【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD・LP】 4/10 新入荷一覧! 



●QUINTETHENCE / 1st Chronicle / CD / 2,700円(税込) / NORM RECORDS / JPN / NRCD0015 / 4988044885653

2016年結成。「ジャズに新風を。」がコンセプトで都内を中心に活動するクインテット編成のオリジナル・ジャズユニット。全曲メンバーのオリジナルでその旋律はハートフルでエモーショナル。聴き手の耳に焼き付ける力強いサウンド。

【Member】
関口綾華(Tp)
サイトーマナブ(T.sax)
根本哲史(Pf)
溝辺隼巳(Ba)
守真人(Dr)

ソングリスト
1.No1 Dope Music Machine
2.Norm
3.High Time
4.Skips
5.「幼年期組曲」第一印象、第二印象
6.豆帰り
7.Metropolitan Night
8.Where the brightest things are
9.Five Flowers
10.JAZZ







●ケイコ・ローズ / ハートビート / 亀吉レコード / JPN / KAME023 / 4580390350146 / CD / 3,024円(税込)

Voユニット活動後作曲家としてピアニストとして躍進。
Rhodes弾きKeikoの待望のソロ初アルバム。
ダニーハサウェイを彷彿させるエレピが光る!
ナガシマトモコ(orange pakoe a.k.aNIA)featしたソウルフルな楽曲「ブレス」必聴!

90年代に活躍したオシャレ男女ユニットThis Time解散後、様々なアーティストに楽曲提供。ライブやレコーディングでも活躍。
Fender RhodesやWurlitzerの演奏を得意とする。Keikoの作る多数の楽曲の中からセレクトされた珠玉の10曲を様々なコラボでお届けするソウルアルバム。

(ライナーノーツ)*ナガシマトモコ
私が「おけいこ」と出会ったのは、もうかれこれ17年前!orangepekoeのデビュー曲のレコーディングのために彼女の自宅スタジオを
訪れた時だった。気さくな彼女は、なごやかなムードで曲のイメージの話を聞き終えると、ビンテージのRhodesの前に背筋を伸ばして座った。そして音楽が始まったその瞬間。ほとばしるエネルギーが弾けた。そこには、ピュアで、温かい、音楽への愛が満ち溢れていた。 その時からずっと、私はおけいこのファンなのだ。敬愛をこめてKeiko the Rhodesと呼んでいたら、いつのまにかそれが彼女の名前にもなっていた。 そんなKeiko Rhodesの待望のソロアルバム。
完成おめでとう! そして、これを聴くあなたが、そんな美しく輝くおけいこのソウルを感じることができますように。
ナガシマトモコ (orange pekoe, a.k.aNIA)

(ライナーノーツ) *ラジオ番組制作 Steve土田
当時 Voユニットの彼女は、今ではローズ使いのピアニストとして活動していることもわかった。これは当時と現在の彼女のズレを埋めるために必要なアルバム。ナガシマトモコにヴォーカルを委ねたことで、ソングライターとしてのKeiko Rhodesのポテンシャルの高さを実感できる。

【Member】
Keiko Rhodes (Vo,Piano,Key,Cho)M1~M10
ナガシマトモコ (orange pekoe,a.k.aNIA)(Vocal) M4
杉本智和 (Bass) M4
ハピネス徳永(bass&Cho) M1,2,8
上田隆志(Bass) M10
角田順 (Guitar&Bass) M5
URU (Programming) M6
円山天使(Programming&Guitar&Cho) M1,2,3,4,8,9
Fermin Querol Arduna (Guitar& Voice) M7
okyon ( Per&Cho )M1,2,8
Eiji Yamada (Guitar) M8
末藤健二(Drum&Cho) M1,2,8
金子政則 (Drum) M10
尾崎あゆみ(Tp) M10
GOOD LOVIN’(Cho) M4,6
ダイナマイトしゃかりきサ~カス(Cho)M4

ソングリスト
1.海へとつづく道 (4.01)
2.Heartbeat (4.59)
3.潮騒 (4.55)
4.ブレス Feat.Tomoko Nagashima(orange pekoe, a.k.aNIA)(5.11)
5.マーメイドのうた (3.39)
6.Life is Journey Feat. URU, GOOD LOVIN’ (4.57)
7.えほんのうた (1.34)
8.Heartbeat (Instrumental)(5.02)
9.おやすみ (2.13)
10.Lady in Jazz (Bonus Track)(1.58)







●さくら / アイ・ビリーヴ・ユー "オマージュ・トゥ・ザ・カーペンターズ" / ホワッツニューレコーズ / GWNS5010 / 4523177850101 / CD / 3,000円(税込)

SAKURAの最新作『アイ・ビリーヴ・ユー』には、日本を代表する凄腕ジャズメン7名が集結。音楽監督・編曲及びピアノが田中裕士、ベースが北川弘幸、ドラムが猿渡泰幸、ギターが宮野弘紀、フルートが中島心、トロンボーンが池田雅明、チェロが平山織絵である。そのテーマは、カーペンターズの作品集である。ご存知カーペンターズは、リチャード・カーペンター(兄)とカレン・カーペンター(妹)による兄妹ポップ・デュオである。1968年から1983年までの14年間活動し、11枚のアルバム、31枚のシングルを発表した。1970年~1989年まで、日本の海外アーティストのアルバム売上枚数ランキングでは、ビートルズに次ぐ2位だった。日本においても世界においても、時代を超越して今も愛され続けているスーパー・グループである。本作について、SAKURAは、「私が幼少の頃から大好きだったカーペンターズの音楽に特別の愛着と敬意を込めたオマージュ的CD作品を作りました。オリジナルのカーペンターズの世界観を大切にしながらもカーペンターズ愛好家や私自身のファンの方々、誰もが懐かしく感じながら、一緒に口ずさんでいただける作品になればという想いで、全編曲、音楽監督、ピアノサポートを田中裕士さんにお願いしました。今年は、カレン・カーペンター没後35周年、カーペンターズ結成50周年という佳節なので、私なりの想いを込めた金字塔的CDを発表させていただける幸運に深く感謝しています。このアルバムが皆さまのライブラリーの片隅で末永く愛聴していただけます作品となりますことを切実に願っております」。

