【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

●Archie Shepp / I Hear The Sound: Attica Blues Orchestra Live / CD / 2,200円(税込)

『アッティカ・ブルース』から40年。そのスピリッツを伝えるべく結成されたその名も“アッティカ・ブルース・オーケストラ”のライブを収録した作品。

『アッティカ・ブルース』は71年に起きたアッティカ刑務所の暴動事件に対してのトリビュートの演奏。時は流行し始めたファンクのリズムを取り入れたことをコマーシャリズムと評されたこともあり、昨今ではサンプリングされクラブシーンに大きく広まり、シェップのスピリッツと離れたところで語られることも少なくありませんが、背景には、根強い人種差別への反骨精神があるのはいうまでもありません。

そして今、シェップが再び、その意味を問うています。メンバーは、ドン・モイエ、アミナ・クローディン・マイアーズといったシカゴのジャズ・シーンを原点に活動し続ける歴史的なアーティストを核とし、パリのジャズ・シーンやコンサヴァトリーからの抜擢メンバー、ステファン・ベルモンドら南仏出身のアーティストたち。そして、セシル・マクロリン、アンブローズ・アキンムシーレらも招集。本プロジェクトには発端から、気持ちを一つにして演奏することで、世代や出身背景、文化的な違いを越えるというスローガンのようなものがあったとのことですが、メンバーに対し、シェップは、歴史的な背景や、演奏する意味、楽曲の目指す所を実際に説いたともいいます。また、ある日のステージ前には、ドン・モイエが「友達や自分のいとこがアッティカ刑務所に収容されていたこと。
彼らが誰も戻ってこなかったこと」をシェップに語った一面もあったとのことです。そんな背景から生まれた演奏には、間違いなく、メンバーの魂がこもります。思わず観客席から手拍子も生まれるチョッパーベースのイントロに、スピリチュアルなサックスとゴスペルのコーラス、またシェップの叫びが気骨を感じさせる< アッティカ・ブルース> をオープニングに、『アッティカ・ブルース』の数々の楽曲を6曲収録。特に、ファンクのリズムをベースに、分厚いブラスとストリングス、ゴスペル・コーラスが荘厳かつ劇的な音を生み出し、当時の勢いに負けじとしたスピリッツを感じさせるジョージ・ジャクソンへのトリビュート・ソングM3 や、当時7 歳だったカル・マッセイの娘が演じたヴォーカルをセシル・マクロリンが演じる などは聴きもの。
またシェップの曲の数々に交って、1曲織り込まれたアミナ・クローディン・マイヤーズの楽曲(M2) も感動的。少女時代に合唱団でアメリカ南部を巡回したというアミナのここでの歌は、真のゴスペルであると共に、亡きアビー・リンカーンの世界も彷彿とさせ、胸に迫ります。37年生まれのシェップは2012年のコンサートの時点で75歳。近頃はバラード演奏やスローが多い印象もありましたが、伝えるべき現実に押されての演奏は力強く、サックスもヴォーカルも現役そのもの。生涯現役、語りつづけてほしいです。

Archie Shepp (ts,ss,vo)
Jimmy Owens (cond)
Amina Myers (p,vo)
Marion Rampal (vo)
Cecile McLorin Salvant (vo)
Tom McClung (p)
Famoudou Don Moye (ds,congas)
Reggie Washington (b)
Pierre Durand (g)
Stephane Belmondo (tp)
Izidor Leintinger (tp)
Christophe Leloil (tp)
Olivier Miconi (tp)
Sebastien Llado (tb)
Simon Sieger (tb)
Romain Morello (tb)
Michael Ballue (tb)
Raphael Imbert (tb)
Olivier Chaussade (as)
Francois Theberge (tb)
Virgile Lefebvre (ts)
Jean-Philippe Scali (bs)
Manon Tenoudji (vln)
Steve Duong (vln)
Antoine Carlier (alto viola)
Louise Rosbach (cello)

The Cry of my people:
Ambrose Akinmusire (tp)
Darryl Hall (b)
Conductor: Jean-Claude Andre
2012.9.9(Festival Jazz a la Villette), 2013.6.14(CNCDC Chateauvallon),2013.6.17(Festival Les Nuits de Fourviere)





disk union新宿ジャズ買取センター 0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551  受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)

CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す