【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

【新品CD&LP】 11/30, 12/1, 2 新入荷一覧! その1 



●DAVE DOUGLAS / Brazen Heart Live at Jazz Standard Complete / GREENLEAF MUSIC / US / GRLF1046 / 0186980000466 / 8CD / 6,480円(税込)

デイヴ・ダグラス・クインテットの、ニューヨークのジャズ・スタンダード(ジャズクラブ)に於いてのライブ収録盤がリリース。

■Dave Douglas - trumpet and compositions
Jon Irabagon - saxophones
Matt Mitchell - piano
Linda Oh - bass
Rudy Royston - drums

The Dave Douglas Quintet finishes their extensive Brazen Heart tour with a four night run at the Jazz Standard November 19-22, 2015. This 8-set recording features Jon Irabagon (saxophone), Matt Mitchell (piano), Linda May Han Oh (bass) and Rudy Royston (drums). The group delivers a roller-coaster ride of complex harmonic and rhythmic structures, veering between fierce and soulful. Memorable versions of their entire repertoire, by a band at the height of its powers.

Now on CD for the first time, this music is available as a complete set (8 CDs) or individual nights (2CDs), all featuring repertoire from the band’s three acclaimed studio albums Be Still (2012), Time Travel (2013) and Brazen Heart (2015).

"Douglas' quintet ... is one of the best working groups in jazz. In recent years, Douglas' unflagging intellectual curiosity has led to the creation of a diverse body of work.... His quintet, however, represents a creative pinnacle." Michael Hamad, Hartford Courant

“… these players have developed a vital shorthand, a band dialect … a high bar for chemistry.” New York Times

Recorded live at Jazz Standard NYC
November 19-22, 2015

Producer: Dave Douglas
Recorded and mixed by Tyler McDiarmid and Geoff Countryman
With assistance from David Stoller

Package design and photographs by Russell Moore
With assistance from Robyn Kent


1. Hawaiian Punch (Thursday) 07:40
2. Miracle Gro (Thursday) 13:39
3. Barbara Allen (Thursday) 06:35
4. Lone Wolf (Thursday) 07:26
5. Going Somewhere With You (Thursday) 15:47
6. There Is A Balm In Gilead (Thursday) 08:10
7. Law of Historical Memory (Thursday) 06:00
8. Ocean Spray (Thursday) 10:17
9. Time Travel (Thursday) 06:51
10. Pyrrhic Apology (Thursday) 09:50
11. Inure Phase (Thursday) 08:30
12. My Cares Are Down Below / The Pigeon And The Pie (Thursday) 15:40
13. Deep River (Thursday) 06:14
14. Hawaiian Punch (Friday) 07:30
15. Little Feet (Friday) 14:25
16. Wake Up Claire (Friday) 05:59
17. Be Still My Soul (Friday) 07:28
18. Brazen Heart (Friday) 15:20
19. Whither Must I Wander? (Friday) 07:05
20. Beware of Doug (Friday) 09:16
21. Bridge to Nowhere (Friday) 16:48
22. Variable Current (Friday) 06:17
23. This Is My Father's World (Friday) 08:25
24. One Morning (Friday) 09:32
25. Middle March (Friday) 10:25
26. God Be With You Til We Meet Again (Friday) 08:01
27. Hawaiian Punch (Saturday) 08:32
28. Time Travel (Saturday) 09:50
29. Be Still My Soul (Saturday) 09:26
30. Brazen Heart (Saturday) 14:57
31. Whither Must I Wander? (Saturday) 11:19
32. Lone Wolf (Saturday) 09:36
33. Garden State (Saturday) 09:53
34. Miracle Gro (Saturday) 17:01
35. Barbara Allen (Saturday) 09:41
36. Inure Phase (Saturday) 10:07
37. Little Feet (Saturday) 18:17
38. Law of Historical Memory (Sunday) 08:18
39. Ocean Spray (Sunday) 09:18
40. This Is My Father's World (Sunday) 08:41
41. Variable Current (Sunday) 06:17
42. My Cares Are Down Below / The Pigeon And The Pie (Sunday) 21:35
43. There Is A Balm In Gilead (Sunday) 08:14
44. Bridge to Nowhere (Sunday) 23:26
45. Deep River (Sunday) 07:51
46. Wake Up Claire (Sunday) 07:56
47. Going Somewhere With You (Sunday) 14:41
48. God Be With You Till We Meet Again (Sunday) 08:48





●DAVE DOUGLAS / Brazen Heart Live at Jazz Standard Sunday / GREENLEAF MUSIC / US / GRLF1067 / 0186980000671 / CD / 2,160円(税込)

デイヴ・ダグラス・クインテットの、ニューヨークのジャズ・スタンダード(ジャズクラブ)に於いてのライブ収録盤がリリース。

■Dave Douglas - trumpet and compositions
Jon Irabagon - saxophones
Matt Mitchell - piano
Linda Oh - bass
Rudy Royston - drums

ソングリスト
1. Law of Historical Memory (Sunday) 08:18
2. Ocean Spray (Sunday) 09:18
3. This Is My Father's World (Sunday) 08:41
4. Variable Current (Sunday) 06:17
5. My Cares Are Down Below / The Pigeon And The Pie (Sunday) 21:35
6. There Is A Balm In Gilead (Sunday) 08:14
7. Bridge to Nowhere (Sunday) 23:26
8. Deep River (Sunday) 07:51
9. Wake Up Claire (Sunday) 07:56
10. Going Somewhere With You (Sunday) 14:41
11. God Be With You Till We Meet Again (Sunday) 08:48





