【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

久しぶりの更新です!
濃ゆ~ぃ先輩たちに、あれを聴け!コレを聴け!と教えられている毎日ですが、
だんだんと仕事にもジャズにも慣れてきまして、最近は査定にも挑戦しちゃうんです!

P6020001.jpg

・・・ふぅ、やればやるほど査定って奥の深いものなんですね・・・。
状態や人気も大事ですし、時間内に仕上げなきゃいけないのも大変です!
・・・でもでも、買取価格にお客様が満足して頂いて、そのCDが他のお客様に喜んで買って頂ける・・・
そんな光景を日々見ているのが楽しい!幸せ!きゃー!!!
今ディスクユニオンではCD・DVD10枚まとめてお持込頂くと、通常の買取価格に20%プラスするキャンペーンを実施中(6/4月まで)ですので、是非ご来店お待ちしております!

さてさてそんな私の今日のお気に入りは
じゃーん。

wayne.jpg

WAYNE SHORTER SECOND GENESIS !!!!!!!!!!!!

もう曲が全部ステキなんですけど。うっとりです。
ショーターって作曲もすごいんですね。きっとロマンチストなんですね。
スタンダードも最後の「時さえ忘れて」なんて、最初聴いたときは、あのソニー・クラークやMJQの曲と同じとは気がつきませんでした。と----ってもスロ-テンポなんです。
先輩スタッフにそう感想を述べると、
「これがショーター・マジックって言うんだ。覚えときな!」と何故か怒ったように言われました。
その先輩はCDがかかっている間、
ニヤニヤしたり・・・
ぁぁ、チクショウスゲェ(小声)・・・とか呟いてるんです。

ふーん。
何だか良くわかりませんが、きっとみんなショーターが大好きなんですね!
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

Jakob Bro(g), Ben Street(b), Nasheet Waits(ds)!!
すげぇっす!

ヤコブ・ブローのギター・トリオでデンマーク・ツアーが終わったようですが、
そのライブ録音、リリースされるかも!!
http://www.jakobbro.com/index.php
それは出した方がいいっす。出さなきゃもったいないっす。

nasheet26b.jpg
ナシートいいなぁ。
今日ちょうどgreg osby聴いてたので嬉しくてしょうがないっす。

------------------------

Jakob Bro参加、Søren Kjærgaardのグループ、
バンドアパートの新曲がmyspaceで聴けました。
http://www.myspace.com/bandapartdk

ライブじゃなく、スタジオ録音っぽいですね。
特にノーインフォなんですが、新譜が出るのですか?

bandapart / bandapart / ilk
bandapart.jpg

--------------------------------------

jakob bro のグループBeautiful Dayのライブ盤が
loveland recordsより7月あたりにでるでようです。
http://www.lovelandrecords.dk/

beautiful day / live at sun ship / loveland records
beautifulday2.jpg

試聴可でした。
http://www.myspace.com/jakobbro
ループがいい感じです。とてもまったりします。とおくのものがよく見える時の気分です。

別の曲もこっちで試聴可。
http://www.myspace.com/lovelandrecords


------------------------------------------

jakob bro とは無関係ですが、
ilkレーベルからchris speed参加作が出ます。

http://www.ilkmusic.com/album.html?id=85
media.jpg
Buffalo Age / "Buffalo Age" / ILK

Peter Bruun(ds)のバンドです。
media-1.jpg

トランぺッターのJakob Buchananの作品" i "で
クリス・スピードが参加してましたが、
そこで一緒にやっているilkのおもろっこいドラマーです。
インドで修行したらしいです。

070302 jakob bro 6.jpg


cspeed.jpg
クリス・スピードもいいなぁ。
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

あの~、そろそろマーク・ターナーのお話に戻られては・・・?

Yさん「そうですね。どこまでいきましたっけ。」

でてきたぜ、ボストンチームでシーマスのザ・コールです。

070501seamus.jpg

Yさん「そんなボストンチームを刺激するリアル触媒が
NYにはいたわけですよ。すごいですね。」

えと、何年の話でしたっけ?

Yさん「93,4年ですね。」

リアル触媒といいますと・・・まだ話に出ていないメルドーやブライアン・ブレイドとか?

070501brad.jpg

070501brian.jpg

Yさん「ですね。ですから、まぁスモールズ組という事です。
もちろん、この瞬間みんな既にメジャーデビューをしてるんですけどね。」

メジャーデビューですか?してますか!?

Yさん「だって、ムード・スィングでてますから。」

Joshua Redmanの「Mood Swing」って何年録音ですか?

