【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

【新品CD・LP】 1/23 新入荷一覧! 

●通好みのハード・バップ盤デイヴ・ベイリー 「Bash!」がCRAFTMAN RECORDSクオリティでアナログ盤復刻!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18458/

●フォックス・キャプチャー・プラン新作2タイトル登場!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18601/

●フライング・ダッチマン1000・マスター・コレクションシリーズ 第二期が発売!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18599/





●セロニアス・モンク / コンプリート・ラスト・レコーディングス / MUZAK / JPN / 4524505337356 / 2CD / 3,024円(税込)

ジャズ・ジャイアンツ、セロニアス・モンクのラスト・スタジオ・レコーディングが20年ぶりに待望の復刻!

メーカー特典
本商品お買い上げのお客様へポスター(A2サイズ)をプレゼント

※特典は無くなりしだい終了となります。

2017年10月に生誕100年を迎えたジャズ・ピアノの巨匠、セロニアス・モンクが1971年秋のヨーロッパ・ツアー中にロンドンのチャペル・スタジオで行ったソロとトリオによる最後のスタジオ録音の全貌を収めたジャズ史に残る貴重なセッション。今回の再発にあたりモンクとは親交の深かった創業50周年となる新宿の老舗ジャズ喫茶「DUG」のオーナーでありジャズ・フォトグラファーとしても高名な中平穂積氏が絶頂期のモンクを捉えた素晴らしい写真をカバー他に使用したダブル紙ジャケット仕様でのリリース。前回発売時未収録になっていたトリンクル・ティンクル(テイク1)をボーナス・トラックとして追加収録。真のコンプリート盤となった。

「ロンドンでこの録音の申し出があったとき、モンクは、やはり、いささか興奮したのではないだろうか。ソロで、そして1940年代からの馴染みのブレイキー、マッキボンらとのトリオで、めいっぱい昔からのことができる。いや、自分のやりたいことを自分のやり方通りにできるという興奮がこのアルバムの演奏の充実を生んだように思う。1940年代に残されたブルーノートの初リーダー作で演奏された不滅のモンク・オリジナルの数々から最新のものまで、全28曲のきら星のようなモンク・チューンが、ユニークこのうえないモンク自身のピアノによって、6時間という短い時間に一気に演奏された。前日もコンサートがあり、疲れていたのにである。これは、やはり特別のセッションと言うしかないだろう。そして、このときスタジオに集まった誰一人、その後のモンクを予想した人はいなかったと思う。しかし、これは間違いなく、この偉大なジャズの天才が、その生涯最後に残した傑作となったのである。」青木和富(前回発売時ライナーより)

Disc1
セロニアス・モンク(p)

Disc2
セロニアス・モンク(p)
アル・マッキボン(b)
アート・ブレイキー(ds)
録音:1971年11月15日/ ロンドン
プロデュース:アラン・ベイツ

ソングリスト
Disc 1
1. トリンクル・ティンクル(テイク3)
2. クレプスキュール・ウィズ・ネリー(テイク2)
3. ダーン・ザット・ドリーム
4. リトル・ルーティ・トゥーティ
5. ミート・ミー・トゥナイト・イン・ドリームランド
6. ナイス・ワーク・イフ・ユー・キャン・ゲット・イット
7. マイ・メランコリー・ベイビー
8. ジャッキーング
9. ラヴァー・マン
10. ブルー・スフェア
11. トリンクル・ティンクル(テイク2)
12. ザ・マン・アイ・ラヴ
13. サムシング・イン・ブルー
14. イントロスペクション(テイク1)
15. コーディアリー(インプロヴィゼイション)

Disc 2
1. エヴィデンス(テイク2)
2. ミスティオーソ
3. クレプスキュール・ウィズ・ネリー(テイク4)
4. アイ・ミーン・ユー
5. クリス・クロス
6. ルビー・マイ・ディア
7. ナッティ(テイク2)
8. ハッケンサック
9. クレプスキュール・ウィズ・ネリー(テイク3)
10. ナッティ(テイク1)
11. イントロスペクション(テイク3)
12. ハッケンサック(テイク1)
13. エヴィデンス(テイク1)
14. トリンクル・ティンクル(テイク1)






●ブレンダ・ナバレテ / ミ・ムンド / THINK! RECORDS / JPN / 4988044036598 / CD / 2,376円(税込)

