい演奏をみせています。

★ 80 年代のキャリア初期から、伝統に立脚しながら、その一瞬にかける瞬間芸術の極みといえる演奏の美しい世界観は一貫として、演奏はどれも特別な瞬間をはらんだもの。リズム・チェンジなども決まるソロ・パフォーマンスに、7 年間活動したトリオだからこその年輪を感じさせるオープニング・トラック。明暗のコントラストから物憂さとセンチメンタリズムが交錯するイントロをもって、スタンダード曲に新たな命が吹き込まれる“マイ・ファニー・ヴァレンタイン”、それらを筆頭に、スウィングするリズムに 4 ビートの快活な演奏あり、深い叙情をもったバラード演奏の美しさあり。またピアニシッモの響きと、凛としたタッチで豊かなニュアンスをもって描き出す“I wish I Knew”の響きなど、無類の美しさがあり、7 曲目のオリジナルは、トラッド色濃くブルーズがあふれるアプローチで、歴史へのリスペクトも感じさせます。

★そして日本盤は特別にボーナス・トラックとして、究極のバラード・ナンバー“The Nearness of You”を収録!!オリジナルの最終トラック“You Don't Know What Love Is”の力強いアップテンポの演奏と、絶妙なコントラストを見せるこのトラックによって、日本盤は、深い余韻が残り、さながら、コンサートのアンコールを聴いたような構成も実現しました。

★記念すべき音源の初作品化。ファンの方はもちろん、ピアノを愛する方に広く聴いていただきたい作品です。

メンバー:Fred Hersch (p), Drew Gress(b), Tom Rainey(ds)

最近になって記録された音源をきいて、すばらしいサウンド、そしてハイレベルの演奏に驚いた。そして、この特別な日のベスト・トラックを届けられたらと思った。そう、私の人生が一変したこの時の演奏を・・・(フレッド・ハーシュ オリジナル・ライナーから抜粋、意訳 )

ソングリスト
1Easy To Love (Porter) 9:50
2My Funny Valentine (Rodgers) 10:06
3Three Little Words (Kalmar/Ruby) 6:00
4Evanessence (Hersch) 5:47
5Andrew John (Gress) 7:36
6I Wish I Knew (Warren) 5:48
7Swamp Thang (Hersch) 5:44
8You Don’t Know What Love Is (Raye/DePaul) 7:28
9The Nearness of You(Carmichael / Washington) 9:43





●FRANK MORGAN / Montreal Memories / HIGH NOTE / HCD7320 / 0632375732028 / CD / 2,268円(税込)

フランク・モーガン(as)とジョージ・ケーブルズ(p)のデュオ作品、1989年カナダのモントリオール・ジャズ・フェスでのライブ録音。
両ベテランプレーヤーが楽器で会話する重厚で美しい注目作!
■フランク・モーガン (as) とジョージ・ケーブルズ (p) がデュオで共演した 1989 年カナダのモントリオール・ジャズ・フェスティバルでのライブ録音。
■ 1933 年ミネアポリス生まれ、50 年代に西海岸で活躍したチャーリー・パーカー直系のアルト奏者、フランク・モーガン。幼少の頃にチャーリー・パーカーの演奏を目の当たりにし、パーカー・スタイルに傾倒する。その後はドラッグ中毒のため長い間のブランクもあったが80年代半ばに復帰してニューヨークのジャズシーンで活躍した。
■ピアニストのジョージ・ケーブルズはニューヨーク、ブルックリン生まれ。音楽一家の環境で育ち、高校の時に聴いたセロニアス・モンク等のジャズ・ピアニスト達の演奏に感動しジャズの世界へ。ソニー・ ロリンズ、ジョー・ ヘンダーソン、デクスター・ゴードン、アート・ペッパー、フレディ・ハバード、ウッディ・ショー、ボビー・ハッチャーソン、マックス・ローチ、アート ・ ブレイキー、ロイ ・ ヘインズ等のジャズ界の巨匠と共演、・・・ 数々のジャズ ・ レジェンズから愛されているピアニストのひとりである。
■2人が共演したデュオアルバムは 1986 年に Contemporary レーベルから発売された「Double Image」というアルバムがあるが、本作はライブでの共演である。フランク・モーガンの人生を変えたチャーリー・パーカーの大ヒット曲“Now’s the Time”、“Confirmation”他お馴染みのパーカー・ナンバーが 3 曲、ジョージ・ケーブルズが敬愛するセロニアス・モンクの“Round Midnight”等のスタンダード曲、2 人のオリジナル曲が収録されている。数々の経験を積んだ両者がライブステージで繰り広げる演奏は落ち着きがあり重厚さに溢れ、まさにベテラン・プレーヤーならではである。
■ジョージ・ケーブルズが28年連れ添ったHelen Wrayに捧げられたM7、M8も本作のハイライトである。(メーカーインフォより)

ソングリスト
1Now’s the Time (Charlie Parker)
2All the Things You Are (J. Kern / O. Hammerstein II)
3A Night in Tunisia (J. Gillespie / F. Paparelli)
4‘Round Midnight (T. Monk / B. Hanighen / C. Williams)
5Confirmation (Charlie Parker)
6Blues for Rosalinda (Frank Morgan)
7Helen’s Song (George Cables)
8Lullaby (George Cables)
9Medley: Nefertiti (Wayne Shorter) / Billie’s Bounce (Charlie Parker)





●PAT BIANCHI / In The Moment / SAVANT / SCD2173 / 0633842217321 / CD / 2,268円(税込)

白人ハモンドオルガン奏者、パット・ビアンキの最新作
パット・マルティーノ、ピーター・バーンスタイン、ジョー・ロック等超豪華なゲストが参加、クールでファンキーなサウンドを展開

■白人ハモンドオルガン奏者、パット・ビアンキのSavantレーベルからの初リーダー作が登場。■ 1975 年ニューヨーク生まれ、7 歳の時に家族からオルガンをプレゼントされ、11 歳の時には既に地元のダンスバンドの一員としてプロとしての最初のギグを経験したそうだ。その後バークリー音楽院でジャズピアノを勉強し、2010年にはダウンビート誌でアメリカの10人のベストオルガン奏者に選ばれた。現在はニューヨークを本拠地として演奏活動をしている。

■ 2009 年にはジャズ界のレジェントサックス奏者、ルー・ドナルドソンとのカルテットに参加し、2011 年からはパット・マルティーノのグループに参加し現在も活動を続けている。

■本作はオルガン・トリオ(オルガン、ギター、ドラムス)を軸として、ルー・ドナルドソン、パット・マルティーノとの演奏活動で知り合った数々の有名ミュージシャン達がゲストとして参加している。ニューヨークの売れっ子人気ギタリスト、ピーター・バーンスタインや名人パット・マルティーノが1曲づつ、ヴァイブの名手、ジョー・ロックが3曲に参加。また、バリトン・ヴォイスが魅力のケヴィン・マホガニーがビリー・エクスタインの名曲「I Want to Talk About You」をバラードで披露している。

■同じ Savant レーベルには、ベテラン B3 オルガンの第一人者マイク・ルドーンがいるが、ルドーンの重量感あるグルーブに比較して、ビアンキはクールで現代的なサウンドが持ち味である。今後の両者は良いライバルになりそうな予感。

メンバー:
Pat Bianchi (organ),
Paul Bollenback (guitar, Tracks 3, 5, 6 & 7),
Byron Landham (drums, Tracks 2, 3, 5, 6, 7 & 8)

With Special Guests:
Peter Bernstein (guitar, Track 2),
Carmen Intorre, Jr (drum, Tracks 1, 4, 9 & 10),
Joe Locke (vibes, Tracks 1, 9 & 10),
Kevin Mahogany (vocal, Track 8),
Pat Martino (guitar, Track 4)

Recorded at Acoustic Recording Studios, Brooklyn, NY on August 25 & September 1, 2016

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01Humpty Dumpty (Chick Corea)
02Blue Gardenia (R. Russell / L. Lee)
03Don’t You Worry ‘Bout a Thing (Stevie Wonder)
04Mr. PM (Pat Bianchi)
05Barracudas (General Assembly)(M. Davis / G. Evans)
06Crazy (Willie Nelson)
07No Expectations (Pat Bianchi)
08I Want to Talk About You (Billy Eckstine)
09Fall (Wayne Shorter)
10Four in One (Thelonious Monk)





●ジミー・スコット / フォーリン・イン・ラヴ・イズ・ワンダフル / オールデイズ・レコード / ODR6743 / 4582239487433 / CD / 1,620円(税込)

ジミー・スコットが“天使の声”でバラードを歌いあげた幻の名作が甦る!
1990年代半ばから2000年代前半にかけて、本人も驚くほどのブームが起こったジミー・スコットは、2014年に亡くなるまで20点以上のアルバムを残したが、最も希少とされたのが本盤だ。レイ・チャールズのレーベル、タンジェリンより62年に発売された作品で、マーティ・ペイチとジェラルド・ウィルソンが編曲したストリングスをバックに、スコットは“天使の声”と称されたハイ・テナーで丁寧にバラードを歌いあげている。その深遠な表現力は、アレサ・フランクリンなど多くの同業者を魅了した。(新譜案内より)

ソングリスト
01THEY SAY IT’S WONDERFUL
02I WISH I DIDN’T LOVE YOU SO
03THERE IS NO GREATER LOVE
04IF I SHOULD LOSE YOU
05WHY TRY TO CHANGE ME NOW
06I’M GETTING SENTIMENTAL OVER YOU
07SOMEONE TO WATCH OVER ME
08HOW DEEP IS THE OCEAN
09I DIDN’T KNOW WHAT TIME IT WAS
10SUNDAY, MONDAY OR ALWAYS
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 12/13 新入荷一覧! 


●エリック・ドルフィー / ミュージカル・プロフェット:ジ・エクスパンデッド・1963 ニューヨーク・スタジオ・セッションズ / KKJ1031 / 4909346016897 / CD / 4,990円(税込)

※国内盤CD
※本商品発売日以降の発送となります。予めご了承ください。
今なお前人未到ともいえる革新的なアーティスト、エリック・ドルフィー
ミンガスとの欧州楽旅出発前、ドルフィーが友人に託した
7時間半もの音源を発掘/ 作品化
『Out to Lunch』の前哨戦的意味付けもある63年の演奏の数々
『Out to Lunch』の6日後の15 分に及ぶ超貴重音源を含む衝撃のリリース!!

■ 完全未発表音源を多数収録した63年ドルフィーの正にベスト・オブ・ベスト!!100頁ものブックレット付
■ オリジナルLP等で発表された音源も、今回の作品ではエリック・ドルフィー自身が所蔵していた別テープを使用し、マスタリングして作品化!

