【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

●<ジャズ100周年> UHQCDキャンペーン!ジャズ生誕100周年を記念して、名盤ばかり50タイトルを「UHQCD」化して一挙発売!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17324/



●ノルウェイの雄!さらなる進化をとげたヘルゲ・リエン最新作登場!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17327/



●作曲家やDJとしても活動、様々な音楽遍歴と抜群のバランス感覚を合わせ持った鍵盤奏者"nabeLTD"率いる音楽集団"Fango Inc"、ピアノ・トリオ編成で初の音源をリリース!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17329/



●柳樂光隆氏 監修レーベル 『Jazz The New Chapter Records』 ニューアムステルダムレーベル作品5タイトルをリリース!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17328/



●<スタン・ゲッツ生誕90周年記念> 2017年2月に生誕90周年を迎えるスタン・ゲッツのVerve音源再発10タイトル
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17325/



●ラーメンを本気で愛する女たちによる、心躍るピアノ・セッション。矢野顕子と上原ひろみ、5年ぶりの共演アルバム!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17326/



●日本先行発売・日本盤ボーナストラック2曲収録。ベッカ・スティーブンス新作!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17323/



●シャイ・マエストロ、ヤロン・ヘルマンらと並び、シーンの最前線で活躍するイスラエル出身のピアニスト、オメル・クラインの新作がリリース!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17342/



●FRESH SOUND NEW TALENTから新作4タイトル入荷!!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17343/





●高橋由佳 / オレンジ・ムーン / STEPS-re(ステップスアールイー) / JPN / CD / YTCD1001 / 4546266211218 / 2,000円(税込)


ブルージーなヴォーカルと、ギターリーダーの若手アコースティック&エレックトリックバンドのコラボレーション。関西の重鎮アルトサックス奏者 古谷充 が作曲と演奏で参加。

大阪・神戸を中心に活動するヴォーカリスト高橋由佳。ブルージーで落ち着いた歌声に関西の若手中堅ギタリスト井野アキヲをリーダーとしたアコースティックバンドとエレクトリックバンドのサウンドでコラボレーションする。ギターバンドのかっこよさと力強さの中に、古谷充の日本語曲とも相まって全体的にノスタルジックな雰囲気がただよっている。曲はナット・キング・コールのヒット曲の#1、ドラムレスでパーカッションをフューチャーしたラテンナンバーの #2、ギターのカッティングがご機嫌にスイングする #3、60年代のヒット曲をを5拍子アレンジした #7、若いリズム隊に後押しされてドライブする #6。日本語曲ドライアイズ、オレンジ ムーンは関西ジャズ界の重鎮 古谷充の書き下ろしで、演奏でも参加している。




●JOAN SHAW / A Retrospective 1947-1964(2CD) / FRESH SOUND RECORDS / ESP / CD / FSRCD920 / 8427328609203 / 3,456円(税込)


最初期のジョーン・ショウ(サリナ・ジョーンズ)を捉えた貴重なセレクション!
大の親日家として知られるシンガー、サリナ・ジョーンズ。彼女が“ジョーン・ショウ”という旧芸名で活動していた頃の貴重な音源が2枚のCDに網羅されました。古くは1947年の録音(当時17歳)から、より新しいところでは61年のファースト・アルバム「JOAN SHAW SINGS FOR SWINGERS」、64年の「JOAN SHAW IN PERSON」まで。この後、彼女は“サリナ・ジョーンズ”として再デビュー、生年も1944年に改めますが、情感のこもったヴォーカルは、すでにジョーン・ショウ時代から確立されています。歌好き垂涎の編集盤といっていいでしょう。




●LARRY ELGART / New Sounds At The Roosevelt/Music From Saratoga / FRESH SOUND RECORDS / ESP / CD / FSRCD921 / 8427328609210 / 2,376円(税込)


