【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

今日は何と言っても、ワールドカップ日本戦初戦!!
月一回はフットサルをやるというジャズ館スタッフのKさんも興奮気味です。


K「カ・リ・オ・カ!!カ・リ・オ・カ!!」


今日の対戦相手はオーストラリアですよね。
オーストラリアって強いんですか?


K「強いよ。だってジョー・チンダモがいるもん」


え?!あの、ピアニストのですか?


K「まーねー。でも一人じゃサッカーはできないからね。他にいるのはー・・・マイク・ノック?」


え?!また、ピアニストですか?!


K「このオーストラリアのツートップは日本のジャズ・リスナーにとって脅威だよ。
何にしても勝つには相手国の事を知らなくちゃいけないからね。
チンダモなら子供ジャケは聴かないと。激レアだったからね。」


CHINDAMO.jpg
JOE CHINDAMO 「ANYONE WHO HAD A HEART」


・・・確かにあのアルバムは手強いですね。
じ、じゃあ、これに対して何をもってくれば日本は勝てるんですかね。


K「司令塔に「祭りの幻想」かな。激レアだったからね。」


祭りの幻想.jpg
白木秀雄「祭りの幻想」


奇跡の復刻対決ですね。
日本にもいいプレイヤーがたくさんいるから、きっといい結果が残せますよ。


ワールドカップ.jpg
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

カート・ローゼンウィンケルがあのトニーニョ・オルタと「トニーニョ・オルタ&カート・ローゼンウィンケル・プロジェクト」なるグループで来日する。
ベン・ストリートがベースで、Robertinho Silvaがドラムということでもわかるように両リーダーがイーブンのバランスでイニシアチブをとる模様。

パット・メセニーが参加したトニーニョ・オルタの「Toninho Horta」という作品がありました。

B00008VHBN.09.MZZZZZZZ.jpg

この「トニーニョ・オルタ&カート・ローゼンウィンケル・プロジェクト」ライブだけでなくアルバムもリリースしていただけると嬉しい限りなのですが。

th.jpgkrosenwinkel2005_2.jpg
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

ブルーノート東京様よりご招待を受けまして、昨日、ルー・ドナルドソン&ロニー・スミスのライブに行ってきました!!
 
いやあ、楽しかったです。オルガンが三度の飯の次くらいに好きなので、ロニー・スミスをどうしても聴きたかったのですが、やっぱり最高でした。黒いターバンに黒いベストがおしゃれで、肩をいれて斜めに体をゆすりながら繰り出すファンキーフレーズの嵐!!途中、鍵盤に何かをはさんでルートの音を鳴らしっぱなしにして、手放しでおどけてみせたり、突然しゃがんだかと思ったら足鍵盤を手で叩きながらベースソロとしゃれこんだり、しまいには舌でオルガンを弾いてブレイクしてみたりとやりたい放題!!


ろにー.jpg


 リーダーの御大、ドナルドソンのエンターテイナーぶりも楽しい!"WHAT A WONDERFUL WORLD"ではテーマだけちょこっと吹いて、後は若手ギタリストのソロをフューチャーし、最後にサッチモのモノマネをしておいしいところをさらったり、一日中ウイスキー飲んで暮らしてる女性のことを歌うブルースでは、自らファンキーボイスで唄って見せたりとこちらももうどうにでもして状態。しかし、ソウフルフルなフレーズをたったワンフレーズ吹いただけで空気を変え、会場中がため息で埋まったり、チェロキーでは全くのドソロで高速パッセージを吹いてみせ「どうだ、まだまだ吹けるだろう!!」といった貫禄のある振る舞いはさすがといえます。

ぶるーす.jpg


最後はブルーノートのヒットパレードてんこもりで、お約束の「アリゲーター・ブーガルー」に「ミッドナイト・クリーパー」とサービスしまくっていました。もちろん、ロニー・スミスのロングソロもあり、もう言うことなし!!復習としてひさびさに上記2作品聴いてみました。ライブの方は明日までやっているようですので、ファンの方は是非足を運んでみてください!!


ぶーがるー.jpg

みっどないと.jpg
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

この前、ウェスのオーケストラと一緒にやっている演奏を聞いて、せつなくなっちゃいました。
ウェスはなんでこんな事をさせられてるのかなーと・・・。
なんででしょう?ウェスは好きでやってたんですか?


K「前回もいった通り、家族愛です」


家族愛・・・?


