【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

●シャイ・マエストロ、ニタイ・ハーシュコヴィッツに続くピアニスト、エデン・ラディンの初リーダー・アルバムが完成! EDEN LADIN / Yequm
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18529/



●ANZICの共同創設者の一人、クラリネット他マルチ・リード奏者として、才能を発揮するアナット・コーエンのテンテットによる最新作! ANAT COHEN / HAPPY SONG
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18530/



●女性ピアニスト/ヴォーカリスト、ヴィトーリア・マルドーナードが、ロン・カーターとオーケストラを迎えた好ジャズボサ作品! RON CARTER & VITORIA MALDONADO / BRASIL L.I.K.E.
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18531/





●ローレン・コバル / ノ-・コンプラインツ・ノ-・リグレッツ / ガッツプロダクション / 価格2,300円(税込)





●CHAMPIAN FULTON / Christmas With Champian / 自主制作(JAZZ) / CD / 0888295629638 / 価格2,916円(税込)


※デジパック
才媛ピアニスト / シンガー、チャンピアン・フルトンがクリスマスアルバムをリリース! ますます活躍の場を広げている才媛ピアニスト/シンガー、チャンピアン・フルトンがハッピーなクリスマスソングをあなたのために贈ります!! 本格的なクリスマス気分に心がウキウキ&確かな演奏と美声に酔いしれてください。
■Champian Fulton (voc/p)
David Williams (b)
Fukushi Tainaka (ds)
Stephen Fulton (tp)






●AREK SKOLIK / Plays Mingus / AS Records / CD / 5908254159664 / 価格2,916円(税込)


※デジパック
粘りのある、安定的なドラミングで定評のあるベテラン・ドラマーアレク・スコリク !!! 彼とテナーサックスとベースというシンプルな編成で吹き込んだ、ミンガスの作品集です。特に、5曲目の「グッドバイ・ポークパイ・ハット」では女性ボーカリストPatrycja Zarychtaが参加していたり、テナーのJaroslaw Bothurの野生的で奔放な吹奏が光っていたりと、聴きどころ満載です。ミンガス・ファン、テナーファン、モダンジャズ・ファンのみなさまに特におすすめ!! コレクター的価値を見いだせる一枚となるかも!?

■Arek Skolik(ds)
Jarek Bothur(ts)
Michal Jaros(b)
Patrycja Zarychta(voc #5)

※参考動画





●MONIKA BORZYM / Back to The Garden / AGORA S.A. / CD / 9788326824883 / 価格2,916円(税込)


伝説的SSWの楽曲に、ポーランドの歌姫がいどむ新鮮な1枚!!!

ポーランドの歌姫と評価が高い、モニカ・ボージムの2016年録音盤がリリース!!! 時代を超えて人気のシンガー・ソング・ライターのジョニ・ミッチェル に捧げた名唱集です。ジョニ・ミッチェルとは違った少しけだるい感じを残しながら歌い上げるモニカの魅力が満載!! もちろん、ジョニ・ミッチェルのファンのかたにも安定して聴ける1枚だと思います。

■Monika Borzym(voc)
Michael “Patches” Stewart(tp)
Radek Nowicki(sax)
Mitchell Long(g)
Michal Zaborski(viola)
Robert Kubiszyn(b)
Michal Bryndal(ds) etc...






●LESZEK KULAKOWSKI / Love Songs / SOLITON / CD / 2299990425088 / 価格2,916円(税込)


名ピアニストLeszek Kulakowskによる2017年作品がリリース!! 彼女自身が作曲、ピアノ担当のラヴ・ソング集です。女性ヴォーカリストであるJoanna Knitter を全面的にフィーチャーし、モダン、そしてポップなアレンジで聴かせる1枚で素直に世界観に入っていきやすい作品です。

■Leszek Kulakowski(p)
Joanna Knitter(voc)
Tomasz Grzegorski(sax)
Maciej Grzywacz(g)
Piotr Kulakowski(b)
Tomasz Sowinski(ds)

※参考音源





●REBECCA KILGORE / Moments Like This / HEAVYWOOD / CD / 0650577788704 / 価格2,160円(税込)