●DAVE DOUGLAS / Brazen Heart Live at Jazz Standard Friday / GREENLEAF MUSIC / US / GRLF1062 / 0186980000626 / CD / 2,160円(税込)

デイヴ・ダグラス・クインテットの、ニューヨークのジャズ・スタンダード(ジャズクラブ)に於いてのライブ収録盤がリリース。

■Dave Douglas - trumpet and compositions
Jon Irabagon - saxophones
Matt Mitchell - piano
Linda Oh - bass
Rudy Royston - drums

1. Hawaiian Punch (Friday) 07:30
2. Little Feet (Friday) 14:25
3. Wake Up Claire (Friday) 05:59
4. Be Still My Soul (Friday) 07:28
5. Brazen Heart (Friday) 15:20
6. Whither Must I Wander? (Friday) 07:05
7. Beware of Doug (Friday) 09:16
8. Bridge to Nowhere (Friday) 16:48
9. Variable Current (Friday) 06:17
10. This Is My Father's World (Friday) 08:25
11. One Morning (Friday) 09:32
12. Middle March (Friday) 10:25
13. God Be With You Til We Meet Again (Friday) 08:01





●DAVE DOUGLAS / Brazen Heart Live at Jazz Standard Thursday / GREENLEAF MUSIC / US / GRLF1066 / 0186980000664 / CD / 2,160円(税込)

デイヴ・ダグラス・クインテットの、ニューヨークのジャズ・スタンダード(ジャズクラブ)に於いてのライブ収録盤がリリース。

■Dave Douglas - trumpet and compositions
Jon Irabagon - saxophones
Matt Mitchell - piano
Linda Oh - bass
Rudy Royston - drums


1. Hawaiian Punch (Thursday) 07:40
2. Miracle Gro (Thursday) 13:39
3. Barbara Allen (Thursday) 06:35
4. Lone Wolf (Thursday) 07:26
5. Going Somewhere With You (Thursday) 15:47
6. There Is A Balm In Gilead (Thursday) 08:10
7. Law of Historical Memory (Thursday) 06:00
8. Ocean Spray (Thursday) 10:17
9. Time Travel (Thursday) 06:51
10. Pyrrhic Apology (Thursday) 09:50
11. Inure Phase (Thursday) 08:30
12. My Cares Are Down Below / The Pigeon And The Pie (Thursday) 15:40
13. Deep River (Thursday) 06:14





●Brandon Seabrook Trio / Convulsionaries / Astral Spirits / AS076 / 2299990619959
/ CD / 3,240円(税込)

First pressing of 200 glass mastered CD's in a sleek wallet with signature AS design from Jaime Zuverza.

Brandon Seabrook - Guitar
Henry Fraser - Double Bass
Daniel Levin - Cello

Recorded, Mixed, and Mastered by Colin Marston at Menegroth, The Thousand Caves October 2017.

All Songs Brandon Seabrook BMI

1.Bovicidal 05:28
2.Groping at a Breakthrough 06:34
3.Crux Accumulator 05:06
4.Vulgar Mortals 08:46
5.Qorikancha 06:47
6.Mega Faunatic 09:40





●Brandon Seabrook / Die Trommel Fatale / New Atlantis Records / NACD050 / 0616892480143
/ CD / 3,240円(税込)

"...it passes you through a gantlet of anxiety promising you little more than cataclysm at the other end" - NY Times

"Seabrook's highly controlled manic concoction refines all parts into a disciplined collage" - Downbeat Magazine

Brandon Seabrook - Guitar
Chuck Bettis - Voice/Electronics
Dave Treut - Drums
Sam Ospovat - Drums
Markia Hughes - Cello
Eivind Opsvik- Bass

Recorded, Mixed and Mastered by Colin Marston at Menegroth, The Thousand Caves July-October 2016.

1.Clangorous Vistas 02:30
2.Emotional Cleavage 05:58
3.Abccessed Pettifogger 03:18
4.Shamans Never R.S.V.P. 06:56
5.Litany of Turncoats 00:55
6.The Greatest Bile Pt. 1 04:48
7.The Greatest Bile Pt. 2 05:38
8.Rhizomatic 03:54
9.Quickstep Grotesquerie 03:49
10.Beautiful Flowers 02:41





●Brandon Seabrook / Sylphid Vitalizers / New Atlantis Records / NACD021 / 0616892230649
/ CD / 3,240円(税込)

“Sylphid Vitalizers” recreates the density of the 1920's banjo orchestras leaving behind the diatonic harmonies, trading them for thickly overdubbed passages of accelerated tremoloing, percussive strumming and bowing. Utilizing studio layering, nothing is sped up or looped all of the material is played in real time to the incessant thrash of a click track. Flashes of improvisation and a pummeling vintage drum machine give a startling counterpoint to this study in density. Tiny Mix Tapes noted “the tension here resembles that of string ensembles stretched to the absolute snapping point”.