モダン・ジャズのテイストも取り入れた人気オーケストラの名演集!
ラリー&レス・エルガート楽団は50年代のアメリカ・ポピュラー音楽を代表するオーケストラのひとつです。当時の日本でも大いに流行し、ジルバのバック・ミュージックなどにも使われたとのことです。このCDはレスと離れたラリーが改めて結成した自身のオーケストラによる作品。「NEW SOUNDS AT THE ROOSEVELT」と「Music from the Broadway Hit Production SARATOGA」という2枚のカップリングです。“軽音楽”に分類されることもあるラリー楽団ですが、アル・コーンを始めとするアレンジャーがモダン・ジャズのテイストを付け加えています。




●SAMMY DAVIS JR. / A lot of livin' to do - Sings et swings with the Marty Paich Dek-Tette et orchestra / FRESH SOUND RECORDS / ESP / CD / FSRCD922 / 8427328609227 / 2,376円(税込)


稀代のエンターテイナーが、ペイチのアレンジでジャズ・スピリットを存分に発揮!
1950年代から60年代にかけての西海岸ジャズを代表するアレンジャー、マーティ・ペイチ。メル・トーメとの数々の名作でジャズ史に名を残していますが、このCDはサミー・デイヴィスJr.と組んだ録音を集めた一枚。約3分の1が10人編成の“デクテット”による伴奏、ほかのトラックではオーケストラによるゴージャスなサポートがサミーの歌を包みます。タップダンス、物真似などでも人気を博し、俳優としても著名なサミーですが、本作には、ヴォーカル一本に絞った時の圧倒的な実力と魅力が凝縮されています。




●CLAES MAGNET / Close To Silence / QUADRANT RECORDS / ESP / CD / QD00074J / 8424295359759 / 1,944円(税込)


カタロニア出身のジャズピアニストクラエス・マグネットらが2015年に結成したピアノトリオのデビュー盤がリリース!
マルシン・ワシレフスキー、トード・グスタフソンといったスカンジナビア諸国のピアニストに影響を受けた彼らの作品は、ミニマリズム&静寂というテイストが強いです。哀愁を帯びたメロディーに注目。




●KAUNIS FIVE / Kulosaari / Music Fund Slovakia / EU / CD / SF00882531 / 8588001009991 / 2,700円(税込)


これは現代ハード・バップを追っている方は必聴の1枚です。東欧スロヴァキア出身の名トランペッターLukas Oravecとコルトレーンを彷彿とさせるモーダルなフレーズが人気の実力派テナーマンOndrej Stveracekの2管を中心とした2015年録音作。
3曲のみですがジャズ批評のピアノトリオ特集にも掲載されたポーランドの人気ピアニスト・PIOTR WYLEZOLも参加している、メンバー・内容ともに大充実した1枚。現代ハード・バップの傑作です。




●LUKAS ORAVEC / Ali / LUKAS ORAVEC / IMPORT / CD / 27770012 / 2299990252690 / 2,484円(税込)


東欧スロヴァキア出身の名トランペッターLukas Oravec の自主制作第2弾、米のベテラン・サックス奏者ボブ・ミンツァー を迎えた話題盤。
第1作同様、バックにはカルマーン・オラーのピアノトリオを配して聴かせるハードバッピッシュな逸品!
Bob Mintzer (ts) (USA)
Lukas Oravec (tp,flh) (SK)
Kalman Olah (p) (HU)
Tomas Baros (b) (CZ)
Marian Sevcik (ds) (SK)
(新譜情報より)




●TIGERS MIND / PARADISO PUDDING MIX / JVTLANDT / DEN / CD / JVT0015CD / 5706274008708 / 1,512円(税込)


タイガーズマインドは、クラシック、ジャズ、ノイズ、電子音楽からの影響を元に、即興で音世界をビルド/アンビルドするちょっと風変わりなユニットだ。

デンマーク出身ノルウェー在住のマルチ奏者&コンポーザーのNiklas Adam、同じくデンマーク出身ノルウェー在住のサックス奏者Danielle Dahl、デンマーク人ドラマーThomas Eiler によるインプロヴィゼイシヨンバンド。