070501moodswing.jpg

Yさん「94年の3月です。すごいんです。この人たちは。だらだらしてないんです。
学生からプロになって1年もしないうちにメジャーレーベルにレコーディング・デビューですよ。」

おー、すげーっす。

Yさん「新生ブルーノートでプロデューサー・デビューしたMatt Piersonが、
ワーナー・ジャズの副社長になるあたりは、押さえてありますよね?」

押さえるですか?押さえる?・・・さっぱりです。

Yさん「私は90年代のクリード・テイラーと彼の事を呼んでいます。」

(Creed Taylorとは、CTIの設立者。スタッフ・ブログ「Creed Taylorって」参照。)

Yさん「John ScofieldのBN作、『Time on My Hands』、『Meant to Be』なんかも彼ですよ。
Kenny Garrettの『Triology』をしかけてるのも彼です。
そして、もちろんこのムードスィングを作ってるのもマット・ピアソン!」

おー、名盤ばかり!

Yさん「彼はその後、Brad Mehldauの『Art of the Trio』シリーズのプロデュースもしますし、
なんといっても我らがMark Turner『In this World』も作るわけです。」

ついに出てきましたね。

070419in.gif

Yさん「マーク・ターナーのワーナーでのリーダー作を振り返ってみましょうか?」

はい。

Yさん「マーク・ターナーのファーストはマット・ピアソンじゃないんです。」

マーク・ターナー自身のプロデュースですか?

Yさん「いやいやいや、違うんですよ。Criss CrossのオーナーであるGerry Teekensなんです。」

!?

070501criss.gif

Yさん「クリスクロスで録ったものをワーナーが買ったんでしょうね。」

そういわれれば、内容もそういう雰囲気ありますね。

Yさん「ジョシュアで成功し、さらにはブラッド・メルドーで成功したマット・ピアソンが、
次にマーク・ターナーで三匹目のドジョウを狙ったわけです。」

ほー。

Yさん「めちゃめちゃ気合いの入ったレコーディングを企みますよね?」

!つまり、マーク・ターナーの1作目はマット本人が手がけていない・・・、
そしていざマットがマーク・ターナー作をプロデュースをする次作「in this world」をどう展開するか・・・?!

Yさん「マット・ピアソン人脈、総動員です!
マット・ピアソンらしい選曲であるビートルズ・カバー、
『She Said, She Said』のクレジット見てください。」

えっと・・・ブラッド、ラリー、ホルヘ、カート・・・これは「Yam Yam」と一緒じゃないですか。
・・・・・・あ!ブ、ブライアン!!ツイン・ドラムだ!!全員集合だ!!集めすぎだ!!

Yさん「です。」

おぉーー、「in this world」のメンバーに大変納得いきました!おもろいっすねー!

Yさん「イン・ディス・ワールドについてはこんな感じでしょうか。」

!いえいえ、人選はよくわかりましたが、内容、マーク・ターナーについてが語られていませんよ!
せっかくここまでテナーの歴史を追ってきたのに!それにカート!カートを語ってください!

070501kurt.jpg

Yさん「カート・・・イン・ディス・ワールド側から見ると、カートは説明しづらいですね。
マット・ピアソンはヤムヤムの先というかムード・スィングの先を作りたいわけですよ。
カート・ミュージックとは違うんですよね。」

(ここで、おもむろに「in this world」をかけはじめるYさん。)

Yさん「すばらしいですね。このマーク・ターナーとブライアンの絡みは相当ディープですね。
でもマット・ピアソンはメルドーとブライアンの絡みをもっと作りたいと思うんですよ。
メルドー&ブライアンでトリオを組ませたかったマットは大失敗してますからね。」

大失敗ですか?それはBrad Mehldauの「introducing」ですか?

Yさん「メルドーはやっぱりホルヘを選んだわけで。
マット・ピアソンとしては常々ムード・スィングの亡霊にとりつかれているんでしょう。」

あぁー、そういわれたら、まぁ・・。

Yさん「聴き所はそこでしょうかね。もちろんこれはマット・ピアソン目線ですけど。」

・・・もっとマーク・ターナーに触れてほしいのですが・・・・。
この後もYさんはマット・ピアソンについて小一時間しゃべり倒しました・・・
・・・次回につづく!
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

Paul Motian Trio 2000+Two 「Live at the Village Vanguard Vol. 1」
すっごい新譜がこれからでます!

http://www.winterandwinter.com/index.php?id=49

070501paulmotian.jpg

Paul Motian(ds), Chris Potter(ts), Larry Grenadier(b)
+
Greg Osby(as)
Masabumi Kikuchi→菊地雅章(p)

おぉおぉおぉ!プーさんとグレッグ・オズビーがゲスト参加ですよ!

