【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD・LP】 11/20  新入荷一覧! 


●JAMES SHERLOCK / SHERLOCK HANLON DUO
輸入CD 2,200円(税込) (自主制作 / DUO / 0192914475224)



※デジパック
ギター×ベースデュオの濃密な演奏!!これはたまりません・・・
これからジャズ・ギターを聴いてみたい、ジャズの醍醐味を味わいたいという方にも大推薦です。
携帯の電源は切っておいて、じっくりと腰を据えてどうぞ。
ヴォーカリスト、ヘティ・ケイトの作品に参加しているオーストラリアのモダン・ジャズ・ギタリスト、ジェームズ・シャーロックとベーシスト、ベン・ハンロンとのデュオ作品。
エバンスのインタープレイ、ジミー・ロウルズのザ・ピーコックス、ソニー・ロリンズのヴァルス・ホット、ジョージ・ウォーリントンのゴッドチャイルド、ポリスのラップド・アラウンド・ユア・フィンガー他どの曲も濃密な演奏で、じっくり腰を据えて聴かないとなかなか良さが伝わらないだろう。もともとクラシック・ギターからスタートしておりクラシカルな表現も随所で垣間見れる。

James Sherlock(g)
Ben Hanlon(b)

ソングリスト
1.Interplay 04:22
2.Nocturne in F Minor, Op 55, No 1 05:06
3.Meditation from Thais 08:07
4.Parker 51 04:30
5.Standchen 04:41
6.The Peacocks 09:31
7.Valse Hot 02:10
8.God Child 03:50
9.Wrapped Around Your Finger 06:05
10.If I Didn't Care 05:40







●ALVARADO - KOIVISTOINEN - TUOMARILA / ALMA (UK)
輸入CD 2,530円(税込) (SVART RECORDS / 5588023 / 6430065588023)




Martin Alvarado vocal
Eero Koivistoinen sax
Aleksi Tuomarila piano
La Perra Vida
Uno
Te Amaré
La Boca
Apareciste Tú
Nunca
No Soy Más Quien Fui
Estrellas Sobre El Mar
El Viejo Almacén
Pura
Volver





●HETTY KATE へティー・ケイト / UNDER PARIS SKIES
輸入CD 2,200円(税込) (LISEZ L' ETIQUETTE RECORDS / HKCDUPS19 / 9324690172252)



※デジパックイギリス出身ヴォーカリストの最新作。過去にオーストラリアのABCから作品を発売、JAZZ PERSPECTIVE vol.10で表紙を飾りご存知の方も多いはず。1950年代の雰囲気を残しつつドラム・レスでしっとり歌い上げる歌唱は魅力的。ペギー・リー、ジュリー・ロンドンあたりがお好きな方にハマるかもしれない。現在はパリを中心に活動しており今回スタンダーズに加えフランスに因んだ曲も取り上げている。

2019年10月15日、パリ、英国とオーストラリア育ちのジャズボーカリスト、Hetty Kate(ヘティ・ケイト)が新アルバム「Under Paris Skies 」をリリースすることを発表。
アメリカの名曲の数々からインスパイアされ、慎重に作り上げられたメロディと歌詞で構成されおり、このアルバムからケイトが過ごしたパリでの1年間を垣間みることが出来ます。

レコーディングは、オーストラリアでの「Under Paris Skies 」ツアーの合間の2年間に行われ、彼女は、住み慣れた街から離れて過ごす事で感情を浄化させ、メルボルンの旧知のアーティスト達とアルバムを作り上げています。今回のアルバムには、長年コラボレーションしてきたギタリストの James Sherlock (ジェームス・シャーロック) とベーシストのBen Hanlon (ベン・ハンロン) が参加。新アルバムの発表は、2014年にリリースされたアルバム「Dim All the Lights 」(ABC Jazz/Universal) の成功に続くものです。

ケイトはオーストラリアのジャズシーンで10年以上活躍し、2009年からアルバムをリリース。彼女の主な活動の舞台は、クラブハウス、コンサートホール、スイングバンドやシンフォニーとのツアーなど、ニュージーランドからニューヨークまで多岐に渡る。
また、オーストラリアのジャズ界の巨匠、James Morrison(ジェームス・モリソン)のボーカリストとして4年以上活動。
ステージでの彼女のカリスマ的な存在感、自然な音楽性と明瞭な声色で、ミュージシャンとして確固たる地位を築いた。