かれらは、オーストリア、デンマーク、ノルウェー、ドイツ、日本を巡り、Jazzjuice Festival、Aarhus Jazzfestival などにも参加。そして、Margaret Unknown、河野円、Travis LaPlante、山内桂、mattin との共演を果たした。またメンバー個人として、Jim Denley、Frisk Frugt、中村としまる等々と共演した。




●MIGUEL 'PINTXO' VILLAR / About The Space / MOSKITO REKORDS / ESP / CD / MR019 / 8427328884907 / 2,376円(税込)


スペイン最先端のジャズ・オーケストラ、“ダビ・メンガル・フリー・スピリッツ・ビッグ・バンド”。
そのメイン・ソリストとして欠かせない存在なのがミゲル・ピンチョ・ビラール。
このアルバムでは、彼のサックス演奏がたっぷりと堪能できる1枚。オーソドックスな4ビートを中心に、ウォーン・マーシュにも通じるクールな音色で快演を聴かせます。ビル・エヴァンスやウェイン・ショーターのオリジナルの選曲もあります。
■Miguel 'Pintxo' Villar (ts)
Juan Pablo Balcazar (b)
Carlos Falanga (ds)




●SEMINAL JAZZ / Seminal Jazz / MOSKITO REKORDS / ESP / CD / MR018 / 8427328884891 / 2,376円(税込)


スペインのジャズ・フェス「Jazzaldia」のホームページで“魔術のような即興を聴かせるバンド”と称賛された4人組、セミナル・ジャズの新作です。2サックス、ベース、ドラムスが絡み合いながら展開するサウンドは実にスリリングであり、各メンバーの高い技量がそのまま反映されています。さらに当CDには、トロンボーン奏者とギタリストもゲスト参加。さらに音に厚みが加わり、以前からのセミナル・ジャズのファンはもちろん、スペイン・ジャズの現況が知りたいファン、生き生きとした若手の演奏が聴きたいファンの要望にも応えられる内容になっています。

【 メンバー 】
Roberto Nieva (as), Daniel Juarez (ts), Tana Santana (b), Borja Barrueta (d), Bruno Valle (tb), Alvaro del Valle (g)




●WINTER FAMILY / South From Here / ICI D'AILLEURS / FRA / CD / IDA121 / 3521383440599 / 1,512円(税込)


Winter Family は2004年にヤッファで出会ったRuth Rosenthal とXavier Klaine から成るデュオ。2007年にSub Rosaレーベルからデビューしている。




●SELVHENTER / MOTIONS OF LARGE BODIES / SELVHENTER / DEN / CD / SHCD02 / 2299990349970 / 1,512円(税込)


デンマークのバンド「SELVHENTER」は、またたくまにヨーロッパでもっともエキサイティングなエクスペリメント・ロックバンドのひとつになった。エネルギッシュなロックと即興やノイズを混ぜ合わせたそのユニークな音で、北欧各地のジャズやロックのフェスティバルに出演し、絶大なる人気を博す。メンバーの5人は、コペンハーゲンでも有名なバンドに属している。その幾つかを紹介すると、「Pinkunoizu」、「Havens Fugle」、「Chimes & Bells」、「Gud Er Kvinde」、「Valby Vokalgruppe」、「Kirsten Ketsjer」、そして「Choir Of Young Believers」などが挙げられる。

「SELVHENTER」はロックと即興ばかりでなく、アフリカや南アジアのパーカッションやミニマル音楽からの影響も大きい。ホーンセクションがシンプルなメロディパターンを繰り返す中、2人のドラマーが激しくポリリズムを叩き出す。またある時には、トロンボーンと2本のサックスはエフェクトペダルで音を歪ませながら演奏する。彼らの音は美しく激しく、ダンスにも最高のパートナーとなる。彼らにとって最も必要であり重要なことは、エネルギーと好奇心なのだ。




●CLARA PEYA / OCEANES / TEMPS RECORD / ESP / CD / TCR162302 / 8436021026095 / 1,944円(税込)