《メンバー》
さくら/ SAKURA (vocal/ヴォーカル)
田中裕士/ Hiroshi Tanaka (piano /ピアノ)
北川弘幸/ Hiroyuki Kitagawa (bass/ベース)
猿渡泰幸/Yasuyuki Sawatari (drums/ドラムス)
宮野弘紀/Hiroki Miyano (guitar/ギター) #3,#7,#9,#14
中島心/ Kokoro Nakajima (flute/フルート) #2,#6,#8
池田雅明/Masaaki Ikeda (trombone/トロンボーン) #5,#11
平山織絵/Orie Hirayama (cello/チェロ) #4,#12,#13

《SAKURAプロフィール》
2011年よりジャズボーカルを始める。ジャズボーカリストである川鰭裕子、粟田麻利子に師事する。
青木弘武(p)、大野俊三(tp)、岡安芳明(g)、菅野義孝(g)、吉岡秀晃(p) 他、多数の実力あるミュージシャンと共演を重ね、ボーカルを初めて、日は浅いが、メキメキと実力を付
けてきていて、共演したミュージシャンは勿論、周りの人達からの勧めもあり、2016年1月20日 What new Recordから『Rose'』を発売。同時に2016年1月に、CD発売記念コンサートを開催する。
音楽活動とは別に、2013年8月に念願であった 《ミュージック カフェ SAKURA》をオープンして多くのミュージシャンに演奏の場を提供している。
2019年4月10日にセカンドアルバム『I Believe You』を発売する。

ソングリスト
1.I Need To Be In Love
2.Sweet Sweet Smile
3.This Masquerade
4.Yesterday Once More
5.Close To You
6.Please Mr. Postman
7.Goodbye To Love
8.I Believe You
9.Rainy Days And Mondays
10.Rainbow Connection
11.Top Of The World
12.We’ve Only Just Begun
13.A Song For You
14.I Believe You (Inst.)







●アラゴン / アラゴン / ローソンHMVエンタテイメント / JPN / HRLP029 / 2299990211246 / LP / 4,104円(税込)

※LP / 帯付き
Tin Pan Alleyのドラマー、林立夫を中心に、今剛、灘波正司、西松一博、浦田恵司からなる一流のスタジオ・ミュージシャン集団、Aragonのオリジナル・アルバム唯一作。マライア『うたかたの日々』にも通じるエスノ~アンビエントでイマジネイティヴなサウンドは今なお新鮮に響きます。 スタジオ・レコーディングに2年間という破格の制作時間が費やされた本作は、マリンバやラテン・パーカッション、シンセサイザーを全面的に導入したサウンドに、エスノ~ニュー・エイジな趣向を最新のポップ・センスでちりばめたジャパニーズ・エレクトロニック・ウェーヴ名作。フュージョン~ポップスの世界の凄腕ミュージシャンが入念に紡いだドリーミーでデカダンなサウンド・メイキングは30数年前に作られたものとは思えないほど今の時代にフィットします。

ソングリスト
A1.家路
A2.horridula
A3.あやとり
A4.アタタビタタ
B1.手編みの音符
B2.力車
B3.かかし
B4.polaris







●NAT KING COLE / Love Is The Thing / ANALOGUE PRODUCTIONS / AAPP824-45 / 0753088082474 / 2LP / 8,316円(税込)

※2LP / 200g / 45RPM
1957年にリリースされたナット・キング・コールの代表作がマニアから絶大な信頼を得る高音質レーベルAnalogue Productionsからアナログ2LP200g重量盤45回転仕様で登場。

ソングリスト
A1. When I Fall In Love
A2. Stardust
A3. Stay As Sweet As You Are
B1. Where Can I Go Without You?
B2. Maybe It’s Because I Love You Too Much
B3. Love Letters
C1. Ain’t Misbehavin’
C2. I Thought About Marie
C3. At Last
D1. It’s All In The Game
D2. When Sunny Gets Blue
D3. Love Is The Thing







●AYUMI ISHITO / Midnite Cinema / 自主盤 / 0755491130582 / CD / 1,944円(税込)

ブルックリンをベースに活動するサックス奏者 / コンポーザーAyumi Ishitoの2019年作が入荷。
インディ・ロックもコンテンポラリー・ジャズも飲み込んだサウンドながら流行りの80'sシンセ・サウンドをほのかに忍ばせたり、ジョン・ゾーンのようなパワフルなフレーズを盛り込んだりと自身の幅広い音楽知識を「Midnite Cinema」というタイトルからイメージできる雰囲気からぶれずに表現した良質な作品。

Ayumi Ishito - tenor saxophone, celesta
Hajime Yoshida - electric and acoustic guitar
Steve Brickman - keyboards, piano, organ, synthesizers
Yoshiki Yamada - electric bass
Carter Bales - drums
Alessandra Levy - vocals

ソングリスト
1.Lost Sheep 06:32
2.Caterpillars
3.Not Today 06:15
4.Eight Steps
5.Clown Ride
6.Antler Velvet
7.Under The Raft
8.Sun House







●HERBIE HANCOCK / Montreux / LEFTFIELD MEDIA / LFM2CD595 / 0823564030296 / CD / 2,160円(税込)