K「まず時代性があるけどね。ポップスのヒットチャートに入らないと。」


そんなに売れてたんですか?


K「すごい売れたんだよ。だってママス&パパスでしょ」


ママス&パパス?


K「夢のカリフォルニアだよ。そりゃー、売れるでしょ。
前も言った通り、ウェスは7人の子供がいるのよ。
レコードが売れないと大家族が養えないからね。」

CALIFORNIA DREAMING.jpg


あれ?ウェスって最後はお金持ちになっちゃうんですか?


K「・・・さぁー、実際どのぐらい儲かったかは知らないけど
「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」は20万枚売れてるね。でも、いざライブをやったら
今までジャズを聴いた事なかったお客さんばっかり来て、
ウェスがソロとか弾いてもお客さんはよくわからない顔になってたらしいよ。
「ママス&パパス弾けー!!」って感じで帰っちゃったみたい。
ウェスも本当に悩んだ時代だね。」

アデイインザライフ.jpg


ほー!ビートルズ状態ですか。


K「世の中ではビートルズ状態っていうのかもしれないけど、正式にはウェス状態。ジャズをやればポップス客が帰り、ポップスをやれば生粋ジャズ・ファンに罵倒される。屈辱だよね。ステージで野次られるっていうのは、プレイヤーにとってはパンツ脱がされるぐらいの屈辱だよね。だからといってもクオリティが低いわけではないから。おれの意見だと、リバーサイドの頃よりヴァーブ、A&Mの頃の方が歌ってるよ。バックがオーケストラだろうがコンボだろうが、ウェスを聴きなさい。ともにうたいなさい。残さず食べなさい。」


最後にウェス・ファンとして一言をお願いします。


K「えー・・・・・。愛なしに、天才は現れない・・・」


ありがとうございました。
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

先日レコードプレイヤーを新調して嬉しくなり、この休日は手元のアナログ盤をとっかえひっかえ遊んでおりました。
年末に出たFONTANA/PHILIPSの復刻盤を満喫した後は、いわゆる録音名盤なるものを試してみたりしながら、我が家のショボショボシステムもなかなかやるじゃん!と悦にいる私を呆れ顔で見つめる嫁と1歳になる娘なのでした。とほほ・・・。

それはさておき、普段新品CDフロアにいる私は現代の新録CDのもの凄い音に慣れ親しんでおります。
それはもう技術というのは日進月歩で、それこそCDウォークマンで聴いても凄い録音は目白押しなのでちょっとやそっとのアナログ音源には驚かされない覚悟だったのですが、いや~凄いものは時を越えて凄い。技術うんぬんじゃなくて、エンジニアもアーティストだった時代の産物のクオリティには脱帽です。

最初にかけたのが、PROPRIUS盤の「JAZZ AT THE PAWNSHOP」。
Jazz_Pawnshop_prcd7778.jpg
私のは重量盤の2枚組再発です。
のっけからぶっ飛んでしまいました。スウェーデンでのライブ録音ですが、
会場がそこにあるっ!他のお客さんが回りにいるぅ!
一見ナチュラルな録音のようですが、相当誇張されたエンジニアの作為を感じます。熱気溢れる演奏の素晴らしさは言うまでもありません。特にLARSERSTERAND最高!

次は同じくスウェーデンのOPUS3レーベルの「KNUD JORGENSEN JAZZ TRIO」。
KNUD.jpg
去年の暮れに出た再発盤。
1984年録音のピアノトリオですが、80、90年代のジャズの再評価が高まる昨今、嬉しい再発でした。
B面が好きなのでそちらを。うーん。イントロのピアノの絶妙なトーン。ベースの深い響きとドラムのブラッシュワークの伸びの良さが素晴らしい。こういった一見地味な音源は、初心者マーク+赤ちゃん乗ってますステッカー付の私の装置より、黒塗りベンツ+怖い人乗ってますシステムをお持ちの猛者の方にこそ是非聴いて頂きたいです。

次に日本の誇るオーディオラボから西条孝之介の「WEST 8TH STREET ON CASTLEAVE.vol3」。
657.jpg
冒頭の「SKYLARK」を聴きましょう。ピアノ、テナー、ベース、ギターの全ての音色が甘くふくよか。
温かく包み込むようななサウンドステージでありながら、各ソロパートではロウソクにポッと火が灯るようにプレイヤーが浮かび上がります。生々しいとか、リアルとかの形容は正しいのでしょか?
現場の入間市民ホールに居たとしてこんな体験が出来たかどうかは謎です。

