【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。


●OREGON / IN STRIDE / CAM JAZZ / CD / 8024709783028 / 価格2,365円(税込)


グループ歴40年〜2010年Oregonサウンド。
変わらない良さと、自然に変化してきたサウンドが心地よく結晶化されたマエストロたちの音世界。

ポール・ウインター・コンソートの時代から、40 年の活動歴を誇るグループ、オレゴンの最新作品。ラルフ・タウナー~ポール・マッキャンドレス~グレン・ムーアは、不動のメンバー。グループの中で、またジャズ史にとっても貴重な異色プレイヤーであった、オリジナル・メンバーのコリン・ウォルコットが事故死してしまったため、パーカッションには、その後トリロク・グルトゥが加入、今は、Mark Walker がその役を務めますが、そこには、変わらない良さと、時を経て自然に変わってきた音が気持ちよく共存します。
民族音楽色は影をひそめ、サウンドは近年、ある種のポップさもある音の世界にシフト。しかし、室内楽的な美しいアコースティックの響きは、昔から、全く変わらないもので、弦の擦れる音まで音楽として感じさせられるラルフ・タウナーのギターは豊潤な響きを持ち、マッキャンドレスのリードの音は、切なくもある種のこぶしのようなものを持って聴く者の心に届きます。一聴静かでいながら、饒舌な会話~インプロ~によって、知らず知らずのうちに、ドラマティックに高みに達する展開にも、毎度のことながら驚かされます。M-4、6、7等で聴けるラルフ・タウナーの澄みわたった神秘的なピアノの音も感動的。作品を通しての物語展開も見事。正に名人芸とも言える創造的な音楽の結晶がここにあります。(インフォより)

Paul McCandless(oboe, english horn, soprano, flutes),Ralph Towner(classical guitar, twelve strings, synth guitar, piano),Glen Moore(double-bass), Mark Walker(drums, hand percussion)

(All music composed by Ralph Towner, except M-3 Mark Walker,M-9 Paul McCandless, M-10 Glen Moore)

2010. 2. NY 録音




●DINO RUBINO TRIO / ZENZI (TRIBUTE TO MYRIAM MAKEBA) (ITA) / IMPORTS / CD / 8056364979065 / 価格2,484円(税込)





●RICHARD GALLIANO / L'Hymne a L'Amour / CAM JAZZ / CD / 8052405142276 / 価格1,620円(税込)


★アストル・ピアソラが世を去って、15年が経った2007年、ピアソラと共演し、その魂を継承するリシャール・ガリアーノが、同じくピアソラから多大なる影響を受けたゲイリー・バートンをフィーチャーして発表したオマージュ作品。
★1986年モントルージャズフェスティバルでピアソラと共演したゲイリー・バートンのライヴ作品“The New Tango”のオープニングを飾ったからスタート。この曲から両者の思いがあふれますが、タイトル曲であるエディット・ピアフの<愛の讃歌>や、バッハのシンフォニア、またビル・エヴァンスの名曲<ワルツ・フォー・デビー>など、楽曲のヴァリエーションも魅力。ディープに語りあう演奏と、スウィンギーなアレンジを施した軽妙さも感じさせるナンバーの融合が、現代性も感じさせます。

メンバー: Richard Galliano (accordion), Gary Burton(vib), George Mraz(b), Clarence Penn (ds)




●JULIE FALATICO / Taking a Chance on Love / SPIDER RECORDS / CD / 0614346046020 / 価格2,484円(税込)


ニューヨーク生まれの女性シンガーが、ギターとダブルベースというシンプルな伴奏陣をバックに軽やかにスイングしながら優艶に歌い上げるスタンダード集。
2008 年にリリースされた彼女の唯一のアルバムです。

■Julie Falatico(voc)
Joe Ferlo(g)
Matthew Vacanti(b)

Special Guests:
Carleton Boone(p)
Josh DeKaney(ds/perc)
Brian Scherer(sax/fl)




●MANUEL VILLARROEL / Manuel Villarroel Trio / TRANSES EUROPEENNES / CD / 3448964602224 / 価格2,916円(税込)


知性のきらめきとムーディーな心地よさが同居したような好印象のピアノトリオ盤です。
ジャケットの海辺の風景写真のように心を穏やかにさせるメロディーが並び適度なスイング感も相俟って極上の音空間を演出します。98年に録音された今ではレアな1枚の限定復刻です。