Y「+2です。プーさんとオズビー、一緒にやってるわけです。」

国内盤が5月25日発売予定です!
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

ジョー・ロヴァーノが素晴らしい事はわかりましたが、
マーク・ターナーのお話を聴きたいです・・・。

Yさん「・・・もぉぉうちょっと待ってください。」

えぇ!ま、まだですか?

Yさん「90年代テナーを捉えるにあたり、
押さえてもらわないといけないものがあるんです。」

は、はい・・・。

Yさん「それの1つがジョー・ロヴァーノです。」

その他って何ですか?

Yさん「ジョーヘンとブランフォードです。」

070419joehen.jpg

お、おぉ!そこまで広がりますか?!

Yさん「広がってません。逆です。ピラミッドの頂点です。」

はい。

Yさん「まぁ、作品名でいいですかね。そんな長くならないですよ。
まずはJoe Henderson『State of the Tenor』。・・・ちゃんと聴いてますか?

聴いてますよ!

070419joehen2.jpg

Yさん「ホントですね?じゃあ一曲目は何ですか?ベアトリスなんですけどね。」

・・・・じゃあ、そんなに聴いてないっす。

Yさん「じゃあ聴いてください。」

・・・わかりました。では、ブランフォードは?

070419Branford.jpg

Yさん「すべてです。そう、もちろんスティングのも、パブリック・エナミーのも。
カルチャー(文化)として捉えてください。」

パブリック・エナミーの何ですか?

Yさん「『ファイト・ザ・パワー』のパワー・サックス・ミックスはやばいです。」

・・・全然わからないです。

070419power.jpg

Yさん「ヒップ・ホップです。メイシオ・パーカー路線のアルト・サックスを
左右のチャンネルに分けた怒涛のソロが聴けるんです。
Steve Coleman『Sine Die』の一曲目のアルト・ソロよりもすごいんです。
Branford Marsalisは最高のアルティストです。」

お!ブランフォードといえばテナーですが・・・
そもそも、ここはテナーの話ではなかったのでしょうか?

070419branford2.jpg

Yさん「・・・ごめんちゃい。
いえ、アルトもすごいって意味です。ブランフォードは本当にすごい木管奏者です。
・・・テナー・サキソフォンで何をすればかっこいいのかを模索する才能技量溢れる学生達はすんげー興奮したと思いますよ。
70年代後半から80年代後半まで続くコルトレーンもどき奏法にがっかりしていた所に
リアルタイムでジョーヘンやブランフォードやロヴァーノやガゾーンを目の当たりにするわけです。」

も、もどってきた!話がもどってきた!

070419in.gif

Yさん「奏法にはもちろんフレージングってのもありますが、音色ってのもありますよね。」

はい。

Yさん「それまでのコルトレーンもどぎはみんなメタルのマウスピースを使っているわけですよ。
それがみんなラバーのマウスピースを使うようになるのもこの頃ですかねぇ。これも良い一例じゃないですか。」

脱コルトレーンですか。

Yさん「一番わかりやすいのはジョシュアですかぇ。初めて聴いた時、
現代的なのにコルトレーン以前のテナーマンの匂いをさせていたんです。
脱コルトレーンの話でちょっと言いたい事があるのですが、
ケニー・ギャレットっていますよね。彼ってこの理論の全く逆なパターンだと思うんですよ。
脱アルトっていうよりアルトでテナーやるって感じに聞こえません?」

・・・ブロゥとか多いですし、コルトレーン・アルバム作ってますしねぇ。

070419kenny.jpg

Yさん「アルトのテナー化についてのお話でした。」

う~~ん・・・なんとなくわかってきました。「in this world」の前、
というかマーク・ターナーに触れる前にこの話が必要な意味合いが。
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

JAZZ THE BEST¥1100-シリーズ・ブログ第2回

モダン・ジャズ・クァルテット/ジャンゴ

P4140008.JPG

みなサマ【JAZZ THE BEST¥1100-シリーズ】は、ご覧になりましたか??
まさに、今聴いてるョ!という方がいたら、泣きながら喜びます(≧∇≦。)

さっそく第2回目の今日は、≪モダン・ジャズ・クァルテット≫の≪ジャンゴ≫というアルバムを聴きました~

d.jpg


アルバムの1曲目は、ぁの有名なギタリスト『ジャンゴ・ラインハント』に捧げた曲だそうです!!