いよいよ、エバンスの「WALTZ FOR DEBBY」。
debby.jpg
ANALOG PRODUCTIONS盤です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・あ、絶句しちゃいました。
思わず演奏の凄さに聴き入っちゃいました。これはいつもそうです。ちょっと本を読みながら聴いたりしていると、片面が終了したのに1ページも進んでいないなんてことはしょっちゅうです。
右チャンネルのエバンスと左チャンネルのラファロ、モチアンがテンポアップしながら絡み合い、エバンスがソロパートで飛び出す瞬間の飛翔感。真っ暗な空に激しく上下動しながら錐もみ旋回していくエバンスを、ラファロが稲妻のようなベースの切り込みで瞬間、瞬間くっきりと照らし出す。
鮮やかにテンポチェンジしてラファロのソロパートが始まると、稲妻の光源が暗闇に姿を表しフレアを撒き散らしながら暴れ回る。
二人の暴君をまとめようと冷や汗たらたらで懸命にリズムキープするモチアンがいなかったら破綻寸前の凄いプレイの連続です。ヴィレッジヴァンガードのステージは狭く、音空間もナロウなのにほとばしるパッションの凄まじさ。当時のエバンストリオは一般的人気とは程遠く、彼らの音楽を正しく理解し、支持していた人間はそう多くなかった筈ですが、このエンジニアはスポットライトを自在に操るような確信犯的な仕事で彼らの音楽の本質を伝えてくれます。



いや~、アナログって凄いですね。楽しいですね。CD派の方も機会があったら聴いてください。
あ、勿論LP派の方も現代の新録CDの異次元の音をお忘れなく。音楽は現在進行形で進歩を止めません。
また機会があれば、新録CDの好録音盤の紹介やヴァンゲルダーについても書いてみたいと思います。
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

好評を博していたウェス・モンゴメリー編ですが、
今回はKさんがお休みのため一休みです。

以前書いた通り自分のハンク・モブレー好きを再発見して以来、
けっこう聴いた事のなかったモブレーのアルバムとか聴いてます。

reach out.jpg




ジャズの聴き方は人それぞれ、楽しみ方もそれぞれ。
私は、演奏者になりきる派です。
聴きながら自分も心の中で一緒に唄っちゃうわけです。
口に出してもいいですけど。
集中して聴くと目を閉じて体が動くもんで、周りの人には心配されます。

ハンク・モブレーはというと・・・ご存知の通り全く奇を衒ったりしません。
でもモブレーは大好きです。なんといってもあの唄いっぷり!

all star.jpg


モブレーのすごい所は、普通よりちょっとリズム的後ろに音を出すあの感じ。
繰り返される小節の中で、モブレーが吹く前までは、
そこに音はなかったなーというリズム的ミクロな場所に、
何のムリもなく、優しく自然に音を置きます。
たぶん彼の中では「自然に唄う」という行為が
「そのリズム感」とイコールなんでしょう。
そりゃあ、これだけリズム的な表現力があれば、唄いに唄えるわけですよ。


そんな事を再認識するきっかけになったのは
前も書いたHank Mobleyの「Hank Mobley」2曲目
「Falling in Love with Love」のモブレー・ソロ。
これが好きすぎて・・・もう相当幸せな気持ちになります。

hank mobley.jpg



アルバムとして猛烈に好きなのが「Mobley's Second Message」。
どの曲も相当好きですが、5曲目のスロー・バラード「I Should Care」、
曲が始まって7分後、モブレーの登場はないと思い始めた頃に彼はやってきます。
このテンポの曲でのモブレーは模範的絶品ですねー!

