【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD】 3/20~21 新入荷一覧!



●JOSHUA REDMAN / Come What May / NONESUCH / 0075597926736 / CD / 1,728円(税込)

※ペーパースリーブ
現代ジャズ・サックス界のイノベータ―、ジョシュア・レッドマンが約20年振りに、ジョシュア・レッドマン(sax)、アーロン・ゴールドバーグ(p)、リューベン・ロジャース(b)、グレッグ・ハッチンソン(ds)とのカルテット編成でニュー・アルバムをリリース!

互いを良く知る仲間たちとの、タイトで自由なパフォーマンスと“マジック”がまさしく聴きどころになる本作『COME WHAT MAY』、完成!
(新譜案内より)

Joshua Redman, saxophone
Aaron Goldberg, piano
Reuben Rogers, bass 
Gregory Hutchinson, drums

ソングリスト
1.Circle of Life
2.I'll Go Mine
3.Come What May
4.How We Do
5.DGAF
6.Stagger Bear
7.Vast








●クリスチャン・スコット / アンセストラル・リコール / ROPEADOPE / JPN / RAD462 / 4988044885578 / CD / 1,944円(税込)

※帯付き国内盤仕様
この10年の間、最も注目すべきアーティストの一人として成長。
「ルーラー・レベル」、「ディアスポラ」、「エマンシペイション・プロクラスティネーション」と3つのテーマで制作された「ジャズ100周年三部作」が完結し、新たな世界に飛躍を遂げる作品。

「ジャズ100周年三部作」で時代の最先端へ、そして待望の最新作「Ancestral Recall」で孤高の存在へ。
この10年の間、最も注目すべきアーティストの一人として成長したトランぺッター、クリスチャン・スコットの2019年最新作が登場。
グラミー賞のベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム部門にもノミネートされた作品を含む「ジャズ100周年三部作」では、自身の世界観を打ち出しつつ時代の最先端を捉えるようなサウンドを聴かせてくれましたが、この短期間の間にさらに新たな世界に飛躍を遂げる傑作が誕生。
冒頭1曲目から手拍子とパーカッションの力強いポリリズム、オーガニックで土着的な色彩の鮮やかさが全面に広がり、「ジャズ100周年三部作」とは明らかに異なる世界観を提示。
本作は西アフリカやインド音楽の強烈なリズムのサンプリングとスタジオでのドラミングが織り交ぜたとのことで、"聴く"という以上に"体感"するという言葉がしっくりくるほど躍動感・生命力に溢れた作品に仕上がっています。
2019年もクリスチャン・スコットの創造力に驚かされそうです!

【参加メンバー / 楽器】
Christian Scott(tp,Siren, Sirenette, Reverse Flugelhorn,
SPD-SX, Sampling, Sonic Architecture )
Saul Williams(spoken word), Elena Pinderhughes(fl),
Logan Richardson(sax), Mike Larry Draw(spoken word),
Chris Turner(ds) etc.

ソングリスト
1.Her Arrival
2.I Own The Night (Feat. Saul Williams)
3.Williams)
4.Forevergirl (Feat. Chris Turner & Mike Larry Draw)
5.Diviner
6.Overcomer
7.Songs She Never Heard (Feat. Logan Richardson)
8.Ritual [Rise of Chief Adjuah]
9.Prophesy
10.Before (Feat. Elena Pinderhughes)
11.Double Consciousness
12.Ancestral Recall (Feat. Saul Williams)







●TOM HARRELL / Infinity / HIGH NOTE / HCD7321 / 0632375732127 / CD / 2,268円(税込)
●トム・ハレル / インフィニティ / キングインターナショナル / JPN / KKE092 / 4909346017993 / CD / 2,500円(税込)

1946年生まれ、70歳を超えて精力的なクリエイションを送り出すトム・ハレルの最新作品。 

異なるユニットを同時並行的に率い、High Noteでの新作は、ほぼ年に一枚のペースを保ちながら、毎回違ったコンセプト/バンドでの演奏を聴かせてくれるところにも、アイディアと創造力の豊かさがあらわれています。 

メンバーは、当代屈指のサックス奏者であり、ハレルのバンドでも今やおなじみとなりつつあるマーク・ターナーを再びフロントに、チック・コリアの“ヴィジル”で頭角を現し『Something Gold, Something Blue』にも参加していたチャールズ・アルトゥーラを迎えたクインテット編成。リズムセクションには、常連ジョナサン・ブレイク(同じくなじみのアダム・クルーズがパーカッションで一曲参加)。言ってみれば、身内的なメンバーが集合したバンドですが、トム・ハレルの新しい音楽的な構想にのっとった必要不可欠な注目の人選といえます。 

コンポジションのみならず、アレンジもきっちりと組んだ音楽は、トム・ハレルの“美学”の結晶。音色やメロディだけをとっても、ある種崇高な美的感覚がありますが、今回もアンサンブル・パートの妙と各人のソロに絶妙の塩梅が見られます。トランペット/ フリューゲルとサックスの重なりが生み出すハーモニー感覚、そこに交わるギターのスケールとハーモニーは“精緻” のバランス。そこには予めのルールがあり、ある種の抑制ともなりますが、各人の繰り広げる自由な即興/ ソロと織りなしていくトータルな演奏もまた狂いのないバランスを見せて興奮を呼びます。 