"Intensely wired and seizure-inducing, Sylphid Vitalizers combines the insane thrash of Slayer’s Reign in Blood and the dissonance of Branca’s The Ascension with the mid-80’s skronk of SY, in the meantime transforming an instrument identifiable with country, bluegrass, folk and cathartic back porch settings, into a terror-inducing Black and Decker power drill." -SPIN

Brandon Seabrook: Electric Guitars, Tenor Banjo
Dr. Vitalizer: Drum Programing

Recorded, Mixed and Mastered by Colin Marston at Menegroth, The Thousand Caves July - October 2013

1.Ballad of Newfangled Vicissitudes 06:16
2.Selfodomized Poltergeists 07:07
3.Mucoidal Woolgathering 06:53
4.Cabeza Spasms and Aural Championships 09:26
5.Lurid Clusters 04:27





●PAM BRENNAN / Moonglow / EVERLAND JAZZ / PAMB0011 / 0888295764452 / CD / 2,592円(税込)

※ペーパースリーブ
これまでに数作のリリースがあったものの現状では入手困難になり、唯一彼女の歌声を楽しめる2018年新作。
アメリカ本国でも派手な活動は行っていないものの、耳馴染みのスタンダード作品を、少し掠れたような歌声で情感たっぷりに歌い上げます。幽かな響きで何ともいえない奥深ささえ感じさせる、ヴォーカル ・ ファンには見逃せない注目盤です。(新譜案内より)

■メンバー :
Pam Brennan(voc)
Ron Affif(g)
Ken Ascher(p)
Tom Kirschner(b)
Tony Tedesco(ds)

ソングリスト
01Old Devil Moon 4:12
02I Hear Music 3:17
03Lazy Afternoon 3:11
04I Can't Give You Anything but Love 2:30
05Let's Get Lost 2:47
06It's Alright with Me 3:17
07Moonglow 3:06
08I've Got a Crush on You 4:18
09Just One of Those Things 2:47
10All of You 3:22
11Make Someone Happy 3:59





●CHAMPIAN FULTON / Stylings Of Champian(2CD) / CR002 / 0888295821773 / CD / 3,024円(税込)

※2CD
ヴォーカリストとして高い評価を得るチャンピアン・フルトンの10枚目のアルバムがリリース。

■Hide Tanaka - bass
Fukushi Tainaka - drums
Stephen Fulton - flugelhorn

ソングリスト
Disc 1
1Day by Day
2Lollipops and Roses
3I Only Have Eyes for You
4Blues Etude
5I Didn’t Know What Time It Was
6Rodeo
7Darn That Dream
8Too Marvelous for Words
9Body and Soul
Disc 2
1Isn’t It a Lovely Day
2You’d Be So Nice to Come Home To
3Martha’s Prize
4Lonesome and Sorry
5All the Things You Are





●SIMONE KOPMAJER / Spotlight On Jazz / LUCKY MOJO RECORDS / SK2018 / 9120045196672 / CD / 2,484円(税込)
●SIMONE KOPMAJER / Spotlight On Jazz / LUCKY MOJO RECORDS / SKLP2018 / 7071750180062 / LP / 3,348円(税込)

※デジパック
※LP
オーストリアの人気女性ヴォーカリスト、シモーネ・コップマイヤーの2018年リリース作品。
彼女の魅力であるナチュラルな心地よさは本作でも健在、大人の王道女性ヴォーカル作品に仕上がっています。

■Simone Kopmajer (vo)

Terry Myers (ts,cl)
Paul Urbanek (p,key)
Martin Spitzer (g)
Karl Sayer (b)
Reinhardt Winkler (ds)

ソングリスト
01 Spotlights
02 Pennies From Heaven
03 You Don ́T Call Me
04 Mighty Tender Love
05 Poinciana
06 Dig That Riff
07 Remember Jeannie
08 Struttin ́ With Some Barbecue
09 Exactly Like You
10 A Gift From Buddy
11 Stompin ́ At The Savoy
12 We ́Re Goin ́ In
13 Mood Indigo
14 Dig That (Remix)





●JERI SOUTHERN / Warm Singins Style Of Jeri Southern The Complete Roulette & Capitol Recordings(3CD) / FRESH SOUND / FSRCD833 / 8427328608336 / CD / 4,536円(税込)

2018年デジパックに変更して再発。

フレッシュ・サウンドが、またしてもボーカル・ファン垂涎のボックス・セットをリリースしました。「THE WARM SINGING STYLE OF JERI SOUTHERN - THE COMPLETE DECCA YEARS」(Fresh Sound FSRCD795)に続き、今度は「THE COMPLETE ROULETTE & CAPITOL RECORDINGS」の登場です。ジェリ・サザンの歌声にはさらに艶やかさと華やかさが増し、コンボ伴奏でもオーケストラ伴奏でも絶好調。現在の歌手でいうとダイアナ・クラールに通じる魅力に、今回も多くのボーカル好きがノックアウトされることでしょう。ボーナス・トラックとして未アルバム化のシングル曲、テレビ出演時のパフォーマンスも収録。伝説の歌姫、ジェリ・サザンのすべてがここにあります。 (jazzyellより)

■Jeri Southern(vo), Lennie Hayton(cond), Sy Oliver(arr), Marty Paich(arr), Don Fegerquist(tp), Bob Enevoldsen(vtb), Herb Geller(as), George Auld(ts), Mel Lewis(ds), Johhny Smith(g), Billy May(cond) Roulette and Capital labels released on albums and singles between 1957-1959 & 4 tracks recorded by the singer during two of her appearences in the TV show Stars of Jazz. Album:「Coffee, Cigarettes and Memories」「Southern Breeze」「Meets Johnny Smith」「Meets Cole Porter」「At the Crescendo」





