【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD&LP】 10/9 新入荷一覧! 


●高柳昌行 / Not Blues / JINYA DISC /4539113107628 / CD / 2,592円(税込)

50年間眠っていた音源は高柳がフリージャズを始める直前の演奏だった。
本作は1968年に結成されたコンテンポラリー・ジャズ・グループ、高柳昌行ジャズ・コンテンポラリー4の、 1969年2月のライブ録音である。
1969年といえば、5月には富樫雅彦と組んだグループで録音した『WE NOW CREATE』(富樫雅彦カルテット名義)にて公には初めてフリー・ジャズに取り組み、8月には自身のフリー・ジャズ・グループであるニュー・ディレクションを結成して翌9月にはニュー・ディレクション名義の初録音盤『Independence』を発表した年だ。
つまり本作は、高柳昌行がフリー・ジャズに移行していく直前の“ジャズの演奏”の記録ということになる。

■高柳 昌行(g)
三戸部 章(vib)
萩原 栄治郎(b)
岸田 恵士(ds)





●ベン・ウェンデル / シーズンズ / コアポート / 4562469600819 / CD / 2,592円(税込)

■既に自身の動画公開で話題になっていたサックス奏者ベン・ウェンデル3年越しのプロジェクトが遂に完成!
1年12ケ月に対応した12の作品集を、豪華ミュージシャンたちとのデュオ共演でyoutubeにアップして大きな話題となった「THE SEASONS PROJECT」がグループ編成としてさらに発展。メンバーはベン・ウェンデル(ts)、アーロン・パークス(p)、ギラッド・ヘクセルマン(g)、マット・ブリューワー(b)、エリック・ハーランド(ds)。

■インスパイアーされた音楽はチャイコフスキーの「四季」で、これは1月から12月まで一か月ごとにロシアの風物詩を曲の題材として作曲した全12曲のピアノ曲集。2015年1月にテイラー・アイグスティとのデュオ演奏「January」を映像公開、そこから毎月1人ずつ計12名のミュージシャンを迎え(ジョシュア・レッドマン、シャイ・マエストロ、ルシアーナ・ソウザ、ジュリアン・レイジ、マーク・ターナー、ジェフ・バラード、アンブローズ・アキンムシーレ、さらに今回のレコーディング・メンバー4人)、各人の特徴や可能性を考慮しながらオリジナル曲をyoutubeで発表していった。これが大変な話題となり、NY タイムスではアルバムが出ていないにもかかわらず「The Best Albums of 2015」に選出。その反響を受けて、この12の曲集プロジェクトを5人編成用に再アレンジして、今年2月にヴィレッジ・ヴァンガードでバンド・デビューし、さらに大きな反響を得た。

■グラミー賞にもノミネートされた人気ジャム・バンド“ニーボディ”の中心人物にして、音楽的アイデアとテクニックの高さからLAとNYそれぞれのシーンで幅広い人脈とリスペクトを得ているベン・ウェンデルがさらにシーンを牽引していく決定盤となる内容。前作『ホワット・ウィ・ブリング』以降もケンドリック・スコット・オラクル、ACTトリオでの来日や、6月発刊ムック「Jazz The New Chapter5」でのサックス特集でのフィーチャー、8月発売の桑原あい最新作にもゲスト参加しているだけにますます注目度が高まることは必至。

アーティストプロフィール
1976年生まれのサックス奏者/コンポーザー/プロデューサー。サンタモニカで育ち、現在はブルックリン在。90年代半ばにニューヨークのイーストマン音楽学校を卒業後、西海岸へ戻リ活動をスタート。2001年にシェイン・エンドスリー(tp)、アダム・ベンジャミン(kyd)、ネイト・ウッド(ds)らとジャム・バンド「ニーボディ」を結成。あらゆる音楽ジャンルを呑みこんだエッジ感あるサウンドで評価を高め、2009年作『Twelve Songs』はグラミー賞にもノミネート、そして9枚目となる『The Line』(2013)はコンコードから発売され話題を集めた。またソロとしても2009年からリリースを重ね今回の新作で7枚目となる。共演ミュージシャンはティグラン・ハマシアン、アントニオ・サンチェス、エリック・ハーランド、カマシ・ワシントン、スヌープ・ドギー・ドッグ他多数。