その妙は、オープニングから明らか。この楽曲は2管のユニゾンとミュート・トランペットのオーバーダブに、ギターのコードが交わるテーマのアンサンブルとともに、4人のソロも炸裂。作品に通底するこのバンドの真骨頂とも言える演奏があります。一方、M9はハレルとターナーのデュオ演奏。90年代、チャーリー・ヘイデンのリベレーション・ミュージック・オーケストラに在籍していた時期にデュオ演奏の魅力に覚醒したというハレル。ここでの演奏もやはりアレンジされた譜面をもとにした演奏がベースですが、それだけに、2人の呼吸や、音色/ 強弱といった演奏家としてのセンシティヴなセンスの妙も見られます。また、バルトークにも影響を受けたというハレルらしいく東ヨーロッパのトラッド・ミュージック的なムードも漂うM5や、アルトゥーラのギター、ハレルのミュート・トランペットを大フィーチャーしたアイリッシュ・フォーク的なM8のようなナンバーも。ハレルの音楽の幅広さも見られます。 

2018年、ヴィレッジ・ヴァンガードでのバンドのデビュー・コンサートで生まれた楽曲もあり、過去から演奏をしている楽曲あり。しかし、それらもこのバンドのためにリアレンジしての演奏。また、昨今、バイプレイとしても多くの演奏があるマーク・ターナーとなってきましたが、このバンドでのソロ・プレイはほかのユニットでの演奏とは違った、クールながらにも際立つパッションを感じさせてくれます。 

ビル・チャーラップは、「トム・ハレルという演奏家とステージを共にできることは誇りであり、特権だ」といい、トム・ハレルを“天才”と呼んでいますが、まさに知性あふれる音楽家の新たな展開がここにあります。

メンバー:Tom Harrell(tp, flh), Mark Turner(ts), Charles Altura(el-g, ac-g), 
Ben Street(b), Johnathan Blake(ds), Adam Cruz(prec M3 only)

ソングリスト
1. The Fast (6:38)
2. Dublin (9:40)
3. Hope (7:30)
4. Coronation (6:56)
5. Folk Song (6:03)
6. Blue (5:40)
7. Ground (7:18)
8. The Isle 8:25
9. Duet (1:41)
10. Taurus (6:01)







●ZEK TRIO(清水くるみ-米木康志-本田珠也) / ZEK!2 / ZEK / ZEK003 / 4562250920942 / CD / 3,000円(税込)

※2CD / ペーパースリーブ
結成15年!ツェッペリンを演奏するピアノ・トリオ、ZEK 3(Trio)第2弾!

Whole Lotta Love(胸いっぱいの愛を)、Immigrant Song( 移民の歌)を除きファーストとは異なった選曲 12曲全14トラックを収録大合唱ともなる"Rock and Roll"まで大興奮、怒涛の演奏が炸裂!!

清水くるみ、米木康志, 本田珠也による《レッド・ツェッペリンの音楽を演奏するピアノ・トリオ》ZEK 3(Trio)の第2弾CDが登場!結成12年目でファースト・アルバムを制作。まさに待望の作品が往年のファンの方に興奮を伴って届いたのはもちろんのこと、ツェッペリンをジャズ・トリオで演奏するというバンドの面白さと、音楽的な興味深さから、新たなファンを獲得し、ロング・セラーを記録中。第2弾は、その勢いにも乗って、1年半のインターバルでリリースとなります。2019年は結成15年の節目に当たる年。"15年経っても毎回新鮮な気持ちで臨め、音が出る瞬間からは音以外の全てが吹っ飛ぶ"とはブックレットに掲載された清水くるみの言葉ですが、その言葉のあらわすところは、ここに収録された音を聴けば納得。ツェッペリンの曲のメロディや、キメのリフなどの重要要素をキッチリ捕えて、構成するアレンジ力とともに、スリリングな即興や、渦巻くようなグルーヴ感、パッションみなぎるエネルギッシュな演奏には、その瞬間のメンバーの音楽的な交感(交歓)があふれたもの。Disc1の6曲目と共に、Disc2の2曲目にも収録された"Trampled under Foot"を聴けば、その日によって如何に演奏が違っているかも明らかです。

曲目は、"Whole Lotta Love(胸いっぱいの愛を)""Immigrant Song"(移民の歌)をのぞき、ファースト・アルバムとは違った選曲。14分に及ぶ壮大な"Kashumir"(カシミール)や、哀愁あふれるメロディがあまりにも有名な"Stairway to Heaven"(天国への階段)を収録するほか、熱狂の"Rock and Roll"まで12楽曲全14トラック。新宿ピットイン、横浜KAMOME、高円寺JIROKICHIと、3晩3ヶ所のライヴ集で、異なる空間、異なるオーディエンスによって3種3様に空気感が変わるのも興味深いところ。Disc2 のJIROKICHI のトラックは怒涛のムード。キメのリフ部分を三位一体となって熱狂の渦を巻き起こすような"In My Time of Dying"、ブロックコードの強打が炸裂する"Immigrant Song"、そして、オーディエンスと"ロンリ、ロンリ、ロンリ"と大合唱になるラスト、"Rock and Roll "も超強力!作品リリースから加速度的に勢いをつけているZek 3(Trio)、目が離せません!!

