【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


当店では只今 2004年 モンクコンペヴォーカル部門 から 2011年の モンクコンペピアノ部門 までの受賞者の作品を集めてモンクコンペコーナーとして展開しております。店頭にてご試聴も可能です。

ネクストジェネレーションの若いジャズミュージシャンを是非ご堪能くださいませ。


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF


モノクロ映像で流れる演奏シーンがかっこいいですね。
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF



●PAUL MOTIAN TRIO / LOST IN A DREAM / ECM / CD / 2,510円

メンバーと編成に驚く事はとくにない。4年前の夏、ジェニー・シェインマンのトリオの一員として共演したのがジェイソンであった。そのときもベースレスであったわけだが、これはポール・モチアンの最も得意とするフォーマットの一つであるのはご存知の事。クリス・ポッターとは既に15年以上活動を共にしている。現在クリス・ポッターは彼の活動歴の中でも最も充実したプレイを聴かせているのは周知の事実であり、よって彼がこの作品の満足度を増しているのはたしかである。だが何にも増して本作品の聴きどころはポール・モチアンの作曲家としての一面ではないかと思う。彼の代表曲である「Abacus(そろばん)」そして美しく力強いバラード「Birdsong」彼のドラミングの秘密が彼の作曲を通して理解できることだろう。表題曲は現在のモチアンを理解する格好の材料になっているのではないだろうか。前半と後半の間に挟み込まれたアーヴィング・ベルリンの曲までもがモチアンの曲のように聞こえてきてしまうから不思議である。このバンド、実にドラマチックである。
(新宿ジャズ館 四浦)
Chris Potter(ts) Jason Moran(p) Paul Motian(ds)

Produced by Manfred Eicher Recorded live February 12+13, 2009 at the Village Vanguard, New York Mixed at Avatar Studios, New York, by James A. Farber and Manfred Eicher

1. Mode VI 2. Casino 3. Lost In A Dream 4. Blue Midnight 5. Be Careful It's My Heart 6. Bird Song 7. Ten 8. Drum Music 9. Abacus 10. Cathedral Song


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF



●DAVID BINNEY / ALISO / CRISS CROSS:CRISS1322CD / CD / 2,825円

今、ブルックリンで最もクリエイティブなジャズを展開しているアーティストではないだろうか。数々のレーベルからリーダー・アルバムをリリースし、その都度自身の音楽性を更新し続けている。そのデビッド・ビニーの新作がCriss Crossからリリースされた。このレーベルからは約3年ぶり(前作はEDWARD SIMONとの双頭名義)となる本作は、まさにモダン・クリエイティブの顔役的なデビッド・ビニーの硬派な部分と、Jonathon HaffnerのLife On WednesdayのプロデュースやLars Dietrich、Miles Okazakiなどブルックリン周辺のレコーディング作品に次々参加することで変化していくビニーの音楽に対する吸収力の高さとが浮き彫りとなった。自身のプレイのみではなく、Craig Taborn色の強かった過去作品(これもこの上なく素晴らしい!)からの脱却であろうか、Wayne Krantzの起用もその場に留まらないクリエイティブさを痛感する一つの要素だ。そして、その思惑通りにWayne KrantzのみではなくJacob Sack、John Escreet、Eivind Opsvik、Dan Weissがこのサウンド・クリエイターの世界をハイ・レベルで表現している。デビッド・ビニーのオリジナル曲はもちろんだが、ウェイン・ショーター、サム・リバーズ、セロニアス・モンク、そしてジョン・コルトレーンの名曲をチョイスしながらも、メンバー全員の曲解釈の現代性は突き抜けている。今月、新宿ジャズ館で爆発的に売れているタイトルである。アーティストの表現とリスナーの耳、時代とが歩み寄ってきているのかもしれない。少なくとも2010年の代表作として今後の基点になっていくであろう重要作である。
(新宿ジャズ館 金子)

David Binney(as), Wayne Krantz(g), Jacob Sacks(p), John Escreet(p), Eivind Opsvik(b), Dan Weiss(ds)

