【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品CD・LP】 12/6  新入荷一覧! 


●JOHNNY GRIFFIN ジョニー・グリフィン / OW! LIVE AT THE PENTHOUSE 
輸入CD 2,310円(税込) (REAL TO REEL / RTRCD003 / 0875531016888)


※デジパック
●JOHNNY GRIFFIN ジョニー・グリフィン / OW! ライヴ・アット・ザ・ペントハウス 
国内CD 2,750円(税込) (キングインターナショナル / KKJ1041 / 4909346020078)


※デジパック / 日本語解説付き / 解説:原田和典

“Tough Tenors”と呼ばれた名コンビ/グリフィン&ロックジョウ
62年シアトルのクラブ“ペントハウス”でのダイナミックで豪快なバトルと歌心が満載のライヴ!!
数々の名演を放送したラジオ番組のために収録された未発表音源

テナー・サックス奏者ふたりのバトルには特別の魅力があり、J.A.T.P.でのイリノイ・ジャケー~フリップ・フィリップスをはじめ、傑作『The Chase』を生んだデクスター・ゴードン~ワーデル・グレイ、ジーン・アモンズ~ソニー・スティット(『Boss Tenors』)、アル・コーン~ズート・シムズ(『Al & Zoot』)など、名バトル・チームが数多く存在しました。中でも“Tough Tenors”と呼ばれたジョニー・グリフィンとエディ・“ロックジョウ”・デイヴィスのチームは、最もダイナミックで豪快なバトルを楽しめる名コンビとして人気を博し、1960年録音のプレスティッジ盤『Battle Stations』を皮切りに、1962年までレギュラー・バンドとしての活動を続けて作品を残しました。

その後は1967年にケニー・クラーク~フランシー・ボラン・ビッグ・バンドのメンバーとして再会を果たし、70年にはビッグ・バンドのリズム・セクションを借りて久々のバトル・アルバムをレコーディング、70年代と80年代にも再会セッションを持っています。

今回発掘されたのは、彼らがレギュラーな活動をしていた最後の年にあたる1962年の5月から6月にかけてシアトルのクラブ“The Penthouse”に出演したときの演奏で、ラジオ番組のために録音された初出の音源。同年に録音したもののしばらく経ってからOJCレーベルのCDとしてリリースされた『Pisces』と同じメンバーから成るリズム隊が2人を支えています。

収録曲はすべて他のアルバムで聴けるものですが、ベン・ウェブスターやコールマン・ホーキンス、ドン・バイアス、レスター・ヤングなどからの影響を受けて独自のスタイルを築いた“ロックジョウ”・デイヴィスと、彼よりもバップ色の濃いグリフィンは、どちらもすさまじいまでの迫力に満ちたプレイを繰り広げており、饒舌さの中に味わい深いフレーズを埋め込んでいくふたりの演奏は、聴衆に大きな衝撃と感動を与えています。また、2管のバトルのなかで、M3の“OW!”では、モンクの名曲“リズマニング”のフレーズが織り込まれる場面あり、M5の“Bahia”では“チュニジアの夜”のリフが飛び出す場面あり。ジャズ・ファンの記憶に強く残るこうしたメロディを入れていくのも、この二人ならではの展開と感じさせます。このグループにジュニア・マンス、ロイド・メイヤーズの後任として参加したホレス・パーランは、ブルーノートからリーダー作をいくつか発表した後だけに、すでに自信に満ちたプレイぶり。十八番であり、トレードマークとも感じさせるブロックコードを聴かせる場面など、彼のソロも随所で鋭い光を放っています。

プロデューサー・チームは、レーベル立ち上げの時と同じくコリー・ウィーズと“ジャズ探偵”のニックネイムも定着したResonanceRecordsのゼヴ・フェルドマン。ゼヴは“ここに収められた音源には素晴らしい高揚感とポジティヴなヴァイブレーションがある”と語り、”コリー・ウィーズは“ジョニー・グリフィン、エディ・ロックジョウ・デイビスの録音と聞いて興奮してやまず、何が何でも出さねば”と思ったとのこと。ハードドライヴィングな演奏と味わい深いバラードは不滅の輝きを感じさせます。