★ジャズ史において、もっとも革新的な演奏家の一人としてその名を刻むマルチ・リード奏者、エリック・ドルフィー。2013年の『ミューゼス』以来、またワールド・ワイドな発表としては1999年にリリースされた『イリノイ・コンサート』以来、19年ぶりの未発表音源が、Resonanceから登場します!

★本音源は、1964年に、チャールズ・ミンガスとの演奏のために、エリック・ドルフィーがヨーロッパに発つ前に、親しい友人夫妻(Hale and Juanita Smith) に託して行ったスーツケースの中に収蔵されていたもの。ドルフィーがベルリンで客死してしまったため、のちにスーツケースを開いたところ、実に7時間半にも及ぶ音源のテープを発見。そのテープは80年代にジェームズ・ニュートンの手に渡り、一部の音源が、異色の未発表音楽集『Other Aspects』としてブルーノートでリリースされましたが、本作はその音源の中の推測5,6時間あったとされる63年のアラン・ダグラスのセッションを中心に作品化しています。

★アラン・ダグラスがプロデュースしたドルフィー1963年7月のレコーディングは、まずFM Records から『Conversations』という名のアルバムで4曲がリリースされ、後にダグラス自身のレーベルDouglas から『Iron Man』というタイトルの5曲入りアルバムもリリース。それらは、ジャズ史上の永遠の名作『Out to Lunch』(64年2月25日録音) とスタイル的に共通項も多く、歴史的に前哨戦的な意味も持つと言われている貴重音源。つまり、未発表を加えたこのリリースは、63年時点のドルフィーを語るものであるのはもちろんのこと、名作『Out to Lunch』制作の秘密を解き明かす意味を持っているといっても過言ではありません。

★作品を手がけたゼヴ・フェルドマンによれば、7時間半の記録は二つとして同じものがなく、テンポやフレーズなど、全てが違い、エリック・ドルフィーの入念な試みが見られたとのこと。今回は、その全てを、ジェームズ・ニュートンとともに聴きこみ、究極のテイクを選んだ末のセレクションといいます。

★今なお、前人未踏ともいえるほどの自由な音楽を聴かせると共に、緻密さも持っていたエリック・ドルフィー。『Out to Lunch』において、ドルフィーは綿密な構想を描き、リハーサルを重ねて、スタジオに入ったとも語られていますが、この新たな発見からは、究極の表現を追究する姿が生々しく蘇ります。ウディ・ショウやプリンス・ラシャ、ソニー・シモンズなどの加わった管のアンサンブルと、ボビー・ハッチャーソンの鋭角的なヴィブラフォンの響きに、縦横無尽で、軽やかに跳躍するように大きな振り幅をもって繰り出されるドルフィーのソロ、また、他各人のソロも聴きものです。加えてリチャード・デイヴィスとのデュオもたっぷり収録。2人の親密かつディープな会話があります。

★また、Disc2のラストには、『Other Aspects』収録の「Jim Crow : A Personal Statement」の未発表別テイクも特別収録。本音源は、アラン・ダグラスのセッションとは関係がないものですが、同じスーツケースに入っていた貴重音源としてボーナス・トラックとして収録。音源は正しくは64年3月に録音されたと判明。つまり、『Out to Lunch』の直後の録音。このテイクには時代に先行したシリアスな前衛的音楽が展開されています。

★どこまでも自由で創造的であったドルフィーの音楽的探求の歴史が明らかになる歴史的復刻。Resonance も最重要の作品ととらえ、今回も24本の文章、未発表写真なども収めた豪華パッケージで登場します。

メンバー:
Eric Dolphy(as, fl, b-cl), William “Prince” Lasha(fl),
Huey “Sonny” Simmons(as), Clifford Jordan(ss), Woody Shaw(tp),
Garvin Bushell(bassoon), Bobby Hutcherson(vib), Richard Davis(b),
Eddie Kahn(b), J.C. Moses(ds), Charles Moffett(ds)
Recorded on July 1 & 3, 1963 at Music Maker’s Studios in New York City.
*Bonus Track: “A Personal Statement” is a
Bob James composition that was recorded at WUOM studios in Ann Arbor,
MI on March 2, 1964 with Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet, flute),
Bob James (piano), Ron Brooks (bass), Robert Pozar (percussion) and
David Schwartz (vocals).

†完全未発表 ‡999枚限定作品『MUSES』収録

ソングリスト
Disc 1
1Jitterbug Waltz (7:18)
2Music Matador (9:37)
3Love Me (3:22)
4Alone Together (13:36)
5Muses for Richard Davis (Previously Unissued 1) (7:39)†
6Muses for Richard Davis (Previously Unissued 2) (8:31)†
Disc 2
1Iron Man (9:14)
2Mandrake (4:47)
3Come Sunday (6:28)
4Burning Spear (11:59)
5Ode to Charlie Parker (8:04)
6A Personal Statement (15:02) †*
Disc 3
1Music Matador (Alternate Take) (8:05)†
2Love Me (Alternate Take 1) (2:27)†
3Love Me (Alternate Take 2) (3:43)‡
4Alone Together (Alternate Take) (12:14)‡
5Jitterbug Waltz (Alternate Take) (9:36)†
6Mandrake (Alternate Take) (6:48)†
7Burning Spear (Alternate Take) (10:31)†





●BIRD CURTIS / NEEDS B / JAZZAGGRESSION / JALP713 / 2299990618662 / LP / 3,240円(税込)

※LP / CD、ダウンロードコード付属
リード奏者Ian Birdとトランペット奏者John Curtisに よる双頭クインテットBIRD CURTIS QUINTETによる2nd、 69年レコーディングのメロディアスで爽快なバップ・ア ルバム!
昨年リリースされた1stのリイシューが好評を博した BIRD CURTIS QUINTET、前作の熱く硬質なUKサウンドか ら抑制を効かせメロディに焦点を当てたヨーロピアン・ ハードバップ・サウンド。トラディッショナルと1曲と9 曲のオリジナルを収録。

【PERSONNEL】
Ian Bird on tenor and alto-sax
John Curtis on trumpet
Ray Shea on piano
Daryl Runswickbass
Tim Wooley on drums

ソングリスト
01Johnny Plonk
02Vanessa
03The Buttertree
04Greensleeves
05Needs B
06Bossa For Bev
07Gone
08Upsurge
09Birthday Girl
10Nothing Yet





●ERIK ANDRESEN / Gip / JAZZAGGRESSION / JALP714 / 2299990618663 / LP / 3,240円(税込)

※LP/CD、ダウンロードコード付属
70年代ノルウェイジアン・ポスト・バップ至極の一枚、 71年の激レアFlower盤がリイシュー!
ヘルシンキ・ジャズ・ダンスクラシック『Cordon Bleu』を収録ERIK ANDRESENのワンホーン・カルテッ ト!さらにボーナストラックも追加した強力タイトル!!

【PERSONNEL】
Erik Andresen on Alto-Sax
Roy Hellvin on Piano
Tore Nordlie double bass
Svein Christiansen on drums

“Reissue of 1970’s Norwegian Post-Bop gem. Contains the Helsinki Jazz dance classic ‘Cordon Bleu’ and probably the finest version of ‘Footprints’ ever recorded!”

Recorded in 1970 and released on Arne Bendiksen’s Flower label in 1971, this Norwegian post-bop gen has today become a highly priced collectors item. Featuring Erik Andresen on Alto-Sax, Roy Hellvin on Piano, Tore Nordlie double bass and Svein Christiansen on drums. This reissue comes with with CD inside sleeve, improved sound, new liner-notes and one bonus track.

ソングリスト
1Old Gospel
2Ode A Jean Louis
3GIP
4Cordon Bleu
5Foot Prints
6Sweet Georgia Bright
7Kjenning;Ain't Got A Dime To my Name
8Chan & Phil





●ERIK ANDRESEN / Cointreau(10") / JAZZAGGRESSION / JALP714SJU / 2299990618664 / 10"(レコード) / 2,376円(税込)

※500枚限定生産10inch / ダウンロードコード付属
NRK radioアーカイヴより発掘されたアルト奏者 ERIK ANDRESENの未発表音源10”
69年NRKのショーケースプログラム音源からEgil Kapstadをはじめとしたノルウェイのジャズメンを集めて録られた2曲を発掘し10インチに収録した本作。
収録曲はエレピとアルトが美しいモーダルなCointreauとジョ ン・ヘンダーソン作曲のErik Andresenをフィーチャーした Upsurgeの2曲

【PERSONNEL】
Erik Andresen on Alto-Sax
Egil Kapstad on Piano/electric piano
Tore Nordlie double bass
Svein Christiansen on drums

“Previously unreleased Norwegian Modal and Hard-Bop jazz! Two exclusive quartet tracks taken from NRK radio archives 1969.”

Recorded in 1969 by NRK broadcasting, these two tracks are lifted from a showcase program featuring Norwegian jazz musicians. Contains the beautiful lyrical modal piece ‘Cointreau’ and the Jon Henderson penned ‘Upsurge’ Featuring Erik Andresen on Alto-Sax, Egil Kapstad on Piano/electric piano, Tore Nordlie double bass and Svein Christiansen on drums. First official release, limited to 500 copies.

ソングリスト
1Cointreau (08:52)
2Inner Urge (08:12)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 12/11 新入荷一覧! 


「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」常連エンジニア、ステファノ・アメリオによる寺島レコード、リマスターシリーズのLP化 第二弾!