名手ハービー・ハンコックが1997年モントルーでラジオ放送用に演奏した音源がリリース。
ビートルズ「ノルウェイの森」やプリンス、スティービー・ワンダー、ピーター・ガブリエルなどの楽曲を約2時間、CD2枚にわたりハービー・スタイルでたっぷりと収録。
マイケル・ブレッカー、ジョン・スコフィールド、デイブ・ホランド、ジャック・ディジョネット、ドン・アライアスというオール・スターメンバーでの演奏。

ソングリスト
Disc 1
1. New York Minute 23:46
2. Norwegian Wood 10:33
3. Mercy Street 16:36
Disc 2
1. Thieves In The Temple 17:48
2. You've Got It Bad Girl 32:50
3. Love Is Stronger Than Pride 10:44







●WES MONTGOMERY / Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery / WAXTIME IN COLOR / 8436559465946 / LP / 2,700円(税込)

※LP / 180g
1960年録音のウェス・モンゴメリーのセカンド・リーダー作。バッキングをつとめるトミー・フラナガン、ヒース・ブラザースのリズム・セクションのプレイも光る。 盤面は赤。(新譜案内より)

メンバー:
Wes Montgomery, guitar Tommy Flanagan, piano Percy Heath,
bass Albert “Tootie” Heath, drumsReeves Sound Studios, New York,
January 26 (A1, A2, A4 & B1)& January 28 (A3 & B2-B4), 1960.
Original Sessions Recorded by Jack Higgins & Produced by Orrin Keepnews.

ソングリスト
A1.Airegin 4:28 (Sonny Rollins)
A2.D-Natural Blues 5:22 (Wes Montgomery)
A3.Polka Dots And Moonbeams 4:42 (Johnny Burke-Jimmy Van Heusen)
A4.Four On Six 6:15 (Wes Montgomery)
B1.West Coast Blues 7:23 (Wes Montgomery)
B2.In Your Own Sweet Way 4:53 (Dave Brubeck)
B3.Mr. Walker 4:32 (Wes Montgomery)
B4.Gone With The Wind 6:20 (Allie Wrubel-Herbert Magidson)







●STAN GETZ / Stan Getz '57 / MATCHBALL RECORDS / 8436569190586 / LP / 2,268円(税込)

※LP
オリジナルは1957年にVerveレーベルに残した「Stan Getz '57」(MGV-8029) より。1953年の録音ですが、タイトルは発売された57年になっている不思議なアルバムです。同じセッションからの1曲がボーナストラックとして収録されています。

ジャケット写真はポール・ホエフラー(Paul Hoeffer) によるもの。アート・ブレーキー、モーニンのジャケット写真でも有名なジャズ写真家。

メンバー:"Stan Getz (ts), Bob Brookmeyer (v-tb), John Williams (p),
Teddy Kotick (b), Frank Isola (ds)
All Tracks Recorded In Los Angeles, California.
A1, A2, A4 & B3: July 27, 1953.
B1-B2: August 15, 1953.
A3: August 22, 1953."

ソングリスト
A1. Love And The Weather 6:33
A2. Spring Is Here 6:09
A3. Pot Luck 3:54
A4. Crazy Rhythm 5:51
B1. Fascinatin’ Rhythm 8:03
B2. Minor Blues 7:04
B3. It Don’t Mean A Thing 6:21





★ブルーノート創立80周年記念 ブルーノート・ザ・80ワークス★

《シリーズの特長》
・高音質UHQ-CD仕様
・オリジナルLPライナーノーツの日本語訳付
・新規ミニ・ライナーノーツ付
・ウェブサイト「BLUE NOTE CLUB」(https://bluenote-club.com/) の特別コンテンツへアクセス可能なシリアルコード封入

THELONIOUS MONK / セロニアス・モンク / GENIUS OF MODERN MUSIC. VOL. 2 / ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol. 2 +10
●セロニアス・モンク / ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol. 2 +10 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9456 / 4988031324028 / UHQCD / 1,944円(税込)

ブルーノート総帥アルフレッド・ライオンは、既成のスタンダードとは異なるセロニアス・モンクの音楽に魅せられ、6回のセッションを実施した。本作『Vol. 2』の収録曲は、初回を除く残り5回の録音の中からピックアップ。有名な「ストレイト・ノー・チェイサー」、「モンクス・ムード」の初吹込みを含む。ケニー・ドーハム、ルー・ドナルドソン参加のクインテットにも注目。アンサンブルが、ユニークなモンク・ワールドを具現化する。

録音年 1947年10月15日、24日、11月21日、1951年7月23日、1952年5月30日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 セロニアス・モンク(p) ケニー・ドーハム(tp) ルー・ドナルドソン、サヒブ・シハブ、ダニー・ケベック・ウェスト(as) ラッキー・トンプソン(ts) ミルト・ジャクソン(vib) ジーン・ラミー(b) アート・ブレイキー、マックス・ローチ(ds)他

ソングリスト
1.キャロライナ・ムーン
2.ホーニン・イン
3.スキッピー
4.レッツ・クール・ワン
5.サバーバン・アイズ
6.イヴォンス
7.ストレイト・ノー・チェイサー
8.フォア・イン・ワン
9.ナイス・ワーク
10.モンクス・ムード
11.フー・ノウズ
12.アスク・ミー・ナウ
13.サバーバン・アイズ (別テイク)
14.イヴォンス (別テイク)
15.ナイス・ワーク (別テイク)
16.フー・ノウズ (別テイク)
17.アスク・ミー・ナウ (別テイク)
18.シックスティーン (ファースト・テイク)
19.シックスティーン (セカンド・テイク)
20.アイル・フォロー・ユー
21.ホーニン・イン (別テイク)
22.スキッピー (別テイク)




●バド・パウエル / ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol. 1 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9453 / 4988031323991 / UHQCD / 1,944円(税込)