●JERI SOUTHERN / The Warm Singing Style Of Jeri Southern: The Complete Decca Years 1951-1957(5CD) / FRESH SOUND / FSRCD795 / 8427328607957 / CD / 7,560円(税込)

2018年デジパック仕様で再発。

※24 Bit Digitally Remastered Stereo Recordings & 40 page booklet.
DECCA時代のジェリ・サザン全て、この5枚組ボックスに網羅。世界初のドリームボックス!
収録112曲全24ビットリマスター(72曲は6枚のアルバム、40曲はシングルから)デジパック2枚組CD2セット+デジパック1枚CDとバイオグラフィー、ディスコグラフィー、写真満載の40頁ブックレットを、豪華ボックスに収納。

語りかけるような歌声と、滑らかなピアノ・スタイルで不動の人気を誇るジェリ・サザン。その暖かなフィーリングは、どこかダイアナ・クラールを思い起こさせます。この5枚組CDは、彼女が残した名盤「Warm, Intimate Songs in the Jeri Southern Style、「The Southern Style、「You Better Go Now」、「When Your Heart's On Fire」、「Jeri Gently Jumps」、「Prelude to a Kiss」、「Southern Hospitality」を軸に、貴重なアルバム未収録曲も加えた文字通りのスペシャル・ボックス・セット。ここに、絶頂期のサザンのすべてが網羅されているといっても過言ではありません。コンボからオーケストラまで、充実した伴奏陣にも注目です。 (jazzyellより)

■Jeri Southern(vo), Camarata(cond), Sy Oliver(cond), Sal Guide(p), George Barnes(g), George Duvivier(b), Rudy Traylor(ds), Victor Young(cond), Norman Leyden(cond), Lew Douglas(cond), Sonny Burke(cond), Frank Merriweather (aka. Billy May)(cond), Ralph Burns(cond), Pete Rugolo(cond), Gus Levene(cond), Recorded in 1951-1957. Sources: Decca 10-inch album「Warm, Intimate Songs in the Jeri Southern Style」(DL-5531) / Decca 12-inch albums「The Southern Style」(DL-8055) / 「You Better Go Now」(You Better Go Now) / 「When Your Heart's On Fire」(DL-9394) / 「Jeri Gently Jumps」(DL-8472) / 「Prelude to a Kiss」(DL-8745) / 「Southern Hospitality」(DL-8761).

CD1) 1.You Better Go Now 2.Baby Did You Hear? 3.Give Me Time 4.I Thought Of You Last Night 5.What Good Am I Without You 6.Something I Dreamed Last Night 7.A Mighty Pretty Waltz 8.When I Fall In Love 9.Call Me Tonight 10.Forgive And Forget 他全24曲

CD2) 1.Who Can I Turn To 2.All In Fun 3.Ev'rytime We Say Goodbye 4.Mad About The Boy 5.Joey 6.The Man That Got Away 7.Little Boy Grown Tall 8.Remind Me 9.The Gypsy In My Soul 10.One Day I Wrote His Name Upon The Sand 他全23曲

CD3) 1.(You Gotta Get) A Lot Of Livin' Out-A Life 2.I Won't Be Around Anymore 3.What Do You See in Her 4.An Occasional Man 5.Kiss And Run 6.Where Walks My True Love 7.Don't Explain 8.Who Am I To Say 9.I'm Gonna Try Me Some Love 他全21曲

CD4) 1.Little Girl Blue 2.My Ship 3.You're Driving Me Crazy (What Did I Do) 4.Autumn in New York 5.Let Me Love You 6.You Make Me Feel So Young 他全24曲

CD5) 1.You Walked Out 2.You're Gonna Flip Mom 3.Hold Me 4.Please Be Kind 5.Trust In Me 他全20曲





●PAUL MOER / Amazing Piano Of Paul Moer Complete Trio Sessions 1957-1991(2CD) / FRESH SOUND / FSRCD972 / 8427328609722 / CD / 3,132円(税込)

※2CD
西海岸を代表する名ピアニストポール・モアーの1957年~1991年の間に録音したピアノ・トリオ作品を2枚のCDにまとめてリリース!

Personnel:
Paul Moer (p),
Paul Chambers, Jimmy Bond, John Heard (b),
Philly Joe Jones, Frank Butler, Maurice Miller, Lawrence Marable (d)

ソングリスト
Disc 1
01Neat Foot
02Short Politician
03Moer or Les
04I Love Paris
05To a Folk Song
06Mary Ann
07Azure Blues
08Cute
09We’ll Be Together Again
10Our Waltz
11Untitled Melody
12Bob Keene introduces the trio
13Things Ain’t What They Used to Be
14Shop-a-Doddle-Op
15Stay Even
16Sunset
17Tall Polynesian
18Jazz Por Favor
19Bottled in Bond
20Way Up
Disc 2
01Mean Time
02All The Things You Are
03Wave Dance
04Cute
05Closing announcements by Paul Moer
06Later for You
07Something for Kenny
08Moe’s Bluff
09Maybe So
10Happy Hour
11Minor Bertha
12Carving the Rock
13Low Tide
14One Second Please
15So Nice
16Boa





●ANDRE PERSIANY / His Orchestra Featuring Guy Lafitte / FRESH SOUND / FSRCD795 / 8427328607957 / CD / 2,160円(税込)