※話題を集めたYoutube動画より。今回のアルバム録音メンバーは3月・4月・10月・11月に登場した。






ソングリスト
01January
02February
03March
04April
05May
06June
07July
08August
09September
10October
11November
12December






●ウォルフガング・ムースピール / ホエア・ザ・リヴァー・ゴーズ / ユニバーサルミュージック / 4988031294529 / CD / 2,700円(税込)

現代ECMを支えるオーストリア出身のギタリスト、ウォルフガング・ムースピールの米・ダウンビート誌で5つ星を獲得したの2016年の前作『Rising Grace』に並ぶ傑作アルバムが完成

ECMから4枚目となるオリジナル・アルバムで前作『ライジング・グレイス』に続き、ブラッド・メルドー(p)、アンブローズ・アーキンムシーレ(tp)、ラリー・グレナディア(b)らが参加、そしてエリック・ハーランド(ds)が加わった超強力な演奏メンバーでメルドー作曲の7曲目「ブルースヘッド」以外の7曲目は、全てムースピール自身のオリジナル楽曲で構成。

ECMらしい耽美な音像から各メンバーの洗練されたソロへと流れていく#1「ホウェア・ザ・リヴァー・ゴーズ」、ハーランドの見事なドラミングと幽玄なアーキンムシーレのトランペットが印象的な#4「クリアリング」、メルドー作曲で軽快な#7「ブルースヘッド」等、バラエティ豊かな収録内容となっている。

ソングリスト
1Where The River Goes
2For Django
3Descendants
4Clearing
5Buenos Aires
6One Day My Prince Was Gone
7Blueshead
8Panorama







「寺島レコード」がオリジナル録音のリマスターシリーズを発表
エンジニアはなんとステファノ・アメリオ!!
「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」常連エンジニア、ステファノ・アメリオが寺島レコード作品の新たな魅力を映し出すリマスター・プロジェクトが始動
オリジナル音源とすぐに聞き比べができるリマスター音源とオリジナル音源の2枚組仕様
「リマスター」――RVGシリーズに代表されるように、それはジャズ・ファン、オーディオ・ファン共に垂涎の企画。
このたび、“ジャズ・オーディオ”に並々ならぬ拘りを貫き、もとより好評を博す「寺島レコード」が、レーベル創立(2007年)以来続けてきたオリジナル録音のリマスターシリーズを発表します。注目のリマスタリング・エンジニアは、プロデューサー寺島靖国自身が大ファンにして「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」に毎年名を連ねるイタリアのステファノ・アメリオ。
彼の作り出すサウンドは絶妙な空間バランスと明瞭な輪郭を持ちオーディオ・ファンをも虜にしてやまない高音質で、手がけた作品は軒並みヒットを飛ばしています。(全2期・計10タイトル予定)

特別仕様ライナー付属
寺島靖国が新たに本企画のために書き下ろしたライナー
+
オリジナルライナー
+
リマスタリングを行ったステファノ・アメリオより
寺島レコードのサウンドについてのコメント!!
※内容は変更になる場合がございます。

各3,240円(税込)


Besame Mucho・リマスター(2CD/リマスター) / 松尾明 / 4988044041721

メランコリー・セレナーデ(2CD/リマスター) / 高橋康廣 with 松尾明トリオ /4988044041769

ツー・コード(2CD/リマスター) / 大橋祐子 /4988044041745

ウィルトンズ・ムード・リマスター(2CD/リマスター) / 山本玲子 /4988044041738

バラッズ・リマスター(2CD/リマスター) / 松尾明 /4988044041752







●小川理子 / バルーション(UHQCD) / ウルトラアートレコード / JPN / UA1002 / 4988044880726 / CD / 3,000円(税込)