ダイメ・アロセナ、イベイーに続くのはこの人だ! 世界的ブレイクを目前に控える新世代女性キューバン・ジャズの新星ブレンダ・ナバレテ待望のデビュー作。

野性と洗練、伝統と革新がせめぎあうスリリングな瞬間にこの『Mi Mundo』は満ち溢れている。これだけの多様な音楽性、あるいは名のあるミュージシャン達を内包しながら、借り物の匂いがまったくしないのにも驚く。彼女自身の強靭な身体感覚とアーティスティックなヴィジョンが全編に炸裂している。
こんなキューバ音楽、聴いたことがない。だが、どこを切ってもキューバ音楽そのもの。そんな堂々たるブレンダ・ナバレテのデビュー・アルバムの登場だ。
(高橋健太郎氏ライナーノーツより一部抜粋)

映画『キューバップ』の公開、アメリカとの国交回復などもあり、日本でもますます注目されるキューバの音楽シーン。本作はそんなキューバの新世代を代表する女性シンガー/パーカッショニスト/作曲家、ブレンダ・ナバレテのデビュー作である。いまだ20代という若さながら、クリマックス、イラリオ・ドゥランといったキューバを代表する大物ミュージシャンの作品に客演するなど、実力実績ともに十分。キューバ音楽ファン、ラテンジャズ・ファンの間ではすでに注目される存在である。

そんななかリリースされるのが、まさに待望ともいえる本デビュー作『ミ・ムンド』だ。現代キューバを代表する音楽家たちを迎えつつ、ジャズ、ブラジリアンまでをミックスした「新世代のアフロ・キューバン・ミュージック」を披露。チャーミングなルックスも含め、次代のスターとしての才覚をいかんなく発揮する内容となっている。

ダイメ・アロセナ、イベイーに続く女性キューバ音楽家の新星として世界的ブレイクは必至。キューバ音楽ファンはもちろん、新世代ジャズ・ファンにも強力リコメンド!

・参加ミュージシャン

ムニール・オッスン (Bass, Guitar, Percussion etc.) - かつてザヴィヌル・シンジケートにも在籍し現在はアルフレッド・ロドリゲス・トリオのメンバーとしても活躍するブラジル出身のベーシスト/コンポーザー。
オサイン・デル・モンテ (Percussion) - アフロ・キューバン音楽に興味のある方々が今一番注目しているルンバ・グループ “アドニス & オサイン・デル・モンテ” のオサイン。キューバン・パーカッショニスト、キューバン・ダンサーも注目の若き逸材!
ロベルト・カルカセス (Piano) - キューバン・ニュー・ジェネレーションのスーパー・バンド「インテラクティヴォ」の中核ピアニスト!
アライン・ペレス (Bass) - 2017ラテン・グラミーにもノミネート! スペイン・ジャズ・シーンで活躍するキューバ人ベーシストで、かのチューチョ・バルデスやイサーク・デルガード、晩年のセリア・クルースなどをサポートした最重要人物!
イラリオ・ドゥラン (Piano) - 1953年生まれ。現在はカナダを拠点に活動するチューチョ・バルデスに次ぐキューバン・ジャズ最重要ピアニストの一人。
オラシオ”エル・ネグロ”エルナンデス (Drums) - アメリカン・クラーベ諸作や菊地成孔との共演でも知られるキューバが誇る超絶ドラマー。
ロランド・ルナ (Piano) - 『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』への出演、そして話題の映画『キューバップ』でも美しすぎるピアノの即興演奏を聞かせていたキューバ新世代を代表するピアニスト。
ロドニー・バレット (Drums, Percussion) - チューチョ・バルデス、イサック・デルガードらキューバのトップ・ミュージシャンを支える1stコール・ドラマー。
アデル・ゴンサレス (Percussion) - ロベルト・フォンセカ・バンドの一員として2017年も来日。ジャロルディ・アブレイユと並びキューバを代表するパーカッショニストとして知られる存在。

などなど。メンバーも現行キューバンのオールスター!この面子だけでキューバ音楽ファンはまず「買い」です!
そして彼らを束ねるのが若干26歳のブレンダという..。末恐ろしい才能です。

解説:高橋健太郎
歌詞対訳:二田綾子(Kamita Label/Cu-Bop)