ブルーノートに記録された偉大なる“ジ・アメイジング~”シリーズ、全5作のうち、最初の2セッション(49年、51年)を完全収録。“モダン・ジャズ・ピアノの父”バド・パウエルの絶頂期の演奏が聴ける。トリオ演奏は冒頭の「ウン・ポコ・ロコ」3連発が凄い。マックス・ローチが叩き出すラテン・ビートにパウエルが挑みかかる。クインテット演奏では、夭逝の天才ファッツ・ナヴァロと火花を散らす。ソニー・ロリンズ(18歳)の参加も貴重。

録音年 1949年8月9日、1951年5月1日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 バド・パウエル(p) ファッツ・ナヴァロ(tp) ソニー・ロリンズ(ts) カーリー・ラッセル、トミー・ポッター(b) マックス・ローチ、ロイ・ヘインズ(ds)

ソングリスト
1.ウン・ポコ・ローコ (別テイク1)
2.ウン・ポコ・ローコ (テイク2)
3.ウン・ポコ・ローコ
4.異教徒たちの踊り
5.52丁目のテーマ
6.イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー (別テイク)
7.チュニジアの夜 (別テイク)
8.チュニジアの夜
9.ウェイル
10.オーニソロジー
11.バウンシング・ウィズ・バド
12.パリジャン・ソロフェア
13.バウンシング・ウィズ・バド (別テイク)
14.バウンシング・ウィズ・バド (別テイク)
15.ウェイル (別テイク)
16.異教徒たちの踊り (別テイク)
17.ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
18.オーニソロジー (別テイク)
19.虹の彼方に
20.イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー (別テイク)



●バド・パウエル / ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol. 2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9454 / 4988031324004 / UHQCD / 1,944円(税込)

本CD『Vol. 2』は、1953年録音のトリオ演奏全曲を録音順に並び直して収録。(オリジナル盤の51年録音曲は『Vol. 1』に収録)。前回のブルーノート・セッションの後、体調を崩し長期療養していたバド・パウエルは、約1年半ぶりに活動再開。バードランドやマッセイ・ホールのライヴなどを経て、スタジオへ復帰した。彼の美意識が際立つ「ニューヨークの秋」、クラシカルな組曲風の「グラス・エンクロージャー」などが聴きどころ。

録音年 1953年8月14日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 バド・パウエル(p) ジョージ・デュヴィヴィエ(b) アート・テイラー(ds)

ソングリスト
1.ニューヨークの秋
2.リーツ・アンド・アイ
3.シュア・シング
4.カラード・グリーン・アンド・ブラック・アイ・ピーズ
5.ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス
6.アイ・ウォント・トゥ・ビー・ハッピー
7.オードリー
8.グラス・エンクロージャー
9.アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン
10.ニューヨークの秋 (別テイク1) (Alternate Take #1)
11.ニューヨークの秋 (別テイク2) (Alternate Take #2)
12.リーツ・アンド・アイ (別テイク1) (Alternate Take #1)
13.リーツ・アンド・アイ (別テイク2) (Alternate Take #2)
14.シュア・シング (別テイク) (Alternate Take)
15.カラード・グリーン・アンド・ブラック・アイ・ピーズ (別テイク) (Alternate Take)



●ホレス・シルバー / ホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9462 / 4988031324080 / UHQCD / 1,944円(税込)

ファンキー・ジャズの元祖というべきホレス・シルヴァー初期の名作。最初10インチで世に出た『ホレス・シルヴァー・クインテット』と『同Vol. 2』をまとめたもの。後に本作のメンバーが、初代ジャズ・メッセンジャーズとして活動を始めたため、12インチ化される時にこのアルバム・タイトルに改められた。収録曲は1曲を除き全てシルヴァーのオリジナル。ゴスペル・テイストのキャッチーな「ザ・プリーチャー」が当時大ヒットした。

録音年 1954年11月13日、1955年2月6日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ホレス・シルヴァー(p) ケニー・ドーハム(tp) ハンク・モブレー(ts) ダグ・ワトキンス(b) アート・ブレイキー(ds)

ソングリスト
1.ルーム608
2.クリーピン・イン
3.ストップ・タイム
4.トゥ・フーム・イット・メイ・コンサーン
5.ヒッピー
6.ザ・プリーチャー
7.ハンカリン
8.ドゥードリン




●ジミー・スミス / ザ・チャンプ +1 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9467 / 4988031324134 / UHQCD / 1,944円(税込)

ハーレムのジャズ・クラブに出演していたジミー・スミスは、アルフレッド・ライオンに見出され、ブルーノートに初リーダー作を録音。本作はその2か月後に吹き込まれた第2弾である。その後もスミスは、矢継ぎ早にアルバムを発表。ブルーノートの看板アーティストとなっていく。タイトル曲はディジー・ガレスピー作のビバップの名曲。スミスはオリジナルよりも速いテンポで、ひたすら激しく弾きまくる。まるで嵐のような演奏だ。

録音年 1956年3月27日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ジミー・スミス(org) ソーネル・シュワルツ(b) ドナルド・ベイリー(ds)

ソングリスト
1.ザ・チャンプ
2.バイユー
3.ディープ・パープル
4.ヴァーモントの月
5.レディ・ン・エイブル
6.トルコ石
7.バビス
8.風と共に去りぬ




●アート・ブレイキー / バードランドの夜 Vol. 2 +2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9461 / 4988031324073 / UHQCD / 1,944円(税込)

“ハード・バップ誕生の夜”と呼ばれた伝説の名セッションの第2集。アート・ブレイキー・クインテットは、後に結成されるジャズ・メッセンジャーズの母体となったグループ。本作ではJ.J.ジョンソンとレオ・パーカー作「ウィー・ドット」、チャーリー・パーカーの代表曲「ナウズ・ザ・タイム」、「コンファメーション」で、各自が勢いあるプレイを聴かせる。ルー・ドナルドソンが堂々としたソロを取る「イフ・アイ・ハッド・ユー」もいい。