<<豪華英文ブックレット>>
*CD=28頁/LP=8頁の英文ブックレット付
*双頭プロデューサー、ゼヴ・フェルドマン、コリー・ウィーズの文章に加えて、ペントハウスの経営者の息子、チャーリー・プッツォ・ジュニア、ラジオのDJ,ジム・ウィルクのコメントも収録。またジェームス・カーター、マイケル・ワイスといった現役ミュージシャンのコメントも掲載しています。

メンバー:Johnny Griffin(ts), Eddie “Lockjaw” Davis(ts), Horace Parlan(p), Buddy Catlett(b), Art Taylor(ds)

M1-7 recorded May 30, 1962 / M8-15 recorded June 6, 1962
at the Penthouse in Seattle, Washington

ソングリスト
1.Intermission Riff (Intro by Jim Wilke)0:53
2.Blues Up and Down 6:48
3.Ow! 8:20
4.Spoken Introduction
5.Bahia 8:44
6.Spoken Introduction
7.Blue Lou 4:11
8.Second Balcony Jump 7:13
9.Spoken Outro
10.How Am I To Know? 10:14
11.Spoken Introduction
12.Sophisticated Lady 4:03
13.Spoken Introduction
14.Tickle Toe 6:36
15.Intermission Riff (Outro by Jim Wilke)0:56






●LEE KONITZ リー・コニッツ / OLD SONGS NEW 
輸入CD 2,310円(税込) (SUNNYSIDE / SSC1572 / 0016728157223)


※デジパック

即興演奏家、リー・コニッツのノネット作がSunnysideより登場!
木管楽器と弦楽器が主体のユニークなサウンドにインスパイアされたコニッツの歌心溢れるインプロが堪能できる作品!

1927年生まれ、ジャズ・レジェンド、リー・コニッツのノネット作がSunnysideより登場!

トリスターノ派、クール派と呼ばれ、即興演奏家として知られるコニッツだが、ラージ・アンサンブル作やウィズ・ストリングス作も多くリリースしている。その中でもノネットときはバンド名やアルバム・タイトルに“nonet”と入れることが多く、この編成に特別な想いがありそうなのは、ノネット作『マイルス・デイヴィス / クールの誕生』に参加したこともひとつの要因かもしれない。

今作のアレンジと指揮は、サックス奏者で作編曲家でもあるオハー・タルマー。コニッツとは25年以上協力し、『Lee Konitz-Ohad Talmor String Project / Inventions』(2004)、『New Nonet』(2005)、『Lee Konitz-Ohad Talmor Big Band / Portology』(2006) などの作品もリリースしている。

今作の編成の特徴は金管楽器が入っておらず、木管楽器と弦楽器が主体なところ。『Lee Konitz Nonet』(1977)、『Yes, Yes, Nonet』(1979) はサックスと金管楽器主体、タルマーとの『New Nonet』では、バス・クラリネットとチェロが入っているが、あくまでもサックスと金管楽器が主体であった。

コニッツ作曲“Kary's Trance”、そして“Foolin' Myself”、“You Go to My Head”などは50年代を中心に何度も録音されており、ファンにとっても嬉しい選曲だ。

92歳になったコニッツだが、太く温かい音色は健在!さすがに速いテンポでは演奏しないが、即興性が高く歌心あふれる演奏は唯一無二である。

タルマーのアレンジは、コニッツとの話し合いにより、1940年代~1950年代の典型的なスタジオ・オーケストラに根差したサウンドを再現したという。コニッツが自由に歌うスペースがあり、木管楽器や弦楽器はあまり主張せず、彩りを添えている。アレンジ物としてコニッツが埋もれるようなことは決してなく、アンサンブルにインスピレーションを受けたコニッツのインプロヴィゼーションを堪能できる内容になっている。また、“Kary's Trance”はもともとの楽曲のイメージもあり、ユニークなアレンジが施されている。ラストの“Trio Blues”はアレンジなし、コニッツ、ベース、ドラムの即興マイナー・ブルース。

まだまだ創造し続けるレジェンド、リー・コニッツの、今の魅力がたっぷり詰まったノネット作!