ソングリスト
1. ババ・エレグア
2. ルンベーロ・コモ・ジョ
3. アナナ・オジェ
4. カラバナ
5. ドゥルメ・ネグリータ
6. ナマステ
7. タイタ・ビロンゴ
8. ムラータ・リンダ
9. カチータ
10. ア・オチュン





●ED JONES / For Your Ears Only / IMPOSSIBLE ARK / 5050580683488 / CD / 1,620円(税込)

フリー系サックス奏者、エド・ジョーンズ を中心としたグループの2016年録音盤がリリース!!! まさに指先の即興者であり、力強い想像力を持つプレーヤーという評価がうかがわれる演奏がたのしめます。ヨーロッパでもっとも力強く、それでいてスムースなプレイが特徴です。

Ed Jones:Tenor/Soprano Saxophones
Ross Stanley:Piano
Riaan Vosloo:Double Bass
Tim Gilles:Drums
Brigitte Beraha:Vocals

ソングリスト
1. Nomadology
2. Pandora's Box
3. Starbright
4. Marielyst
5. Solstice
6. Ebb and Flow






●SOPHIE ALOUR / Time For Love / L'AUTRE / 3521383444849 / CD / 2,376円(税込)
1974年生まれの知的な美しさと演奏で注目されている、女性サックス奏者・SOPHIE ALOUR の2017年作品がリリース!!!

SOPHIE ALOUR (sax)

ソングリスト
1. Nos Cendres (Sophie Alour) invites: Stephane Belmondo et Allegria
2. I Loves You Porgy (George Gershwin) invite: Alain Jean Marie
3. the second time around (jimmy VAN HEUSEN) invite: Allegria
4. Left alone (Mal Waldron) invite: Glenn Ferris
5. Skylark (Hoagy CARMICHAE, John Herndon MERCER) invite: Stephane
6. Everytime we say goodbye (Cole Porter)invites: David El Malek et 7.Stars fell on Alabama (Frank Perkins) invite: Alain Jean Marie
8. Answer me (GERHARD WINKLER) invite: Rhoda Scott
9. I'm old fashioned (Jerome Kern) invite: Glenn Ferris
10. A Time For Love (Johnny Mandel) invite: Allegria
11. Comptine (Sophie Alour) invite: Laurent Coq






●LISA B LISA B (LISA BERNSTEIN) / I Get a Kick Cole Porter Reimagined / JAZZED MEDIA / 0700261459363 / CD / 2,808円(税込)

ヴォーカル&詩人の美女アーティストが紡ぎだす、新たなコール・ポーターの世界!!!

ゴージャス美女ジャズ・シンガーであり詩人のリサ・B(リサ・バーンスタイン)と彼女のトリオとの2018年作品がリリース!!!
リーダーとしての彼女の6作品目である本作では、American Songbookを作った作曲家の中でも最も優れたアーティストの1人であるコール・ポーターの10曲を彼女なりの新解釈によって表現しています。 グラミー賞受賞のレコードが数多くあるJazzed Mediaレーベルで初めてのリリース作となります。

Ben Flint – keyboards
Fred Randolph – bass
Alan Hall – drums
plus special guests

ソングリスト
1. I Get A Kick Out of You 3:58
2. Easy to Love 3:02
3. Sonia & Solomon / I Happen to Like New York 4:10
4. Wake Up and Dream 5:48
5. In the Still of the Night 4:47
6. Ev’ry Time We Say Goodbye 6:01
7. What Is This Thing Called Love? 4:32
8. All of You 4:08
9. You’d Be So Nice to Come Home To 4:21
10. Night and Day (The Cat Goddess) 5:33






●VITOR ASSIS BRASIL / ESPERANTO - TOCA ANTONIO CARLOS JOBIM / FAR OUT RECORDINGS / 5060211503429 / CD / 1,944円(税込)

1970年代の最重要ブラジリアン・ジャズはまちがいなくコレ!ジョン・コルトレーンに強い影響を受けたブラジルのサキソフォニスト、ヴィクトル(ヴィトル)・アシス・ブラジル(1945-1981)が"FORMA","QUARTIN"レーベルで伝説的な作品をおくりだしたプロデューサー、ホベルト・クアルチンとともに作り上げた2作品『Esperanto』『Toca Antonio Carlos Jobim』が2in1+未発表音源をボーナストラックとして追加してリリース!