「リマスター」――RVGシリーズに代表されるように、それはジャズ・ファン、オーディオ・ファン共に垂涎の企画。このたび、“ジャズ・オーディオ”に並々ならぬ拘りを貫き、もとより好評を博す「寺島レコード」が、レーベル創立(2007年)以来続けてきたオリジナル録音のリマスターシリーズを発表します。注目のリマスタリング・エンジニアは、プロデューサー寺島靖国自身が大ファンにして「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」に毎年名を連ねるイタリアのステファノ・アメリオ。彼の作り出すサウンドは絶妙な空間バランスと明瞭な輪郭を持ちオーディオ・ファンをも虜にしてやまない高音質で、手がけた作品は軒並みヒットを飛ばしています。

●松尾明 / バラッズ / 寺島レコード / JPN / TYLP1073 / 4988044043565 / LP / 4,104円(税込)

【作品紹介】
松尾明 /バラッズがリマスタリングされ再登場。寺島レコードの原点「哀愁」のメロディ、ジャズの名曲、そして長い付き合いのメンバーによる名演、全てを凝縮した寺島レコード集大成の作品に天才エンジニア、ステファノ・アメリオの手が加わり最高音質にリマスター。

ソングリスト
01Lupus Walk
02Estate
03I'll Be Seeing You
04Moonlight Becomes You
05How Deep Is The Ocean
06Do You Know What It Means Miss New Orleans
07Sway To Fro
08Violet For Your Furs
09Just A Mood
10Steaway To The Moon



●大橋祐子 / Two Chords / 寺島レコード / JPN / TYLP1071 / 4988044043541 / LP / 4,104円(税込)

【作品紹介】
「ジャズオーディオ・ディスク大賞2014」ノミネート作品、大橋祐子 / トゥー・コードがリマスタリングされ登場。独自のサウンドから紡ぎだされる、スタンダードを中心としたバラード~ミディアム・スロウの曲の数々が天才エンジニア、ステファノ・アメリオ匠の技によって更にブラッシュアップされ再登場。

ソングリスト
01 Vagavonden Och Svan
02 Sometimes I Feel like A Motherless Child
03 White Lady
04 I'll Close My Eyes
05Around The World
06Beautiful Love
07 Two Chords
08 Tomorrow
09 Happy Hour
10Waltz Part 3
11 Home On The Range
12Two Chords



●山本玲子 / ウィルトンズ・ムード / 寺島レコード / JPN / TYLP1072 / 4988044043558 / LP / 4,104円(税込)

【作品紹介】
ヴァイブラフォン界の急先鋒、山本玲子のセカンドアルバム「ウィルトンズ・ムード」がリマスタリングされ再登場。デビュー直後から輝かしく急速なキャリアを重ねつつあるヴァイブラフォン奏者による美旋律曲が天才エンジニア、ステファノ・アメリオの手によってさらに美しいサウンドにリマスター。

ソングリスト
01 Bohemia After Dark
02 Wild Is The Wind
03 Wilton's Mood
04 Ordinary Day
05In Grand Central
06 The Cloocker
07 Isn't It Romantic?
08 Footsteps
09I Surrender Dear
10 [Alt. Take]



●高橋康廣 with 松尾明トリオ / メランコリー・セレナーデ / 寺島レコード / JPN / TYLP1070 / 4988044043534 / LP

/ 4,104円(税込)

【作品紹介】
寺島レコードから初のテナー作品の高橋康廣 with 松尾明トリオ / メランコリー・セレナーデがリマスタリングされ再登場。寺島レコードらしい選曲で寺島靖国、理想形のテナー・ジャズ作品に天才エンジニア、ステファノ・アメリオの色が加わり、新たなテナー・ジャズ作品へと進化。

ソングリスト
01In The Shade Of Apple Tree
02Willtons Mood
03Charmain
04The Gypsy
05Till We Meet Again
06Time On My Hands
07 La Comparsa
08 Melancholy Serenade
09 Rumba Del Cajon
10Love Your Spell Is Everywhere
11 My Jo-Ann



● 松尾明 / Besame Mucho / 寺島レコード / JPN / TYLP1069 / 4988044043527 / LP / 4,104円(税込)

【作品紹介】
松尾明 / Besame Muchoがリマスタリングされ再登場。ダイナミックに自由奔放に、臨場感溢れる楽曲が天才エンジニア、ステファノ・アメリオの手によって更に臨場感あふれる音像、そして上品なサウンドに。

ソングリスト
01 ANGRY DOGS
02RUSIGNOL
03 SWINGIN' THE SAMBA
04 BESAME MUCHO
05ELINBARI EXPRESS
06RUMBA DEL CAJON
07 RENDEZVOUS
08 GEORGIA ON MY MIND
09 BRIMING TEARS
10QUESTION & ANSWER
11 I SURRENDER DEAR
12 GOODBYE






●EDWARD PERRAUD / ESPACES / Label Bleu / 3521381550221 / LP / 3,564円(税込)






●木住野佳子 / nuage ~ニュアージュ~ / ユニバーサルミュージック / JPN / POCS-1752 / 4988031313268 / CD /

3,000円(税込)

木住野佳子(p)
竹中俊二(gt)
早川哲也(b)
加納樹麻(ds)
岡部洋一(per)

ソングリスト
01My Favorite Things
02ニューシネマ・パラダイス~愛のテーマ
03Dance with Dinosaur
04Somewhere Before
05Only Trust Your Heart
06Akari
07Azur
08la costa
09Ocean
10Kissing Piano
11nuage







●笹島明夫 / Aranjuez Suite / D-BOP”RECORDs / JPN / DBOP001 / 4580544090010 / CD / 3,000円(税込)

渡米40年のジャズギターリストAkio Sasajimaが、旧友RandyBreckerとのクインテットにより録音された本作は、ジャズファンを納得させる必聴のストレートアヘッドジャズアルバム。
ドラムにバークリー音楽大学講師で、ラテンジャズの巨匠パキート・デリベラなどと世界各地で活躍するシカゴ在住のMark Walker、ベースにジョー・ヘンダーソン、日野皓正、デイヴ・リーブマン等と共演するMark Tourian、ピアノにはソニー・スティト、ブライアン・ブレード、ジョー・ロバーノ等の無数のバンドで活動しているニューヨーク在住のDavidBerkmanを起用。3部作の10分を超える大作であるタイトル曲ほかSasajimaのオリジナル曲とDonna Leeなど軽快なバップチューンも交えて緊張感の中、一気に最後まで聞き込んでしまう作品に仕上がっている。

【Member】 Akio Sasajima (guitars) Randy Brecker (tp) on 3,4,9 and 10 (Flg) on 1 and 7 David

Berkman (piano) except on 4 & 6 Mark Walker (drums) and percussions on 2,3,7 & 9 Mark Tourian
(bass)

(メーカーインフォより)

ソングリスト
01Akiology
02Sicilian Steps
031.1.Adagio (Rodrigo)
04Aranjuez Suite - Dance
051.1.Adagio (Rodrigo)
06Morning Lake
07It’s All Right With Me (Porter)
08My Foolish Heart (Young)
09Donna Lee (Parker)
10For Brazil
11Hokkaido Horizon
12Ballad For Coltrane







●BEN KONO / Don't Blink / 自主制作 / 0193428021686 / CD / 1,620円(税込)

1999年以来NYを拠点に活動を続ける、マルチ木管楽器奏者Ben Konoによる2013, 2015年録音作品。

Ben Kono(a-fl, fl, english horn, ts, b-cl, dizi)
Pete McCann(g, el-g)
Henry Hey(p, rhodes)
Kerit Driscoll(b, el-b)
Satoshi Takeishi(ds, perc)
Sami Kono(vo, only "Renewal")

ソングリスト
01Dawn
02Last Night of the Dodo
03Glacier
04Spirit Animal: Marmot
05Smoky Madtom Hoedown
06Simon and the Monk
07River of Fire
08Spirit Animal: Condor
09Passenger
10Who cries foe Iron Eyes
11Spirit Animal: Leviathan
12General Sherman
13Spirit Animal: Beluga
14Tipping Point
15Renewal



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

 

新宿の新品輸入品取扱店舗にて「1日限定」お買い得セールを開催致します。
ぜひ新宿各店にお立ち寄り下さい!
●開催日時●
12/10(月) 1日限定!!

●セール内容●
新品輸入品 2点お買い上げ毎に ⇒ 500円OFF!!
※2点、4点、6点 と 2点毎の値引きとなります



●当フロアお薦め盤●
 
今年度ジャズ界最大のヒット・アルバム、ジョン・コルトレーンの『ザ・ロスト・アルバム』の勢いが止りません!
その後もコルトレーン関連のレア音源が続々リリースされています!2018年は間違いなくコルトレーンの年!!


●2018年11月度販売ランキング●


CHARLIE HADEN & BRAD MEHLDAU / チャーリー・ヘイデン&ブラッド・メルドー / Long Ago And Far Away
●CHARLIE HADEN / Long Ago And Far Away / IMPULSE! / 0602567895008 / CD / 2,160円(税込)
2014年に逝去した孤高のベーシスト、チャーリー・ヘイデンと、現代ジャズ・ピアノの最高峰であるブラッド・メルドーとのデュオ・ライヴ・アルバム。
二人の出会いは1993年。ジョシュア・レッドマンのバンドで演奏していたブラッドをチャーリーが偶然見かけて感銘を受けたのがきっかけ。その後、1996年にリー・コニッツとのトリオで『アローン・トゥゲザー』(ブルーノート)を、2011年にはトリオにポール・モチアンを加えた『ライヴ・アット・バードランド』(ECM)という2枚のライヴ盤を録音。ですが、デュオで演奏するのは本作に収録されたステージが初めてでした。
2007年にドイツのエンジョイ・ジャズ・フェスティヴァルの一環で、マンハイムのキリスト教会で開催されたステージを収録。教会の厳かな空間にとける二人の対話を存分に堪能できる作品です。
生前、キース・ジャレット、ハンク・ジョーンズ、ケニー・バロン、ゴンサロ・ルバルカバ、ジョン・テイラーなど、名だたるピアニストと数々の優れたデュオ・アルバムを発表したヘイデンですが、本作もそれに連なる名盤と言えます。




TRIO ACOUSTIC / トリオ・アコースティック / AUTUMN LEAVES / オータムリーブス
●トリオ・アコースティック / オータムリーブス / CRAFTMAN RECORDS / JPN / CMRS19 / 498804404159 / 2LP / 5,400円(税込)
※2LP / ダブルジャケット / マスター盤プレッシング
輸入盤ピアノトリオブームの先駆けとなった90年代ピアノトリオの最高峰がついに世界初アナログ化!
・演奏:Zoltán Oláh (p)、Péter Oláh (b)、Emil Jellinek (dr)
・録音:1995年11月18日 HSB Studio (Hungary)
・アナログ盤企画・監修:塙耕記 
マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。



ERIC DOLPHY / エリック・ドルフィー / Musical Prophet: The Expanded 1963 New York Studio Sessions(3LP)
●ERIC DOLPHY / Musical Prophet: The Expanded 1963 New York Studio Sessions / RESONANCE RECORDS / HLP9035 / 0096802280481 / 3LP / 12,420円(税込)
※3LP / 180g重量盤 / 手書きシリアルナンバー入り予定 / 完全限定盤
マスタリング・エン ジニア= バーニー・ グランドマン / RTI
今なお前人未到ともいえる革新的なアーティスト、エリック・ドルフィー
ミンガスとの欧州楽旅出発前、ドルフィーが友人に託した7時間半もの音源を発掘/ 作品化
『Out to Lunch』の前哨戦的意味付けもある63年の演奏の数々
『Out to Lunch』の6日後の15 分に及ぶ超貴重音源を含む衝撃のリリース!!
・完全未発表音源を多数収録した63年ドルフィーの正にベスト・オブ・ベスト!!
・オリジナルLP等で発表された音源も、今回の作品ではエリック・ドルフィー自身が所蔵していた別テープを使用し、マスタリングして作品化!




