【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD】 4/15 新入荷一覧! 

●ブラッド・メルドー、ジュリアン・レイジ参加!2014年ヒットしたバラード集『Peace』と同メンバーよる2017年ダイナ・ステファンス新作!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17552/




●OLIVER LAKE / RIGHT UP ON / PASSIN' THRU / CD / 0616892476740 / 2,376円(税込)

現代音楽の世界で際立った活動をしている弦楽四重奏FLUX Quartetと、
ロフト・ジャズを代表するサキソフォニスト、オリバー・レイクの共演!!

All compositions by Oliver Lake, Talkin’ Stick Music, SESAC.

alto saxophone OLIVER LAKE

FLUX Quartet
violin TOM CHIU
violin CONRAD HARRIS
viola MAX MANDEL
cello FELIX FAN

Produced by
Oliver Lake & Jahi Lake




【SUNNYSIDE Records】


●IDREES SULIEMAN / 4 American Jazz Men In Tangier / 2CD / SUNNYSIDE / US / 0016728475228 / 2,808円(税込)

貴重な入手困難音源・未発表音源集

イドリース・スリーマンは1923年はフロリダ生まれ、2002年に亡くなったトランペッターで、早い時期からビバップを始め、マイルス・デイビス、ディジー・ガレスピー、コールマン・ホーキンスなどと共演、レコーディングした実力者だ。
今作はIdrees Sulieman Quartetとなっているが、注目すべきはピアノのオスカー・デナードである。彼は1960年に腸チフスで倒れ、プロとしてのキャリアは10年程であるにもかかわらず、アーマッド・ジャマルやハロルド・メイバーンなどの、後の巨匠に大きな影響を与えた。
DISC 1は、1959年(1958年説もある)のツアーの、タンジールでのラジオ放送録音で、過去に、『Oscar Dennard / The Legendary Oscar Dennard』として発売されたものと、曲順は違うが、同内容のようだ。現在は入手困難となっており、ファンには嬉しい復刻だ。
DISC 2は、ツアー前のパーティーのライブで録音されたもので、今回が初のリリース!!テープの状態は悪かったが、サウンドエンジニアBlaise Favreの手によって復元された。現存する音源があまりにも少ないデナードの、貴重な未発表音源である。
オスカー・デナードのプレイは今聴いても革新的だ。モンクのような力強さとイーブンなスウィング感、トリスターノのような対位法的左手、ビバップを踏襲しオリジナルに昇華した、あくまでもメロディアスなフレーズ。もう少し多くの作品を残していたら、確実に巨匠として名を残していたであろう。

Idrees Sulieman(tp)
Oscar Dennard(p)
Jamil Nasser(b)
Buster Smith(ds)


●RANDY INGRAM / Wandering / CD / SUNNYSIDE / US / 0016728147026 / 2,268円(税込)

エヴァンス譲りの“インタープレイ”を聴かせる、美しく、深い、“音の会話”

アラスカ生まれ、カリフォルニア、ラグナ・ビーチでキャリアを積み、NYブルックリンに拠点を移し活躍するピアニスト、ランディ・イングラムの新作は、世界的ベーシスト、ドリュー・グレスとのデュオ!!
イングラムにとって、ベースとのデュオ形式は特別な想いがあるようだ。学生時代、南カリフォルニア大学のベーシストであるBilly Mohlerと共演を重ねた彼は、「私は、大学2 年間の演奏を通じて、私の文体的なアイデンティティの多くが形成されたと思う。そしてその経験によって、デュオ形式がとても親密なものとなった。」と語っている。また、アルバムのタイトルについて、俳人の芭蕉の放浪(wanderi ng) が芸術に与えた重要性と、自身の音楽におけるアイデンティティを探す旅とを重ね合わせて考えたとのこと。
“ビル・エヴァンスがヒーロー”という彼のプレイは、抒情的で、繊細で、美しい。8 曲目“Show-Type Tune”など、エヴァンスへのリスペクトが伺える。そんな彼と、ベースとしての役割にとどまらないドリューとの掛け合いは、やはりデュオ形式ならでは。展開に応じて自在に立ち位置を変えるドリューのレスポンスの早さは流石だ。
また彼は、スウェーデンの人気歌手、モニカ・ゼタールンドの生涯を描いた映画、『Moni ca (Z邦題:ストックホルムでワルツを)』で、エヴァンス役として俳優デビューを果たした。全編通して、エヴァンス譲りの“インタープレイ”を聴かせてくれる。美しく、深い、2 人の“音の会話”をお楽しみください。(メーカー・インフォメーションより)