Recorded at Systems Two Recording Studio, Blrooklyn, N.Y. November 2, 2009


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF



●BRAD MEHLDAU / HIGHWAY RIDER / NONESUCH / 2CD / ¥2,400

常に新しい表現方法を模索し同時代のピアニストを牽引してきたブラッド・メルドーももうじき40歳を迎えようとしています。前作『LIVE』から約2年ぶりの新作となる本作は正に彼の30代を締めくくるにふさわしい大作です。人によっては本作を「異色」と呼ぶ人もいるかもしれません。確かにオーケストラ・パートが入っていたりする点では異色ではありますが、ここまでストレートに彼の音楽観、人生観が表現された作品はなかったのではないでしょうか。本作が素晴らしいのは、メルドーを含め演奏者の誰もがエゴを発揮していない点です。誰もが自分の力を誇示することなくただ良い音楽のためだけに演奏している、そのことが本作からはひしひしと伝わってきます。
コアなメルドー・ファンは彼自身によるオーケストレーションにも興味が惹かれることと思いますが、一般的な耳からするとやはりかなり個性的です。これからもオーケストレーションを駆使した作品を作ってくれることを期待しましょう。
メルドーは今年で「不惑」を迎える訳ですが、こんな名盤を残して逆に迷ってしまうのではないかという余計な心配もしてしまいます。
(新宿ジャズ館 S)

BRAD MEHLDAU(p)
LARRY GRENADIER(b)
JOSHUA REDMAN(sax)
JEFF BALLARD(ds)
MATT CHAMBERLAIN(ds)


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF



●PETER MADSEN / THE LITCHFIELD SUITE / PLAYSCAPE / CD / 2,000円

堰を切ってうねりまくる濁流のような冒頭の曲媒SOURCE AND FORCE媒からして、一気に引き込まれた。私はピーターマドセンを勝手にスインギーで品の良いピアニストのようなイメージで捉えていたので、手数が多くドライブしまくり、時におどろおどろしく粘りつき、時にクラスター音寸前の迫力に満ちた演奏に驚かされた。
タイトルはアメリカ北東部のコネチカット州で夏に開催されているLITCHFIELDジャズフェスティバルにちなんだもので、2008年にその会場にてライブ録音された作品だ。比較的アブストラクトな各人のソロによるインタールードを挟みつつ、6曲が組曲として演奏されている。一番根底にあるのは新主流派の流れを汲むモーダルな演奏だが、ラテンあり、ファンクあり、アグレッシヴで躍動的な曲ありで、目の前で次々にスケールの大きな物語が紡ぎ出されていくのが圧巻だ。バックのメンバーも素晴らしく、特にドラムのジェラルド・クリーバーの「現代のトニー・ウィリアムス」といってしまいたくなる鮮烈かつ変幻自在の鋭いドラミングが、バンド全体の爆発ぶりに大いに貢献している。どうか腰をすえてじっくり味わっていただきたい、聴き応えのある作品である。
(新宿ジャズ館 中森)

Peter Madsen- piano, Andy McKee- bass, Gerald Cleaver- drums


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF



●PETE ROBBINS /SILENT Z LIVE / HATE LAUGH MUSIC / US / CD / 2,300円

マサチューセッツ州生まれの31歳の白人アルト奏者で、年々盛り上がりを見せるブルックリン最先端のアルト奏者において注目の存在といえるであろう人物、Pete Robbins。四作目となる今作は08,9年の冬に行われた二回のライヴが編集されたものです。クレジットにはTyshawn Sorey(ds),Thomas morgan(b),Jesse Neuman(cor),Mike Gamble(g)などがおり、ピート・ロビンスグループおなじみのメンバーで高いテンションのライヴを繰り広げてます。本人曰く作曲に対する意識も強いらしく、キャッチーなテーマもありつつ全体的に一癖ある印象も受けます。そして滑らかに単調さなく唄いこなすPete Robbinsのサックスの素晴らしさはもちろん、昨年新作「公案」をリリースしたTyshawn Soreyはここでも器用なリム・ショットなどキレのあるドラムを披露しており、非常に高いレベルのセッションが満足に聴くことができます。今後「この手」のシーンの重要人物となるかもしれません。
(新宿ジャズ館 有馬)