フランスのスウィンギーなピアニスト、アンドレ・ペルジアニがギ・ラフィットと共演した4枚の貴重なアルバムを1枚のCDにまとめてリリース。

ANDRÉ PERSIANY and His Orchestra - featuring GUY LAFITTE
Tracks #1-8: Guy Longnon (tp); Benny Vasseur (tb); William Boucaya (as); Guy
Lafitte, Maurice Meunier (ts); Michel de Villers (bar); André Persiany (p, org #3,
5); Buddy Banks (b); Jacques David (d)
Tracks #9-16: Bill Jackson, Lucien Juanico (tp); Gaby Villain #9-15, Charles
Verstraete #12-16, André Paquinet (tb); Teddy Hameline, André Dabonneville (as);
Guy Lafitte, Armand Conrad (ts); Michel de Villers (bar); André Persiany (p); Benoît
Quersin (b); Teddy Martin (d); Sadi (bongos #12 ,14, 16)
RECORDED at Pathé-Marconi Studios, Paris, June 2, 1954 (#1-8); and at Pathé-
Marconi Studios, Paris, May 26 (#9-11) & 31 (#12-16), 1955

ANDRÉ PERSIANY joue COUNT BASIE
Fernand Verstraete, Pierre Thibault, Lucien Juanico, Georges Gay (tp); Bill Tamper,
Sandy Fall, Claude Gousset (tb); Teddy Hameline, René Godard; Michel Attenoux
(as); Guy Lafitte, Armand Conrad, Georges Bessieres, Jean-Claude Fohrenbach (ts);
Michel de Villers, Robert Bagneres (bar); André Persiany (p, arr); Pierre Cullaz (g);
Paul Rovère (b); Christian Garros (d)
RECORDED at Pathé-Marconi Studio. Paris, January, 31 (#17-20), and February 21
(#21-23), 1958

ソングリスト
01 Halbe Fünf
02 King Porter Stomp
03 Blue Organ
04 Lover Come Back to Me
05 T. Bone Steack
06 Christmas Song
07 Finnts the Prince
08 Mamoune
09 Beer Barrel Bounce
10 Little Story
11 Serenade in Twelve Bars
12 Swingin’ the New A.P. Blues
13 Jean-Paul’s Wedding Day
14 Just for Fun
15 Panorama
16 Two Cats and a Piece of Lung
17 One O’Clock Jump
18 Shorty George
19 Blue and Sentimental
20 Miss Thing
21 Swinging the Blues
22 Jive at Five
23 Topsy





●GUY LAFITTE / His Tenor Sax And His Orchestra 1954-1959 / FRESH SOUND / FSRCD969 / 8427328609692 / CD / 2,160円(税込)

ブラック&ブルーなどから70年代以降の数多くの作品が復刻され脚光を浴びているフランスの名テナーマン、ギ・ラフィットの50年代のレアなアルバムの復刻盤!! 当時の絶頂期が伺わうことができます。「ジャンゴ・ラインハルト賞」のベスト・ソロイストに輝いた1954年に吹き込まれたテイクや、マーシャル・ソラール編曲のオーケストラとの共演などスインギーな吹奏が収録された貴重なトラックがたのしめます。

■Personnel on #1:
Bernard Hulin, trumpet; Benny Vasseur, trombone; Raymond Fol, piano and arranger; Guy de Fatto, bass; Pierre Lemarchand, drums.
Recorded live at Théâtre de l’Apollo, Paris, May 26, 1954

Personnel on #2-9:
Guy Longnon, trumpet; Benny Vasseur, trombone; William Boucaya, alto sax; Michel de Villers, baritone sax; André Persiany, piano & arranger; Buddy Banks, bass; Jacques David, drums.
Recorded at Pathé-Marconi Studios, Paris, October 8, 1954

Personnel on #10-13:
Roger Guérin, trumpet; Benny Vasseur, trombone; René 'Mickey' Nicholas, clarinet; Michel de Villers, alto & baritone sax; Claude Bolling, piano & arranger; Paul Rovère, bass; Roger Paraboschi, drums.
Recorded in Paris, April 26, 1956

Personnel on #14-15:
Fernand Verstraete, trumpet, and Christian Garros, drums, replace Guérin and Paraboschi.
Recorded in Paris, May 23, 1956

Personnel on #16-17:
Large orchestra featuring Bernard Hulin, trumpet; Claude Gousset, trombone; Martial Solal, piano & arranger; Christian Garros, drums.
Recorded in Paris, September 28, 1959

ソングリスト
01 Don’t Blame Me (McHugh-Fields)
02 You Can Depend On Me (Hines-Carpenter-Dunlap)
03 Cynthia’s In Love (Owens-White)
04 Love Me or Leave Me (Donaldson-Kahn)
05 Reminiscing Mood (Lionel Hampton)
06 My Ideal (Richard Whiting)
07 My Serenade (Django Reinhardt)
08 Stay Cool (Count Basie)
09 Blues for Vidi (Guy Lafitte)
10 Swingin’ the Berry’s (Emmett Berry)
11 My Old Flame (Johnston-Coslow)
12 Smoking with Frank and J.P. (Guy Lafitte)
13 I Want to Be Happy (Victor Youmans)
14 Do Not Disturb (Guy Lafitte)
15 Genevieve (J.C.Pelletier)
16 A Flower Is a Lovesome Thing (Billy Strayhorn)
17 Caméléon (Lafitte-Solal)
18 Caravan (Ellington-Tizol)





●FLATE EARTH SOCIETY / Boggamasta / Igloo Records / IGL288 / 5410547052885 / CD / 1,944円(税込)

※ペーパースリーヴ
ペーター・ヴェルメールシュがリーダー、欧州のアヴァン・ビッグ・バンドの2017年作品!!