ベテラン女性ヴォーカリスト、レベッカ・キルゴアの名唱集。彼女が1998年録音、2001年リリースした今となっては入手困難の本作がこのたびリリース!! バックで奏でるランディー・ポーター・はトリオ作品『Eight Little Feet』で人気を得ました。彼らの演奏のもと、しっとりとした大人の女性の心もようを歌い上げる!!! ベテランならではの余裕がやはりびんびんと伝わってきますね。

■Rebecca Kilgore (vo)
Randy Porter (p)
Neil Masson (ds)
Scott Steed (b)

Recorded at HeavyWood Studios. June 1998 & September 1999 :Released 2001




●BILL MAYS / Two of a Mind / ITI RECORDS / CD / 0855925004035 / 価格2,484円(税込)


1982年録音!! ベテランピアニストの若き日のプレイが光る1枚!!

熟練技が光るピアニスト、ビル・メイズが若い頃に、すでに熟練プレイヤーだったレッド・ミッチェルと録音したデュオ作品がリリース!! ミッチェル独自のベーストーンに寄り添うような、メイズのプレイが素晴らしい、古き良き時代のジャズがたのしめる1枚です。

■Bill Mays (p)
Red Mitchell (b)



【JAZZTWIN】

~偉大なるジャズ・ジャイアンツたちの名盤、名演奏が
貴重なアーティスト写真を用いた秀逸なニュー・パッケージで登場!~


●STAN GETZ / In Scandinavia 1959-1960 / JAZZTWIN / CD / 8437016248959 / 価格1,404円(税込)


偉大なるジャズ・ジャイアンツたちの名盤、名演奏が
貴重なアーティスト写真を用いた秀逸なニュー・パッケージで登場!
メンバー:STAN GETZ, tenor sax JAN JOHANSSON, piano On all tracks, plus
1-4: OSCAR PETTIFORD, bass; JOE HARRIS, drums. Copenhagen, Denmark,
October 25, 1959.
5-7: GEORGE RIEDEL, bass; JOE HARRIS, drums. Olle Helander (MC). Solliden,
Skansen, Stockholm, Sweden, July 6, 1959.
8-9: RAY BROWN, bass; ED THIGPEN, drums. Norman Granz (MC).
Stockholm Concert Hall, Stockholm, Sweden, March 22, 1960.
10-12: ERIK NORSTRÖM, second tenor sax; GUNNAR JOHNSON,
bass; ROLF SVENSSON, drums.
Broadcast, Frederiksstad, Norway, February 20, 1959.
★スタン・ゲッツ・クァルテットの欧州公演(1959-60:デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)音源をまとめた、オリジナル編集盤。

(メーカーインフォより)




●MILES DAVIS / Tempus Fugit / JAZZTWIN / CD / 8436569190364 / 価格1,404円(税込)


偉大なるジャズ・ジャイアンツたちの名盤、名演奏が
貴重なアーティスト写真を用いた秀逸なニュー・パッケージで登場!
全25タイトル、CD / LP 両フォーマットでリリース!完全限定盤!
メンバー:
MILES DAVIS, trumpet J. J. JOHNSON, trombone on all tracks, plus:
1-9:JACKIE McLEAN, alto sax GIL COGGINS, piano OSCAR PETTIFORD,
bass KENNY CLARKE, drums
WOR Studios, New York, May 9, 1952.
10-20: JIMMY HEATH, alto sax GIL COGGINS, piano PERCY HEATH, bass ART BLAKEY,drums
WOR Studios, New York, April 20, 1953.
All original sessions produced by Alfred Lion.
★マイルスとJ.J. ジョンソンの共演スタジオ録音を一挙に集めた1枚。
『Young Man with a Horn』(BLP 5013),『Miles DavisVol.2』(BLP 5022),
『 Miles Davis Vol.3』(BLP 5040)からのナンバーが中心となっている。
(メーカーインフォより)




●GERRY MULLIGAN / Complete Recordings(2CD) / JAZZTWIN / CD / 8436569190081 / 価格1,728円(税込)