メンバー:
Lee Konitz(as),
Ohad Talmor(ts on track 5),
Caroline Davis(fl, alto fl),
Christof Knoche(cl),
Denis Lee(b-cl),
Judith Insel(viola),
Mariel Roberts(cello),
Dimos Goudaroulis(cello),
Christopher Tordini(b),
George Schuller(ds)
Arranged and Conducted by Ohad Talmor
Recorded October21/22, 2017 at Big Orange Sheep Studio, Brooklyn, NY

ソングリスト
1.Goodbye (5:55)
2.Foolin' Myself (4:28)
3.In the Wee Small Hours of the Morning (4:41)
4.Kary's Trance (5:27)
5.I Cover the Waterfront (9:34)
6.This is Always (7:28)
7.You Go to My Head (6:45)
8.Trio Blues (4:46)







●MAT MANERI マット・マネリ / DUST 
輸入CD 2,310円(税込) (SUNNYSIDE / SSC1566 / 0016728156622)


※デジパック

偉大なるマルチ・リード奏者ジョー・マネリを父に持つ鬼才ヴィオラ奏者、マット・マネリによる最新作品。

メンバーには、80年代後半のボストン時代より共演しているドラマーのランディ・ピーターソン、過去10年、近しく共演をしてきたピアニスト、ルシアン・バン、そして、ベースには、インスピレーションにち、正統派の演奏から、即興的な演奏まで、高い評価を受けるジョン・エベールを迎えたアンサンブル。

終始、スローなテンポで、オープンなコンポジションをベースに、即興を繰り広げながらも、豊かなハーモニーとブルースを感じさせる演奏の数々は、どこか懐かしく、魅力的。すでに鬼才的な位置にもあるマネリは、エレクトロな作品や、硬派なインプロ的な作品もあり、多様ですが、本ユニット/ 本作では、内省的で静寂な中に、奥深い音世界を繰り広げています。

メンバー:Mat Maneri(viola), Lucian Ban(p), John Hébert(b), Randy Peterson(ds)

ソングリスト
1.Mojave (6:52)
2.51 Sorrows (7:10)
3.Red Seven (8:07)
4.Motian (3:35)
5.Two Hymns (6:26)
6.Losed (7:41)
7.Last Steps (6:32)
8.Retina (5:01)
9.Dust (5:17)





●Dan Weiss Trio Plus 1 / Utica Box 輸入CD 2,310円(税込) (SUNNYSIDE / SSC1573 / 0016728157322)

Jacob Sacks - piano
Thomas Morgan - bass
Eivind Opsvik - bass
Dan Weiss - drums

1.Utica Box 17:02 
2.Jamerson 02:22 
3.Rock and Heat 05:52 
4.Orange 11:28 
5.Please Don't Leave 06:01 
6.Last Time One More Time 05:50 
7.Bonham 15:55 






●JAY LEONHART ジェイ・レオンハート / JOY 
輸入CD 2,310円(税込) (SUNNYSIDE / SSC1556 / 0016728155625)


※デジパック

ジャズ~ポピュラー系のアーティストとの演奏も担ってきたベテランベーシスト、ジェイ・レオンハルトの最新作
洒脱なヴォーカルも粋な、スウィンギーでブルージーな演奏!
1940年生まれ、サド・ジョーンズ、メル・ルイス、ジェリー・マリガン、ジム・ホールといったジャズ・アーティストとの共演と共に、ジュディ・ガーランド、カーリー・サイモン, スティング、フランク・シナトラ、トニー・ベネットを含むポピュラー系のアーティストとの演奏も担ってきたベテラン・ベーシスト(日本ではヴィーナス・レコードでのリーダー作もお馴染みの)、ジェイ・レオンハルトの最新作品。

本作は、アメリカで長く活動する日本人ピアニスト大野智子と、Vito Lesczakをドラムに迎えたもので、このトリオでは、NYのバードランドに定期的に出演しています。

演奏はジェイ・レオンハルトのオリジナルで、2019年3月から5月にテデスコ・スタジオで録音。どの曲もスウィンギーで、軽妙かつブルージーなテイストが心地よく、ヴォーカルも、粋そのもの。さすがは、アメリカのポップス系の音楽界の中でも、演奏してきたアーティスト。また両親、6人の兄弟姉妹全てが音楽に傾倒する一家で育ったという余裕に満ちた雰囲気もあります。