録音年 1954年2月21日
録音場所 ニューヨーク、バードランド
録音方式 ライヴ
演奏者 アート・ブレイキー(ds) クリフォード・ブラウン(tp) ルー・ドナルドソン(as) ホレス・シルヴァー(p) カーリー・ラッセル(b)

ソングリスト
1.ウィー・ドット (Live)
2.イフ・アイ・ハッド・ユー (Live)
3.クイックシルヴァー (別テイク)
4.ナウズ・ザ・タイム (Live)
5.コンファメーション (Live)
6.今宵の君は (Live At Birdland, New York/1954)
7.ルーズ・ブルース (Live)




●ユタ・ヒップ / ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol. 2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9469 / 4988031324158 / UHQCD / 1,944円(税込)

ドイツ出身の女流ピアニスト、ユタ・ヒップは、評論家のレナード・フェザーに見出された。ブルーノートのバックアップもありNYへ進出するが、同レーベルから発売されたのは、ドイツ録音の10インチ、ヒッコリー・ハウスでのライヴ盤2枚、ズート・シムズとの共演盤だけ。彼女は最後の録音の後、引退してしまう。本作にはライヴ盤2枚を通じて唯一の自作「ホレーショ」を収録。影響を受けたホレス・シルヴァーに捧げたナンバーだ。

録音年 1956年4月5日
録音場所 ニューヨーク、ヒッコリー・ハウス
録音方法 ライヴ
演奏者 ユタ・ヒップ(p) ピーター・インド(b) エド・シグペン(ds)

ソングリスト
1.風と共に去りぬ (Live)
2.アフター・アワーズ (Live)
3.ザ・スカーラル (Live)
4.ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン (Live)
5.ホレーショ (Live)
6.アイ・マリード・アン・エンジェル (Live)
7.ヴァーモントの月 (Live)
8.スター・アイズ (Live)
9.イフ・アイ・ハッド・ユー (Live)
10.マイ・ハート・ストゥッド・スティル (Live)




●ハービー・ニコルス / ハービー・ニコルス・トリオ / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9470 / 4988031324165 / UHQCD / 1,944円(税込)

異才セロニアス・モンクの論文を発表するほどの信望者だったハービー・ニコルス。彼のピアノ・サウンドもまた独特だ。ニコルスは近現代のクラシック作曲家が用いた斬新な和声感覚をジャズに持ち込む。だがその先鋭的な音楽は全く売れず、再評価の機運が高まったのは、死後数十年を経てからだ。本作には彼の重要な楽曲が並ぶ。「レディ・シングス・ザ・ブルース」は、ビリー・ホリデイが気に入り自ら歌詞を付けたことでも知られる。

録音年 1955年8月1日、7日、1956年4月19日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ハービー・ニコルス(p) アル・マッキボン、テディ・コティック(b) マックス・ローチ(ds)

ソングリスト
1.ザ・ギグ
2.ハウス・パーティ・スターティング
3.チット・チャッティング
4.ザ・レディ・シングス・ザ・ブルース
5.舞踏の女神
6.スピニング・ソング
7.クェアリー
8.ワイルドフラワー
9.ハングオーヴァー・トライアングル
10.マイン



●セロニアス・モンク / ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol. 1 +3 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9455 / 4988031324011 / UHQCD / 1,944円(税込)

“バップの高僧”と呼ばれた孤高の天才セロニアス・モンクが、ブルーノートに残したジャズ史に輝く歴史的遺産。本CD収録曲は、初リーダー録音2曲を含む40年代後半の4種のセッションからのもので、代表的オリジナルの「ラウンド・ミッドナイト」、「エピストロフィー」、「ルビー・マイ・ディア」などが並んでいる。斬新なハーモニー・センス、独自のリズム感覚を持つ特異な作風が、キャリア初期の段階で完成されていたことに驚く。

録音年 1947年10月15日、24日、11月21日、1948年7月2日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 セロニアス・モンク(p) ジョージ・テイト、イドリース・スリーマン(tp) サヒブ・シハブ、ダニー・ケベック・ウェスト(as) ビリー・スミス(ts) ミルト・ジャクソン(vib) ジーン・ラミー(b) アート・ブレイキー(ds)他

ソングリスト
1.ラウンド・ミッドナイト
2.オフ・マイナー
3.ルビー・マイ・ディア
4.アイ・ミーン・ユー
5.パリの四月
6.イン・ウォークト・バド
7.セロニアス
8.エピストロフィー
9.ミステリオーソ
10.ウェル・ユー・ニードント
11.イントロスペクション
12.ハンフ
13.ルビー・マイ・ディア (別テイク)
14.パリの四月 (別テイク)
15.ウェル・ユー・ニードント (別テイク)



●ケニー・ドリュー / イントロデューシング・ザ・ケニー・ドリュー・トリオ / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9458 / 4988031324042 / UHQCD / 1,944円(税込)

ブルーノートの総帥アルフレッド・ライオンが有望な新人を発掘し世に送り出した「New Faces-New Sounds」シリーズの一枚で、ケニー・ドリューにとって初リーダー作品。ここで聴ける20代半ばのドリューが素晴らしい。「イエスタデイズ」、「恋人よ我に帰れ」の超高速ソロは、全盛期のバド・パウエルのような迫力を思わせる。カーリー・ラッセル、アート・ブレイキーとは、当時在籍していたバディ・デフランコ・グループでも共演。

録音年 1953年4月16日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 ケニー・ドリュー(p) カーリー・ラッセル(b) アート・ブレイキー(ds)