メンバー:GERRY MULLIGAN, baritone saxophone & piano BOB BROOKMEYER,
valve trombone JOE BENJAMIN, bass DAVE BAILEY, drums
CD1, 1-3: Newport Jazz Festival, Newport, Rhode Island, evening, July 6, 1957.
Add TEDDY WILSON (piano) on 3 only.
CD1, 4-9: Hollywood Bowl, Hollywood, August 2, 1957.
CD1, 10-16 & CD2, 1-7: Stockholm, Sweden, May 17, 1957.
**Bonus Tracks (CD2, 8-15) Studio versions of songs from the concerts
by different formations of the Gerry Mulligan Quartet.
Recorded in Los Angeles 1952-62. Featuring Bob Brookmeyer, Art Farmer,
Chet Baker, Carson Smith, and Chico Hamilton, among others.
★1957年、名トロンボーン奏者、ボブ・ブルックマイヤーを配し、ジョー・ベンジャミン(b)、デイヴ・ベイリー(ds)を加えた、最強ジェリー・マリガン・クァルテットの、ニューポート・ジャズ・フェス、スウェーデンのストックホルム、ハリウッド・ボールでのライヴから成る、全録音を収録した2CD。さらに、アート・フォーマー、チェット・ベイカー参加のスタジオ・ヴァージョンも追加収録。

(メーカーインフォより)




●SARAH VAUGHAN / With Clifford Brown / JAZZTWIN / CD / 8436569190104 / 価格1,404円(税込)


メンバー:1-9: Sarah Vaughan featuring Clifford Brown
Sarah Vaughan (vcl), Clifford Brown (tp), Herbie Mann (fl),
Paul Quinichette (ts), Jimmy Jones (p), Joe Benjamin (b),
Roy Haynes (ds). Ernie Wilkins (arr, cond). New York, December 16 & 18, 1954.
*Bonus Album (10-21): Sarah Vaughan in the Land of Hi-Fi
Sarah Vaughan (vcl), Julian “Cannonball” Adderley, Sam Marowitz (as),
Ernie Royal, Bernie Glow (tp),
Jay Jay Johnson, Kai Winding (tb), Jerome Richardson (fl, ts), Turk Van Lake (g),
Jimmy Jones (p), Joe Benjamin (b), Roy Haynes (ds), Ernie Wilkins (arr, cond).
New York, October 25-27, 1955. All original sessions produced by Bob Shad.
★名盤の誉れ高い『Sarah Vaughan with Clifford Brown』 (EmArcy MG36004)にキャノンボールを配した『Sarah Vaughan in the Land of Hi-Fi』(EmArcy MG36058)をカップリングした2 in 1CD。

(メーカーインフォより)




●NINA SIMONE / Little Girl Blue + 5 Bonus Tracks / JAZZTWIN / CD / 8436569190210 / 価格1,404円(税込)


メンバー:NINA SIMONE, vocals & piano JIMMY BOND,
bass ALBERT“TOOTIE” HEATH, drums
New York, 1957.
★ニナ・シモンの記念すべきデビュー・アルバム(1958)に、同じメンバー構成によるライヴ・トラック5曲(1959-61)を追加収録。

(メーカーインフォより)




●ELLA FITZGERALD / At The Opera House Featuring Oscar Peterson + 1 Bonus Track / JAZZTWIN / CD / 8437016248935 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
ELLA FITZGERALD, vocals on all tracks,
plus: 1-9: OSCAR PETERSON (p), RAY BROWN (b), JO JONES (ds).
on 9 Roy Eldridge (tp), J.J. Johnson (tb), Sonny Stitt (as),
Lester Young, Illinois Jacquet, Coleman Hawkins, Stan Getz,
Flip Phillips (ts) added.
Chicago Opera House, Chicago, September 29, 1957.
10-18: OSCAR PETERSON (p), RAY BROWN (b), JO JONES (ds).
On 17-18 Roy Eldridge (tp), J.J. Johnson (tb), Sonny Stitt (as),
Lester Young, Illinois Jacquet, Coleman Hawkins, Stan Getz,
Flip Phillips (ts) added, and
Connie Kay (ds) replaces Jones.
Shrine Auditorium, Los Angeles,
October 7 (tracks 10-16) & October 25 (tracks 17-18), 1957.
Original recordings produced by Norman Granz.
*Bonus Track (19):Lou Levy (p), Herb Ellis (g),Wilfed Middlebrooks (b),
Gus Johnson (ds). Playboy Jazz Festival, Chicago, August 9, 1959.
★オスカー・ピーターソンらをバックにした、エラ・フィッツジェラルドの名ライヴ。
オペラハウス&シュライン・オーディトリアムの2つのステージを収録。

