【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5








●PAT METHENY / FROM THIS PLACE(CD) 輸入CD 1,870円(税込) (NONESUCH / 7559792437 / 0075597924374)
※ペーパースリーブ

「『From This Place』は、幅広いカンバスに無限に広がっていくような、様々な表現法を組み込んでいる。僕の人生の中でずっと制作を待ち望んでいた作品の一つだ。洗練されたミュージシャンと、数えきれないほどの回数共に演奏したことで、様々な表現法を身に着けることができたんだ。そんな素晴らしき音楽の集大成と言える作品だよ」 ─ パット・メセニー

◆2020年2月21日、ファンが待ち望んだ、スタジオ・アルバムとしては実に6年振りとなるパット・メセニーの最新作『FROM THIS PLACE』がノンサッチ・レコーズより遂に発売となる! パット・メセニーと長年共に演奏し続けていたドラマー:アントニオ・サンチェスをはじめ、マレーシア/オーストラリア人のベーシスト:リンダ・オー、イギリス人のピアニストであるギレルモ・シムコック、そしてジョエル・マクニ―リー率いるハリウッド・スタジオ交響楽団が参加したこの最新作には、ヴォーカル曲を含む新曲10曲を収録、メセニーの新たなる世界が繰り広げられている。

◆加えて、スペシャル・ゲストとしてミシェル・ンデゲオチェロ(ヴォーカル)、グレゴア・マレ(ハーモニカ)、そしてルイス・コンテ(パーカッション)というスペシャル・ゲストも参加。新規ゲストを取り入れるのは、2014年発売された作品『Kin (←→)』以来である。パット・メセニー、ギレルモ・シムコック、リンダ・オー、そしてアントニオ・サンチェスのメンバーで新年よりツアーも開始する予定だ。

◆30年以上の時を経て、ジャズというジャンルのみならず、ありとあらゆる音楽を制作し続けてきたパット・メセニー。7つの作品を通じて、12ものカテゴリーより20のグラミー賞を受賞している。これほどの数を短期間で受賞した、唯一無二のバンド・リーダーであるといえるだろう。代表的な作品として、様々なアワードを受賞したソロ・アルバム、ハリウッドに提供した楽曲の数、そしてオーネット・コールマン、スティーヴ・ライヒ、チャーリー・ヘイデン、そしてブラッド・メルドーなどの数々の素晴らしきアーティスト達とのコラボレーションなどもあげられる。

◆その輝かしいキャリアを称え、GUARDIAN誌はメセニーをこう評している。
 「過去40年振り返ってみても、パット・メセニーほどの魅力を感じることができるアーティストは一握りだ。彼は即興演奏においても名人的な才能を発揮し、人の心をつかむような素晴らしい作曲能力を4世紀に渡り披露してくれた」 ─ GUARDIAN誌

ソングリスト
1.America Undefined
2.Wide and Far
3.You Are
4.Same River
5.Pathmaker
6.The Past in Us
7.Everything Explained
8.From This Place
9.Sixty-Six
10.Love May Take Awhile









●山本剛 / ミスティ~ライブ・アット JAZZ IS(2CD) 国内CD 3,300円(税込) (ヴィーナスレコード / VHCD1276 / 4571292512763)

人気ジャズピアニスト、山本剛がトリオで久し振りのライブレコーディング!
ジャズクラブ『JAZZ IS』でのリラックスした演奏を捉えた傑作ライブ!

山本 剛  piano
香川 裕史  bass
大隅 寿男  drums

2019年11月 ジャズクラブ『JAZZ IS』にてライブレコーディング

ソングリスト
Disc 1
1.Blues
2.Polka Dots And Moonbeams
3.The Look Of Love
4.Mack The Knife
5.My Foolish Hert
6.Saten Doll
7.Yago
8.Blues~ending

Disc 2
1.Gentle Blues
2.Misty
3.No Problem
4.Over The Rainbow
5.Nature Boy
6.Caravan
7.You Don’t know Me
8.Tanabatasama









●カレン・ソウサ / 愛の囁き 国内CD 2,420円(税込) (ビクターエンタテインメント / VICJ61784 / 4988002802005)

アルゼンチン ブエノスアイレス出身、ジャズをベースとしながらエレクトロ~ハウスまで幅広く歌い上げるジャズ・シンガー=カレン・ソウサ約2年ぶりとなる新作アルバム。
ホイットニー・ヒューストン、アレサ・フランクリンらのソングライターであるパム・オーランドとの共作となるオリジナル楽曲を中心に、レオン・ラッセルの「マスカレード」やレナード・コーエンの「哀しみのダンス」、「枯葉」などのスタンダード・ナンバーも収録。

<アーティストプロフィール>
アルゼンチン、ブエノスアイレス出身、匿名ヴォーカリストとしてエレクトロ、ハウスの企画アルバムに参加。エレクトロ系のPACHA IBIZAのアルバムやフランスのファッション系TVとのコラボレーション・アルバムでフィーチャーされたのが話題となる。2006年に発表された80年代ロックのジャズ・アレンジ・アルバム『JAZZ AND 80’』が大きな話題となってジャズに転向。

2009年に自身のカルテットでブラジル・ツアーを行い大成功する。これを契機にアーティストとして活動をすべくロサンゼルスに渡りホイットニー・ヒューストン、アレサ・フランクリンらのソングライターであるパム・オーランドに師事し作曲、作詞についても学ぶ。ビリー・ホリデイ、フランク・シナトラ、ペギー・リー等を敬愛し、ジャズのエッセンスを巧みに取り入れたセンスの良いオリジナル曲も披露する。また、自身の活動の他、THE COOL TRAIN QUARTETのリード・シンガーとしても活躍する。

ソングリスト
1.マスカレード
2.エヴリバディ・ノウズ
3.ラヴズ・ノット・フェア
4.愛の囁き
5.レス・イズ・モア
6.サムワン・ブロート・ミー・ワイン
7.ゼア・ユー・アー(セカンド・チャンス)
8.リズム・アンド・ブルース
9.イッツ・ゴナ・ハプン・トゥナイト
10.イット・ウィル・オール・ワーク・アウト
11.枯葉/哀しみのダンス
12.ウェイティング・フォー・ア・トレイン (日本盤ボーナストラック)









●TED POOR / YOU ALREADY KNOW 輸入CD 2,200円(税込) (IMPULSE! / 861784 / 0602508617843)

シアトルを拠点に活動し、いま最もアメリカのミュージシャンから引きのある冒険的でソウルフルな演奏が魅力のドラマー、Ted Poorがimpulse!からデビュー。2003年にEastman School of Musicを卒業し、Rochester, NYから New York Cityに移ってからジャズ、インディ・ロックなどのコミュニティにすんなり入り込み、Bill Frisell, Pat Metheny, Kurt Rosenwinkel, Cuong Vu, Ben Monder, Myra Melford, Mark Turner, Gabriel Kahane, My Brightest Diamond, Aaron Parks, Ralph Alessiなどのレコーディングにもこれまで参加してきている。現在はシアトルに引っ越し、テッドはLAベースのシンガー・ソングライター Andrew Birdのバンドに加入。これまで『Are You Serious』『My Finest Work Yet』の2枚のアルバムやツアーにも参加。ほかにも Michel Froom, Blake Mills, Tony Berg, Madison Cunningham とも活動してきている。本作はサックス奏者Andrew D’Angeloを迎え、プロデューサー Blake Millsを迎えた本格ジャズ作品。(メーカーインフォメーションより)

ソングリスト
1.Emilia
2.Only You
3.Kasia
4.To Rome
5.New Wonder
6.At Night
7.United
8.Push Pull
9.Reminder










●WOLFGANG MUTHSPIEL / ANGULAR BLUES 輸入CD 2,530円(税込) (ECM / 814506 / 0602508145063)

★現ジャズ・ギター界における”輝く光”とThe New Yorker誌が絶賛するオーストリア出身のギタリスト、ムースピールによるトリオ作品2作目。これまでムースピールはECMから3枚のリーダー作をリリースしているが、本トリオで2014年に「Driftwood」でデビューを飾り、 その後は2枚のクインテット作品をリリース。本作では長年のコラボレーターBrian Blade(ds)は一緒だが、前作でベースを務めていたLarry Grenadierは今回参加しておらず、Scott Colleyがベースを担当、アーシ―なベース・サウンドがよりダイナミックさを演出。

■ムースピールはアコースティックとエレクトリック・ギターの両方を使用し、得意のメロディックなオリジナル曲を主に披露するが、初めてスタンダード”Everything I Love”と “I’ll Remember April”やビバップ曲“Ride”にも取り組んでいる。さらにソロ・ギター曲 “Solo Kanon in 5/4,” でのエレキ・ギターのディレイ・サウンドによるバロック超の曲も聴きどころだ。

(パーソネル)
Wolfgang Muthspiel (guitar)
Scott Colley (double bass)
Brian Blade (drums)

ソングリスト
1.Wondering
2.Angular Blues
3.Hüttengriffe
4.Camino
5.Ride
6.Everything I Love
7.Kanon in 6/8
8.Solo Kanon in 5/4
9.I'll Remember April










●NEW ZION TRIO / LOST DUB / HERE I JAH / ロスト・ダブ/ヒア・アイ・ヤハ 輸入7" 1,760円(税込) (GRAND GALLERY / GRGAE0022 / 2299990950536)
※7"

New Zion Trioの名作から世界初のレコード化! ジャズ・ミーツ・ダブなこの2曲はまさにキラー・チューン!
ジョン・ゾーン作品にも名を連ねる鍵盤奏者ジェイミー・サフトを中心に、パット・メセニー・バンドでも活躍したベーシストのラリー・ゲレナディア、ドラマーのクレイグ・サンティアゴから成るトリオのデビュー・アルバムからの待望の世界初になる7インチ・カット。グランドギャラリーCapoteレーベルからリリースした国内限定の2枚組デラックス・エディションは完売。アルバムの中でも特に人気曲をセレクト。Lost Dubはミニマルでクールでジャジーなピアノダブ!またカップリングのHear I Jahは全編フェンダー・ローズをフィーチャー、リズム隊はルーツ・レゲエ。ジャズ・ミーツ・ダブなこのシングルは国内初回限定盤!完売必至な、まさにキラー・チューン!

ソングリスト
A1.Lost Dub
B1.Hear I Jah









●福居良 / マイ・フェヴァリット・チューン 国内LP 4,180円(税込) (SLOW BOAT / LAWSON ENTERTAINMENT, INC. / HRLP191 / 2299990951299)

より深く、より鮮やかに。北へ向かう旅のなか生まれた名曲「Nord」を含む、初にして唯一となったソロ・ピアノ・アルバム。

福居良のサード・アルバムが初アナログ化!『Mellow Dream』以来、実に17年振りとなった本作は、初にして唯一のソロ・ピアノ作品。1994年にCDでのみリリースされ、高く評価されながらも廃盤となって久しく、長らく再作品化が待たれていた。
「Scenery」や「Mellow Dream」といった福居を代表する曲はもとより、北へ向かう旅のなかで書き下ろした「Voyage」や「Nord」、また師と仰ぐバリー・ハリスへの敬愛が滲む「Nobody’s」など、ファンにとっては嬉しいことこの上ない選曲となっている。
研鑽のなか身に付けたバップ・ピアニストとしての重厚さと、福居が元来からその内に持つ深い“北海道的情感”が見事に融合。聴き継がれるべき傑作である。

Text by尾川雄介 (universounds)

ソングリスト
A1.Voyage (Ryo Fukui)
A2.Scenery (Ryo Fukui)
A3.Mellow Dream (Ryo Fukui)
A4.Nobody Knows The Trouble I've Seen (Traditional)
B1.Nobody’s (Barry Harris)
B2.My Conception (Avery Parrish)
B3.After Hours (Ryo Fukui)
B4.Nord (Ryo Fukui)









●福居良 / シーナリー 国内LP 4,180円(税込) (ウルトラヴァイヴ / SOLID1023 / 4526180418139)
※LP

北海道が生んだ名ピアニスト、福居良。その瑞々しく繊細なプレイは多くのリスナーを魅了し、ファースト・アルバムである本作『Scenery』は世界的にも高く評価されるようになった。
22 歳でピアノを始めた福居が本作を録音したのは28 歳のとき。若き日のひたむきな演奏が聴く者の感情を心地良く揺さ振ってくる。
闊歩するように大らかにスウィングする「It Could Happen To You」、爽快で歓びに満ちた「Early Summer」、晩秋の夜気を含んだような「Scenery」。
福居の資質に溶け込んだ、スケールの大きさと機微を兼ね備えた“北海道的情感”が心地良い。萌える緑、眩い清流、澄明な空、音もなく落ちる雪・・・。
ここには、福居良が紡いだ美しき風景=シーナリィが永遠に息づいている。

ソングリスト
A1.イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー
A2.アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー
A3.アーリー・サマー
B1.ウィロウ・ウィープ・フォー・ミー
B2.枯葉
B3.シーナリー









●細川綾子 / ミスター・ワンダフル(LP) 国内LP 4,500円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS77 / 4988044052253)

Three blind mice 細川綾子コレクション
TBMに残された細川綾子の熱唱の全てをCD・LPで一挙リリース!!
監修:塙耕記

細川綾子TBM第1弾!60年代後半にアール・ハインズ・グループの専属歌手になるなど、西海岸で17年間プロとして活動してきた細川綾子の凱旋作品。哀愁漂う、“フィール・ライク・メイキン・ラヴ”は絶品!(塙耕記)

■ オリジナル盤:スリー・ブラインド・マイス(TBM-3008) ■ 録音:1977 年6 月9 日、10 日

●2019年最新カッティング ●マスター盤プレッシング ●オリジナル品番TBM3008 ●1977年6月録音

特集ページはこちら
https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/85304

マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。







●JEFF PARKER / SUITE FOR MAX BROWN(LP) 輸入LP 3,630円(税込) (INTERNATIONAL ANTHEM / 6249711 / 0075597922554)
※LP

鬼才ジェフ・パーカー2020年待望の新作がInternational AnthemとNonsuchが共同リリース!
カリスマ、ジョン・コルトレーンの"After The Rain"をカヴァーも収録、2016年作「New Bleed」に続くジェフ・パーカーの才気が爆発した素晴らしい作品に仕上がっています。

ソングリスト
A1.Build a Nest (feat. Ruby Parker) 02:13
A2.C'mon Now 00:25
A3.Fusion Swirl 05:32
A4.After the Rain 04:45
A5.Metamorphoses 01:48
A6.Gnarciss 02:12
A7.Lydian 00:55
A8.Del Rio 01:38
B1.3 for L 04:47
B2.Go Away 04:58
B3.Max Brown 10:36





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5

3/9(月)~3/15(日)







●BRECKER BROTHERS / LIVE AND UNRELEASED(2CD) 輸入CD 2,750円(税込) (JAZZLINE / D77072 / 4049774770722)
※2CD

ブレッカー・ブラザーズ、頂点を極める衝撃未発表ライヴ!
'80年7月2日、ハンブルグ
”5週間ものヨーロッパ・ツアーの中でも特別なものだった”とランディ・ブレッカー自身が語るライヴが2枚組で登場!!
ファンク・グルーヴとキャッチーなメロディ、そして炸裂のソロ"Sponge”"Some Skunk Funk”ほかキラー・チューン100%

★説明不要!超弩級の人気を誇ったブレッカー・ブラザーズの未発表ライヴが登場!

★演奏は、1980年7月2日、ドイツ、ハンブルグの伝説的重要ジャズ拠点、Onkel Pös Carnegie Hall。ブレッカー・ブラザーズの頂点的な時期の演奏が、発表されます。

★1975年セルフ・タイトル『Brecker Brothers』でデビューを飾り、76年『Back to Back』、77年『Don't Stop the Music』、そして78年に超重量級の作品『Heavy Metal Be-Bop』をリリースしたブレッカー・ブラザーズは、80年の夏、5週間にもわたるヨーロッパ・ツアーを敢行。ランディ・ブレッカー曰く、「そのツアーは、<もの凄い>ものだった」「数々の大フェスティヴァルを含め、演奏を共にし続けた結果、バンドは本当にタイトなアンサンブルとなって、毎日が度肝を抜くような演奏で、頂点に達した」とのこと。しかし、ランディは、「その中でも、このOnkel Pöのライヴは、より親密にして深く、心地いいものだった」と語っています。

★演奏曲目も正にブレッカー・ブラザーズ・クラシックスのオンパレード!81年にリリースされるアルバムのタイトル曲“Strap Hangin”をオープニングに据えた他、このライヴの同年にリリースされた『Detente』の曲、そして、“Sponge”“Funky Sea, Funky Dew”“Inside Out”“Some Skunk Funk”“East River”等々、問答無用のキラー・チューンが勢ぞろい。しかも、正にライヴならではで、ほとばしるばかりのアンサンブルのパワーに加えて、ソロがとにかく強力。特に、オリジナル・ヴァージョンでは6分あまりで発表された“Funky Sea, Funky Dew”はマイケル・ブレッカーのソロだけでも9分となり、この日は18分40秒もの演奏を披露。超名盤『Heavy Metal Be-Bop』の中でも随一の代表曲“Some Skunk Funk”は高速プレイが聴きもの。ランディのトランペット・ソロも超ご機嫌なドライヴィング・シャッフル・ブルース“Inside Out”、ファンクの魂がこもった“East River”などなど、とにかく炸裂しまくりです。

★圧巻のスピードで飛ばしまくるフィナティのギター、ミニ・ムーグ、Propfet Vを駆使したイノヴェイティヴな演奏をみせるグレイ、グルーヴ感あふれるラインとスラップ・ベースで聴かせまくるジェイソン、嵐のようなモラレスのドラムと、リズムセクションも最高の演奏をみせます。

★ランディ・ブレッカー、マイケル・ブレッカー、そして、ブレッカー・ブラザーズのファン、正に必携の未発表ライヴ作品!『Heavy Metal BeBop』そして、『Blue Montreux 』と並ぶブレッカー・ブラザーズの決定的ライヴ演奏がここにあります。

Recorded July 2nd 1980 at Onkel Pös Carnegie Hall, Hamburg, Germany

メンバー:Randy Brecker (tp & vo), Michael Brecker (ts), Mark Gray (key), Barry Finnerty (g), Neil Jason (b & vo), Richie Morales (ds)
ソングリスト
Disc 1
1.Strap Hangin ́_11.35
2.Tee ́d Off_5.48
3.Sponge_9.40
4.Funky Sea, Funky Dew_18.41
5.I Don ́t Know Either_11.49
Disc 2
1.Inside Out_12.41
2.Baffled_10.28
3.Some Skunk Funk_8.49
4.East River_6.34
5.Don ́t Get Funny With My Money_09.05









●細川綾子 / コール・ミー(CD) 国内CD 2,200円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS79 / 4988044052277)

Three blind mice 細川綾子コレクション
TBMに残された細川綾子の熱唱の全てをCD・LPで一挙リリース!!
監修:塙耕記

細川綾子が宮間利行ニューハードと織り成す絢爛豪華なTBM第3弾!
思わず踊りだしたくなるラテン・アレンジの「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」、「エイント・ナッシング・ニュー・アンダー・ザ・サン」は極上キラーチューンだ!!(塙耕記)

●オリジナル品番TBM5013 ●1979年録音 ●オリジナル・マスターテープ使用
●最新マスタリング

特集ページはこちら
https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/85304









●JASON BODLOVICH / BLUES FOR DEXTER 輸入CD 2,200円(税込) (MOBY AHAB PRODUCTIONS / 888295176798 / 0888295176798)

カナダ出身で米西海岸で活動するドラマー(兼ギタリスト)のジェイソン・ボドロヴィッチの2管クインテットによる、デクスター・ゴードン・トリビュート作品(2001年録音、2014年初リリース)が登場!

★デクスター作品(M1,2,4,5,7)と、デクスターが愛奏したスタンダード・ナンバー(M3,6,8)を、フレッシュな2管編成で現代的ハードバップに再構築した作品。

★何と、最晩年の御大レイ・ブラウンが参加しています! ブラウンの(晩年ながら)元気なプレイが聴けるうえ、最後のレイ・ブラウン・トリオのピアニストとなったラリー・フラーも参加し、ボドロヴィッチとともに、御大を支えつつフロント二人をプッシュしています。
デクスター役のスティーブ・フォルフ(ts)は、(デクスターのフォロワーという感じではないものの)ハードバップを完全に消化した切れ味鋭いプレイを聴かせてくれます。また、ジェイ・トーマス(tp)も、ドナルド・バードやフレディ・ハバードといった縁あるハードバッパーの流れをくむ流麗なソロを展開。

これは、ハードバップ・ファンの貴重なコレクターズ・アイテムになるでしょう!