■メンバー:Manuel Villarroel(p) / Gus Nemeth(b) / Francois Ricard(ds)

■録音:1998年7月フランスにてスタジオ録音




●JURAJ STANIK / Shaken Not Stirred / MAXANTER / CD / 6089175178282 / 価格2,484円(税込)


【収録内容】
1. B-Brite Boogaloo
2. A room with no view
3. Grey Skies
4. I wonder
5. Oopsy Daisy
6. Sunsong
7. But not for me
8. For those who know
9. Blues
10. Shaken not stirred




●JURAJ STANIK / ITEM / MAXANTER RECORDS / CD / 0608917525724 / 価格2,581円(税込)


知る人ぞ知るピアニスト、ユラ・シュタニクのピアノ・トリオ新譜!ヨーロッパ系ピアノ・トリオ作として胸を張ってオススメできる1枚に仕上がり。スタンダードではなく全曲オリジナルですが、センスがよくとてもよいツボを押さえていて、テンポのよい曲も静かなバラードでも歌心あふれるプレイを聞かせてくれます!オススメ!!

JURAJ STANIK(p),MARIUS BEETS(b),JOOST VAN SCHAIK(ds)




●EVAN PARKER / Reunion Live From Cafe Oto / FMR / CD / 0617629603644 / 価格2,268円(税込)


※デジパック
フリージャズ界を代表するサックス奏者Evan ParkerがロンドンのCafe Otoで行ったライヴが音源化。
ブラジル出身のベース奏者Marcio MattosやJohn Russell、知る人ぞ知るフリー・ミュージック・レーベルBead Records主宰の特殊バイオリン奏者Philipp Wachsmannなど英国フリージャズ界の強者が参加した1作。

■Double Bass – Marcio Mattos (tracks: 2, 4)
Guitar – Ian Brighton (tracks: 1, 2, 4), John Russell (tracks: 3, 4)
Percussion, Electronics – Trevor Taylor (2) (tracks: 2, 4)
Soprano Saxophone [Sop Saxophone] – Evan Parker (tracks: 2 to 4)
Violin – Philipp Wachsmann (tracks: 2, 4)




●BERND REINCKE / PLAY THE TRIO / FMR / CD / 0617629603736 / 価格2,268円(税込)


■Bernd Reincke - baritone and soprano saxophone, bass clarinet
John Hughes - bass
Chad Popple - drums






●DANILA SATRAGNO / Unlupoindarsena / ONOSINU REOCRD / CD / 2299990450156 / 価格2,700円(税込)


George Cables と共演したSplasc(h) 盤やMal Waldron と共演したPhilology 盤をリリースしたものの本邦ではほとんど埋もれてしまっているヴォーカリストが、2004 年にDado Moroni Trio+Guitar をバックに歌った本格派ヴォーカル・アルバムがこちら。イタリアではサンレモ音楽祭に入賞するなど実力派の歌手で、安定した歌唱と優艶な歌声で魅了する聴き応え十分の秀作です。

■Danila Satragno(voc/p #12)
Dado Moroni(p)
Rosario Bonaccorso(b)
Roberto Gatto(ds)
Sandro Gibellini(g)
Riccardo Zegna(p #4,6)





●EDA ZARI / Lazy Standards / K&K / CD / 2299990452126 / 価格2,916円(税込)


まさに辺境系の女王? エダ・ザリの名曲ぞろいの1997年録音盤が登場!!

バルカン半島の小国アルバニア出身のジャズ・シンガー、エダ・ザリの97 年にリリースした、いかにもヴォーカル作品にフィットした名曲揃いのアルバムです。
アップテンポの曲では軽妙にスイングしながら、バラードでは優艶な歌声が効果的に使われる木管3 管との絡みも気持ちいい、極上のリラックスタイムを届けてくれる推薦盤。適度にけだるく適度にさわかやに仕上げることが出来たバランスの取れた女性ヴォーカルの秀作です。

■Eda Zari(voc)
Stephan Meinberg(tp/flh)
George Tjang-Ayong(ts)
Nicolao Valiensi(tb)
Pablo Paredes(p)
Wolfgang Engelberts(b)
Rolf Behet(ds)




●Art Pepper Quartet / Modern Art The Russ Freeman Sessions + 12 Bonus Tracks / POLL WINNERS RECORDS / CD / 8436559464529 / 価格2,160円(税込)


ジャズ・マスターピース!!
ダウン・ビート・マガジン4つ星獲得アルバム!!!
技ありの追加音源を加え、さらに輝きが増した編集盤!