(メーカーインフォより)




●BENNY CARTER / New Jazz Sounds + 2 Bonus Tracks / JAZZTWIN / CD / 8436569190340 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
1-6: BENNY CARTER, alto sax DIZZY GILLESPIE, trumpet (on 1-2 only) BILL HARRIS,
trombone OSCAR PETERSON, piano
HERB ELLIS, guitar RAY BROWN, bass BUDDY RICH, drums
New York, September 14, 1954.
7: BENNY CARTER, alto sax; DON ABNEY, piano; GEORGE DUVIVIER,
bass; LOUIE BELLSON, drums.
New York, June 23, 1954.
8: BENNY CARTER, alto sax; OSCAR PETERSON, piano; HERB ELLIS,
guitar; RAY BROWN, bass; BOBBY WHITE, drums.
New York, November 12, 1954.
All original sessions produced by Norman Granz.
*Bonus tracks: DIZZY GILLESPIE, trumpet; BENNY CARTER & CANNONBALL ADDERLEY,
alto sax; J.J. JOHNSON, trombone;
LALO SCHIFRIN, piano; ART DAVIS, bass;
CHUCK LAMPKIN, drums.
Live at Konserthuset, Stockholm, Sweden, November 21, 1960.
★1958年の『New Jazz Sounds』(Norgran MGN-1044/Verve MGV-8135)に、同セッションで録音されるも、アルバム収録されなかった代表曲M06、さらに、Jazz at the Pilharmonicのメンバーとしての2曲の長尺のライヴ・パフォーマンス(1960)も追加収録。

(メーカーインフォより)




●DUKE ELLINGTON / Meets Count Basie Battle Royal + 7 Bonus Tracks / JAZZTWIN / CD / 8436569190357 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
The Duke Ellington Orchestra (heard on the right channel):
Cat Anderson, Willie Cook, Ed Mullens, Fats Ford (tp), Ray Nance (tp, vln),
Juan Tizol, Lawrence Brown, Louis Blackburn (tb), Jimmy Hamilton (cl),
Johnny Hodges, Russell Procope (as), Paul Gonsalves (ts), Harry Carney (bar),
Duke Ellington,Billy Strayhorn (p), Aaron Bell (b), Sam Woodyard (d).
The Count Basie Orchestra (heard on the left channel):
Thad Jones, Sonny Cohn, Snooky Young, Lonnie Johnson (tp),Henry Coker,
Quentin Jackson, Benny Powell (tb), Marshall Royal (cl, as),
Frank Wess (as, ts, fl), Frank Foster, Budd Johnson (ts), Charlie Fowlkes (bar),
Count Basie (p), Freddie Green (g), Eddie Jones (b), Sonny Payne (d).
New York, July 6 & 7, 1961.
Original sessions produced by Teo Macero.
*Bonus Tracks (11-17):
11: COUNT BASIE and His Orchestra. New York, August 16 & 17, 1954.
12: COUNT BASIE and His Orchestra. New York, January 4, 1956.
13: COUNT BASIE and His Orchestra. Los Angeles, April 28, 1956.
14: COUNT BASIE and His Orchestra. Live at The Americana Hotel, Miami, Florida,
May 31, 1959.
15: DUKE ELLINGTON and His Orchestra. Live at Travis Air Force Base, Suisun City,
California, March 4, 1958.
16-17: From DUKE ELLINGTON’s PARIS BLUES
soundtrack: LOUIS ARMSTRONG (tp soloist) with studio orchestra
conducted by DUKE ELLINGTON. Paris, France, December 15-16, 1960.
★ビッグバンド・リーダーの両巨頭がタッグを組んだ唯一のアルバム。
ボーナストラックは、お互いがお互いの楽曲を演奏している5曲とアルバム曲のオリジナル・ヴァージョン2曲をエリントンの映画サウンドトラックから収録されている。

(メーカーインフォより)




