【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD・LP】 11/16  新入荷一覧! 


●WOODY SHAW / LIVE AT ONKEL PÖ'S CARNEGIE HALL, HAMBURG 1979 1ST SET
輸入CD 2,750円(税込) (JAZZLINE / D77070 / 4049774770708)



ウディ・ショウ、1979年のスリリングなライヴが初作品化!
Carter Jefferson-Onate Allan Gumbs-Stafford James-Victor Lewis
4人が揃ってバックをつとめたのは1979年夏のヨーロッパ・ツアーのみ
近年のウディ・ショウ未発表音源の作品化の中でも貴重な録音!!

ウディ・ショウがクインテットを率いて1979年夏に行ったヨーロッパ・ツアー中、7月にハンブルクのクラブ“Onkel Pö’s Carnegie Hall”で演奏した模様を収めた2枚組。このクラブでのウディ・ショウの演奏は、すでに1982年1月に収録されたアルバムが同じJazzlineからリリースされており、そちらもエキサイティングなパフォーマンスをたっぷり楽しむことができましたが、79年の演奏はさらに充実していてスリリング。メンバーもサックスのカーター・ジェファーソンをはじめ、ウディが最も信頼していたミュージシャンが揃っており、それぞれの長いソロも聴き応え十分の内容となっています。ジェファーソンは、1977年にウディのグループへ加わり、80年前半まで演奏。ピアニストのオナージ・アラン・ガムズは、1977年12月に行われたコロムビア盤『Rosewood』の録音でこのグループに初めて顔を出し、79年夏のヨーロッパ・ツアーまでウディと行動を共にしています。ベース奏者スタッフォード・ジェームスは、1976年春のヨーロッパ・ツアーからウディのグループに参加、1983年までウディを支えてきました。ヴィクター・ルイスは、1974年12月にウディがMuseに録音した『The Moontrane』ですでにプレイしており、その後も、ルイス・ヘイズが参加していた時を除いて1980年までウディのバンドでドラムを叩いています。
そんな4人が揃ってウディのバックをつとめたのは1979年夏のヨーロッパ・ツアーだけであり、このアルバムの登場はとても嬉しい事件だと言えます。このツアーからはこれまで7月6日(このアルバムの前日です!)のイタリアでの演奏と、7月18日に同じハンブルクで開催されたNDRJazz Workshopでの演奏(1曲だけ)しか聴けなかったので、フル・ステージ(これはファースト・ステージなので、いずれセカンドもリリースされるはず!)をじっくり楽しめるCDの登場はウディのファンにとって最高の贈り物となりました。

メンバー:
Woody Shaw(tp, flh), Carter Jefferson(ss, ts), Onaje Allan Gumbs(p), Stafford James(b), Victor Lewis(ds)
Recorded July 7, 1979 at Onkel Pö´s Carnegie Hall, Hamburg, Germany

ソングリスト
Disc 1
1.Some other blues (John Willilam Coltrane) (24:41)
2.All the things you are (Jerome Kern) (22:25)
Disc 2
1.Announcement (1:16)
2.Stepping stone (Herman “Woody” Shaw) (12:09)
3.In a capricornian way (Herman “Woody” Shaw) (14:47)
4.It all comes back to you (Onaje Allan Gumbs) (18:59)





「Esbjörn Svensson Trio e.s.t. e.s.t. live in Gothenburg」の画像検索結果
●e.s.t. / e.s.t. live in Gothenburg 輸入CD 3,190円(税込) (ACT / ACT9046 / 0614427904621)
●e.s.t. / e.s.t. live in Gothenburg 輸入LP 3,190円(税込) (ACT / ACTLP90461 / 0614427904614)

歴史的/決定的瞬間をとらえた衝撃の未発表2001年ライヴ音源!!
スヴェンソン自身もベスト・ライヴの一つと語った演奏の作品化!!
エスビョルン・スヴェンソン・トリオ(e.s.t.)の歴史的/決定的瞬間をとらえた衝撃の未発表ライヴ音源の作品化!!