35歳という年齢でこの世を去った夭逝のサキソフォニスト、ヴィクトル・アシス・ブラジル。14歳からサックスを手にし、18歳でデビューLPをレコーディング。10代にしてブラジリアン・ジャズのトップ・プレイヤーとしての名声を手に入れた天才である。2枚の作品をリリースしたあと、アメリカのバークレー・カレッジへの留学の機会を与えられたヴィクトルが、その帰国後すぐにレコーディングした音源を収めたのがこの2枚 『Esperanto』 『Toca Antonio Carlos Jobim』である。 『Esperanto』は一曲を除き自身のオリジナルで構成される作品で、当時TAPECARレーベルからリリースされたもの。同時代の北米ジャズロックやスピリチュアル・ジャズにも通ずる、熱くどこかメディテーティブなセッションと圧巻のインプロヴィゼーションが堪能できる作品。『Toca Antonio Carlos Jobim』はジョビンの楽曲を取り上げた作品で、アメリカ留学直後のヴィクトルがブラジルのボサノヴァとポスト・バップの理想的な融合点を見出した作品として、ブラジルのみならずアメリカでも高く評価された歴史的傑作として知られ、こちらはプロデューサーであるクアルチン自信の名を冠したQUARTINレーベルからリリースされた。レーベルこそ違うものの、同一セッションということもありミュージシャンも同一。当時のブラジルを代表する面々とともに繰り広げる迸るようなセッションが記録されている。

Alto Saxophone – Victor Assis Brasil
Bass – Edison Lôbo
Drums – Edison Machado
Guitar – Hélio Delmiro
Piano – Dom Salvador
Producer, Directed By – Roberto Quartin

ソングリスト
1. Ginger Bread Boy (Esperanto)
2. Children (Esperanto)
3. Marila (Esperanto)
4. Quarenta Graus A Sombra (Esperanto)
5. Ao Amigo Quartin (Esperanto)
6. So Tinha De Ser Com Voce (Toca Antonio Carlos Jobim)
7. Wave (Toca Antonio Carlos Jobim)
8. Bonita (Toca Antonio Carlos Jobim)
9. Dindi (Toca Antonio Carlos Jobim)
10. Marilia (unreleased / alternative take)
11. Ao Amigo Quartin (unreleased / alternative take)



●VITOR ASSIS BRASIL / ESPERANTO / FAR OUT RECORDINGS / 5060211503436 / LP / 2,808円(税込)

ジョン・コルトレーンに強い影響を受けたブラジルのサキソフォニスト、ヴィクトル(ヴィトル)・アシス・ブラジル(1945-1981)がFORMA系列のカルト・レーベル"QUARTIN"に残したアントニオ・カルロス・ジョビン集と同じセッションでレコーディングしたという名作『Esperanto』がLP復刻! ボーナストラック収録+オリジナル・マスターテープからのリマスター+180gram重量盤プレッシング。

FORMA、QUARTINという伝説的なレーベルにおいて数少ないながらにも歴史に残る作品を残したプロデューサー、ホベルト・クアルチンが本作もプロデュースを担当。QUARTINレーベルからリリースされたジョビン曲集『Toca Antonio Carlos Jobim』と同じセッションでレコーディングされたのだとか。結果的に本録音はTAPECARレーベルからリリースされたものの、そういった経緯から本作もクアルチン・ワークのひとつとして知られている。

ブラジルにおける最初のバークレー世代であり、ディジー・ガレスピーやチック・コリア、ロン・カーターといった面々との共演を経て帰国。生来ともいえる圧倒的なリード奏者としての表現力に加え、北米のジャズを中心とする当時の音楽的潮流をブラジル持ち込んだヴィトル。楽曲も迸るようなセッションを聴かせるジミー・ヒース作曲の"Ginger Bread Boy"をのぞけば全曲オリジナルとコンポーザーとしての側面も楽しめるのが本作の特徴だ。メランコリックでリリカルな"Marilia"、崩壊しそうなまでに熱い"Quarenta Graus A Sombra"、スピリチュアルなソロが印象的なラスト"Ao Amigo Quartin"に加え、本作では未発表音源となる"Children"を特別に収録。まさに北米×ブラジル、その最先端を走っていたにもかかわらず惜しくも夭逝した稀代の音楽家であるヴィトルの頂点とも言える演奏をたっぷりと堪能できる一枚である。