■Personnel:
Jason Bodlovich (ds)
Ray Brown (b)
Larry Fuller (p)
Steve Wolfe (ts)
Jay Thomas (tp,flh)

Recorded at Hoffman Studios Occidental CA Aug. 23 & 24 2001


1.The Panther!
"The Panther!"  w/Tommy Flanagan(p) (NYC, July 7, 1970 - Prestige)

2. Cheesecake
"Go!"  w/Sonny Clark(p) (NJ, August 27, 1962 - Blue Note)

3. I Was Doing All Right
"Doin' Allright" w/Freddie Hubbard(tp), Horace Parlan(p) (NJ, May 6, 1961 - Blue Note)

4. Cataloinian Nights
"Bouncin' With Dex" w/Tete Montoliu (p) (Denmark, September 14, 1975 - SteepleChase)

5. The Duel
"The Duel" w/Teddy Edwards(ts) (NYC, December 4, 1947 - Onyx->Dial)

6. I Guess I'll Hang My Tears Out To Dry
"Go!" w/Sonny Clark(p) (NJ, August 27, 1962 - Blue Note)

7. Tanya
"One Flight Up" w/Donald Byrd(tp), Kenny Drew(p) (Paris, June 2, 1964 - Blue Note)

8. Blues Up And Down
"Great Encounters" w/Johnny Griffin(ts), George Cables(p) ("Carnegie Hall", NYC, September 23, 1978 - Columbia)









●ジョルジュ・パッチンスキ / 静寂の声 国内CD 2,750円(税込) (キングインターナショナル / KKJ141 / 4909346020108)
※デジパック / 帯付き  / ライナー・ノーツ:寺島靖国

ジョルジュ・パッチンスキー・トリオ、2 年半ぶりの新作!
アーティスト曰く“この作品でラスト”と語る入魂の演奏
録音はもちろんヴァンサン・ブルレ
ジャズ批評誌のジャズ・オーディオ・ディスク大賞の常連アーティスト
今回もライナー・ノーツは寺島靖国さんが執筆

★90年代、ヨーロッパ・ジャズに注目するファンの間で、じわじわと、しかし大きな注目を集めた『8 Years Old』をリリース。その後、少しばかりのブランクもありながら、2007年にリリースされた『Generations』以来、コンスタントに作品をリリース。出る作品すべてが話題を集めるジョルジュ・パッチンスキーの2年半ぶりのリリース。

★今回も、ピアノ・トリオ編成。録音はもちろんヴァンサン・ブルレが担当しています!

★トリオのメンバーは変わりましたが、基本路線は変わらず。一曲一曲、最長でも5分という長さでの14編という構成は、前作の『Le Voyageur sans Bagage~荷物なしの旅』と同コンセプト。同じエンジニアが録音を担当していることにもよりますが、今回も粒立ちのいいピアノは、芯のある美しさで、陰影のコントラストも鮮やかなサウンド。フランス人らしい思慮深く、思索的なスローな演奏もあれば、スウィンギーに転がるような音の流れあり、ビル・エヴァンスをほうふつとさせる美しくも、テンション感の高いナンバーも交え、パッチンスキーがリーダーとなるピアノ・トリオの一連の世界観を感じさせます。

★ブルレの手腕もいわずもがな。ブラシで刻む、繊細なスネアの響き、スティックで刻まれるダイナミックなドラミング、力強くもしなやかなシンバル・レガートを魅力的に捕えるところは、ファンの耳に今回も鮮やかに響くところとなっています。また、演奏後の残響~減衰していく響きまでをもとらえた録音にも鮮烈なものがあります。

★前作は哲学的な謎めいたドラマを自ら執筆し、その世界を音で表現していたパッチンスキーは、今回も、自ら文章を執筆。その世界を音で描き上げ、また、ジャケットには日本語表記も。パッチンスキーは、この作品を最後にするという表明もありますが、この音像は、ファンに語り継がれていくこと間違いなしです。
メンバー:Georges Paczynski(ds, p on 13), Etienne Guereau(p), Marc Buronfosse(b)

ソングリスト
1.Le Chemin
2.L’ombre
3.L’attente
4.L’inquietude
5.L’apaisement
6.Le Regard
7.Le Sourire
8.Le Geste
9.Le Toucher
10.L’eclair
11.L’ineffable
12.Le Silence
13.Madame d...
14.L’eternite









●LAUREN HENDERSON / ALMA OSCURA 輸入CD 2,310円(税込) (BRONTOSAURUS / BSR201901 / 0194171208232)
※デジパック

寺島レコード「Jazz Bar 2012 」でも紹介された女性ヴォーカリスト、ローレン・ヘンダーソン待望の新録。
メキシコに住んでいたこともあるようでラテンの自作曲では完璧なスペイン語を披露するなど、ラティーナとしてのアイデンティティへの拘りを見せた作品となっています。

■Personnel:
Vocals - Lauren Henderson
Bass - Michael Thurber
Piano - Sullivan Fortner (4, 7, 8) & Damian Sim
Drums - Allan Mednard & Joe Saylor (4, 7)
Percussion - Moses Patrou
Violin Soloist - Tessa Lark
Violins - Lavinia Pavlish and Brendan Speltz
Harp - Charles Overton
Guitar - Gabe Schneider
Clarinet - Mark Dover
Flute - Emi Ferguson
Trumpet - Jon Lampley
Viola - Rose Hashimoto
Cello - Tara Hanish
Guest Vocals - Leo Sidran

ソングリスト
1. From The Inside Out (Leo Sidran)
2. Something Bigger (Michael Thurber)
3. Alma Oscura (Lauren Henderson & Michael Thurber)
4. El Arbol (Lauren Henderson)
5. Ven Muerte (Michael Thurber)
6. Where Are You Now? (Michael Thurber)
7. Protocol (Lauren Henderson)
8. Dream (Lauren Henderson)









●CHARLIE PARKER / SAVOY 10-INCH LP COLLECTION 輸入10" 8,690円(税込) (CRAFT RECORDINGS / 7209696 / 0888072096967)
※10インチ枚組BOX

ジャズを愛する方々へ贈る至福のリリース!!
最重要イノヴェーター、チャーリー・パーカー生誕100年記念サヴォイ10インチボックスが発売決定!
ジャズというジャンルを越えた音楽の重要な遺産。これは2020年ビッグリリースの一つではないでしょうか!?
★ジャズにおける最重要イノヴェーター、作曲家/サックス奏者のバードことチャーリー・パーカーは今年生誕100年を迎える。ビバップの開発の第一人者であるパー​​カーは、彼の短い34年の人生に膨大な音楽の遺産を残し、彼はその後のダンス、文学、映画、視覚芸術などの他の形式の芸術にも大きな影響を与えた。 2020年のバード生誕100周年記念の一環として、Craft Recordingsからリリースされる本作は新しく復元されてリマスター・オーディオからカットされた4枚の10インチLPを含むデラックス・ボックス・セット。

■1944年から1948年までのサヴォイ・レコードでの先駆的なビバップ・レコーディングに焦点を当てており、ジャズの伝説的なマイルス・デイヴィス、ディジー・ガレスピー、ジョン・ルイス、バド・パウエル、マックス・ローチなどをフィーチャー。パッケージには、忠実に復元されたオリジナル・アルバムのアートワークに加えて、ヴィンテージ写真、グラミー賞受賞作家ニール・テッサーによる新しいライナーノーツのブックレットも搭載。(新譜案内より)

ソングリスト
Disc 1
A1.Now's the Time (3:14)
A2.Donna Lee (2:32)
A3.Chasin’ the Bird (2:43)
A4.Red Cross (3:07)
B1.Ko-Ko (2:54)
B2.Warmin’ Up a Riff (2:34)
B3.Half Nelson (2:42)
B4.Sipping at Bells (2:21)
Disc 2
C1.Billie's Bounce (3:07)
C2.Cheryl (2:57)
C3.Milestones (2:35)
C4.Another Hair-Do (2:37)
D1.Thriving from a Riff (2:54)
D2.Buzzy (2:29)
D3.Little Willie Leaps (2:50)
D4.Klaunstance (2:41)









●BRIAN BLADE / BRIAN BLADE FELLOWSHIP(2LP) 輸入LP 4,950円(税込) (BLUE NOTE / 845480 / 0602508454806)

BlueNote設立80周年は2020年になっても続きます。新アナログ・シリーズ、ドラマー・リーダー・ヴァイナルが始まります。
Kevin Greyがオリジナル・テープからマスタリング、Optimalで180g重量盤LPにプレス。素晴らしいリズム・セクションのパワーハウスにスポットを当ててリリースしていきます。
★1997年に結成されたBrian Blade & The Fellowship Bandの1998年リリースのデビュー・アルバムが180g重量盤2LPで登場。

■プロデュースを務めているのはDaniel LanoisでギタリストJeff Parkerやぺダル・スティール・ギタリストのDave Easleyなどの協力を得て、ジャズ、フォーク、そしてゴスペルまでをも含むアップリフティングなサウンドを展開。ノラ・ジョーンズやジョニ・ミッチェルやウェイン・ショーターらからの厚い信頼を得ているドラマー、ブライアン・ブレイドならではの懐の深い音楽は今世紀のジャズの重要作品のひとつ。 1曲以外はブライアン・ブレイドのオリジナルで構成。

【パーソネル】
Melvin Butler (ss, ts)
Myron Walden (as)
Jon Cowherd (keys)
Dave Easley (pedal steel)
Jeff Parker(g)
Christopher Thomas (b)

ソングリスト
Disc 1
A1.Red River Revel
A2.The Undertow
B1.Folklore
B2.In Spite Of Everything
Disc 2
C1.Lifeline
C2.Mohave
D1.If You See Lurah 2.Loving Without Asking









●RACHAEL & VILRAY / RACHAEL & VILRAY(LP) 輸入LP 2,860円(税込) (NONESUCH / 7559792417 / 0075597924176)
※LP

ディスクユニオンがこの冬大プッシュするのはこの1枚!!
全てのグッド・ミュージック好きの皆様へ贈る、懐かしく心温まる作品『Rachael & Vilray』。
この空気感は是非アナログ盤の音質で味わってほしい至福の1枚。ひたすらに良いです!!

ヴォーカリスト、レイチェル・プライスとギタリストのヴィルレイによるデュオ・プロジェクト『Rachael & Vilray』の初作品が名門Nonesuchからリリース。
アナログ盤に針を落とした瞬間にその場にいたディスクユニオンスタッフからも「これ、売りましょう!」と声があがるほど良い空気感が流れるグッド・ミュージックを愛する皆様へ贈る至福の1枚。
古き良き時代のトラディショナルなジャズのスタイルで、良い曲を良い演奏で聴かせる飾らないシンプルさはまさにタイムレス。楽器の質感はもちろん、部屋鳴り感やリバーブ/残響感も大変心地良く、たまたま出てきた昔の写真を眺めるかのような、昔の時間や記憶に想いを馳せたくなる心温まる瞬間が全編に渡って収録された全12曲。アナログ盤の音質でゆったりと耳を傾けたくなります。
ディスクユニオンがこの冬大プッシュする1枚、是非聴いてみてください。

2曲目のビデオがこちら。自分たちの曲を聴きながら葡萄を食べるヴィルレイの姿がたまりません。









●PAUL CHAMBERS / PAUL CHAMBERS QUINTET (LP/180G) 輸入LP 2,530円(税込) (JAZZ IMAGES / 37141 / 8436569193440)
※ LP / 180g

ポール・チェンバースの名盤(BN)がJAZZ IMAGESから重量盤アナログ復刻!

★ブルーノートのジャケット写真で著名な写真家=フランシス・ウォルス Francis Wolff の写真を使用し名盤を蘇らせる人気シリーズにポール・チェンバースの代名詞的一枚が登場!
★ジャケット写真は本セッションのリハーサル光景を捉えた貴重なものです。
★ボーナストラックとしてポール・チェンバースのもうひとつのブルーノート名盤『Whims Of Chambers』から人気曲を追加収録です!
(新譜案内より)

■メンバー:
Donald Byrd (tp)
Clifford Jordan (ts)
Tommy Flanagan (p)
Paul Chambers (b)
Elvin Jones (ds).
Van Gelder Studio, Hackensack, New Jersey, May 19, 1957
Original sessions recorded by Rudy Van Gelder & produced by Alfred Lion.

-- Bonus Tracks (A4, B4):
Horace Silver (p)
Kenny Burrell (g on A4 only)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds).
Hackensack, New Jersey, September 21, 1956.
From Paul Chambers' LP "Whims Of Chambers" (Blue Note Blp 1534)

ソングリスト
A1. Minor Run-Down
A2. The Hand Of Love
A3. Softly, As In A Morning Sunrise
A4. Whims Of Chambers (*Bonus Tracks)
B1. Four Strings
B2. What's New?
B3. Beauteous
B4. Tale Of The Fingers (*Bonus Tracks)







●HANK MOBLEY / POPPIN(LP/180G) 輸入LP 5,500円(税込) (BLUE NOTE / 7791272 / 0602577912726)

★2019年はBlue Note設立80周年。そんな記念すべき年にスタートした新アナログ・シリーズ、180g重量盤LP Tone Poets シリーズ。
■本シリーズは現社長ドン・ウォズがインディ会社Music Mattersから並外れたオーディオファイルでの再発を称賛したことに基づきスタート。

■The Tone Poetと知られるJoe Harley(AKA The Tone Poet)がこのBlue Noteファミリーのレーベルからのこの特別なシリーズの再発のキュレーターを務める。

■ジャケット・グラフィックから印刷の品質まで、考えられるあらゆる方法で本シリーズは正しい方向性をもったリリースとなるよう Kevin Greyの優れたヴァイナル・マスタリングからRecord Technology Inc.の180gオーディオ・ファイル・プレスまで細部への注意が払われている。オーディオ・ファンにはこれ以上のこれらのLPの優れたヴァージョンを見つけることはできないはず。ブルーノートのレジェンド、ハンク・モブレーの1957年録音のハード・バップ作品。
1957年10月20日にRVGスタジオで録音ながら1980年にようやくオリジナル・リリース。モブレーのオリジナル+マイルスの曲+スタンダード1曲収録。マイルスのリズム・セクションにソニー・クラークやアート・ファーマーなども加わり豪華でリズミックな演奏。

ソングリスト
A1.Poppin'
A2.Darn That Dream
A3.Gettin' Into Something
B1.Tune Up
B2.East Of Brooklyn


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5
2/17(月)~2/23(日)








●パット・メセニー / フロム・ディス・プレイス 国内CD 2,750円(税込) (ワーナーミュージック・ジャパン / WPCR18309 / 4943674307791)

●PAT METHENY / FROM THIS PLACE(CD) 輸入CD 1,870円(税込) (NONESUCH / 7559792437 / 0075597924374)
※ペーパースリーブ

「『From This Place』は、幅広いカンバスに無限に広がっていくような、様々な表現法を組み込んでいる。僕の人生の中でずっと制作を待ち望んでいた作品の一つだ。洗練されたミュージシャンと、数えきれないほどの回数共に演奏したことで、様々な表現法を身に着けることができたんだ。そんな素晴らしき音楽の集大成と言える作品だよ」 ─ パット・メセニー

◆2020年2月21日、ファンが待ち望んだ、スタジオ・アルバムとしては実に6年振りとなるパット・メセニーの最新作『FROM THIS PLACE』がノンサッチ・レコーズより遂に発売となる! パット・メセニーと長年共に演奏し続けていたドラマー:アントニオ・サンチェスをはじめ、マレーシア/オーストラリア人のベーシスト:リンダ・オー、イギリス人のピアニストであるギレルモ・シムコック、そしてジョエル・マクニ―リー率いるハリウッド・スタジオ交響楽団が参加したこの最新作には、ヴォーカル曲を含む新曲10曲を収録、メセニーの新たなる世界が繰り広げられている。

◆加えて、スペシャル・ゲストとしてミシェル・ンデゲオチェロ(ヴォーカル)、グレゴア・マレ(ハーモニカ)、そしてルイス・コンテ(パーカッション)というスペシャル・ゲストも参加。新規ゲストを取り入れるのは、2014年発売された作品『Kin (←→)』以来である。パット・メセニー、ギレルモ・シムコック、リンダ・オー、そしてアントニオ・サンチェスのメンバーで新年よりツアーも開始する予定だ。

◆30年以上の時を経て、ジャズというジャンルのみならず、ありとあらゆる音楽を制作し続けてきたパット・メセニー。7つの作品を通じて、12ものカテゴリーより20のグラミー賞を受賞している。これほどの数を短期間で受賞した、唯一無二のバンド・リーダーであるといえるだろう。代表的な作品として、様々なアワードを受賞したソロ・アルバム、ハリウッドに提供した楽曲の数、そしてオーネット・コールマン、スティーヴ・ライヒ、チャーリー・ヘイデン、そしてブラッド・メルドーなどの数々の素晴らしきアーティスト達とのコラボレーションなどもあげられる。

◆その輝かしいキャリアを称え、GUARDIAN誌はメセニーをこう評している。
 「過去40年振り返ってみても、パット・メセニーほどの魅力を感じることができるアーティストは一握りだ。彼は即興演奏においても名人的な才能を発揮し、人の心をつかむような素晴らしい作曲能力を4世紀に渡り披露してくれた」 ─ GUARDIAN誌

ソングリスト
1.America Undefined
2.Wide and Far
3.You Are
4.Same River
5.Pathmaker
6.The Past in Us
7.Everything Explained
8.From This Place
9.Sixty-Six
10.Love May Take Awhile









●ENRICO PIERANUNZI / COMMON VIEW 輸入CD 2,420円(税込) (CHALLENGE RECORDS (JAZZ) / CR73459 / 0608917345926)

エンリコ・ピエラヌンツィ ピアノ・トリオ新録音!

イタリアの至宝、エンリコ・ピエラヌンツィのピアノ・トリオ新録音!
オランダのイェスパー・サムセン、スペインのホルヘ・ロッシーとの強力コラボ!
美しい旋律と愉悦のリズムに儚い哀愁も孕む、巧みで創意に富んだピアノ・トリオ!

イタリアが生んだ現代最高峰のジャズ・ピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィのピアノ・トリオ新録音が、系列レーベルの「Challenge Jazz」からも多くのアルバムをリリースしていたオランダの「Challenge Records」から登場!
過去にもピエラヌンツィの優れたピアノ・トリオ・アルバムなどで共演してきたオランダの名ベーシスト、イェスパー・サムセン。ブラッド・メルドー・トリオの元メンバーとしても知られるスペインのドラマー、ホルヘ・ロッシーとの強力コラボレーション!
ピエラヌンツィの持ち味である美しい旋律はもちろん、愉悦のリズムと儚い哀愁も孕みストーリー性を感じさせる見事な楽曲が並ぶ。巧みで創意に富んだ、気品あふれるピアノ・トリオです!
(新譜案内より)

■Personnel:
エンリコ・ピエラヌンツィ(p)
イェスパー・サムセン(b)
ホルヘ・ロッシー(ds)
※録音:2018年9月10日-11日、モートル・ミュージック(ベルギー)

ソングリスト
01. Falling From The Sky
02. Silk Threads
03. Sofa
04. Turn In The Path
05. Love Waiting Endlessly
06. Perspectives
07. Instant Reveal I
08. Who Knows About Tomorrow
09. Instant Reveal II
10. Recuerdo
11. Song For An August Evening









●JAZZ AT LINCOLN CENTER ORCHESTRA / MUSIC OF WAYNE SHORTER (2CD) 輸入CD 2,530円(税込) (BLUE ENGINE RECORDS / 23 / 0857509005278)
※ 2CD、デジパック
※ライナー・ノーツ(英語)はクリスチャン・マクブライトによるもの。

JLCO(Jazz At Lincoln Center Orchestra)が行った、ライヴコンサート"The Music Of Wayen Shorter"の実況盤が登場!!

