【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

●ドイツ出身のボーカリスト、セリーナ・ルドルフの2017年作は、ブルーノート・オールスターズでもキレキレの演奏を聴かせたリオーネル・ルエケとのDUO作品!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18356/



●Jazzline のハンブルク“Onkel Pö's Carnegie Hall”収録音源発掘シリーズから2タイトル入荷!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18357/





●VINCENT HERRING / Hard Times / SMOKE SESSIONS RECORDS / CD / 0888295593342 / 価格2,268円(税込)


※デジパック
現代アルト・サックスの最高峰、ヴィンゼント・ハーリングの新作が登場!Smoke Sessions からは、『Uptown Shuffle』『Night And Day』に続く第3 弾となる。第1 弾はワンホーン・カルテット、第2 弾は曲によりトランペットが加わったカルテット/クインテット作だったが、今作はワンホーン・カルテットを軸に、曲によりトランペット、トロンボーン、テナーサックスによるホーン・セクションや、ラッセル・マローンのギター、ニコラス・ベアード(ボビー・マクファーリンのグループ“Voicestra”のメンバーとしても活躍)のヴォーカルが加わる豪華盤!!

ピアノは現在もNYのトップのひとりに君臨し続けるサイラス・チェスナット、ドラムもNYの重鎮、カール・アレン!ベースはNY で大活躍中の日本人、中村恭士さん。“Hard Times”と名付けられた今作。不穏なことの絶えないこの時代に、自分に出来ることはわずかながら、少なくとも1時間くらいは、現代生活の混乱を和らげられるような作品にしたい、と願って制作された、とのことだ。選曲されたのは、そんな気持ちを反映してのもの。タイトル曲の“Hard Times”を始め、“Hard Work”“Good Morning Heartache”など、痛みや辛さ、哀しみをテーマにした内容の曲。そして、演奏は、ブルースの中にも希望を見出すような明るさと、スピリチュアルな温かさが印象的で、それは自身のオリジナル“The Sun Will Rise Again”にも表れている。

ジョン・ハンディの“Hard Work”で始まる。ホーン・セクションのリッチなハーモニー、マローンのファンキーなプレイも良い。3曲目“Summerti me”でハーリングはソプラノ・サックスに持ち替え。フェンダー・ローズを使用し、ヒップホップなドラムで現代的サウンドに。ベアードの温かな歌も聴きもの。4曲目、タイトル曲の“Hard Ti mes”はレイ・チャールズもカヴァーしたゴスペル調のナンバー。教会で演奏していたというサイラスのゴスペル・フィーリングが光る!6曲目“Eastern Joy Dance”はハーリングの今は亡
き旧友、マルグリュー・ミラーの曲。7曲目“The Sun Will Rise Again”は今作で唯一のハーリングのオリジナル。硬派なゴリゴリのジャズマンのイメージとはちょっと離れた、スムースで爽やかな楽曲だ(ソロはゴリゴリ)。マローンのメロウなソロも良い。8 曲目“Piccadilly Square”はスウィンギーなアレンのオリジナル。名手ステイーブ・トゥーレ(tb)のソロも聴きどころ。

その他、ビル・ウィザーズの名曲“Use Me”、“Summertime”と同じくガーシュウィンのスタンダード“Embraceable You”、ジョージ・コールマンやドナルド・ブラウンなどミュージシャンのオリジナルまで。ハーリング曰く、「私の人生を通して、どんなに浮き沈みがあるときでも、音楽は常に私にとってポジティブなものでした。音楽によって私はいつも気分を持ち直すことができたのです。この作品が、リスナーの方にとって、そんな楽しい気持ちを思い出し、何度も聴きたいと思えるものになれば、と思っています」とのこと。そんなハーリングの気持ちが詰まった、ハッピーな作品だ。

Vincent Herring(as, ss), Cyrus Chestnut(p, fender rhodes), Yasushi Nakamura(b), Carl Allen(ds)
With special guests: Nicolas Bearde(vo), Russell Malone(g), Steve Turre(tb), Brad Mason(tp), Sam Dillon(ts)




●SIETSKE / Leaving Traces / BERTHOLD RECORDS / CD / 4250647317023 / 価格3,240円(税込)


オランダの女性シンガー、シーツカの2015年作「WHERE IT STATS AGAIN」以来久々の2017年作がリリース。
シンガーソングライターの柔軟なメロディとコンテンポラリー・ジャズの洗練さが同居した充実作。同国のピアニストDirk Balthausのサポートも素晴らしいのでボーカル・ファンのみならずピアノ・ファンも是非聴いて頂きたい1枚です。