※UHQCD
ジャズ・ピアニストの小川理子が、通算15作目となるアルバム『バルーション』をリリースした。テナーサックスのハリー・アレンをゲストに迎えたアルバム『トゥギャザー・アゲイン』以来、新譜は9年ぶりということになる。全12曲中、ジョージ・ガーシュインの作品が3曲、デューク・エリントン関連が5曲を占める。1920年代から30年代にかけての作品が主で、エラ・フィッツジェラルドの愛唱曲が多いのも特徴的だ。アルバムのトップに置かれたガーシュインの《オー・レディー・ビー・グッド》は、抒情的なタッチのヴァースから一転してアップテンポになり、素晴らしい疾走感をもったジャズが展開する。この見事なグルーヴ感はアルバム全体を通じて常に保たれていて、スウィングジャズ全盛期の作品を扱いながら、あふれ出る音は新鮮で瑞々しく色彩ゆたか、刻まれるリズムはじつに明快で心地よい。
(白柳龍一(音楽プロデューサー)/ライナーより一部抜粋)

■Track1-6
ピアノ/小川理子
ベース/中林薫平
ドラム/吉良創太
サックス/浜崎航

Track7-12
ピアノ/小川理子
ドラム/バイソン片山
ベース/山村隆一
ギター/田辺充邦

ソングリスト
01Oh lady be good
02Love for sale
03Do nothing till you hear from me
04I got Rhythm
05In a sentimental mood
06But not for me
07Take the A train
08C jam blues
09Smile
10 Perdido
11Nobody knows the trouble I’ve seen
12Lady madonna





●プリミティブ・アート・オーケストラ / Artifact / PLAYWRIGHT / 4988044041073 / CD / 2,500円(税込)

静的で美しくも、漸次にその感情を露わにしていく2.Gardenia
このアルバム、そして今の彼等 3 人の音楽がこの一曲に詰まっている。前向きで華やかな曲だが、ただそれだけではない。この曲が持つどこか哀しげな雰囲気は、例えるならば、華や花火の持つそれと類似している。限りあるものが故の儚さ。儚さを併せ持つが故の、壮大さや美しさを感じ取れる。聴いている最中は感情を揺さぶられ続け、一曲聴き終えたあとには、儚さを感じる。2.Gardenia だけではない。美しい旋律の 1.Autumn Lover や、現在までにジャンルの垣根を超えて多くカヴァーされてきた Henry Mancini の往年の名曲9.Moon River、爽やかで軽快なリズムの 3.Ocean、4.Neuron、疾走感とシリアスなメロディと展開を持つ 7.Waiting for Spring、メロウな 5.May in Singapore、6.Anthology Dub、8.”it” is Rainy 、10.Tiny Wave......と、ヴァリエーションに富んでいると同時に、一貫性があり、アルバム一枚を通して情緒的である。一つの物語に繋がる十節の叙情詩を読んだかのような、また、一つの大きな旅を終えた後の様な感覚を、”Artifact”を聴き終えた後に覚える。
“Artifact”と名付けられた本作は、その言葉が意味するように「人工物」であり、「芸術品」である。紛れもなく「人」が作り出したからこそ聴覚だけでなく、聴き手の内省的な部分に訴えかけてくる。音楽でありながら、それを超える体験が、聴き手には待っているであろう。

bohemianvoodoo のキーボーディスト 木村イオリ、TRI4TH のドラマー 伊藤隆郎、そして新進気鋭の若手ベーシスト 森田晃平により 2011 年結成。素朴で原始的という意味での“PRIMITIVE”、トリオという限られた編成に壮大な広がりを持たせたいという意味での”ORCHESTRA”---対極的なイメージを通じて繰り広げられる幻想世界。Playwright レーベルより 2014年9月にリリースした1st Album “HELIX”が JAZZ JAPAN AWARD2014アルバム・オブ・ザ・イヤーニュースター部門を受賞。2015年9月第14 回東京JAZZ 出演。2015年12月2nd Album “qualia”をリリース。2016年5月Tokyo Jazz in Singapore 出演。
そして 2018 年三年ぶり3rd フル・アルバム 最新作“Artifact”を満を持してリリースする。