くるりの岸田繁さんが前作を2016年度ベスト1に選んだことでもしられるスペインはカタルーニャのピアニスト/コンポーザー、クララ・ペーヤの新作が早くも登場。Silvia Perez Cruz, Judit Neddermann, Toni Pages, Vic Moliner, Alessio Arena, Ferran Savall, Aleix Tobias, Adria Plana, Diego Fernandez, Pau Figueresといった今をときめくアーティストからベテランまでと共演し、いまやカタルーニャ音楽に欠かせない存在となりつつある。新作のテーマは「水」。タイトルである大洋を臨むような壮大な世界観は、80年代以降のヨーロッパ・バレアリック~NEW AGEにも通ずる開放感がある。




●ROGER GIMENEZ / Keep Shining / TEMPS RECORD / ESP / CD / TR1618-GE16 / 8436021026040 / 1,944円(税込)


1984年生まれのスペインのピアニスト、ロジャー・ヒメネス初リーダー作品、2016年録音盤がリリース!
イニャキ・サンドバル、マリアーノ・ディアス、カレル・ボレリー、ハンス・ブルーマンス、ステファン・カールソンら有名ピアニストに師事という前途多望なプレイヤーです。繊細でリリカルなナンバーからダイナミックなグルーヴ感満載の楽曲まで、様々な世界観が満載です。さすが! と思わず唸り声。
Roger Gimenez (p,fender rhodes)
Andreu Moreno (ds)
Jordi Blanes (elb)




●堀秀彰 / 堀秀彰 N:Lab / ORBIT RECORDS(JAZZ) / JPN / CD / ORG1002 / 4988044028364 / 3,024円(税込)


全てのジャズファンに捧ぐ!
新世代の旗手 ピアニスト 堀秀彰が放つ
渾身のニュー・プロジェクト【N:Lab】が遂にそのベールを脱ぐ!

ジャパニーズ・ジャズ・シーンの旗手、ピアニストの堀秀彰が率いるニュー・プロジェクト【N:Lab】(エヌラボ)
その存在感はジャズ・シーンに留まらず、ドリームズ・カム・トゥルーやダ・パンプなどの多くのレコーディングやツアーへ参加。リーダー・アルバムは本作を含め13作、サイドマンとして100枚以上のアルバムに参加する名実共に国内屈指のジャズ・プレイヤーと言っても過言ではないだろう。その堀秀彰とメンバーが4年の歳月をかけて磨き上げてきた2ホーン・クインテット【N:Lab】が満を持して放つ渾身のスタジオ・レコーディング。フロントには近年メキメキと頭角を現し、キレのある演奏を聴かせてくれるトランペット奏者「石川広行」と国内ジャズ・ファンにはお馴染み、圧倒的な迫力のブローイングでリスナーを虜にするテナーサックス奏者「西口明宏」。リズム陣には堀秀彰が絶大な信頼を寄せるベーシスト「高瀬裕」と抜群のリズムとセンス溢れるアプローチを披露するドラマー「長谷川ガク」というメンバー。オープニングのM1-グリーンライクからドライブ感溢れるナンバーを披露、往年のクラシック・ジャズを彷彿させつつもやはり新しいサウンドとクリエイティヴなソロ回しに痺れる堀秀彰のオリジナルナンバー、続くフロウ・オブ・ザ・ウインドは新進気鋭のトランペッター石川広行のオリジナル。ダンディズムと気品に溢れ、男心をくすぐるスケールの大きなナンバーだ。3曲目のシンギング・トゥ・ザ・スカイは堀秀彰らしい美しく爽やかな装いのテーマが印象的な心地の良いサウンド、M4では一転して目まぐるしく変わるリズムにあって一貫して突き抜けたうねりの疾走感が秀逸な西口明宏のマクロへと続く。全11曲のうち10曲がメンバーのオリジナルではあるがハードバップ~メインストリームのファンにも刺さる一枚、古きを温ねて新しきを知るまさに温故知新、すべてのジャズ・ファンに捧げる快作だ!




