【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD】 8/5 新入荷一覧! 

【HIGH NOTE】


●RUSSELL MALONE / TIME FOR THE DANCERS / HIGH NOTE / 0632375730529 / CD / 2,268円(税込)

ラッセル・マローンのギター・カルテット
マローンの多彩な音楽性が表現された盛りだくさんな選曲

日本でも高い人気を誇る正統派ギタリスト、ラッセル・マローンのHigh Note三作目。メンバーは前作『All About Melody』から変わらず、ピアノは2000年代からメキメキと頭角をあらわすリック・ジャーマンソン、ベースは若手のLuke Sellick、ドラムは現代ジャズシーンの第一線で活躍するウィリー・ジョーンズ3世。

スウィンギーなプレイに定評のあるマローンだが、今作では爽やかなポップ・チューンやブルージーなバラード、ファンク調まで、選曲の幅が広い。
1曲目“Time for the Dancers”はローランド・ハナの甘く切ないバラードで、マローンの丸く澄んだ音色とよく合う。2曲目“Leave It to Lonnie”は基本ワンコード、繰り返されるベースラインと歪ませたギターのカッティングで、まさにファンク。熱く燃えるソロが聴ける。3曲目“The Ballad of Hank Crawford”は8分の6拍子のブルージーなバラードで、チョーキングが炸裂する。5曲目“Pocket Watch”は本作唯一の4ビートで、最高にスウィンギーな演奏!!また、ビリー・ジョエルの名曲“And So It Goes”から、ボビー・ハッチャーソンのオリジナル“Little B’s Poem”まで実に様々。
甘くメロウなプレイから熱いファンクまで、マローンの多彩な音楽性が表現された作品。

1. Time for the Dancers
2. Leave It to Lonnie
3. The Ballad of Hank Crawford
4. There’ll Be Another Spring
5. Pocket Watch
6. Theme from “Chico and the Man”
7. And So It Goes
8. Little B’s Poem
9. Flowers for Emmett Till


メンバー:
Russell Malone(g), Rick Germanson(p), Luke Sellick(b), Willie Jones III(ds)




●CYRUS CHESTNUT / THERE'S A SWEET, SWEET SPIRIT / HIGH NOTE / 0632375730420 / CD / 2,268円(税込)

サイラス・チェスナット、ソロ/トリオ/カルテット
ゴスペルソングからジャズ・スタンダード、フィリー・ソウルまで・・

現代最高峰のピアニストの一人、サイラス・チェスナットによるHigh Note第三弾!

リズム・セクションには、前作『Natural Essence』に続き、バスター・ウィリアムスとレニー・ホワイトを迎えています。

バルティモアの教会で演奏していた経験が示す通り、ゴスペル・フィーリングをもった温かさと、スウィンギーなリズム、王道を行く演奏が魅力のサイラス・チェスナット。しかし今回は、選曲もフォーマットも多様な一枚になりました。
トリオによる言わずもがなのモンクの“リズマニング”のスウィング感あふれる演奏や、ヴィブラフォンをフィーチャーした“イージー・リヴィング”の端正な響きには、ジャズの美学あふれる演奏で、いつものサイラス節。しかし、今回はショパンのアレンジものあり、“ナーディス”をレニー・ホワイトのドラムに大いにプッシュされてモードのスケールなども繰り出して弾き倒すような場面あり。また意外なことにスタイリスティックスの“You Make Me Feel Brand New”までご披露するのです。しかも、ここでは、女性のヴォーカル、コーラスもバックにフィーチャーという展開までみせてくれます。
ラストを聴けば、ソロでゴスペル・ソングを弾くサイラス。いろいろやったあとは、やっぱり原点回帰といった趣ですが、今や、ベテランの域に入ったと言っていいサイラスの中でも、いつもとは違った一面も垣間見える一枚です。


1. The Littlest One of All
2. Chopin Prelude
3. Nardis
4. Little B’s Poem
5. Christina
6. CDC
7. You Make Me Feel Brand New
8. Easy Living
9. Rhythm-A-Ning
10. There’s a Sweet, Sweet Spirit


メンバー:Cyrus Chestnut(p), Buster Williams(b-except5.10),
Lenny White(ds-except5.10), with Steve Nelson(vib-M1.5.10)