●開催店舗●

★ディスクユニオン新宿
1F:ロック新品ストア
3F:プログレッシヴロック館
4F:ラテン・ブラジル館
6F:インディ・オルタナティヴ・ロック館
7F:パンクマーケット

★ユニオンレコード新宿
★新宿ジャズ館
★新宿ソウル・ダンスミュージックショップ
★新宿ロックレコードストア
★シネマ館
★新宿HEAVY METAL館
★新宿クラシック館

▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD】 12/8 新入荷一覧! 


●エリック・ドルフィー / ミュージカル・プロフェット:ジ・エクスパンデッド・1963 ニューヨーク・スタジオ・セッションズ / RESONANCE RECORDS / JPN / KKJ1031 / 4909346016897 / CD / 4,990円(税込)
●ERIC DOLPHY / Musical Prophet: The Expanded 1963 New York Studio Sessions / RESONANCE RECORDS / HCD2035 / 0096802280498 / CD / 4,536円(税込)

完全未発表音源を多数収録した63年ドルフィーの正にベスト・オブ・ベスト!!100頁ものブックレット付!!
オリジナルLP等で発表された音源も、今回の作品ではエリック・ドルフィー自身が所蔵していた別テープを使用し、マスタリングして作品化!!

ジャズ史において、もっとも革新的な演奏家の一人としてその名を刻むマルチ・リード奏者、エリック・ドルフィー。2013年の『ミューゼス』以来、またワールド・ワイドな発表としては1999年にリリースされた『イリノイ・コンサート』以来、19年ぶりの未発表音源が、Resonanceから登場します!
本音源は、1964年に、チャールズ・ミンガスとの演奏のために、エリック・ドルフィーがヨーロッパに発つ前に、親しい友人夫妻(Hale and Juanita Smith) に託して行ったスーツケースの中に収蔵されていたもの。ドルフィーがベルリンで客死してしまったため、のちにスーツケースを開いたところ、実に7時間半にも及ぶ音源のテープを発見。そのテープは80年代にジェームズ・ニュートンの手に渡り、一部の音源が、異色の未発表音楽集『Other Aspects』としてブルーノートでリリースされましたが、本作はその音源の中の推測5,6時間あったとされる63年のアラン・ダグラスのセッションを中心に作品化しています。
アラン・ダグラスがプロデュースしたドルフィー1963年7月のレコーディングは、まずFM Records から『Conversations』という名のアルバムで4曲がリリースされ、後にダグラス自身のレーベルDouglas から『Iron Man』というタイトルの5曲入りアルバムもリリース。それらは、ジャズ史上の永遠の名作『Out to Lunch』(64年2月25日録音) とスタイル的に共通項も多く、歴史的に前哨戦的な意味も持つと言われている貴重音源。つまり、未発表を加えたこのリリースは、63年時点のドルフィーを語るものであるのはもちろんのこと、名作『Out to Lunch』制作の秘密を解き明かす意味を持っているといっても過言ではありません。
作品を手がけたゼヴ・フェルドマンによれば、7時間半の記録は二つとして同じものがなく、テンポやフレーズなど、全てが違い、エリック・ドルフィーの入念な試みが見られたとのこと。今回は、その全てを、ジェームズ・ニュートンとともに聴きこみ、究極のテイクを選んだ末のセレクションといいます。
今なお、前人未踏ともいえるほどの自由な音楽を聴かせると共に、緻密さも持っていたエリック・ドルフィー。『Out to Lunch』において、ドルフィーは綿密な構想を描き、リハーサルを重ねて、スタジオに入ったとも語られていますが、この新たな発見からは、究極の表現を追究する姿が生々しく蘇ります。ウディ・ショウやプリンス・ラシャ、ソニー・シモンズなどの加わった管のアンサンブルと、ボビー・ハッチャーソンの鋭角的なヴィブラフォンの響きに、縦横無尽で、軽やかに跳躍するように大きな振り幅をもって繰り出されるドルフィーのソロ、また、他各人のソロも聴きものです。加えてリチャード・デイヴィスとのデュオもたっぷり収録。2人の親密かつディープな会話があります。
また、Disc2のラストには、『Other Aspects』収録の「Jim Crow : A Personal Statement」の未発表別テイクも特別収録。本音源は、アラン・ダグラスのセッションとは関係がないものですが、同じスーツケースに入っていた貴重音源としてボーナス・トラックとして収録。音源は正しくは64年3月に録音されたと判明。つまり、『Out to Lunch』の直後の録音。このテイクには時代に先行したシリアスな前衛的音楽が展開されています。
どこまでも自由で創造的であったドルフィーの音楽的探求の歴史が明らかになる歴史的復刻。Resonance も最重要の作品ととらえ、今回も24本の文章、未発表写真なども収めた豪華パッケージで登場します。

メンバー:
Eric Dolphy(as, fl, b-cl), William “Prince” Lasha(fl),
Huey “Sonny” Simmons(as), Clifford Jordan(ss), Woody Shaw(tp),
Garvin Bushell(bassoon), Bobby Hutcherson(vib), Richard Davis(b),
Eddie Kahn(b), J.C. Moses(ds), Charles Moffett(ds)
Recorded on July 1 & 3, 1963 at Music Maker’s Studios in New York City.
*Bonus Track: “A Personal Statement” is a
Bob James composition that was recorded at WUOM studios in Ann Arbor,
MI on March 2, 1964 with Eric Dolphy (alto saxophone, bass clarinet, flute),
Bob James (piano), Ron Brooks (bass), Robert Pozar (percussion) and
David Schwartz (vocals).

†完全未発表 ‡999枚限定作品『MUSES』収録

ソングリスト
Disc 1
1Jitterbug Waltz (7:18)
2Music Matador (9:37)
3Love Me (3:22)
4Alone Together (13:36)
5Muses for Richard Davis (Previously Unissued 1) (7:39)†
6Muses for Richard Davis (Previously Unissued 2) (8:31)†
Disc 2
1Iron Man (9:14)
2Mandrake (4:47)
3Come Sunday (6:28)
4Burning Spear (11:59)
5Ode to Charlie Parker (8:04)
6A Personal Statement (15:02) †*
Disc 3
1Music Matador (Alternate Take) (8:05)†
2Love Me (Alternate Take 1) (2:27)†
3Love Me (Alternate Take 2) (3:43)‡
4Alone Together (Alternate Take) (12:14)‡
5Jitterbug Waltz (Alternate Take) (9:36)†
6Mandrake (Alternate Take) (6:48)†
7Burning Spear (Alternate Take) (10:31)†




●JACOB YOUNG / URBAN GARDENING / 7090025837500 / Oslo Session Recordings / CD / 2,376円(税込)






●LALLE LARSON / Ashen Lights / REINGOLD RECORDS / RRCD018 / 0798190040929 / CD / 2,484円(税込)

カーマカニックなどフラワー・キングス周辺での活動でも広く知られるようになった技巧派キーボーディストがベース、ドラムスのリズム陣とトリオで挑んだ、2018年作品がリリース!! モダン・ジャズ、現代クラシック音楽、70年代フュージョンなどの要素を独自に混ぜ合わせ、その超絶技巧で圧倒的な存在をアピールします。
チック・コリア、ジョー・ザビヌル、アラン・ホールズワーズらの作品を追いかけるファンには見逃せない!!

Lalle Larsson (synth/key/p)
Jonas Reingold (b)
Walle Wahlgren (ds)

ソングリスト
01 Last Venus
02 Ashen Ligh
03 Highland Sky
04 Aurora ́s Dance
05 Contemporary Past
06 Meadow
07 Uriels ́s Moo
08 Tunnels Within Tunnels
09 Interstella
10 Homeland


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 12/7 新入荷一覧! 



●ATLANTICO / NEW EASTER ISLAND / LA FABRICA' SON / 3341348162522 / CD / 2,916円(税込)







●CHET BAKER / Peace / BE! JAZZ / 2299990616606 / LP / 3,240円(税込)

※LP
ENJA原盤、チェット・ベイカー数ある作品の中でも、なかなか注目されにくい珍しいアルバムがアナログで再発!!

チェット・ベイカーにとってもリスナーにとってもこの作品は挑戦的ではないでしょうか。
晩年デヴィッド・フリードマンとの大変ユニークで、また芸術性あふれる内容。
モンクを彷彿とさせる曲からしっとりと味わい深いバラードまでエレガントで美しいアルバムです。

Chet Baker(tp)
David Friedman(marimba,vib)
Buster Williams(b)
Joe Chambers(ds)

ソングリスト
1Syzygies
2Peace
3Lament For Thelonious
4The Song Is You
5Shadows
6For Now



●PIERRE FAVRE / Santana / BE! JAZZ / 2299990616604 / LP / 3,240円(税込)

※LP
ジャーマン・フリー・ジャズ・トリオの傑作がLPで再発!!

ポール・ブレイ、セシル・テイラーに通じるフリー・ジャズ・トリオ。空間を自由に斬新なドラミング。波打つベース・ライン、硬質なアタックから繰り出す3人の凄まじいインプロに当時としては鮮烈な印象を与えたことでしょう。
自主でPIPから発売され後にFMPから再発。今回BE!JAZZがライセンスを受け制作した限定アナログ盤となります。
ベースのPeter Kowaldは後にPeter Brötzmannと合流、名作「Hot Lotta」に参加しその他2002年に亡くなるまで数多く作品を残しています。女性フリー・ピアニストIrene Schweizer、Pierre Favreもこの後も数多くの録音を残すという意味でも3人の初期レコーディング作品として貴重な1作なのではないでしょうか。ユーロ・フリー好きは要チェックです!

【Personnel】
Pierre Favre(ds)
Irene Schweizer(p)
Peter Kowald(b)

ソングリスト
1Santana
2Fluency
3M.G.
4Waiting For Paul
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


【新品CD&LP】12/6 新入荷一覧! 