メンバー:
ART PEPPER, alto sax RUSS FREEMAN, piano on all tracks, plus:
CD1, 1-9: Modern Art
BEN TUCKER, bass; CHUCK FLORES, drums.
Los Angeles, December 28, 1956 & January 14, 1957.
Original recordings produced by Don Clark.
CD1, 10-11: LEROY VINNEGAR, bass; SHELLY MANNE, drums.
Hollywood, August 6, 1956. From the LP The Return of Art Pepper.
Original sessions produced by Herbert Kimmel.
All other tracks from this album were quintet performances.
CD2, 1-7: The Art Pepper Quartet
BEN TUCKER, bass; GARY FROMMER, drums.
Hollywood, November 25, 1956. Original session recorded
by Val Valentin & produced by Robert Scherman.
CD1, 12-15 & CD2, 8-19: The 1952 Savoy Session
BOB WHITLOCK, bass; BOBBY WHITE, drums.
Hollywood, October 8, 1952. The master takes were originally issued on Savoy singles.

★ピアニスト、ラス・フリーマンを配した、アート・ペッパー・クァルテットのセッションを収録。アルバム『Modern Art』(1956,57年録音)、『The Art Pepper Quartet』(1956年) 全曲と『The Return of Art Pepper』(1956年)からクァルテット楽曲2曲、1952年のサヴォイ・セッションからの楽曲も含む、充実の2枚組。

【メーカーHPより】




●Miles Davis / In Person - At The Blackhawk, San Francisco Friday And Saturday Nights + 2 Bonus Tracks / POLL WINNERS RECORDS / CD / 8436559464543 / 価格2,160円(税込)


ジャズ・マスターピース!!
ダウン・ビート・マガジン4つ星獲得アルバム!!!
技ありの追加音源を加え、さらに輝きが増した編集盤!

CD1 TT: 78:23
1. Walkin’ 14:16
2. Bye Bye Blackbird 9:49
3. All Of You 15:33
4. No Blues 17:14
5. Bye Bye (Theme) 2:37
6. Love, I’ve Found You 1:54
7. On Green Dolphin Street 12:13
8. Two Bass Hit 4:45

CD2 TT: 77:29
1. Well You Needn’t 8:03
2. The Theme 0:11
3. Fran-Dance 7:36
4. So What 12:14
5. No Blues (Theme) 0:18
6. Oleo 6:58
7. If I Were A Bell 12:38
8. Neo [Aka Teo] 12:34
9. ‘Round Midnight 7:31
10. Softly, As In A Morning Sunrise 8:37
11. The Theme 0:44

メンバー:
MILES DAVIS, trumpet HANK MOBLEY, tenor sax WYNTON KELLY, piano
PAUL CHAMBERS, bass JIMMY COBB, drums
Recorded live at the Blackhawk, San Francisco, Friday, April 21 & Saturday, April 22, 1961.
“Love, I’ve Found You” is a solo piano performance by Wynton Kelly.
Original recordings produced by Irving Townsend.

★ハンク・モブレー、ウイントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブをメンバーとする、マイルスのクインテットのライヴ録音(1961年)。ストレートなハードバップが聴ける作品。数少ない、ハンク・モブレーとの共演作品であり、ウイントン・ケリーのピアノ演奏も絶品!

【メーカーHPより】




●ELLYN RUCKER / Live In New Orleans / LEISURE JAZZ / CD / 0049009105422 / 価格2,916円(税込)


アイオワ生まれデンバー育ちの女流ピアニスト兼ヴォーカリストによる王道を行くスインギーな演奏を満喫できるピアノトリオ盤。
子育てが終わってから音楽活動を始めたという遅咲きですが、何のためらいなくリズムに乗って表情豊かに指を運ばせます。
Capri Recordsからも何作かリーダー作をリリースしていることからも本邦ジャズファンも安心して身を委ねられる逸材。
8曲中3曲ではヴォーカルも披露、軽く流すような歌いっぷりのヴォーカルは格好よく、彼女の音楽的才能が堪能できる逸品です。

■メンバー:Ellyn Rucker(p) / Mark Singer(b) / Jill Fredrickson(ds)