録音は2001年10月、彼ら3人が生まれた国スウェーデンの第二の都市、イェーテボリのコンサート・ホールにて。
活動初期の1990 年代初めには、ビル・エヴァンス、キース・ジャレット、チック・コリアといったアーティストの影響を受けたアコースティックな演奏を聴かせていたトリオは、1999 年にその後を決定付ける転換的作品『From Gagarin's Point Of View』を発表。従来の詩的な演奏もベースにしながら、ドラムンベース的な要素、サウンドイフェクトを導入したトリオのサウンドは、正に時代を革新するもので、シーンを驚かせたもの。また、2000 年には、『Good Morni ng Susi e Soho』をリリースし、その路線を推進。つまり、本ライヴは、時代を切り拓いていった時期のバンドをとらえたもので、あふれ出るアイディアと、プレイヤーとしての勢いが、生々しく、また高い次元で実を結んだ記録!!!
ライヴは、『From Gagarin's Point Of View』のオープニングを飾ったナンバー“Dating”でスタート。ホールに響き渡るスヴェンソンの美しいハーモニーと曲想からはクラシック音楽/ ブルースも基礎にした伝統にのっとった表現も見え、チック・コリアあたりからの影響力の大きさも。一方、キャッチーなメロディにサウンド・イフェクトを大胆にかぶせる場面あり、プリペアド・ピアノを織り込み、人力テクノ・ビートと、コレクティヴなソロを展開するというエッジの鋭いサウンドを展開する場面あり、超アップテンポで、空間を切り裂いていくような究極のピアノ・ソロあり。のちにロック、エレクトロ・ミュージックもさらに大胆に取り込み発展させていく、これぞ、e.s.t. というべきシンボリックな原点的演奏が炸裂。特に、各々のディスクの最後を飾る“The Wraith”と“Dodge The Dodo”にはスタジオ録音をはるかに超えたライヴだからこその圧巻のパフォーマンスもあります。
実際、エスビョルン・スヴェンソン自身、このライヴを、トリオの演奏の中でベスト・パフォーマンスの一つと常に位置付けていたとのこと。
またこのライヴこそ、“アコースティック・ジャズ・シーンに新しいディレクションをしめし、若いオーディエンスをひきつけ、現在活躍するミュージシャンにも多大な影響を与えることとなったバンドの転換期をとらえた演奏”!!
常にサウンドを進化させ続け、2005 年、名作『Viaticum』をリリースした直後では、24ヶ国100 以上のコンサートで200,000人もの観客を動員した彼ら。2008 年、不慮の死で突然に歴史が止まるまで、ビッグになり続けていきますが、この時期には、新たなものを創造する時の緊迫感とパワーが存在しています。
サウンド・エンジニアは、メンバー3人を支え、4 番目の隠れたメンバーとも言われたAke Li ntonが担当しています。

Music composed by Esbjörn Svensson, except From Gagarin's Point Of View,
Bowling & Dodge The Dodo composed by e.s.t.
Recorded live by Ake Linton 10 October 2001 at Gothenburg Concert Hall

メンバー:Esbjörn Svensson(p), Dan Berglund(b), Magnus Öström(ds)

CD 1
1. Dating (8:15)
2. Somewhere Else Before (8:00)
3. The Rube Thing (11:31)
4. From Gagarin's Point Of View (7:00)
5. The Wraith (10:00)

CD 2
1. Providence (8:50)
2. Good Morning Susie Soho (12:53)
3. The Chapel (8:34)
4. Bowling (12:40)
5. The Second Page (6:00)
6. Dodge The Dodo (12:16)






●Erroll Garner / A Night at the Movies 輸入CD 2,310円(税込) (MACK AVENUE RECORDS / MAC1161 / 0673203116122)

<<1940年代から70年代までの間に残したガーナーの録音に拙演なし>>
エディ・カルホーン(b) ケリー・マーティン(ds)との最良のトリオ!
1964年8月5~19日にMGMへ録音した演奏 + 未発表演奏を加えての注目リリース