2015年5月に3晩に渡って行われた、生きる伝説、ウェイン・ショーター(ts,ss)の歴史的作品から厳選された10曲を、ウィントン・マルサリスが監督・指揮するJLCO(Jazz At Lincoln Center Orchestra)の15人編成ビッグバンド用にアレンジし、当のウェイン・ショーターもメイン・ゲストとして迎えて演奏するという、とてつもないビッグな企画を捉えた実況盤2枚組CDです。

「2002年にダン・ハーグでウェイン・ショーター・カルテットの一員として演奏したんだけど、リハーサルの予定があまり確保できず、凄く不安だった。到着を知らせるためにホテルにいた彼にすぐ電話してその不安を率直に伝えたところ、彼はこう言ったんだ。『確か、コメディの大ファンだったよね、、、じゃあ、そういう感じでやろうか。僕にちょっとしたコメディをやってくれれば良いさ。』ウェインから学んだのは、強い想像力(プラス経験値)があるなら、想定外の領域というのは、怯えるべきものではなく、楽しむべきものなんだってことさ。」(クリスチャン・マクブライトのライナーノーツより抜粋)

■Personnel:
Wayne Shorter (tenor and soprano saxophone)
Wynton Marsalis (trumpet)
Marcus Printup (trumpet)
Kenny Rampton (trumpet)
Ryan Kisor (trumpet)
Walter Blanding (saxophone)
Victor Goines (saxophone)
Sherman Irby (saxophone)
Ted Nash (saxophone)
Paul Nedzela (baritone saxophone)
Chris Crenshaw (trombone)
Vincent Gardner (trombone)
Elliot Mason (trombone)
Dan Nimmer (piano)
Carlos Henriquez (bass)
Ali Jackson (drums)

Recorded May 2015 @ Rose Hall, Jazz at Lincoln Center

ソングリスト
01. Yes or No
02. Diana
03. Hammer Head
04. Contemplation
05. Endangered Species
06. Lost and Found
07. Armageddon
08. The Three Marias
09. Teru
10. Mama G









●細川綾子 / コール・ミー(CD) 国内CD 2,200円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS79 / 4988044052277)

Three blind mice 細川綾子コレクション
TBMに残された細川綾子の熱唱の全てをCD・LPで一挙リリース!!
監修:塙耕記

細川綾子が宮間利行ニューハードと織り成す絢爛豪華なTBM第3弾!
思わず踊りだしたくなるラテン・アレンジの「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」、「エイント・ナッシング・ニュー・アンダー・ザ・サン」は極上キラーチューンだ!!(塙耕記)

●オリジナル品番TBM5013 ●1979年録音 ●オリジナル・マスターテープ使用
●最新マスタリング

特集ページはこちら
https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/85304









●SINNE EEG / WE’VE JUST BGUN 輸入CD 2,200円(税込) (BFM JAZZ / BFM346752 / 0762183467529)
※ペーパースリーヴ

デンマークの歌姫 シーネ・エイが "ダニッシュ・レディオ・ビッグバンド" と共演!
ジャジーな雰囲気とポップな感覚が見事に融合した作品です。■Personnel:
Sinne Eeg (vo)
The Danish Radio Big Band

ソングリスト
1.We’ve just begun
2.Like a song 

3.Those ordinary things 

4.Talking to myself
5.Hvorfor er lykken så lunefuld
6.My favorite things
7.Samba em comum
8.Detour ahead
9.Comes love
10.To a new day









●細川綾子 / ミスター・ワンダフル(LP) 国内LP 4,500円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS77 / 4988044052253)

Three blind mice 細川綾子コレクション
TBMに残された細川綾子の熱唱の全てをCD・LPで一挙リリース!!
監修:塙耕記

細川綾子TBM第1弾!60年代後半にアール・ハインズ・グループの専属歌手になるなど、西海岸で17年間プロとして活動してきた細川綾子の凱旋作品。哀愁漂う、“フィール・ライク・メイキン・ラヴ”は絶品!(塙耕記)

■ オリジナル盤:スリー・ブラインド・マイス(TBM-3008) ■ 録音:1977 年6 月9 日、10 日

●2019年最新カッティング ●マスター盤プレッシング ●オリジナル品番TBM3008 ●1977年6月録音

特集ページはこちら
https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/85304

マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。









●PAT METHENY / FROM THIS PLACE(2LP) 輸入LP 3,520円(税込) (NONESUCH / 7559792435 / 0075597924350)
※2LP

「『From This Place』は、幅広いカンバスに無限に広がっていくような、様々な表現法を組み込んでいる。僕の人生の中でずっと制作を待ち望んでいた作品の一つだ。洗練されたミュージシャンと、数えきれないほどの回数共に演奏したことで、様々な表現法を身に着けることができたんだ。そんな素晴らしき音楽の集大成と言える作品だよ」 ─ パット・メセニー

◆2020年2月21日、ファンが待ち望んだ、スタジオ・アルバムとしては実に6年振りとなるパット・メセニーの最新作『FROM THIS PLACE』がノンサッチ・レコーズより遂に発売となる! パット・メセニーと長年共に演奏し続けていたドラマー:アントニオ・サンチェスをはじめ、マレーシア/オーストラリア人のベーシスト:リンダ・オー、イギリス人のピアニストであるギレルモ・シムコック、そしてジョエル・マクニ―リー率いるハリウッド・スタジオ交響楽団が参加したこの最新作には、ヴォーカル曲を含む新曲10曲を収録、メセニーの新たなる世界が繰り広げられている。

◆加えて、スペシャル・ゲストとしてミシェル・ンデゲオチェロ(ヴォーカル)、グレゴア・マレ(ハーモニカ)、そしてルイス・コンテ(パーカッション)というスペシャル・ゲストも参加。新規ゲストを取り入れるのは、2014年発売された作品『Kin (←→)』以来である。パット・メセニー、ギレルモ・シムコック、リンダ・オー、そしてアントニオ・サンチェスのメンバーで新年よりツアーも開始する予定だ。

◆30年以上の時を経て、ジャズというジャンルのみならず、ありとあらゆる音楽を制作し続けてきたパット・メセニー。7つの作品を通じて、12ものカテゴリーより20のグラミー賞を受賞している。これほどの数を短期間で受賞した、唯一無二のバンド・リーダーであるといえるだろう。代表的な作品として、様々なアワードを受賞したソロ・アルバム、ハリウッドに提供した楽曲の数、そしてオーネット・コールマン、スティーヴ・ライヒ、チャーリー・ヘイデン、そしてブラッド・メルドーなどの数々の素晴らしきアーティスト達とのコラボレーションなどもあげられる。

◆その輝かしいキャリアを称え、GUARDIAN誌はメセニーをこう評している。
 「過去40年振り返ってみても、パット・メセニーほどの魅力を感じることができるアーティストは一握りだ。彼は即興演奏においても名人的な才能を発揮し、人の心をつかむような素晴らしい作曲能力を4世紀に渡り披露してくれた」 ─ GUARDIAN誌

ソングリスト
Disc 1
A1.America Undefined
A2.Wide and Far
B1.You Are
B2.Same River
B3.Pathmaker
Disc 2
C1.The Past in Us
C2.Everything Explained
C3.From This Place
D1.Sixty-Six
D2.Love May Take Awhile









●MILES DAVIS / PORGY AND BESS(2LP/180G/45RPM) 輸入LP 8,030円(税込) (MOBILE FIDELITY SOUND LAB / LMF2485 / 0821797248518)
※2LP / 180g / 45RPM / ナンバリング入り

マイルス・デイビス"Porgy and Bess"が信頼のMobile FidelityからアナログLP2枚組45回転180g重量盤でリリース!
オリジナルは1958年。アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンが死の2年前にあたる1935年に作曲した3幕9場からなるオペラ「ポーギーとベス」を帝王マイルス・デイビスがギル・エヴァンスの指揮のもとオーケストラ形式で作り上げた名盤。

■Alto Saxophone – Cannonball Adderley
Arranged, Conductor – Gil Evans
Bass – Paul Chambers
Drums – "Philly" Joe Jones, Jimmy Cobb
Flugelhorn – Miles Davis
French Horn – Gunther Schuller, Julius Watkins, Willie Ruff
Trombone – Frank Rehak, Jimmy Cleveland, Joseph Bennett, Richard Hixson
Trumpet – Bernie Glow, Ernie Royal, Johnny Coles, Louis R. Mucci, Miles Davis
Tuba – Bill Barber

ソングリスト
Disc 1
A1.The Buzzard Song 4:11
A2.Bess, You Is My Woman Now 5:14
A3.Gone 3:40
B1.Gone, Gone, Gone 2:06
B2.Summertime 3:21
B3.Bess, Oh Where's My Bess 4:31
Disc 2
C1.Prayer (Oh Doctor Jesus) 4:42
C2.Fishermen, Strawberry And Devil Crab 4:08
C3.My Man's Gone Now 6:21
D1.It Ain't Necessarily So 4:27
D2.Here Come de Honey Man 1:25
D3.I Loves You, Porgy 3:41
D4.There's A Boat That's Leaving Soon For New York 3:25









●GIL SCOTT-HERON / WE’RE NEW AGAIN -A REIMAGINING BY MAKAYA MCCRAVEN(LP) 輸入LP 2,530円(税込) (XL RECORDINGS / XL1006LP / 0191404100615)
※LP

Gil Scott-Heronの遺作『I’m New Here』が発売10周年を記念して新鋭ジャズ・ドラマーMakaya McCravenによって再録/再構築されたコラボ作品として〈XL Recordings〉より発売!
2011年に62歳でこの世を去った伝説の‘黒人吟遊詩人’と語られるミュージシャン、詩人、作家でありEminemやSnoop Doggなども敬愛するラップの始祖でもある、Gil Scott-Heron。彼の生前最後のスタジオ・アルバム『I’m New Here』が発売10周年を記念し、シカゴ発の新鋭ジャズ・ドラマー兼プロデューサーであるMakaya McCravenによって再録/再構築された作品『We’re New Again - a Reimagining by Makaya McCraven』として〈XL Recordings〉よりリリース。

オリジナルの『I’m New Here』は、2008年に〈XL Recordings〉の創設者Richard RusselによってNYで録音/プロデュースされ2010年にリリース、2011年にはJamie XXによる同作のリミックスが収録されたアルバム『We're New Here』としても発表されている。今回『I’m New Here』のリイマジニング(オリジナル作品を再び作り直すこと)を手掛けたMakaya McCravenは、モダン・ジャズの中でも最も刺激的でユニークなサウンドを生み出す新世代ジャズ・シーンの最重要ドラマー、ビートメイカー、プロデューサーとして注目を浴びており、Richard Russelが彼のアルバム『Highly Rare』を聴いてそのサウンドに惚れ込んだことがきっかけとなり、今回のプロジェクトが実現した。

本作は、シカゴにあるMakayaのホーム・スタジオでレコーディング/制作が行われ、エレクトロニックな要素やサンプリングを駆使したMakayaならではのインプロビゼーションが加えられ、Gil Scott-Heronの世才のある詩を歌うそのディープなボーカルに更なる力強さを与えている。オリジナル作品のサウンドをさらに豊かにするだけでなく、完全にユニークでありながらオリジナル作品を心の底から讃える内容になっている。(メーカーインフォメーションより)

ソングリスト
A1.Special Tribute (Broken Home pt.1)
A2.I'm New Here
A3.Running
A4.Blessed Parents
A5.New York is Killing Mex
A6.The Patch (Broken Home pt.2)
A7.People of The Light
A8.Being Blessed
A9.Where Did the Night Go
B1.Lily Scott (Broken Home pt.3)
B2.I'll Take Care of You
B3.I've Been Me
B4.This Can't Be Real
B5.Piano Player
B6.The Crutch
B7.Guided (Broken Home pt.4)
B8.Certain Bad Things
B9.Me and the Devil







●島靖国) / JAZZ BAR 2019 (LP) 国内LP 4,620円(税込) (寺島レコード / TYLP1085 / 4988044052017)
※LP / 完全限定プレス

2001年にスタートした長寿コンピレーション
寺島レコードの『Jazz Bar』シリーズ最新作
20周年イヤーの訪れを告げるアナログ盤発売決定
来年2020年に金字塔となる20年を迎える『Jazz Bar』シリーズ。名実ともに歴史にその名を刻むシリーズへと成長を遂げたが、寺島靖国の選曲熱はまだまだ衰え知らず。続々と新シリーズも発表する中でも、本シリーズでブレずに20年にわたり「哀愁」の「美しいメロディー」をもつ「知られざる名曲と演奏家」をコンパイル。今回も世界各国の美旋律ジャズをご紹介します。

ソングリスト
A1.To Michel [Daniele Sala Trio]
A2.And You Are [Noam Lemish, George Marsh & Jim Kerwin]
A3.Maria Gennem torne gar [Carsten Dahl, Mads Vinding, Alex Riel]
A4.La Valse d'Oscar from "Oscar et la Dame rose" [Fran〓ois Ingold Trio]
B1.Graceful Touch [Yoko Teramura Trio]
B2.El Bailador [Peter Sarik Trio]
B3.Accarezzame [Julian Oliver Mazzariello Trio]
B4.Chez Mini [Andrea Garibaldi Trio]
B5.Maria durch ein Dornwald ging [Oli Poppe Trio]


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5

2/10(月)~2/16(日)







●TIM BERNE / FANTASTIC MRS. 10 輸入CD 2,420円(税込) (INTAKT / 340 / 7640120193409)

Tim Berne's Snakeoilのプロジェクトが始まって早8年。ついに盟友Marc Ducretが参加!
七色のテクスチャーを駆使した独自のサウンドロケーションが新たなSnakeoilの世界観構築に一役買っています。
そして4種の打楽器を用いての幅のある表現でメリハリを付けたChes Smithも重要なポイント。過去最高のパフォーマンスかもしれません。

■Tim Berne: Alte Saxophone
Marc Ducret: Guitars
Matt Mitchell: Piano, Tack Piano, Modular Synths
Oscar Noriega: Bass Clarinet, BB Clarinet
Ches Smith: Drums, Vibes, Glockenspiel, Haitian Tanbou

Recorded by D. James Goodwin at Clubhouse, Rhinebeck, NY on May 29th 2019. Recording assistant: Shubham Mondal. Mixing, mastering and recording production by David Torn. Cover art: Steve Byram. Graphic design: Fiona Ryan. Photos: Caterina Di Perri. Liner notes: Jim Macnie.
ソングリスト
1.The Fantastic Mrs. 10
2.Surface Noise
3.Rolo
4.Dear Friend
5.The Amazing Mr. 7
6.Third Option
7.Rose Colored Assive








●ジェフ・パーカー / SUITE FOR MAX BROWN 国内CD 2,310円(税込) (HEADZ / HEADZ-244 / 4582561391378)

シカゴの新興ジャズ・レーベル、International AnthemとあのNonesuch Recordsとの共同リリースの第一弾アルバム!
2月に1998年の名盤『 TNT』の完全再現公演で来日するポストロックの代表バンド、トータスのメンバーであり、平行してジャズ・ギタリストとしての活動も行なっているジェフ・パーカーの名盤の誉れ高き、2016年のリーダー作『The New Breed』(NPR、Observer、Ne w Yor k Tim e s、Los Angeles Times、Jazz Standard、Bandcamp等にて、2016年の年間ベストに選出。日本盤は2017年リリース)に続く、新作アルバム『Suite for Max Brown』が遂に完成

ジェフと並ぶ看板アーティストでもあるドラマーのマカヤ・マクレイヴンのリーダー作等で日本でも近年注目が高まっているシカゴの新興ジャズ・レーベル、International AnthemとあのNonesuch Recordsとの共同リリースの第一弾アルバム(第一弾は昨年12月2日にリリースされたジェフのアルバムの先行シングル『Max Brown - Part1』)となる本作は、『The New Breed』の姉妹作(『The New Breed』はジェフの亡き父親に捧げられたアルバムで、アルバムのアートワークにもフィーチャーされていたが、本作はジェフの母親がジャケットにフィーチャーされている。ちなみにご存命です)ともいえる作品で、前作同様にジェフがマルチ・インストゥルメンタリストやビートメーカーとして一人で制作した楽曲とThe New Breedというグループ名でライブ活動をするまでに発展した前作のレコーディング・メンバーが再び集結して制作された楽曲が収録されている。

『The New Breed』と同様プロデュースはジェフ自身と、エイミー・マン、アラン・トゥーサン、ノラ・ジョーンズの作品等で有名なポール・ブライアン(2018年のグラミーでエイミー・マンの2017年のアルバム『Mental Illness』のプロデューサーとして「Best Folk Record」を受賞)が担当(ミックスも担当し、ベースでも参加。ミシェル・ンデゲオチェロやルーファス・ウェインライトのライブにも参加するなどプレイヤーとしても活躍している)。

エスペランサ・スポルディングやミゲル・アトウッド・ファーガソン、リオン・ブリッジズとも共演してきたサックス奏者のジョシュ・ジョンソン、ロバート・グラスパー・トリオのメンバーで、先鋭的ジャズ・コレクティヴ、エリマージを率いる新世代ドラマー、ジャマイア・ウィリアムス(モーゼス・サムニーの2017年作『Aromanticism』にはドラマーとして、ソランジュの2019年作『When I Get Home』にはプロデューサーの一人として参加している)が脇を固めている。本作には更に二人のドラマーが参加しており、一人はレーベルメイトで何度も共演していて、日本でも人気上昇中のマカヤ・マクレイヴン(『The New Breed』の日本盤のボーナス・トラックとして収録されたリミックスも担当)、もう一人は『The New Breed』にも参加していたジェイ・ベルローズ(ポール・ブライアン関連作のみならず、ポーラ・コールの作品を中心に、エルトン・ジョン、ロバート・プラントとアリソン・クラウスのグラミー受賞作『Raising Sand』他、ジャンルに関係なく活躍)。

シカゴ・アンダーグラウンド・オーケストラ以降、何度も共演を重ねてきた盟友ロブ・マズレクがピッコロ・トランペット、ブライト・アイズ(コナー・オバーストのソロ作も)やエンジェル・オルセンの2019年作『All Mirrors』にも参加しているネイト・ウォルコットがトランペットで参加している。

また、ジェフのバークリー音楽院時代の同級生で、現在はChicago Symphony Orchestraに在籍しているチェリスト、Katinka Klejin(昨年末来日したラリー・ウォーカーと共演作をリリースしている)も参加している。アルバムの冒頭を飾る「Build a Nest」には、前作収録の「Cliche」に引き続きChicago High School of the Artsの学生でもある17歳のジェフの愛娘、ルビー・パーカーのヴォーカルをフィーチャーしている。

ジェフのオリジナル楽曲とともに、ジョン・コルトレーンの1963年作『インプレッションズ』収録の「After the Rain」のカヴァー、ジョー・ヘンダーソンの「ブラック・ナルシサス」をジェフ流に解釈した「Gnarciss」を収録している。

マスタリングも前作同様、Jディラ『Donuts』を手掛けたデイヴ・クーリーが担当している。

現在進行形のサウンドと、古き良きジャスがバランスよく収録されており、ジェフのミュージシャンやコンポーザーとしての懐の深さを感じさせつつも、非常に才気溢れる作品となっている。

日本盤には昨年6月に7インチのソノシートのみでフィジカル・リリースされた、Madlibとのコラボでも知られるジョージア・アン・マルドロウ(ストーンズ・スロウ初の女性アーティストとしてデビューし、現在はブレインフィーダー所属)の「Blackman」(1stフル・アルバム『Olesi: Fragments of an Earth』収録曲)のカヴァー曲(この曲もルビー・パーカーのヴォーカルをフィーチャー)をボーナス・トラックとして収録決定。

ライナーノーツは、Jazz The New Chapterの柳樂光隆が担当。

ソングリスト
1.Build a Nest (feat. Ruby Parker)
2.C’mon Now
3.Fusion Swirl
4.After the Rain
5.Metamorphoses
6.Gnarciss
7.Lydian Etc
8.Del Rio
9.3 for L
10.Go Away
11.Max Brown
12.Blackman







●BEN WILLIAMS / I AM A MAN 輸入CD 2,200円(税込) (RAINBOW BLONDE / RWBL202 / 0192641067457)
※デジパック

ファースト・コールのベーシストが放つネオ・ソウル作品。
●2009年にセロニアス・モンク・コンペティションで優勝を飾り、以降、パット・メセニー、ウィントン・マルサリス、ロバート・グラスパー、ホセ・ジェイムズ、渡辺貞夫などと共演してきたファーストコールのベーシストが、初めてヴォーカルに挑戦したソウル作品。ホセ・ジェイムズが立ち上げたレーベル「レインボー・ブロンド」からのリリース。

●ザ・ルーツ、ディアンジェロ、エリカ・バドゥ、コモン、RHファクターといったネオ・ソウル的アプローチ。キーヨン・ハロルド、マーカス・ストリックランド、クリス・バワーズ、ジャマイア・ウィリアムス等、同世代のシーンのキー・ミュージシャンがバックアップした注目作。

ソングリスト
1.Intro: I Am A Man 02:41
2.If You Hear Me 06:31
3.March On (feat. Wes Felton) 04:12
4.Promised Land (feat. Kendra Foster) 05:30
5.High Road (feat. Muhsinah) 05:12
6.Take It From Me (feat. Niles) 03:23
7.Come Home (feat. Kendra Foster) 04:16
8.The Death Of Emmett Till 05:47
9.High Road Pt. 2 04:18
10.We Shall Overcome 05:00







●JOHN ZORN / BEYOND GOOD AND EVIL 輸入CD 2,420円(税込) (TZADIK / TZ8369 / 0702397836926)
※ペーパースリーブ

2015年に発売された「Simulacrum」のライブ盤がTZADIKから発売。オルガン奏者ジョン・メデスキが参加しメタルやハードコア、フリージャズが渾然一体となった血管がはち切れくらいハイテンションな演奏を披露。

Personnel:
John Medeski: Organ
Kenny Grohowski: Drums
Matt Hollenberg: Guitar

ソングリスト
1.The Illusionist
2.Ghost Sonata
3.Ravens
4.Alterities
5.Danse Macabre
6.Plague
7.Dark Pageant
8.Angelic Voices
9.The Divine Comedy








●サム・ウィルクス / LIVE ON THE GREEN SPECIAL EDITION 国内CD 2,530円(税込) (ASTROLLAGE / ASGE30 / 4988044052079)
※日本限定CD (輸入盤CDは、ございません。)

2018年のベストディスクとして、バイヤーやライターからピックアップされたサム・ウィルクス「Wilkes」から1年・・・待望の新作となるライブ&スタジオ盤が完成!!
LPに未収録だった5曲の音源を追加した、正にライブ・オン・ザ・グリーンの完全盤となる日本企画限定盤がCDリリース!!