以下は、このプロジェクトに関するケイト自身のコメント
「私は、2017年1月にメルボルンからパリへ引っ越しました。なんだか分からないけれど、自分の中で良いタイミングのような気がしましたし、正しい選択のように感じました。単身でのパリへの引っ越しは、私にとって一つの最高の出来事であると同時に挑戦でもありました。私はスタンダードを歌うのが大好きで、パリへ引っ越す前後とその最中の無数の感情を表現したこれらの曲を選びました。新しい事を試すために、何もない状態でフランスへ転がり込んで、愛する人々や慣れ親しんだ物から離れました。その過程は、勇気や希望と驚きで満ち溢れていたけれど、何度も心が砕けたり、恋に落ちたりもしました。時に距離は、物事の本質を見る事を可能にしたり、心を強くしたりするものです。曲の多くが、私に優しくしてくれたりインスピレーションを与えてくれた友人達へ向けたものだったり、フランスやオーストラリ
アに滞在中に会いたいと感じた友人達を想って書いた曲です。だから、これはラブソングを収めたアルバムとも言えます。二つの都市、新旧の友人達、勇敢でいること…。このアルバムは、パリの大通りを曲がりくねりながら進んで、今この到着地点へ辿り着きました。どうぞ、お楽しみ下さい。」

2017年よりフランスのパリをベースに活動。世界中でツアーを行い、年に二回はオーストラリアとニュージーランドを訪問。ジェームス・モリソンの受賞歴のあるシンフォニックコンサート「The A to Z of Jazz 」にボーカリストとして参加、香港、チェコ共和国、ニュージーランド、オーストラリアで舞台に立つ。フランスでは、the Amazing Keystone BigBand の「West Side Story」コンサートツアーにマリア役で参加。また、Eric McCusker (エリック・マッカスカー)の著名なミュージカル「Ava at the End of the World」にエヴァ・ガードナー役で出演。
「Under Paris Skies 」2019年11月1日に世界中へ向けリリース。2019年と2020年にツアー予定。

Personnel:
Hetty Kate (vo)
James Sherlock (g)
Ben Hanlon (b)

ソングリスト
1.Azure-Te (Paris Blues) (Davis / Wolf 1952) 2:54
2.On The Street Where You Live (Lerner / Loewe 1956) 6:38
3.Once Upon A Summertime (Legrand / Barclay / Mercer 1956) 2:37
4.Get Out Of Town (Porter 1938) 3:11
5.If You Could See Me Now (Dameron / Sigman 1946) 3:27
6.Darling, Je Vous Aime Beaucoup (Sosenko 1935) 2:57
7.Under Paris Skies (Giraud / Drejac / Gannon 1951) 4:01
8.La Belle Vie (Distel / Broussole 1962) 2:58
9.After You’ve Gone (Layton / Creamer 1918) 3:10
10.Tout Doucement (Mercadier / Clausier 1956) 2:57
11.Down With Love (Arlen / Harburg 1937) 2:25
12.A Nightingale Sang In Berkeley Square (Sherwin / Maschwitz 1940) 4:06





●BT ALC BIG BAND / SEARCH FOR PEACE(LP)
輸入LP 4,180円(税込) (ROPEADOPE / IRAD478 / 0682670888791)


※LP

Musician Credits
Peter Levesque - Alto Saxophone
Jared Sims - Alto Saxophone
Mike Tucker - Tenor Saxophone
Tucker Antell - Tenor Saxophone
Ben Whiting - Baritone Saxophone
Yaure Muniz - Trumpet
Alex Lee-Clark - Trumpet
Mark Berney - Trumpet
Doug Olsen - Trumpet
Benjamin Griffin - Trombone
Brian Thomas - Trombone
Pete Fanelli - Trombone
Angel Subero - Bass Trombone
Sam Gilman - Organ
Steve Fell - Guitar
Jeffrey Lockhart - Guitar
Darby Wolf - Clavinet & Piano
Ted Sullivan - Drums
Ernesto Diaz - Percussion

ソングリスト
A1.Softshoe
A2.Dance
A3.Make It Your Job
A4.The Search For Peace
B1.Tune For Lou
B2.Live 9
B3.Paging Dr. Cooperman






●HIROMASA SUZUKI 鈴木宏昌 / PRIMROSE (LP)
国内LP 3,960円(税込) (LE TRES JAZZ CLUB / 9 / 3700604724612)


※LP

邦人ジャズ作品「最後の秘宝」、「Primrose / 鈴木宏昌」が仏レーベルよりアナログ復刻!!
THINK! RECORDレーベルによる紙ジャケCD復刻(2008年)以来、初となるアナログ復刻盤がなんとフランスの"Le Tres Jazz Club"レーベルから登場!!