●EDDIE DURAN / Jazz Guitarist Modern Music from San Francisco / FRESH SOUND / ESP / CD / FSRCD924 / 8427328609241 / 2,376円(税込)


1980年にベニー・グッドマン・バンドの一員として来日、日本武道館などで公演したエディ・デュラン。サンフランシスコのジャズ界を代表する、まさしく職人肌のギタリストです。実力のわりにまとまったリーダー作が少ない奏者ですが、今回、決定版というべき編集のCDが登場しました。(1)から(10)までは初期の代表作「Jazz Guitarist」より、(11)から(14)までは歌手のルー・ブルネルの伴奏、(15)~(17)はデイヴ・ブルーベックのバンドで活動したベース奏者ロン・クロッティ名義のセッションで、若きエディの卓越したプレイがいかんなく発揮されています。
(jazzyellより)




●M(H)YSTERIA / FAMILY DRUG / JVTLANDT / DEN / CD / JVT0017 / 2299990349938 / 1,512円(税込)


"Family Drug" はGiovanni Di Domenico が創立したトリオ、M(h)ysteria の初めてのレコーディングだ。古典的なオルガントリオのサウンドがありつつも、M(h)ysteria はダークな方向へ突き進む。これはスイングセッションではない。現代の生活での逃れられない緊張感、ストレス、そして漠然としたやるせなさを表現しているのだ。ギラギラと光る未来は私たちを震えあがらせる。楽器の役割はあえて固定させず、メンバーはDi Domenico の作曲した曲のなかで常に流動する。結果は、ジャズのオープン感、プログ・ロックの緻密さ、そして即興の爆発性だ。"Family Drug" によってハモンドオルガンは、「新しく創造性のある音楽づくり」というあるべき位置に立っている。




●PAT THOMAS(JAZZ VOCAL) / Desafinado/Moody's Mood / BLUE MOON / ESP / CD / BMCD884 / 8427328008846 / 2,376円(税込)


初めてボサ・ノヴァを英語で歌ったジャズ・シンガー、パットの名唱集!
初めてボサ・ノヴァを英語で歌ったジャズ・シンガーのひとりと伝えられる、パット・トーマスの名唱集が登場しました。彼女は1965年にアート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズのゲストとして来日したことがありますが、このCDは62~63年に制作された「Desafinado」と「Moody's Mood」をカップリングした一作。ディジー・ガレスピー・バンドの一員としてボサ・ノヴァの普及に一役買ったラロ・シフリンや、クラウス・オガーマンなど錚々たる面々がアレンジを担当し、パットの初々しくもソウルフルなヴォーカルにさらなる彩りを加えます。




●CHRIS CONNOR / Complete Atlantic Singles 1956 - 1960 /BLUE MOON / UK / CD / BMCD883 / 8427328008839 / 2,376円(税込)


モダン・ジャズ・ヴォーカルの名花、故クリス・コナーの人気は今なお陰りを見せません。ほぼすべてのアルバムがCD化されていますが、この作品はなんと、シングル・レコードとして発売されていたトラックを中心にしたコンピレーション。おそらくジュークボックスやラジオでかかることを意識して制作されたのでしょう、アルバム収録曲とは一味違う、よりポップな音作りによるパフォーマンスが目立ちます。名歌手クリス・コナーの、すばらしい“脚注”として、あらゆるヴォーカル・ファンにお勧めです。 (jazzyellより)




●BILL DOGGETT / Oops/Prelude to the Blues / BLUE MOON / ESP / CD / BMCD882 / 8427328008822 / 2,376円(税込)