●BIRELI LAGRENE / STORYTELLER / IMPORTS / UK / CD / NJ628811 / 3298496288119 / 2,268円(税込)

1966年生まれ、80年代に神童と騒がれ、デビューしたビレリ・ラグレーン、久々のリーダー作品!
 キャリア初期、若くして、ジャコ・パストリアスと共演した通り、そのテクニックは抜群。00年代には、ルーツであるマヌーシュ・ジャズ・ミュージックに軸足を置きつつ、シルヴァイン・リュックと共に、ポップかつ、ニュアンスも豊かな匠のデュオを聴かせたほか、2014年には、スタンリー・クラーク、ジャン・リュック・ポンティとの作品もリリース。正に欧米第一線の数々のバンドで活躍し、今や、円熟味を感じさせています。
 本作は、ブラッド・メルドー・トリオ他で活躍する、現代最重要ベーシストの一人、ラリー・グレナディアと、マイルス・デイビスやウェザーリポート、スティングのバンドでも活躍したベテラン・パーカッショニスト、ミノ・シネルとによるトリオ演奏!“ステラ・バイ・スターライト”、“マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ”、“グリーン・ドルフィン”のようないわゆるジャズ・スタンダードや、カルロス・ジョビンの名曲“ウェイヴ”など、聴きなじみのナンバーも多く、オリジナル・ナンバーと共に、心地よいギター・サウンドを聴かせてくれています。
 マヌーシュ・スタイルの特徴であるスウィンギーで軽妙なリズムはもちろん、リスナーを魅了し続ける美しいハーモニーをたたえたコード・ワークと、華麗なソロ・ワークは、ビレリ・ラグレーンならでは! 伝統にのっとりながら、コンテンポラリーなテイスト/イフェクトも加えたオリジナリティ溢れる全12曲!(輸入元情報)

■Bireli Lagrene(g)
Larry Grenadier(b)
Mino Cinelu(perc)

ソングリスト
01. One Take
02. Estate
03. Wave
04. Stella By Starlight
05. Freedom Jazz Dance
06. Sunny
07. My One And Only Love
08. There Is No Greater Love
09. More
10. On Green Dolphin Street
11. Life In The Folds
12. Storyteller





●WOLFGANG LACKERSCHMID / Ballads For Two / DOT TIME RECORDS / DT8014 / 0604043801428 / CD / 2,484円(税込)

※デジパック
ビブラフォン奏者ウォルフガング・ラッカーシュミッドと、チェット・ベイカーとの豪華な競演が話題となった1979年作品がDOT TIME RECORDSレーベルよりリイシュー!! 1979年リリース当時、この競演がきっかけでラッカーシュミッドは一躍世界的なプレイヤーとして脚光を浴びました。まさにふたりの才能がけずりあうことなく、融合していったとも感じられる1枚です。


上記紙ジャケットで有限会社究体音像製作所よりリイシューされていたベストセラー盤。

数々の栄光とそれ以上の失意や悲劇を味わった末にたどりついた晩年のチェット・ベイカーの作品の中でも、このヴィブラフォン奏者と残した作品は屈指の充実振りを示す。冒頭、チェットのトランペットは音がスカスカではっきりと聴こえない。だが、かすかに、はっきりと、倍音で在りし日の輝かしい音が聴こえてくるのだ!それはチェットの魂の叫びであり、静かに捧げる祈りでもある。これを聴くたび、背中に冷たいものが走る。

■Trumpet – Chet Baker
Vibraphone – Wolfgang Lackerschmid

ソングリスト
1Blue Bossa
2Five Years Ago
3Why Shouldn't You Cry
4Dessert
5Softly as in a Morning Sunrise
6You Don't Know What Love is
7Waltz for Susan
8Double 0
9Why Shouldn't You Cry (Muted Trumpet Version)





●ウォルター・ラング / トランスルーセント・レッド / 澤野工房 / AS164 / 2299990624437
/ CD / 2,571円(税込)

ルビーのような赤い透明感。懐かしくノスタルジックな旋律。静かな情熱があなたのハートを揺らす。

2018年6月某日早朝、突然電話が鳴った。「朝食でもどう?」と叩き起こされた。そう、ウォルター本人からであった。「Shinya Fukumori Trioのピアニストとしてツアーで来ていて、日本橋のホテルに居る。」まぁ近所やし……寝ボケてる暇なく、待ち合わせ場所に向かった。新世界の喫茶店で濃いめのコーヒーを飲みながら、この制作プロジェクトがなんとなくスタートした。アーティストと録音前に面と向かって話をすることはなく、ほぼチャットやメールで済ますことが多い。そう言えばウォルターが売り込みに来た際も直接訪問だったな……本当に律儀なひとである。(笑)

アルバムタイトル「Translucent Red 」すなわち「半透明な赤」。透明な美しいサウンドだけではなく、情熱や慕情を織り込んだウォルターらしい表現を感じさせる。そして日本人が好きそうな旋律が随所に散りばめられている。聴いたことのあるようなノスタルジックなメロディは親日家ウォルターの十八番である。スタンダードもさることながら、特にオリジナルの楽曲が秀逸であり、Tr.2からTr.4の流れはこのアルバムの聴きどころである。後半もメリハリのある構成が飽きのこない絶妙なバランスとなっている。

これは偶然だったのか必然だったのかはノーコメントですが、イタリアの匠、ステファノ・アメリオをエンジニアに起用し、レコーディングから音質までECMに近いクオリティまで昇華させた。サワノがモットーとしている「心地良い音」を言葉で説明することは難しい。だけど、この作品を聴けばニュアンスはご理解していただけるだろう。

Walter Lang : piano
Thomas Markusson : bass
Sebastian Merk : drums

ソングリスト
01 Nancy (with the Laughing Face)
02 Afterglow
03 I Wonder
04 Translucent Red
05 La Musa
06 Precious Love
07 Soon
08 I Loves You, Porgy
09 Still Gone
10 They Didn’t Believe Me
11 Any Old Days
12 Sevilla
13 Dawn Song





●WES MONTGOMERY / Live At The Bbc Studios 1965(LP) / HiHat / HHLP3119 / 5297961311923 / LP / 3,240円(税込)

※LP / 180g
ジャズ・ギターを語るうえで外せないジャイアンツ、ウェス・モンゴメリー。彼が1965年3月25日、イギリスのBBCで放送された「Jazz 625」番組内でのライブが収録された音源がHI HATからリリース!! ウェスは最終的にはアメリカを離れ、1965年に活動拠点をヨーロッパに移しました。ここでの演奏法はスムース・スタイルをとりながらも、革新的なものを秘めている雰囲気が特徴。ファンのかたならぜひ手にしたい1枚です!!

■WES MONTGOMERY(g.)

ソングリスト
1Intro / Yesterdays
2Jingles
3'Round Midnight
4Twisted Blues / Announcer
5Full House / Outro





●ENRICO DE CARLI / SWINGER OR POET? / Music Center / ITA / CD / BA405 / 8025965005633 / 2,268円(税込)

伊のベテラン・スウィンガーのエンリコ・デ・カルリ(p) がピアノトリオ(10曲中 6曲)を基本に綴る決定盤。奥深い味わいと軽やかさが絶妙にマッチ!

■Enrico De Carli (p)
Valerio Della Fonte (b)
Toni Boselli (ds)
Guest:
Mario Mariotti (tp on 4,7,9)
Luca Segala (sax on 4,7,9)
※ #4,7,9: クインテット編成、#6: ピアノソロ

ソングリスト
1. Gioco Pericoloso
2. Garibaldi
3. Baubles, Bangles And Beads
4. Blue Sea
5. Buon Anno
6. Song For Alberto
7. To Be Or...?
8. Valzer Triste
9. Calamity Jane
10. Il Suono Dell’ Amore





●MATTEO RAGGI / BEST IS YET TO COME (ITA) / Music Center / ITA / CD / BA404 / 8025965005626 / 2,268円(税込)

イタリアの王道テナー作品。

Matteo Raggi(ts)
Andrea Pozza(p)
Aldo Zunino(b)
Massimo Caracca(ds)

ソングリスト
1The Best Is Yet To Come
2From M To M
3Tonight I Shall Sleep With a Smile
4Gone With The Wind
5Russian Lullaby
6Be Careful, It' s My Heart
7Swingin' Away
8The Blues





●チャック・ローブ / シルバー・ライニング / インパートメント / AGIP3630 / 4532813836300 / CD / 2,500円(税込)

スムースジャズ界の名ギタリスト/プロデューサー、チャック・ローブの日本企画ベスト・アルバム。
フォープレイ、ステップス・アヘッドのメンバーとして活動し数々の名演を残したジャズ・フュージョン界の名プロデューサー/ギタリスト、チャック・ローブ。2017年に惜しくもこの世を去ってしまったチャック・ローブの日本企画ベスト・アルバム。
フォープレイを想起させる1、リラックスしたムードの4、ハイラム・ブロックに捧げた6、パット・マルティーノに捧げた9、疾走感溢れる7を収録。

ソングリスト
01Silver Lining
02Hangin’ with You
03Good to Go
04JT
05Let’s Go
06Hiram
07Let’s Play
08D.I.G
09Mr. Martino
10Silhouette
11Skylark
12Cotton Club (Bonus Track for Japan)



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

【新品CD・LP】 / 新入荷一覧! 

●KING LEGENDARY JAZZ COLLECTION 50
キングレコードが誇る日本のジャズ名盤が最新リマスタリングで復活!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/19157/

●ユニバーサル・ジャズ レア盤コレクション
埋もれたお宝ザックザク! レーベルをまたいだレア盤復刻!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/19156/

●DEEP JAZZ RALITY最新シリーズに強力なタイトルが追加ラインナップ!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/19155/

●グルーヴ・マーチャント・モー・グルーヴィー・コレクション第二期
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/19154/







●大西順子 / XII Electric Side / SOMETHIN'COOL / JPN / SCOL1030 / 4988044043473 / CD / 3,000円(税込)

大西順子が新たに3管セクステットを結成
厳選12曲、全曲が本プロジェクトの為の書き下ろし!

昨年デビュー25周年と共に、8年ぶりのトリオ作『グラマラス・ライフ』(SCOL1025)とバラッド集『ヴェリー・スペシャル』(SCOL1024)をWリリースし話題を呼んだピアニスト大西順子。注目を集める中での次なるプロジェクトは、3管+トリオによる王道セクステット。大西といえば、フレディ・ハバードやジャッキー・マクリーン、ジョー・ヘンダーソンらレジェンドのもとで研鑽を積み、管楽器との共演アルバムもこれまで多数発表、その絶対的ピアニズムは小編成から大編成まで留まらないことは周知のとおり。今作では、現在活躍めざましい本邦トップ・プレイヤー達が集い、全楽曲をそれぞれが書き下ろし。スイングからエレクトリック、コンテンポラリーまでこれまでにない「12」の化学反応をたっぷりお楽しみいただけるスペシャル・プロジェクトです。全12曲収録

【メンバー】大西順子(pf, Rhodes, Wurlitzer, clavinet)/広瀬未来(tp, flh)/吉本章紘(ts, fl)/片岡雄三(tb)/井上陽介(b)/高橋信之介(ds)

(メーカーインフォより)


ソングリスト
01One Lap Behind (Miki Hirose)
02Falling Rocks (Akihiro Yoshimoto)
03Apple of My Eye (Junko Onishi)
04Dr. Pu!Poon (Yosuke Inoue)
05Baby I'm yours (Yosuke Inoue)
06July (Miki Hirose)
07Teenager (Junko Onishi)
08Dark Chime (Akihiro Yoshimoto)
09Head Towards the Light (Shinnosuke Takahashi)
10Cura de gatos (Yuzo Kataoka)
11Unity 1 みんなの曲 (All)
12Remembering Spring (Miki Hirose)







●V.A.(寺島靖国) / For Jazz Audio Fans Only Vol.11 / 寺島レコード / JPN / TYR1074 / 4988044042964 / CD / 3,024円(税込)

音が良い曲のみを集めたコンピレーション“For Jazz Audio Fans Only”シリーズの新作が登場!

