【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

●オリジナル特典あり! STEEPLE CHASE創設45周年記念「45th Anniversary LEGEND COLLETION」第二期が7月5日に発売!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17906/



●ドイツ発、白人叙情派ピアニストとして数多くの名盤を世に送り出してきたアラン・ブロードベントの最新作が到着!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17909/



●いぶし銀のテナーを聴かせるフランスの名手GUY LAFITTE、レア・ライヴ盤がリプレス。
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17910/



●正統派テナーマン、TURK MAUROのレアなワンホーン・カルテット盤がリプレス!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17911/






●EMMANUEL BEX / La chose commune / LE TRITON / CD / 3521383440995 / 価格2,376円(税込)


※デジパック
ハモンド・オルガン奏者のエマニュエル・ベックスによるトリオ編成による、モダン・ジャズとだけでは括れない様々な音の世界が広がる新鮮な1枚♪





【SONGLINES】


●GORDON GRDINA / GHOST LIGHTS / SONGLINES / CD / 0774355162125 / 価格2,160円(税込)


Gordon Grdina, guitar, oud, electronics
François Houle, clarinet, electronics, loopers
Kenton Loewen, drums & percussion
Benoît Delbecq, piano & bass station

Recorded and mixed in 24 bits / 96kHz




●HARRIS EISENSTADT / RECENT DEVELOPMENTS / SONGLINES / CD / 0774355162026 / 価格2,160円(税込)


Anna Webber, flute
Sara Schoenbeck, bassoon
Nate Wooley, trumpet
Jeb Bishop, trombone
Dan Peck, tuba
Brandon Seabrook, banjo
Hank Roberts, cello
Eivind Opsvik, bass
Harris Eisenstadt, drums, compositions

Recorded and mixed in 24 bits / 192kHz




●DÁLAVA / THE BOOK OF TRANSFIGURATIONS / SONGLINES / CD / 0774355240823 / 価格2,160円(税込)


Julia Ulehla, vocals
Aram Bajakian, acoustic & electric guitar, drums, percussion
Peggy Lee, cello
Tyson Naylor, piano, accordion, Farfisa organ, Hammond A-100, Wurlitzer, Rhodes
Colin Cowan, double bass & electric bass
Dylan van der Schyff, drums & percussion
Tracks 1 and 13 include archival recordings sung by Jiří Úlehla with Antoš Frolka, cimbál

Recorded and mixed in 24 bits / 88.2kHz




●SIMON MILLERD / LESSONS AND FAIRYTALES / SONGLINES / CD / 0774355162224 / 価格2,160円(税込)


Simon Millerd, trumpet, synthesizer (3)
Pablo Held, piano, synthesizer (1, 5)
Robert Landfermann, bass
Jonas Burgwinkel, drums
Special Guests:
Jacob Wiens, guitar (1-3, 5-7)
Emma Frank, vocals (1, 5-7)
Mike Bjella, tenor saxophone (2-4, 8)
Ted Crosby, bass clarinet, clarinet (2, 3)

Recorded and mixed in 24 bits / 88.2kHz




●ORIOL VALLES & JOAN CASARES / SMACK 7 DAB / FRESH SOUND NEW TALENT / CD / 8427328480062 / 価格2,376円(税込)


Oriol Valles(tp), Joan Casares(d), Lluc Casares(ts), Joel Gonzalez(p), Pau Sala(b), Perico Sambeat(as #3, 4 & 6), Toni Belenguer(tb #3, 4 & 6), Hugo Astudillo aka Escandaloso Xposito(vcl, as #9)

世界の気鋭ミュージシャンを紹介して久しいフレッシュ・サウンド・ニュー・タレントですが、今回はホームグラウンドであるスペインを拠点とするミュージシャンがフィーチャーされています。トランペットのオリオル・バジェスとドラムスのジョアン・カサレスのコンビです。作曲家としても豊かな才能を持つふたりは、あくまでも自作にこだわりながら独創的な音作りを展開し、スペインを中心に高い評価を集めていますが、この作品ではベテランのサックス奏者ペリコ・サンベアートらの協力を得て、トラディショナルでスウィンギーな一面も強調。伝統と未来が共存する、爽快な一枚を完成させました。(Jazzyellより)




●ボトル・トゥリー / ボトル・トゥリー / ピーヴァインレコード / CD / 4995879246429 / 価格2,592円(税込)


まるで〈サン・ラー meets スティーヴィー・ワンダー〉な突然変異的コズミック・アヴァン・ジャズ大傑作を日本独自CD化!!