Randy Ingram(p), Drew Gress(b)


●MCGINNIS/LANDE/SWALLOW / RECURRING DREAM / CD / UNNYSIDE / 0016728143127 / 2,268円(税込)

Mike McGinnis - soprano saxophone & clarinet
Art Lande - piano
Steve Swallow - bass guitar


●CHANO DOMINGUEZ / OVER THE RAINBOW / CD / SUNNYSIDE / 0016728147224 / 2,268円(税込)

Chano Dominguez - piano


●JOHN ESCREET / THE UNKNOWN / CD / SUNNYSIDE / 0016728147323 / 2,268円(税込)

John Escreet - piano
Evan Parker - saxophone
John Hébert - bass
Tyshawn Sorey - drums


●HARRIET TUBMAN / ARAMINTA / CD / SUNNYSIDE / 0016728145923 / 2,268円(税込)

Harriet Tubman: The Band -
Brandon Ross (guitar)
Melvin Gibbs (electric bass)
JT Lewis (drums)
Second Trio -
Ron Miles (trumpet)
DJ Logic (turntables)
DJ Singe (turntables)


●NICK SANDERS & LOGAN STROSAHL / JANUS / CD / SUNNYSIDE / 0016728146920 / 2,268円(税込)

Nick Sanders - piano
Logan Strosahl - alto & tenor saxophone




【ACT Records】


●ULF WAKENIUS / Father And Son / CD / ACT MUSIC / GER / 0614427984326 / 2,484円(税込)

スウェーデンが世界に誇るトップ・ギタリストの“父子プロジェクト”が遂に完成させたデビュー作。
1997~2007年に巨匠オスカー・ピーターソンのレギュラー・ギタリストを務めて、その実力を世界中にとどろかせたウルフ・ワケーニウス。ACTではキース・ジャレットのソングブックやソロ・ギター作、フラメンコ・ギターのヘラルド・ヌニェスとのデュオなど、毎回アルバム・コンセプトや人選にアイディアを凝らしてきました。
そんなウルフの新作は実息エリックとのアコースティック・ギター・デュオです。エリックはウルフの2007年録音作『ラヴ・イズ・リアル』に1曲だけゲスト出演し、2011年録音作『ヴァガボンド』には全面参加してタイトル曲をウルフと共作。また2011年からは“ファザー&サン”のデュオ・プロジェクトを始動させて、世界各地でライヴ活動を継続しています。
約5年間のライヴ実績を踏まえた二人は、スウェーデン・イェーテボリの名工房として知られるニレント・スタジオで、本作を録音。ウルフのオリジナル3曲とトラディショナル・ナンバーにスウェディッシュの独自性が表れているのはもちろんですが、注目すべきは多彩なカヴァー曲です。アルバム全体をウェザー・リポートの人気曲「バードランド」の抜粋版M-1と完全版M-11で挟んだ構成がユニーク。サイモン&ガーファンクルのM-7「スカボロー・フェア」、ビートルズのM-9「エリナー・リグビー」、エリックが歌うキャット・スティーヴンスのM-10「ファザー・アンド・サン」といった選曲からは、ウルフが10代までに好んで聴いたナンバーを演奏することによって、若き日の自分自身へのトリビュートとエリックへのレガシー伝承を意図したことが想像できます。
アルバムのハイライトはe.s.t.のレパートリーからのM-8。印象的なイントロの「ドッジ・ザ・ドド」はウルフのe.s.t.曲集『ラヴ・イズ・リアル』と、ウルフ参加作『ジャズ・アット・ベルリン・フィルハーモニックV』に続く再々演になりますが、静かなムードの「ホエン・ゴッド・クリエイテッド・ザ・コーヒーブレイク」とのメドレーにすることによって、新鮮なサウンドに仕上がっています。
B.B.キングが歌い、エリック・クラプトンも好んだボーナス・トラックのM-12「ヘルプ・ザ・プアー」まで、父と息子ならではの、息の合った心温まる演奏が魅力的な作品です。
(メーカーインフォより)

Recorded by Lars Nilsson at Nilento Studios, Kållered (Gothenburg), September 3, 2016

Ulf Wakenius (g), Eric Wakenius (g & vo=M10) Produced by Ulf Wakenius


●ANDREAS SCHAERER / Big Wing / CD+DVD / ACT / 0614427982421 / 2,808円(税込)

ロム・シェーラー・エベレで2015年に来日! ACT 新星ヴォーカリスト!
スイスから登場した才能に満ち溢れる超新星ヴォーカリストのACTデビュー作!