■Alto Saxophone – Benjamin Boutreur
Baritone Saxophone, Flute – Bruno Vansina
Bass Clarinet, Clarinet, Vocals, Electronics – Peter Vermeersch
Double Bass, Violin – Kristof Roseeuw
Drums, Electronic Drums – Teun Verbruggen
Electric Bass – Pierre Vervloesem
Electric Guitar, Vocals, Electronics – David Bovée
Keyboards, Piano – Peter Vandenberghe
Percussion – Amel Serra Garcia
Recorded By – Raf De Clercq
Tenor Saxophone – Michel Mast
Trombone – Marc Meeuwissen, Peter Delannoye
Trumpet – Bart Maris, Thomas Mayade
Tuba – Berlinde Deman
Vocals – Berlinde Deman (tracks: 7)

ソングリスト
01 The Rule of The Mule
02 From Darkness to Light
03 Sing Hallelujah
04 Confiscated Song
05 Slave
06 The Prince of All
07 Boggamasta
08 Da Beava
09 Coisi Miniti
10 Continued Progress And Development





●JULIEN TASSIN / Sweet Tension / Igloo Records / IGL291 / 5410547052915
/ CD / 2,376円(税込)

※デジパック
ベルギー・ジャズギターの隠れた逸材、ジュリアン・タシンのギタートリオ、2018年作品がリリース!!

ブリュッセル王立音楽院でベルギーのジャズギターの巨匠パオロ・ラドーニに師事。音楽にたいして常に好奇心と情熱を持ち合わせるタシンのジャズとブルースとロックをミックスしたユニークな音楽性が展開された作品です。

■Julien Tassin (composition, guitar)
Nicolas Thys (doublebass)
Dré Pallemaerts (drums)

ソングリスト
01 Working Class
02 Escape
03Ghost Town
04 Housewives
05 Le Blues
06 Last Call From The Factory
07 Green Lady
08 Dance
09George Harrison
10 Sweet Tension





●CLAUDIO FASOLI / Selfie / ABEAT / ABJZ189 / 8031510001890 / CD / 2,268円(税込)

サックス奏者、クラウディオ・ファゾーリによる注目の2018年作品がリリース!! ヨーロッパ独特の美意識を保つ演奏は世界的なジャズファンの心を掴んで離しません。ファゾーリを支えるメンバーはニューヨークで活躍する個性的なミュージシャンばかりですが、お互いの良さを活かしあうような演奏に心惹かれます。

■Claudio Fasoli (ts/ss)
Matt Mitchell (p)
Matt Brewer (b)
Justin Brown (ds)

ソングリスト
01 Parsons Green
02 Kammertrio
03 Far
04 Pauly
05 Legs
06 Squero
07 No Kidding
08 Fit
09 Nyspel
10 Difference Of Emphasis




●DANIELE CIUFFREDA / Out On The Ninth Day / ABEAT / ABJZ561 / 8031510005614 / CD / 2,268円(税込)

伊の ダニエレ・チュッフレダ(g) 率いる、爽快ファンキーなオルガン・トリオの 2018年作。2曲に Fabrizio Bosso (tp) が参加したストレートな一枚!

■Daniele Ciuffreda (g)
Alberto Marsico (organ)
Daniele Pavignano (ds)
Fabrizio Bosso (tp #5,7)

ソングリスト
1 Steppin’ Out
2 Brownies For Two
3 Rainy Mornings
4 Something To Be Happy About
5 Out On The Ninth Day
6 Second Ride
7 Arep
8 Minorando





●FRANCO FINUCCI / Taleia / ABEAT / ABJZ562 / 8031510005621 / CD / 2,268円(税込)

イタリアの才能溢れるギタリスト、Franco Finucci の2018年作品がリリース!! ステファノ・ディ・バティスタが4曲目に参加しており、全曲フランコのオリジナルという徹底ぶり。オリジナリティーに溢れた楽曲と卓越したテクニックによるアドリブ、インタープレイが展開されています。

■Franco Finucci (g)
Stefano Di Battista (as on 2,4,6,7)
Marco Di Battsta (p/key)
Gabriele Pesaresi (b)
Roberto Desiderio (ds/per)
Davide Cavuti (accordion #6)

ソングリスト
1 Walking Up
2 Dexter
3 No 42 Baia St
4 Lapislazzulo
5 Al Bei Ricordi
6 Tango De Vita
7 Song A Magic
8 Al Non Ricordi





●AMATO JAZZ TRIO(QUARTET) / One Day / ABEAT / ABJZ184 / 8031510001845 / CD / 2,268円(税込)

エリオ、アルベルト、ロリスのアマート 3兄弟 が 1976年に伊シチリアで結成した "Amato Jazz Trio" の円熟味と風格に溢れたピアノトリオ、2018年作品がリリース! ジャケット・デザインのキュートさにも注目!!