2018年のベストディスクとしてジャズやニュー・エイジ、ポスト・クラシカルを中心としたバイヤーやライターからピックアップされた名盤かつ初ソロ作となった『Wilkes』は、2019年5月astrollageより日本限定でCD化されたことも記憶に新しい実力派ベーシスト/コンポーザー、サム・ウィルクス。

待望の新作は、名作『Wilkes』のアルバム発売直後の2018年11月に行われたライブ音源とスタジオ録音で構成。このCD盤には『Wilkes』から“Today”、“Run”、“Descending”に、アナログ盤には未収録の“Tonight”に“Welcome”、“Hug”と更に2曲を追加した5曲を含む、計13曲が収録されており、正に“Live on The Green”の完全盤と言える内容になっている。

ジョー・ヘンダーソンやアリス・コルトレーンといったジャイアンツのカバーも披露。「エクスペリメンタル・ライブ・アルバム」と言うように、ジョン・ケージにもインスパイアされた観客が放つサウンドも含めて、あの楽曲群がライブではどのように変化しているのか・・・新たな才能の一端に触れることのできる素晴らしい作品に仕上がっている。『Wilkes』で衝撃を受けた方は問答無用で聴いていただきたい、新世代ジャズ重要作品の1つなのではないでしょうか。

ソングリスト
1.Sivaya(Live) *
2.Welcome(Live) *
3.Today(Live)
4.The B Section Of Inner Urge(Live)
5.Tonight(Live) *
6.Alma(Live)
7.Run(Live)
8.Unsure(Live) *
9.Hug(Live) *
10.Descending(Live)
11.Sivaya(Studio)
12.Unsure(Studio)
13.Descending(Alternate Mix)(Live)









●島靖国) / JAZZ BAR 2019 (LP) 国内LP 4,620円(税込) (寺島レコード / TYLP1085 / 4988044052017)
※LP / 完全限定プレス

2001年にスタートした長寿コンピレーション
寺島レコードの『Jazz Bar』シリーズ最新作
20周年イヤーの訪れを告げるアナログ盤発売決定
来年2020年に金字塔となる20年を迎える『Jazz Bar』シリーズ。名実ともに歴史にその名を刻むシリーズへと成長を遂げたが、寺島靖国の選曲熱はまだまだ衰え知らず。続々と新シリーズも発表する中でも、本シリーズでブレずに20年にわたり「哀愁」の「美しいメロディー」をもつ「知られざる名曲と演奏家」をコンパイル。今回も世界各国の美旋律ジャズをご紹介します。

ソングリスト
A1.To Michel [Daniele Sala Trio]
A2.And You Are [Noam Lemish, George Marsh & Jim Kerwin]
A3.Maria Gennem torne gar [Carsten Dahl, Mads Vinding, Alex Riel]
A4.La Valse d'Oscar from "Oscar et la Dame rose" [Fran〓ois Ingold Trio]
B1.Graceful Touch [Yoko Teramura Trio]
B2.El Bailador [Peter Sarik Trio]
B3.Accarezzame [Julian Oliver Mazzariello Trio]
B4.Chez Mini [Andrea Garibaldi Trio]
B5.Maria durch ein Dornwald ging [Oli Poppe Trio]









●JEFF PARKER / SUITE FOR MAX BROWN(LP) 輸入LP 3,630円(税込) (INTERNATIONAL ANTHEM / 6249711 / 0075597922554)
※LP

鬼才ジェフ・パーカー2020年待望の新作がInternational AnthemとNonsuchが共同リリース!
カリスマ、ジョン・コルトレーンの"After The Rain"をカヴァーも収録、2016年作「New Bleed」に続くジェフ・パーカーの才気が爆発した素晴らしい作品に仕上がっています。

ソングリスト
A1.Build a Nest (feat. Ruby Parker) 02:13
A2.C'mon Now 00:25
A3.Fusion Swirl 05:32
A4.After the Rain 04:45
A5.Metamorphoses 01:48
A6.Gnarciss 02:12
A7.Lydian 00:55
A8.Del Rio 01:38
B1.3 for L 04:47
B2.Go Away 04:58
B3.Max Brown 10:36








●MILES DAVIS / EARLY MINOR: RARE MILES FROM THE COMPLETE IN A SILENT WAY SESSIONS(LP) 輸入LP 3,300円(税込) (LEGACY / 19075978321 / 0190759783214)
※LP

「The Complete In a Silent Way Sessions」(2001)で初めて発表された幻の3トラックが初アナログ盤リリース!
60年代の黄金クインテットの解体時期から、先駆的な「ビッチェズ・ブリュー」発表に至るまでの期間、マイルス・デイヴィスは数多くの過渡期的なセッションでのレコーディングを行っているが、「In a Silent Way」はその最高点ともいえるリリカルな美しさに溢れる作品。
本作品に収められた、"Splashdown"、"Early Minor"、"The Ghetto Walk"の3つの質の高いトラックは、2001年リリースの「The Complete In a Silent Way Sessions」で初めて発表されたもので、それ以降で初めてアナログでの一般的なリリースとなるものです!(レコード・ストア・デイのInfoより)

今年のRecord Store Day Black Friday2019ジャズリリースタイトルの目玉の一つはコレでしょう!!
2001年にCDで発売された「The Complete In a Silent Way Sessions」で初出となった3曲が初アナログ盤化。「In a Silent Way」本編の音源は入ることなく、初出となった3曲のみがピックアップされて収録されているので、本編をお持ちの方はダブることがないのもポイント。ファンの多い「In a Silent Way」の時期の音源ということでマイルス・マニアはもちろんのこと、エレクトリック・マイルスやモーダルが好きな方も見逃せないリリースです。

■Personnel:
Wayne Shorter (Tenor Saxophone)
Miles Davis (Trumpet)
Chick Corea, Herbie Hancock, Joe Zawinul (Electric Piano)
Joe Zawinul (Organ)
Dave Holland (Bass)
Tony Williams* Jack DeJohnette (Drums)








●GIL SCOTT-HERON / WE’RE NEW AGAIN -A REIMAGINING BY MAKAYA MCCRAVEN(LP) 輸入LP 2,530円(税込) (XL RECORDINGS / XL1006LP / 0191404100615)
※LP

Gil Scott-Heronの遺作『I’m New Here』が発売10周年を記念して新鋭ジャズ・ドラマーMakaya McCravenによって再録/再構築されたコラボ作品として〈XL Recordings〉より発売!
2011年に62歳でこの世を去った伝説の‘黒人吟遊詩人’と語られるミュージシャン、詩人、作家でありEminemやSnoop Doggなども敬愛するラップの始祖でもある、Gil Scott-Heron。彼の生前最後のスタジオ・アルバム『I’m New Here』が発売10周年を記念し、シカゴ発の新鋭ジャズ・ドラマー兼プロデューサーであるMakaya McCravenによって再録/再構築された作品『We’re New Again - a Reimagining by Makaya McCraven』として〈XL Recordings〉よりリリース。

オリジナルの『I’m New Here』は、2008年に〈XL Recordings〉の創設者Richard RusselによってNYで録音/プロデュースされ2010年にリリース、2011年にはJamie XXによる同作のリミックスが収録されたアルバム『We're New Here』としても発表されている。今回『I’m New Here』のリイマジニング(オリジナル作品を再び作り直すこと)を手掛けたMakaya McCravenは、モダン・ジャズの中でも最も刺激的でユニークなサウンドを生み出す新世代ジャズ・シーンの最重要ドラマー、ビートメイカー、プロデューサーとして注目を浴びており、Richard Russelが彼のアルバム『Highly Rare』を聴いてそのサウンドに惚れ込んだことがきっかけとなり、今回のプロジェクトが実現した。

本作は、シカゴにあるMakayaのホーム・スタジオでレコーディング/制作が行われ、エレクトロニックな要素やサンプリングを駆使したMakayaならではのインプロビゼーションが加えられ、Gil Scott-Heronの世才のある詩を歌うそのディープなボーカルに更なる力強さを与えている。オリジナル作品のサウンドをさらに豊かにするだけでなく、完全にユニークでありながらオリジナル作品を心の底から讃える内容になっている。(メーカーインフォメーションより)

ソングリスト
A1.Special Tribute (Broken Home pt.1)
A2.I'm New Here
A3.Running
A4.Blessed Parents
A5.New York is Killing Mex
A6.The Patch (Broken Home pt.2)
A7.People of The Light
A8.Being Blessed
A9.Where Did the Night Go
B1.Lily Scott (Broken Home pt.3)
B2.I'll Take Care of You
B3.I've Been Me
B4.This Can't Be Real
B5.Piano Player
B6.The Crutch
B7.Guided (Broken Home pt.4)
B8.Certain Bad Things
B9.Me and the Devil







●PUSS N' BOOTS / SISTER(LP) 輸入LP 3,960円(税込) (BLUE NOTE / 848370 / 0602508483707)
※LP

ノラ・ジョーンズによるガールズ・バンド=プスンブーツ、オリジナル曲を多数収録した待望のフル・アルバム!
●ノラ・ジョーンズがギターの練習をするために親しい友人同士で集まったことがきっかけで、2008年よりニューヨーク、ブルックリンのライヴ・ハウスを中心にバンドとして活動をスタートしたプスンブーツ。フル・アルバムをリリースするのは2014年、ローリング・ストーン、ペースト、アメリカン・ソングライターなどのメディアから称賛されたデビューアルバム、『ノー・フールズ、ノー・ファン』から約6年ぶり。

●ポール・ウェスターバーグ、トム・ペティ、ドリー・パートンのカヴァー曲も収録しているが、今回はカヴァーが多かったファースト・アルバムとは異なり、オリジナル曲がメイン。タイトルにもなった「シスター」という言葉からも連想できるように彼女たちのいい関係性が存分に詰め込まれ、少しダークで遊び心のある歌詞にも注目したい。

●自由気ままな挑戦が満載のアルバムで、特に楽器担当の固定はなく、楽曲によってそれぞれ担当している楽器が異なる。3人が音楽を通して遊ぶ楽しさが伝わってくるような作品だ。

●彼女たちの本拠地であるブルックリンでレコーディングされ、録音はノラ・ジョーンズを担当してきた名匠トム・シック。アルバムと通して全曲プロデュースもプスンブーツとして彼女たち自身が行っている。ライヴで大切に歌ってきた曲も収録し、3人のこだわりがたくさん詰まったアルバムに仕上がった。ノラの普段のソロ活動からは垣間見られない一面を楽しむことができる。

ソングリスト
A1.Jamola
A2.It's Not Easy
A3.Nothing You Can Do
A4.Lucky
A5.You and Me
A6.You Don't Know
B1.The Great Romancer
B2.It's A Wonderful Lie
B3.Sister
B4.The Razor Song
B5.Angel Dream
B6.Same Old Bullshit
B7.Joey
B8.The Grass Is Blue



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャート
BEST5 2/3(月)~2/9(日)







●JAZZ AT LINCOLN CENTER ORCHESTRA / MUSIC OF WAYNE SHORTER (2CD) 輸入CD 2,530円(税込) (BLUE ENGINE RECORDS / 23 / 0857509005278)
※ 2CD、デジパック
※ライナー・ノーツ(英語)はクリスチャン・マクブライトによるもの。

JLCO(Jazz At Lincoln Center Orchestra)が行った、ライヴコンサート"The Music Of Wayen Shorter"の実況盤が登場!!

2015年5月に3晩に渡って行われた、生きる伝説、ウェイン・ショーター(ts,ss)の歴史的作品から厳選された10曲を、ウィントン・マルサリスが監督・指揮するJLCO(Jazz At Lincoln Center Orchestra)の15人編成ビッグバンド用にアレンジし、当のウェイン・ショーターもメイン・ゲストとして迎えて演奏するという、とてつもないビッグな企画を捉えた実況盤2枚組CDです。

「2002年にダン・ハーグでウェイン・ショーター・カルテットの一員として演奏したんだけど、リハーサルの予定があまり確保できず、凄く不安だった。到着を知らせるためにホテルにいた彼にすぐ電話してその不安を率直に伝えたところ、彼はこう言ったんだ。『確か、コメディの大ファンだったよね、、、じゃあ、そういう感じでやろうか。僕にちょっとしたコメディをやってくれれば良いさ。』ウェインから学んだのは、強い想像力(プラス経験値)があるなら、想定外の領域というのは、怯えるべきものではなく、楽しむべきものなんだってことさ。」(クリスチャン・マクブライトのライナーノーツより抜粋)

■Personnel:
Wayne Shorter (tenor and soprano saxophone)
Wynton Marsalis (trumpet)
Marcus Printup (trumpet)
Kenny Rampton (trumpet)
Ryan Kisor (trumpet)
Walter Blanding (saxophone)
Victor Goines (saxophone)
Sherman Irby (saxophone)
Ted Nash (saxophone)
Paul Nedzela (baritone saxophone)
Chris Crenshaw (trombone)
Vincent Gardner (trombone)
Elliot Mason (trombone)
Dan Nimmer (piano)
Carlos Henriquez (bass)
Ali Jackson (drums)

Recorded May 2015 @ Rose Hall, Jazz at Lincoln Center

ソングリスト
01. Yes or No
02. Diana
03. Hammer Head
04. Contemplation
05. Endangered








●ジェフ・パーカー / SUITE FOR MAX BROWN 国内CD 2,310円(税込) (HEADZ / HEADZ-244 / 4582561391378)

シカゴの新興ジャズ・レーベル、International AnthemとあのNonesuch Recordsとの共同リリースの第一弾アルバム!
2月に1998年の名盤『 TNT』の完全再現公演で来日するポストロックの代表バンド、トータスのメンバーであり、平行してジャズ・ギタリストとしての活動も行なっているジェフ・パーカーの名盤の誉れ高き、2016年のリーダー作『The New Breed』(NPR、Observer、Ne w Yor k Tim e s、Los Angeles Times、Jazz Standard、Bandcamp等にて、2016年の年間ベストに選出。日本盤は2017年リリース)に続く、新作アルバム『Suite for Max Brown』が遂に完成

ジェフと並ぶ看板アーティストでもあるドラマーのマカヤ・マクレイヴンのリーダー作等で日本でも近年注目が高まっているシカゴの新興ジャズ・レーベル、International AnthemとあのNonesuch Recordsとの共同リリースの第一弾アルバム(第一弾は昨年12月2日にリリースされたジェフのアルバムの先行シングル『Max Brown - Part1』)となる本作は、『The New Breed』の姉妹作(『The New Breed』はジェフの亡き父親に捧げられたアルバムで、アルバムのアートワークにもフィーチャーされていたが、本作はジェフの母親がジャケットにフィーチャーされている。ちなみにご存命です)ともいえる作品で、前作同様にジェフがマルチ・インストゥルメンタリストやビートメーカーとして一人で制作した楽曲とThe New Breedというグループ名でライブ活動をするまでに発展した前作のレコーディング・メンバーが再び集結して制作された楽曲が収録されている。

『The New Breed』と同様プロデュースはジェフ自身と、エイミー・マン、アラン・トゥーサン、ノラ・ジョーンズの作品等で有名なポール・ブライアン(2018年のグラミーでエイミー・マンの2017年のアルバム『Mental Illness』のプロデューサーとして「Best Folk Record」を受賞)が担当(ミックスも担当し、ベースでも参加。ミシェル・ンデゲオチェロやルーファス・ウェインライトのライブにも参加するなどプレイヤーとしても活躍している)。

エスペランサ・スポルディングやミゲル・アトウッド・ファーガソン、リオン・ブリッジズとも共演してきたサックス奏者のジョシュ・ジョンソン、ロバート・グラスパー・トリオのメンバーで、先鋭的ジャズ・コレクティヴ、エリマージを率いる新世代ドラマー、ジャマイア・ウィリアムス(モーゼス・サムニーの2017年作『Aromanticism』にはドラマーとして、ソランジュの2019年作『When I Get Home』にはプロデューサーの一人として参加している)が脇を固めている。本作には更に二人のドラマーが参加しており、一人はレーベルメイトで何度も共演していて、日本でも人気上昇中のマカヤ・マクレイヴン(『The New Breed』の日本盤のボーナス・トラックとして収録されたリミックスも担当)、もう一人は『The New Breed』にも参加していたジェイ・ベルローズ(ポール・ブライアン関連作のみならず、ポーラ・コールの作品を中心に、エルトン・ジョン、ロバート・プラントとアリソン・クラウスのグラミー受賞作『Raising Sand』他、ジャンルに関係なく活躍)。

シカゴ・アンダーグラウンド・オーケストラ以降、何度も共演を重ねてきた盟友ロブ・マズレクがピッコロ・トランペット、ブライト・アイズ(コナー・オバーストのソロ作も)やエンジェル・オルセンの2019年作『All Mirrors』にも参加しているネイト・ウォルコットがトランペットで参加している。

また、ジェフのバークリー音楽院時代の同級生で、現在はChicago Symphony Orchestraに在籍しているチェリスト、Katinka Klejin(昨年末来日したラリー・ウォーカーと共演作をリリースしている)も参加している。アルバムの冒頭を飾る「Build a Nest」には、前作収録の「Cliche」に引き続きChicago High School of the Artsの学生でもある17歳のジェフの愛娘、ルビー・パーカーのヴォーカルをフィーチャーしている。

ジェフのオリジナル楽曲とともに、ジョン・コルトレーンの1963年作『インプレッションズ』収録の「After the Rain」のカヴァー、ジョー・ヘンダーソンの「ブラック・ナルシサス」をジェフ流に解釈した「Gnarciss」を収録している。

マスタリングも前作同様、Jディラ『Donuts』を手掛けたデイヴ・クーリーが担当している。

現在進行形のサウンドと、古き良きジャスがバランスよく収録されており、ジェフのミュージシャンやコンポーザーとしての懐の深さを感じさせつつも、非常に才気溢れる作品となっている。

日本盤には昨年6月に7インチのソノシートのみでフィジカル・リリースされた、Madlibとのコラボでも知られるジョージア・アン・マルドロウ(ストーンズ・スロウ初の女性アーティストとしてデビューし、現在はブレインフィーダー所属)の「Blackman」(1stフル・アルバム『Olesi: Fragments of an Earth』収録曲)のカヴァー曲(この曲もルビー・パーカーのヴォーカルをフィーチャー)をボーナス・トラックとして収録決定。

ライナーノーツは、Jazz The New Chapterの柳樂光隆が担当。

ソングリスト
1.Build a Nest (feat. Ruby Parker)
2.C’mon Now
3.Fusion Swirl
4.After the Rain
5.Metamorphoses
6.Gnarciss
7.Lydian Etc
8.Del Rio
9.3 for L
10.Go Away
11.Max Brown
12.Blackman








●TIM BERNE / FANTASTIC MRS. 10 輸入CD 2,420円(税込) (INTAKT / 340 / 7640120193409)

Tim Berne's Snakeoilのプロジェクトが始まって早8年。ついに盟友Marc Ducretが参加!
七色のテクスチャーを駆使した独自のサウンドロケーションが新たなSnakeoilの世界観構築に一役買っています。
そして4種の打楽器を用いての幅のある表現でメリハリを付けたChes Smithも重要なポイント。過去最高のパフォーマンスかもしれません。

■Tim Berne: Alte Saxophone
Marc Ducret: Guitars
Matt Mitchell: Piano, Tack Piano, Modular Synths
Oscar Noriega: Bass Clarinet, BB Clarinet
Ches Smith: Drums, Vibes, Glockenspiel, Haitian Tanbou

Recorded by D. James Goodwin at Clubhouse, Rhinebeck, NY on May 29th 2019. Recording assistant: Shubham Mondal. Mixing, mastering and recording production by David Torn. Cover art: Steve Byram. Graphic design: Fiona Ryan. Photos: Caterina Di Perri. Liner notes: Jim Macnie.

ソングリスト
1.The Fantastic Mrs. 10
2.Surface Noise
3.Rolo
4.Dear Friend
5.The Amazing Mr. 7








●平戸祐介 / タワー・オブ・タッチ 国内CD 2,750円(税込) (AT HOME SOUND / AHS15 / 4988044050921)

AT HOME SOUND第13弾はこちら!!!●クラブ・ジャズ・シーンにおける日本を代表するバンドquasimode(クオシモード)のリーダー、日本を代表するジャズ・ピアニスト、平戸祐介による、「踊れる」クラブ・サウンドを意識し回帰した、世界基準の渾身のソロ・プロジェクト・アルバムが遂にCDリリース!コズミックでスペイシー、ファンキーでソウルフルな進化系のジャズ・サウンドがここに登場!今このJAZZ、HIP HOP、エレクトロを融合させた唯一無二のサウンドを鳴らせるのはYUSUKE HIRADOしかいない!
●ウエスト・ロンドン系に代表されるブロークンビーツの雄DegoやKaidi TathamやHenry Wuを踏襲しつつも、氏が師と仰ぐジャズの巨匠Miles Davis、更にRoy AyersやJames Masonといったジャズ~レア・グルーヴの巨匠からのインスパイアもひしひしと感じます!渾身のタイトルは、タッチ(指先)を通し音を伝え、本作で世界を狙う鍵盤奏者平戸ならではの「タッチの頂点」を意味する『TOWER OF TOUCH』。
●また、今回のプロジェクトに招聘したメンバーは、有望若手ジャズバンドGecko & Tokage Paradeから若干23歳のベーシスト中山拓哉、そして在日ファンクのメンバーとして、また吉澤はじめとの共演で知られるドラマー永田真毅!自由度の高いセッション性のものから派生して一つのストーリーを展開させ、平戸の作品に未だかつてない緊張感と高揚感を生み出している。
●更に、ジャズとヒップ・ホップ&クラブ・ミュージックがクロスオーヴァーしたクールなジャケットも素晴らしい!