HP : http://www.primitiveartorchestra.com/
Twitter : https://twitter.com/pmtvart
Facebook : http://facebook.com/primitiveartorchestra

ソングリスト
01Autumn Lover / オータム・ラヴァー 5:08
02Gardenia / ガーデニア 5:17
03Ocean / オーシャン 5:40
04Neuron / ニューロン 5:04
05May in Singapore / メイ・イン・シンガポール 2:46
06Anthology Dub / アンソロジー・ダブ 4:18
07Waiting for Spring / ウェイティング・フォー・スプリング 5:35
08“it” is Rainy / イット・イズ・レイニー 3:20
09Moon River (Cover of Henry Mancini) / ムーン・リバー 4:42
10Tiny Wave / タイニー・ウェーブ 4:09







●東京塩麹 / You Can Dance / dim up / 4988044041783/ CD / 2,700円(税込)

話題席巻の前作も記憶に新しい「東京塩麹」待望の第2作
ギリギリ踊れるか、踊れないか、の境界線を行き来する、スリリングな10トラック踊れる人、踊れない人、踊りたい人、踊りたくない人、すべての人に届いて欲しい、新感覚ダンス・ミュージック

東京塩麹は2013年に始動した8人組バンド。ミニマルミュージックをベースに、テクノ、ヒップホップなどを取り入れたサウンドで、ディスクユニオン主催『DIM.オーディション2016』に選出され、昨年8月に1stアルバム『FACTORY』(CD:DIMU1003 / LP: DIMU2003)をリリース。同作はNYの作曲家スティーヴ・ライヒから「素晴らしい生バンド」と絶賛された。また先日、FUJI ROCK FESTIVAL '18のROOKIE A GO GOステージに出演。初日のトリを務めるなど、バンドシーンの最北端で活動している。

本作『You Can Dance』は「東京塩麹が架空のダンスフロアでライブを行う」という設定の元、全10トラックを収録したコンセプトアルバム。缶コーヒーをテーマに「缶」だけで演奏された“WONDA BOSS AND FIRE GEORGIA”や、バンド初のラブソングとなる“Wannabe End feat.ermhoi”のほか、1stアルバムの楽曲を人力でRemixした“Sokohaka v”などが収録される。前作に引き続き、ゲストボーカルにermhoi、録音&ミックスは森安裕之が担当。

ソングリスト
01 O.A
02 Almost Human
03 FIGHT CLUB
04 Can You Dance? feat.ermhoi
05 WONDA BOSS AND FIRE GEORGIA
06 Beginning
07 Sokohaka v
08 Not the Vacation!
09 Someday,Somewhere,Someone
10 Wannabe End feat.ermhoi






●馬場浩 / ワークス~「ウルフガイ 燃えろ狼男」ほか / CINEMA-KAN / 4988044041462 / CD / 3,996円(税込)

発売日が変更になりました 2018/9/19 → 2018/10/10
-------------------------------------------------
ハイレベルかつ個性的な楽曲を遺しながら、映画音楽史には名を遺さなかった謎のキーボード・プレーヤー『馬場浩』!
1975年に映画作品2作を手がけたということ以外、その後の消息を含めて一切が不明なこの男の仕事を総括するため、当初そのバッググラウンドに関する詳細な情報を掲載する形で商品化を進めていたが、『馬場浩』サイドの"謎はあくまでも謎のままで楽しんで貰いたい"という意向から、近年最もミステリアスなサウンドトラックが誕生することとなった。卓越した作曲能力、フリージャズに到達した前衛性、シンセで猫の鳴き声を模す遊び心など、遺された音楽からその人となりを想像して頂きたい。






●井筒香奈江 / レイドバック2018(LP/ゲートフォールドスリーヴ) / JellyfishLB diskunion /4988044899971 / LP / 5,184円(税込)