ジェフ・パーカー(トータス)やロブ・マズレクを擁するシカゴの先鋭ジャズ・レーベル〈International Anthem〉が放つ衝撃作! 実験精神、グルーヴ、メロディアスな唄心が紙一重でバランスを取り合う奇跡的サウンド!

本国アメリカでは“スティーヴィー・ワンダーとドン・チェリーとノーヴォス・バイアーノスが70年代に邂逅していたら”、“アート・アンサンブル・オブ・シカゴにヒット曲の制作を依頼したら”などと形容される注目のユニット、ボトル・トゥリーのあまりにも鮮烈なデビュー・アルバム! シンガー/学者のA.M. Frison、コルネット兼マルチ奏者のBen Lamar Gay、ドラマーのTommaso Morettiという変則トリオの彼ら。往年のフリー・ジャズの大御所たちに通じる実験精神が支柱にありながらも、隙間を生かしたモダンで立体的な音響美やアフロ・ブラジリアンも取り入れたビートへの探求心、そして何よりメロディアスで伸びやかなヴォーカルの存在感によって、たまらなく刺激的でありながらも陶酔感溢れるジャンル分け不能のサウンドを生み出してしまった! リリース元は、ポストロック・バンド:トータスのギタリストであり、昨年リリースした自身のリーダー作『The New Breed』も大絶賛されたジェフ・パーカーや、同じく“シカゴ音響系”界隈の人気コルネット奏者:ロブ・マズレクらを擁し、ハイセンスな先鋭ジャズ作品をリリースし続けるシカゴのということで、そのクオリティはお墨付き。本国ではカセットテープとデジタル配信のみの限定リリースながら、コレはもっと広く聴かれなきゃ勿体ない…というわけで日本独自CD化です!

**=日本盤ボーナストラック

(新譜案内より)





●THE DAVE PELL OCTET / THE COMPLETE TREND RECORDINGS 1953-1954(3 LP ON 2 CD) + BONUS / FRESH SOUND / CD / 8427328609364 / 価格3,456円(税込)


Dave Pell (ts, Engh, b-cl), Don Fagerquist (tp), Ray Sims (tb, vcl), Ronny Lang (bs, as, fl), Jeff Clarkson, Donn Trenner, Claude Williamson (p), Tony Rizzi (g), Rolly Bundock (b), Jack Sperling, Bill Richmond (d), Lucy Ann Polk (vcl), Shorty Rogers, Marty Paich, Jerry Fielding, Johnny Mandel, Wes Hensel, Bill Holman, Bob Enevoldsen, Jack Montrose, Med Flory, Jim Emerson, Buddy Bregman (arr)

Recorded at Radio Recorders, Hollywood, April 22 & May 28, 1953 / Capitol Studios, Hollywood, June 11, 21 & 24, 1954 / Radio Recorders, Hollywood, December 18, 21 & 28, 1953

この5月に92歳の生涯を閉じたデイヴ・ペル。1940年代にレス・ブラウン楽団の一員として脚光を浴び、一時期は進駐軍として滞在。我が国のジャズ界にも大きな影響を与えました。当アルバムは彼を語る時に欠かせないグループ“デイヴ・ペル・オクテット”の初期名演集で、『PLAYS IRVING BERLIN』、『PLAYS RODGERS & HART』、『PLAYS BURKE & VAN HEUSEN』の3部作を収めた計40曲入り。透明感あふれるペルのテナー・サックスはもちろん、花形歌手ルーシー・アン・ポルクの美麗な歌声もたっぷり楽しむことができます。これぞウエスト・コースト・ジャズの真髄といえましょう。(Jazzyellより)




●ANTOINE BERJEAUT / Planet Savage / FRESH SOUND NEW TALENT / CD / 8427328435253 / 価格2,376円(税込)