second.jpg



ちなみにモブレーは70年代はご病気でほとんど活動していないようで、
86年にお亡くなりになっています(享年55才)。
80年にTete Montoliu「I Wana Talk About You」で一曲だけ参加(「枯葉」)、
たぶんこれが最後の演奏ではないかと思います。
内容は・・・病気で楽器から遠のいていたのでしょうね・・・。

g55698cxuox.jpg
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

WES BUMPIN.jpg

今回もスピリチュアニストKさんによる
ウェス・モンゴメリーおもしろ話」を伺いたいと思います。

K「ウェスは~・・・、あれじゃん、お酒を飲まない、ドラッグをしない、
  浮気をしない・・・その代わりにチェーン・スモーカーだからね。」


まじめなんですね。


K「当時のミュージシャンの中でもなかなかいないんじゃない。
  それだけタバコを吸った人は!」


タバコですか。


K「写真を見てもほとんどタバコをくわえてるでしょう。
  演奏しながらくわえてるし、あれはたぶんゴハン食べる時もくわえてただろうね。」


それはないんじゃないですか。

WES DAY.jpg



K「40半ばという若さで突然死んじゃうなんて、
  まわりのみんなは本当にインクレデイブルだったと思うよ。」


・・・。


K「もちろん今のはインクレディブル・ジャズ・ギターにひっかけたからね」


なんとなく察しました・・・。何か音楽的な事とか語りましょうよ。

WES INC.jpg


K「そうねぇ、前から思っていたんだけど・・・、」


はい。


K「ウェスとジョン・コルトレーンって共演してるでしょ。」


あれ?ウェスは誘いを断ったんじゃないんですか?


K「断ったよ。でも一度共演したあとね。」


へー、それは知りませんでした。


K「コルトレーンにドルフィーとかがいるような時期ね。
  音源はたぶんないんだけど、その後に「コルトレーンが続けて
  一緒にやらないかい」と誘ったのを、ウェスはお断りしたのね。
  その時の言葉が、何だっけなー「コルトレーンとやるには
  僕はまだ実力が足りないよ」みたいな事を言うのよ。
  もう菩薩の域だよね。いや、菩薩は修行中になるから、如来の域だね。」


そう思うと、すごいですよね。コルトレーンと共演なんて・・・。


K「そう、それですよ!それが気に入らないとこね!」

WES PO.jpg


え?


K「みんな「コルトレーンと共演」っていうけど、おれが思うに「コルトレーンは
  ようやくあのウェスと共演できた」わけ。
  当時のモンゴメリー・ブラザーズっていったらクラブじゃ引っ張りだこですよ。」


ははー、そうなんですか。


K「これコルトレーン・ファンに怒られないかな。まぁ、いいけどね。
  つまりコルトレーンもウェスに・・・インクレデイブル?だったわけ。」


そうなんでしょうねー。ところでインクレディブルってどういう意味ですか?


K「驚いたってわけ。当時の人はもう、ぶったまげたんだと思うよ。
  今に言い直すと、ツチノコをみたぐらい。」

WES INC.jpg


いやー、ありがとうございました。
まだまだこのウェス話は尽きないご様子・・・続く!!W!!
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

本日は新宿ジャズ館のスピリチュアリスト、Kさんを招いて学ばしてもらおうと思います。
Kさんといえばウェス・モンゴメリー。ウェスの再発があれば、
まずKさんに詳細を質問すれば間違いありません。

BOSS GUITAR.jpg



さて、ウェスの魅力は何でしょう?

K「世間ではいろいろ、オクターブ奏法とか、ピックを使わず親指で弾く音色なんていう風に言われていますが、私は「家族愛」だと思っています」



・・・家族愛ですか。

FULL HOUSE.jpg


K「リバーサイドにデビューする前、ライオネル・ハンプトン楽団のオーディションで超絶プレイを認められ、在籍していたわけさ。その当時のライオネル・ハンプトン楽団といったらすごいんだからね!もう色々な所を回ってものすごいいい環境なのにウェスは抜けちゃうのよ。何でかっていったら「これ以上、家族(奥さんと当時6人の子供)と離れて暮らすのは耐えられない」だからね!」


子供が六人もいたんですか。へー。でもそれはデビューのために辞めただけじゃないんですか?


K「いやいや、楽団を抜けた後すぐにデビューしたわけじゃないから。地元インディアナ・ポリスで昼は溶接工、夜はセッションという暮らしをしている所に、キャノンボール・アダレイが偶然来て、ウェスが「ぜひ今晩のライブを見に来て!」って言ったのよ。それでライブを見たキャノンボールが「すごいやんか~~~、あいつ~~~」ってなって・・・みたいな感じだからね!」