■録音:1991 年12月7日Mahogany Hall, New Orleansにてライヴ録音




●LETIZIA ONORATI / Notes & Words / Incipic Records / CD / 8058333573007 / 価格2,376円(税込)


※デジパック
1992年生まれの女性シンガーLetizia Onoratiの2018年作品がリリース!!! 華々しいながらも力強く、骨太な歌い方に圧倒されます。まさにダイナミック!!! Letiziaは、子どもの頃から早くも音楽への情熱は激しく、音楽学校のElisabetta Guidoで学びました。その後、音楽の研鑽を積み重ねシンガーとなり、レッチェ、バーリ、ローマ、カリアリ、ボローニャ、ジュリアノーヴァ、ブリュッセル(2017年のユネスコ国際ジャズデー)で数多くのコンサートを成功させました。

このアルバムは、パオロ・ディ・サバティノが作曲・編曲した未発表トラック9曲で構成されます。 このプロジェクトには、ピアノのStesso Di Sabatino、トランペットのFlavio Boltro、サックスのMax Ionata、チェロのGiovanna Famulari、電子ベースとコントラバスのDaniele Mencarelli、パーカッションのGlauco Di Sabatino alla BatteriaとBruno Marcossiが参加しています。

■Stesso Di Sabatino(p.)
Flavio Boltro(trp)
Max Ionata(sax)
Giovanna Famulari(Vc)
Daniele Mencarelli(b.)
Glauco Di Sabatino alla Batteria、Bruno Marcossi(per.)

※参考音源






●PAOLO FRESU/DEVIL QUARTET / CARPE DIEM (ITA) / IMPORTS / CD / 8056364970239 / 価格2,484円(税込)





●ジョニー・アルフ / イネーヂト ~幻の未発表アルバム~ / ピーヴァインレコード / CD / 4995879246986 / 価格2,592円(税込)


偉大なる“ボサノヴァの父”ジョニー・アルフ、極上内容の未発表アルバムが発掘! ボサノヴァ誕生60周年の2018年を飾るに相応しい新たなるマスターピース!

アントニオ・カルロス・ジョビンやジョアン・ジルベルトに先んじてサンバにジャジーなサウンドを融合した人物として、“ボサノヴァの創始者”の1人に挙げられるブラジルの伝説的ピアニスト/コンポーザー/シンガー:ジョニー・アルフ(1929-2010)。その未発表レコーディングが発掘! 1991年、リオの伝説的なスタジオ「トランスアメリカ」で、ヒカルド・ポンチス(sax, fl)、クラウヂオ・ジョルジ(g)といった名手達と共にレコーディングされた音源で、しかも15曲中8曲は未発表オリジナル曲! その他「Ilusão à Toa」、「Ternura Antiga」、「Rapaz de Bem」といった代表曲の再演も極上のクオリティ。ヴォーカル曲と軽快なインスト・ジャズ・サンバがバランス良く配置された構成も素晴らしく、なぜこれほどの音源がお蔵入りしていたのか信じられないほどの好内容なのです! 徹頭徹尾ボサノヴァの粋が貫かれた、まさに全ボサノヴァ・ファン必聴作!




●ジョー・ウィリアムス・アンド・サド・ジョーンズ / プレゼンティング・ジョー・ウィリアムス・アンド・サド・ジョーンズ、メル・ルイス、ザ・ジャズ・オーケストラ / オールデイズ・レコード / CD / 4582239485149 / 価格1,620円(税込)


<ホット・ソース・シリーズ 第2弾>
“ビッグ・マン”ジョー・ウィリアムスが66年に発表した名盤が甦る!

2018年は“ビッグ・マン”ジョー・ウィリアムスの記念すべき生誕100年にあたる。そのアニヴァーサリー・イヤーに、代表作の一枚である当アルバムが復活するのは大変な快挙だ。本作は66年9月の録音で、ウィリアムスは47歳の男ざかり。熱いシャウトから抑制の利いたバラードまで自由自在で、この歌唱を全力でサポートするのが、結成間もないサド・ジョーンズ=メル・ルイス、ザ・ジャズ・オーケストラの面々だ。「ゲット・アウト・オブ・マイ・ライフ」はサンプリング・ネタとしても有名。



【新着入荷LP】
●ELLA FITZGERALD & LOUIS ARMSTRONG / ELLA & LOUIS / WAXTIME / LP / 0637913866005 / 価格1,836円(税込)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す