【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

EYMトリオの新曲です。
Le lours de Kuala Lumpur :


●EYM TRIO / GENESI
/ CD / DUJ119 / 2,916円(税込)


新時代の才能が鮮やかに描く創世記。演奏、選曲、音質、カヴァー・アートまで、全てがハイレベルで個性的なピアノトリオのデビュー作にして名盤。



カヴァー・アートから選曲まで配慮が行き届き、アルバム・コンセプトが強固である事、これ即ち名盤の資格を備えていると言う事だ。才能の迸るテクニカルな演奏技術。哀愁とスリルに満ちた楽曲など、多くのピアノトリオ好きが現代のジャズ作品に求める条件を満たすことは、昨今それ程難しくはない。しかし肝心のアルバム・コンセプトが薄い作品は、数年後にリスナーの記憶にどれだけ残っているのだろう。当たり前の選曲、只の集合写真や何かの模様だけのカヴァー・アートに、これまで何度フラストレーションを抱いた事だろう。だからこそ本作の完成度には驚いた。しかもそれがまだ知名度も低いフランスの若者たちのデビュー作なのだから。彼らはこのご時世に「アルバム」を届ける事の意味を確実に理解している。ブルガリア人の血を引くピアニストのエリー・デュフールを中心に、ベーシストのヤン・ファイフェット、ドラマーのマーク・ミシェルという三人の若き才能がリヨンの音楽院で出会い、やがてリハーサルを重ね、三人の頭文字を取った“EYM Trio”としてリヨンのオペラ座で、初ステージを踏んだのが2011年。そしてイタリア語で創世記を表す『ジュネジ』と名付けられた彼らの記念すべきこのデビュー・アルバムは2013年に録音された。彼らのスタイルにブラッド・メルドーやアヴィシャイ・コーエン、E.S.T.らの影響を伺うのは容易いが、さらに東欧ブルガリアの民族音楽を取り入れた哀愁のメロディ、めまぐるしいリズムも印象的である。上手いのはブルガリアの古いトラッドと現代UKのレディオヘッド、アメリカ黒人のデューク・エリントンのスタンダードが、まるで同じ人に生み出されたように何の違和感もなく、並列にその存在を誇示している点だ。これはプレイヤーの個性が曲に負けていないこと、またアレンジ・センスは元より、曲順を決めるにあたってのプロデュース能力にも長けている証拠である。一曲目の“Bulgarian Bulge”は、あまりの技巧を変態と称されたドン・エリス・オーケストラの演奏で知られるブルガリアのトラッドで、ブルガリアの名ピアニスト、ミルコ・レヴィエフが参加したオリジナル・ヴァージョンを、彼らは切れのあるタッチとスピード感溢れる現代的なピアノトリオとして、見事に再生している。二曲目のエリー・デュフールのオリジナル曲“Grand-Pas”は、魅惑のメロディと疾走感に満ちたテーマの逸品。これを聴いてCDをレジに持っていくのを堪えられるか?衝動を揺るがす一撃をリスナーに与えることだろう。三曲目の“Paranoid Android”は言わずと知れたレディオヘッドの有名曲。ブラッド・メルドーのジャズ・カヴァーが名高く、『Largo』や『Live In Tokyo』の他、ライヴでも度々演奏される十八番だが、寂寥感たっぷりのリフレインから一気にトリップする感覚を踏襲しつつ、あくまでポップな姿勢を崩さない彼らのセンスも実に良い。四曲目のエリントン・ナンバー“In A Sentimental Mood”に、最高にクールなアレンジを施したのは、EYM Trioのアート・ディレクターで、これまたブルガリア出身の名ピアニスト、マリオ・スタンチェフだ。続くブルガリアの舞踏曲“Gankino Horo”でも、彼らは目がくらむような変拍子に乗って、爆発的な凄まじい演奏を繰り広げるが、最早それは民族的アイデンティティの発露であるよりは、例えばクエンティン・タランティーノが映画『パルプ・フィクション』で“ミザルー”を使うようなセンスの良さに近いだろうか。あれだって元はギリシャの民謡だ。そしてこの素晴しい録音を手掛けたのが、Artesuonoの名エンジニア、ステファノ・アメリオときた。FAZIOLI F278という世界最高のグランドピアノと、録音界の魔術師を手にした『ジュネジ』は、驚くべき高音質録音によりオーディオファイルとしても輝いてしまった。これを名盤と呼ばずしてどうするのだ。 羽根智敬


 01.Bulgarian Bulge
 02.Grand-Pas
 03.Paranoid Android
 04.In A Sentimental Mood
 05.Gankino Horo
 06.Take Off
 07.Fellini
 08.Pocket Waltz
 09.Quasi Perfetto
 10.Haarp
 11.Break Astral


 Elie Dufour(p), Yann Phayphet(b), Marc Michel(ds)


 DISK UNION JAZZ(原盤:LeHarve)
 Recorded in may 2013 by Stefano Amerio at Artesuono, Udine

直輸入盤帯ライナー付国内盤仕様CD
2014年8月9日発売

 


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す