アンドレアス・シェーラーは 1976 年生まれ。これまでドラマー、ルーカス・ニッグリとのデュオ作などをリリースし、ヨーロッパ で 最も権 威が ある《 EC H O ジャズ・アワード》の 2015 年度 最 優 秀 国 際ヴォーカリストを受 賞。同地で急 速に評価 を 高 めて います。またトランペット+ギ タ ーとのトリオ“ ロ ム・シェーラ ー・エベレ ”で 2 01 5 年 に 来 日 公 演 を行 った 実 績 も あります。と は言っても現代男性ジャズ・ヴォーカリストとして、日本ではまだ発展途上であることは間違いありません。★本作は2015年9月に母国の《ルツェルン・フェスティヴァル》で開催されたホール・コンサートを収めたライヴ。シェーラー率いる管楽器とリズム隊を含む6人のバンドHildegard Lernt Fliegenが、同祭アカデミー・オーケストラと共演した総勢66名の大編成による演奏です。すべての作編曲と半数の作詞を手掛けたあたりは、シェーラーが単なるヴォーカリストの枠を超えた音楽家であることを示しています。歌唱スタイルはポリフォニックな技法を兼ね備えたヒューマン・ビートボックスと呼べるもので、もちろんインプロヴィゼーションのスキルも存分に発揮。メンバーとの当意即妙なやり取りも痛快です。
時には自らオーケストラの指揮を執りながら、ダイナミックにサウンドを展開するリーダーシップは、デューク・エリントンやスタン・ケントン、あるいはラヴェル、バーンスタイン、ストラヴィンスキーといったクラシック~現代音楽の巨匠を想起させるスケールの大きさを表現しているといっても過言ではないでしょう。CDと同内容のDVDがそれを体感させてくれるはずです。
“ 驚くべき人材 ”を 発 掘 することでジャズ・ファンを喜ばせてきた、ACTのお家芸が炸裂した創立 25周年記念作 。
(メーカーインフォより)


●JOACHIM KUHN TRIO / BEAUTY & TRUTH / CD / ACT / 0614427981622 / 2,484円(税込)


●NGUYEN LE & NGO HONG QUANG / HA NOI DUO / CD / ACT / 0614427982827 / 2,484円(税込)


●NATALIA MATEO / DE PROFUNDIS / CD / ACT / 0614427973429 / 2,484円(税込)





●ANAT COHEN & TRIO BRASILEIRO / ROSA DOS VENTOS / CD / ANZIC RECORDS / US / 0896434001924 / 2,484円(税込)

イスラエル・ジャズを代表するミュージシャンで現在アメリカ在住、世界でもトップクラスのクラリネット/アルト・サックス奏者として知られるアナット・コーエン。日本では昨年末から紹介されている『OUTRA COISA』や、その前の作品『Luminosa』でもブラジル音楽への傾倒が見て取れるが、2017年新作はブラジル人ショーロミュージシャンとがっぷり四つに組んだショーロ作品。アナット・コーエンと共演しているTrio Brasileiroは、Douglas Lora(g)、Dudu Maia(bandolim)、Alexandre Lora(per)で、ブラジル在住だがアメリカでツアーなどを行い成功しているグループのようだ。アナット自身はジャズ・ミュージシャンにカテゴライズされるアーティストだが、この作品では歌心あふれる演奏でショーロの持つのクラシカルな香りまでも伝えている。アナット・コーエンのファンのみならず、室内楽ファン、ショーロファンの方にもおすすめ。





●CARMEN PAZ GONZALEZ / COLORES / CD / INDEPENDIENTE / CHI / 3614974662569 / 2,484円(税込)

チリのラージ・アンサンブル大傑作!
チリの女性ピアニスト、カルメン・パス・ゴンサレス率いるラージ・アンサンブル作品。録音は2011年、バルセロナにて行われたものの、その後リリースされることがなかった逸品が待望のフィジカル化。ピアノ、ドラム、ベースのトリオを軸に、曲によって5管4弦、スキャットやバンドネオンを交えた柔らかなアンサンブルが心地よすぎる。 マリア・シュナイダー直系ともいえる#1は名演。

Carmen Paz : Piano, Compose, Arrange
Paco Weht : Contrabass
Carlos Falanga : Drums

Albert Cirera : Soprano & Tenor sax
Pablo Arias : Alto sax
Pablo Selnik : Flute
Roc Albero : Trumpet, Bugle
Josep Tutusaus : Trombone

Tania Mesa, Aloma Ruiz : Violin
Dolores Nycz : Viola
Sandrine Robilliard : Cello

Diana Palau : vocal (#1)
Marcelo Mercadante : Bandoneon (#2)
Pepe Ferrer : Glokenspield (#6)