ソングリスト
Disc 1
1. We're gonna Groove
2. Over the Hills and Far Away
3. You Shook Me
4. Hots on for Nowhere
5. Kashmir
6. Trampled under Foot
7. Stairway to Heaven
Disc 2
1. Whole Lotta Love
2. Trampled under Foot
3. Heartbreaker
4. Baby come on Home
5. In My Time of Dying
6. Immigrant Song
7. Rock and Roll





●キャロル・ウェルスマン / ディス・イズ・キャロル -ジャズ・ビューティーズ / MUZAK、Fab. / MZCF1385 / 4524505341070 / CD / 2,808円(税込)

キャロル・ウェルスマンとニッキ・パロットの素敵な出会い ベスト・セラー・アルバム『ディス・イズ・キャロル ~ ラヴ・ソング20』に続く 待望の引き語りアルバム第二弾!

素晴らしい女性シンガーを数多く輩出するヴォーカル王国カナダの中でも人気、実力を兼ね備えたトップ・シンガー&ピアニスト、キャロル・ウェルスマン。ロング・セラーを続ける前作から2年半、ゲストに人気シンガー&ベーシスト、ニッキ・パロットを迎えた話題作。 
キャロル・ウェルスマン(vo)
ニッキ・パロット(vo-3,4,15、ベース-1,3,4,6,8,15)
ラリー・クール(g-4,5,8)
2018年11月、ロサンゼルス録音。
ソングリスト
1.バードランドの子守唄
2.慕情
3.アローン・トゥゲザー
4.サヴォイでストンプ
5.酒とバラの日々
6.アズ・ロング・アズ・アイ・リヴ
7.時の過ぎ行くまま
8.イルカに乗った少年
9.降っても晴れても
10.ラヴ・ミー・テンダー
11.バット・ノット・フォー・ミー
12.グッド・ライフ
13.フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
14.素敵なあなた
15.ドリーム



「8436559466691」の画像検索結果
●ERIC DOLPHY / IN EUROPE + 4 BONUS TRACKS / ESSENTIAL JAZZ CLASSICS / EJC11412 / 8436559466691 / CD / 1,728円(税込)
エリック・ドルフィーがDebutレコードに残した「Eric Dolphy in Europe」(Debut Records DEB-136)からの音源。

1961年9月デンマーク、コペンハーゲンでのライブ録音。現地のリズム隊がバックのワンホーン・アルバムでオリジナルアルバムに収録されていなかった4曲がボーナストラックとして追加されている。(新譜案内より)
メンバー:Eric Dolphy (as, bcl, fl), Bent Axen (p), Erik Moseholm (b), Jørn Elniff (ds)
Live At Studentenforeningens Foredragssal, Copenhagen, Denmark, September 8, 1961.
ソングリスト
1. In The Blues [Issued As “I Don’t Know Why”]
2. God Bless The Child
3. The Way You Look Tonight
4. Oleo
5. Hi-Fly
6. Woody’N You*
7. Laura*
8. Glad To Be Unhappy*
9. In The Blues [Version 2]*





●NINA SIMONE / AT THE VILLAGE GATE + 6 BONUS TRACKS! / AT THE VILLAGE GATE + 6 BONUS TRACKS! / STATE OF ART RECORDS / 81261 / 8436569194089 / CD /1,620円(税込)

NINA SIMONE, vocals & piano
AL SHACKMAN, guitar
CHRIS WHITE, bass
ROB HAMILTON, drums

The Village Gate, New York, April 1961.

(*) BONUS TRACKS
13: Nina Simone (vcl, p)
accompanied by large orchestra conducted by Bob Mersey.
New York, 1959.
14: Nina Simone (vcl, p), Jimmy Bond (b),
Albert “Tootie” Heath (d). New York, 1957.

ソングリスト
1.JUST IN TIME
2.HE WAS TOO GOOD TO ME
3.HOUSE OF THE RISING SUN
4.BYE BYE BLACKBIRD
5.BROWN BABY
6.ZUNGO
7.IF HE CHANGED MY NAME
8.CHILDREN GO WHERE I SEND YOU
9.ERETZ ZAVAT CHALAV U’DVASH*
10.VAYNIKEHU *
11.SINNER MAN *
12.YOU’LL NEVER WALK ALONE *
13.CHILDREN GO WHERE I SEND YOU[original studio version]*
14.YOU’LL NEVER WALK ALONE[original studio version] *



●AHMAD JAMAL / COMPLETE LIVE AT THE PERSHING LOUNGE 1958 +2 BONUS / STATE OF ART RECORDS / 81260 / 8436569194140 / CD / 1,620円(税込)





●DORON SEGAL / Addition Of Strangeness / VILLAGE LIVE RECORDS / DSCD / 2299990661969 / CD / 1,620円(税込)

※デジパック
イギリスのインディペンデントレーベルVillage LiveからピアニストDoron Segalのデビューアルバムが入荷。
イスラエル出身、7歳からピアノのレッスンを受け始めクラシックピアノを演奏していたそうですが16歳のときにジャズに魅了されイスラエルの音楽学校でジャズを学んだとのこと。本作に収められた楽曲もママル・ハンズなどの新世代ジャズのエッセンスがありながらコンテンポラリーで美メロに溢れた充実したデビュー作品に仕上がっています。もしかしたら今後すごいアルバム作る逸材かもしれません・・・

