【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD・LP】4/12 新入荷一覧! 


●ノラ・ジョーンズ / ビギン・アゲイン / ユニバーサルミュージック / UCCQ-1097 / 4988031325117 / SHM-CD / 2,268円(税込)
●NORAH JONES / BEGIN AGAIN / BLUE NOTE / 7744041 / 0602577440410 / CD / 1,836円(税込)
●NORAH JONES / Begin Again(LP) / BLUE NOTE / 7744040 / 0602577440403 / LP / 3,456円(税込)

★シンガー・ソングライターとして更なる進化を遂げた、2年半ぶりの新作、緊急世界同時発売!

●2016年にアルバム『デイ・ブレイクス』のリリース後、長期に渡るプロモーション、そしてアルバムを引っさげてワールド・ツアーを行なったノラだったが、昨年、ひっそりとスタジオに入り、“songofthemoment”(ソング・オブ・ザ・モーメント) という、何の期待も境界線も持たずに、ただクリエイティヴな道に没頭して音楽を作れるという純粋な喜びを楽しみながら、友人達とほぼ全て即興というセッションを行ない、配信にて昨年夏から4曲をデジタル・オンリーでシングルを次々にリリース。それらは魅惑的なエレクトロニック・サウンド、厳格なアコースティック・フォーク・バラード、オルガンとホーン満載のソウル・ソングまで、様々なジャンルを網羅。

●今作では更に3曲の新曲(M-2,M-5,M-7)を追加した内容で現在先行配信中の新曲「ジャスト・ア・リトル・ビット」は、ノラ自身のプロデュースで、彼女のヴォーカル、ピアノ、オルガンの他に、ブライアン・ブレイドのドラムス、クリストファー・トーマスのベース、デイヴ・ガイのトランペット、レオン・マイケルズのテナー・サックスが堪能できる。

●ノラのクリエイティヴィティを色々な角度から撮影した7枚のスナップ写真のような作品。

CDソングリスト
1.マイ・ハート・イズ・フル
2.ビギン・アゲイン
3.イット・ワズ・ユー
4.ア・ソング・ウィズ・ノー・ネーム
5.アッ・オゥ
6.ウインタータイム
7.ジャスト・ア・リトル・ビット

LPソングリスト
A1.My Heart Is Full,
A2.Begin Again,
A3.It Was You,
A4.A Song With No Name
B1.Uh Oh,
B2.Wintertime,
B3.Just A Little Bit







●BILL FRISELL/THOMAS MORGAN / Epistrophy(2LP) / ECM / 7739824 / 0602577398247 / LP / 6,048円(税込)

※2LP
2017年にリリースされたデュオ・アルバム『Small Town』が大絶賛された現代ミュージック・シーンの重鎮ギタリスト、ビル・フリゼール、そして世代が異なりながらも盟友のベーシスト、トーマス・モーガンによる2016年3月のNYヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ盤がリリース。

本作では『Small Town』で捉えた2人のプレイヤーの親密な音楽交流を再び今度は観客がいる中で再度捉えた名レコーディング。2人の愛するアメリカーナの歌集(「All in Fun」、「Red River Valley」、「ラストダンスは私に」)など詩的な曲の他に、2人がそれぞれよく共演してきたPaul Motianによるコンポジション「Mumbo Jumbo」の別バージョン、さらにビリー・ストレイホーンの「Lush Life」やフランク・シナトラのヒット曲「In The Wee Small Hours Of the Morning」などを見事にとらえ、歌手がいなくても有名な言葉が空中に浮かぶように見えるライヴ。そして アルバム中盤には、モンクのファンキーな「Epistrophy」そして反芻のバラード「Pannonica」。そして、『Small Town』に「Goldfinger」を収録していたように、 ジェームズ・ボンド映画からメロディが豊富なジョン・バリーの「ジェームズ・ボンドは二度死ぬ」のタイトル曲も演奏!
なお、Bill Frisell は2年ぶりにThomas Morganも参加のトリオでの来日公演が決定!2019 6.8 (土), 6.9 (日), 6.10 (月)ブルーノート東京。

ソングリスト
Disc 1
A1. All In Fun
A2. Wildwood Flower / Save The Last Dance For Me
B1. Mumbo Jumbo
B2. You Only Live Twice
Disc 2
A1. Lush Life
A2. Epistrophy
A3. Pannonica
B1. Red River Valley,
B2. In The Wee Small Hours Of The Morning