イギリスとフランスの気鋭が最先端のジャズ・ユニット結成。人気ラッパーのゲスト参加も話題

クラブ・ミュージックやヒップホップの要素も取り入れたサウンド作りで話題沸騰、BBCラジオでもフィーチャーされた話題のユニット“プリミティヴ・ロンドン”が、ついにCDデビューを果たしました。
イギリス人とフランス人の混成グループとして結成され、この第1作目では「架空のサウンドトラック」をモチーフに楽曲やアレンジを制作。ベーシストをあえて入れず、キット・タウンズのキーボードによる低音がベースの役割を担うのも大きな特徴です。
曲によって参加する、ジュース・アリームのラップも効果的です。世界的に若手ミュージシャンの躍進が著しい昨今ですが、プリミティヴ・ロンドンはその最先端に位置していると言えましょう。 (jazzyellより)

<演奏者>
Antoine Berjeaut(tp), Robin Fincker(ts, cl), Kit Downes(hammond organ, keyboards), Jim Hart(d)
Recorded at Studio Condorcet, January 31, 2016; except #1 recorded live at Musiques au Comptoir (94) on January 29, 2016




●MAYTE ALGUACIL / Trav' Lin' Light / FRESH SOUND NEW TALENT / CD / 8427328480055 / 価格2,376円(税込)


21世紀のジュリー・ロンドンか? アンドレア・モティスと並び称されるスペインの新世代歌姫
アンドレア・モティスの記録的な大成功で、熱い注目が高まっているスペイン・ジャズ・ヴォーカル界。
そのなかでトップに位置する一人が、このマイテ・アルグアシルです。前作『DAY BY DAY』も大変な好評を集めた彼女ですが、選曲の姿勢は今回も変わらず、アメリカで生まれたスタンダード・ナンバーをずらりと揃えたラインナップ。
ジュリー・ロンドンの名盤『ジュリー・イズ・ハー・ネーム』を彷彿とさせるギターとベースの伴奏で(曲によってゲストも参加しますが)、暖かみのある声でしっとりと名曲の数々を歌いこなしています。 (jazzyellより)

<演奏者>
Mayte Alguacil(vcl), Jaume Llombart(g), Pedro Campos(b). Special guests: Enrique Oliver(sax), Felix Rossy(tp)
RECORDED at Medusa Estudios, Barcelona, January 24 & 25, 2017




●ENRICO INTRA / Blues / DIRE / CD / 5099748025326 / 価格2,916円(税込)


イタリアの巨匠ピアニストが93年に吹き込んだハードバピッシュなレア盤がリプレス
イタリアの巨匠ピアニストENRICO INTRAが93年に3管をフロントに立てて吹き込んだセクステット盤。プリミティヴな要素やスペイシーな雰囲気も盛り込みながらも、基本はハードバピッシュな純正JAZZ。透明感を感じさせる緊張感もみなぎらせ、高品質な演奏を展開させる注目の1作です。
※イタリア盤とオーストリア盤とがありますが、今回はジャケはオーストリア盤でのリプレスです。(新譜案内より)
■メンバー: Fravio Boltro(tp/flh) / Gianluigi Trovesi(as/b-cl) / Franco Tangheri(english horn) /Enrico Intra(p) / Marco Vaggi(b) / Paolo Pellegatti(ds)
■録音:1993年ミラノにてスタジオ録音




●ROBERTO OTTAVIANO / Change The World / 自主制作(JAZZ) / CD / 8012786915326 / 価格2,484円(税込)


レイシー以後の最重要ソプラノ・サックス奏者、 伊Roberto Ottavianoがギタートリオをバックに吹き込んだ2011年録音の自主制作盤。

■メンバー:
Roberto Ottaviano(ss/ts)
Nando Di Mogugno(ac-g/el-g)
Giorgio Vendola(b)
Pippo D’Ambosio(ds)
Guest: Mirko Signorile(p)




●MARIA RIVAS / Muare / ANGEL FALLS RECORDS / CD / 0661977110125 / 価格2,916円(税込)


ベネズエラ出身の美人ヴォーカリストのレアな逸品!