寺島レコードより、オーディオ・ファンに向けたコンピレーション「For Jazz Audio Fans Only」の最新作が今年も登場。ステファノ・アメリオ・リマスターシリーズ(TYR1063~1067・1069~1073)を聴き比べのできるリマスターとオリジナルの2枚組で発売するなど、今年はよりいっそうオーディオに拘りをみせた寺島靖国が「良演奏・良録音」の楽曲のみを厳選。「ジャズは音で聴け!」のコンセプトのもと、最高音質の曲のみを凝縮したコンピレーション。

・選曲・解説:寺島靖国
・セミダブル紙ジャケット(コーティング仕様)

ソングリスト
01 Old City / Luis Perdomo
02 Ballad for L / Mario Nappi Trio
03 Interlude / Fabian Meyer Trio
04 Django / Claudio Filippini Trio
05 Ultimo Giorno In Via Palazzi / Michele Di Toro Trio
06 Autumn Leaves / Sweet Baby J'ai
07 Where Or When / The Lynne Arriale Trio
08 Ilter Fabel / Makiko Hirabayashi Trio
09 When the Day Is Young / Stephan Becker Trio
10 Softly as in a Morning Sunrise / Silves Trio
11 Longing / Emil Brandqvist Trio
12 Miss / Alexi Tuomarila Trio
13 No Regrets / Simon Denizart Trio







●YoYo the "Pianoman" / オー・ジー・スウィング / PLAYWRIGHT / JPN / PWT52 / 4988044041622 / CD / 3,000円(税込)

YoYo(SOFFet)によるピアノ・ジャズライブ・プロジェクト「YoYo the "Pianoman"」活動6年にして待望のデビューアルバムがPlaywrightレーベルより発売!

名刺代わりの「スウィング王子」を逆転させたタイトル曲1O.G. SwingからBlues、Skateと続く「王子三部曲」の幕開け、目まぐるしく展開するインプロビゼーションの掛け合いがスリリングな8C.F. Practice、スウィンギーなアレンジで聴かせるカーペンターズで有名な6Close to you、誰もの心に寄り添うクラシック曲をジャズアレンジした7エリーゼの為に、11威風堂々。
そしてピアノマンオリジナル4Moonlight~Quartet ver.~、5父と娘のダンス、10水芭蕉といったバラード名演には涙せずにいられない、、、
ビル・エバンスやナット・キング・コールの影響を感じさせ、良い意味でのクラシックなモノクロの映画を観ているような質感を求めた作品。現代のアーティストとして故き良きジャズへのオマージュを散りばめた録音やサウンド・フォーマットに、ポップなメロディとの融合を目指した今冬大注目作!

YoYo(SOFFet)によるピアノ・ジャズライブ・プロジェクト「ピアノマン」。
作詞・作曲・編曲家。4才からピアノを習い始め、15才の時に独学で作詞・作曲を始める。
19才で渡米し、名門「バークリー音楽院」に入学。
帰国後2003年、SOFFet(ソッフェ)としてメジャーデビュー。
アーティストとしての活動の傍ら、SMAPへの詩曲提供、CHEMISTRYへの詩提供、
他アーティストへの楽曲提供や編曲・サウンドプロデュース、ピアノ演奏での参加なども数多く行う。
2012年、YoYo the “Pianoman”として宮地楽器ホールにてワンマン公演ライブデビューを果たす。
2015年、Saxプレイヤー門田JAW晃介(BARB/exPE’Z)とのコラボ新企画「JAW meets Pianoman」を発足し、
全国のカフェやライブハウスにてクリスマス恒例ジャズライブツアーを行っている。
またこれまでに、高須クリニックCM安藤美姫編テーマ曲「威風堂々」をアレンジ・演奏、ブリジストン自転車のWEB CM短編映画「アルベルトe short film」の音楽の作編曲を担当、ドン・キホーテ12曲の店内音楽の作詞・作曲・編曲を担当する等、作曲家としても活動の幅を広げている。
2017年「Xperia」CM~informercial~へ出演。
2018年、地元武蔵小金井の観光大使に就任。

メンバー
YoYo (piano)
鈴木直人 Naoto Suzuki (guitar)
川村竜 Ryu Kawamura(bass - except M11)
清水昭好 Akiyoshi Shimizu (bass - M11)
長谷川ガク Gaku Hasegawa(drums)

ソングリスト
01O.G. Swing / オー・ジー・スウィング 6:31
02O.G. Blues / オー・ジー・ブルース 4:57
03O.G. Skate / オー・ジー・スケート 2:45
04Moonlight~Quartet ver.~ / ムーンライト 5:04
05父と娘のダンス 6:36
06Close to you / クロース・トゥー・ユー 5:43
07エリーゼの為に 4:17
08C.F. Practice / シー・エフ・プラクティス 4:18
09水芭蕉~Opening~ 1:21
10水芭蕉 6:43
11威風堂々 5:06







●チック・コリア / トリロジー2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCJ3038 / 4988031309742 / CD / 3,564円(税込)

【日本先行発売 (海外発売未定)】【2SHM-CD】
現代最高峰のピアノ・トリオ第二弾!

「トリロジー」はクリスチャン・マクブライド(ベース)~ブライアン・ブレイド(ドラムス)という現代最高峰のプレイヤーと組んだスペシャル・トリオ。2013年にリリースした第1弾は、3枚組ながら日本国内でも5,000枚を超えるセールスを記録し、アメリカではグラミー賞を獲得しました。

今回も、前作同様、世界ツアーのライヴ音源からベスト・テイクを厳選。チックの代表曲「ラ・フィエスタ」「500マイルズ・ハイ」「ナウ・ヒー・シングス・ナウ・ヒー・ソブス」に加えて、「ロータス・ブロッサム」(ケニー・ドーハム)、「オール・ブルース」(マイルス・デイヴィス)など、ジャズマン・オリジナルのカヴァーを収録。

演奏者
チック・コリア(p)
クリスチャン・マクブライド(b)
ブライアン・ブレイド(ds)

ソングリスト
Disc 001
1ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
2500マイルズ・ハイ
3クレプスキュール・ウィズ・ネリー
4ワーク
5ラ・フィエスタ
6バット・ビューティフル
Disc 002
1アイダーダウン
2オール・ブルース
3パスタイム・パラダイス
4ナウ・ヒー・シングス、ナウ・ヒー・ソブス
5セレニティ
6ロータス・ブロッサム






●ジョン・バティステ / ハリウッド・アフリカンズ / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCV-1174 / 4988031309759 / CD / 2,700円(税込)

ソングリスト
01ケナー・ブギー
02この素晴らしき世界
03ショパネスク
04セント・ジェームス病院ブルース
05夜想曲 第1番 ニ短調
06ザ・ヴェリー・ソート・オブ・ユー
07グリーン・ヒル・ゾーン
08ミスター・バディ
09イズ・イット・オーヴァー
10スマイル
11ドント・ストップ







●ATOMIC / Pet Variations / ODIN / ODINCD9568 / 7033662095681 / CD / 2,592円(税込)

ノルウェーとスウェ―デンの気鋭のミュージシャン達が集結したバンド「Atomic」の2018年作が到着!
ブライアン・ウィルソン、エドガー・ヴァレーズ、メシアンなどの楽曲を演奏。

Bass – Ingebrigt Håker Flaten
Drums – Hans Hulbækmo
Piano – Håvard Wiik
Saxophone, Clarinet – Fredrik Ljungkvist
Trumpet – Magnus Broo

ソングリスト
1Pet Variations / Pet Sounds
2Art
3Walking Woman
4Un Grand Sommeil Noir
5Cry Want
6Louange à l'Éternité de Jésus
7Inri
8Karin's Mode







●V.A. / A Day In The Life Impressions Of Pepper / VERVE / 0602577085765 / CD / 2,160円(税込)

今日のジャズ界で最も洗練されエキサイティングなジャズ・アーティストたちがザ・ビートルズのアイコニックな作品へのオマージュ作品。

各ミュージシャンたちはとてもゆるい解釈での演奏をすることのが許されたとても興味深いチャレンジングな企画で、結果的にとても印象深く、アヴァンギャルドで超カッコイイ作品に仕上がった!

参加ミュージシャンがなんとも豪華。Keyon Harrold, Brandee Younger, Shabaka & The Ancestors, そしてAntonio Sanchezなど今をときめく布陣が勢ぞろい。

アルバムのアートワークを手掛けているのは日本を代表する田名網敬一氏でザ・ビートルズによるオリジナル・アートワークからインスパイアを受けたアートとのこと。

ソングリスト
01Antonio Sanchez - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
02Mary Halvorson - With A Little Help From My Friends
03Makaya McCraven - Lucy In The Sky With Diamonds
04Wildflower - Getting Better
05Cameron Graves - Fixing A Hole
06Keyon Harrold - She’s Leaving Home
07Brandee Younger - Being For The Benefit Of Mr. Kite!
08Miles Mosley - Lovely Rita
09Shabaka & The Ancestors - Good Morning Good Morning
10Antonio Sanchez - Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
11The Ju Ju Exchange - A Day In The Life







●T ボーン・ウォーカー / I GET SO WEARY / JAZZ IMAGES / JIM38084 / 8436569192702 / CD / 1,512円(税込)

ジャズの黄金時代、白人写真家のウィリアム・クラクストンが残したジャズメン達の貴重な写真をジャケットに使用したCDが登場。
アルバムカバー写真は1959年カリフォルニアのNBCスタジオの番組リハーサルの際に撮影されたもの。
オリジナル発売は『T-Bone Walker’s I Get So Weary』 (Imperial 9146)。ボーナスアルバムとして『Singing the Blues』(Imperial LP9116)を追加収録。

メンバー:T-Bone Walker, vocals and lead guitar, plus:
Dave Bartholomew (trumpet),Lee Allen, Maxwell Davis,
Eddie “Lockjaw” Davis (tenor saxophone),Wendell Duconge (alto saxophone),
Herb Hardesty (baritone saxophone),Walter Nelson (guitar),
T.J. Fowler (piano),Cornelius Coleman (drums),among others.
Recorded in Los Angeles, New Orleans and Detroit, 1950-1954.