Victor Assis Brasil (alt, soprano sax), Dom Salvador (piano), Edison Machado (drums), Helio Delmiro (guitar), Edson Lobo (Bass)

ソングリスト
A1. Ginger Bread Boy
A2. Children
B1. Marila
B2. Quarenta Graus A Sombra
B3. Ao Amigo Quartin





●Lydia Chiffon / Keys to My Heart / Felinity Records / JPN / 4544873080517 / CD / 2,700円(税込)

『リディアは中世の音階。長音階にくらべて第四音に半音高いファ♯を持つゆえに不思議な浮遊感を帯びる。シフォンは羽毛のように薄く軽い絹織物。そよかぜでも中空を漂えるほどの。リディア・シフォンの奏でる音楽はどれもたおやかな優しさに満ちている。このアルバムのサウンドにしばし身を委ねてみよう。そのひとときこそ、あなたの心を開く「鍵」になるはず。』(佐藤允彦)

Lydia Chiffon 【リディア・シフォン】
柴田麻実(Vo.)と渥美知世(P.)によるユニット。まるでシフォンのように柔らかくナチュラルなヴォーカルと、凛としてポジティヴなピアノとの化学反応が聴く人の心を和ませ元気にさせる。ジャズをベースにした、色彩豊かな独自の世界観を創り上げている。
ある夏の夜、渥美が、急遽代役を頼まれ出演したジャズライブで、柴田と初共演。同じ音楽性を感じた二人は、その後ジャズクラブでの共演や、オリジナルの制作を重ね、2010年より本格的にユニットとしての活動をスタートする。以来定期的に都内ジャズクラブにおいてライブ活動を展開。

ソングリスト
1. Skylark
2. Fragments
3. Blackbird
4. Bye Bye Blackbird
5. My Foolish Heart
6. Paparazzi
7. Remember
8. My Hometown
9. I Can’t Get No Satisfaction
10. ’S Wonderful
11. My Favorite Things
12. Here’s to New Beginnings






●前田智洋 / トゥー・ジ・イースト / AUR MUSIQUE / JPN / 4988044893320 / CD / 2,500円(税込)

前作より3年を経て、4作目となる待望のニューアルバム「To The East」(トゥー・ジ・イースト)。ギターとヴィブラフォンの絶妙なハーモニーが創り出す、壮大なドラマと景色の見える音楽。To The East、つまり「東へ」と名付けられたこのアルバムはフランスから日本へ拠点を移し、新しい場所での出来事が描かれている。今作はオリジナルに加えカバー曲、Earth, Wind & Fireの「September」とCarla Bleyの「Lawns」の2曲を含む全9曲を収録。参加メンバーは山本玲子(ビブラフォン)、長谷川晃(ベース)、森俊洋(ドラム)、杉山千絵(ボーカル)、砂山淳一(ベース)、ビル・コンセロ(パーカッション)

【Member】
前田智洋(ギター)
山本玲子(ビブラフォン)
長谷川晃(ベース)
森俊洋(ドラム)
杉山千絵(ボーカル)
Sunapang(ベース)
ビル・コンセロ(パーカッション)

オフィシャルホームページ
http://www.tomohiromaeda.com/

ソングリスト
1. Asa
2. To The East
3. Tairuya
4. Et Vie Danse
5. Lawns
6. 40 Years Later
7. Twilight Hour
8. Yu
9. September






●ザ・リアル・グループ / エレメンツ / CD / 2,592円(税込) / スパイス・オブ・ライフ / JPN / 4562263550952

スウェーデンと日本の有効条約が締結されて150周年を迎える2018年。その特別な年にリアル・グループ、8年ぶりのオリジナルアルバムが発売される。奇跡のヴォーカル・グループと呼ばれる彼等の新たなチャレンジとなる話題作!