1960年生まれのベネズエラ出身の美人ヴォーカリストが98年にリリースした今ではレアな名唱集。ラテンタッチのムードの中、艶やかな歌声でスタンダードを中心に歌う、ジャンルの垣根を越えて楽しめる、ヴォーカル・ファン注目の1枚。廃盤ウォッチャー注目のピアニスト、Junior Romeroも数曲で、ピアノとアレンジに参加しています。



【LEO RECORDS】


●Clarinet Trio plus Alexey Kruglov / Live in Moscow / LEO RECORDS / CD / 5024792078127 / 価格1,944円(税込)


Jurgen Kupke - clarinet
Michael Thieke - alto clarinet
Gebhard Ullmann - bass clarinet
Alexey Kruglov - alto saxophone




●Kusimanten / Bleib Ein Mensch / LEO RECORDS / CD / 5024792077823 / 価格1,944円(税込)


Tamara Lukasheva - voice, deeLinde - cello, Marie Theres Hartel - viola




●Blazing Flame Quintet / The Set List Shuffle / LEO RECORDS / CD / 5024792078820 / 価格1,944円(税込)


Steve Day - voice, percussion
Peter Evans - el. violin
Mark Langford - tenor sax, bass clarinet
Julian Dale - bass
Anton Henley - drums




●Trio Now! / Live at Nickelsdorf Confrontatione / LEO RECORDS / CD / 5024792078929 / 価格1,944円(税込)


Tanja Feichtmair(saxophone)
Uli Winter(cello)
Fredi Proll(drums)




●Uwe Oberg / Lacy Pool__2 / LEO RECORDS / CD / 5024792079223 / 価格1.944円(税込)


Uwe Oberg - piano
Rudi Mahall - clarinets
Michael Griener - drums




●Franziska Baumann / Interzones Vol.1 / LEO RECORDS / CD / 5024792078721 / 価格1,944円(税込)


Franziska Baumann (singer, soundartist/composer, a pioneer in "new vocalities" and gestural live electronics)
Christoph Baumann (piano, prepared piano)




●Free Radicals(JAZZ) / Free Radicals / LEO RECORDS / CD / 5024792079025 / 価格1,944円(税込)


Mieko Kanno - violin, electric violin
Anne-Liis Poll - voice, kalimba, manzira, kazoo, rattle percussion
Anto Pett - piano
Aaron Shorr - piano
Alistar MacDonald - live electronics




●Marcus Vergette / The Marsyas Suite / LEO RECORDS / CD / 5024792079124 / 価格1,944円(税込)


Tom Unwin - piano,
Janna Bulmer and Lucy Welsman - cello
Roz Harding - alto saxophone




●Heath Watts / Bright Yellow with Bass / LEO RECORDS / CD / 5024792075829 / 価格1,944円(税込)


Heath Watts - soprano sax
Blue Armstrong - bass




●本多俊之 / DINOSAX / キングレコード / CD / 4988003505219 / 価格3,240円(税込)





●フランク・シナトラ&アントニオ・カルロス・ジョビン / シナトラ&ジョビン(50周年記念エディション) / ユニバーサルミュージック クラシック / CD / 4988031234808 / 価格2,700円(税込)





●ジョン・ピザレリ / シナトラ・アンド・ジョビン・アット・フィフティ / ユニバーサルミュージック クラシック / CD / 4988031228654 / 価格2,808円(税込)





●原田知世 / 音楽と私 / ユニバーサルミュージック クラシック / CD / 4988031228470 / 価格3,240円(税込)


時をかけてきた、うたの花束。

原田知世、デビュー35周年記念アルバム。
代表曲をオール新アレンジでセルフ・リメイク。

1982年のデビュー以来、女優と歌手の両輪で活躍を続けてきた稀有な存在の原田知世。
デビュー35周年を記念して発表する本アルバム『音楽と私』では、デビューから現在にいたるまでの歌手としてのキャリアを代表するナンバーをセルフ・リメイクしました。

松任谷由実、大貫妙子、来生たかお等の豪華シンガー・ソングライターが提供した80年代のヒット曲から、鈴木慶一、トーレ・ヨハンソンと組んで「シンガー=原田知世」像を確立した90年代、
そして高橋幸宏とのユニットPupa (ピューパ) への参加や伊藤ゴローとのタッグにより、ヴォーカリストとしてさらなる表現の深みを感じさせる2000年以降の楽曲までをまんべんなく網羅。
栞のように原田知世の物語(これまでの人生)に挟みこまれた楽曲の数々を厳選し、歌手としての足跡を改めて辿ります。

プロデュース及びアレンジを務めるのは、2007年以来タッグを組んでいるギタリスト/作曲家の伊藤ゴロー。
バックを固めるバンドは、近年レコーディングやツアーを共にしている信頼するミュージシャンたちです。