本Sunnyside は、1984年に『There’s Gonna Be Trouble 』、1988年に『The Double Cross』をリリース。 ジェイ・レオンハルトとは、レーベルの初期から繋がり深い関係で、一方ジェイ・レオンハルトにとってSunnysideは、ソロアーティストとしての初期を支えてくれたレーベル。長い年月を経て、相思相愛の関係でリリースされる一作です。

メンバー:Tomoko Ohno(p), Jay Leonhart(b, vo), Vito Lesczak(ds)

ソングリスト
1.Bass Aboard a Aplane
2.Joy
3.Playboy Club
4.Gasparo
5.Momma Don't You Think
6.Tulips
7.Lige Out on The Road
8.Doublecross
9.Robert Frost
10.Very Few
11.For Real






●JUNE TYSON / SATURNIAN QUEEN OF THE SUN RA ARKESTRA 輸入CD 1,980円(税込) (Modern Harmonic / CDMH014 / 0090771801425)

Chano Dominguez - piano & keyboards
Hadar Noiberg - flutes

1.Alegrías de Cai 06:05 
2.Canción de Amor 07:06 
3.Carrusel 03:52 
4.Chango 05:58 
5.HH 05:41 
6.If I Think of You 05:11 
7.Lôro 04:10 
8.Morenika 06:37 
9.Na'ama 05:36 
10.Paramus 07:10 
11.Plaza de Mina 06:13







●TERRI LYNE CARRINGTON テリ・リン・キャリントン / WAITING GAME(2LP)
輸入LP 3,850円(税込) (MOTEMA MUSIC / MTM0347 / 0181212003475)


※2LP

世界最高峰の女性ドラマーでプロデューサー、コンポーザー、歌手のテリ・リン・キャリントンの4年ぶりの新録!エスペランサ・スポルディング、ミシェル・ンデゲオチェロ、ニコラス・ペイトン、アーロン・パークス、マシュー・スティーブンスら創り上げたキャリア最重要作品。

65年生まれ、2度のグラミー賞に輝くジャズ界を代表するスーパー・ウーマン。これまでに共演したミュージシャンは、ウエイン・ショーター、ハービー・ハンコック、スタン・ゲッツ、デヴィッド・サンボーンなど数えきれないほどのジャズ・ジャイアントのほか、スティーヴィー・ワンダーとの共演など幅広いジャンルのミュージシャンまでおよび、エスペランサ・スポルディング、ディー・ディー・ブリッジウォーター、レイラ・ハサウェイ、リズ・ライトら女性アーティストが集結したモザイク・プロジェクトでは、フュージョン、ファンク、R&B、ジャズの要素を織り交ぜたプロジェクトで世界的に大きなは話題を呼びました。

豪華ミュージシャンが参加する今作は2枚組仕様となっておりバンド、ソーシャル・サイエンスを率いたR&B/ヒップ・ホップ色のするDISC1、エスペランサ・スポルディング、マシュー・スティーブンス、アーロン・パークスとのカルテットに音源を収録。豊かな感性を高い演奏力を駆使したキャリア最高傑作。

ソーシャル・サイエンスを率いるDISC1は、Kassa Overall、Malcolm Jamal Warner、ミシェル・ンデゲオチェロ、ニコラス・ペイトン、デリック・ホッジという豪華すぎるアーティストをフィーチャリングしたトラックがならびます。エスペランサ・スポルディング、アーロン・パークス、マシュー・スティーブンスとのカルテットによるDISC2「Dreams and Desperate Measures」はPart1,2,3,4と4部編成となっており、Edmar Colónに率いるオーケストラとの共演し、刺激的かつスリリングな演奏が収められた現代的なジャズを核にしながら多彩な音楽要素を織り込み色彩感溢れるアンサンブル、ダイナミックな演奏を収録しジャンの魅力をたっぷりと収録しています。

様々な音楽から影響を受けながらも極めて自然な歌モノとして楽しめプロデューサーとしての手腕を発揮。彼女にしか表現できないセンスと美意識が輝きをみせる2019年重要作。

ソングリスト
Disc 1
A1.Trapped In The American Dream [feat. Kassa Overall] 7:05
A2.Bells (Ring Loudly) [feat. Malcolm-Jamal Warner, Debo Ray] 6:27
A3.Pray The Gay Away [feat. Raydar Ellis, Nicholas Payton] 7:30
B1.Purple Mountains [feat. Kokayi] 4:53
B2.Waiting Game (acapella) [feat. Mark Kibble] 4:06
B3.The Anthem [feat. Rapsody] 7:09
B4.Love [feat. Debo Ray] 6:14
Disc 2
C1.No Justice (For Political Prisoners) [feat. Meshell Ndegeocello] 6:21
C2.Over and Sons 7:57
C3.If Not Now [feat. Maimouna Youssef, Terri Lyne Carrington] 5:29
D1.Dreams And Desperate Measures