■Dirk Balthaus,
Eran Har Even,
Sietske Roscam Abbing,
Marco Zenini
Efraim Schulz-Wackerbarth








●NANA MOUSKOURI / NANA / Electrola / CD / 0600753794326 / 価格3,780円(税込)




●LLOYD MCNEILL / Washington Suite(CD) / SOUL JAZZ RECORDS / CD / 5026328103747 / 価格2,376円(税込)


ロイド・マクニールの〝極〟レア盤をSOUL JAZZ RECORDSが再発!
画家、詩人、フルート奏者と多方面で活躍していたマルチアーティスト、ロイド・マクニールが自身のレーベルに残した70年作品。
当時1000枚だけプレスされた中古市場でも未だ高値をつけるまさにレア・グルーブたるレア盤。全ての作品がレアなロイド・マクニールですが大本命が本盤「Washington Suite」。「この再発を持っていた!」という声(悲鳴!)が轟きそうです。
内容の方は説明不要。割愛させて頂きますが時代を越えても色褪せない素晴らしい作品です。

■Lloyd McNeill - flute
Marshall Hawkins - bass
Eric Gravatt - percussion
Eugene Rush - electric piano




●FRANCIS HIME / OS SEIS EM PONTO / DISCOBERTAS / CD / 7898599622511 / 価格2,268円(税込)


ブラジルDISCOBERTASがSOMLIVRE/RGE音源を続々とリイシュー第二弾! 今回の目玉はコレだ! シコ・ブアルキやエドゥ・ロボとならぶMPBを代表するSSWフランシス・ハイミがジャズボサ期に残した幻の1STアルバムが初のCD化!1966年にリリースされた本作はピアニストで作編曲家であるフランシス・ハイミの1STアルバムとして知られる作品。フランシス以下Nelson Motta (violão), Alberto Hekel Tavares (flauta), Carlos Alberto Cumarão (trombone), Carlos Eduardo Sadock de Sá (contrabaixo), João Jorge Vargas (bateria)らにより形成されるセクステット名義での録音だが、あくまで主役はフランシス。オリジナルLPの裏ジャケットにはジョビン、そしてホナウド・ボスコリによる推薦文が掲載されるなど、若くしてその才能を嘱望されていたことがうかがえる。オリジナル盤は200USD近い価格で取引される人気盤。






●FRAN ROSAS / LUME / INDEPENDENTE / CD / 7898650540129 / 価格2,376円(税込)


クリチーバ出身の女性シンガー、フラン・ホーザスのデビュー作。クリアでくせのないヴォイスに、ブラジル音楽にジャズやポップスの要素を巧みに織り込んだ好アレンジ、そしてジャヴァンからセルソ・ヴィアフォラ、ト・ブランヂレオーニまでベテランから若手まで通好みの楽曲をレパートリーにチョイス。MPBの最良部をしっかりと受け継ぎつつ、至極ポップにまとめあげたその内容は、MPBファンはもちろんジャズ・ヴォーカル・ファンなどにもリコメンド。








●JERRY GRANELLI / Dance Hall / JUSTIN TIME / CD / 0068944860623 / 価格1,836円(税込)


※デジパック
Robben FordとBill Frisellというギター・マスター二人が参加したベテラン・ドラマーJerry Granelli2017年作。
Jerry Granelliを長年聴いてきた方からギター・ファンも十分に楽しめる1枚。何はともあれRobben Ford、Bill Frisell、Jerry Granelliが集まったってだけで凄すぎます!!

■Jerry Granelli – Drums
Robben Ford – Electric Guitar
Bill Frisell – Electric Guitar
J. Anthony Granelli – Electric Bass
Horns: Derry Byrne – Steve Kaldestad – Bill Runge




●GUILHEM FLOUZAT / Thing Called Joe / SUNNYSIDE / CD / 0016728149228 / 価格2,268円(税込)


※デジパック
パリ生まれ、NYを拠点に活動するドラマー。エリック・ハーランドに師事。デイブ・リーブマンといった大御所、またリオネル・ルエケ、ギラッド・ヘクセルマンらとの共演歴がある。
前作『Portrai ts』ではベン・ウェンデルやベッカ・スティーヴンスなどが参加した、全曲オリジナル作だったが、今作ではピアノ・トリオで全曲スタンダード(ミュージシャンズ・コンポジション含む)である。