アルバムの幕開けにふさわしい大胆なストリングス・アレンジが施された「時をかける少女」、5月10日に先行シングルとしてリリースされる春の定番曲「ロマンス」や「愛のロケット」、
ギターやピアノとのデュオでしっとりと歌う「ときめきのアクシデント」や「天国にいちばん近い島」、そして、冒頭で原田知世がギターの弾き語りを披露する「くちなしの丘」まで、
独特の透明感と凛とした輝きはそのままに、オリジナル・ヴァージョンよりも奥深い表情を湛えた歌声を聴かせます。
往年のファンとっては懐かしい友人と再会するような、そして新しいリスナーには新鮮に響く、そんな作品に仕上がりました。

通常盤は全10曲収録。




●原田知世 / 音楽と私(初回盤) / ユニバーサルミュージック クラシック / CD+DVD / 4988031228463 / 価格3,888円(税込)


初回限定盤は、CDボーナス・トラック1曲+2曲のミュージック・ビデオを収録したボーナスDVD付。




●クラックラックス / Lighter / スペースシャワーネットワーク / CD / 4543034046294 / 価格1,944円(税込)


2016年4月のファーストEP発表以降、一躍東京ミュージックシーンのブライテストホープとして脚光を浴びるポップスバンド、CRCK/LCKSのセカンドEP。JAZZ、R&B、HIP HOP等のサウンドを経由し、変拍子やポリリズムを追求したリズムアプローチと小田朋美の圧倒的な表現力を持つヴォーカルは独自の個性を持つ。ライヴでおなじみの楽曲から未発表曲までを収録。

★ディスクユニオンオリジナル特典”缶バッチ”付き★
サイズ:32mm




●伊藤ゴロー / アーキテクト・ジョビン / ユニバーサルミュージック クラシック / CD / 4988031228579 / 価格3,240円(税込)


※こちらの商品は発売日後の到着となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

<アントニオ・カルロス・ジョビン生誕90周年記念アルバム>

ジョアン・ジルベルト直系のボサ・ノヴァ・ギタリスト/作曲家で、naomi & goroやソロでの活動、そして原田知世のプロデューサーとしても活躍する伊藤ゴローによる、今年生誕90周年を迎えたボサノヴァの生みの親アントニオ・カルロス・ジョビンへのトリビュート・アルバム。
ドビュッシー、ショパン、サティなどのクラシック音楽に多大な影響を受けたというジョビンのクラシカルな一面にフォーカスし、ジョビン作曲の有名曲のみならず、これまでにあまり取り上げられたことのない楽曲を、全編インストゥルメンタルで室内楽的な編成で演奏し、クラシカルでミニマルな新しいアレンジで聴かせる、世界的に見てもこれまでなかったトリビュート作品。
クラシック界から、村治佳織(ギター)、遠藤真理(チェロ)がゲスト参加。




●WORKSHOP DE LYON / 50eme Anniversaire (6CD) / ARFI / 6CD / 3521383442838 / 価格4,860円(税込)


※6CD
歓喜!!フレンチ・フリー界の猛者達が集って結成されたグループWORKSHOP DE LYON、その変名Free Jazz Workshopの貴重な初期7作を一気に初CDしたBOXがリリース!
フレンチ・フリーを代表し、世界に類を見ない音楽をリリースする南仏発祥のレーベルARFIから1970年代から活動をするレーベル看板グループWORKSHOP DE LYONのこれまで再発はおろかCD化すらされなかった初期7作を一気にCD化した記念BOXが登場!!
現在ではフランスのみならずヨーロピアン・ジャズを代表する重鎮クラリネット奏者Louis Sclavisも参加し、どこかサーカスのような雰囲気がありつつ、フランスの民謡や演劇的な展開に人肌感じるレーベルの特色が滲み出たグループWORKSHOP DE LYON。
特に初期2作のオリジナル盤は2万円を超える値段で取引されるレア盤なために、聴きたくても聴けなかったのが現状・・・今回の初CD化はその願いを叶えてくれ、"待望"という言葉がこれほど似合うリリースもなかなかありません!そして嬉しいことにボーナスとして1979年リオンでのコンサート音源が2曲、「Arzana」と題された音源が6曲収録という、オリジナルをお持ちの方も大注目のリリースとなっております。これはフレンチ、ヨーロピアン・ジャズファンは必須のBOXと断言!