スウェーデンが誇る驚異のヴォーカル・グループ、ザ・リアル・グループがスウェーデンと日本の友好条約締結150周年を記念する特別な年に約8年ぶりとなるオリジナルアルバムを発売する。明治政府が外国と友好条約を結んだ最初の国がスウェーデンであり、スウェーデンは同じ年に日本と通商条約も締結。2018年は150周年の記念すべき年でありスウェーデンと日本の文化交流など様々な催しが企画されている。

この8年の間にメンバーの多くが入れ替わりフレッシュなメンバーとなったが、奇跡のハーモニーと呼ばれる驚異のコーラスのテクニックは健在であり、洗練されたお洒落で楽しさに満ちたオリジナル曲や世界各地の美しい伝統的な民謡などを取り入れ、アカペラコーラスの枠にとらわれない幅広いジャンルの音楽に挑戦するヴォーカル・グループとして更に進化を続けている。
(メーカー・インフォメーションより)

ソングリスト
1. シンス・ユーヴ・ビーン・ゴーン
2. トゥムシャ・ナクテ、ザヤ・ザレ
3. ホワット・イフ
4. アンインテンショナル
5. ウォーター
6. サイクルズ
7. アイル・ヘルプ・ユー・ホーム
8. ネイチャー・ボーイ
9. イン・ギロム
10. ヨーデン
11. リーヴス
12. イフ・ユー・ラーン・トゥ・フライ
13. エレメンツ
14. キャッチ・アップ、ケチャップ!
15. ストームスカース・マヤ
16. ジングルベル (Bonus Track)






●杉丸太一 / Sei Mei / TheGLEE / JPN / 4573145550335 / UHQCD / 2,500円(税込)

杉丸太一待望の4th ソロピアノアルバム『TheGLEE NY STEINWAY』が最高の音質の24bit/192kHzマスターで登場!
ニューヨーク・スタンウェイを知り尽くした高木裕氏によって蘇った1925年製VINTAGE。ニューヨーク・スタンウェイの魅力を最大限に引き出す杉丸太一による華麗なるリリシズムは貴方を息をのむ美しさの世界へといざなう。

世界の魂を解放するピアニスト 杉丸太一オリジナル曲からなる待望の4th ソロピアノアルバム『The GLEE NY STEINWAY』タカギクラヴィア代表の高木裕氏の著書を何冊も読んでいた杉丸はThe GLEEのピアノが高木氏の選定、調整していたものとであることを知り驚嘆する。

レコーディング当日高木氏にも直接会い、調律をお願いすることが叶った。The GLEEにおけるNY STEINWAY(1925年)を使用したハイレゾ録音が始まった。

オリジナル曲5曲を順調に取り終わった後東京モード学園 音楽療法科の講師である杉丸が考案した即興演奏による『インプロヴィセッション』をピアノに対して行うことになった。*『インプロヴィセッション』とは2017年2月からスタートした対個人に行っているヒーリングセッションである。

普段のインプロヴィセッションは人の心に合わせて行うがピアノに対して行うのは初の試みであった。この時、杉丸は自分の心をピアノの心臓部である響板に合わせた。長い歴史を持つこのピアノの感情に寄り添い、演奏を続けた。
10分を越えるインプロヴィセッションを終えた直後にある一曲を奏でた。その時、一部始終を見ていたオーディエンスから感嘆の声が挙がった。オッケーが出ていたSei MeIは再度、録り直された。ピアノは活き活きと蘇り、遠い記憶が、呼び還されされたそんな感じがした。美しさと情熱に満ちた、オリジナル5曲とスタインウェイとのインプロヴィセッション全6曲による渾身の一枚。
全曲ハイレゾ音源をダウンロードできるカード付きのお買い得なCDです。

【Member】
杉丸太一(Piano)

Piano Improvisation by Taichi Sugimaru
Produced by Jamie Nakamura (THEGLEE)
Recorded at THEGLEE (Tokyo, Japan)
Recording and Mixing engineer:Hideyuki Hanaki (THEGLEE)
Recording Date: October 24, 2017

ソングリスト
1. aqua
2. Sei Mei
3. Improvy Session for Vintage STEINWAY
4. Mandala
5. Hareru
6. Hiroshima





●F.I.B JOURNAL meets 武田カオリ / 多様性に住み DAYS 365, STANDING ON THE CORNER / Ordinary Folk Records / JPN / 4526180436461 / CD / 2,160円(税込)

TICA、川上つよしと彼のムードメイカーズ等で活躍、ゆらゆら帝国の『恋がしたい』で知られる武田カオリとの作品
現役の工場での演奏会開催や富山・真成寺の境内での読経とのセッションなど、そのワン・アンド・オンリーな活動も話題を呼んでいるF.I.B JOURNAL。アフロ・オーケストラ・リミックス・プロジェクトOrquesta F.I.B JOURNALに続く3年振りの新作完成。TICA、川上つよしと彼のムードメイカーズ等でも活躍する武田カオリがヴォーカル参加 !