《シリーズの特長》
・高音質UHQ-CD仕様
・オリジナルLPライナーノーツの日本語訳付
・新規ミニ・ライナーノーツ付
・ウェブサイト「BLUE NOTE CLUB」(https://bluenote-club.com/) の特別コンテンツへアクセス可能なシリアルコード封入

ソングリスト
1.イエスタデイズ
2.星影のステラ
3.グロリア
4.ビー・マイ・ラヴ
5.ラヴァー・カム・バック・トゥ・ミー (20 Bit Mastering)
6.エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー
7.春の如く
8.ドリューズ・ブルース




●アート・ブレイキー / バードランドの夜 Vol. 1 +2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9460 / 4988031324066 / UHQCD / 1,944円(税込)

1954年2月、NYのバードランドで行われたステージは、“ハード・バップ誕生の夜”と呼ばれる伝説のセッションとなった。これはその模様を記録したブルーノート最初の実況録音盤。アート・ブレイキー・クインテットは、後に結成されるジャズ・メッセンジャーズの母体となったグループ。なかでも司会者が“トランペット・センセーション”と紹介するクリフォード・ブラウンのプレイが鮮烈。ホレス・シルヴァー提供のオリジナルも素晴らしい。

録音年 1954年2月21日
録音場所 ニューヨーク、バードランド
録音方式 ライヴ
演奏者 アート・ブレイキー(ds) クリフォード・ブラウン(tp) ルー・ドナルドソン(as) ホレス・シルヴァー(p) カーリー・ラッセル(b)

《シリーズの特長》
・高音質UHQ-CD仕様
・オリジナルLPライナーノーツの日本語訳付
・新規ミニ・ライナーノーツ付
・ウェブサイト「BLUE NOTE CLUB」(https://bluenote-club.com/) の特別コンテンツへアクセス可能なシリアルコード封入

ソングリスト
1.イントロデューシング by ピー・ウィー・マーケット (Live)
2.スプリット・キック (Live)
3.ワンス・イン・ア・ホワイル (Live)
4.クイックシルヴァー (Live)
5.チュニジアの夜 (Live)
6.メイリー (Live)
7.ウィー・ドット (別テイク)
8.ブルース (Live)




●ハンク・モブレー / ハンク・モブレー・カルテット / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9464 / 4988031324103 / UHQCD /1,944円(税込)

アート・ブレイキーとホレス・シルヴァーが結成したジャズ・メッセンジャーズ(JM)のメンバーとなったハンク・モブレーの初リーダー作。当時のJMの仲間をバックに、ワンホーンで歌心溢れるソロを披露する。1曲を除きモブレーのオリジナルで構成。作曲家としての才も光る。なかでも哀愁のメロディを持つ「アヴィラ・アンド・テキーラ」の人気が高い。ブレイキーのスティックさばきも見事。同曲は同年JMのライヴ盤でも再演される。

録音年 1955年3月27日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ハンク・モブレー(ts) ホレス・シルヴァー(p) ダグ・ワトキンス(b) アート・ブレイキー(ds)

ソングリスト
1.ハンクス・プランク
2.マイ・シン
3.アヴィーラ・アンド・テキーラ
4.ウォーキン・ザ・フェンス
5.ラヴ・フォー・セール
6.ジャスト・クーリン



●ケニー・ドーハム / アフロ・キューバン +2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9463 / 4988031324097 / UHQCD / 1,944円(税込)

ラテン音楽とジャズが融合したアフロ・キューバン・ジャズを代表する名作。「アフロディジア」は80年代にロンドンのクラブDJに再発見され、ダンス・ミュージックのキラー・チューンとなった。後にケニー・ドーハムも参加するジャズ・メッセンジャーズの面々が、ラテン・パーカッションと華麗に競演。コンガとドラムの強烈なビートが、聴き手の高揚感を煽っていく。名曲「マイナーズ・ホリデイ」の初演(2テイク)にも注目。

録音年 1955年1月30日、3月29日
録音場所 ニュージャージー
演奏者 ケニー・ドーハム(tp) J.J.ジョンソン(tb) ハンク・モブレー(ts) セシル・ペイン(bs) ホレス・シルヴァー(p) オスカー・ペティフォード、パーシー・ヒース(b) アート・ブレイキー(ds) カルロス“パタート“バルデス(cga) リッチー・ゴールドバーグ(cowbell)

ソングリスト
1.アフロディジア
2.ロータス・フラワー
3.マイナーズ・ホリデイ
4.バシュアーズ・ドリーム
5.K.D.ズ・モーション
6.ザ・ヴィラ
7.ヴェニターズ・ダンス
8.エコー・オブ・スプリング(K.D.ズ・キャブ・ライド)
9.マイナーズ・ホリディ (別テイク)




●アート・ブレイキー / カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ Vol. 1 +3 / ユニバーサルミュージック / JPN / UHQCD / UCCQ9465 / 4988031324110 / UHQCD / 1,944円(税込)

ハード・バップ草創期に登場したジャズ・メッセンジャーズが、その名を冠した最初の記録。バンドを率いるアート・ブレイキー、ホレス・シルヴァー以下、各楽器のトップ・アーティストが屈指のパフォーマンスを展開。注目は8か月前にケニー・ドーハムの『アフロ・キューバン』で初演した「マイナーズ・ホリデイ」の再演。テンポが速くなり、ライヴならではの熱いソロ・リレーが続く。後半のブレイキーとドーハムの掛け合いも凄い。

録音年 1955年11月23日
録音場所 ニューヨーク、カフェ・ボヘミア
録音方式 ライヴ
演奏者 アート・ブレイキー(ds) ケニー・ドーハム(tp) ハンク・モブレー(ts) ホレス・シルヴァー(p) ダグ・ワトキンス(b)