●THEO HILL / REALITY CHECK 輸入CD 2,200円(税込) (POSI-TONE / PR8203 / 0768707820320)
※ペーパースリーヴ

大人気ピアニストの今回の新作もすごいです。
天才ヴィブラフォン奏者ジョエル・ロスをフィーチャーしたカルテット作品。
自身のオリジナルに、デビッド・バークマン、マルグリュー・ミラー、スティービー・ワンダーのナンバーを収録。

■Personnel:
Theo Hill (p)
Joel Ross (vib)
Rashaan Carter (b)
Mark Whitfield Jr. (ds)

ソングリスト
1. Blue Poles (David Berkman)
2. Swell (Theo Hill)
3. Guardians Of Light (Theo Hill)
4. Afrofuturism (Theo Hill)
5. Scene Changes (Theo Hill)
6. Mantra (Theo Hill)
7. Superwoman (Stevie Wonder)
8. Aquanaut (Theo Hill)
9. Pressing The Issue (Mulgrew Miller)
10. Song Of The Wind (Theo Hill)









●JEFF PARKER / SUITE FOR MAX BROWN(LP) 輸入LP 3,630円(税込) (INTERNATIONAL ANTHEM / 6249711 / 0075597922554)
※LP

鬼才ジェフ・パーカー2020年待望の新作がInternational AnthemとNonsuchが共同リリース!
カリスマ、ジョン・コルトレーンの"After The Rain"をカヴァーも収録、2016年作「New Bleed」に続くジェフ・パーカーの才気が爆発した素晴らしい作品に仕上がっています。

ソングリスト
A1.Build a Nest (feat. Ruby Parker) 02:13
A2.C'mon Now 00:25
A3.Fusion Swirl 05:32
A4.After the Rain 04:45
A5.Metamorphoses 01:48
A6.Gnarciss 02:12
A7.Lydian 00:55
A8.Del Rio 01:38
B1.3 for L 04:47
B2.Go Away 04:58
B3.Max Brown 10:36








●JEFF PARKER / MAX BROWN(7") 輸入7" 1,870円(税込) (INTERNATIONAL ANTHEM / IARCS029 / 6037849121720)
※7" / 限定300枚

ポストロックを代表するモンスターバンド、トータスのギタリストとしても知られるジェフ・パーカー。
名盤「The New Breed」をリリースしたInternational Anthemと名門Nonesuchとの共同リリース第一弾シングル「Max Brown - Part 1 / Part 2」が入荷。ロバート・グラスパー・トリオでの活躍で脚光を浴びるドラマー、ジャマイア・ウィリアムスのビートの効いたプレイに洗練されたコンテンポラリーなジャズのエッセンスも感じられ、聴けば聴くほど味わいが深まる強力シングル。300枚限定。

■Paul Bryan - bass guitar
Josh Johnson - alto saxophone
Jeff Parker - guitar, Korg MS20, JP-08
Nate Walcott - trumpet
Jamire Williams - drums

ソングリスト
A1.Max Brown - Part 1
B1.Max Brown - Part 2









●GIL SCOTT-HERON / WE’RE NEW AGAIN -A REIMAGINING BY MAKAYA MCCRAVEN(LP) 輸入LP 2,530円(税込) (XL RECORDINGS / XL1006LP / 0191404100615)
※LP

Gil Scott-Heronの遺作『I’m New Here』が発売10周年を記念して新鋭ジャズ・ドラマーMakaya McCravenによって再録/再構築されたコラボ作品として〈XL Recordings〉より発売!
2011年に62歳でこの世を去った伝説の‘黒人吟遊詩人’と語られるミュージシャン、詩人、作家でありEminemやSnoop Doggなども敬愛するラップの始祖でもある、Gil Scott-Heron。彼の生前最後のスタジオ・アルバム『I’m New Here』が発売10周年を記念し、シカゴ発の新鋭ジャズ・ドラマー兼プロデューサーであるMakaya McCravenによって再録/再構築された作品『We’re New Again - a Reimagining by Makaya McCraven』として〈XL Recordings〉よりリリース。

オリジナルの『I’m New Here』は、2008年に〈XL Recordings〉の創設者Richard RusselによってNYで録音/プロデュースされ2010年にリリース、2011年にはJamie XXによる同作のリミックスが収録されたアルバム『We're New Here』としても発表されている。今回『I’m New Here』のリイマジニング(オリジナル作品を再び作り直すこと)を手掛けたMakaya McCravenは、モダン・ジャズの中でも最も刺激的でユニークなサウンドを生み出す新世代ジャズ・シーンの最重要ドラマー、ビートメイカー、プロデューサーとして注目を浴びており、Richard Russelが彼のアルバム『Highly Rare』を聴いてそのサウンドに惚れ込んだことがきっかけとなり、今回のプロジェクトが実現した。

本作は、シカゴにあるMakayaのホーム・スタジオでレコーディング/制作が行われ、エレクトロニックな要素やサンプリングを駆使したMakayaならではのインプロビゼーションが加えられ、Gil Scott-Heronの世才のある詩を歌うそのディープなボーカルに更なる力強さを与えている。オリジナル作品のサウンドをさらに豊かにするだけでなく、完全にユニークでありながらオリジナル作品を心の底から讃える内容になっている。(メーカーインフォメーションより)

ソングリスト
A1.Special Tribute (Broken Home pt.1)
A2.I'm New Here
A3.Running
A4.Blessed Parents
A5.New York is Killing Mex
A6.The Patch (Broken Home pt.2)
A7.People of The Light
A8.Being Blessed
A9.Where Did the Night Go
B1.Lily Scott (Broken Home pt.3)
B2.I'll Take Care of You
B3.I've Been Me
B4.This Can't Be Real








●MATS GUSTAFSSON / FLUTEOPHONE AND PIANOHARPA(5") 輸入5インチ・ヴァイナル 1,870円(税込) (BOCIAN RECORDS / FLUTEOPHONE / 2299990912234)
※5" / 75枚限定

ポーランドはワルシャワのレーベルBocianから人気サックス奏者マッツ・グスタフソンの音源がリリース。
なんと5インチというフォーマットで、CDペーパースリーブにレコードが封入された作品。世界75枚限定で内容 / フォーマット / 生産数ともにマニア向けな1枚。既にレーベル廃盤のため最初で最後の入荷となります。

■Mats Gustafsson - Fluteophone and pianoharpa

Recorded and edited by Olof Madsen, Sept 19th 2019 at Studio Discaholic, Nickelsdorf, Austria
Pianoharpa / Psalmpositiv (1890) by Gustav and Wilhelm Andersson, Nässja / Näshult, Sweden
Front cover illustration by Louis Le Breton from “Dictionnaire Infernal” Little help: Joanna John

ソングリスト
A1.Nässja
B1.Näshult






●SONNY ROLLINS / SAXOPHONE COLOSSUS (LP/TRANSLUCENT BLUE VINYL) 輸入LP 4,620(税込) (PRESTIGE / OJC291 / 0888072109919)
※500枚限定プレス / Translucent Blue Vinyl (半透明ブルー・ヴァイナル)

第6期プレスティッジ70周年記念"ThinkIndie"シリーズ
ソニー・ロリンズ(ts)による不朽の名盤「Saxophone Colossus」が、"プレスティッジ70周年記念 ThinkIndie シリーズ”としてアナログ復刻!!
今回は、半透明ブルーというレアな仕様での限定生産のため、是非お早目にご注文ください!

■Personnel:
Sonny Rollins - tenor saxophone
Tommy Flanagan - piano
Doug Watkins - bass
Max Roach - drums

ソングリスト
A1. "St. Thomas" (Sonny Rollins) 6:49
A2. "You Don't Know What Love Is" (Gene de Paul, Don Raye) 6:30
A3. "Strode Rode" (Sonny Rollins) 5:17
B1. "Moritat" (Kurt Weill, Bertolt Brecht) 10:05
B2. "Blue 7" (Sonny Rollins) 11:17





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5






●WILL VINSON / FOUR DORTY ONE 輸入CD 2,310円(税込) (WHIRLWIND RECORDINGS / WR4752 / 7061111106169)
※ペーパースリーブ
ロンドン出身、NY在住のサキソフォン奏者/作曲家、ウィル・ヴィンソンによる充実の最新作が登場。
ティグラン・ハマシアン、フレッド・ハーシュ、ゴンサロ・ルバルカバ、マット・ペンマン、エリック・ハーランドなどなど第一線で活躍する錚々たるミュージシャンが参加!!
マンハッタン音楽院入学を機にNY移住、ゴンサロ・ルバルカバ(p)、カート・ローゼンウィンケル(g)、アーロン・パークス(p)などと共演、リーダー作品もすでに数枚リリースしている、ウィル・ヴィンソン(as)の2年ぶりのリーダ作品が良質なコンテンポラリー・ジャズを多数リリースするWhirlwindから発売。
スタンダード曲M2、モンク作品のM7、バップの名曲M11などといった伝統的な作品に加え、自作曲6曲の他、キース・ジャレット(p)のM4を採り上げていることも興味深いところ。ハードバップの伝統に根ざしながら、楽曲・ソロともにコンテンポラリーなスタイルを持った好演です。

そして共演するのは現代屈指のピアニスト、ティグラン・ハマシアンやフレッド・ハーシュ、ゴンサロ・ルバルカバ、マット・ペンマンやエリック・ハーランドなど豪華すぎる錚々たる顔ぶれ。共演者、演奏クオリティともに文句無しのコンテンポラリー・ジャズ・ファン大注目の1作となっています!!しかし本当凄いメンバーですね・・・

■Personnel:
Will Vinson (as)

piano:
Sullivan Fortner, Tigran Hamasyan, Gerald Clayton, Fred Hersch, Gonzalo Rubalcaba

bass:
Matt Brewer, Matt Penman, Rick Rosato, Larry Grenadier

drums:
Obed Calvaire, Billy Hart, Eric Harland, Clarence Penn, Jochen Rueckert

ソングリスト
1. Boogaloo
2. Love Letters
3. Banal Street
4. Oasis
5. I am James Bond
6. Cherry Time
7. Work
8. KW
9. The Way to You
10. That Happened
11. Milestones








●NAJPONK / LIVE AT THE OFFICE VOL.5(2CD) 輸入CD 2,970円(税込) (GATS / NAJ0007 / 4522250880103)
※2CD
チェコの俊英ピアニスト、ナイポンクが自身のピアノトリオに、サックス奏者二人を迎え、クインテットにてお馴染みのプラハのライヴ・スポット「オフィス」にて吹き込んだ白熱のライヴ盤2枚組。
NY を拠点に活動するバリトン・サックス奏者でボブ・ミンツァー・ビッグバンドでも活躍する若手、フランク・ベイシルとロンドン出身でナイポンクとの活動を始めたことでチェコに拠点を移したテナーマン、オシアン・ロバーツが絡み合い、ナイポンクが理想とする本格的なストレート・アヘッドでハードバピッシュな演奏を体現したファン待望の新作です。

■メンバー:
Frank Basile(bs)
Osian Roberts(ts)
Najponk(p)
Taras Voloschuk(b)
Marek Urbanek (ds)

■録音:Recorded by Josef Flek at the Office on May 9,2018
ソングリスト
Disc 1
1.Introduction by Rene Trossman (01:09)
2.Billie's Bounce (Charlie Parker) (13:47)
3.There Is No Greater Love (Isham Jones/Marty Symes) (14:22)
4.The Long Two / Four (Donald Byrd) (10:54)
5.Doxy (Sonny Rollins) (12:24)
6.Scrapple From The Apple (Charlie Parker) (09:57)
Disc 2
1.Now's The Time (Charlie Parker) (17:24)
2.Prince Albert (Kenny Dorham) (11:53)
3.Cherokee (Ray Noble) (13:19)
4.Blue Monk (Thelonious Monk) (13:38)









●TRIOTRIO / NICE TREATMENT 輸入CD 1,980円(税込) (STEEPLE CHASE / SCCD31884 / 0716043188420)
ジェイコブ・サックスとデイブ・アンブロシオ、ヴィニー・スペラッザとのトリオに彼らが最もリスペクトしているというソリスト、デイブ・スコットとリッチー・ペリーを迎えた作品。ケニー・ドーハムの1、サド・ジョーンズの2、6。ハービー・ニコルスの3、8。カール・パーキンスの5の他にスタンダーズを演奏。重厚で少し尖がり感も垣間見れるハード・バップが楽しめる。Dave Scott(tp)
Rich Perry(ts)
Jacob Sacks(p)
Dave Ambrosio(b)
Vinnie Sperrazza(ds)
ソングリスト
1. Lotus Blossom
2. 50-21
3. Hangover Triangle
4. My Funny Valentine
5. Grooveyard
6. The Interloper
7. Never Let Me Go
8. Step Tempest








●JOEY ALEXANDER / WARNA 輸入CD 2,200円(税込) (VERVE / 848839 / 0602508488399)
ハービー・ハンコック、ウィントン・マルサリスが絶賛!!  16歳ですでに2つのグラミー賞ノミネート作品を持つ、いま最も注目のバリ島出身の神童ピアニストがついにVerveからメジャーデビュー!

タイトルとなった「ワルナ」とは彼の母国語、インドネシア語で「色」という意味。文字通り、彼の多彩なテクニックが盛り込まれた、これまでのアルバム中で最もオリジナリティが高い一枚となる。会心作となった2018年の『Eclipse』から、作曲家として、バンドリーダーとして、そしてミュージシャンとして確実に成長を遂げている彼のすべてが凝縮された。
本アルバムは彼自身がツアーで様々なところを巡った旅の記録となっており、ジョーイは本アルバムについて「色々なミュージシャンとセッションをするステージの上や、旅先での自分の体験、音楽的な対話から作ったオリジナル作品を共有したかった」と語る。先行シングルとなった「ダウンタイム」はステージから降りて、新しい街を探検するときや、家族や友達と過ごす特別な瞬間のために書き下ろした。
レコーディングには、革新的なサウンドでジャズ界に新たな風を吹き込んでいるドラマー、ケンドリック・スコット、現在ジャズを代表するベーシスト、ラリー・グレナディアが参加。(新譜案内より)

■Personnel:
Joey Alexander - piano
Larry Grenadier - bass
Kendrick Scott - drums
Luisito Quintero - percussion (1, 4)
Anne Drummond - flute (11, 12)

※試聴動画
ソングリスト
1. Warna (Joey Alexander)
2. Mosaic (of Beauty) (Joey Alexander)
3. Lonely Streets (Joey Alexander)
4. Downtime (Joey Alexander)
5. Affirmation I (Joey Alexander)
6. Inner Urge (Joe Henderson)
7. We Here (Joey Alexander)
8. Tis Our Prayer (Joey Alexander)
9. Fragile (Sting)
10. Our Story (Joey Alexander)
11. Affirmation III (Joey Alexander)
12. The Light (Joey Alexander)






●Theo Hill / Reality Check
輸入CD 2,200円(税込) (POSITONE / PR8203 / 0768707820320)


Theo Hill - piano, rhodes & synthesizers
Joel Ross - vibraphone
Rashaan Carter - bass
Mark Whitfield Jr. - drums

1. Blue Poles (David Berkman)
2. Swell (Theo Hill)
3. Guardians Of Light (Theo Hill)
4. Afrofuturism (Theo Hill)
5. Scene Changes (Theo Hill)
6. Mantra (Theo Hill)
7. Superwoman (Stevie Wonder)
8. Aquanaut (Theo Hill)
9. Pressing The Issue (Mulgrew Miller)
10. Song Of The Wind (Theo Hill)









●JEFF PARKER / SUITE FOR MAX BROWN(LP) 輸入LP 3,630円(税込) (INTERNATIONAL ANTHEM / 6249711 / 0075597922554)
※LP
鬼才ジェフ・パーカー2020年待望の新作がInternational AnthemとNonsuchが共同リリース!
カリスマ、ジョン・コルトレーンの"After The Rain"をカヴァーも収録、2016年作「New Bleed」に続くジェフ・パーカーの才気が爆発した素晴らしい作品に仕上がっています。

ソングリスト
A1.Build a Nest (feat. Ruby Parker) 02:13
A2.C'mon Now 00:25
A3.Fusion Swirl 05:32
A4.After the Rain 04:45
A5.Metamorphoses 01:48
A6.Gnarciss 02:12
A7.Lydian 00:55
A8.Del Rio 01:38
B1.3 for L 04:47
B2.Go Away 04:58
B3.Max Brown 10:36








●カラブリア・フォーティ / 恋に過ごせし宵 国内LP 11,000円(税込) (キングインターナショナル / MOCOLP-1003/4 / 4909346020214)
※2LP / 国内プレス 完全限定生産盤 / 45回転180g重量盤 / 日本語帯、解説付
カラブリア・フォーティの大ヒット作「恋に過ごせし宵」が遂にLPで登場
女性ヴォーカル・ファン、アナログ・オーディオ・ファン待望の45回転LP化が実現!
ストリングスやコンボをバックにしっとりと歌い上げた愛のスタンダード・ソング集

■魅惑のシルキー・ヴォイス、カラブリア・フォーティの大ヒット作品「恋に過ごせし宵」が高音質45回転盤重量盤LPで遂に登場!

■LP化にあたってはアナログレコード最盛期にドイツ、ノイマン社で製造されたカッティングシステムを使用。カッティングエンジニアは北村勝敏氏(MIXER'S LAB)。45回転盤仕様でコンボやストリングスをバックにカラブリア・フォーティが目の前で唄っているような生々しいサウンドが捉えられた。

■ニューヨークで生まれ、父親はトロンボーン奏者、母親はピアニストという音楽一家の中で育ったカラブリア・フォーティ。2007年に録音された本作品『恋に過ごせし宵』はアルバム内容はもちろん、ジャケットの素晴らしさでも注目を浴びた。キングレコードより発売された国内盤CDが長い間廃盤になっていましたが、2017年にCDが再発売され再び脚光を浴びました。発売当時よりアナログ化の要望が多く、先に発売した2019年の新作『プレリュード・トゥ・ア・キス』のアナログ化に続いて本作も45回転盤2枚組でアナログ化のはこびとなった。

■タイトルチューンの「A Lovely Way To Spend An Evening(恋に過ごせし宵)」はオランダのジャズシンガー、アン・バートンの名唄でも有名なナンバーであるが、多くの女性ボーカリストやCM曲にも取り上げられた名曲である。その他、おなじみのナンバーを収録した「愛のスタンダード・ソング集」である。女性ジャズ・ヴォーカルファン、アナログレコードファン、オーディオファンには絶対に見逃せないアルバムである。

メンバー:
Calabria Foti (vocals)
Matt Harris (piano)
Trey Henry (bass)
Dick Weller (drums)
Larry Koonse (guitar)
Bob McChesney (trombone)
Rob Lockart (saxophone)
Luis Conte (percussion)
String section
2007年録音作品
ソングリスト
Disc 001
A1.Love Me As Though There Were No Tomorrow
A2.The Touch Of Your Lips
B1.Do It Again
B2.When Lights Are Low/Inger In My Arms
B3.All Of You
Disc 002
A1.I Am Woman(You Are Man)/You Fascinate Me So
A2.I Wanna Be Loved
A3.Close Your Eyes
B1.A Lovely Way To Spend An Evening
B2.For All We Know








●JOHN COLTRANE / BLUE WORLD(LP) 輸入LP 3,300円(税込) (IMPULSE! / B003015801 / 0602577626517)
※LP
★アメリカ音楽史の幻の遺産、再び発掘!
名盤『至上の愛』半年前の黄金のカルテットによる未発表スタジオ録音!●ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)。2018年にリリースされた完全未発表スタジオ録音作『ザ・ロスト・アルバム』は全世界のシーンに衝撃を与え大ヒットを記録。日本でも、第33回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を獲得しました。

●その『ザ・ロスト・アルバム』の翌年の1964年に、マッコイ・タイナー~ジミー・ギャリソン~エルヴィン・ジョーンズという通称・黄金のカルテットを率いて吹き込んだ未発表スタジオ音源が、録音から55年を経て奇跡のリリース!

●1964年6月、カナダ国立映画制作庁の委嘱で、フランス語映画「Le chat dans le sac (英題:The Cat in the Bag)』(日本未公開)の為に、ルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音された、名実ともに絶頂期のパフォーマンス。

●録音された5曲はいずれもコルトレーンのオリジナル曲。本レコーディング・セッションに関する当時のレコード会社にスタジオ使用の記録が残っていなかったため、映画のために録音を依頼されたという事実は、コルトレーン研究家の間でも数年前まで知られていませんでした。

●今回、セッションの全音源(合計8テイク)がフル・ヴァージョンでまとめられ世界初リリース。コルトレーン生涯の代表作『至上の愛』の約半年前という、ジャズ史上でも非常に重要な時期のパフォーマンスだけに、『ザ・ロスト・アルバム』級の衝撃をリスナーに与えることでしょう。

ソングリスト
A1.Naima
A2.Village Blues
A3.Blue World
A4.Village Blues
B1.Village Blues
B2.Like Sonny
B3.Traneing In
B4.Naima









●PAWEL PALCOWSKI / OLD FASHIONED MOOD(LP) 輸入LP 3,630円(税込) (SJ RECORDS / SJ042LP / 5912596066832)
※LP
これまでサイドメンとしてポーランドの新鋭ピアニストAdam Jarzmik率いるクインテットの3作品に参加していましたが、本作は満を持しての本人名義のデビュー・アルバムとなります。自己紹介でもするかのように各楽器の音色が順を追って耳に入ってくる名刺代わりのM1、50年代~60年代のジャズを彷彿とさせるやわらかな大人びたあたたかさを醸し出すタイトルと同名のM2など、ずばり全曲捨て曲なし!メンバーはポーランドの職人系ドラマー、Arek Skolik以外全員新進気鋭のミュージシャン。ここ日本ではほぼ名前が知られておりませんが、非常にクオリティーの高い演奏を繰り広げています。ジャズ大国ポーランドの底力をここに見たり!!