●CHET BAKER / Deep In A Dream / JAZZTWIN / CD / 8436569190388 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
CHET BAKER, trumpet & vocals on all tracks, plus:
Collective personnel: Gerry Mulligan (bar), Bud Shank (as, fl), Phil Urso (ts),
Russ Freeman, Bobby Timmons (p), Carson Smith, Joe Mondragon (b),
Shelly Manne, Chico Hamilton, Larry Bunker (ds), among others.
Recorded in Los Angeles, Milan, San Francisco, and New York,
between 1952 & 1959.
★チェット・ベイカーのバラード・パフォーマンスを黄金期からベスト・セレクション。

(メーカーインフォより)




●JOHN COLTRANE / Blue Train + Bonus Album: Lush Life / JAZZTWIN / CD / 8437016248829 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
JOHN COLTRANE, tenor saxophone LEE MORGAN, trumpet CURTIS FULLER, trombone
KENNY DREW, piano PAUL CHAMBERS, bass PHILLY JOE JONES, drums
Hackensack, New Jersey, September 15, 1957.
*Bonus Album: Lush Life on 6-8: JOHN COLTRANE (ts),
EARL MAY (b), ARTHUR TAYLOR (ds).
Hackensack, New Jersey, August 16, 1957.
on 9-10: JOHN COLTRANE (ts), DONALD BYRD (tp on 9 only),
RED GARLAND (p), PAUL CHAMBERS (b),
LOUIS HAYES (ds on 9), ALBERT “TOOTIE” HEATH (ds on 10).
Hackensack, New Jersey, January 10, 1958 (track 9)& May 31, 1957 (track 10).
★ジョン・コルトレーン本人のフェイヴァリットでもある名盤『Blue Train』(1957) に、同年の『Lush Life』を追加収録した 2 in 1 CD。

(メーカーインフォより)




●MILES DAVIS / Ballads And Blues / JAZZTWIN / CD / 8437016248942 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
MILES DAVIS, trumpet on all tracks,
plus: 1 & 8: John Coltrane (ts), Red Garland (p), Paul Chambers (b),
Philly Joe Jones (ds). Hackensack, New Jersey, May 11, 1956.
2 & 9: Same personnel and location, October 26, 1956.
3: Same personnel. New York, September 10, 1956.
4: Cannonball Adderley (as), Hank Jones (p), Sam Jones (b), Art Blakey (ds).
Hackensack, New Jersey, March 9, 1958.
5: Same personnel as 1-3 & 8-9. New York, June 5, 1956.
6-7: Sonny Rollins (ts), Tommy Flanagan (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds).
Hackensack, New Jersey, March 16, 1956.
10: Milt Jackson (vib), Thelonious Monk (p), Percy Heath (b), Kenny Clarke (ds).
Hackensack, New Jersey, December 24, 1954.
★オリジナル編集盤。バラード、ブルースの名演奏が惜しげも無く選曲されている。

(メーカーインフォより)




●NAT KING COLE / Swinging Side Of Nat “King” Cole + Bonus Album: At The Sands / JAZZTWIN / CD / 8436569190371 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
NAT “KING” COLE, vocals on all tracks, plus:
1-12: The Swinging Side of Nat “King” Cole
The Count Basie Orchestra: John Anderson, Wendell Culley, Thad Jones, Joe Newman,
Snooky Young (tp), Henry Coker, Al Grey, Benny Powell (tb),
Marshall Royal, Frank Wess (as), Frank Foster, Billy Mitchell (ts),
Charlie Fowlkes (bar), Gerald Wiggins (p), Freddie Green (g), Eddie Jones (b),
Sonny Payne (ds). Arrangements by Dave Cavanaugh.
Los Angeles, June-July 1958.
13-24: Nat King Cole at the Sands
Nat King Cole plays piano on track 21. John Collins (g), Charlie Harris (b),
Lee Young (d), and orchestra conducted by Antonio Morelli.
Arrangements by Dave Cavanaugh (except track 22, by Nelson Riddle).
Live at the Sands Hotel, Las Vegas, Nevada, July 14, 1960.
★カウント・ベイシー楽団をバックに録音されたスタジオ作『The Swinging Side of Nat “King” Cole』(Capitol SW 1724)(1958)に、1960年のラスヴェガスにおけるライヴ・アルバム『Nat King Cole at the Sands』(Capitol SMAS 2434)を追加収録した 2 in 1CD。

(メーカーインフォより)