※LP/ゲートフォールドスリーヴ
「時のまにまに」シリーズでソロ制作を続けてきた井筒香奈江が、自身の所属バンド「Laidback」で原点回帰と進化を極めたニュー・アルバム。
メンバーの藤澤、小川、井筒の3名+ゲストのシンプル&ディープな構成は、今までと同じように見えて全く違う。井筒らしい和製ポップスの選曲も取り入れながら、バンドで生み出すグルーヴと各人の磨き抜かれたソロパートに幾重もの見せ場を置いた、かつてないほど研ぎ澄まされた仕上がりだ。

今年5月にUHQCDがリリースされると、Amazon ジャズ・フュージョン部門でたちまちトップセラーになる。さらに、e-onkyo music アルバムランキング1位を獲得。7月にはDSD11.2MHz/1bit Direct 2CH ver.が配信開始、e-onkyo musicアルバムチャートで発売当日から1 位になる等、各方面から集まる注目は高まるばかり。
そして、最後にリリースされるのがこのアナログレコードだ。名エンジニア高田英男を迎え、ソニーミュージックスタジオでレコーディングされた本作は、持てるスペックを見事に使い切ったサウンドで完成されている。アナログレコードでは専用のマスタリングを施すことでCDともハイレゾとも違ったヴィンテージな味わいを持たせている。
(ディスクユニオンJazzTOKYO生島昇)

Recorded Mixed & Sound produced:高田英男 Sony Music Studios Tokyo STUDIO1 (2017.11.14&15) Engineer:石光孝 MIXER'S LAB Cst (2017.11.27) Assistant Engineer:宮沢竣介 VICTOR STUDIO 202st (2017.12.9) Mastered:袴田剛史 FLAIR MASTERING WORKS 212st (2017.12.28) Cutting Engineer:北村勝敏 MIXER'S LAB(2018.8.14) Directed by:生島昇 ディスクユニオンJazzTOKYO Produced:井筒香奈江


■Vocal 井筒香奈江
Piano 藤澤由二
Electric Bass 小川浩史

ソングリスト
1Songbird
2 Little Wing
3 サクセス
4 美人薄命
5 アネモネ
6 雨の鼓動
7 部屋に吹く風
8 Light My Fire
9 You Are So Beautiful






●鈴木弘 / キャット(2ndプレス) / 日本コロムビア Lawson Entertainment,Inc / 2299990579343 / LP / 1,944円(税込)

※LP
待望のリプレス!
杉本喜代志、鈴木弘、ゼロ戦。それぞれ日本のジャズ史にとって意義深い作品であり、かつレア・グルーヴ以降の世代にも圧倒的に支持された名作が、最新リマスタリングでアナログ復刻です。

盟友たちの再会。それは伝説のコンボ、フリーダム・ユニティの再集結となった。グルーヴの魔術師たちが躍動する姿を捉えた歴史的名盤。

モダン・ジャズからフリー・ジャズまでこなし「良い演奏をしたいならトロンボーンはあいつを押さえろ」とまで言われた鈴木弘。日本のジャズ界で八面六臂の活躍をするが、1971年にアメリカに移住する。約4年振りとなる一時帰国の折りに録音した本作では、渡米直前に在籍したグループ、フリーダム・ユニティのメンバーが再集結した。これぞまさに伝説の第2章。鈴木弘、石川晶、村岡建、鈴木宏昌、稲葉国光とグルーヴの魔術師たちが奔放に躍動する様は圧巻。シャープな「Shrimp Dance」、ダイナミックな「Kuro To Shiro」、ソウルフルな「Walk Tall」、ディープな「Cat」、メロウな「Romance」。全曲が鮮やかなグルーヴで彩られたモンスター・アルバムである。
text by 尾川雄介(UNIVERSOUND/DEEP JAZZ REALITY)

ソングリスト
1シュリンプ・ダンス
2クロとシロ
3ウォール・トール
4キャット
5ロマンス

▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter


新宿ジャズ館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す