1940年代から70年代までの間に残したエロール・ガーナーの録音の中に、拙演はひとつもありません。常に強烈な個性を前面に出し、豪快にスウィングするかと思えば情緒纏綿たるバラード演奏を聴かせてくれるガーナーは、その生涯で数多くの録音を残しており、それらの中にはソロ・ピアノからオーケストラとの共演まで様々な編成によるものが含まれていますが、彼の魅力が最大限に発揮されたのは、何と言ってもベースとドラムを従えたトリオによる演奏でした。特に、1958年3月録音の『Paris Impressions』から1964年11月録音の『Amsterdam Concert』(現在は『Nightconcert』というタイトルのCD でコンプリート化されています)まで、1961年録音の大傑作『Close Up In Swing』など彼の代表作のほとんどを残したエディ・カルホーン(b)、ケリー・マーティン(ds) とのトリオこそ、エロール・ガーナーにとって最良の“vihicle”だったと言えましょう。『Concert By The Sea』の頃のトリオが少々粗削りに聞こえてしまうほど、このカルホーン~マーティンとのトリオは、ぴったりと息が合っているばかりか、ガーナーの創造力を完璧に引き出す“何か”を持っていました。
 これは、そんなトリオが1964年8月5~19日にMGMへ録音したアルバムで、ガーナーが愛した映画から、ビリー・ホリデイの録音でも知られる「I'll Get By」、「Just A Gigolo」といったジャズ・スタンダードとしてお馴染みになっている曲など13曲が演奏されていますが、いずれもガーナーならではの編曲が施され、このトリオにしか出せない深い味わいが滲んでいます。なお14曲目の「You And Me」は、今回のCD化で加えられた未発表演奏。これもまた聴き逃せません。

メンバー:Erroll Garner(p), Eddie Calhoun(b), Kelly Martin(ds)

1. You Made Me Love You (2:29)
2. As Time Goes By (2:52)
3. Sonny Boy (2:03)
4. Charmaine (3:43)
5. I Found A Million Dollar Baby (In A Five And Ten Cent Store) (2:43)
6. I'll Get By (2:48)
7. Three O'Clock In The Morning (3:03)
8. Stella By Starlight (3:03)
9. Jeannine I Dream Of Lilac Time (2:04)
10. Schoner Gigolo (Just A Gigolo) (2:18)
11. How Deep Is The Ocean (3:18)
12. It's Only A Paper Moon (2:38)
13. Newsreel Tag (Paramount On Parade) (0:08)
14.* You And Me (4:08)
(* indicates previously unreleased track)





●Nils Landgren - Michael Wollny - Lars Danielsson - Wolfgang Haffner / 4 Wheel Drive Live 輸入CD 2,530円(税込) (ACT / ACT9895 / 0614427989529)

ニルス・ラングレン、ミヒャエル・ウォルニー
ラーシュ・ダニエルソン、ウォルフガング・ハフナー
ACT でしか実現し得ないドリーム・カルテット“4 Wheel Drive”
白熱のライヴ・レコーディング盤が登場!!

ACTを代表するミュージシャン、ニルス・ラングレン、ミヒャエル・ウォルニー、ラーシュ・ダニエルソン、ウォルフガング・ハフナーによるカルテット作のスタジオ盤『4 Wheel Drive』が2019年3月に発売されてから約1ヶ月後、同メンバーによる2019年4月19日のライヴ・レコーディング盤が登場!
スタジオ盤『4 Wheel Drive』は、メンバーのオリジナルの他、スティング、ビリー・ジョエル、ポール・マッカートニー、フィル・コリンズのカヴァーも収録。発売してからドイツのジャズチャートで4ヶ月連続トップになり、話題となった。
今作は、8曲中7曲が前作にも収録された楽曲。ツアーの最終コンサートの記録ということで、バンドのボルテージも最高潮!スタジオ盤と同じ楽曲でも内容はまるで異なり、より自由なインプロにインタープレイの応酬!白熱のステージが収録されている。
オープニングはバンド名でもある、疾走感あふれる楽曲“4WD”から。スタジオ盤では3分ちょっとだが、今作では10分に及ぶ演奏で、ウォルニーのソロで不穏な雰囲気から始まりじわじわと盛り上がる様子など、ライヴならでは。バンド全体の阿吽の呼吸で広がっていくラングレンのソロも聴き応えあり!また12 分にも及ぶウォルニー作曲の“Polygon”では、
冒頭3分ほどダニエルソンの独奏も聴きもの。そしてテーマからの各ソロも大盛り上がり!また、カヴァー曲“Shadows in the Rain”、“If You Love Somebody Set Them Free”では、スタジオ盤と同様、温かな歌声で定評のあるラングレンのヴォーカルも披露。
ACT でしか実現し得ないドリーム・カルテットによる白熱のライヴ盤!必聴です!