■Pawel Palcowski(Trumpet)
Jakub Lepa(Tenor Saxophone)
Boguslaw Kaczmar (Piano)
Maciej Kitajewski(Double Bass)
Arek Skolik(Drums)

ソングリスト
A1. Announcement
A2. Old Fashioned Mood
B1. Red
B2. Remembering Roy






●ジョン・コルトレーン / ジャイアント・ステップス(LP/180G/MONO) 国内LP 4,950円(税込) (ワーナーミュージック・ジャパン / WPJR10029 / 4943674282623)
※LP / 180g / MONO
≪ジャズ・アナログ・プレミアム・コレクション≫
名門アトランティック、ワーナー・ブラザーズ・レーベル等、ワーナーミュージックが誇るジャズの歴史的、大名盤のオリジナル盤を忠実に再現した高音質のLPシリーズ!

モダン・ジャズ永遠の名盤であると同時に、『マイ・フェイヴァリット・シングス』と並ぶ代表作。モノラル・マスタ。

●オリジナル盤を忠実に再現したアートワーク
●オリジナル・マスター使用
●カッティング&マスタリングは国内(ワーナーマスタリング)で行いプレスはアルスドルフ
●180グラム重量盤
●ブルーノートのアナログ復刻などを手がけ定評のあるディスクユニオン塙氏監修

<1-5,7:ジョン・コルトレーン(ts) トミー・フラナガン(p) ポール・チェンバース(b) アート・テイラー(ds)>
<6:ジョン・コルトレーン(ts) ウィントン・ケリー(p) ポール・チェンバース(b) ジミー・コブ(ds)>

録音:1-5,7:1959年5月5日ニューヨーク、6:1959年12月2日ニューヨーク***

<ジャズ・アナログ・プレミアム・コレクション>特集ページはこちら
https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/1/75201

現物ジャケットを高画質スキャン!!
是非画像をクリック・拡大してジャケットの雰囲気をお確かめください!





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5
1/13(月)~1/19(日)







●E.S.T.(ESBJORN SVENSSON TRIO) / E.S.T. LIVE IN GOTHENBURG (2CD) 輸入CD 3,190円(税込) (ACT MUSIC / ACT9046 / 0614427904621)
※2CD、デジパック

E・スヴェンソン・トリオの最高の瞬間をとらえた未発表ライヴ音源、待望リリース!

★エスビョルン・スヴェンソン・トリオ(e.s.t.)の“歴史的/決定的瞬間”をとらえた衝撃の未発表ライヴ音源の作品化!!
★録音は2001年10月、彼ら3人が生まれた国スウェーデンの第二の都市、イェーテボリのコンサート・ホールにて。
☆活動初期の1990年代初めには、ビル・エヴァンス、キース・ジャレット、チック・コリアといったアーティストの影響を受けたアコースティックな演奏を聴かせていたトリオは、1999年にその後を決定付ける転換的作品『From Gagarin's Point Of View』を発表。従来の詩的な演奏もベースにしながら、ドラムンベース的な要素、サウンドイフェクトを導入したトリオのサウンドは、正に時代を革新するもので、シーンを驚かせたもの。また、2000年には、『Good Morni ng Susi e Soho』をリリースし、その路線を推進。つまり、本ライヴは、時代を切り拓いていった時期のバンドをとらえたもので、あふれ出るアイディアと、プレイヤーとしての勢いが、生々しく、また高い次元で実を結んだ記録!!!
★ライヴは、『From Gagarin's Point Of View』のオープニングを飾ったナンバー“Dating”でスタート。ホールに響き渡るスヴェンソンの美しいハーモニーと曲想からはクラシック音楽/ ブルースも基礎にした伝統にのっとった表現も見え、チック・コリアあたりからの影響力の大きさも。一方、キャッチーなメロディにサウンド・イフェクトを大胆にかぶせる場面あり、プリペアド・ピアノを織り込み、人力テクノ・ビートと、コレクティヴなソロを展開するというエッジの鋭いサウンドを展開する場面あり、超アップテンポで、空間を切り裂いていくような究極のピアノ・ソロあり。のちにロック、エレクトロ・ミュージックもさらに大胆に取り込み発展させていく、これぞ、e.s.t. というべきシンボリックな原点的演奏が炸裂。特に、各々のディスクの最後を飾る“The Wraith”と“Dodge The Dodo”にはスタジオ録音をはるかに超えたライヴだからこその圧巻のパフォーマンスもあります。
★実際、エスビョルン・スヴェンソン自身、このライヴを、トリオの演奏の中でベスト・パフォーマンスの一つと常に位置付けていたとのこと。
★またこのライヴこそ、“アコースティック・ジャズ・シーンに新しいディレクションをしめし、若いオーディエンスをひきつけ、現在活躍するミュージシャンにも多大な影響を与えることとなったバンドの転換期をとらえた演奏”!!
★常にサウンドを進化させ続け、2005年、名作『Viaticum』をリリースした直後では、24ヶ国100以上のコンサートで200,000人もの観客を動員した彼ら。2008年、不慮の死で突然に歴史が止まるまで、ビッグになり続けていきますが、この時期には、新たなものを創造する時の緊迫感とパワーが存在しています。
★サウンド・エンジニアは、メンバー3人を支え、4番目の隠れたメンバーとも言われたAke Li ntonが担当しています。

■メンバー:
Esbjorn Svensson(p)
Dan Berglund(b)
Magnus Ostrom(ds)

Music composed by Esbjorn Svensson, except From Gagarin's Point Of View,
Bowling & Dodge The Dodo composed by e.s.t.
Recorded live by Ake Linton 10 October 2001 at Gothenburg Concert Hall

ソングリスト
Disc 1
1. Dating
2. Somewhere Else Before
3. The Rube Thing
4. From Gagarin’s Point Of View
5. The Wraith
Disc 2
1. Providence
2. Good Morning Susie Soho
3. The Chapel
4. Bowling
5. The Second Page
6. Dodge The Dodo








●ヘレン・メリル / ヘレン・メリル・シングス・ビートルズ 国内CD 2,640円(税込) (THINK! RECORDS / THCD35 / 4988044610545)

『ジャズ・スタッフ・レコメンド!!DIW PRODUCTS GROUP特集』掲載品!

https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/85634

ヘレン・メリル三変化<3> -ポピュラー-
珠玉のビートルズ・ナンバーをヘレン・メリルと佐藤允彦が数ヶ月にわたり作り上げた100%ビートルズ曲集。ざっと収録曲を見るだけで聴く前からワクワクしてしまいますね。ざっくりとわけると、しっとり系の(1)(6)(8)(9)(10)(11)、ロッキンな(2)(4)、叙情的な(3)(5)(7)(12)というようなアレンジです。ジャケットの美しさにも定評があります。

■メンバー:ヘレン・メリル(vo) 佐藤允彦(p, elp, arr) 荒川康男(b) 猪俣猛(ds) スリー・シンガーズ(back ground vocals) etc.
■曲目:(1)LET IT BE (2)LADY MADONNA (3)BECAUSE (4)THE WORD (5)NORWEGIAN WOOD (6)HERE THERE AND EVERYWHERE (7)GOLDEN SLUMBERS (8)AND I LOVE HIM (9)IN MY LIFE (10)MOTHER NATURE'S SON (11)IF I FELL (12)I WANT YOU

■監修: 塙 耕記
■解説: 原田和典
■録音年: 1970年
■原盤: ビクター (SMJX-10092)
■20bit K2 SUPER CODING仕様

ソングリスト
1.LET IT BE
2.LADY MADONNA
3.BECAUSE
4.THE WORD
5.NORWEGIAN WOOD
6.HERE THERE AND EVERYWHERE
7.GOLDEN SLUMBERS
8.AND I LOVE HIM
9.IN MY LIFE
10.MOTHER NATURE'S SON
11.IF I FELL
12.I WANT YOU









●山本剛 / ミスティ 国内CD 1,650円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS-33 / 4988044047310)
【three blind mice Supreme Collection 1500 第1期タイトル】
日本のブルーノートと謳われるTBMレーベルの至高の40タイトルを特別価格[1,500円(税別)]にてリリース!

TBMレーベル屈指の人気作品として語り継がれる、山本剛の第2弾。抒情性、力強いスウィング感など、様々なジャズの楽しさがギュッと詰まった邦人ピアノトリオの決定盤!!(塙耕記)

■演奏:山本剛(p) 福井五十雄(b) 小原哲次郎(ds)

【監修・コメント】塙 耕記

第1期2019年8月7日発売10タイトル
特設ページはこちら:https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/1/81609

第2期2019年9月4日発売10タイトル
特設ページはこちら:https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/81799

第3期2019年10月9日発売10タイトル
特設ページはこちら:https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/82315

第4期2019年11月13日発売10タイトル
特設ページはこちら:https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/83443
全40タイトル









●山本剛 / ミッドナイト・シュガー 国内CD 1,650円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS-55 / 4988044048270)
【three blind mice Supreme Collection 1500 第3期タイトル】
日本のブルーノートと謳われるTBMレーベルの至高の40タイトルを特別価格[1,500円(税別)]にてリリース!

後に鈴木勲とともにTBMレーベルの2大看板アーティストとなる、山本剛の記念碑的ファースト・アルバム。グルーヴィーかつハート・ウォームな邦人ピアノトリオの人気盤。(塙耕記)

■演奏:山本剛(p), 福井五十雄(b), 小原哲次郎(ds)

【監修・コメント】塙 耕記

第1期2019年8月7日発売10タイトル
特設ページはこちら:https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/1/81609

第2期2019年9月4日発売10タイトル
特設ページはこちら:https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/81799

第3期2019年10月9日発売10タイトル
特設ページはこちら:https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/82315

第4期2019年11月13日発売10タイトル
特設ページはこちら:https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/83443
全40タイトル









●ジョナサン・クレイズバーグ / キャプチャリング・スピリッツ 国内CD 2,640円(税込) (AMSA RECORDS / NEW FOR NOW MUSIC / NFN0006 / 2299990911145)
※デジパック / 帯付き国内盤仕様

「このアルバムにはスタジオ録音では決して得られないライブならではのテンション感、その場でのリスクの上に巡りついたメンバー間の高い次元でのコミュニケーションが詰まっている。」 - ジョナサン・クレイズバーグ

モダンジャズ界屈指のギターヒーローJonathan Kreisberg / ジョナサン・クライスバーグ、自身の名義では初となるライブ・アルバムを満を持してリリース!!
ジョナサン曰く「スタジオ録音では決して得られないライブならではのテンション感、その場でのリスクの上に辿りついたメンバー間の高い次元でのコミュニケーションが詰まっている。」と、この作品に対する高い自信が伺えるが、実際にその言葉にも納得の凄まじい内容。
Martin Bejerano(pf)、Matt Clohesy(b)、 Colin Stranahan(dr)らを迎えたジョナサンの現最強布陣によるドイツ”Jazz-Schmiede”での演奏である。
彼のマスターピースになる事必至の素晴らしい作品だ。

ソングリスト
1.The Lift
2.Trust Fall
3.Everything Needs Something
4.Relativity
5.Known You Before
6.Wild Animals We’ve Seen
7.Body And Soul








●CHARLIE PARKER / MAGNIFICENT CHARLIE PARKER (LP) 輸入LP 3,850円(税込) (UME / B003096301 / 0602508143359)
※LP / Yellow Vinyl

天才チャーリー・パーカー、1955年のレア・コンピレーションがデヴィッド・マーティンのオリジナル・デザインで初復刻!!
彼がいなければジャズは今とは違ったものになっていたかもしれない天才チャーリー・パーカー。1955年にClef Recordsから発売されたコンピレーション「Magnificent Charlie Parker」が初リイシュー!Mercury/Clefで録音されていたセッションを集めたもので絶頂の演奏が聴ける素晴らしい内容です。
マイルス・デイヴィス、チャールス・ミンガス、マックス・ローチ、ロイ・ヘインズ、ケニー・クラーク、ジョン・ルイスといったジャズの歴史を形作る錚々たるジャズメンが参加し、是非一度は聴いていただきたい1枚です。
ジャケット裏もオリジナル盤と同じデザインを使用、なんと60年以上も再発されてこなかったということでファンにはたまらないリイシューとなっているのではないでしょうか。ジャケットの色に合わせたイエロー・ヴァイナルというのも気が利いてます!









●JOHN COLTRANE / BLUE WORLD(LP) 輸入LP 3,300円(税込) (IMPULSE! / B003015801 / 0602577626517)
※LP

★アメリカ音楽史の幻の遺産、再び発掘!
名盤『至上の愛』半年前の黄金のカルテットによる未発表スタジオ録音!●ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)。2018年にリリースされた完全未発表スタジオ録音作『ザ・ロスト・アルバム』は全世界のシーンに衝撃を与え大ヒットを記録。日本でも、第33回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を獲得しました。

●その『ザ・ロスト・アルバム』の翌年の1964年に、マッコイ・タイナー~ジミー・ギャリソン~エルヴィン・ジョーンズという通称・黄金のカルテットを率いて吹き込んだ未発表スタジオ音源が、録音から55年を経て奇跡のリリース!

●1964年6月、カナダ国立映画制作庁の委嘱で、フランス語映画「Le chat dans le sac (英題:The Cat in the Bag)』(日本未公開)の為に、ルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音された、名実ともに絶頂期のパフォーマンス。

●録音された5曲はいずれもコルトレーンのオリジナル曲。本レコーディング・セッションに関する当時のレコード会社にスタジオ使用の記録が残っていなかったため、映画のために録音を依頼されたという事実は、コルトレーン研究家の間でも数年前まで知られていませんでした。

●今回、セッションの全音源(合計8テイク)がフル・ヴァージョンでまとめられ世界初リリース。コルトレーン生涯の代表作『至上の愛』の約半年前という、ジャズ史上でも非常に重要な時期のパフォーマンスだけに、『ザ・ロスト・アルバム』級の衝撃をリスナーに与えることでしょう。

ソングリスト
A1.Naima
A2.Village Blues
A3.Blue World
A4.Village Blues
B1.Village Blues
B2.Like Sonny
B3.Traneing In
B4.Naima









●横田年昭 / 高翔 国内LP 4,620円(税込) (ユニバーサルミュージック / UCJJ9021 / 4988031355008)

Universoundsの尾川雄介氏監修による、日本ジャズ史に埋もれた知られざる珠玉の傑作を再び世に送るプロジェクト。
美しいメロディと躍動するリズム。そこは何人たりとも侵すことのできない気高き音楽世界。横田年昭 “幻”の名盤がついにレコードでリイシュー。

ソングリスト
1.高翔その1 / Elevation, 1 Ere Partie
2.路上 / On The Road
3.イージー・トゥ・ビー・ハード / Easy To Be Hard
4.アンド・ホエン・アイ・ダイ / And When I Die
5.カーヴド・ネイヴル / Curved Navel
6.ホワッド・アイ・セイ / What’d I Say
7.ハウ・ロング・ハヴ・アイ・ビーン・ウェイティング・フォー・ユー / How Long Have I Been ・・Waiting For You
8.ユー・アー・マイ・ウェイ・オブ・ライフ / You Are My Way Of Life
9.高翔その2/Elevation,2 Eme Partie








●BILL EVANS / PORTRAIT IN JAZZ(ULTRA DISC ONE STEP: 45RPM 180G 2LP BOX SET) 輸入LP 17,800円(税込) (MOBILE FIDELITY SOUND LAB / MFSL45UD1S00 / 0821797200929)
※LP BOX

全世界6000セット限定!!レーベル完売のため今回限りの入荷となります!
これを逃したら後悔するかも・・・
ジャズ史に永遠に輝き続ける大名盤「Waltz for Debby」と並んで評される1枚 ビル・エヴァンス 「Portrait In Jazz」がMOBILE FIDELITYから限定ナンバリング入りULTRADISC ONE-STEP仕様45回転2LPボックス・セットで登場!!

MOBILE FIDELITYが贈る新たな規格、ULTRADISC ONE-STEP (UD1S)シリーズの一枚。まるで3D体験のような新たな高みに到達したというUD1Sシリーズは、これまでのスリー・ステップ・プロセスから大きく進化、生産過程でよりノイズを抑え、より音の詳細を再現、大幅にダイナミクスを向上させることに成功したワン・ステップ・ラッカー・プロセスを採用。高音質盤ファンから圧倒的な信頼を得るMOBILE FIDELITYが「ウルトラ・ハイ・ファイ・エディション」と宣言する新たな次元の聴取体験をぜひお手元に。

全ジャズ・ファン待望の「Portrait In Jazz」限定BOXが到着!!
黒を基調に金色で刻印された文字の重厚感と豪華さがたまりません!!

BOXの裏には"SPECIAL LIMITED EDITION"の文字と手書きナンバリングが入っています。





●ONDREJ STVERACEK / SKETCHES(LP) 輸入LP 4,400円(税込) (STVERY RECORDS / SR1902 / 2299990879659)
※LP

全テナーファンにお勧めできる太鼓判作品Ondrej Stveracek 「Sketches」。
ご本人にコンタクトを取り200枚限定でアナログ盤化が決定!!
最初で最後のアナログ盤化になりますのでワンホーン好きの皆様はお見逃しなく!!

2017年初入荷以来ワンホーン人気盤として愛聴されるチェコの実力派テナーマンOndrej Stveracekの1作「Sketches」。
コルトレーンを彷彿とさせるモーダルなフレーズで縦横無尽に駆け抜けるエネルギッシュで白熱した演奏が全編に渡り収録、まさに"実力派"という言葉がピッタリはまるワンホーン好きの心を捉えて離さない傑作です。
そんな傑作を是非アナログ盤で聴きたい!!という想いでご本人にコンタクト。今回200枚限定でアナログ盤化が決定しました。
曲順もレコード化に伴いご本人がCDとは異なる順番に組み替え、CD作品をただLP化したわけではないアナログ盤ならではの楽しみ方ができるようにこだわりました。
CDを愛聴した方も未聴の方も全テナーファンにお勧めできる太鼓判な1枚が遂にアナログ盤化です。最初で最後のアナログ盤化になりますワンホーン好きの皆様はお見逃しなく!!!!

----------------以下CD盤初入荷時のディスクユニオン新宿ジャズ館のコメントより
ONDREJの名を知るジャズファンは余程のテナーマニアだと思うが、2010年の”What's Outside”が一部で熱狂的に支持された。何がそんなに支持されたのか?冒頭のオリジナル曲でその魅力は充分過ぎるほど伝わるだろう。
とにかく鳴りっぷりが凄い。その聴き手を圧倒するようなテナーサウンドは黄金時代のジャズが持っていた熱気を呼び覚ます。そしてスタイルは豪放磊落、思いの丈すべてを管にぶち込もうとするようなストレートなプレイは、時代錯誤な程かっこいい。現代においてスティーヴ・グロスマンと肩を並べる程の稀有なテナーマンではないだろうか。2曲目"I Want To Talk About You"のバラードに於ける透明感、歌心もまた良い。沁みるプレイとはこういう演奏だと教えてくれる。ソプラノのモーダルな演奏も狂おしい輝きだ。メンバーは地元チェコのピアノ、ベースに加え、ドラムに名手ジーン・ジャクソンが加わり、ワンホーンというONDREJの魅力を最大限に発揮できるフォーマットとなっている。50年代のブルーノートのようなアートワークも嬉しい。全てのテナー好きにオススメしたい推薦盤。(羽根)

■Ondrej Stveracek (ts,ss)
Gene Jackson (ds)
Tomas Baros (b)
Klaudius Kovac (p)

ソングリスト
A1.Three Card Molly
A2.Bunch Of Gypsies
A3.Sketches
B1.Song Nr.226
B2.It Could Happen To You
B3.Before Then






▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5
1/6(月)~1/12(日)








●JOHN MCLAUGHLIN / IS THAT SO? / IS THAT SO? 輸入CD 2,530円(税込) (ABSTRACT LOGIX / ABL61 / 0700261477541)
※ペーパースリーブ

天才ギタリスト、ジョン・マクラフリン(John McLaughlin)の新作が登場!
本作『Is that So?』は、インドの多作なヴォーカリスト/作曲家シャンカル・マハーデーヴァン(Shankar Mahadevan,)、インド出身の世界的に有名なタブラ奏者ザキール・フセイン(Zakir Hussain)とのコラボレーション・アルバムですが、単なるインド志向にととまらず普遍的な世界観~宇宙観を感じる、スピリチュアルな作品となっています。

■Personnel:
John McLaughlin(g)
Shankar Mahadevan(voc)
Zakir Hussain(perc/tabla)

ソングリスト
1. Kabir
2. Sakhi
3. Tara
4. The Search
5. The Guru
6. The Beloved







●明田川荘之 / フライ・ミー・トウ・ザ・ムーン 国内CD 2,200円(税込) (DEEP JAZZ REALITY/AKETA'S DISK/OCTAVE-LAB / OTLCD2437 / 4526180494270)

片面に1974年の録音を、片面に1978年の録音を収めた作品。ともに山崎弘一(ベース)、宮坂高史(ドラム)という、気心の知れた盟友とのトリオ編成である。“パワーとアイデアが微妙な接点を持って君臨する”とは明田川自身が本作を評した言葉。優雅でいながら力感が溢れるワルツ「おばちゃまお手をどうぞ」や、ボサノヴァを取り入れアケタ流に再構築された「フライ・ミー・テュー・ザ・ムーン」など、何人たりとも真似のできない、天才・アケタが堪能できる。特集
ページはこちらhttps://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/84745
universounds presents DEEP JAZZ REALITY
監修・解説:尾川雄介

相澤徹カルテットや日野皓正初期作品など、今世界中のジャズ・コレクターに最も注目される和ジャズのカルト作品を世界初CD化して注目のDEEP JAZZ RALITY最新シリーズに日本のジャズレーベルの強力タイトルが追加ラインナップ!
アケタズ・ディスク、アナログ期23タイトル完全CD化プロジェクト第2弾!ここに全てが出揃った!
大好評の第一弾に続く第2弾として今回は11作品がCD化!手書きのジャケットやハンドメイドの帯などDIY精神溢れるこれらのカタログは近年世界中から注目の集まるJ-JAZZ作品の中でも幻の作品を数多く含む至高のカタログとなっている。
完全限定生産、2019年最新デジタル・リマスタリング、新規解説付き!