●CHARLES MINGUS / Mingus Dynasty - The Complete Session / JAZZTWIN / CD / 8436569190227 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
On 2-4, 6-7 & 10-13: CHARLES MINGUS, bass & leader JIMMY KNEPPER, trombone
DICK WILLIAMS, trumpet JEROME RICHARDSON, baritone sax & flute
BOOKER ERVIN & BENNY GOLSON, tenor sax JOHN HANDY, alto sax
THEODORE COHEN, vibes ROLAND HANNA, piano DANNIE RICHMOND, drums
New York, November 1, 1959.
[NICO BENICK (p) replaces Hanna on 7 & 13. On the same tracks omit Williams,
Golson, Richardson, and Charles.]
On 1, 5, 8 & 9: CHARLES MINGUS, bass & leader JIMMY KNEPPER,
trombone DON ELLIS, trumpet BOOKER ERVIN, tenor sax
JOHN HANDY, alto sax ROLAND HANNA, piano DANNIE RICHMOND, drums
New York, November 13, 1959.
[Add MAURICE BROWN & SEYMOUR BARAB (cello) on 1 & 9.]
★ミンガスの才能が余すことなく発揮された、1960年リリースの名作。オルタナティヴ・テイクも収録され、本作セッションの完全な状態を聴くことができる。

(メーカーインフォより)




●DUKE ELLINGTON / Piano In The Foreground + 9 Bonus Tracks / JAZZTWIN / CD / 8436569190111 / 価格1,404円(税込)


メンバー:DUKE ELLINGTON, piano AARON BELL, bass SAM WOODYARD, drums
Los Angeles, March 1 & 2, 1961. Original recordings produced by Irving Townsend
*Bonus Tracks 13-18: Duke Ellington (p), Jimmy Woode (b), Sam Woodyard (ds).
New York, October 10 (tracks 13-14) & March 20 (tracks 15-18), 1957.
19-21: Duke Ellington (p), Wendell Marshall (b),
Butch Ballard (ds). Los Angeles, April 13, 1953.
★ピアノ・トリオ・フォーマットでのエリントンが聴ける名盤『Piano in the Foreground』(Columbia CS8829)(1961)に、53年、57年における、同じトリオ・フォーマットの演奏を追加収録。

(メーカーインフォより)




●CHET BAKER / My Funny Valentine / JAZZTWIN / CD / 8436569190074 / 価格1,404円(税込)


メンバー:CHET BAKER, trumpet & vocals
With: Collective personnel: Bob Brookmeyer (v-tb), Bud Shank (bar),
Russ Freeman (p), Carson Smith, Red Mitchell (b), Shelly Manne, Bob Neel (ds),
among others.
Recorded in Los Angeles and Milan (track 20) in 1954-59.
★1994年にCDリリースされた、チェット・ベイカーのヴォーカル・ナンバーを数多く収録したバラード・コレクション『My Funny Valentine』をさらに拡大させた編集盤。2ヴァージョンの「My Funny Valentine」も収録。

(メーカーインフォより)




●CHET BAKER / Embraceable You - The Complete Session + 5 Bonus Tracks / JAZZTWIN / CD / 8436569190203 / 価格1,404円(税込)


メンバー:1-13: CHET BAKER, trumpet & vocals DAVID “BUCK” WHEAT,
guitar; ROSS SAVAKUS, bass
14-17: CHET BAKER, trumpet; JIMMY BUFFINGTON, French horn BOB TRICARICO,
bassoon; GENE ALLEN, bass clarinet SEYMOUR
BARAB, cello; ROSS SAVAKUS, bass BOB ZIEFF,
arranger & conductor All tracks recorded in New York, December 9, 1957.
Original session produced by Richard Bock.
*Bonus Tracks: 18 & 20: Chet Baker (tp, vcl), Kenny Drew (p), Sam Jones (b),
Philly Joe Jones (ds). New York, August, 1958.
19: Chet Baker with the Ezio Leoni (as Len Mercer) Orchestra. Milan, Italy,
October 5, 1959.
21: Chet Baker (tp), Gerry Mulligan (bar), Henry Grimes (b),
Dave Bailey (ds). New York, December 3, 11 & 17, 1957.
22: Johnny Pace (vcl), Chet Baker (tp), Herbie Mann (fl, b-cl),
Joe Berle (p), Vinnie Burke (b), Ed Thigpen (ds). New York, December 29, 1958.
★チェット・ベイカーのロマンティックなヴォーカルとトランペットに、ギターとベースを加えたトリオ編成による1957年のNYセッションから生まれた『Embraceable You』。今回、同日に収録されたセクステット編成の4曲が加えられた。さらに、収録曲のオルタネイト・ヴァージョンを追加収録。