へー、そうなんですか。


K「そういうウェスのギターを聞け!みんな、ウェス特有のあの優しい響きは親指で弾いているからだと勘違いしてるみたいだけど、あれは家族愛なんです!」


WES BE.jpg
WES MONTGOMERY / LIVE IN BELGIUM 1965


ではこの辺で新譜の告知を。ウェスの再発がありましたね。


K「あれは初め10曲が映像(動くウェス)で知ってた音源だったかな。他4曲はライブ・イン・エウロペ(LIVE IN EUROPE)で聴く事ができたかな。」


お!断言しないんですね。


K「世の中に100%はないからね」


・・・。


K「ポップスを弾かされていたヴァーブ時代にプロデューサーがヨーロッパ・ツアーをゴリ押ししたわけですよ。それで旅立ったヨーロッパでのセッションでは、思う存分モダン・ジャズが弾けたのよ。ウェスは初めから最後まで絶頂期なんだけど、その中でもそのツアー時期は、握りこぶし一つ分絶頂だね」

WES EU.jpg
LIVE IN EUROPE

いやー、最高です。もう語り始めたら止まらないご様子なので・・・
・・・つづく!!W!!
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

1993年、The Thieves Quartet7309.jpgという映画のためのサントラをつくることにより

バンドMASADAs-masada01.jpgs-masada02.jpgs-masada03.jpgs-masada04.jpgs-masada05.jpgs-masada06.jpgs-masada07.jpgs-masada08.jpgs-masada09.jpgs-masada10.jpg

s-masada-j.jpgs-masada-m.jpgs-masada-t.jpg
s-masada-s.jpgs-masada-tonic.jpg
s-masada-fl.jpg





5007.jpg7346-2.jpgが結成。


このバンドの為にMASADA BOOKというスコア集が生まれる。この曲集をバンドMASADAの枠を越える別の楽器編成に演奏させはじめる。


Bar Kokhba7108-2.jpgがそれである。


その延長にBar Kokhba Sextet、Masada String Trio


7122-2.jpg5001.jpg5011-3.jpg


とMasada Guitars7171.jpgがある。


2003年ジョン・ゾーン本人は50歳になりMASADAは10周年を迎えた。それに応えるべくMASADAが更なる広がりを見せる。作編曲から演奏(コンダクト)まで含めたMASADA BOOKの解釈が
Voices in the Wilderness7172.jpg
で初めて開放され、またMASADA BOOKの第一段階の締めくくりとして
The Unknown Masada7181.jpgMasada Recital7190.jpg

Masada Rock8103.jpgに結実する。

またElectric Masada5004.jpg7352-2.jpg
での活動もさかんとなり、2004年も終わろうとする頃ジョンは更なる挑戦に出る。MASADA BOOK TWOを書き上げるのである。この新たなスコア集を元に

Book of Angelsシリーズ7348.jpg7351.jpg7354.jpg
が始まる。
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

ウェスト・コーストの話の続き

ウェスト・コースト・ジャズの特徴はなんといっても洗練されたアンサンブル。
ほとんどロサンゼルスが中心で、その中にあるハリウッド産業と密接な関係があるそうで。
ほほー。

一番勘違いをしていたのはクール・ジャズのムーブメント
(トリスターノ・スクール、クロード・ソーンヒル楽団などなど)の方が
ウェスト・コースト・ジャズより先にあったんですね!
クール・ジャズとウェスト・コーストを完全に同じものだと思ってました。

クール・ジャズの影響下にウェスト・コースト・ジャズがあるけれども、
やっぱりトリスターノの音とウェスト・コースト・ジャズの音は違うわけですね。

さらに白人,黒人というカテゴライズも混ざってまた混乱します。
また、チェット・ベイカーでさえ50年代後半に入るとイースト・コースト・ジャズを
自分の作品に取り入れたりと、「この人はウェスト・コースト」みたいに
括れないというのも複雑です。。
ウェスト・コースト出身、とかならもちろん言えますけど。

何が違うのかというのを言葉にするのは難しいですが、
一言でいうと、ウェスト・コースト・ジャズは「ゆったりしてます」。
すいません。引っ張っておきながらなんですが、
このテーマは、ジャズの歴史と地理が絡まってて難しすぎました。
もっと自分で消化してからまた考えます!

ここで強引に新譜をご紹介。
もう発売して数ヶ月経っているのですが、
長らく廃盤だったものの奇跡の再発、これぞウェスト・コースト・ジャズ・アルバム。
マーティー・ペイチの通称「踊り子」と「お風呂」が1枚のCDになって発売されてます。
paich_marty.jpg
MARTY PAICH / MODERN TOUCH
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す