ミルト・ジャクソンのビブラフォンが中心の癒しサウンドに仕上がっています♪♪
クラシックの要素を取り入れた曲もあり、週末はこのアルバムを聴きながらティータイムなんていかがでしょう(^▽^)☆
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

P4110003.JPG

今日からディスクユニオンで働くことになりました!
これからジャズをいっぱい聴いて、勉強します!
そんな私にぴったりのCDが「JAZZ THE BEST ¥1,100」シリーズ
ジャズの名盤が国内盤で100タイトルも揃って出てるんです!
お値段も¥1,100とチョーお買い得!

沢山ありすぎて迷ってしまいますが、私の今日のお気に入りはこれ↓

p.jpg


スタンゲッツの初期の名盤なんですって!
大人の雰囲気があってどきどきしちゃうんです。・・・

これからも気に入ったアルバムを紹介しますので、よろしくお願いします!
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

88、89年のボストンが50年代のNY52丁目のようだった、
それはなんとも想像力をかきたてるセリフですね。
ジョシュア・レッドマン、マーク・ターナー、
シーマス・ブレイク、クリス・チーク、
そんな群雄割拠っぷりが興奮します。

Yさん「ところで、ジョー・ロヴァーノは聴いてますか?」

070411JOE LOVANO 2.jpg

なんとなくしか把握してないです・・。

Yさん「ジョー・ロヴァーノ、ジョージ・ガゾーンこそ
そのマーク・ターナーらの世代のフレーズのネタですよ」

え、そうなんですか?
あんまりそんなイメージは持ってなかったです。

Yさん「ジョンスコ・バンド、John Scofield(g),
Joe Lovano(sax), Dennis Irwin(b),
Bill Stewart(ds)はすごかったんですよ。
ジョー・ロヴァーノがそのバンドのある時期に化けるんです。」

化ける?といいますと成長したという意味ですか?

070411 JOHN SCO.jpg

Yさん「そうですねー、92、93年・・それまでのロヴァーノって
ちょっと・・難しすぎるというか、
モチアン・トリオを聴いててもそう思いませんか?
もちろんそれまでもロヴァーノなんですけど、
それがある時期からすごい所に到達するんですよ。
めちゃくちゃ唄いまくるんです!
わかりやすい点ではフラジオ入れてくるんです!」

フラジオ?ってなんですか?

Yさん「高音を出すサックスの技です。」

あー、そうですね、ロヴァーノよくやりますね。

Yさん「どう考えてもジョシュア・レッドマンからのパクリっしょ。」

!!?ど、どういう事ですか!?ロヴァーノ先生が生徒から盗用ですか?

070411 JOE REDMAN.jpg

Yさん「後輩が先輩の技を盗むだけじゃだめなんですよ。
下から上もあれば、上から下もあるんです。
かっこいいなー、ロヴァーノ。もちろんジョシュアも。
人生日々是勉強。」

おもしろいですね。

Yさん「その辺りの事はPAUL MOTIAN TRIOの
『AT THE VILLAGE VANGUARD』や
070411 MOTIAN.jpg
『Sound of Love』
070411 MOTIAN 2.jpg
を聴いて下さい。
あのポール・モチアン・トリオがこんなに、こんなに、
溢れ出るメロディ、メロディ&メロディ。

CDとして聴けなくて申し訳ないのですが・・・
93年のモントルーでのジョンスコ・カルテットでのライブ
『MEANT TO BE』って曲でジョンスコとロヴァーノが絡み合い
もつれ合うメロディ、メロディ&メロディ。

ロヴァーノ、化けちゃったわけです。
もちろん、ひどいのがよくなったというわけではないんです。
リアルタイムでよりすごい高みにいったのを体感させてもらいました。」

といっても、このへんのジョンスコって手に入りませんよねー。

Yさん「ちょうどいいDVDがありますよ、92年なのでまだ化けきってないですが、
John Scofield 『LIVE IN MONTREAL』。それでも必ず見といてください。」

070411 JOHN SCO DVD.jpg

Yさん「現在ではギターとサックスのカルテットというのが当たり前に感じてるでしょうが、
ジョンスコ&ロヴァーノあってのことなのです。」

おぉー、そうですねー・・へぇー!

Yさん「でも、既にロリンズ&ジム・ホールがやってましたけど。」

・・・・そうですねぇー。おもしろいっすね。ジャズ。


つづく・・・
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

作品は知っているのだけれどもリアルタイムでは知らなかった90年代ジャズ、
当時のメインストリーム・ジャズに詳しい新宿ジャズ館スタッフ「Y」さんに聞いてみた所、
他ではあんまりお目にかかれない面白い話が聞けたのでご紹介です。


in_this_world.jpg
Mark Turner / in this world

「Mark Turnerの「in this world」って当時は売れたんですか?」

Yさん「世間的にはあまり売れてないよね。」


意外にもあっさり答えるYさん。しかし、私は知っている。
Yさんがこの作品をこよなく愛していることを!