ソングリスト
01 Here In The Dark 3:06
02 I Miss You Baby 2:56
03 Life Is Too Short 2:48
04 Welcome Blues 2:28
05 I Get So Weary 2:45
06 You Just Wanted To Use Me 2:27
07 Through With Women 3:12
08 Street Walking Woman 3:08
09 Party Girl 2:12
10 High Society 2:58
11 Lollie Lou 2:59
12 Got No Use For You 2:43
13 Glamour Girl 2:47*
14 The Hustle 2:36*
15 Alimony Blues 2:44*
16 News For Me Baby 2:24*
17 Love Is Just A Gamble 2:57*
18 I’m Still In Love With You 3:09*
19 I’m About To Lose My Mind 2:26*
20 I Got The Blues Again 3:19*
21 Everytime 2:32*
22 Bye, Bye, Baby 2:49*
23 I’ll Understand 2:09*
24 Teen Age Baby 2:08*
25 No Reason 2:34**
26 Strollin’ With Bones 2:32**
27 Wanderin’ Heart 2:34**
28 Pony Tail 2:20**



●RAY CHARLES / MODERN SOUNDS IN COUNTRY & WESTERN MUSIC / JAZZ IMAGES / JIM38046 / 8436569192634 / CD / 1,512円(税込)

ジャズの黄金時代、白人写真家のウィリアム・クラクストンが残したジャズメン達の貴重な写真をジャケットに使用したCDが登場。
アルバムカバー写真は1960年ニューヨークにて恋人のMae Saundersとの微笑ましい2ショット。
オリジナル発売は1962年録音の『Modern Sounds in Country & Western Music Vol. 1』 (ABC Paramount ABC-410)。マーティー・ペイチ・オーケストラ等をバックにカントリーミュージックを唄った名アルバム。ボーナスアルバムとして『Modern Sounds in Country & Western Music Vol. 2』 (ABC Paramount ABC-435)を追加収録。

メンバー:Ray Charles, vocals & piano, plus:
A1, B4 & B6: Martin Banks, Wallace Davenport, Phil Guilbeau,
John Hunt (tp), George Matthews, Jim Herbert, Dicky Wells (tb),
Keg Johnson (b-tb), Hank Crawford, Rudy Powell (as),
David “Fathead” Newman, Don Wilkerson (ts), Leroy Cooper (bar),
Sonny Forriest (g), Edgar Willis (b), Bruno Carr (d).
Los Angeles, February 5, 1962.
A3, A5 & B2: Probably the same group with Gil Fuller (cond).
Los Angeles, February 7, 1962.
A2, A4, A6, B1, B3, B5 & B7: Marty Paich Orchestra
(similar personnel as above). Jack Hallorin (cond).
Los Angeles, February 9-15, 1962.

ソングリスト
01 Bye Bye Love 2:14
02 You Don’t Know Me 3:19
03 Half As Much 3:27
04 I Love You So Much It Hurts 3:38
05 Just A Little Lovin’ 3:32
06 Born To Lose 3:18
07 Worried Mind 2:57
08 It Makes No Difference Now 3:38
09 You Win Again 3:33
10 Careless Love 4:03
11 I Can’t Stop Loving You 4:18
12 Hey, Good Lookin’ 2:15
13 You Are My Sunshine 3:01
14 No Letter Today 3:03
15 Someday (You’ll Want Me To Want You) 2:43
16 Don’t Tell Me Your Troubles 2:10
17 Midnight 3:19
18 Oh, Lonesome Me 2:12
19 Take These Chains From My Heart 2:59
20 Your Cheating Heart 3:38
21 I’ll Never Stand In Your Way 2:22
22 Making Believe 2:55
23 Teardrops In My Heart 3:05
24 Hang Your Head In Shame 3:18
25 At The Club 2:59







●GREGORY PORTER / One Night Only / UNIVERSAL / 0602567801696 / CD+DVD / 3,024円(税込)

現代最高峰の男性ソウル・ジャズ・シンガー=グレゴリー・ポーターのライヴ・アルバム!
今年、ロイヤル・アルバート・ホールにて3日間LIVEを行い、3日間ともソールド・アウトとなったそのLIVE音源を収録。
オープニング・ナイトにグレゴリーは、ロイヤル・アルバート・ホールを埋め尽くしたファンに向け、彼が信頼をおくミュージシャンのチップ・クロフォード(p)、エマニュエル・ハロルド(ds)、ジャマール・ニコルズ(b)、ティヴォン・ペニコット (ts)と、グラミー賞を受賞した経験を持つ指揮者でアレンジャーのヴィンス・メンドーザが率いる70人編成のフル・シンフォニー・オーケストラをバックにパフォーマンスを行なった。

収録曲には彼の最新作『ナット・キング・コール&ミー』からの楽曲や、ファンに人気の高い「ヘイ・ローラ」、「ホエン・ラヴ・ワズ・キング」、「ドント・ルーズ・ユア・スティーム」などが、今作に収録されている。クリスマス・シーズンを前に、ナット・キング・コールの「ザ・クリスマス・ソング」のカヴァーも収録されている。ソウルフルでリッチな声で、リスナーを魅了してきたグレゴリーのライヴ・アルバムは、彼の非凡な才能と音楽性が、遺憾なく発揮されたアルバムになっている。

※CDとDVDは同内容となります。

ソングリスト
01Mona Lisa
02But Beautiful
03Nature Boy
04L-O-V-E
05Quizas, Quizas, Quizas
06Miss Otis Regrets
07Pick Yourself Up
08In Heaven
09When Love Was King
10The Lonely One
11Ballerina
12No Love Dying
13I Wonder Who My Daddy Is
14Sweet Lorraine
15For All We Know
16The Christmas Song
17Smile
18Hey Laura
19Don’t Lose Your Steam







●ANDREW CYRILLE / Lebroba / ECM / 0602577055638 / LP / 3,996円(税込)

ドラマー、アンドリュー・シリルのECMリーダー作2作目。

トランペッターWadada Leo SmithとギターにBill Frisell というそれぞれの創造的な音楽を持った思想家3人がそれぞれの個を最大限発揮しながらひとつの音楽奏でた作品。リーダーは寛大であまりドラムに焦点を当てず、メロディック、そしてインタラクティヴに演奏することを優先、ピッチと空間にも敏感な音楽を展開。

Lebrobaとはアルバムのタイトルは、クリエイティブ・ミュージックの独立した思想家の3人の生誕地Leland、Brooklyn、Baltimoreからとったタイトル。

(パーソネル)
Wadada Leo Smith: trumpet
Bill Frisell: guitar
Andrew Cyrille: drums

ソングリスト
1Worried Woman
2Turiya:Alice Coltrane Meditations and Dreams:Love
3Lebroba
4TGD
5Pretty Beauty







●リッチー・バイラーク / トラスト / スペースシャワーネットワーク / JPN / DDCB13038 / 4543034048403 / CD / 2,500円(税込)

70年代にECMの「ヒューブリス」、「エルム」などで衝撃的なデビューを果たしたリッチー・バイラーク。当時その存在感はキース・ジャレット、チック・コリアと並んで日本で最も愛されたピアニストの一人。ポスト・ビル・エヴァンスの叙情派として多くの作品を生んだ。ECMとの訣別後にマイルス・デイヴィス・グループ出身のデイヴ・ホランド(b)、ジャック・ディジョネット(ds)と組んだ唯一のトリオ作品「Trust」は一転してバイラークが「ニューヨーク派」のアグレッシヴな本領を発揮した傑作。デイヴィッド・ベイカーによるニューヨーク録音。

Richie Beirach (p) | Dave Holland (b) | Jack DeJohnette (ds) | Recorded February 24 and 25, 1993 NY

ソングリスト
1What Are The Rules
2Trust
3Moor
4Jamala
5Boston Harry
6Gargoyles
7Nefertitti
8Johnny B.
9Rectilinear




●ポール・ブレイ / ゼン・パレス(禅パレスの思い出) / スペースシャワーネットワーク / JPN / DDCB-13039 / 4543034048410 / CD / 2,500円(税込)

邦題「禅パレスの思い出」。各々がECMに数多くのリーダーアルバム、参加作品を持つポール・ブレイ(p)、スティーヴ・スワロウ(b)、ポール・モチアン(ds)が初めて一堂に会したドリームトリオはこのアルバムのみで聴くことができる。三人のオリジナルによる全6曲はこの稀な組み合わせがもたらした効果を発揮して緊密なインプロヴィゼーションを呼んでいる。1993年トム・マークによるNY録音。

Paul Bley (p) | Steve Swallow (b) | Paul Motian (ds) | Recorded March 1, 1993 NY

ソングリスト
1Deviation
2Almost Persuaded
3Ah-Ha
4Latin Ideas
5Zen Palace
6Where Is Paul?




●ポール・ブレイ / ハンズ・オン / スペースシャワーネットワーク / JPN / DDCB13040 / 4543034048427 / CD / 2,500円(税込)

1970年代のソロ・ピアノの代表作「オープン・トゥー・ラヴ」(1973 | ECM)より20年、ポール・ブレイがオリジナル全7曲で臨んだソロ作品集。美しいベーゼンドルファー・インペリアルの音色で耽美的な作風はさらに内面化している。多作な90年代の見逃す事のできない名作として再評価が高まり、ブレイ作品のミッシングリンクの完成のためのマスト・アイテムとして再発売が望まれてきた。1993年トム・マークによるNY録音。

Paul Bley (p) | Recorded March 2, 1993 NY

ソングリスト
1Remembering
2Points
3Ram Dance
4Three Fifth
5Hands On
6If -
7Cowhand




●イサオ・ササキ / ムイ・ビエン / スペースシャワーネットワーク / JPN / DDCB13041 / 4543034048434 / CD / 2,500円(税込)

1982年ノルウェー、オスロのタレント・スタジオでヤン・エリック・コングスハウクのレコーディングによる美しいピアノ・ソロ・アルバム。完全な「ECM環境」で録音された最も初期の日本人のアルバムとして後のヒーリング、アンビエント・ミュージックの先駆けとなる独自のスタイルを持ち、現在より再評価を受けている。長期のスペイン滞在で得た心象風景を素材としたユニークなオリジナル作品集。Transheartレーベルの再リリースのキーとなるべき作品。待望のオリジナル・ジャケットによる初CD化。

Isao Sasaki (p) | Recorded 1982 Oslo

ソングリスト
1Campana De Barcelona
2Cadiz Y La Salina
3Maria Jose Pomar
4Nueva York
5Azul Mediterraneo
6Niebla De Manana En Calatayud