メンバー:Nils Landgren(tb, vo), Michael Wollny(p), Lars Danielsson(b, cello), Wolfgang Haffner(ds)
Recorded live in concert at Theaterhaus Jazztage Stuttgart by Adrian von Ripka, April 19, 2019

1. 4WD (Lars Danielsson) 10:23
2. Lobito (Wolfgang Haffner) 6:13
3. That's All (P. Collins, M. Rutherford & T. Banks) 8:06
4. Shadows In The Rain (Sting) 5:45
5. Polygon (Michael Wollny) 12:31
6. Le chat sur toit (Nils Landgren) 1:52
7. If You Love Somebody Set Them Free (Sting) 6:38
8. Silent Way (Wolfgang Haffner) 4:50





「NGUYEN NE / OVERSEAS」の画像検索結果
●NGUYEN NE / OVERSEAS (CAN) 
輸入CD 2,530円(税込) (ACT / 7987426 / 0614427987426)


ACTの看板アーティスト、ヌエン・レ!ベトナムの伝統楽器に
エレクトロニクスやヒューマンビートボックスなども加わった大作!
ACTの看板アーティスト、ヌエン・レ。ベトナム系フランス人ギタリストで、自身のルーツであるベトナムの伝統音楽とジャズを融合した唯一無二のスタイルを確立し、超個性派として知られる。今作の編成はギター、ヴィブラフォン、トランペット、ドラムなどの現代楽器に、ベトナムの伝統弦楽器、竹製シロフォン、竹製フルート、竹製打楽器、口琴、更にエレクトロニクスや、ヒューマンビートボックスなども加わったユニークな作品。ACTからリリースの『Hà Nội Duo』(2017) で双頭リーダーとして共演した、ベトナム出身の歌手であり伝統弦楽器奏者のンゴ・ホン・クワンが参加。また、ベトナム出身のトランペット奏者クオン・ヴー、人気ベーシスト、クリス・ミン・ドーキーがゲスト参加。
今作は7曲からなる組曲“Overseas Suite”がメインとなっている。この組曲は、フランス発、サーカスを超えた新しいサーカス“ヌーボーシルク”のパフォーマンスの為に作られた楽曲である。
楽曲は全てヌエン・レのオリジナル。エフェクトのかかったボイスによるリズムで始まり、ミニマル的なヴィブラフォン、パーカッションとベースが重なる。フュージョンを思わせるギターのハーモニーから、ベトナムの弦楽器によるメロディで、ヌエン・レの特徴であるベトナムの伝統音楽とジャズを融合したユニークなサウンドに。今作は更にヒューマンビートボックスによるヒップホップ要素が加わり、表現の幅が拡張されている。2曲目はヒップホップと南国感とコンテンポラリー・ジャズが入り混じる独特なナンバー。タイトル曲であり移民をテーマにした壮大な組曲“Overseas Suite”は聴き応えあり!
ギタリストとしてだけでなくオリジナリティ溢れる音楽を創造するヌエン・レによる大作!
メンバー:Nguyên Lê(el-g & bass guitars, electronics),
Ngô Hồng Quang(vocals, dàn nhi fiddle, dàn môi jaws harp, dàn bâu monocorde & dàn tính lute),
Illya Amar(vib, MalletKAT, T’rung bamboo xylophone), Trung Bao(beatbox), Alex Tran(perc, ds)
guest: Lê Thi Van Mai(dàn tranh zither), Nguyên Hoàng Anh(bamboo sáo flute), Minh Dàn Môi(dàn do bamboo percussion), Cuong Vu(tp), Chris Minh Doky(b)
2. People Of The Waterfalls (Nguyên Lê) (5:42)
3. The Offering (Nguyên Lê) (5:49)
4. Tribal Symmetry (Nguyên Lê) (3:34)
Overseas Suite
5. Origin (Nguyên Lê) (2:57)
6. The Quest (Nguyên Lê) (2:31)
7. Square Earth (Nguyên Lê) (3:40)
8. Âu Co, The Mountain Fairy (Nguyên Lê) (3:15)
9. Beat Rice Box (Nguyên Lê) (3:35)
10. In The Warm Rain (Nguyên Lê) (3:30)
11. Year Of The Dog (Nguyên Lê) (2:33)
Mother Goddess
12. Yellow Earth (Nguyên Lê) (3:57)
13. Red Sky (Nguyên Lê) (3:47)