●ベン・モンダー / デイ・アフター・デイ / SUNNYSIDE / KKE093 / 4909346018075 / CD / 2,890円(税込)
●BEN MONDER / DAY AFTER DAY / SUNNYSIDE / SSC1549 / 0016728154925 / CD / 2,592円(税込)

※2CD / 日本語帯、解説付 / デジパック
90 年代の半ば、NYのシーンで頭角を現し、2016年、ECMでも作品をリリースしたベン・モンダーの最新作品。マーク・ジョンソン・ライト・ブレイン・パトロールへの参加を皮切りに、マリア・シュナイダーのビッグ・バンドでも演奏。リーダー作では、スペイシーなコードが特徴のコンテンポラリー・サウンドから、盟友セオ・ブラックマンとのアンビエント的なサウンド・スケープあり、一方プログレッシヴなロック的サウンドからクラシック的なアプローチまで幅広く、またデヴィッド・ボウイのバック・バンドのメンバーとしてもその名を刻む現代屈指の鬼才といって間違いないでしょう。

本作は、そんなベン・モンダーが数々のカバー・ナンバーに取り組むという注目のプロジェクト。しかも、1枚をソロで構成し、1枚をトリオで構成するという異なるコンセプトも興味尽きないものがあります。どちらも、ベン・モンダーが幼少時から親しんで聞いて大切にしてきたという曲の数々を、楽曲の世界観と対話して、アレンジ。ヘンリー・マンシーニをはじめ、ビル・エヴァンスの演奏でも広く知られる“エミリー”、バカラック、また、ベン・モンダーが大きく影響を受けたというオリビエ・メシアンの楽曲はソロで演奏。浮遊感あふれるコードによって幽玄な空間を生み、詩的なフレージングを交えて美的なサウンド構築を見せる一方、無調的な響きや、対位法的な奏法を見せるなど、現代音楽/ クラシック的なアプローチも見せています。

一方、トリオでの演奏は、バンド・メンバーとのスポンティニアスな演奏を見せる展開。ビートルズ・ナンバーでもある“Long, Long, Long”で、テッド・プアとクールにも切れたインター・プレイを見せる一方、底流には、現代のシーンを象徴するようなモダン・アメリカーナ的なカントリー・サウンドも。また和声の響きも効果的に使ったボブ・ディランの“Just Like A Woman”では哀愁のサウンドを奏でるかと思えば、バッドフィンガーの1971 年のヒット・ナンバー“Day after Day”では、ア
ブストラクトで、プログレッシヴに振り切る演奏も見せてくれます。

原点は、2014 年。Shifting Foundation の助成を得たことによって、この作品に向けて道をさだめたとのことですが、ニューヨークのアパートで数ヶ月にわたってアレンジに取り組んでのプロジェクト。どちらのディスクも、ブルックリンでの録音ながら、目指すサウンドの違いから、Joseph BranciforteとJames Farberというそれぞれのサウンドに長けた2人のエンジニアを迎えているところも注目。現代数々のギタリストが活躍するシーンにおいて、確実に一角を担って、独自の世界を切り拓くベン・モンダー。注目です。

Ben Monder(el-g, ac-g), Matt Brewer(el-b, ac-b Disc 2-M1,2,4,5,6,7), Ted Poor(ds Disc2-M1-7)

ソングリスト
Disc 1
1. Dreamsville (Henry Mancini)
2. Emily (Johnny Mandel/Johnny Mercer)
3. O Sacrum Convivium (Olivier Messiaen)
4. My One And Only Love (Guy Wood/Robert Mellin)
5. The Windows Of The World (Burt Bacharach)
6. Never Let Me Go (Jay Livingston/Ray Evans)
7. The Midnight Sun Will Never Set (Quincy Jones)
Disc 2
1. Galveston (Jimmy Webb)
2. Dust (Danny Kirwan)
3. Long, Long, Long (George Harrison)
4. The Guitar Man (David Gates)
5. Goldfinger (John Barry)
6. Only Yesterday (Richard Carpenter/ John Bettis)
7. Just Like A Woman (Bob Dylan)
8. Day After Day (Pete Ham)







▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す