●ART PEPPER アート・ペッパー / COMPLETE ART PEPPER ARTISTS HOUSE SESSIONS(5CD)
輸入CD 6,380円(税込) (OMNIVORE RECORDINGS / 1665101761 / 0816651017614)


※5CD

ソングリスト
Disc 1
1.STRAIGHT NO CHASER (Take 3)
2.BLUES FOR BLANCHE
3.SO IN LOVE
4.DIANE
5.STARDUST
6.YESTERDAYS (Take 2)
7.LANDSCAPE
8.STRAIGHT NO CHASER (Take 4)
Disc 2
1.BODY AND SOUL
2.ANTHROPOLOGY (Take 2)
3.DESAFINADO (Take 2)
4.DONNA LEE
5.YOU GO TO MY HEAD
6.BLUES FOR BLANCHE (Alternate A)
7.DESAFINADO (Take 1)
8.ANTHROPOLOGY (Take 1)
9.DONNA LEE (Alternate A)
10.BLUES FOR BLANCHE (Alternate B)
11.YOU GO TO MY HEAD (Alternate A)
Disc 3
1.A NIGHT IN TUNISIA (Take 2)
2.LOVER MAN (OH WHERE CAN YOU BE)
3.STRAIGHT, NO CHASER (Take 2)
4.DUO BLUES
5.MY FRIEND JOHN
6.JOHNNY’S BLUES
7.A NIGHT IN TUNISIA (Take 1)
8.LOVER MAN (OH WHERE CAN YOU BE) (Clarinet)
9.STRAIGHT, NO CHASER (Take 1)
10.MY FRIEND JOHN (Alternate B)
Disc 4
1.MY FRIEND JOHN (Alternate A)
2.TIN TIN DEO
3.STARDUST (Alternate A)
4.IN A MELLOW TONE (Take 2)
5.ART’S SWEET BLUES
6.BUT BEAUTIFUL (Take 1)
7.YOU GO TO MY HEAD (Alternate B)
8.YESTERDAYS (Take 3)
9.STARDUST (Alternate B)
10.IN A MELLOW TONE (Take 1)
Disc 5
1.BLUES FOR BLANCHE (Alternate C)





●VINCENT HERRING / BOBBY WATSON / GARY BARTZ / BIRD AT 100
輸入CD 2,310円(税込) (SMOKE SESSIONS RECORDS / SSR1908 / 0888295911184)


※デジパック
来年のチャーリー・パーカー生誕100周年を前にしてのライブ録音
パーカーにインスパイアされた3人のアルト奏者、ビンセント・ハーリング、ボビー・ワトソン、ゲーリー・バーツの超絶アルトバトル!
ハードバップ/ メインストリーム・ファンにお勧めの一枚!

Smoke Sessions Recordsから、ビンセント・ハーリング、ボビー・ワトソン、ゲーリー・バーツの人気アルト奏者3人による、チャーリー・パーカー・トリビュート・セッションのライブ盤が登場!

来年2020年8月29日はジャズ界の最も象徴的なアーティスト、偉大なるチャーリー・パーカーの生誕100年にあたる。本作は来年の生誕100年を前にして今年(2019年)8月30,31日、9月1日の3日間、ニューヨークのジャズクラブ「スモーク」にて収録された最新ライブ録音。フロントにはパーカを敬愛する人気アルト奏者3人、リズムセクションにはデヴィッド・キコスキー(p)、Yasushi Nakamura (b)、カール・アレン(ds) が参加しての豪華メンバー、熱いアルトバトルが展開されている。

収録曲は全9曲。チャーリー・パーカーの作品が3曲、パーカーが好んで演奏した曲をそれぞれの3人の奏者が情感を込めてプレイした曲が3曲、パーカーにインスパイアされたビンセントとボビーの作品が2曲。そして3人のアルトのバトルが聴くことのできるジャッキー・マクリーンの「Bird Lives」、このアルバムのハイライトの1曲。