●ロニー・スミス / SIZZLE STICK - FILET-O-SOLE / ウルトラヴァイヴ / JPN / PPR007 / 4526180466192 / 7" / 1,620円(税込)

第1弾はGroove Merchantのカタログより。サンプリング・ソースとしても、ジャズ・ファンク、そしてヒップホップ・フィールドにも認知の高い名曲が3タイトルリリース。
ジャズ・オルガン奏者:Lonnie Smithが76年にリリースした名作アルバム『Keep On Lovin’』から、Rob Swift ”Hip Hop On Wax feat. Large Professor + DJ Radar”でサンプリングされ、DEV LARGEによるMIX CD「MELLOW JAZZ FUNK」にも収録されたメロウ・ジャズ・ファンクとしても人気の「Sizzle Stick」と、アルバム収録曲として人気の「Filet-O-Sole」。2曲共にここ日本でのみ、そして今回が世界初となる7インチ化。

ソングリスト
1 Sizzle Stick
2 Filet-O-Sole







●マイク・ロンゴ / LIKE A THIEF IN THE NIGHT - OCEAN OF HIS MIGHT / ウルトラヴァイヴ / JPN / PPR008 / 4526180466208 / 7" / 1,620円(税込)

第1弾はGroove Merchantのカタログより。サンプリング・ソースとしても、ジャズ・ファンク、そしてヒップホップ・フィールドにも認知の高い名曲が3タイトルリリース。
ディジー・ガレスピーの片腕として、そのラテン化現象のキーマンであったキーボーディスト:Michael Longoが74年にリリースした人気のアルバム「900 Shares Of The Blues」から、ブレイクから始まり高揚感が高まるジャズ・ファンク・クラシック「Like A Thief In The Night」とメロウ・ジャズ・ファンクの名曲「Ocean Of His Might」を収録。両曲共にDEV LARGEによるMIX CD「MELLOW JAZZ FUNK」に収録。2曲共にここ日本でのみ、そして今回が世界初となる7インチ化。



ソングリスト
1 Like A Thief In The Night
2 Ocean Of His Might







●JOE THOMAS - O'DONEL LEVY / POLARIZER - I WANNA BE WHERE YOU ARE / ウルトラヴァイヴ / JPN / PPR006 / 4526180466185 / 7" / 1,620円(税込)

第1弾はGroove Merchantのカタログより。サンプリング・ソースとしても、ジャズ・ファンク、そしてヒップホップ・フィールドにも認知の高い名曲が3タイトルリリース。
Joe Thomasが1976年にリリースした『Feelin’s From Within』から、High & Mighty ”B-Boy Document”、D.I.T.C. ”Way Of Life”にてサンプリングされた「Polarizer」と、O’Donel Levyが1973年にリリースしたアルバム『Dawn Of A New Day』に収録され、PETE ROCK & C.L. SMOOTH ”GOOD LIFE”にサンプリングされ、DEV LARGEによるMIX CD「MELLOW JAZZ FUNK」、「FREEDOM JAZZ FUNK ”Mellow Storm”」に収録された「I Wanna Be Where You Are」。2曲共にここ日本でのみ、そして今回が世界初となる7インチ化。

ソングリスト
1 Joe Thomas / Polarizer
2 O’Donel Levy / I Wanna Be Where You Are







●SUNNA GUNNLAUGS / Ancestry / SUNNY SKY / 738 / 0640041073825 / CD / 2,484円(税込)

アイスランドの女流ピアニスト、スンナ・グンロイグスの2018年作。
クラシカルで耳馴染みの良い楽曲にメロディアスなソロが光る作品。フィンランドのトランぺッターVerneri Pohjolaも参加し随所にブルージーなテイストを加えた演奏を披露しています。

Sunna Gunnlaugs - piano
Verneri Pohjola - trumpet
Porgrimur Jonsson - bass
Scott McLemore - drums

ソングリスト
01Atlantic Lullaby 04:46
02Ancestry 08:28
03Spin 12 01:13
04Movimiento 02:23
05February 04:57
06January 06:16
07Spin 13 01:20
08A Major Deal 05:19
09Tricycle 05:52
10Emu 05:40
11Spin 14 01:32
12Wake Me Up Before You Go Go 04:30
13November 04:48







●コモン・オブジェクツ / SKULLMARKS / MEENNA / JPN / MEENNA-980 / 4589740823149 / CD / 1,944円(税込)

英国のハープ奏者、作曲家の Rhodri Davies が2005年に結成したグループ。

Common Objects
John Butcher(ss,ts)
Angharad Davies(vln)
Rhodri Davies(harp)
Lina Lapelyte(vln)
Lee Patterson(electronics)
Pat Thomas(electronics)

ソングリスト
1Skullmarks 36:48







●INGRID JENSEN - STEVE TRESLER / INVISIBLE SOUNDS: FOR KENNY WHEELER / WHIRLWIND RECORDINGS / 4729 / 4055388386570 / CD / 2,268円(税込)







●DIANA KRALL / LIVE IN PARIS & LIVE IN RIO / Eagle Rock / 5051300536770 / Blu-ray DVD / 3,240円(税込)







●NEW YORK STANDARDS QUARTET(NYSQ) / Heaven Steps to Seven / WHIRLWIND RECORDINGS / WR4727LP / 4055388386563 / LP / 3,780円(税込)

※LP
本場ニューヨークの正統派ジャズを最高クオリティで聴かせる人気ワンホーン・カルテット〝NYSQ〟2018年作が良質なコンテンポラリー・ジャズを多数リリースするWhirlwind Recordingsから登場。
説明不要、良質でストレート・アヘッドな演奏を今作でもたっぷり味わえるさすがの作品。

Tim Armacost - tenor & soprano saxophones
David Berkman - piano
Ugonna Okegwo - double bass
Gene Jackson - drums

Recorded January 11, 2017 by Michael Marciano at Systems Two Studios, Brooklyn, NY
Mixed and mastered February 24, 2018 by Katsuhiko Naito

ソングリスト
1If I Should Lose You 08:17
2Peace 04:12
3Cheryl 08:39
4Tonight 06:11
5Every Time we Say Goodbye 05:52
6I Love You 08:03







●IN COMMON / In Common / WHIRLWIND RECORDINGS / WR4728LP / 7061111633320 / LP / 3,780円(税込)

※LP / 180g
良質なコンテンポラリー・ジャズをリリースするレーベルWhirlwind RecordingsからグループIN COMMONの作品がリリース。
メンバーにはジョシュア・レッドマンやクリスチャン・マクブライドをゲストに迎えた強力な1枚「Twio」をリリースしたウォルター・スミス3世も参加しています。
鍵盤奏者がいないぶんビブラフォンとギターが面白いアンサンブルを聴かせてくれ、ありそうでなかったコンテンポラリーな響きが心地よい1枚。
現代ジャズ・ファンは聴いておいて頂きたい作品です。

Walter Smith III - tenor saxophone
Matthew Stevens - guitar
Joel Ross - vibraphone
Harish Raghavan - double bass
Marcus Gilmore - drums

ソングリスト
01freefive
02Unsung
03YINZ
04ACE
05foreword
06Baron
0713th Floor
08About 360
09Unconditional Love
10ACE [reprise]






●JOHN COLTRANE / Art Blakey's Big Band And Quintet / DOL / DOL752HG / 0889397217525 / LP / 1,944円(税込)

※LP / 180g / Gatefold
コルトレーンがサイドメンとして参加したことで有名な1957年のアート・ブレイキーのビッグ・バンドとクインテットの音源が180g重量盤でリリース。

Alto Saxophone – Bill Graham (tracks: A1, A2, B1 to B5), Sahib Shihab (tracks: A1, A2, B1 to B5)
Baritone Saxophone – Bill Slapin* (tracks: A1, A2, B1 to B5)
Bass – Wendell Marshall
Drums – Art Blakey
Piano – Walter Bishop, Jr.
Tenor Saxophone – Al Cohn (tracks: A1, A2, B1 to B5), John Coltrane
Trombone – Frank Rehak (tracks: A1, A2, B1 to B5), Jimmy Cleveland (tracks: A1, A2, B1 to B5), Melba Liston (tracks: A1, A2, B1 to B5)
Trumpet – Bill Hardman (tracks: A1, A2, B1 to B5), Donald Byrd, Idrees Sulieman (tracks: A1, A2, B1 to B5), Ray Copeland (tracks: A1, A2, B1 to B5)

ソングリスト
1Midriff
2Ain’t Life Grand
3Tippin'
4Pristine
5El Toro Valiente
6The Kiss Of No Return
7Late Date
8The Outer World
9Oasis







●NUBYA GARCIA / Nubya's 5ive / JAZZ RE:FRESHED / JRF00012 / 0090517000129 / LP / 2,484円(税込)

※LP
Nubya Garciaが2017年にリリースした「Nubya's 5ive」が限定200枚アナログ・リプレス!!
リプレス分も既にレーベル完売なのでご購入はお早めに!
これまでJoe Armon-Jones、Moses Boyd、MAISHAといった新世代UKミュージシャンの注目作品には彼女ありと言えるほど、精力的に活動をするサックス奏者Nubya Garciaが2017年にリリースした作品「Nubya's 5ive」がアナログ・リプレス。

直近では南ロンドン出身のプロデューサー、キーボード~トークボックス奏者キャメロン・パーマーによるソロ・プロジェクトSWINDLEの2019年発売予定最新作「NO MORE NORMAL」にも参加するなど、シーンを跨いで最先端で活動する注目のミュージシャンです。
本作にもJoe Armon-Jones、Moses Boydといった強力なミュージシャンが参加し、ジャンルを飛び越えたスリリングで刺激的、熱量の高い音楽を披露。まさに新しい何かが生まれている状況を見ているかのような素晴らしい内容。

こちらの200枚限定リプレス盤も既にレーベル完売ですので残念ながら今回のみの入荷となりそうです・・・。
2017年にリリースされた盤は海外サイトで高額で出品されており、調べてみると本2018年リプレス盤でさえ海外サイトで高く出品されている模様。少しでも気になった方はとりあえず確保を!

Joe Armon-Jones / Piano (all tracks)
Moses Boyd / Drums (all tracks)
Daniel Casimir / Bass (all tracks)
Femi Koloeso / Drums (1, 3, 6)
Sheila Maurice-Grey / Trumpet (1)
Theon Cross / Tuba (3, 6)

ソングリスト
1Lost Kingdoms 07:38
2Fly Free 09:41
3Hold 07:09
4Contemplation 09:56
5Red Sun 08:17
6Hold (Alternate Take) 05:29


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter


新宿ジャズ館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す