【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
●STAN GETZ / MOMENTS IN TIME (DIG) / RESONANCE RECORDS / US / CD / HCD2020 / 2,268円(税込)

76年5月、スタン・ゲッツ・カルテットの未発表音源!!
クールで端正、かつパッションも溢れる演奏と、哀愁のバラード・・
同時発売の『ゲッツ/ジルベルト76』と対をなすリリース!
ジャケは”WAY OUT WEST”の編集者/イラストレーターの藤岡宇央さん!

★76年5月、サンフランシスコの名門クラブ、キーストン・コーナーで行われた、スタン・ゲッツ・カルテットの未発表ライブ音源を収録した貴重なリリース!!
★同11日~16 日のライブでは、ボサノバの巨匠ジョアン=ジルベルトを迎えたセットもあり、その音源は『ゲッツ/ジルベルト’76』という形になって同時に作品化(HCD2021)されますが、こちらは、インストのカルテット・ヴァージョン。
★70年代のゲッツと言えば、コロムビアの作品群を振り返ればわかるように、実に多彩。リターン・トゥ・フォーエヴァーを結成した直後のチック・コリア&スタンリー・クラーク、そしてトニー・ウィリアムス、アイアート・モレイラといったメンバーをバックにしたクロス・オーヴァーな作品『Captain Journey』あり、スヌーピーのジャケットでもおなじみ、ラロ・シフリンとの共演を記録したライト・タッチな『Children Of The World』あり、ジョアン・ジルベルトと再会したセッション作品『The Best Of Two Worlds』あり、そして、ジミー・ロールズの名曲をタイトルにした『The Peacocks』・・など、その活動は、”混沌”と表現する人もいる多様さを見せます。
★しかし、後のコペンハーゲン、カフェ・モンマルトルのパフォーマンスしかり、ライブのゲッツは別の顔。ここでのゲッツも”ザ・ジャズ!”と言えるカルテットの演奏。ジョアン・ブラッキーン、クリント・ヒューストン、そして、ビリー・ハートといったトリオをバックにした演奏はいい意味で50年代~のクール・ジャズの美学がみなぎる演奏の数々。そして、ライブならではの熱さが魅力的です。乱れなく、どこを切り取っても歌心が響く美しいフレージングを、時には青白く燃える炎のようなパッションを込める力強さを見せる演奏は、正にライブならではであり、この時期のスタン・ゲッツの姿を生き生きと伝えてくれます。
★一方、60年代の経験からカルロス・ジョビン&ヴィニシウスによる“O Grande Amor”のようなボサ名曲も一曲披露。サウダージがにじむサックスは、正にゲッツ・ワールドの真骨頂ですし、またホレス・シルヴァーの至高の名バラード”Peace”も、ビブラートをかけた音に哀感が滲んで印象的です。
★数々のおなじみのスタンダード・ナンバーが奏でられた名ライブ。『ゲッツ/ジルベルト76』と対で聴きたい一作です!

メンバー:Stan Getz(tenor saxophone), Joanne Brackeen(piano), Clint Houston(bass), Billy Hart(drums)

(新譜インフォより)



●STAN GETZ / Getz/Gilberto '76(CD) / RESONANCE RECORDS(JAZZ) / US / CD / HCD2021 / 2,268円(税込)

ジョアン・ジルベルト-70年代唯一のライブ作としても極めて貴重!
名盤『Joao Gilberto』の発売(73年) を経て『Amoroso』を録音する直前、
”声とギター”の至芸を完成させた時期の素顔がここに・・・
アコギのやわらかな響き、囁く声、温かいサックス、すべてが最高!


★世界的なボサノヴァ・ブームを決定づけた不朽の名盤『ゲッツ/ジルベルト』(63年録音)から13年後の76年。再会盤となる『The Best of Two Worlds』を発表したスタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトが、サンフランシスコのジャズクラブ、キーストン・コーナーで行なったリユニオン・ライヴの音源を、Resonance Recordsが発掘。2015年、4曲入りの10inchアナログ盤『Selections from Getz/Gilberto ’76』を先行発売したのに続き、待望のフル・アルバムの登場です。
★ライヴは76年5月11日から16日までの6日間、スタン・ゲッツのカルテットにジョアン・ジルベルトが客演する形で行なわれ、ゲッツのカルテットの演奏は、同時に発売される『Moments In Time』(HCD 2020)に収録されています。
★一方、本作は、ゲッツが演奏に参加した曲は収録曲の半数で、主役はジョアン。当時のジョアンは名盤の誉れ高い『Joao Gilberto』の発売(73年)を経て『Amoroso』を録音する直前で、”声とギター”の至芸を完成させた時期にあたります。しかしこれまで、70年代のジョアンのライヴ音源は存在していなかったので、そういう意味でもきわめて価値のある発掘です。
★ジョアンのライヴ盤に初めて収録された曲も数多くあります。超目玉の「Aguas de Marco」をはじめ「E Preciso Perdoar」「Eu Vim da Bahia」そしてジョアン自作のインスト曲「Joao Marcelo」。また、ジョアンの58年の録音を通じてボサノヴァ誕生を告げた歴史的な曲「Chega de Saudade」が、ジョアンとゲッツの共演の形で初めて聴けることも大変貴重です。
★そして、こうした歴史的価値はもとより、ここでは、リラックスした雰囲気の中で繰り広げられた音楽の会話を心ゆくまで堪能でき、ボサノヴァ・ファンにとってもジャズ・ファンにとってもマスト・アイテムとなるライヴ盤です。
★なお、ジャケット画は『ゲッツ/ジルベルト』『ジャズ・サンバ』などゲッツの一連のボサノヴァ・アルバムと同じく、プエルトリコ出身の女性画家、オルガ・アルビズの作品。CDと共に12inchアナログも同時発売!ジャケへのこだわりも魅力です。
★未発表写真、当時のエピソードを盛り込んだ32頁英文ブックレットを収録。

メンバー:Joao Gilberto (vocals, guitar), Stan Getz(tenor saxophone), Joanne Brackeen(piano), Clint Houston(bass), Billy Hart(drums)


(新譜インフォより)



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す