【アケタズ・ディスク】
明田川荘之が西荻窪にライヴハウス<アケタの店>をオープンさせたのは1974年2月。以降これまでの35年間、幾多のミュージシャンが集い、夜な夜なセッション
を繰り広げてきた。まさしく日本のジャズ史が積み重なってきた“現場”である。
並行してレコード制作レーベル<アケタズ・ディスク>を始めたのが1976年春のこと。<アケタの店>に出演するような、パワフルで人間臭いミュージシャンの作
品を制作したい、はたまた天才・アケタの作品を世に出したいと自主制作に乗り出したのである。
アナログレコードは1985年までに23タイトルが制作され、その後もCDに切り替えてリリースは続けられている。
現場を映したカタログには個性的な作品が多く、厚みもあって壮観だ。ここに唯一のリーダー・アルバムを残した者、後の活躍を予見させるようなファースト・アル
バムを残した者、人生最後となるラスト・アルバムを残した者・・・。また、ここでしか実現しなかった貴重な顔合わせも数多い。もちろん音楽性は多岐にわたるが、
明田川の思いを映し、全ての作品がパワフルで人間臭い。 それこそが、アケタズ・ディスクの最大の魅力である。(尾川雄介)
ソングリスト
1.ゼアー・イズ・ノー・グレーター・ラブ
2.フライ・ミー・テュー・ザ・ムーン
3.おばちゃまお手をぞうぞ
4.アケタズ・ブルース
5.ユー・ドント・ノー・ホワット・ラブ・イズ・ボサノバ









●BRIAN CHARETTE / BEYOND BORDERLINE 輸入CD 2,200円(税込) (STEEPLE CHASE / SCCD31880 / 0716043188024)

実力派オルガニスト、ブライアン・シャレットのオルガン・ソロの新録登場!!

Ben Monder(g)と組んだオルガントリオ「Kurrent」、George Coleman(ts)との共演作「Groovin with Big G」などで知られる、実力派オルガニストのブライアン・シャレット。

2013年にもオルガン・ソロ作品を出しているので本作で2作目となるソロ。ジャズ・ピアノ・ソロ作品は数多に存在するが、ハモンドB3のソロ作品となると中々聴く機会もほとんどないでしょう。デューク・エリントンの3、7曲目以外は自作曲。まるで「時間と空間を自由自在に操る魔術師」といった感じで、ソウルフルでアーティスティックな演奏に引き込まれてしまう。

■Personnel:
Brian Charette(org)

ソングリスト
1.Yolk
2.Wish List
3.Chelsea Bridge
4.Girls
5.Good Tipper
6.Hungarian Bolero
7.Prelude To A Kiss
8.Silicone Doll
9.5th Of Rye
10.Aligned Arpeggio
11.Herman Enest III
12.Public Transportation









●JOHN COLTRANE / IMPRESSION GRAZ 1962 輸入CD 2,640円(税込) (EZZ-THETICS / 1019 / 0752156101925)

※ペーパースリーブ
1962年11月28日グラーツでのライブ音源。レコードではIngo,、Unique Jazz、CDではMagnetic、Charly等で聴けた音源ですが今回Hat Hut RecordsがオーストリアのORFから正式にライセンスを受けCD化。うまくいけば2枚目もリリースするとのこと。このライブ音源、3曲目の「枯葉」はコルトレーンのセレクションとしてはレアです。

■John Coltrane(ts,ss)
McCoy Tyner(p)
Jimmy Garrison(b)
Elvin Jones(ds)

ソングリスト
1. The Inch Worm 11:55
2. I Want To Talk About You 12:25
3. Autumn Leaves 10:43
4. Impressions 20:31









●E.S.T.(ESBJORN SVENSSON TRIO) / E.S.T. LIVE IN GOTHENBURG (2CD) 輸入CD 3,190円(税込) (ACT MUSIC / ACT9046 / 0614427904621)
※2CD、デジパック

E・スヴェンソン・トリオの最高の瞬間をとらえた未発表ライヴ音源、待望リリース!

★エスビョルン・スヴェンソン・トリオ(e.s.t.)の“歴史的/決定的瞬間”をとらえた衝撃の未発表ライヴ音源の作品化!!
★録音は2001年10月、彼ら3人が生まれた国スウェーデンの第二の都市、イェーテボリのコンサート・ホールにて。
☆活動初期の1990年代初めには、ビル・エヴァンス、キース・ジャレット、チック・コリアといったアーティストの影響を受けたアコースティックな演奏を聴かせていたトリオは、1999年にその後を決定付ける転換的作品『From Gagarin's Point Of View』を発表。従来の詩的な演奏もベースにしながら、ドラムンベース的な要素、サウンドイフェクトを導入したトリオのサウンドは、正に時代を革新するもので、シーンを驚かせたもの。また、2000年には、『Good Morni ng Susi e Soho』をリリースし、その路線を推進。つまり、本ライヴは、時代を切り拓いていった時期のバンドをとらえたもので、あふれ出るアイディアと、プレイヤーとしての勢いが、生々しく、また高い次元で実を結んだ記録!!!
★ライヴは、『From Gagarin's Point Of View』のオープニングを飾ったナンバー“Dating”でスタート。ホールに響き渡るスヴェンソンの美しいハーモニーと曲想からはクラシック音楽/ ブルースも基礎にした伝統にのっとった表現も見え、チック・コリアあたりからの影響力の大きさも。一方、キャッチーなメロディにサウンド・イフェクトを大胆にかぶせる場面あり、プリペアド・ピアノを織り込み、人力テクノ・ビートと、コレクティヴなソロを展開するというエッジの鋭いサウンドを展開する場面あり、超アップテンポで、空間を切り裂いていくような究極のピアノ・ソロあり。のちにロック、エレクトロ・ミュージックもさらに大胆に取り込み発展させていく、これぞ、e.s.t. というべきシンボリックな原点的演奏が炸裂。特に、各々のディスクの最後を飾る“The Wraith”と“Dodge The Dodo”にはスタジオ録音をはるかに超えたライヴだからこその圧巻のパフォーマンスもあります。
★実際、エスビョルン・スヴェンソン自身、このライヴを、トリオの演奏の中でベスト・パフォーマンスの一つと常に位置付けていたとのこと。
★またこのライヴこそ、“アコースティック・ジャズ・シーンに新しいディレクションをしめし、若いオーディエンスをひきつけ、現在活躍するミュージシャンにも多大な影響を与えることとなったバンドの転換期をとらえた演奏”!!
★常にサウンドを進化させ続け、2005年、名作『Viaticum』をリリースした直後では、24ヶ国100以上のコンサートで200,000人もの観客を動員した彼ら。2008年、不慮の死で突然に歴史が止まるまで、ビッグになり続けていきますが、この時期には、新たなものを創造する時の緊迫感とパワーが存在しています。
★サウンド・エンジニアは、メンバー3人を支え、4番目の隠れたメンバーとも言われたAke Li ntonが担当しています。

■メンバー:
Esbjorn Svensson(p)
Dan Berglund(b)
Magnus Ostrom(ds)

Music composed by Esbjorn Svensson, except From Gagarin's Point Of View,
Bowling & Dodge The Dodo composed by e.s.t.
Recorded live by Ake Linton 10 October 2001 at Gothenburg Concert Hall

ソングリスト
Disc 1
1. Dating
2. Somewhere Else Before
3. The Rube Thing
4. From Gagarin’s Point Of View
5. The Wraith
Disc 2
1. Providence
2. Good Morning Susie Soho
3. The Chapel
4. Bowling
5. The Second Page
6. Dodge The Dodo








●マーティー・ペイチ / マーティー・ペイチ・カルテット・フィーチャリング・アート・ペッパー 国内LP 5,072円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS32 / 4988044046931)

※LP / 完全限定プレス
溢れ出る歌心、そして滲み出る哀愁。
アート・ペッパー生涯の三大名演のひとつと謳われる大傑作が、CRAFTMAN RECORDSクオリティでアナログ盤復刻!!

■メンバー : Marty Paich(p), Art Pepper(as), Buddy Clark(b), Frank Capp(ds)
■アナログ盤企画/監修:塙耕記
■オリジナル・ジャケットの風合いを忠実に再現(PPコーティング加工での復刻は世界初!!)
■マスター盤プレッシング
■180g重量盤
■オリジナル盤と同様カラーヴァイナル(レッド)での復刻
■レーベルはスミ+特色銀印刷

現物写真や試聴動画も掲載した特集ページはこちら
https://diskunion.net/jazz/ct/news/article/0/81167

マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。







●島靖国) / FOR JAZZ VOCAL FANS ONLY VOL.1 (LP) 国内LP 4,620円(税込) (寺島レコード / TYLP1047 / 4988044050617)
夜中にそっと針を落としたくなる
寺島セレクション、ヴォーカル・シリーズがあなたを寝かせない
大好評の寺島レコード・コンピレーション・シリーズのアナログ化企画に、新定番『For Jazz Vocal Fans Only』が登場!

*収録タイムの都合で、CDと収録曲が異なります







●BILL EVANS / LIVE AT ART D'LUGOFF'S TOP OF THE GATE (2LP) 輸入LP 7,920(税込) (RESONANCE RECORDS(JAZZ) / HLP9012B / 0712758040428)

※2LP, 180g Black Vinyl (33 1/3RPM)
※4ページのリーフレット(写真、エッセイ)付き
入手困難だったResonance発掘のB・エヴァンス・トリオの68年録音がアナログ重量盤で再発!!
このRSDリリースは、ビル・エヴァンス・トリオ(エディ・ゴメス(b)、マーティ・モレル(ds))が1968年10月24日にNYの"Art D'Lugoff's legendary Village Gate club"に出演時の録音で、2012年に3LP(45RPM)ボックスで初リリースされた後、廃盤となり3年余り入手不能だったものです。

Resonanceレーベルの設立者で現社長のジョージ・クラビンが21歳の時に録音した音源を、オリジナル・テープからディジタル・リマスタリングしたこの豪華2LP折り込みセットは、Tom Copi、Jan Persson、Raymond Ross、Fred SeligoおよびHerb Snitzerによる写真や、ジャズ評論家ナット・ヘントフ、ゲイリー・バートン(vib)、ラルフ・ドルゴフ(アート・ドルゴフの息子)らによるエッセイを掲載した、4ページからなるリーフレット付き!
こちらは、全世界で4000枚限定プレスの180g重量盤で、Bernie Grundman氏のマスタリング、Record Technology社のプレスによる33 1/3RPM仕様となります。
(RSDのHPより)

1968年、ビル・エヴァンス・トリオ@NYトップ・オブ・ザ・ゲイト
最長の活動歴となったゴメス、モレルとの第二期トリオ
その最初期のライヴを捉えた作品!!33 回転2枚組LPとなって登場
★ 1968 年10 月23 日NY のヴィッレッジ・ゲイトの「階上」(2 階)にあったトップ・オブ・ザ・ゲイトでのビル・エヴァンス・トリオを捉えた『Live at Art D'Lugoff's Top of the Gate』が 33 回転、2LP で登場!!

★メンバーは、11 年間もの長きにわたって重責を果たしたエディ・ゴメス、そして、マーティ・モレルによる第二期トリオ。このトリオでは、その後7 年に及ぶ最長の活動を続けますが、本音源は、その最初期を捉えた貴重音源となります。

★“エミリー”をオープニングに、のべ17 の曲は詩的でリリカル。トリオ結成まだ間もないだけに、従来のアレンジや展開なども見える演奏。しかしそれだけに、ビル・エヴァンスの、実にビル・エヴァンスらしい演奏が魅力的。『ポートレイト・イン・ジャズ』の中でも超名演とされる“枯葉”におけるブロック・コードを使ったお馴染のイントロ、またシンコペーションを多用して美しくもスリリングなソロを展開する演奏など、エヴァンス・ファンには嬉しい演奏を聴くことができます。一方、ライヴならではの、テンポの走りなどにはジャズの“生”な感じがあり、エキサイトしたパッションの証も感じられます。

★録音は、実に、Resonanceの社長であるジョージ・クラビン。エヴァンスのマネージャーであったヘレン・キーンと交流があったクラビン。「新しいトリオが演奏するから、録音してほしい」とのリクエストをヘレンから直々に“受けて”機材を持ち込んで録音したとのこと。それを今や“ジャズ探偵”との異名も手にした( 当時はまだ駆け出しのプロデューサーであった)ゼヴ・フェルドマンが発見し、作品化。

★今や、ジャズ・ファンの間で、すっかりおなじみとなったResonanceの原点的一枚でもある作品。かつてリリースされていた45 回転盤の3 枚組は廃盤でもあり、嬉しい復刻です!

■Personnel:
Bill Evans: piano
Eddie Gomez: bass
Marty Morell: drums

Date: October 23, 1968
Location: Art D'Lugoff's legendary Village Gate club in New York City







●QUENTIN COLLINS / ROAD WARRIOR(LP) 輸入LP 2,970円(税込) (UBUNTU / UBU0027LP / 5065002180421)

※LP
英国のクエンティン・コリンズ(tp)による3管ハードバップ作品! レオ・リチャードソン(ts)参加作品!
クエンティン・コリンズ(tp)は英国出身のジャズトランペット奏者。やはり英国出身のトム・ハリソン(as)との2管編成クインテットを想定して結成、カイル・イーストウッド・バンドのツアーで共演した、ダン・ニマー(p)(ウィントン・マルサリス・バンド)にバンド参加を要請、そのニマーの推薦で、ウィリー・ジョーンズIII(ds)、ジョー・サンダース(b)、というNYを代表するリズム隊が参加することになった、という。更に、進境著しい俊英レオ・リチャードソン(ts)をフロントに加えて3管編成として本作品の録音に臨んだ。
(新譜案内より)

サウンドは、現代的でクールな感触のハード・バップ。テーマ部分では緻密なアンサンブル、アドリブ部分は各ソロイストの熱いソロというコントラストが素晴らしい作品となっています!
コリンズの自作曲4曲と、当初参加を想定されながらアシスタント・プロデューサーとして参画したトム・ハリソン(as)作の4曲とオリジナル中心ですが、いずれもよく練られた現代的なハードバップ作品揃いです。
そして、「The Chase」(2017年)でブレイクした、レオ・リチャードソン(ts)の参加も注目!!

■Personnel:
Quentin Collins - Trumpet
Meilana Gillard - Alto Saxophone
Leo Richardson - Tenor Saxophone
Dan Nimmer - Piano, Fender Rhodes(M4)
Joe Sanders - Bass
Willie Jones III - Drums

Special Guest:
Jean Toussaint - Tenor Saxophone(M5,7)

ソングリスト
A1.Road Warrior
A2.Look Ahead (What Do You See?)
A3.Do You Know The Way?
B1.El Farolito
B2.The Hill
B3.Float Flitter Flutter





●高柳昌行 / 侵蝕(エクリプス) 国内LP 7,150円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS75 / 4988044051027)

※LP / 完全限定プレス
幻のレーベル“ISKRA records”より、僅か100枚という小ロット・プレスで市場に放たれた日本人フリージャズの金字塔、初のアナログ盤復刻!!

手作り感満載の特殊オリジナル・ジャケットの再現、オリジナル・マスターテープから本LP用にリマスターされた音源からのカッティング等、長年の復刻技術のノウハウの全てを注入したコダワリの完全復刻を目指します。
- 塙耕記

18歳の時、札幌のジャズ喫茶アイラーに置いてあった「イスクラ」が発行する冊子「パフォーミング」で「侵蝕/エクリプス」を知った。
LPは売り切れでカセットテープ版の販売広告だった。すぐに申し込んだが電話はつながらなかった。
「侵蝕/エクリプス」は、それ以来ずっと気になっていた作品です。
- JINYADISC 斉藤安則

■PERSONNEL
高柳昌行 (el-g) 森剣治 (as, fl, recorder) 井野信義 (el-b) 山崎弘 (ds, perc)

■録音年月日 1975年3月14日
■アナログ盤企画/監修:塙耕記
■オリジナル・ジャケットを忠実に再現
■マスター盤プレッシング

マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。






▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5
12/30(月)~1/5(日)







●寺島靖国) / JAZZ BAR 2019 国内CD 3,080円(税込) (寺島レコード / TYR1085 / 4988044051126)
毎年恒例のキング・オブ・コンピレーション『Jazz Bar』
まもなく20周年イヤーに突入の19作目
来年2020年に金字塔となる20年を迎える『Jazz Bar』シリーズ。名実ともに歴史にその名を刻むシリーズへと成長を遂げたが、寺島靖国の選曲熱はまだまだ衰え知らず。続々と新シリーズも発表する中でも、本シリーズでブレずに20年にわたり「哀愁」の「美しいメロディー」をもつ「知られざる名曲と演奏家」をコンパイル。今回も世界各国の美旋律ジャズをご紹介します。
特典詳細情報
【特典】
本商品お買い上げのお客様へ特典2020年卓上カレンダーをプレゼント!
※プラスチックケース入りの卓上カレンダー。サイズ:100×148mm








●ジョナサン・クレイズバーグ / キャプチャリング・スピリッツ 国内CD 2,640円(税込) (AMSA RECORDS / NEW FOR NOW MUSIC / NFN0006 / 2299990911145)
※デジパック / 帯付き国内盤仕様
「このアルバムにはスタジオ録音では決して得られないライブならではのテンション感、その場でのリスクの上に巡りついたメンバー間の高い次元でのコミュニケーションが詰まっている。」 - ジョナサン・クレイズバーグ

モダンジャズ界屈指のギターヒーローJonathan Kreisberg / ジョナサン・クライスバーグ、自身の名義では初となるライブ・アルバムを満を持してリリース!!
ジョナサン曰く「スタジオ録音では決して得られないライブならではのテンション感、その場でのリスクの上に辿りついたメンバー間の高い次元でのコミュニケーションが詰まっている。」と、この作品に対する高い自信が伺えるが、実際にその言葉にも納得の凄まじい内容。
Martin Bejerano(pf)、Matt Clohesy(b)、 Colin Stranahan(dr)らを迎えたジョナサンの現最強布陣によるドイツ”Jazz-Schmiede”での演奏である。
彼のマスターピースになる事必至の素晴らしい作品だ。

ソングリスト
1.The Lift
2.Trust Fall
3.Everything Needs Something
4.Relativity
5.Known You Before
6.Wild Animals We’ve Seen
7.Body And Soul








●クリヤ・マコト浩一/則竹裕之 / アコースティック・ウェザー・リポート2 国内CD 3,300円(税込) (ソニー・ミュージックレーベルズ / SICJ-10011 / 4547366428506)
ソングリスト
1.リヴァー・ピープル
2.ドナ・リー
3.ブラック・マーケット
4.ルシタノス
5.バーバリー・コースト
6.マン・イン・ザ・グリーン・シャツ
7.スリー・ヴューズ・オブ・ア・シークレット
8.ビトゥイーン・ザ・サイズ
9.ディープ・インサイト (BONUS TRACKS)
10.ディープ・インサイト (リプライズ) (BONUS TRACKS)








●AKI TAKASE / THEMA PRIMA / テーマ・プリマ 輸入CD 2,420円(税込) (BMC RECORDS (BUDAPEST MUSIC CENTER) / BMCCD268S / 4947182908679)
※ペーパースリーブ
※日本語帯付き

多方向のジャンルで強烈な個性を放つ高瀬アキ(p)の最新プロジェクトが始動!!