ソングリスト
1. Mix Sic
2. Where the Light Shinie Down on Us 月みたいに光を集めて
3. 見解の相違 / So-ill
4. 言葉を胸にしまっておくという小さな魔法/ A Wee Spell Where I Shut Words Away Inside
5. 木が息吹くとき
6. Do I Stay? Do I go? / 右から回るか。左からのぼるか。
7. 多様性の街角





●オムニバス / J-JAZZ ディープ・モダン・ジャズ・フロム・ジャパン 1969-1984 / CD / 2,592円(税込) / BBE / JPN / 4526180438328

輸入盤国内仕様!! 森山威男、 辛島文雄、杉本喜代志から松風紘一、相澤徹カルテット、中山英二とディープな60年代~80年代前半までの「J-JAZZ」激レアセレクション!!!

シティ・ポップからニューウェイヴ、ニューエイジに至る様々なジャンルで近年爆発的な盛り上がりを見せるメイド・イン・ジャパンのミュージック・ライブラリーにおいて、古くから海外で高い評価を得ている「和ジャズ」の激ディープなコンピレーションがUKの名門「BBE」から登場~逆輸入 !

ずばり「J-JAZZ」と銘打たれた本作は、日本が誇るリイシュー・プロジェクト、「Deep Jazz Reality」の特濃再発群とは一線を画したラインナップが、さすがレア・グルーヴの母国であるUKの矜持とこだわりを感じさせる、それはそれはマニアック且つ激レアなセレクション ! かつてジャイルス・ピーターソンのフェイバリットとして紹介された“Under Construction”でお馴染みのサキソフォニスト、松風紘一がに残した激レア盤からのタイトル曲“Earth Mother”、当時メンバー全員が大学生だったという相澤徹カルテットによる自主製作盤「TACHIBANA」から壮大且つ流麗なスピリチュアル・ジャズ・チューン“Dead Letter”、盛岡のジャズ喫茶「ジョニー」が手がける<ジョニーズ・ディスク>から北海道のベーシスト中山英二の78年作「Aya's Samba」からタイトル曲“Aya's Samba”、先日アナログ・リイシューでも話題となった植松孝夫「Straight Ahead」から“White Fire”、トランペットに大野俊三をフィーチャーした80年産の中村新太郎クインテットによる名盤「Evolution」から“A Blind Man”、<ジョニーズ・ディスク>の3枚目、ドラマー片山光明(現パイソン片山) が79年にリリースしたファースト・アルバム「First Flight」の“未知のポイント/Unknown Point”、ジョージ大塚、井野信義と組んだ辛島文雄によるピアノ・トリオ傑作「翔」からの“Little Island”、「Babylonia Wind」などでお馴染みのギタリスト、杉本喜代志による73年発のライヴ盤から“Long Neal”、森山威男が83年に<ヴァップ>からリリースした「East Plants」に収録された絶品モーダル・ワルツ「Kaze」という激烈ディープな内容 ! 選曲は長らく和ジャズのコレクターとしてその名を知られるトニー・ヒギンズとマイク・ぺデン !

帯・日本語解説付国内仕様盤
国内仕様盤解説:尾川雄介(universounds)

(メーカーインフォより)

輸入盤はこちら
V.A. / オムニバス / J Jazz Deep Modern Jazz From Japan (1969-1984)
V.A. オムニバス
J Jazz Deep Modern Jazz From Japan (1969-1984)

ソングリスト
1. 松風紘一トリオ - アース・マザー
2. 相澤徹カルテット - デッド・レター
3. 中山英二 - アヤのサンバ
4. 植松孝夫 - ホワイト・ファイア
5. 中村新太郎クインテット - ブラインド・マン
6. 片山光明(パイソン片山) - 未知のポイント
7. 森山威男 - 風
8. 辛島文雄 - リトル・アイランド
9. 杉本喜代志 - ロング・ニイル
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す