【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

●FOX + CHRIS CHEEK / PELICAN BLUES / JAZZ & PEOPLE / CD / 3149028122220 / 価格2,484円(税込)

ホルヘ・ロッシー(ds)含むギター・トリオ“FOX”の2作目はクリス・チーク全面参加!!フランスの影響力の強いルイジアナを振り返る作品で、伝統的音楽をオリジナルに昇華!!

Pierre Perchaud(g), Nicolas Moreaux(b), ホルヘ・ロッシー(ds)のトリオFOX による、2 作目のリリース。屈指のサックス奏者、クリス・チークが全面参加!曲により、ACT でおなじみのアコーディオン奏者、ヴァンサン・ペラニが3 曲、またJazz&People からリーダー作も出しているテナーサックス奏者、Christophe Panzani が1曲参加。
自分たちの好きな音楽に根差した土地であり、フランスの影響力の強い、ジャズの発祥地、ルイジアナを振り返るのがコンセプト。アメリカのサックス奏者であるクリス・チークが、このアルバムのレパートリーを考案したということだ。タイトルのペリカンはルイジアナ州の、州の鳥である。

“聖者の行進”のメロディを解体したという3 曲目や、ブルーグラスのバンジョーのパターンに基づいたギターによる4 曲目、ニューオーリンズの伝統的リズム、セカンドラインを取り入れた9曲目など、ジャズのルーツとなる音楽をリスペクトし、更にオリジナルに昇華している。10 曲目はニューオーリンズが舞台の戯曲“A Streetcar Named Desire(欲望という名の電車)”からのナンバー。

Pierreはジョン・スコフィールドやカート・ローゼンウィンケルから影響を受けているとのことで、音色を巧みに操り、バッキングのコードワークやリズムも粋で、シングル・トーンによるうねるようなソロも見事。また、クリス・チークの好演も聴きものだ。


Pierre Perchaud(g, banjo on 9)
Nicolas Moreaux(b)
Jorge Rossy(ds, vib on 1,7)
Chris Cheek(ts, ss)
guests: Vincent Peirani(acco & accordina on 1,6,8)
Christophe Panzani(ts on 11)






●LAURENT COQ / Kinship / JAZZ & PEOPLE / CD / 3149028122121 / 価格2,484円(税込)


フランス生まれ、ジョン・ヒックス, マルグリュー・ミラー, ブルース・バースといった名だたるピアニストに師事し、着実な活躍を見せるローラン・コックの新作は、実に
12 年振りとなるピアノ・トリオ作。ローラン自身、「ここ数年、私は、ピアノがフロントとリズム隊の中心的な役割で演奏できるようなソリストとの演奏を好んでいました。」と語るように、ミゲル・ゼノンやウォルター・スミスIIIをはじめ、多くの管楽器やヴォーカリストと共演, 録音してきた。しかし、「(トリオで作品を制作するのには)私が適切なレパートリーを思い描くのに必要な期間だったと感じている。」とのことで、満を持してのトリオ作となる。

ドラムは、NY で引く手あまた、トム・ハレルやケニー・バロンのバンドで活躍し、昨年はラヴィ・コルトレーン・カルテットで来日したジョナサン・ブレイク!ベースは、2013 年にテレンス・ブランチャードのバンドで来日、またカマシ・ワシントンとのツアーにも参加する期待の若手、ジョシュア・クランブリーだ。今作は全曲オリジナルで、今までにローランが特に影響された11 人のミュージシャンに敬意を表したもの。マーク・ターナーに捧げた、静かに内側から燃え上がるような5曲目、ダミオン・リードに捧げた、ヒップホップ・テイストな10曲目など、その人を思い浮かべながら聴くのも面白い。

Laurent Coq(p)
Joshua Crumbly(b)
Johnathan Blake(ds)






●OLIVIER BOGE / WHEN GHOSTS WERE YOUNG / JAZZ & PEOPLE / CD / 3149028122329 / 価格2,484円(税込)


ティグラン・ハマシアン参加作で話題となり、ますます表現の幅を広げる注目の音楽家、オリヴィエ・ボーゲの新作!アルト・サックス奏者として知られるオリヴィエだが、『The World Begines Today』(2013)、『Expanded Places』(2015)と、作品毎に使用楽器を増やし、今作ではサックス, ピアノ, ローズ, シンセ, ヴォイスに加え、アコースティック・ギターも自身で演奏する。メンバーは『Imaginary Traveler』(2012) と同じで、10 年以上にわたって協力してきたパートナーだという。オリヴィエにエレキ・ギター, ピアノ, ベース, ドラムのクインテット。3曲目のみ女性ヴォーカルが加わる。

楽曲は全てオリジナル。即興性もありつつ、細部まで作り込まれたコンポジションで、メロディとハーモニーがしっかりしており、ストーリー性豊かだ。曲調は神秘的で壮大なものから、カントリー調やフュージョン的なもの、審美的なバラードまで様々。使用楽器が増え、サウンドを拡張すると共に、美しく洗練された確固たる世界観を創造している。アコースティック・ギターの温かな音色で始まるオープニングから、バンドが加わり、ヴォイスによるメロディが入る流れは幻想的でドラマチック。ロック・テイストの4曲目や、牧歌的な6曲目なども、一貫したオリジナルの音世界を見せる。また、5, 7曲目などではオリヴィエによるクールに燃えるアルト・サックス・ソロも堪能できる。

サックスの出番こそ減っているものの、それも自らの表現に誠実であるが故のこと。Jazz&People の創設者にしてフランスを代表する評論家Vincent Bessièresに、「オリヴィエ・ボーゲの音楽を初めて聞くことは、新しい世界の幕開けを目の当たりにするようなものだ」と言わしめた、“音楽家” オリヴィエ・ボーゲにはこれからも大大注目です!!

Olivier Bogé(ac-g, as, vo, p-M3,5, fender rhodes & synthezisers), Pierre Perchaud(el-g), Tony Paeleman(p),Nicolas Moreaux(b), Karl Jannuska(ds) + Isabel Sörling(vo-M3)





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter


新宿ジャズ館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す