<< 2008年CD復刻時のレビューより >>
いったい何人の方がこのジャケット写真をみて驚愕の声をあげただろうか? おそらくその数は相当に少ないものだと推測する。なぜなら、本作はレコードが恐ろしくレアであるし、それ故にその筋の収集家が人知れず入手したいという願望からあえて大騒ぎしなかった作品で、おそらくこれまで本などで紹介されたことがないシロモノだからである。例えるなら密教の総本山の如くひっそりとその姿がひた隠されていたのだ!! ピアノトリオのレア盤といえば当レーベルより関根敏行がリリースされているが、関根がすでに復刻された現在となっては残された大物はあと数本。その数本中の一本が本作なのだからまさに「最後の秘宝」である。鈴木×井野×スティーヴの至高のインタープレイをご堪能あれ。(塙耕記)


メンバー:
鈴木宏昌(p)
井野信義(b)
スティーヴ・ジャクソン(ds)

録音:1978年5月18日、30日
原盤:ユニオン(テイチク) / GU-5009
ステレオ録音ソングリスト
A1. HORNET
A2. PRIMROSE
A3. CRYSTAL
A4. KNICK-KNACKS
B1. DIS-CHARGE
B2. EARLY SUMMER
B3. PINCER ATTACK





●MAKOTO TERASHITA 寺下誠 / GREAT HARVEST (LP)
輸入LP 3,960円(税込) (LE TRES JAZZ CLUB / 8 / 3700604724605)


※LP

寺島誠(p)のファースト・リ-ダ-作品('78)が仏レーベルより初のアナログ復刻!!  B・バーグ(ts)参加作品!
THINK! RECORDレーベルによる紙ジャケCD復刻(2014年)以来、初となるアナログ復刻盤がなんとフランスの"Le Tres Jazz Club"レーベルから登場!!
1978年発表のファースト・リ-ダ-作品。日本的情緒に溢れた楽曲から異国情緒を感じるものまで多種多様のスタイルの作品を収録。

演奏:
寺下誠(p)
ボブ・バーグ(ts)
エロール・ウォルターズ(b)
ジョー・ジョーンズJr.(ds)
増尾好秋(g)

ソングリスト
A1. Samoa (Makoto Terashita) 7:24
A2. Take The Coltrane (Duke Ellington) 5:29
A3. Dai Hosaku (Great Harvest)(Makoto Terashita) 11:27
B1. Tell Me An Old Story, Grand Papa (Makoto Terashita) 12:38
B2. Ruby My Dear (Thelonious Monk) 5:29







●TRIBE / HOMETOWN: DETROIT SESSIONS 1990-2014 輸入CD 2,200円(税込) (Art Yard|Strut / STU210STU21 / 4062548002973)

Personnel:
Phil Ranelin: trombone (A2, D1)
Wendell Harrison: tenor saxophone and clarinet (A1, A2, B1, B3, C1, C2)
Marcus Belgrave: trumpet (A1, A2, B1, B3)
Jimmy Owens: trumpet (A1, B1, B3, C1)
John Douglas: trumpet (C2)
Kiani Zawadi: trombone and euphonium (A1, B1, B3, C1)
Harold McKinney: piano and vocals (A1, B1, B3, C1, D1, D3)
Pamila Wise: piano (A2, B2, C2, D2)
John Arnold: guitar (A2)
Jacob Schwandt: guitar (C2); Ralphe Armstrong: bass (A2, D1)
Reggie Workman: bass (A1, B1, B3, C1)
Gayelynn McKinney: drums (A1, B1, B3, C1)
George Davidson: drums (A2, D1)
Djallo Djakate: drums (B2, C2, D2)
Francisco Alimora: percussion (A1, B1, B3, C1)
Mahindi Masai: percussion (B2, C2, D2)
Gregory Freeman: percussion (B2, C2, D2)
Akunda Hollis (B2, C2, D2)
Brother Uche: percussion (B2, C2, D2)
Mbiyu Chui: words (B2, D2)
Jhara McKinney: vocals (B1)
Sienna McKinney: words (B1)
Jore McKinney: vocals (B1).

1. Wide And Blue
2. Freddie's Groove
3. Juba
4. Ode To Black Mothers
5. Conjure Man
6. Libra Ahora (Live)
7. Hometown
8. He The One We All Knew
9. Marcus Garvey
10. The Slave Sip Enterprise



baroque jazz trio - s/t + orientasie / largo
●BAROQUE JAZZ TRIO / BAROGUE JAZZ TRIO + ORIENTASIE 輸入CD 2,420円(税込) (Souffle continu records / FFL056CD / 3491570058220)


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す