ソングリスト
1.アナウンスメント・バイ・アート・ブレイキー (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Rudy Van Gelder Edition/2001)
2.ソフト・ウィンズ (Live At Cafe Bohemia/1955)
3.ザ・テーマ (Live At Cafe Bohemia/1955)
4.マイナーズ・ホリデイ (Live At Cafe Bohemia, New York, U.S.A./1955)
5.アローン・トゥゲザー (Live At Cafe Bohemia/1955)
6.プリンス・アルバート (Live At Cafe Bohemia/1955)
7.レディ・バード
8.ホワッツ・ニュー (Live)
9.ディサイファリング・ザ・メッセージ (Live)



●アート・ブレイキー / カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ Vol. 2 +3 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9466 / 4988031324127 / UHQCD / 1,944円(税込)

ハード・バップ草創期に登場したジャズ・メッセンジャーズが、その名を冠した最初の記録。バンドを率いるアート・ブレイキー、ホレス・シルヴァー以下、各楽器のトップ・アーティストが屈指のパフォーマンスを繰り広げる。『Vol. 2』ではハンク・モブレーのオリジナルが目を引く。白眉は彼のデビュー作でお披露目された「アヴィラ・アンド・テキーラ」。ブレイキーの長いソロで幕を開けるエキサイティングなヴァージョンになっている。

録音年 1955年11月23日
録音場所 ニューヨーク、カフェ・ボヘミア
録音方式 ライヴ
演奏者 アート・ブレイキー(ds) ケニー・ドーハム(tp) ハンク・モブレー(ts) ホレス・シルヴァー(p) ダグ・ワトキンス(b)

ソングリスト
1.アナウンスメント・バイ・アート・ブレイキー (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
2.スポーティン・クラウド (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
3.ライク・サムワン・イン・ラヴ (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
4.イエスタデイズ (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
5.アヴィラ・アンド・テキーラ (Live At Cafe Bohemia, New York; U.S.A/1955; 2001 Remaster)
6.アイ・ウェイテッド・フォー・ユー (Live At Cafe Bohemia, New York, U.S.A./1955; 2001 Remaster)
7.ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
8.ハンクス・シンフォニー (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)
9.風とともに去りぬ (Live At Cafe Bohemia, NY/1955 / Remastered 2001)




●ミルト・ジャクソン / ミルト・ジャクソン +7 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9457 / 4988031324035 / UHQCD / 1,944円(税込)

ミルト・ジャクソンのブルーノート唯一のリーダー・アルバム。じきにMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)を結成する仲間や、ルー・ドナルドソンらが共演。アルバムでは生涯の代表曲「バグス・グルーヴ」、美しいバラード「リリー」が有名。さらにブルーノートに残されたセロニアス・モンクの歴史的セッションの中から、ジャクソンが参加した一部を収録。「エヴィデンス」、「クリス・クロス」、「エロネル」などモンクの代表曲が含まれる。

録音年 1948年7月2日、1951年7月23日、1952年4月7日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 ミルト・ジャクソン(vib) サヒブ・シハブ、ルー・ドナルドソン(as) セロニアス・モンク、ジョン・ルイス(p) パーシー・ヒース(b)、アート・ブレイキー、ケニー・クラーク(ds)他

ソングリスト
1.リリー
2.タヒチ
3.ホワッツ・ニュー
4.バグス・グルーヴ
5.オン・ザ・シーン
6.ウィロー・ウィープ・フォー・ミー
7.クリス・クロス
8.エロネル
9.ミステリオーソ (別テイク)
10.エヴィデンス
11.リリー (別テイク)
12.フォア・イン・ワン
13.ホワッツ・ニュー (別テイク)
14.ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニモア
15.ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニモア (別テイク)
16.クリス・クロス (別テイク)
17.オール・ザ・シングス・ユー・アー
18.アイ・シュッド・ケア (別テイク)
19.アイ・シュッド・ケア (Alternate Take)



●ユタ・ヒップ / ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol. 1 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9468 / 4988031324141 / UHQCD / 1,944円(税込)

評論家のレナード・フェザーがドイツで見出した女流ピアニストのユタ・ヒップは、ブルーノートのバックアップもあってNYへ進出した。52丁目のジャズ・クラブ、ヒッコリー・ハウスのステージを収めたライヴ盤は、彼女のアメリカ初録音となったピアノ・トリオの名品。この街でホレス・シルヴァーの影響を受けたユタは、スウィンギーなプレイヤーへ変身していった。哀愁のメロディの「テイク・ミー・イン・ユア・アームズ」が人気。

録音年 1956年4月5日
録音場所 ニューヨーク、ヒッコリー・ハウス
録音方法 ライヴ
演奏者 ユタ・ヒップ(p) ピーター・インド(b) エド・シグペン(ds)

ソングリスト
1.イントロダクション (Live)
2.テイク・ミー・イン・ユア・アームズ (Live)
3.ディア・オールド・ストックホルム (Live from the Hickory House, New York, U.S.A./1956)
4.ビリーズ・バウンス (Live)
5.四月の思い出 (Live)
6.レディ・バード (Live)
7.マッド・アバウト・ザ・ボーイ (Live)
8.エイント・ミス・ビヘイヴン (Live)
9.ジーズ・フーリッシュ・シングス (Live)
10.ジーパーズ・クリーパーズ (Live)
11.ザ・ムーン・ワズ・イエロー (Live)




●ウィントン・ケリー / ピアノ・インタープリティションズ・バイ・ウィントン・ケリー / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9459 / 4988031324059 / UHQCD / 1,944円(税込)

ウィントン・ケリーが19歳で録音した初リーダー・アルバム。ブルーノートが新人を紹介した「New Faces-New Sounds」シリーズの一枚。ジャマイカ出身のケリーは、ダイナ・ワシントンの伴奏者に抜擢され注目を浴び、その直後本作を吹き込む機会を得た。ミディアム・テンポの「ブルー・ムーン」などでスウィンギーかつ小粋なプレイを聴かせる。スローな「グッドバイ」もロマンティック。小品ながら、後の個性を垣間見ることができる。