「え?すんごいメンバーじゃないですか?Brad Mehldau(p)にKurt Rosenwinkel(g)、
Larry Grenadier(b)、Brian Blade(ds)、アーンドJordi Rossy(ds)。
誰をとっても今や第一線のヒーローたちなのに!」

Yさん「まぁ新宿ジャズ館では売りましたけどねぇ。」

「でも当時のジャズ界に激震を与えたとか・・・。
今のジャズの手本となった作品だと思ってました。
みんな聴きまくって真似したんじゃないのですか?」

Yさん「そうですか?例えば真似た作品って何ですか?」

「・・・・うーん、なんか・・Fresh Sound New Talentの
ギター入りの作品で・・・漠然としたイメージなので、困っちゃいますが・・・。」

Yさん「そういう意味なら分かるけど。
特に「In This World」が、先陣を切ったわけではないと思いますよ。」

「え!・・・そうなんですか。」

Yさん「えーと、当時は、○△■#○△■#※。」

「すいません、何がなんだかさっぱりです・・。」

Yさん「そういうものです。歴史は続いているんです。
そのあたりを当時のボストンの話からしてみましょうか。」

「ぜひ!」

1088.jpg
Seamus Blake / The Call

Yさん「じゃあ、Seamus Blakeの「The Call」、94年。
この辺りから始めるのがわかりやすいんじゃないですか?
このバンドはすごいですよ。
John Scofieldがこのアルバムを聴いて、
メンバーまるごと頂いちゃったぐらいです。」

「?いただく・・?」

Yさん「ジョンスコはカートを除いた他メンバー、
ケヴィン・ヘイズ、シーマス、ラリー、ビル・スチュワートの
クインテットでツアーを回ったんですよ。新宿ピットインでも演りました。」

「ほぇ~~、すげぇ・・。」

Yさん「もちろんジョンスコのブルーノート本気ジャズ時代を支えた
ビル・スチュワートつながりではありますが。」

「あ!そういわれれば、ジョンスコのブルーノートからだしてるその辺は
既にビル・スチュワートですね」

Yさん「だからザ・コールを聴いたジョンスコからしたら、
『いいねーこれ、ってあれ!?、ウチノトコノ、ビルガイルヨ!』って感じじゃないですか?」

「おー、それはおもれぇっす。」

Yさん「ビル・スチュワート早熟天才、っていうかそれを見つけるジョンスコ天才、
ていうかマイルス天才」

「は、はい・・。」

Yさん「まぁそんな「ザ・コール」、
『ニューヨークさでてきたど、チーム・ボストン』って感じですね。」

「ボストン・・・?ええと、バークリーとかそんな感じですね。」

Yさん「バークリーとかNECとかの人脈です。
この「The Call」のライナーにシーマス本人のいい感じの言葉が書かれてるんですよ。
ボストンの88年&89年はあたかも50年代のNYの52丁目のような状態だったと。
セッションしまくりだったんですね。どんな人達とかというと、
えーと、ここに書いてあるのは、Kurt Rosenwinkel, Geoff Keezer,
Roy Hargrove, Anthony Hart, Mark Turner, Joshua Redmanたちですね。」

「すごいメンツです・・・。」


つづく・・・
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

「ちょい悪おやじ」に憧れる「BRIO」な方々にとっての精神的バイブル「男の隠れ家」11月号の特集はジャズを巡る旅!

PA080002.JPG

全国各地のジャズのメッカが紹介されていて、その中に我がディスクユニオン新宿ジャズ館も紹介して頂きました!わーい!

PA080003.JPG


ただのジャズガイドに留まらない読み応えのある特集になっていて、ジャズファンにはたまらない出来と思います。これを読んで新たなジャズファンも増えてくれると嬉しいですね。

蛇足ですが、個人的に面白かったのが中平穂積さんがブルックリンのフレディ・ハバード宅を訪問した時のエピソード。

フレディ家のラジオからトランペット流れていて、フレディが当時4歳!の息子に訊ねます。
フレディ「これは誰?」
息子「これはパパじゃないね。リー・モーガンだ!」

とまぁこんなやりとりがあったそうです・・・。
何年もジャズを一生懸命聴いてきて、ブラインドではいまだにフレディとリー・モーガンを間違える・・・どころか「アート・ファーマー?」とか気弱に答えてしまうダメ耳な私には「ツボ」でした・・・。
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter


新宿ジャズ館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す