Doron Segal - Piano
Tom Berkmann - Bass
Daniel Dor - Drums

ソングリスト
1.Wrong Channels 03:20
2.Issues 06:09
3.A Sketch Of You 04:34
4.Tree Line 08:48
5.Breaking Habits 05:17
6.Agadat Deshe 05:01
7.Black Hole Sun 05:46
8.Happic 03:19
9.A Sketch Of You Pt.2 02:44





●鈴木良雄 / ビヨンド・ザ・フォレスト / FRIENDS MUSIC / FMSC1001 / 4580628360015 / CD / 2,700円(税込)

鈴木良雄音楽生活50周年記念

結成18年を迎える BASS TALK 6年ぶりの4th アルバム
森の緑のやさしさに包まれた心地よい音世界
1973年~'85年在米中に、アート・ブレイキ―&ジャズ・メッセンジャーズにレギュラーメンバーとして参加するなど、50年に渡り、世界的なベース奏者として活躍をしてきた鈴木良雄が2001年に結成したグループ Bass Talkの独自の音楽世界が結実した集大成アルバム。
ベース、ピアノ、フルート、パーカッションのカルテットによるアコ-スティックな響き、鈴木良雄の曲そして 野力奏一の素晴らしいアレンジが耳に心地よい。
ゲスト参加した石川滋(読売日本交響楽団ソロコントラバス)の美しいコントラ・バスも必聴。

パーソネル:
鈴木良雄 (bass)
野力奏一 (piano, keyboards)
井上信平 (flute, alto flute, bass flute)
岡部洋一 (percussion, congas)
*ゲスト:石川滋 (bass)
プロデュース:伊藤潔、鈴木良雄

-Profile-
【Bass Talk】
2001年に結成されたフルート、ピアノ、パーカッションそしてベースによるカルテット。
アコースティックな生音を大切にして、鈴木良雄のオリジナル曲を野力奏一のアレンジでエレガントに聞かせるグループ。井上信平の卓越したフルートと野力奏一の美しい広がりのあるvoicingによるピアノサウンド、岡部洋一のカラフルでステディーなリズム、そしてそれらすべてのサウンドを下で支える鈴木良雄の暖かいベースが聴きどころ。ベテランのミュージシャンが醸し出す、極上の大人のORIGINAL JAZZ。2004年11月、鈴木良雄の音楽生活35周年を記念してBASS TALKとしての初レコーディングアルバム「MOON AND BREEZE」をリリース。2005年6月にはEU公演を行い、エストニアNUMME JAZZ FESTIVAL出演を始め、スウェーデン、ラトビア等2週間に渡ってのツアーを行い好評を博す。2007年新たに発足させた「ONE」レーベルよりBASS TALKの新譜「LOVE LETTER」を発売。2008年3月草月ホールで40周年記念、そしてBASS TALKの集大成としてのコンサートを開き、全国65か所に及ぶ「LOVE LETTER」プロモーションツアーを行った。2012年6月に新譜CD「Dancing Luna」発売、そして白寿ホールでコンサートを開く。

【鈴木良雄(ベース、作・編曲)】
1946年長野県木曽福島生まれ。音楽家の両親と“鈴木メソッド”創始者の伯父鈴木鎮一の下、幼少の頃からバイオリン、ピアノに親しむ。早稲田大学文学部卒業後1969年~73年の間、渡辺貞夫、菊池雅章のグループで活躍。73年渡米し、74年スタン・ゲッツ・グループ75年~76年アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのレギュラーベーシストとして活躍。1985年帰国後自己のグループMATSURI、1993年にEAST BOUNCEそして2002年にBASS TALKを結成。2008年には草月ホールでBASS TALK「Love Letter」コンサートを開く。2009年にはベーシストデビュー40周年を記念して、秋吉敏子、小曽根真ら6人のピアニストとのDUOアルバム「My Dear Pianists」をリリース。2010年1月に南里文雄賞を受賞、2月には紀尾井ホールで「My Dear Pianists」のコンサートを開く。2011年ギターリスト増尾好秋とのDUOアルバムそして2015年若者達とのバンドのCD 「Generation Gap」をリリース。2016年竹書房よりジャズ入門書「人生が変わる55のジャズ名盤入門」を出版、大好評を得る。‘チンさん’のニックネームでファンから親しまれ、日本ジャズ界のリーダー的存在である。本年2019年音楽生活50周年を迎える。
(新譜案内より)

ソングリスト
1. The Kite (6:59)
2. 筏衆 (6:41)
3. Monet (4:44)
4. Mountain Spirits (2:43)
5. Brezza di Cremona (5:55)
6. Autumn Embrace (4:39)
7. Canoe (5:59)
8. Beyond the Forest (3:38)
9. Cheers (4:17)






●マイク・レズニコフ / ノスタルジア・イン・タイムス・スクエア / Meta Hanamaki Aketa Lebel / JPN / CD / MHACD2653 / 4543011103538 / 2,880円(税込)