「チャーリーパーカーの言語と彼の音楽は、私たちを結びつける共通の糸です」「たとえあなたがチャーリー・パーカーの直接の影響を受けていなくても、多くの演奏者はパーカーの言語の一部を使っていることになります。」「パーカーはただジャズの世界に足を踏み入れて演奏を始めたわけではなく、途方もない量の研究と練習の積み重ねで彼を天才へと導いたのです。」とビンセント・ハーリングは語ります。「チャーリーパーカーのルーツと細胞は、モダンジャズのボキャブラリーに深く染み込んでいるので、パーカーを回避するのは困難」とも。

まっすぐ正面を向きアルトを手にした3人が並ぶジャケット写真も印象的である。ジャケット写真は同レーベルのジャケット写真を数多く撮影しているJimmy Katz氏。ハードバップ・ファン、メインストリーム・ファン、パーカー・ファン、すべてのジャズファンにお勧めの一枚である。

メンバー:
Gary Bartz (alto saxophone)
Vincent Herring (alto saxophone)
Bobby Watson (alto saxophone)
David Kikoski (piano)
Yasushi Nakamura (bass)
Carl Allen (drums)

Recorded August 30, 31 & September 1, 2019 at SMOKE Jazz Club in New York City.

ソングリスト
1.Klactoveedsedstene (Charlie Parker) 5:36
2.Bird-ish (Bobby Watson) 6:32
3.Lover Man (feat. Vincent Herring) (J. Davis, R. Ramirez & J. Sherman) 9:25
4.The Hymn (Charlie Parker) 9:50
5.These Foolish Things (feat. Bobby Watson (J. Strachey / H. Link & H. Marvel) 8:47
6.Folklore (Vincent Herring) 7:22
7.Bird Lives (Jackie McLean) 5:50
8.April in Paris (feat. Gary Bartz) (Vernon Duke / Yip Harburg) 6:45
9.Yardbird Suite (Charlie Parker) 10:52






●JOE MCPHEE ジョー・マクフィー / NIGHT IN ALCHEMIA
輸入CD 2,530円(税込) (NOT TWO / MW9922 / 5906395187515)


※ペーパースリーブ

Double Bass – John Edwards
Drums – Klaus Kugel
Trumpet, Saxophone – Joe McPhee

ソングリスト
1.Burden Of Proof 10:50
2.Just To Wait 6:12
3.At The Waters Edge 23:17
4.To Watch A Mist Rise 7:01






●MARS WILLIAMS / AN AYLER XMAS VOL.3 LIVE IN KRAKOW
輸入CD 2,530円(税込) (NOT TWO / MW9962 / 5906395187560)


※ペーパースリーブ

Mars Williams - Sax, Toy Instruments
Jaimie Branch -Trumpet
Klaus Kugel - drums, Percussion
Mark Tokar -Bass
Knox Chandler - Guitar & electronics

ソングリスト
1.The Hanukkah-Xmas March Of Truth For 12 Days Of Jingling Bells With Spirits 26:14
2.Noel Omega - Twas The Night Before The Frosty Island Harvest Xmas 21:05
3.The Heavenly Home Carol Of The Bells 13:45







●MARILYN LERNER / INTENTION
輸入CD 2,530円(税込) (NOT TWO / MW9952 / 5906395187553)



Marilyn Lerner – piano
Ken Filiano – bass & EFX
Lou Grassi – drums & percussion

ソングリスト
1.Intention 6:41
2.Metamorphosis 17:26
3.Plink Plunk 11:57
4.Eric’s House 15:47
5.No Farewell 10:23
6.Cavern of Mystery 11:33





●UWE OBERG ウーヴェ・オバーグ / RELIGHT
輸入CD 2,530円(税込) (NOT TWO / MW9942 / 5906395187546)


※ペーパースリーブ

Uwe Oberg – piano
Joe Fonda – bass
Lucía Martínez – drums

ソングリスト
1.Their Cheeks Glowed 10:31
2.Lighter Than Before 09:40
3.Almost Two 05:21
4.The Sharp Side of It 15:34
5.Relight Years 05:26
6.Triple Relish 03:57