【ACT RECORDS】


●YOUN SUN NAH / SHE MOVES ON / ACT / 0614427903723 / CD / 2,484円(税込)

ユン・スン・ナ-ジェイミー・サフトをプロデューサーに迎えたNY録音
ルー・リード、ポール・サイモン、ジョニ・ミッチェル、ジミヘン・・
自らの興味の趣くまま方向を転じたマイルストーン的作品
~マーク・リボーらNYの豪華メンバーも参加!~


ユン・スン・ナ、『Lento』以来となる待望の最新作品。
ソウルで開かれたG20サミットや、ソチ・オリンピックの閉会式にシンガーとして招かれている通り、地元韓国では、国民的なシンガー。しかし、シャンソンへの興味からフランスに移住して以来、ヨーロッパでも俄然注目を集める存在。『Same Girl』と『Lento』のセールスは、合わせて150,000枚!ヨーロッパでのコンサート回数もこの5年で、500回に及び、フランスのみならず、ドイツ随一のミュージック・アワード、ECHO賞も受賞し、今や、当代を代表するシンガーといえましょう。
そして、本作は、ジェイミー・サフトをプロデューサーに迎えてのNY録音!!しかも、楽曲は、ルー・リード、ポール・サイモン、ジョニ・ミッチェル、ジミ・ヘンドリックスらの曲に、トラッド・ソング、自身のオリジナルを織り交ぜた構成。従来の作品とは、大きく方向を転じた展開を見せてくれます。
しかし、目先を変えるなどといった気軽なものでないのは、言うまでもありません。元々、スタンダード・ナンバーや、自国のトラッド・ナンバーをオリジナリティ豊かにアレンジしたり、メタリカの“Enter Sandman”をケイト・ブッシュをも彷彿とさせるような異才な歌唱で披露するなど、八面六臂ぶりを見せてきたことが示すように、多彩なキャラクターをもつのも彼女の魅力。
シャンソンへの興味をルーツに、ヨーロッパを拠点にヨーロッパのミュージシャンとの共演を主としてきた彼女でしたが、ウルフ・ワケニウスらとの共演を通して、ナット・キング・コール、トム・ウェイツ、またランディ・ニューマンといった、アメリカのシンガーに興味を持っていったとのこと。また、とかくアヴァンギャルド的なイメージをもつジェイミー・サフトに意外性を感じさせるところもありつつ、ジョン・ゾーン同様、サフトも実に多芸。結果として、本作は全てが必然とも感じさせます。
メンバーは、サフトの他、マーク・リボーにブラッド・ジョーンズ、ダン・ライザーとこれまた鬼才、異才ぞろいですが、元々、トム・ウェイツのバックでも演奏していたマーク・リボウはもちろんのこと、ダン・ライザーは、ノラ・ジョーンズの超名盤“Come Away with Me”の肝となるサウンドをつくっていたアーティスト。サフトの指揮のもと、この人選も納得です。
シンガーとしての自信と歌唱に裏打ちされて、どの曲も、いい意味で力が抜け、バンドと一体化しての歌唱が聴ける一枚。またハモンド・オルガン、ローズ、ウ-リッツァを使い分け、ルー・リード、ジョニ・ミッチェル、またポール・サイモンといったアメリカの魂、心象風景を感じさせるアーティストの楽曲をアレンジするサフトのセンスのよさ、ジミ・ヘンにとって替わるマーク・リボウの演奏M7も聴きもの。一方、ニーナ・シモンへのリスペクトを感じさせるM8やトラッド楽曲の表現にはシンガーとしての懐深さも感じさせます。
韓国からヨーロッパに地平を広げ、アメリカへ舵を切ったユン・スン・ナ。フォーク、ロック、そしてスピリチュアル・ソングとオリジナルの数々。その才能の広がりを感じさせる一作です。