●高橋知己 / ディアリー・ビラヴド / Meta Hanamaki Aketa Lebel / JPN / CD / MHACD2655 / 4543011103552 / 2,880円(税込)






●小宅珠実クァルテット / WE SEE / アケタズ・ディスク / JPN / MHACD-2654 / 4543011103545 / CD / 2,880円(税込)





●CHET BAKER / Lyrical Trumpet Of Chet Baker / WAXTIME IN COLOR / 8436559465908 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g
モダン・ジャズを代表する白人ジャズプレーヤー、チェット・ベイカーがビル・エバンスのバックのサポートを得て、リバーサイドレーベルに残した人気作。甘いムードのジャケットが印象的なロマンティック・ムード一杯のアルバム。盤面は、黄。(新譜案内より)

メンバー:
Chet Baker (tp), Herbie Mann (fl), Pepper Adams (bs),
Bill Evans (p), Kenny Burrell (g, on A3 & B2 Only)
Paul Chambers (b), Connie Kay (ds) except on A4, B4 & B5),
Philly Joe Jones (ds, on A4, B4 & B5)
New York, December 30, 1958 (A1-A3 & B1-B3) & January 19, 1959 (A4 & B4-B5).
Original Sessions Recorded By Jack Higgins & Produced By Orrin Keepnews.

ソングリスト
A1.Alone Together 6:46
A2.How High The Moon 3:31
A3.It Never Entered My Mind 4:36
A4.'Tis Autumn 5:12
B1.If You Could See Me Now 5:11
B2.September Song 3:00
B3.You’d Be So Nice To Come Home To 4:38
B4.Time On My Hands 4:27
B5.You And The Night And The Music 3:50



●BILL EVANS / Sunday at the Village Vanguard / JAZZ WAX RECORDS / 8436559465892 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g
ビル・エヴァンス(p)、スコット・ラファロ(b)、ポール・モチアン(ds) という至高のトリオによる1961年ヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ盤 (Riverside RLP9376)。同日のライブ録音に「Waltz For Debby」がある。当時25歳のスコット・ラファロはこの録音の10日後に交通事故で亡くなった。

メンバー:Bill Evans (p), Scott Lafaro (b), Paul Motian (ds)
Live At The Village Vanguard, New York, June 25, 1961.

ソングリスト
A1. Gloria’s Step (Scott Lafaro) 6:10
A2. My Man’s Gone Now (George & Ira Gershwin-Dubose Heyward) 6:21
A3. Solar (Miles Davis) 8:52
B1. Alice In Wonderland (Sammy Fain-Bob Hilliard) 8:36
B2. All Of You (Cole Porter) 8:29
B3. Jade Visions (Scott Lafaro) 4:02




●CHET BAKER / Angel Eyes / WAXTIME / 8436559465878 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g
1959年にイタリア、ミラノで録音された『Angel Eyes』(Celson LPQ-25005)からの音源。オリジナルに収録されなかった“My Funny Valentine”がボーナストラックとして追加。(新譜案内より)

メンバー:
Chet Baker (tp, vo) on all tracks, plus:
Len Mercer’s Orchestra: Mario Pezzotta (tb), unknown (fhr),
unknown oboe, fl, harp & cl, Glauco Masetti (as), Gianni Basso (ts),
Fausto Papetti (bar),Giulio Libani (p, cello, arr),
unknown strings (16 violins, 4 violas, cello, 2 bass), Franco Cerry (b),
Gene Victory (d).
Len Mercer [aka Ezio Leoni] (arr, cond).
Original engineer: Alberto Angelini.
Recorded at Gurtler Bros. Studio, Milan, Italy, September 28 (A3-A4, B2, B5),
September 29 (A1, A5, B1, B6) & October 5 (A2, B3-B4), 1959.

ソングリスト
A1. I Should Care 2:46
A2. Violets For Your Furs 3:18
A3. The Song Is You 2:32
A4. When I Fall In Love 3:36
A5. Goodbye 5:02
B1. Autumn In New York 3:33
B2. Angel Eyes 4:34
B3. Street Of Dreams 2:30
B4. Forgetful 2:44
B5. Deep In A Dream 4:34
B6. My Funny Valentine 5:04



●SARAH VAUGHAN / With Clifford Brown / WAXTIME IN COLOR / 8436559465939 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g / Color
クリフォード・ブラウンがサラ・ボーンと共演した人気アルバム。白人歌手ヘレン・メリルとの共演盤も人気だが、黒人シンガーとの聴き比べも楽しい。盤面はブルー。(新譜案内より)

メンバー:
Sarah Vaughan, Vocals Clifford Brown, Trumpet Herbie Mann,
Flute Paul Quinichette, Tenor SaxJimmy Jones, Piano Joe Benjamin,
Bass Roy Haynes, Drums Ernie Wilkins, Arranger & ConductorNew York,
December 16 (A1-A4 & B5)& December 18, (A5 & B1-B4), 1954.
Originally Issued As Sarah Vaughan(Emarcy Mg-36004).
Original Sessions Produced By Bob Shad

ソングリスト
A1.September Song 5:46
A2.Lullaby Of Birdland 4:00
A3.I’m Glad There Is You 5:10
A4.You’re Not The Kind 4:43
A5.Jim 5:51
B1.He’s My Guy 4:12
B2.April In Paris 6:21
B3.It’s Crazy 4:57
B4.Embraceable You 4:50
B5.Lullaby Of Birdland [Alt. TK] 4:02*