(メーカーインフォより)




●AHMAD JAMAL / But Not For Me Live At The Pershing Lounge 1958 + 2 Bonus Tracks / JAZZTWIN / CD / 8437016248928 / 価格1,404円(税込)


メンバー:
AHMAD JAMAL, piano ISRAEL CROSBY, bass VERNELL FOURNIER, drums
1-19: Live at the Pershing Lounge, Chicago, January 16 & 17, 1958.
*Bonus Tracks 20: This is an edited version of the Pershing’s “Poinciana”
originally issued on a single 45 rpm disc.
21: Same personnel except Ray Crawford (g) replaces Fournier. New York, October 25, 1955.
★オリジナルはLP2枚に分けてリリースされた名ライヴを完全収録。
さらに、M06のシングル・ヴァージョンとスタジオ・ヴァージョンを追加収録。

(メーカーインフォより)




●ELLA FITZGERALD / Complete 1954-1962 Singles (3CD/62 TRACKS / NEW CONTINENT RECORDS / CD / 8436569190494 / 価格1,620円(税込)


1954年から1962年のエラ・フィッツジェラルドのシングルをすべて収録!
■LLA FITZGERALD vocals on all tracks
Orchestras conducted & arranged by Gordon Jenkins, Andre Previn, Benny Carter, Toots Camarata, Buddy Bregman, Nelson Riddle, Paul Weston, Marty Paich & Frank DeVol.

CD1, 5-16 are duets with pianist Ellid Larkins.




●NINA SIMONE / COComplete 1957-62 Singles (60 Tracks!/3CD) / NEW CONTINENT RECORDS / CD / 8436569190500 / 価格1,620円(税込)


※3CD
黒人女性ヴォーカリスト、そして人権運動にも多大な影響を及ぼしたアーティストのひとりである、ニーナ・シモン。彼女の1957年~1962年にかけてのシングルレコード作品を収録しました。まさに「アーリー・ニーナ」。新鮮な彼女の歌声をおたのしみください。

■NINA SIMONE (Vo.)




●ITIBERE ZWARG / ITIBERE ZWARG & UMO FEAT. HERMETO PASCOAL / BISCOITO FINO / CD / 7898539573439 / 価格2,160円(税込)


エルメート・パスコアルのグループに1970年代から所属するなどエルメートの遺伝子を最も濃厚に受け継ぐ作編曲家/ベーシストのイチベレ。自身のキャリア50周年と、師匠であるエルメートと活動を共にして40周年の記念に企画・制作された2017年新作! フィンランドの管楽器を主体としたオーケストラ「UMO(ユニバーサル・ミュージック・オーケストラ)」を率い、イチベレならではのハーモニーが炸裂。エルメート御大も大半の楽曲でゲスト参加し、楽しそうにはじけています。




●上柿絵梨子 / .i / musicacallada / CD / 4532813841977 / 価格2,376円(税込)


※ペーパースリーヴ
木もれ陽に照らされた葉を揺らす風、雨の気配 ――
現実と空想のあわいにただよう、やわらかな光の調ベ

自然に身をまかせ、ありのままの気持ちをピアノの音でシンプルかつ繊細に響かせる。聴くものの心にインティメイトに寄り添う、ピアニストEriko Uegakiによる9つのソロ・ピアノ作品を集めたアルバム。

お菓子や珈琲、花や木々、ゆっくりと流れる時間。 何気ない暮らしの中のほんの小さな気づき、幸せ。貴重な一瞬としっかり大切に向き合い、穏やかに過ごす日々…。
穏やかな空気の流れるシンプルな部屋で過ごす日常から生まれた即興や楽曲。そこには部屋の空気感、ペダルや椅子の音、鳥のさえずり、掠れた音や余白とともに収められています。まるで隣でピアノを聴いているかのような感覚に陥る、ポスト・クラシカルな風合いのソロ・ピアノ作品です。
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す