■Alberto Amato (b)
Elio Amato (p, tb)
Loris Amato (ds)

Recorded at Indiehub, Milano, by Gabriele Simoni on 6,7 May 2017

ソングリスト
01 One day (Elio Amato)
02 Pegaso (Elio Amato)
03 Prelude (Elio Amato)
04 Questions (Elio Amato)
05 Valeria (Elio Amato)
06 Far (Elio Amato)
07 Monday (Elio Amato)
08 Trigonometry(Ornette Coleman)
09 Epigraphic (Elio Amato)
10 Take the A train(Duke Ellington)
11 Village Vanguard (Alberto Amato)
12 Coldness (Elio Amato)





●ベニー・グリーン / ゼン・アンド・ナウ / キングインターナショナル / KKE084 / 4909346016903 / CD / 2,500円(税込)

※日本語帯、解説付 デジパック
まさに絶好調のピアニスト、 ベニー・グリーンの新たな冒険
ホッド・オブライエンの娘、ヴェロニカ・スウィフトがヴォーカルで参加
ジャズマン・オリジナル曲等を新鮮な味付けで再演した注目作!

■オスカー・ピーターソンが自分の後継者と賞讃したピアニスト、ベニー・グリーンの待望の最新作が登場。デビッド・ウォン(b)、ケニー・ワシントン(ds)のお馴染みのリズム・セクションをバックに全12曲を収録。5曲に若手実力派の女性ジャズ・ヴォーカリスト、ヴェロニカ・スウィフト、3曲に女性フルート奏者のアン・ドラモンドを大きくフューチャーした注目作である。

■もはや世界でも有数のジャズ・ピアニストの一人に登りつめたベニー・グリーン。過去38年間にわたりコンサートライブや大物ジャズメンとの共演等で、最強のピアニスト、バンドリーダーとして大活躍中。 しかし、過去20枚のリーダー作のいずれにもヴォーカリストやフルート奏者をフィーチャーしたことがなかった。本作『ゼン・アンド・ナウ』は女性ヴォーカルのヴェロニカ・スウィフトと女性フルート奏者のアン・ドラモンドが参加したベニー・グリーンの新たな冒険のアルバムと言って良いだろう。

■ヴェロニカ・スウィフトは2015年セロニアス・モンク・コンペティションで2位入賞の実力派若手女性ヴォーカリスト。父親はバップ・ピアニストのホッド・オブライエン(2016年没)、母親は歌手のステファニー・ナカシアン。グリーンと同じような音楽に恵まれた環境で育っている。ベニーはライブ等で彼女と共演するにつれ、今回の作品に彼女を大きくフューチャーする必然性を見出したに違いない。

■本作ではヴェロニカのヴォーカルを5曲で聴くことができる。スキャットを交えた透明感あるオーソドックスな唱法は耳に残り、印象的である。 M7のHorace Silverの作品“Split Kick”ではトランペット・パートとサックス・パートをヴォーカルで見事に表現している。また、M9の“Humphrey”は90年代にクリスチャン・マグブライド(b)、カール・アレン(ds)とのトリオ作『Testifyin'!』に収録されていたファンには懐かしい曲。スキャットが入ることで新鮮な味付けになった。

■アン・ドラモンドはニューヨークで活躍中の女性フルート奏者。ケニー・バロン(p)のアルバムやツアーに参加したり、リーダー作も数枚発表している。彼女の参加(3曲)も本アルバムに独特なテイストを加えた。

■言うまでもなくベニー・グリーンの演奏は絶好調である。女性ゲストの3曲でフェンダー・ローズの演奏も披露している。また、ピアノ・トリオのフォーマットで演奏される4曲はハンク・ジョーンズ、デューク・ピアソン、ハンク・モブレイのジャズマン・オリジナルと自身のオリジナル曲。ベニー・グリーン節が大全開である。まさに『Then And Now』、あのときと現在が心地よく融合した大注目のアルバムである。

メンバー:Veronica Swift - vocals (2, 4, 7, 9, 11) Anne Drummond - flute & alto flute (1, 3, 6)Benny Green - piano (all tracks) & electric piano (1,3,4) David Wong - bassJosh Jones - percussion (1, 3) Kenny Washington - drums (all tracks except 6)Recorded: Fantasy Studios, Berkeley, CA on February 26-27, 2018 and Samurai Studio, Astoria, Queens, NY on June 1, 2018

ソングリスト
01Donny Hath A Way (Benny Green)
02For Regulars Only (Dexter Gordon)
03Latin America (Cedar Walton)
04Naturally (Benny Green)
05Minor Contention (Hank Jones)
06Enchanted Forest (Benny Green)
07Split Kick (Horace Silver)
08Say You’re Mine (Duke Pearson)
09Humphrey (Benny Green)
10Hipsippy Blues (Hank Mobley)
11Something I Dreamed Last Night (Sammy Fain, Jack Yellin & Herb Magidson)
12Wiggin’(Benny Green)





●ステフォン・ハリス / ソニック・クリード / インパートメント / AGIPI3629 / 4532813846293
/ CD / 2,592円(税込)

現行ブラックジャズ維新軍の革新者ステフォン・ハリスの最新作「SONIC CREED」が完成。
ケイシー・ベンジャミン(Robert Glasper Experiment)、ジョシュア・クランブリー(Kamasi Washington)、ペドリート・マルチネス、エレーナ・ピンダーヒューズ(Christian Scott)ら同志一挙参加。