●NINA SIMONE / Ballads & Blues / MATCHBALL RECORDS / 8436569190579 / LP / 2,268円(税込)

※LP / 180g
ニーナ・シモンが1957年~1961年に残した音源からバラード曲とブルースナンバーを集めて編集されたアルバム。ニューヨークのタウンホールやヴィレッジ・ゲートでのライブ音源も収録されている。

ジャケット写真はハルトン・アーカイブ(Hulton Archiv)からの貴重な写真。(新譜案内より)

メンバー:Nina Simone (vo, p)
A1, A2, A6 & B7: Jimmy Bond (b), Albert “Tootie” Heath (ds).
New York, December 1957.
A3: The Malcolm Dodds Singers (Vocal Choir),
Orchestra Conducted & Arranged By Ralph Burns. New York, 1962.
A4 & A7: Orchestra Conducted & Arranged By Bob Mersey. New York, 1959.
A5, B2 & B5: Same Personnel As Above. New York, 1960-61.
A8 & B4: Wilbur Ware (b), Ben Riley (ds). Live At Town Hall,
New York, September 12, 1959.
B1: Al Shackman (g), Chris White (b), Bobby Hamilton (ds).
Newport Jazz Festival, Newport, Rhode Island, June 30, 1960.
B3: Same Personnel As B1. Live At The Village Gate, New York, April 1961.
B6: Orchestra Conducted By Stu Phillips. New York, 1959-60.

ソングリスト
A1. I Loves You Porgy 4:16
A2. Little Girl Blue 4:21
A3. Solitude 3:49
A4. Willow Weep For Me 3:16
A5. Memphis In June 2:41
A6. For All We Know 4:05
A7. Blue Prelude 3:24
A8. Black Is The Color Of My True Love’s Hair 3:33
B1. Trouble In Mind 5:38
B2. Gin House Blues 3:07
B3. House Of The Rising Sun 4:22
B4. Fine And Mellow 3:32
B5. Rags And Old Iron 4:12
B6. Nobody Knows You When You’Re Down And Out 2:45
B7. My Baby Just Cares For Me 3:37



●MILES DAVIS / Walkin’ / WAXTIME / 8436559465885 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g
元々10インチで発売されたのはA面に収録されている2曲であったが、12インチLPになって同年の別のセッション3曲が追加になり発売された。オリジナルはプレスティッジレーベル、ヴァンゲルダー録音。(新譜案内より)

メンバー:Miles Davis (tp), on All Tracks, Plus:
Side A:
J.J.Johnson (tb), Lucky Thompson (ts), Horace Silver (p), Percy Heath (b), Kenny Clarke (ds)
Hackensack, New Jersey, April 25, 1954.
Side B:
Dave Schildkraut (as) (out on B2), Horace Silver (p), Percy Heath (b), Kenny Clarke (ds)
Hackensack, New Jersey, April 3, 1954.

ソングリスト
A1. Walkin’ (Richard Carpenter) 13:26
A2. Blue ‘N’ Boogie (Dizzy Gillespie-Frank Paparelli) 8:17
B1. Solar (Miles Davis) 4:44
B2. You Don’t Know What Love Is (Don Raye-Gene Depaul) 4:23
B3. Love Me Or Leave Me (Walter Donaldson-Gus Kahn) 6:58
B4. I’ll Remember April (Don Raye-Gene Depaul-Patricia Johnston) 7:51



●JOHN COLTRANE / Stardust / MATCHBALL RECORDS / 8436569190562 / LP / 2,268円(税込)

※LP / 180g
オリジナルは1958年のプレスティッジ作品「Standard Coltrane」(Prestige PRLP7243) より。オリジナルには収録されなかった1曲がボーナストラックとして収録。マイルス・ディビスのリズムセクションにフレディ・ハバードや幻のトランペット奏者ウィルバー・ハーデンが参加している。

ジャケット写真はブルーノートの名盤を手掛けたフランシス・ウォルフ(Francis Wolff)。(新譜案内より)

メンバー:John Coltrane (ts), on All Tracks, Plus:
A1, A3 & B1:Wilbur Harden (glh, tp), Red Garland (p), Paul Chambers (b),
Jimmy Cobb (ds) Hackensack, New Jersey, July 11, 1958.
A2 & B2:Freddie Hubbard (tp), Red Garland (p), Paul Chambers (b),
Art Taylor (ds) Hackensack, New Jersey, December 26, 1958.