1956年に「ホンキー・トンク」が大ヒット、R&Bオルガンのビッグ・スターとして人気を博したビル・ドゲット。もともとはエラ・フィッツジェラルド等と共演したピアニストで、R&B界での地位を確立しても、核となるジャズ・センスは不変でした。この2枚組は、円熟期の彼を捉えたアルバム「Oops!」と「Prelude to the Blues」をカップリングし、さらにボーナス・トラックを加えた徳用盤。代名詞「ホンキー・トンク」の再演あり、ビリー・ホリデイの名唱で知られる(15)あり、カウント・ベイシー楽団で有名な(18)ありと、多彩な選曲で酔わせてくれます。 (jazzyellより)




●LARRY ELGART & HIS ORCHESTRA / SOPHISTICATED SIXTIES/THE SHAP / BLUE MOON / UK / CD / BMCD881 / 8427328008815 / 2,376円(税込)


兄レス・エルガートとの双頭オーケストラで50年代のアメリカを風靡したのがラリー・エルガートです。スウィング・ミュージック全盛期のベニー・グッドマン楽団やグレン・ミラー楽団のサウンドを、さらに明るく、ダンサブルにしたような作風は、ロックンロールが猛威を振るう時代に、大人の音楽ファンに一種の清涼剤として受け入れられました。このCDはレスと離れ、ひとりでオーケストラを率いるようになってからの作品である「Sophisticated Sixties」と「The Shape of Sounds to Come」のカップリング。アーニー・ウィルキンスら、アレンジャー陣も極上です。




●MED FLORY / Go West Young Med! / FRESH SOUND RECORDS / ESP / CD / FSRCD923 / 8427328609234 / 2,376円(税込)


1970年代に誕生した、チャーリー・パーカーのアドリブ・ソロをサックス・アンサンブルで演奏するバンド“スーパーサックス”。そのリーダー格であるメド・フローリーの、若き日の録音が理想的な形で集大成されました。冒頭8曲はオーケストラによる演奏で、ハル・マキュージック、隠れ名手アーノ・マーシュなどニューヨークの凄腕が参加。(9)から(22)まではロサンゼルスの気鋭達とのセッションで、ラスト2曲はサックス・アンサンブルを生かした内容。スーパーサックスの結成に至るまでのフローリーの軌跡を追うことができます。




●南里沙 / Blend / キングレコード / JPN / CD / KICJ-762 / 4988003500429 / 3,240円(税込)





●レジー・ワトキンス / アビッド・アドマイヤー / クラウン徳間ミュージック販売 / JPN / CD / YZSO-10073 / 4582315821052 / 2,500円(税込)





●チック・コリア / ライヴ・イン・東京 1987 / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / 規格UCCR-1062 / 4988031211298 / 2,160円(税込)





●東京キネマ・ジャズ・トリオ / ジャズ・シネマ・ノスタルジア / キングレコード / JPN / CD / KICJ-761 / 4988003500412 / 3,240円(税込)





●狩野泰一 / SOUND OF THE WIND / エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ / JPN / CD / YCCS-10061 / 4542519010881 / 3,000円(税込)





●ラルフ・タウナー / マイ・フーリッシュ・ハート / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / UCCE-1167 / 4988031210246 / 2,700円(税込)





●チック・コリア / ザ・チック・コリア・エレクトリック・バンド / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / UCCR-3010 / 4988031211328 / 1,620円(税込)





●チック・コリア / ビニース・ザ・マスク / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / UCCR-3014 / 4988031214053 / 1,620円(税込)





●チック・コリア / アイ・オブ・ザ・ビフォルダー / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / UCCR-3012 / 4988031211342 / 1,620円(税込)





●チック・コリア / ライト・イヤーズ / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / UCCR-3011 / 4988031211335 / 1,620円(税込)





●チック・コリア / インサイド・アウト / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / UCCR-3013 / 4988031211359 / 1,620円(税込)





●オムニバス / ジャズ100年のヒット曲 / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / UCCU-1536/7 / 4988031212509 / 2,484円(税込)





●スタン・ゲッツ / ベスト・オブ・スタン・ゲッツ / ユニバーサル・ミュージック / JPN / CD / UCCU1535 / 4988031206102 / 1,944円(税込)

▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す