【参考音源】





●AMIR ELSAFFAR / RIVERS OF SOUND - NOT TWO (2CD) / NEW AMSTERDAM RECORDS / 2CD / 0888295586597 / 価格3,024円(税込)


ラージ・アンサンブルの異色作にして最注目作品!ニュー・アムステルダム・レコード新作はイラク系トランペッター、アミール・エルサファーによるラージ・アンサンブル。

イラク系というルーツを反映させたPI RECORDINGSでの諸作品で高い評価を獲得してきたトランペット奏者AMIR ELSAFFAR。最新のDown Beat Magazine Critic's PollのRising Star Arrangerでも7位に選出されるなど、いま注目を集める存在である。そんなアミールの新作はJAZZ THE NEW CHAPTERレーベルからの国内盤リリースで注目を集めるNYのNEW AMSTERDAMレーベルから新作をリリース。イラクにルーツを持ちジャズだけではなくイラク伝統音楽におけるマカーム(モード)を熟知するアミールが本作で試みたのは、西洋音楽と中東の伝統音楽の融合をラージ・アンサンブルというフォーマットで試みた画期的なプロジェクトである。アミールのペンによるオリジナリティ溢れる楽曲を演奏するにあたり、Craig Taborn(P)、Nasheet Waits(DS)、Miles Okazaki(G)といった現代ジャズの最前線ミュージシャンに加え、アミール自身が弾くサントゥール、ウード、ムリダンガム、ブズーキ、フレーム・ドラムといった伝統楽器、さらには変則チューニングのヴィブラフォンなどを採用。総勢17人によるコンセンサスの取れたアンサンブルと、そのなかで自在に変化するメロディ、そして圧巻のインプロヴィゼーションが展開される全7曲。注目集めるWORLD×JAZZのなかでももっともユニークかつな個性をもつ作品として注目の一枚である。






●TRIO INITIATIVES / Initiatives / 自主制作(JAZZ) / CD / 3521383441114 / 価格2,376円(税込)


※デジパック
フランスの人気ピアニスト、ジャン・クリストフ・ショレを中心に編成されたTRIO INITIATIVES の2017年最新盤がリリース♪ 穏やかながらも、内に秘めた情熱がしっかりと伝わる演奏が印象的です♪




●島裕介 / SilentJazzCase3 / PLAYWRIGHT / CD / 4988044031852 / 価格2,500円(税込)


トランペット・フルート奏者/プロデューサーとして活躍する島裕介のソロプロジェクト最新作!!

fox capture planの井上司、海外でも活躍のピアニスト河野祐亮、ギタリスト井上銘など、新世代ジャズのスターが集合!!
J-Jazzシーンを長きに渡り盛り上げてきた島裕介のソロ・プロジェクト『Silent Jazz Case』の最新作が登場!全13曲の作曲、ミキシングも自ら行った渾身作。またトランペット・フルートによるアンサンブルを多用し、70年代ドナルドバード、フレディーハバードを彷彿とさせるグルーヴサウンド、アルバムの後半は、島のもう一方の活動「Shima&ShikouDUO」「名曲を吹く」のような、ジャジーで哀愁ある楽曲が聴ける。

Playwrightの面々だけでなく若手のショーケース的な魅力もあるこのシリーズ、今回も勢いのある若手が集まっている。グラスパーらと同じく名門New Schoolでジャズを学び、SAPPORO CITY JAZZ 2015でグランプリを獲得したピアノのニュースター、河野祐亮。今年4月に『Pianium』でメジャーデビューした"m.s.t."より持山翔子 、小山尚希、山内陽一郎(サポートドラマー)。セッションシーンで注目のベース杉浦睦。fox capture planのドラマー井上司。今夏アルバムリリースも予定している若手No.1ジャズ・ギタリストの井上銘。

4ビートで疾走する"R40"、井上銘のギターが光る"Kick the Hyphen""鳴門渦潮"、管楽器のアレンジが秀逸な"瀬戸海百景""Misty Shimmer"、8ビートのグルーヴが心地よい"DEAI""西麻布136"と、様々な魅力を持った楽曲達をまとめあげる島裕介のバランス感覚とメロディセンスはさすが!