ソングリスト
A1. Stardust 10:43
A2. Time After Time 7:45
A3. I’m A Dreamer, Aren’t We All? 7:01
B1. Love Thy Neighbor 9:24
B2. Then I’ll Be Tired Of You 9:30







●OMER KLEIN / Radio Mediteran / WARNER MUSIC GROUP GERMANY / 5054197031021 / LP / 3,240円(税込)

※LP
シャイ・マエストロ、ヤロン・ヘルマンらと並び、シーンの最前線で活躍するイスラエル出身の人気ピアニスト、オメル・クラインの2019年作がリリース。
2014年録音作「Fearless Friday」、2017年リリース作"Sleepwalkers"と同じトリオによる新録で洗練された響きの中に時折ピリっとイスラエル節を混ぜるバランスが素晴らしく、演奏も文句なしの出来。

Omer Klein - Piano, Synth
Haggai Cohen Milo - Bass
Amir Bresler - Drums, Percussion

ソングリスト
A1.Our Sea
A2.Tripoli
A3.Radio Mediteran
A4.Sofia Baby
B1.Protest
B2.Arak
B3.Solois
B4.Last Day of School







●ドクトル梅津バンド / Diva / STUDIO MULE / MULE17 / 4250101402982 / LP / 3,240円(税込)

※LP
サックスプレーヤー梅津和時が高田みどり、橋本一子等とレコーディングした知られざる一枚が500枚限定でアナログ盤リリース。
楽曲によって熱いブロウを聴くことができますが、マリンバやエキセントリックなシンセ・サウンドが合いまったアンサンブルが心地よく、ニューエイジ・ブーム / 名盤復刻の流れで高田みどりやカラード・ミュージックへ入った方も見逃せない1枚。1988年録音作。

ソングリスト
A1.diva
A2.nishibi no ataru heya
A3.hinobashi no tamoto
A4.poi
B1.gosan
B2.ohayashi
B3.e ni kaita mochi
B4.down wind(kazashimo)







●KING KONG PARADISE / atsusamosamusamo / STUDIO MULE / MULE16 / 4250101402265 / LP / 3,240円(税込)

※LP
bourbon recordsからリリースされたジャズフュージョンアルバムが人気のキングコングパラダイスがよりオルタナティブに新境地を開いた時代に早すぎた和製バレアリックロック傑作にして最難関なレアアルバム。
johnny’s diskの中でも異色の本作は、ジャズファンよりニューウェーブ、レゲエ、ロックファンにアプローチする作品で、dj harveyやtheo parrishといったクラブシーンに強くリンクする内容で、彼らが実際にプレイしていてもおかしく無いドープな作品集。
ここ最近のmusic from memory等からリイシューされるweirdな音楽が好きな人にもリンクするだろう。

ソングリスト
A1.fujiyama
A2.kyokaisen
A3.atsusa mo samusamo
B1.reggae voodoo
B2.omaeha heart breaker
B3.kikiaki








●CHET BAKER / Sings / UNIVERSAL KOREA / KOR / LP43139 / 8808678161397 / LP / 5,184円(税込)

※LP / 180g / 帯付き
チェット・ベイカーのヴォーカルとトランペットが聴ける代表作の1枚「Sings」がアナログ盤でリイシュー。注目なのはリリース元が韓国・ソウルに新たなにオープンしたレコード製造工場Machang Music & Picturesという点。オリジナル・マスターテープを使用、オーディオファイル・ヴァイナル180g重量盤プレス仕様。新たにオープンしたプレス工場の音を楽しみながら聴くのも一興です。

SIDE I
CHET BAKER, vocal and trumpet; RUSS FREEMAN, piano and celeste; JAMES BOND, bass; PETER LITT-MAN, drums; LAWRENCE MARABLE,* drums.
Recorded: July 23 and 30, 1956 at the Forum Theatre, Los Angeles, California

SIDE II
CHET BAKER, vocal and trumpet; RUSS FREEMAN, piano; CARSON SMITH, bass; BOB NEEL, drums.
Recorded: February 15, 1954 at the Capitol Studios, Hollywood, California

ソングリスト
A1.THAT OLD FEELING
A2.IT'S ALWAYS YOU
A3.LIKE SOMEONE IN LOVE
A4.MY IDEAL
A5.I'VE NEVER BEEN IN LOVE BEFORE
A6.MY BUDDY
B1.BUT NOT FOR ME
B2.TIME AFTER TIME
B3.I GET ALONG WITHOUT YOU VERY WELL
B4.MY FUNNY VALENTINE
B5.THERE WILL NEVER BE ANOTHER YOU
B6.THE THRILL IS GONE
B7.I FALL IN LOVE TOO EASILY
B8.LOOK FOR THE SILVER LINING




●NORAH JONES / Come Away With Me / BLUE NOTE / KOREA / BNLPI43041 / 8808678160413 / LP / 4,536円(税込)

※LP/180g
ノラ・ジョーンズファン、ハイファイオーディオ愛好家の皆様、ノラ・ジョーンズの高音質重量盤が登場致しました。
ユニヴァーサルお墨付きの『180g AUDIOPHILE VINYL LP』となります。 オリジナル・マスターを使用し、ドイツでカッティング、プレスされたハイクオリティのLPです!
言わずと知れたノラ・ジョーンズ代表作「Come Away With Me」がLP180g重量盤アーディオファイル・ヴァイナルで登場です。
BLUE NOTEからの新人女性ヴォーカリスト、美しいジャケット、ビル・フリゼールやブライアン・ブレイドを筆頭にジャズ界からの豪華なサイドメン参加など話題となる要素はたくさんありましたが、社会現象と言えるほどの爆発的ヒットを記録したのはひとえにフォーキーなサウンドとシルキーな歌声、そしてジャジーなテイストが生み出すリラックスしたサウンドの力強さ故でしょう。「ジャズ・ヴォーカル」という分野においても新たなスタイルと数々のフォロワーを生んだ21世紀の名盤。