●Snorre Kirk Quartet with Stephen Riley / TANGERINE RHAPSODY 輸入CD 2,530円(税込) (STUNT / STUCD19112 / 0663993191126)
Snorre Kirk(ds)
Magnus Hjort(p)
Anders Fjeldsted(b)
Jan Harbeck(ts #2&3#)
Stephen Riley(ts)
1 Unsentimental 7:45
2 Tangerine Rhapsody 6:50
3 Blues Jump 3:56
4. 4 West Indian Flower 4:51
5 The Nightingale & The Lake 3:51
6 Uptown Swing Theme 5:31
7 Festival Grease 5:19
8 Nocturne 4:09




●Entr'acte / Soigne Ta Droite 輸入CD 2,750円(税込) (audiographicrecords / AGR017 / 2299990909892)

MUSICIANS:

HORNS
Nate Wooley (trumpet)
Mette Rasmussen (alto)
Ken Vandermark (reeds)

STRINGS
Jasper Stadhouders (electric bass & guitar)
Terrie Hessels (guitar)
Joe Williamson (acoustic and electric bass)

PERCUSSION
Elisabeth Harnik (piano)
Steve Heather (drums)
Didi Kern (drums)

TURNTABLES/ELECTRONICS
Dieb13 (Dieter Kovačič)

1.Perpetual Desk (For Ikue Mori) 16:48
2.Foundry (For Richard Serra) 24:38
3.Telegram (For Francis Picabia) 15:21





Cover
●Lex Jasper Trio / Notes from the Netherlands 輸入CD 2,420円(税込) (Challenge Records / CR73498 / 0608917349825)

1.Come Rain Or Come Shine 03:22
2.Soon 03:33
3.Sweet Seventy 02:59
4.Serenata 05:00
5.Take The A-Train 04:32
6.Letter To Alissa 04:19
7.Tangerine 03:23
8.Song For Emil 03:21
9.Slow Boat To China 04:04
10.Willow Weep For Me 04:41
11.I Should Care 03:13
12.My One And Only Love 03:16
13.Don’t Blame Me 03:58
14.The Odd Couple Theme 03:35




●JULIE LONDON / FIVE CLASSIC ALBUMS (2CD) 
輸入CD 880円(税込) (AVID JAZZ / EMSC1356 / 5022810728924)


※2CD

元女優で人気女性ヴォーカリスト、ジュリー・ロンドンの代表作5タイトルを2枚のCDに収めた、お買い得盤が入荷!

ジュリーは、1955年から1968年までLibertyレーベルで20枚以上の作品を残しているが、本作は彼女の全盛期である'55年から'60年までに制作された下記の代表作5タイトルを収録。

1. Julie Is Her Name('55) : Tr 1-13
2. Julie Is Her Name Vol. 2 ('58): Tr 14-25
3. About The Blues' ('57): Tr 26-32、Tr 1-5
4. Julie…At Home ('60): Tr 6-17
5. Around Midnight ('60): Tr 18-29

ソングリスト
Disc 1
1. Cry Me A River
2. I Should Care
3. I’m In The Mood For Love
4. I’m Glad There Is You
5. Can’t Help Lovin’ That Man
6. I Love You
7. Say It Isn’t So
8. It Never Entered My Mind
9. Easy Street
10. S’Wonderful
11. No Moon At All
12. Laura
13. Gone With The Wind
14. Blue Moon
15. What Is This Thing Called Love
16. How Long Has This Been Going On
17. Too Good To Be True
18. Spring Is Here
19. Goody Goody
20. The One I Love Belongs To Somebody Else
21. If I’m Lucky
22. Hot Toddy
23. Little White Lies
24. I Guess I’ll Have To Change My Plan
25. I Got Lost In His Arms
26. Basin Street Blues
27. I Gotta Right To Sing The Blues
28. A Nightingale Can Sing The Blues
29. Get Set For The Blues
30. Invitation To The Blues
31. Bye, Bye Blues





●JOHN HANDY / THREE CLASSIC ALBUMS PLUS (2CD) 
輸入CD 880円(税込) (AVID JAZZ / EMSC1357 / 5022810729020)


※2CD

伝説的なアルトサックス奏者、ジョン・ハンディの代表作3タイトル+αを2枚のCDに収めた、お買い得盤が入荷!

