【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
10インチ盤のリリースで存在の一端を現したチャールス・ロイド、1965年の音源が、CDでついにリリース!


●CHARLES LLOYD / Manhattan Stories(2CD) / RESONANCE RECORDS(JAZZ) / US / CD / HCD2016 / 組数 2 / 2,808円(税込)
*2CD/digipak仕様

10インチ盤に収録されたSlugs'Saloonの音源+1曲→3トラックに加えジャドソン・ホールでのコンサート音源3トラックも収録。
60 年代のテンション感と、ジャズ・ロックの萌芽。 異なる雰囲気を持つ2会場での演奏の違いも興味深い世紀の発掘音源!


チャールス・ロイドは、1965 年にキャノンボール・アダレイ・セクステットを退団し、3月と5月に米コロムビアへ2 枚目のリーダー作『Of Course, Of Course』を録音。そのメンバーは、ロイド、ガボール・ザボ、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスという豪華な顔触れでしたが、同年10月には同じくコロムビアへ、今度はザボ、アルバート・スティンソン、ピート・ラロカというメンバーで録音。これらのセッションは、レコーディングのために集められたメンバーによるものかと思われていましたが、この音源の発掘、登場により、実は、似たメンバーでライヴ活動も行っていたことが明らかになりました。
しかも、本リリースで注目したいのは、これらの音源が、同じNYという土地にあって、エリアも、ヴェニューの雰囲気も、集まるオーディエンスも異なる2会場で収録された、ということでしょう。
ジャドソン・ホールはその名の通り、コンサート・ホールで、ミッド・タウンにあるフォーマルな雰囲気の場所。それに対して、スラッグスは、イースト・ヴィレッジ。アルバート・アイラーもここでのライブ音源をリリースされていますが、今やレジェンドと言われる気鋭のアーティストが連夜集まったのはもちろんのこと、作家や画家、またドラッグの売人までもが出入りしたNYの生々しい時代が創られた場所。
現代においても、ホールで行うコンサートと、小さなライブ会場でのパフォーマンスでは、生まれる音楽に大きな違いが出来ますが、ロイド自身もライナーで語っているように、その違いは非常に大きかったようです。つまり、スタジオ録音とは異なるアグレッシブな演奏が聴けるのはもちろんのこと、ここでは、同じグループが、2 つの異なる雰囲気の会場で演奏した記録を聴くことができるのです。
ガボール・ザボ、ロン・カーター、ピート・ラロカを従えたカルテット演奏。今もなお、唯一無二の存在として活躍するチャールス・ロイドが、この時代から独自の世界観を響かせていたことも再認識出来るライブ音源であるのも魅力ですが、サイケデリックなザボのギターとダイナミックなロイドの演奏は、新主流派、フリー・ジャズの動きが活発化した1960年代中頃ならではの熱気とテンション、ある種のシュールな空気を伝えます。またスラッグスの音源には、よりサイケデリックな色彩感が濃く、共にジャズ・ロック・サウンドの開拓者ともなるロイドとザボ、2人の記録としても興味深くあります。
今回もResonance Records ならではの復刻で、資料も充実。収録された写真により、上記ジャドソン・ホール、及びスラッグスの当時の雰囲気の違いが鮮やかになるのはもちろんのこと、解説や、ロイドのインタビューでは、当時を回想したロイドのコメントも掲載。1960年代半ばという時代も伝えてくれます! (新譜案内より)

Disc 1
1. SWEET GEORGIA BRIGHT(CHARLES LLOYD) 17:49
2. HOW CAN I TELL YOU(CHARLES LLOYD) 11:57
3. LADY GABOR(GÁBOR SZABÓ) 12:50

Disc 2
1. SLUGS’ BLUES(CHARLES LLOYD) 12:57
2. LADY GABOR(GÁBOR SZABÓ) 13:53
3. DREAM WEAVER (CHARLES LLOYD)15:25

■CHARLES LLOYD(tenor sax, flute)
GÁBOR SZABÓ(guitar)
RON CARTER(bass)
PETE LA ROCA SIMS(drums)




▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す