1. Traveller (Youn Sun Nah / Sterling Fox, Sangmi Kim)
2. Teach The Gifted Children (Lou Reed, Michael Fonfara)
3. Too Late (Jamie Saft, Vanessa Saft / Vanessa Saft)
4. She Moves On (Paul Simon)
5. No Other Name (Noel Paul Stookey)
6. The Dawntreader (Joni Mitchell)
7. Drifting (Jimi Hendrix)
8. Black Is The Color Of My True Love’s Hair (Traditional)
9. A Sailor’s Life (Traditional / Arr. Fairport Convention)
10. Fools Rush In (Rube Bloom / Johnny Mercer)
11. Evening Star (Youn Sun Nah / Vanessa Saft)
※M9はLP未収録


メンバー:Youn Sun Nah(vo, kalimba),
Jamie Saft(p, hammond organ, fender rhodes, wurlitzer electric pianos),
Brad Jones(b), Dan Rieser(ds), Marc Ribot(el-g, ac-g on 2, 4, 5, 7, 11)
Special Guests on 3: Maxim Moston(vln, string arr),
Antoine Silverman(vln), Hiroko Taguchi(viola), Anja Wood(violoncello)



●NILS LANDGREN FUNK UNIT / UNBREAKABLE / ACT / 0614427903921 / CD / 2,484円(税込)

ニルス・ラングレン
待望!2013年『Team of Funk』以来のFunk Unit新作!
<<レイ・パーカーJr. ランディ・ブレッカーもゲスト参加>>
マーヴィン・ゲイに、ハンコック、アラン・トゥーサン,
そしてJB'sを彷彿とさせるオリジナル・・・
不動のグルーヴ・ユニット健在!!

ニルス・ラングレンのメイン・バンド、“Funk Unit”待望の最新作!!
トロンボーン奏者としてはもちろん、アレンジャーとして、またシンガーとして多彩な顔をもつニルス・ラングレン。その才能は、スウェーデン国内はもちろんのこと、世界が認めるものと言っていいでしょう。
また、ニルス・ラングレンの作品の歴史は、ACTの歴史といって過言無し。今年2017年、ACTは25年のアニバーサリー・イヤーを迎えていますが、このFunk Unitが立ちあがったのは1994年のこと。もっとも、最初は、決まったバンド名もなく活動していたとのことですが、レーベルの社長であるシギ・ロッホは初めて聴いた時から気に入り、すぐさま“Funk Unit”と命名したのだとか。そうした意味でもレーベルと共に歩んできたバンドといえましょう。
それから、20数年!本作もこれぞ、Funk Unit!!というご機嫌なサウンドを聴かせてくれています。
グルーヴ感あふれるビートに、キレのいいホーン・アレンジメント、エッジの利いたギター、曲によってファンキー&メローなヴォーカルをフィーチャー!そのサウンドは、不動の安定感がある一方、リスナーやオーディエンスの体を自然に揺らせ、音楽の世界に巻き込む、スポンテニアスな衝動を駆り立てるもの。今までの来日公演でも、シャイな日本のオーディエンスを立ち上がらせ、躍らせてしまうことも多々で、それが何より音楽の力を象徴するものですが、本作もその魅力は健在です。
今回は、核となるユニット・メンバーにあのデトロイト・ファンクのレジェンズ、レイ・パーカーJr.、ランディ・ブレッカー、ティム・ヘイガンズもゲストに参加!このメンバーでマーヴィン・ゲイの“Rocking’ after Midnight”を演奏しているところが、なんと言っても、聴きものですが、他、ハンコックやアラン・トゥサンのナンバーでのレイドバックした気持ちよさあり、またニルス及び、メンバーのオリジナルもそれぞれ、聴きもの!!特に、M8-9辺りのサウンドは、その昔メイシオ・パーカー、フレッド・ウェズリーをもフィーチャーしたニルスらしいファンク・サウンド!この辺り、少しばかり下世話な言い方をすれば、スウェーデンのJB’sという形容もぴったしです。
ちなみに、ニルスは一時ジョー・サンプルのバンドの一員としても活動し、クルセイダーズの面々らともツアーに廻っていましたが、そうしたメンバーと一緒になっても、華のある演奏でオーディエンスの目を引く存在。この作品を機に、Funk Unitで、再び来日もしてほしいものです。