PETE ROBBINS(as)
JESSE NEUMAN(cornet & pedals on 1-4)
CORY SWYTHE(p on M5-8)
MIKE GAMBLE(g & pedals)
THOMAS MORGAN(b)
TYSHAWN SOREY(ds)


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF



●DAVID DORUZKA / WANDERING SONG / FRESH SOUND NEW TALENT:FSNT352 / CD / 2,510円

brad mehldau trioの初期レギュラー・ドラマーとして、他に類を見ない天才ドラマーとして知られている jorge rossy。かれは、メルドーのトリオを抜けたあと、故郷スペインに帰り、オフィシャルな作品には数えるほどしか参加していません。ですが、プレイヤー & リスナー双方からの人気、そしてかれの実力は今だ衰えることがなく、隠居後もmark turnerとライブをやっていたり、brad mehldau、 charlie haden、lee konitz なんていうとんでもないメンバーで north sea jazz fes に出ていたり、ファンとしては激しく焦がれる思いを抱いてしまいます。何というおいしいポジション! それだけかれは愛されているという証拠です!

そのホルヘ・ロッシーがなんと、今注目を集めるチェコの天才ギタリスト、david doruzka のリーダー作にドラマーで参加するというのだから、これは聴かずにはいられません。david doruzka については一ヶ月前の tomas liska / invisible worldでも大いに褒めさせていただきました。ぼくはかれの実力とオリジナリティに、感謝と期待を抱いてます。

トリオの最後の1人、albert sanz は、このFSNTにリーダー作もあるピアニストで、ヒイキにしていらっしゃる方も多いかと思います。los guysでは、larry grenadier(b), jeff ballard(ds)という奇しくも現在のブラッド・メルドー・レギュラー・トリオと同じバックに chris cheek ワンホーンという隠れ名盤。los guys の chris cheek は名演だと思います。また、jorge rossy のリーダー作、WICCAでもオルガンで参加。加えて、今作と同じ編成となるJordi Matas Organic Trioでもオルガンを弾いています。

albert sanz と jorge rossy の2人に関しては、過去作品からも容易にコネクションが想像できるのですが、どのような縁が david doruzka とあったのかについては本作のライナーに doruzka 本人が説明しています。

(以下、david doruzka 本人解説の訳の抜粋)
1998年、david doruzka はJaromir Honzak のレコーディングに参加した際に Jorge Rossy に出会う。doruzka にとって jorge rossy は「dream drummers」だった。albert sanz との出会いは、2000年バークリー音楽学校で学生時。すぐに仲良くなる。albert sanz と david doruzka は2003,4年にヨーロッパに戻る。albert sanz は doruzka をよくスペインに呼んでいた。そして、3人は、2007年の春にジャズ・ルーム(以前は「La Cova del Drac」と呼ばれていた)で、1度ライブをする。それがこのトリオの初めてのライブで、その数日後、 バルセロナの Jordi Pujol(Fresh Sound New Talent の創始者) から、レコーディングの誘いを受けた。(今作レコーディングは2007年12月)

doruzka 本人が語る通り、過去2作に比べてコンセプト性は低く、この3人が集い、そして演奏する、というのが本作の趣旨かと思われます、が、そこが、またいい! ぼくは、オルガン・ギター・トリオという編成のメリットをスロー・バラード #4、#7に感じます。特に #4 は、daivd doruzka にしか成せないジャズ。アルバムを通してかなり密度の高いジャズをやり通しているので、さらりと聴いてもそれなりに楽しめてしまうのが今作の毒です。トゲのある言い方をすれば聴き手の耳に応じたレスポンスを返す伝統的なタイプの作品であり、羊のふりをした狼のようなジャズ・アルバムだと思います。チェコの写真家 Vaclav Jirasek のジャケ写真もそれに通ずる面持ちです。強く求めて聴くほどに、すばらしいリターンが得られる作品です。
(新宿ジャズ館 渡辺)

David Doruzka(g), Albert Sanz(Hammond B-3 org), Jorge Rossy(ds)
Recorded November 9 & 10,


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す