Ramon Quadrada : Musical Direction





●PETER KUHN / No Coming, No Going, The Music Of Peter Kuhn 1978-1979 / 2CD / NO BUSINESS RECORDS / EU / 2299990165910 / 2,808円(税込)

リトアニアのレーベルNoBusinessからPeter Kuhnの1978~1979年の録音を集めたCDがリリース。
CD1は1978年NYのコロンビア大学ラジオでの演奏を録音したもので、自身のBig City Recordsから79年にリリースされた「Livin´ Right」とは若干異なる内容・エディットしたもの。
CD2は1979年9月にマサチューセッツでの演奏を収録したものとなっております。共演者にも注目の1枚です。

Peter Kuhn – B flat and bass clarinets
Toshinori Kondo – trumpet, alto horn (left speaker)
Arthur Williams – trumpet (right speaker)
William Parker – bass
Denis Charles – drums





●TONINHO HORTA & NICOLA STILO / Duets / CD / VIA VENETO JAZZ / ITA / 8013358200185 / 2,160円(税込)

ミナスを代表するガット奏者トニーニョ・オルタと、ジャズ・フルート奏者ニコラ・スティーロが出会った珠玉のデュオ・ファースト・アルバム。トニーニョ・オルタのギター&ヴォーカルとニコラ・スティーロのフルートのみの完全なデュオ・スタイル。二人の息遣いが伝わってくるような本当に美しいアルバムです。




●今井和雄 / ザ・シーズンズ・イル / CD / HITORRI / JPN / 4589740821015 / 1,620円(税込)

70年代から活動するギター奏者・今井和雄のエレクトリック・ギターを使ったソロによる決定的名演!

演奏:今井和雄 (electric guitar)

今井和雄 (1955年生まれ) は高柳昌行と小杉武久に師事し、1970年代から国内外で活動するギター奏者。即興音楽を中心に、フリージャズ、現代音楽、ノイズに至る多様な演奏をおこなっている。今井はエレクトリック・ギターを使ったソロによる大音量即興演奏を不定期ながら続けていて、本作には、その決定的名演とも言える2016年4月と9月のライヴ演奏2曲(どちらも25分を超える) を収録。めくるめく多層な音の渦が激流となって押し寄せる、まさに圧巻の演奏。しかも、単なる爆音の垂れ流しにはならず、25分超の演奏の中に変化とメリハリを利かせた構成力は、今井の即興演奏家としての素晴らしさをも如実に示している。
(新譜案内より)





●ジャズ・パラダイス / カフェで流れるジャズピアノ20~Forever Love Songs~ / CD / シュガーキャンディー / JPN / 4571362521930 / 1,944円(税込)

今回は情感溢れるジャズピアノとバンドサウンドがしっとり重なり、J-POPバラードたちを奏でます!大切な人とずっと聴きたい最新曲を含む全20曲を収録!
(新譜案内より)

ソングリスト
1. 123 ~恋がはじまる~ / いきものがかり
2. なんでもないや / RADWIMPS
3. Wherever you are / ONE OK ROCK
4. 明日はきっといい日になる / 高橋優
5. 海の声 / 浦島太郎(桐谷健太)
6. ずっと好きだった / 斉藤和義
7. ヒカリノアトリエ / Mr. Children
8. あいたい / 林部智史
9. アイ / 秦基博
10. 三日月 / 絢香
11. First Love / 宇多田ヒカル
12. やさしい気持ち / Chara
13. 魔法って言っていいかな? / 平井堅
14. 未来 / コブクロ
15. Overflows ~言葉にできなくて~ / ナオト・インティライミ
16. キセキ / GReeeeN
17. ら・ら・ら / 大黒摩季
18. チェリー / スピッツ
19. 春風 / Rhiwa
20. また明日... / JUJU




【その他】

●NATE NAJAR / THIS IS / CANDID / CD / 0708857997923 / 2,376円(税込)

●SARAH PARTRIDGE / BRIGHT LIGHTS AND PROMISES: REDEFINING JANIS IAN / CD / ORIGIN / 0805558273223 / 2,376円(税込)

●ODEAN POPE / FRESH BREEZE / CIMP / CD / 0786497576425 / 2,484円(税込)

●ASHLEY SUMMERS / TRUE NORTH / EARS AND EYES / CD / 7071676166232 / 2,484円(税込)
※シーマス・ブレイク参加!

●AKIKO PAVOLKA / LATE PARADE / Aklovap Records / CD / 0888295572040 / 2,268円(税込)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す