【メンバー】
島裕介 (tp, flh, fl, tb)
河野祐亮 (pf, key) 1-4,6,9,11
持山翔子 from m.s.t. (pf) 5,7,8,12,13
杉浦睦 (e-bass) 1-4,11
小山尚希 from m.s.t. (w-bass) 5-9,12,13
井上司 (ds) from fox capture plan 1-4,10,11
山内陽一朗(ds) 5-9,12,13
井上銘 (gt) 2,10
井上銘 by the courtesy of ReBornWood




●HERMIA IKONEN BOISSEAU BERGRUGGEN / ORCHESTRA NAZIONALE DELLA LUNA / Jazz Avatars / CD / 5410547750965 / 価格2,376円(税込)


Manuel Hermia – saxophones, flute & bansouri
Kari Ikonen – piano & moog
Sebastien Boisseau – double bass
Teun Verbruggen – drums








●STUFF. / Old Dreams New Planets / SDBAN ULTRA / CD / 5414165083214 / 価格1,728円(税込)


※デジパック
結成して間もなくD’AngeloやRobert Glasper Experimentのサポートに抜擢されたベルギー出身のインストゥルメンタル・バンドSTUFF.の2017年作がリリース。
都市を揺蕩うメロウな浮遊感と大御所がサポートに抜擢するほどのビート感覚が同居した傑作。






●山下あすか / パッション / good upright revel / CD / 4524505334539 / 価格2,160円(税込)


豪華ミュージシャンをフィーチャーし持ち味を生かしたセッションライクなサウンド
Percussion Solo 1stmini album

参加ミュージシャン
Percussion.soundcreation.斉藤ノヴ
Guitar.梶原順
Bass.坂本竜太
安芸楽団(Drums.折田吉弘、key.折田栄子、sax.須子彩)
Vo.上新功祐

山下あすか(パーカッション)
1995.03.22 愛知県名古屋市生まれ。
3歳よりピアノ、10歳より打楽器を始め大学へ進学後、在学中より定期的にイベント、レストラン、ライブハウスなどで年間140本に渡る演奏の他、後進の指導のため学校施設や個人レッスン、ワークショップの講師や、スタジオワーク、ツアー等の活動を開始する。
主な著名共演者:梶原順、村上ポンタ秀一、斎藤ノブ、天野清継、岡沢章、櫻井哲夫、則竹裕之、バカボン鈴木、坂本竜太、上新功祐、ブラザートム、富永TOMMY弘明、中西圭三、リバース・クオモ(Weezer)スコット・マーフィー(ALLiSTER) ジャンクフジヤマ、等他多数。
現在は7月より東京を拠点にメジャーアーティストや複数の著名ミュージシャンとのセッションライブ、地方でのツアーにも勢力的に活動中。自身のソロアルバムも7月より全国流通決定。6月から放送のUNIQLO新CMのパーカッション担当。

(新譜案内より)




●アストル・ピアソラ / タンゴ・ゼロ・アワー / MUZAK、american clave / CD / 4524505335284 / 価格2,484円(税込)


●話題の高音質UHQCD●オリジナル・デザインE式ダブル紙ジャケット仕様
「これは紛れもなく、私がこれまでの生涯で作り上げた最高のレコードだ。我々はこのレコードに魂を捧げた。孫たちに聞かせて、『自分たちは人生でこれをやったんだ』と言えるレコードだ」・・・アストル・ピアソラ
「私たちはスタジオで毎日、午前8時半から午後の7時か8時まで過ごし、ピアソラが完璧に満足するまで、あらゆるテイク、あらゆる音符をじっくり吟味した。バンドのチューニングはとてもうまくいっていたので、
どの曲も最初のテイクから正確な音が出ていた。だが、例えばヴァイオリンの音の消え方やアンサンブル全体のデクレッシェンドがピアソラと合わない。そこで、すべての楽器の入り方と消え方、さらにはサウンド
のない部分にまで情熱が感じられ、完璧なものになるまで、何度も何度も繰り返した。大変だったがそれだけの甲斐はあった仕事を1ヶ月間、いや正確には何年も何年も続けたあとに、このアルバムは完成した。
このアルバム作りに関わったアンドのメンバーと私は、ぞくぞくするような喜びを味わった。そしてピアソラとともに時を過ごし、アルバム作りに参加したことを誇りに思う。」・・・キップ・ハンラハン




●アストル・ピアソラ / ラ・カモーラ~情熱的挑発の孤独 / MUZAK、american clave / CD / 4524505335291 / 価格2,484円(税込)