すべてはFlouzat 宛の一枚の手紙から始まった。それは、旧友Laurent Coq からで、「サリヴァンとトリオでレコーディングをしてみたら?スタンダードとか演奏したもの、ぜひ聴いてみたいんだけど。」といった内容だった。オリジナル曲のアルバムを考えていたFlouzat だったが、これがきっかけで方向転換することになったという。

マンハッタン音楽学校のクラスメイトだった3 人によるレコーディングは順調に進み、多くの曲がほぼ1 テイクで録られ、その日のうちに計18 曲も録音したとのこと。非常にリラックスした雰囲気の漂う内容。注目はサリヴァンのユーモアと遊び心満載のプレイ!コロコロとしたフレージングに自由自在のリズム感、抑揚溢れるダイナミクス。高い技術と音楽性を、小難しく披露するわけでなく、全て音楽の表現に注ぎ込んでいるかのよう。リーダーのFl ouzat はやたら前に出ることなく、小気味よいドラミングで、アンサンブルに徹している。古き良きジャズを踏まえつつ、現代の感性で表現した良作。

■Sullivan Fortner(p)
Desmond White(b)
Guilhem Flouzat(ds)




●CLOVIS NICOLAS / Freedom Suite Ensuite / SUNNYSIDE / CD / 0016728149525 / 価格2,268円(税込)


※デジパック
大人気テナー・サックス奏者グラント・スチュワート!名ドラマー、ケニー・ワシントン参加!南フランス、プロヴァンス出身。パリに出て、アンドレ・チェカレリ、ステファン・ベルモンドと共演、またバティスト・トロティニョンの初リーダー作品のベースをつとめたクロヴィス・ニコラスのリーダー2作目。前作はピアノ・トリオ+ギター+トランペット+サックスのセクステットによるハード・バップ作品だったが、今作ではコード楽器を入れず、トランペット+サックスの2管とベース+ドラムによるカルテット編成(トランペットは曲により交替あり)。

ここ数年間、ニコラスはより自由を求めて、コードレスの環境での多くの演奏機会を持ったという。この作品は、コードレスの名盤・名曲であるソニー・ロリンズの“Freedom Sui te”を収録、アルバムタイトルにも含まれており、ロリンズへの賛辞となっている。また、組曲の間に“I nterl ude”を入れ、独自に再構成しているところもポイントだ。硬派なモダン・ジャズ。ひたすらスウィングするケニーのドラミング!ニコラスはコードレスのスペースを活かし、ベースラインや音域をより自由に動き回る。そしてなんと言ってもグラント・スチュワートの好演が聴きもの!“Freedom Suite”はもちろん、ニコラスがグラントの為に書いた“Grant S.”、スタンダード“Fine and Dandy”では今作最大の盛り上がりを見せる。ラスト“Little Girl Bl ue”はニコラスのソロ。ベースらしい骨太で温かな音色で奏でるメロディからは、リーダーとしての流石の実力を聴かせてくれる。

■Clovis Nicolas(b)
Brandon Lee(tp except 1,11)
Bruce Harris(tp on 1,11 only)
Grant Stewart(ts)
Kenny Washington(ds)






●JAY CLAYTON & KIRK NUROCK / UNRAVELING EMILY / SUNNYSIDE / CD / 0016728144322 / 価格2,268円(税込)


◆正統派からアヴァンギャルド~フリーまで幅広く表現するベテラン・ヴォーカリスト、ジェイ・クレイトンの新作はピアニストKirk Nurockとのデュオ。Nurock は1948年生まれニュージャージー州出身、若い頃からフィル・ウッズ、ソニー・スティット、チェット・ベイカーなどと共演した実力者で、現在はニュースクールで指導している。今作は詩人エミリー・ディキンソンの詩をもとに作曲したコンセプト作品。デュオと言っても、オーバーダビングしたりエフェクトをかけたり、またピアノもシーンによってDetuned Pi ano(ピッチが少しズレたピアノ)を使用し独特の効果を出したりと、いわゆるジャズのアコースティックなデュオとは違ったサウンドとなっている。

詩に旋律とハーモニーを合わせるだけでなく、また語りの部分も多く、詩の内容を引き立てるように音楽的効果を入れている。“Unraveli ng Emil y”というタイトルの通り、この作品は、クレイトンとNurockによるエミリーの詩の解釈なのだろう。