ソングリスト
A1.Don't Know Why
A2.Seven Years
A3.Cold Cold Heart
A4.Feelin' the Same Way
A5.Come Away With Me
A6.Shoot the Moon
A7.Turn Me On
B1.Lonestar
B2.I've Got to See You Again
B3.Painter Song
B4.One Flight Down
B5.Nightingale
B6.The Long Day Is Over
B7.The Nearness of You







●SHIRLEY HORN / 3 Essential Albums / UNIVERSAL / 0600753794869 / CD / 1,620円(税込)

※3CD
晩年まで大活躍したピアニスト/ヴォーカリスト、シャーリー・ホーンのヴァーヴ名盤『I Love You, Paris』 (1992),グラミー受賞作品『I Remember Miles』 (1998), ジョニ―・マンデルのアレンジが光る『You’re My Thrill』 (2001)をコンパイル。

CD1: I Love You, Paris
1.Wouldn't It Be Loverly? 2.Just In Time 3.He Was Too Good To Me 4.Do It Again 5.Old Country 6.It's Easy To Remember 7.All Through The Night - Live At Theatre Du Chatelet, Paris/1992 8.L.A. Breakdown 9.I Loves You Porgy / Here Comes De Honey Man 10.A Song For You / Goodbye 11.That Old Devil Called Love

CD2:I Remember Miles
1. My Funny Valentine 2.I Fall In Love Too Easily 3.Summertime 4.Baby, Won't You Please Come Home 5.This Hotel 6.I Got Plenty O' Nuttin' 7.Basin Street Blues 8.My Man's Gone Now 9.Blue In Green

CD3:You're My Thrill
1.You're My Thrill 2.The Best Is Yet To Come 3.Solitary Moon 4.Sharing The Night With The Blues 5.I Got Lost In His Arms 6.The Rules Of The Road 7.My Heart Stood Still 8.You'd Better Love Me 9.The Very Thought Of You 10.Why Don't You Do Right 11.All Night Long







●NILS LANDGREN / 4 WHEEL DRIVE / ACT MUSIC / ACT9875 / 0614427987525 / CD / 2,484円(税込)

ニルス・ラングレン、ミヒャエル・ウォルニー、ラーシュ・ダニエルソン、ウォルフガング・ハフナー。最早ACTレーベルだけでなくヨーロッパのジャズ・シーンを代表する4 人による極上のカルテット作が登場!ベテランの域に入りつつあるトロンボーン奏者、ニルス・ラングレンは自身のリーダー作だけでなく、ACT の企画アルバム(クリスマスなど)やプロデュースなどでも精力的に活動。また味のあるヴォーカルも好評で、今作でも披露する。そして、飛ぶ鳥を落とす勢いでメキメキと頭角をあらわすミヒャエル・ウォルニー、北欧ジャズの重鎮ラーシュ・ダニエルソン、ドイツで最も知られるドラマーのひとりであるウォルフガング・ハフナーと、錚々たる顔ぶれが並ぶ。

楽曲はメンバーそれぞれのオリジナルの他、ポール・マッカートニー、ビリー・ジョエル、フィル・コリンズ、スティングの名曲、計12 曲。凝ったアレンジをせずしっとりと歌い上げるフィル・コリンズの“Another Day In Paradise”やポールの“Maybe I'm Amazed”がある一方、インストで7 拍子にアレンジし原曲の雰囲気を残しながらもコンテンポラリーに仕上げた“Lady Madonna”や、スティングのロック・ナンバー“Shadows in the Rain”を大胆にバラード・アレンジするなど、4 人のセンスが光る。また、力強いリフに疾走感溢れるウォルニーのオープニング曲“Polygon”、ワールド・ミュージック感漂うハフナーの“Lobito”、美しいバラードのラングレンの“Le chat sur toit”、ラストはニルヴァーナの“Smells Like Teen Spirit”を想像して作曲したというダニエルソンの“4WD”と、それぞれカラーの異なる楽曲となっている。

アルバム・タイトルは4 人の音楽的パワー・バランスを象徴しているという。類稀なる実力者の4 人が同じ方向を向き、音楽を創造する、まさに“4 Wheel Drive(四輪動)”の極上サウンド!ACTでしか実現し得ないドリーム・カルテットだ。

Nils Landgren(tb, vo), Michael Wollny(p), Lars Danielsson(b, cello), Wolfgang Haffner(ds)

ソングリスト
1. Polygon (Michael Wollny) 3:44
2. Another Day In Paradise (Phil Collins) 4:33
3. Lady Madonna (John Lennon & Paul McCartney) 4:14
4. Shadows In The Rain (Sting - Gordon Sumner) 3:53
5. Lobito (Wolfgang Haffner) 3:34
6. Maybe I’m Amazed (Paul McCartney) 3:46
7. She’s Always A Woman (Billy Joel) 5:42
8. Le chat sur toit (Nils Landgren) 5:28
9. Just The Way You Are (Billy Joel) 4:00
10. If You Love Somebody Set Them Free (Sting - Gordon Sumner) 3:53
11. That’s All (Phil Collins, Mike Rutherford & Tony Banks) 4:25
12. 4WD (Lars Danielsson) 3:26
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す