●話題の高音質UHQCD●オリジナル・デザインE式ダブル紙ジャケット仕様
―――アストル・ピアソラの歴史の中で最高の録音はどれでしょう? キンテートで最後に録音した『ラ・カモーラ』だね。
これは、熱烈なピアソラ・フリークでもあったジャーナリスト、ナタリオ・ゴリン著『ピアソラ自身を語る』に掲載されたやりとりの一部である。この取材が行われたのは1990年3月。1988年5月に録音された『ラ・カ
モーラ:情熱的挑発の孤独』は、この時点でのピアソラ最新のオリジナル・アルバムだった。そして1990年8月4日、パリで脳梗塞に倒れブエノスアイレスに搬送されたピアソラは、2年近い闘病生活を経た1992年
7月4日に帰らぬ人となり、『ラ・カモーラ』はピアソラが満足のいく形で録音した最後の作品として不滅の刻印を押されることとなった。・・・斉藤充正(前回ライナーより)




●バート・マイリック / Live'n Well / BBE / CD / 4526180421450 / 価格2,484円(税込)


フィル・ラネリン主宰の<トライブ・レコード>と並びレア・グルーヴ/スピリチュアル・ジャズ・ファン垂涎のお宝が眠る伝説のレーベルとして語り継がれる<ストラタ・イースト>の前身として、<トライブ・レコード>と同じくデトロイトを拠点にケニー・コックスが立ち上げた<ストラタ・レコード>。
そのリリース・タイトル/プレス枚数は共に極少だったこともあり、ほとんどその実態を知られていなかった同レーベルがニューヨークを代表する世界屈指の指黒掘師、DJアミールとがタッグを組んでこの度リイシュー・プロジェクトを始動 !
すでに昨年リリースされた謎のアーティストTJによる「TIME IS WASTING」10インチも大いに話題を呼びましたが、今回はあのライマン・ウッダードと共にレーベルを代表する一枚として知られるバート・マイアックによるライヴ盤「Live'n Well」リイシュー!
ピアニスト、ケニー・コックスのプライベート・レーベルとしてスタートした故に、才能あるアーティストの作品を制作しながらも…、その多くが資金難によってリリースされずにひっそりと眠ったままになった音源が多く残る<ストラタ・レコード>。
DJ アミールがデトロイトに渡ってケニー・コックスの奥方であるバーバラ・コックスから全タイトルの使用許可を受け実現したこのリイシュー・プロジェクトはTJなる謎のアーティストのデモ音源をまとめた10インチのリリースで幕を開けましたが、待望の第二弾がこのドラマー、バート・マイリックによる「Live’N Well」!!
ミシガン大の生徒だった1965 年にライヴ録音した音源が元になっており、レーベル創設者のケニー・コックスをピアノに、ロニー・フィールズがテナー・サックス、さらにはのちにモータウン関連の音源には欠かせない存在となっていくトロンボニスト、ジョージ・ボハノンをフィーチャーしており、かのエルヴィン・ジョーンズ( ジョン・コルトレーン「Love Supreme」を始め彼の音源には欠かせないレジェンダリー・ドラマー) を師にもつバート・マイリックを中心に、その後それぞれの道を歩むことになる名プレイヤーが運命的に交差した一瞬の奇跡をドキュメントした一枚 !
65 年に録音されながらも、オリジナル・リリースは、そのおよそ10 年後の74 年という長い熟成期間を経てようやくリリース。中でも白眉は14 分に及ぶスピリチュアル大作“Scorpio's Child”でしょう。
ケニー・コックスのペンによるこの曲は、才気溢れる各プレイヤーたちがスリリングなソロをぶつけ合う緊張感が彩るグルーヴが美しさにまで昇華した名曲 ! ライヴならではの空気感が生々しい ! オリジナルテープからのリマスタリングにて !

■Bass – Will Austin
Drums – Bert Myrick
Piano – Kenn Cox
Tenor Saxophone – Ronnie Fields
Trombone – George Bohanon




●V.A. オムニバス(Henri Texier) / Concert anniversaire 30 ans / LABEL BLUE / CD / 3521383443064 / 価格2,484円(税込)


※デジパック
フランスのジャズ界を代表するベーシスト、アンリ・テキシェが中心となったオムニバス作品がリリース! ジャズだけでなくソウル色も濃厚、聴きごたえある1枚です♪

▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す