1. Unbreakable (Nils Landgren)
2. Just A Kiss Away (Allen Toussaint)
3. Get Down On The Funk
(Nils Landgren, Magnum C. Price, Jonas Wall, Andy Pfeiler,
Petter Bergander & Robert Ikiz / Magnum C. Price)
4. Friday Night (Magnum C. Price & Andy Pfeiler)
5. Stars In Your Eyes (Herbie Hancock, Ray Parker jr,
Gavin Christopher Wright & Lisa Capuano)
6. Rockin’ After Midnight (Marvin Gaye)
7. Soulchild (Nils Landgren)
8. Old School (Andy Pfeiler & Magnum C. Price)
9. NLFU Funk (Nils Landgren, Magnum C. Price & Andy Pfeiler /
Magnum C. Price & Andy Pfeiler)
10. Bow Down (Magnum C. Price)


メンバー:
Nils Landgren(tb, vo), Magnum Coltrane Price(b, vo), Andy Pfeiler(b, vo),
Jonas Wall(sax), Petter Bergander(key), Robert Ikiz(ds)




●NILS LANDGREN & FRIENDS / NEW EYES ON MARTIN LUTHER / ACT / 0614427985224 / CD / 2,484円(税込)

マルティン・ルターが1517年に宗教改革を行って500周年
宗教家であると同時に詩人、作曲家でもあったルターが
作詞、作曲したものを素材に、バッハやプレトリウスが名作に仕上げた楽曲を
ニルス・ラングレンがジャズ、スウェディッシュ・トラッドと融合

多種多芸、幅広い視野のもとに、音楽をクリエイトし続ける現代の才能、ニルス・ラングレンが、クラシック音楽、スウェーデンのトラッド・ソング、そしてジャズの融合を図るプロジェクトの新作。
このプロジェクトは、2007年にライプツィヒ・バッハ音楽祭のリクエストのもと、ニルス・ラングレンが加わったのが始まり。
ヨハン・セバスチャン・バッハの作品を新しい趣向で聴きたいとの主催者の要望のもとに、プロジェクトがスタート。その後、その試みは、ニルス・ラングレンの『Christmas with My Friends』のフィーチャリング・アーティストとしても注目を集めていたソプラノ・シンガー、ジャネット・ケーンとスウェーデン放送合唱団とのコラボレーションによって、『New Eyes on Baroque』という作品になって2013年に結実。本作は、その成功を受けてのプロジェクトの続編ともいう新作品になりました。
今年はマルティン・ルターが1517年に宗教改革を行って500周年となります。ルターは宗教家であると同時に詩人、作曲家でもありました。ここではルターが作詞したものや作曲したものを素材に、バッハやプレトリウスといった大作曲家が名作に仕上げたものをまとめました。
それらを集めていますが、クラシック古楽アンサンブルの実力派カペラ・デ・ラ・トーレと、ドイツを代表する児童合唱のハノーファー少年合唱団が正統的にオリジナル楽曲を奏するなかニルス・ラングレン、クラリネットのマグヌス・リンドグレン、ベースのエヴァ・クルーゼ、ギターのユーハン・ノルベリがジャズの即興を繰り広げる不思議なコラボとなっています。さらにスウェーデンのソプラノ、ジャネット・ケーンも参加して澄んだヴォーカルを聴かせてくれます。

中世・ルネサンス音楽とジャズの絶妙な融合に酔いしれることができますが、ルター・イヤーである今年は関連記事も多く予定されています。この異色のアルバムも注目まちがいない存在感を示しています。