ケニー・バロン、ロン・カーター、ハービー・ハンコック、ライ・クーダー、コモンと共演、自身のプロジェクトのアルバムも数々の名門レーベルよりリリースしてきたステフォン・ハリス、自身のユニットブラックアウト名義ではグラミー賞コンテンポラリー・ジャズ・アルバム部門にノミネートしたUrbanus(Concord)より9年ぶりのNEW ALBUMが完成しました。2011年にはクリスチャン・スコット、デヴィッド・サンチェスとキューバを訪問しアルバムNinety Miles(Concord)を録音し伝統を受け継ぎながら現代的なジャズとキューバ音楽を融合した高い音楽性がジャズファンの間で話題を集めました。ロバート・グラスパー・エクスペリメントでもおなじみケイシー・ベンジャミン(sax、vocoder)ら長年活動してきたメンバーと新たに若手ながら世界最高峰のジャズフルート奏者と名高いエレーナ・ピンダーヒューズ、カマシ・ワシントン、菊地成孔とも共演したキューバ人ピアニスト、アクセル・トスカも参加しているバンド(U)nityでも来日したジョシュア・クランブリーら新しいメンバーも加わりフレッシュでエネルギッシュも加わっています。美しい歌声を披露する女性R&BシンガーJean Baylorを迎えた上品に包み込んでくれるソウル・チューン38、ホレス・シルバーの名曲4を収録。心地よいソウルミュージックの色気とジャズの気品が溢れるアルバムだ。

1Dat Dere
2Chasin’ Kendall
3Let’s Take A Trip To The Sky
4Cape Verdean Blues
5Go
6Song of Samson
7Throw It Away
8Now
9Gone Too Soon





●マーキス・ヒル / モダン・フローズ VOL. 2 / ピーヴァインレコード / PCD24784 / 4995879247846 / CD / 2,592円(税込)

※国内盤
この男こそクリスチャン・スコットやアンブローズ・アキンムシーレに続くジャズ・ トランペットの最先端!
Concordからメジャー・リリースされた前作『The Way We Play』が大絶賛を浴びたシカゴ出身の新世代ジャズ・トランぺッター筆頭株=マーキス・ヒルが待望のニュー・アルバムを完成!

2014年のセロニアス・モンク・コンペティションで優勝、現在はマーカス・ミラー・バンドの一員としても活躍する真の実力者! ヴィブラフォンのクールな響きやラップを随所フィーチャーしながら伝統と未来が交差する圧巻の傑作!

“黄金のトランペット・サウンド”と評されるマーキスのプレイは言わずもがな、オーセンティックなジャズをヒップホップ世代のグルーヴ感で再構築してみせるコンポーザーとしての圧倒的なセンスとバランス感覚が過去最高に発揮された大傑作! 本作のサウンドを決定付ける天才ヴィブラフォン/マリンバ奏者:ジョエル・ロスに、ウェイン・ショーター・バンドのジョナサン・ピンソン(dr)、エスペランサ〜ジェフ・パーカー等と共演のジョシュ・ジョンソン(sax)、新世代ジャズ・シーン最注目ドラマーで あるマカヤ・マクレイヴンの盟友:ジュニアス・ポール(b)、さらにはブラクストン・クックのヴォーカル参加もありと、メンバー も最高の気鋭揃いだ。

2017年には自身のクインテットで来日済、マーカス・ミラー・バンドの一員としても度々日本を訪れている参考商品マーキスは、すでに日本でも高い評価を得ているが、初の日本盤リリースとなる本作で、その評価をさらに押し上げることにな るだろう。まさに2018年ジャズ・シーンの大必聴盤だ。日本盤ボーナストラック収録!!

(メーカーインフォより)





●JOHN FEDCHOCK / REMINISCENCE / SUMMIT RECORDS / DM735 / 0099402735924 / CD / 2,160円(税込)

1980年以降活躍しているアメリカのトロンボーン・マスターの一人。

John Fedchock(tb)
John Toomey(p)
Jimmy Masters(b)
Dave Ratajczak(ds on 1-6)
Billy Williams(ds on 7)
ソングリスト
1The Third Degree
2Loose Change
3Lament
4The End Of A Love Affair
5You're My everything
6If You Could See Me Now
7Brazilian Fantasy





●ジャコ・パストリアス / ジャコ / タワーレコード / TRAG0002 / 4997184991612 / DVD / 3,024円(税込)

【孤高の天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画 『JACO』 DVD】

メタリカのロバート・トゥルージロが制作総指揮を行ない、2015 年にアメリカにて公開されたドキュメンタリー映画『JACO』。
本国では数々の映画祭で話題となったものの、日本国内での公開は実現していなかったが、2016 年末ようやく公開された。
監督は『ストーンズ・イン・エグザイル ~「メイン・ストリートのならず者」の真実』や、X JAPAN のドキュメンタリー映画 『We Are X』を手がけた、気鋭のスティーヴン・キジャック。本編では、現存する貴重な映像により振り返るジャコの生い立ち から華々しいデビュー、そして、ジャコの訃報を告げる失意の瞬間までを、ジャコと親交を深めたミュージシャンの証言ととも に追う。インタビューでは、フリー (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ジョニ・ミッチェル、スティング、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ゲディー・リー(ラッシュ)、ブーツィー・コリンズ、カルロス・サンタナ、ジェリー・ジェモ ットほか、豪華なアーティストが出演、ジャコの音楽家としての魅力を語る。





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter


新宿ジャズ館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す