録音年 1951年7月25日、8月1日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 ウィントン・ケリー(p) フランクリン・スキート、オスカー・ペティフォード(b) リー・エイブラムス(ds)

ソングリスト
1.チェロキー (Instrumental)
2.クレイジー・ヒー・コールズ・ミー (Instrumental)
3.ブルー・ムーン
4.ボーン・トゥ・ビー・ブルー (Instrumental)
5.ヴァーモントの月 (Instrumental)
6.ゼアル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー (Instrumental)
7.アイヴ・ファウンド・ア・ニュー・ベイビー (Instrumental)
8.グッド・バイ (2nd Take / Instrumental)




●マイルス・デイビス / マイルス・デイヴィス Vol. 1 +3 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9451 / 4988031323977 / UHQCD / 1,944円(税込)

ブルーノート1500番台最初の作品。20代のマイルス・デイヴィスは1952~54年の間、ブルーノートに3回のセッションを記録。本作は52年と53年の録音から収録。前者は先輩ケニー・クラーク、オスカー・ペティフォードと、後輩ジャッキー・マクリーンが参加。「ディア・オールド・ストック・ホルム」、「イエスタデイズ」が有名。アート・ブレイキーとヒース兄弟が加わる後者は、不滅の傑作「テンパス・フュージット」を含む。

録音年 1952年5月9日、1953年4月20日
録音場所 ニューヨーク
演奏者 マイルス・デイヴィス(tp) J.J.ジョンソン(tb) ジャッキー・マクリーン(as) ジミー・ヒース(ts) ギル・コギンズ(p) オスカー・ペティフォード、パーシー・ヒース(b) ケニー・クラーク、アート・ブレイキー(ds)

ソングリスト
1.テンパス・フュージット
2.ケロ
3.エニグマ
4.レイズ・アイディア
5.ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
6.C.T.A. (別テイク) (別テイク)
7.ディア・オールド・ストックホルム
8.チャンス・イット
9.イエスタデイズ
10.ドナ (別テイク) (別テイク)
11.C.T.A.
12.ウディン・ユー (別テイク) (別テイク)
13.チャンス・イット (別テイク)
14.ケロ (別テイク)
15.エニグマ (別テイク)




●マイルス・デイビス / マイルス・デイヴィス Vol. 2 / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCQ9452 / 4988031323984/ UHQCD / 1,944円(税込)

若きマイルス・デイヴィスがブルーノートに残した3セッションから、52年2曲、53年3曲、54年6曲で構成。なかでも最高とされるサード・セッションでは、ホレス・シルヴァー、パーシー・ヒース、アート・ブレイキーのトリオをバックに、美しくかつスリリングなプレイを披露している。中でも「イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド」が素晴らしい。後年の有名な再演(プレスティッジ盤『ワーキン』)とも甲乙つけがたい。

録音年 1952年5月9日、1953年4月20日、ニューヨークにて録音、1954年3月6日、ニュージャージーにて録音

演奏者 マイルス・デイヴィス(tp) J.J.ジョンソン(tb) ジャッキー・マクリーン(as) ジミー・ヒース(ts) ギル・コギンズ、ホレス・シルヴァー(p) オスカー・ペティフォード、パーシー・ヒース(b) ケニー・クラーク、アート・ブレイキー(ds)

ソングリスト
1.テイク・オフ
2.ウェアード
3.ウディン・ユー
4.アイ・ウェイテッド・フォー・ユー
5.レイズ・アイディア (別テイク) (別テイク)
6.ドナ
7.ウェル・ユー・ニードント
8.ザ・リープ
9.レイジー・スーザン
10.テンパス・フュージット (別テイク) (別テイク)
11.イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド







●V.A. / GREATEST BLUE NOTE / ユニバーサルミュージック / JPN / UCCU-1595/6 / 4988031323915 / CD / 2,160円(税込)

最上級の名曲と名演。ブルーノートのすべてがここに。

2019年に創立80周年を迎えた史上最強のジャズ・レーベル、ブルーノートの決定的名曲・名演ばかりを22曲収録。

往年の名演から近年のヒット曲までを網羅。各収録アルバムは全て名盤にして大ベストセラー!

Disc 1にはブルーノート史上に輝く歴史的名盤から9曲を収録。Disc 2にはノラ・ジョーンズやロバート・グラスパーなどの近年のヒット曲からクラブ・シーンで再評価されたメロウ&グルーヴィーなナンバーを収録。ブルーノートの最新版ガイドブック『ブルーノート80ガイドブック』にもリンクした選曲になっています。

アートワークは、昨年の『GREATEST CLASSICS』『GREATEST JAZZ』と同じく、ニューヨーク在住のグラフィックデザイナーTaiji Kurodaが担当。

ソングリスト
Disc 001
1.枯葉
2.ブルー・トレイン
3.モーニン
4.クール・ストラッティン
5.オールド・デヴィル・ムーン (LIVE) (MONO)
6.クレオパトラの夢
7.ザ・サイドワインダー
8.ソング・フォー・マイ・ファーザー
9.処女航海

Disc 002
1.ドント・ノー・ホワイ
2.ヘイ・ローラ
3.アフロ・ブルー (feat.エリカ・バドゥ)
4.トラブル
5.アフロディジア
6.アポイントメント・イン・ガーナ
7.ジェリコの戦い
8.ジェリコの戦い
9.リカード・ボサノヴァ
10.リカード・ボサ・ノヴァ
11.アリゲイター・ブーガルー
12.ミッドナイト・ブルー
13.フィール・ライク・メイキン・ラヴ
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す