高瀬アキの感性はほんとうに"multi-directional"だ、と常々思ってきた。あらゆる方向にアンテナがめぐらされていて、様々なプロジェクトを同時にこなし、さらには、これまで行ったことのない場所へ突然飛び移って人を驚かす。でも、その中心にはいつも変わらない高瀬アキがデンと構えていて、いつどんなところで音楽を創出していても、そこには彼女の強烈な個性が光り輝いているのだ。
-- 大村幸則(日本語ライナーノーツより)

■Personnel:
Aki Takase - piano
Daniel Erdmann - saxophone
DJ Illvibe - turntable, electronics
Johannes Fink - double bass
Dag Magnus Narvesen - drums
ソングリスト
1. Traffic Jam
2. Thema Prima
3. A Goldfish in Space
4. Mannen i tarnet
5. Wustenschiff
6. Hello Welcome
7. Monday in Budapest
8. Les Constructeurs
9. Berlin Express
10. Madam Bum Bum








●ヘクター・プリマー / NEXT TO NOTHING 国内CD 2,640円(税込) (RINGS / RINC62 / 4988044051393)
ジャイルス・ピーターソンからも高い評価を得る、サウス・ロンドンのメロウ・アーバン・ビートメイカー、Hector Plimmer(ヘクター・プリマー)によるセカンドアルバムが完成!!ロンドンを拠点にするソウルシンガー、Ego Ella Mayや、注目のガーナ出身のUKシンガーANDREW ASHONGも参加!!

エレクトロニック・ミュージック、ヒップホップ、ジャズ、ソウル、ファンク等のエッセンスが混じった音楽は世に数多あるが、それを一人で新たな音楽として提示できる人はそれほど多くない。サウス・ロンドンから登場したヘクター・プリマーは間違いなくその才能を持つ一人だ。ジェイミー・カラムが「最初から最後まで美しいアルバム」と絶賛したデビュー作『Sunshine』以上に、この新作の美しさには深く引き込まれる。(原 雅明 ringsプロデューサー)

album features guests...
Ego Ella May, Emma-Jean Thackray, Pie Eye Collective, Alexa Harley; and Andrew Ashong

ソングリスト
1.Next to Nothing (feat. Emma-Jean Thackray, Ego Ella May)
2.Sonnet 17 (feat. Ego Ella May)
3.Still Here
4.Somebody Else (feat. Andrew Ashong)
5.Tapeloop
6.Stack (feat. Pie Eye Collective)
7.Before the Sun (feat. Ego Ella May)
8.Step
9.Joyfulness (feat. Alexa Harley)
10.Circle
11.2 Minute Switch (feat. Pie Eye Collective)
12.Wall Street (feat. Andrew Ashong)
13.Communication Control










●JOHN COLTRANE / BLUE WORLD(LP) 輸入LP 3,300円(税込) (IMPULSE! / B003015801 / 0602577626517)
※LP
★アメリカ音楽史の幻の遺産、再び発掘!
名盤『至上の愛』半年前の黄金のカルテットによる未発表スタジオ録音!●ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)。2018年にリリースされた完全未発表スタジオ録音作『ザ・ロスト・アルバム』は全世界のシーンに衝撃を与え大ヒットを記録。日本でも、第33回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を獲得しました。

●その『ザ・ロスト・アルバム』の翌年の1964年に、マッコイ・タイナー~ジミー・ギャリソン~エルヴィン・ジョーンズという通称・黄金のカルテットを率いて吹き込んだ未発表スタジオ音源が、録音から55年を経て奇跡のリリース!

●1964年6月、カナダ国立映画制作庁の委嘱で、フランス語映画「Le chat dans le sac (英題:The Cat in the Bag)』(日本未公開)の為に、ルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音された、名実ともに絶頂期のパフォーマンス。

●録音された5曲はいずれもコルトレーンのオリジナル曲。本レコーディング・セッションに関する当時のレコード会社にスタジオ使用の記録が残っていなかったため、映画のために録音を依頼されたという事実は、コルトレーン研究家の間でも数年前まで知られていませんでした。

●今回、セッションの全音源(合計8テイク)がフル・ヴァージョンでまとめられ世界初リリース。コルトレーン生涯の代表作『至上の愛』の約半年前という、ジャズ史上でも非常に重要な時期のパフォーマンスだけに、『ザ・ロスト・アルバム』級の衝撃をリスナーに与えることでしょう。

ソングリスト
A1.Naima
A2.Village Blues
A3.Blue World
A4.Village Blues
B1.Village Blues
B2.Like Sonny
B3.Traneing In
B4.Naima









●寺村容子 / グレイスフル・タッチ 国内LP 4,620円(税込) (寺島レコード / TYLP1084 / 4988044051119)
寺島レコードの美旋律担当、寺村容子4年ぶり待望の新作アナログ盤発売も決定!もちろん数量限定です!
ブルージーな歌心を前面に出した前作『BLUE』(2015年7月リリース/TYR-1048)から実に4年。一度聴いたらやみつきになる旋律美によりいっそう磨きをかけた寺村容子トリオの待望の新作がリリースされる。
哀愁のスタンダード曲から、寺島レコードならではの知られざる美曲、極上の相性の洋楽カヴァー等が詰め込まれたこだわりの選曲。ジャズ・ファンをオーディオ・ファンにし、オーディオ・ファンをジャズ・ファンにする、寺島イズムを凝縮した一枚に仕上がった。

■演奏
寺村容子(ピアノ)
新岡 誠(ベース)
鳥山 悠(ドラムス)

■プロデュース/解説:寺島靖国
■録音/ミックス/マスタリング:
佐藤宏章(ランドマークスタジオ)

ソングリスト
A1.No Problem
A2.Last Tango In Paris
A3.These Foolish Things
A4.Who Wants To Live Forever
A5.You Must Believe In Spring
B1.Graceful Touch
B2.Children's Crusade
B3.Bay Walk
B4.Left Alone
B5.Wish Of The Ancients









●HERBIE HANCOCK / NEW STANDARDS(2LP/180G) 輸入LP 6,380円(税込) (UNIVERSAL KOREA / LP43170 / 8808678161700)
※LP / 180g / 33 rpm

Verve移籍第1弾、ハービー・ハンコック(p)の現代ジャズ的「素材」の希求が生んだ90年代の名盤をアナログ復刻!!

ポピュラー名作を「ニュー・スタンダード」として解釈、そのアイディアと内容の素晴らしさは90年代名盤の一枚として認知されている本作品。
ピーター・ガブリエル、スティーヴィー・ワンダー、シャーデー、ポール・サイモン、プリンス、そしてビートルズの「ノルウェーの森」と、ジャンルの壁を横断する楽曲の幅広さに驚かされるのはもちろんだが、時として原曲を特定するのが困難なほどに大胆なアレンジ、リハーモナイズが施されていることに、当時腰をぬかしたファンも多かった。更に、J・ディジョネット(ds),、M・ブレッカー(ts)、J・スコフィールド(g)など、メンバー全員が当時のジャズ界のトップ・ランナーという豪華な布陣も話題をさらった。
意外にも今回初めてアナログとして再発。発売当時のCDと同じ曲順で11曲を2LPに収録。

■Personnel:
Herbie Hancock(p)
Michael Brecker(ts,ss)
John Scofield(g)
Dave Holland(b)
Jack DeJohnette(ds)
Don Alias(per)

試聴(A1”New York Minute”)はこちら
試聴(B1"Norwegian Wood")はこちら

ソングリスト
Disc 1
A1.New York Minute 8:33
A2.Mercy Street 8:36
B1.Norwegian Wood (This Bird Has Flown) 8:04
B2.When Can I See You 6:15
B3.You've Got It Bad Girl 7:13
Disc 2
C1.Love Is Stronger Than Pride 7:57
C2.Scarborough Fair 8:21
D1.Thieves In The Temple 7:30
D2.All Apologies 5:04
D3.Manhattan (Island Of Lights And Love) 4:05
D4.Your Gold Teeth II 5:14









●KEITH JARRETT / MELODY AT NIGHT, WITH YOU (LP) 輸入LP 4,070円(税込) (ECM / 7742659 / 0602577426599)
※LP
キース・ジャレットのピアノソロ名盤『MELODY AT NIGHT, WITH YOU』が初アナログ盤化!
難病から奇跡の復活を遂げた巨星ピアニスト、その復帰第1弾。ジョージ・ガーシュウィン作「愛するポーギー」などスタンダード・ナンバーを中心に演奏、一音一音を慈しむようかのようなソロ・パフォーマンスで魅了する。キースの新章が、ここから始まった1999年オリジナル・リリース作品。当初献身的に彼の療養を支えた妻ローズ・アンへのクリスマス・プレゼントとして自宅録音されたという本作品は、最も愛されるジャレットの代表作となった。

■Personnel:
Keith Jarrett (p)

ソングリスト
A1.I Loves You Porgy
A2.I Got It Bad And That Ain’t Good
A3.Don’t Ever Leave Me
A4.Someone To Watch Over Me
A5.My Wild Irish Rose
B1.Blame It On My Youth/Mediation
B2.Something To Remember You By
B3.Be My Love
B4.Shenandoah
B5.I’m Through With Love







●TONI SOLA / NIGHT SOUNDS(LP) 輸入LP 3,300円(税込) (SWIT RECORDS / SWIT05LP / 8427702901053)
※LP
現代ワンホーン・ジャズ作品の決定盤が遂にアナログ限定プレスで登場。テナーの音色やフレージング、選曲、リズムセクション、どれをとっても非の打ちどころがないくらい素晴らしい作品。余裕すら感じられる朗々とした演奏が魅力的です。特にムーディーなA4、ソリッドなB1あたりが聴きどころでしょうか。

Toni Sola(ts,ss)
Ignasi Terraza(p)
Manuel Alvarez(b)
Oriol Bordas(ds)

ソングリスト
A1. End Of A Love Affair 4:34
A2. You've Changed 5:17
A3. Just In Time 4:27
A4. Quintessence 5:32
A5. My Romance 4:54
B1. Afternoon In Paris 4:29
B2. Ciao Ciao 5:21
B3. Do Nothing Till You Hear From Me 3:45
B4. When Sunny Gets Blue 4:37
B5. Night Sounds Blues 6:03




▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
トクモリ、それはオトクなまとめ買い

対象アーティストの参加作品まとめ買いで10%OFF

新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5

11/4(月)~11/10(日)



●CHARLES LLOYD / MONTREUX JAZZ FESTIVAL 1967
輸入CD 2,860円(税込) (TCB / TCB02462 / 0725095024624)


※輸入盤 / 日本語オビ付き
正規盤初出音源!キース・ジャレット参加!チャールズ・ロイドQ 1967スイス・ライヴ!
■貴重な放送音源等を発掘し、オリジナルテープから高品質なリマスタリングで復刻するTCBの「スイス・ラジオ・デイズ・ジャズ・シリーズ」。第46巻は、正規盤初出音源となるチャールズ・ロイド・クァルテットの貴重なスイス・ライヴが登場!

☆「世界三大ジャズ・フェスティヴァル」の1つ、モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルの記念すべき第1回となった1967年のライヴ!
☆キース・ジャレットが参加しその名を一躍有名にした時期(代表作「フォレスト・フラワー」の翌年)のチャールズ・ロイドのクァルテット!
☆正規音源からのワールド・プレミア・リリース。放送音源からの正規復刻のため、音質も非常に良好です!

※録音(ライヴ):1967年6月18日、スイス

「今回発掘されたこのCDには、チャールズ・ロイドの名を一躍高めることとなったクァルテットによる1967年モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルでのパフォーマンスが収められている。(中略)今回は、スイスのTCB RecordsがSwiss Radio Daysというシリーズの1枚として正式な形でリリースしたものなので、ラジオ局が録音したテープを使っていることもあって遥かに音も良く、しかもクァルテットがこのステージで演奏した曲を全て収めているので、チャールズ・ロイドの音楽を愛する者にとってとても嬉しい発掘作品となった。 大村幸則(国内仕様盤ライナーノーツより)」

■チャールズ・ロイド(ts, fl)
キース・ジャレット(p)
ロン・マクルーア(b)
ジャック・ディジョネット(ds)








●MATANA ROBERTS / COIN COIN CHAPTER FOUR: MEMPHIS
輸入CD 1,980円(税込) (CONSTELLATION / CST145CD / 0666561014520)


※ペーパースリーブ
シカゴ・フリージャズを代表する女性サックス奏者マタナ・ロバーツCoin Coinシリーズの第4章がリリース!多彩なミュージシャンを招き、厚みのある即興を披露。
電車が徐々にスピードを上げていきながら終いには暴走列車と化す工程を眺めるような強烈インプロ"trail of the smiling sphinx"、異国の地で怪しいライティングショーを見ている気分になる極彩色サイケ"shoes of gold"、ベロンベロンに酔っぱらいながらやけくそ気味に吹き散らかすかのような勢いある"fit to be tied"、女性版キャプテンビーフハート!?な"raise yourself up"などなど刺激強めな楽曲がたっぷり15曲収録。こりゃ~濃い!!

■Matana Roberts: alto sax, clarinet, wordspeak, voice
Hannah Marcus: electric guitar, nylon string guitar, fiddle, accordion, voice
Sam Shalabi: electric guitar, oud, voice
Nicolas Caloia: double bass, voice
Ryan Sawyer: drumset, vibraphone, jaw harp, bells, voice

GUESTS:
Steve Swell: trombone, voice
Ryan White: vibraphone
Thierry Amar: voice
Nadia Moss: voice
Jessica Moss: voice









●MARC COPLAND / AND I LOVE HER
輸入CD 2,200円(税込) (ILLUSIONS / IM4004 / 0757926452719)


※デジパック

ディスクユニオン・ディストリビューション、マーク・コープランド(p)、鉄壁のメンバーとのピアノ・トリオ作品。

マーク・コープランド(p)が、ドリュー・グレス(b)、ジョーイ・バロン(ds)という鉄壁のリズムセクションを迎えて臨んだピアノ・トリオ作品。
D・グレス、J・バロンとは2017年作品「Better By Far」で共演しており、呼吸もピッタリだ。

モンゴ・サンタマリアの1、ハンコックの2、ジョン・アバークロンビーの5、レノン&マッカートニーの7、コール・ポーターの9にドリュー・グロスやマーク・コープランドの曲も演奏。どんな曲でも彼の手にかかると張り詰めた空気感、繊細なタッチとハーモニーにいつのまにか引き込まれてしまう。独創的な世界に浸っていただきたい。■Personnel:
Marc Copland(p)
Drew Gress(b)
Joey Baron(ds)









●キース・ジャレット / ミュンヘン 2016
国内CD 3,850円(税込) (ユニバーサルミュージック / UCCE1181 / 4988031355022)


ECM と時代を歩んできた孤高のピアニスト、キース・ジャレットのヨーロッパ最新となるECM のホームタウン、ミュンヘンでの 2016 年ソロ・ライヴ盤。
●孤高のピアニストの一人、キース・ジャレットの 2016年7月16日にミュンヘンで行ったソロ・コンサートのライヴ録音2枚組。
●本コンサート以降、2017年2月15日に NY カーネギーホールで一夜限りのコンサートを行っているが、それ以降は一切コンサートを行っていない貴重な記録。
●キース・ジャレットのソロ・ピアノの醍醐味でもあるインプロヴィゼーションに加え、リスナーが心待ちにしているスタンダードも3曲収録。

「ソロ・コンサートは、私が作り上げたものではない独自のルールを持つ別世界のようなもの。」
-キース・ジャレット

プロデューサー: キース・ジャレット
エグゼクティヴ・プロデューサー: マンフレート・アイヒャー

録音年 2016年7月16日
録音場所 ミュンヘン、ガスタイク・フィルハーモニー
録音方法 ライヴ録音
演奏者 キース・ジャレット (p)









●GERALD CLEAVER / VIOLET HOUR
輸入CD 2,310円(税込) (SUNNYSIDE / 1565 / 0016728156523)


※デジパック

もともとフリー路線で活躍してきた硬派なジャズ・ドラマー、ジェラルド・クリーヴァー率いる先鋭的なジャズ・ユニット「Violet Hours」のライヴ盤が登場!苦味走ったダーク&ハードボイルドかつカラフルなソロの応酬で生々しくワイルドに盛り上がる充実ライヴ編!

■Personnel:
JD Allen - tenor saxophone
Andrew Bishop - bass clarinet, soprano and tenor saxophone
Jeremy Pelt - trumpet
Ben Waltzer - piano
Chris Lightcap - bass
Gerald Cleaver - drums







●山中千尋 / プリマ・デル・トラモント
国内LP 4,950円(税込) (ユニバーサルミュージック / UCJJ9017 / 4988031345238)


2019年6月27日にリリースされた最新アルバム「プリマ・デル・トラモント」のアナログ盤。
ブルーノート80周年&ミシェル・ペトルチアーニ没後20周年にフォーカスした作品。









●GRANT GREEN / BORN TO BE BLUE (LP/180G/TONE POETS VINYL)
輸入LP 5,500円(税込) (BLUE NOTE / 7786844 / 0602577868443)


※LP / 180g重量盤

1962年のグラント・グリーン(g)の名盤「Born To Be Blue」は、3か月前に制作されたアイク・ケベック(ts)の代表作「Blue And Sentimental」の姉妹盤ともいわれる作品。
ソウルフルなギタリスト、グリーンと、ディープなソウル・テナー、アイク・ケベックの間に生じたケミストリーの結晶ともいえる一枚です。

当時、BlueNoteのハウス・ピアニスト的な存在でもあったソニー・クラーク(p)の端正なプレイも光る名盤を、重量盤「TonePoet」シリーズの高音質でご堪能下さい!
■Personnel:
Grant Green - guitar
Ike Quebec - tenor saxophone
Sonny Clark - piano
Sam Jones - bass
Louis Hayes - drums

Recorded: March 1, 1962
Studio: Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ










●アート・ペッパー / サーフ・ライド
国内LP 5,500円(税込) (CRAFTMAN RECORDS / CMRS74 / 4988044048751)


※LP / 完全限定プレス
躍動感溢れる若きアート・ペッパーの魅力が凝縮された2枚の10インチ盤(ディスカバリー)をカップリングした、記念すべき12インチ・デビューアルバム。

■メンバー : ART PEPPER(as), RUSS FREEMAN(p), BOB WHITLOCK(b), BOBBY WHITE(ds), HAMPTON HAWES(p), JOE MONDRAGON(b), LARRY BUNKER(ds), JACK MONTROSE(ts), CLAUDE WILLIAMSON(p), MONTE BUDWIG(b)

■アナログ盤企画/監修:塙耕記
■オリジナル・ジャケットを忠実に再現
■マスター盤プレッシング/180g重量盤

マスター盤プレッシングとは・・・
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。









●BRAD MEHLDAU / LIVE IN TOKYO(3LP)
輸入LP 6,600円(税込) (NONESUCH / 7559792468 / 0075597924688)


※3LP
時代を超えても色褪せることのない、玄人好みの良質な音楽を世に届け続けているニューヨークのNONESUCHレーベル。 多くの音楽ファンから信頼と支持を集めるレーベルの名盤がアナログで復刻される。

今回発売となるブラッド・メルドーの『LIVE IN TOKYO』。彼にとって、初のソロ・ライヴ・アルバムであり、NONESUCHからの第1弾リリースでもあったこのアルバムが、発売から約15年を経て初アナログ化となる。しかも、オリジナル・アルバムに収録されていた8曲に、日本盤CDのみのボーナス・トラックであった7曲を加えた、3枚組、180グラム重量盤アナログでの発売である。

2003年2月15日すみだトリフォニー・ホールで収録された本音源には、メルドーのオリジナル楽曲をはじめ、ジョージ・ガーシュインからセロニアス・モンク、ジョニ・ミッチェルやポール・サイモン、ニック・ドレイクにコール・ポーター、バート・バカラック、そしてレディオヘッドなど、幅広いアーティストの楽曲を彼ならではのアレンジと解釈で演奏した15曲が収められている。"新世紀を代表するジャズ・ピアニスト"として、ジャンルを越えて、多くのアーティスト、ミュージシャンからも賞賛を浴びるブラッド・メルドーの、そのライヴ・アーティストとしての実力が存分に表現された、正に本領発揮の一枚と呼べる作品だろう。









●BILL FRISELL / HARMONY(LP)
輸入LP 5,720円(税込) (BLUE NOTE / 80164 / 0602508001642)


※2LP
★世界中の音楽ファンが敬愛してやまないギタリストの一人、ビル・フリゼールの新プロジェクトがブルーノートからリリース。

■プロデュースを手掛けるのは長年のフリゼールのコラボレーターLee Townsend、そしてオレゴンのポートランドにあるFlora RecordingでTucker Martineによって録音。

■本プロジェクトHARMONYは4人組。これまでもフリゼールとコラボしてきたなじみの2人チャーリー・ヘイデンの三女のヴォーカリストPetra Haden, チェロとヴォーカルを担当する Hank Roberts, そしてニューカマー Luke Bergmanはアコースティック・ギター、バリトン・ギター,ベース、歌を担当。

■ビル・フリゼールは、1992年ジョン・スコフィールドの作品『Grace Under Pressure』から始まり、Don Byron (Romance With The Unseen), Ron Carter (Orfeu), Norah Jones (“Come Away With Me”), などをはじめ、 これまでチャ―ルス・ロイドのThe Marvelsの作品までこれまで30年弱ブルーノート作品に参加しているが、本人名義作としては本作が初。

■Frisellならではのジャンルを超えた広大な音楽世界、彼自身の音楽は一貫してアメリカの音楽全体を尊重し、彼の個人的な歴史を誠実に表現しているアメリカーナ名盤の誕生!





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
1 2 3 4 5 6 次へ

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す