ジョン・ハンディ(as)は、1959年から1996年までに約20のリーダ作品を残しているが、本作は'59年から'62年までにRouletteで制作された代表作3タイトルに加えてC・ミンガス・バンドに参加時の「Mingus Ah Hum」から8トラックを収録。

1. In The Vernacular('59): CD1-tr1-8
2. Jazz('62): CD1-tr9-14
3. No Coast Jazz('60): CD2-tr1-6
4. Carles Mingus - Mingus Ah Hum: CD2-tr9-14

ソングリスト
Disc 1
1. I’ll Close My Eyes
2. First Time
3. Suggested Line
4. Problem Too
5. Quote, Unquote
6. Blues In The Vernacular
7. Dance To The Lady
8. I’ll Never Smile Again
9. From Bird
10. Blues For M.F.
11. East Of The Sun (West Of The Moon)
12. No Smiles Please
13. Strugglin’
14. Afternoon Outing
Disc 2
1. To Randy
2. Tales Of Paradise
3. Boo’s Ups And Downs
4. Hi Number
5. Prettyside Avenue
6. No Coast
7. Better Git It In Your Soul from Mingus Ah Hum
8. Goodbye Pork Pie Hat from Mingus Ah Hum
9. Boogie Stop Shuffle from Mingus Ah Hum
10. Self-Portrait In Three Colors from Mingus Ah Hum
11. Bird Calls from Mingus Ah Hum
12. Fables Of Faubus from Mingus Ah Hum
13. Pussy Cat Dues from Mingus Ah Hum
14. Jelly Roll from Mingus Ah Hum







●HOZAN YAMAMOTO / BEAUTIFUL BAMBOO-FLUTE 
輸入CD 2,200円(税込) (MR.BONGO / MRBCD214 / 7119691261324)


※デジパック

1971年日本フォノグラムから発売された作品。CDは一度ユニバーサルからCD化された。 (LPのリイシューは初と思われる)
日本の民謡を山本邦山ならではの解釈で原信夫とシャープス・アンド・フラッツの重厚なアレンジが光るこれぞイージー・リスニング・ジャズの極み!!ロック・ビートのこきりこ節、グルーブ感あるハードな安来節、ワルツ風の佐渡おけさ、他これは今聴いても斬新な作品だ。

【参加メンバー / 楽器】
山本邦山(HOZAN YAMAMOTO) -  尺八
原信夫とシャープス・アンド・フラッツ

ソングリスト
1.こきりこ節 = Kokiriko Bushi 4:03
2.佐渡おけさ = Sado Okesa 3:50
3.大漁唄い込み = Tairyo Utaikomi 3:12
4.相馬盆唄 = Soma Bon-Uta 2:52
5.小諸馬子唄 = Komoro Mago-Uta 3:02
6.南部牛追唄 = Nanbu Ushioi-Uta 3:42
7.五つ木の子守唄 = Itsuki No Komori-Uta 4:31
8.ひえつき節 = Hietsuki-Bushi 4:04
9.安来節 = Yasuki-Bushi 3:33
10.よさこい節 = Yosakoi-Bushi 4:02
11.黒田節 = Kuroda-Bushi 4:21





●Ben van Gelder & Reinier Baas / Mokum In Hi​-​Fi 輸入CD 2,640円(税込) (DOYOUMIND? / DYM?R001 / 0680596932307)


1.Deo Volente 04:10
2.Palace 09:00
3.Aquatics 03:59
4.Charles 04:46
5.Moderato 04:53
6.Silver / Grey 08:03
7.Pieternella 01:20
8.Aquatics (Revisited) 03:09

▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す