1 Da pacem Domine 作者不詳:主よ、平和をお与えください 0:29
2 Verleih uns Frieden I レジナリウス(ルター詞):恵み深く我らに平和を与え給え I 1:04
3 Verleih uns Frieden II プレトリウス(ルター詞):恵み深く我らに平和を与え給え II  0:50
4 Gott hei lger Geist, Herre Gott ヴァルター(ルター詞):来たれ聖霊、主なる神 1:59
5 Al iot Nouvel le (arr. by Katharina Bäuml) 伝承曲(ボイムル編):新アリオ  2:51
6 Verleih uns Frieden III プレトリウス(ルター詞):恵み深く我らに平和を与え給え III  3:11
7 Christ lag in Todesbanden, BWV 278
 J.S.バッハ(ルター詞):キリストは死の縄目につながれたり BWV 278 2:52
8 Wi r gläuben al l an einen Gott
 ヨハン・ヴァルター(ルター詞):われらみな唯一なる神を信ず 3:04
9 Aus tiefer Not schrei ich z u Di r プレトリウス(ルター詞):深き苦しみの淵より 2:43
10 L’In n am o ra to ガストルディ:恋 1:43
11 An hel len Tagen ガストルディ:明るい日(コルネリウス訳詞)2:53
12 Tanz en und Springen ハスラー:踊って、とび跳ねて 2:32
13 In Di r ist Freude (arr. by Tilman Jäger) ガストルディ:喜ぶ友 3:59
14 Jesu bleibet m eine Freude, BWV 147/ 10 (arr. by Nils Landgren & friends)
  J.S.バッハ(ランドグレン&フレンズ編):主よ、人の望みの喜びよBWV147 4:38
15 Passamez z o (arr. by Capella de la Torre)
  作者不詳(カペラ・デ・ラ・トーレ編):パッサメッツォ 5:33
16 Innsbruck, ich m uss Dich lassen イザーク:インスブルックよさらば 5:08
17 Nun ruhen al le Wälder, BWV 392 J.S.バッハ:いざ憩え、すべての森たちよBWV 392 
  (インスブルックよさらばの旋律による) 3:24
18 Kein schöner Land in dieser Zei t (arr. by Wolfgang Maria Braun)
   ツッケルマジオ(ブラウン編):美しい国はない 2:39
19 Ostinato トロンボンチーノ:オスティナート 2:40
20 Die Gedanken sind frei (arr. by Oliver Gies) 作者不詳(ギース編):思想は自由 4:38
21 Eine feste Burg ist unser Gott ハスラー(ルター詞):神はわがやぐら 3:53
Recorded live in concert at Landesfunkhaus Niedersachsen,
Hannover Großer Sendesaal, October 29 & 30, 2016


メンバー:
Nils Landgren(tb, vo), Jeanette Köhn(soprano), Magnus Lindgren(cl, fl),
Eva Kruse(b), Johan Norberg(g)
Capella de la Torre: Birgit Bahr(alto shawn), Regina Hahnke(dulcian),
Falko Munkwi tz(sackbut), Marthe Perl(violone),
Peter A. Bauer(perc), Johannes Vogt(lute & theorbo),
Martina Fiedler(org), Katharina Bäuml(shawm)
Knabenchor Hannover: Jörg Breiding(cond)





【Rogueart】


●Matthew Shipp / Magnetism / Rogueart / 3760131270761 / CD / 3,456円(税込)


●Larry Ochs Sax & Drumming Core / Wild Red Yellow / Rogueart 3760131270754 / CD / 2,484円(税込)




【その他】


●上西千波 / LOVE & PEACE | TOWARDS THE FUTURE / エレックレコード / JPN / 4580204761830 / CD / 3,240円(税込)

上西千波のコンセプトアルバム『LOVE&PEACE』
シリーズ2作目のサブテーマは“TOWARDS THE FUTURE"。

カサンドラ・ウィルソンの音楽監督、グラミー賞作品を手がけたロニー・プラキシコのプロデュースで“地球を繋ぐ海のサウンド"をニューヨークにて作りあげた。「Maiden Voyage」「I Just Called to Say I love You」「蘇州夜曲」「島唄」の名曲の数々をジャズサウンドにアレンジ。またオリジナル曲「A Thousand Cranes」の英語版も収録されている。「出航! 国境のない地球の旅へ」世界的ヒットソングにのせて、上西千波が未来へ届ける平和へのメッセージ。(メーカーインフォより)

1. Maiden Voyage -処女航海-
2. I Just Called to Say I love You
3. Imagine
4. Isn’t She Lovely
5. 蘇州夜曲
6. 島唄
7. Hymn to Freedom -自由への讃歌-
8. We are the World
9. A Thousand Cranes(English Ver.)


●DJANGO REINHARDT / DJANGO REINHARDT / LA NOUVELLE QUINTETTE - LES ANNEES DE GUERRE / Adf Bayard Musique / 3560530404329 / CD / 2,916円(税込)


●ARCHIE SHEPP / I HEAR THE SOUND / ARCHIE SHEPP / ARCHIEBALL / 3521383443200 / CD / 2,592円(税込)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す