Jay Clayton(Vocal Interpretations and Improvisations), Kirk Nurock(Compositions Montages and Piano)




●XAVI TORRES / Unknown Past / BERTHOLD RECORDS / CD / 4250647317016 / 価格2,700円(税込)


※デジパック
スペイン・バルセロナ出身のピアニスト、Xavi Torresの2017年作がリリース。
実はXavi Torresのトリオはスペイン・シーンの実力者揃い!!
大注目を浴びるスペインはカタルーニャのピアニスト/コンポーザー、Clara Peyaの2017年リリース作「OCEANES」でもベース・プロデュースを担当したVic Molinerとカタルーニャ・ジャズ新世代のトップを走るトランペット奏者Pol Omedes「Mallorca」でもドラムを叩くJoan Terolというフレッシュで勢いのあるトリオです。

■Xavi Torres - Piano
Vic Moliner - Double Bass
Joan Terol - Drums

※参考動画





●MAMMAL HANDS / Shadow Work / GONDWANA RECORDS(UK) / CD / 5050580678385 / 価格2,160円(税込)


新世代のUKジャズを代表するマンチェスターの人気ジャズ・トリオ、ママル・ハンズが大ヒット・アルバム『フロア』に続く3枚目となる待望のニューアルバム『シャドウ・ワーク』を完成! 世界のジャズ・フェスティバルでプレイしながら完成させた、更に洗練されスケールアップした彼等の進化したニュー・サウンド!

UKジャズシーンで今最も先鋭的なサウンドを展開し注目を集めるマンチェスターのレーベルGONDWANA RECORDSからゴーゴー・ペンギンに続くネクスト・ブレイク確実なジャズ・トリオ、ママル・ハンズが前作『フロア(Floa)』から1年ぶりとなる3枚目のアルバム『シャドウ・ワーク(Shadow Work)』を完成させた。2016年のタワーレコード輸入盤ジャズCDで最も売れた作品として渋谷店、新宿店の2016年輸入盤CD年間ジャズチャート1位を獲得し、日本でも大きく注目された彼等のサウンドはピアノ、ドラム、サックスのベースレスな変則トリオ編成で奏でられるミニマル・ジャズ・サウンド。ミニマルな反復するコードの中を漂うサクソフォンの美しいインプロヴィゼーションに思わず引き込まれる「Black Sails」、ループする小さなテーマから徐々に壮大なサウンドスケープを描く「Boreal Frost」、現代的なアイリッシュ・フォークに触発されたという「Solitary Bee」、タブラをフィーチャーした重厚でメロディアスな「Three Good Things」、「Living Frost」、ニックの美しいピアノソロパートとフィールドレコーディングが融合したラスト・トラック「Being Here」まで、彼等が影響を受けたというスティーヴ・ライヒからエイフェックス・ツイン、アフリカ音楽からアイリッシュ・フォークまで、さまざまなジャンルのエッセンスが彼等のフィルターを通過して表現されるポストロックにも通じる新しいジャズ・サウンド。(新譜案内より)

■ニック・スマート(ピアノ)
ジェシ・バレット(ドラム)
ジョーダン・スマート(サクソフォン)






●LINA NYBERG / TERRESTRIAL (SWE) / IMPORTS / CD / 7320470227251 / 価格3,240円(税込)





●CHET BAKER / THE RIVERSIDE COLLECTION / ENLIGHTENMENT SERIES / CD / 0823564700625 / 価格1,836円(税込)





●SIMON LEGAULT / Hypnagogia Polis / EFFENDI/ 0690579014623 / 価格2,484円(税込)


※ペーパースリーヴ
カナダのギタリスト、SIMON LEGAULT による、正統派クール・ジャズ色濃厚の2017年録音盤がリリース!!

■Simon Legault(g)
Jules Payette(as)
Andrew Boudreau(p)
Adrian Vedady(b)
Louis-Vincent Hamel(ds)






●JANIS STEPRANS / Quintet / EFFENDI / CD / 0690579014524 / 価格2,484円(税込)


1958年生まれ、カナダはモントリオール出身のベテラン・サックス奏者/作曲家の Janis Steprans による2017年最新盤がリリース!!

■Clarinet, Liner Notes, Producer, Concept By, Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Tenor Saxophone – Janis Steprans
Contrabass – Adrian Vedady
Drums – Andre White
Drums, Shaker – Kenton Mail
Guitar – Gabriel Hamel
Piano – Geoff Lapp
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す