●JAZZ DEFENDERS ジャズ・ディフェンダーズ / SCHEMING(CD) 
輸入CD 1,980円(税込) (HAGGIS RECORDS / HRCD003 / 5050580725089)


※デジパック

大推薦!!!!
BlueNoteをこよなく愛する青年達によるハードバップ・グループ、ジャズ・ディフェンダーズのデビュー作品が入荷!!
ホレス・シルヴァーやハンク・モブレー、リー・モーガン、アート・ブレイキーといったジャズの歴史を形作るジャイアンツをこよなく愛するグループ、ジャズ・ディフェンダーズ。演奏者だけではなくルディ・ヴァン・ゲルダーのエンジニア・スキルも重要と考え、そういった意味でもBlueNoteを愛しているとのこと。そのクラシックともいえるジャズの遺産を"守る"という意味で名前を「ジャズ・ディフェンダーズ」にしたという強い意志が感じられるグループ。

本グループのブレインは31歳のピアニスト、ジョージ・クーパー。本作収録の10曲全て彼の自作曲で占められ、熱くなり過ぎないクールなスマートさが魅力の完成度の高い楽曲は、これまで映画音楽家ハンス・ジマーやヴァイオリン奏者ナイジェル・ケネディ、そしてU2まで多くのビッグネームとも仕事してきた経験が活かされているのでしょう。スピード感あるハードバップ"Top Down Tourism"から始まり、続く2曲目では渋めのブルースを、オルガン・ジャズの3曲目、ミドル・テンポのハードバップから、バシッと決めるテーマが魅力の6曲目"Hawkeye Jorge"(←めちゃカッコイイです・・・)、バラード調からソウル・ジャズ風の楽曲まで聴き飽きないように練られた曲調を収録しているところも素晴らしいです。

録音は2016年に行われ、3年越しにリリースとなる待望のデビュー盤が2019年12月遂に入荷!ハードバップ好きの皆様に大推薦です!兎にも角にも聴いてみて!

Nicholas Dover (tenor sax)
Nick Malcolm (trumpet)
Matt Brown (drums)
Will Harris (bass)
George Cooper (piano)

ソングリスト
1.Top Down Tourism
2.Everybody's Got Something
3.Scheming
4.I Bought It On The Moon
5.Late
6.Hawkeye Jorge
7.Costa Del Lol
8.Rosie Karima
9.She'll Come Round
10.Brown Down







●JOHN COLTRANE ジョン・コルトレーン / BLUE TRAIN (LP/180G/BLUE VINYL) 
輸入LP 1,760円(税込) (DOL / DOL709HB / 0889397006051)


※LP / 180g / Blue Vinyl

J・コルトレーン(ts)がBlue Noteレーベルに残した唯一のリーダ作品であり、自身のフェイバリット・アルバム('60年のラジオインタビューによる)とも言われる、歴史的名盤が、お買い得プライスで180g重量盤LP、BlueVinyl仕様復刻!!

フロント脇を固めるのは、A・ブレイキー&JM在籍中でまさに絶頂期だったリー・モーガン(tp)、カーティス・フラー(tb)という豪華な布陣。コルトレーンが、意気軒高なモーガン、フラーをハード・バップど真ん中の演奏で迎え撃つ、歴史的名演です。
この名盤をアナログ重量盤でお楽しみ下さい!
しかも超リーゾナブル価格です!

Personnel:
John Coltrane - tenor saxophone
Lee Morgan - trumpet
Curtis Fuller - trombone
Kenny Drew - piano
Paul Chambers - bass
Philly Joe Jones - drums

Recorded: September 15, 1957
ソングリスト
A1. Blue Train
A2. Moment's Notice
B1. Locomotion
B2. I'm Old Fashioned
B3. Lazy Bird





●DAVE BRUBECK デイヴ・ブルーベック / TIME OUT (LP/180G/BLUE VINYL) 
輸入LP 1,760円(税込) (DOL / DOL705HB / 0889397006099)


※LP / 180g / Blue Vinyl

CMでもおなじみ、もっとも有名なジャズ曲の一つ「Take Five」を収録した作品としても有名なデイヴ・ブルーベック(p)の超名盤『Time Out』が、お買い得プライスで180g重量盤LP、BlueVinyl仕様復刻!!

Personnel:
Dave Brubeck - Piano
Paul Desmond - Alto Saxophone
Gene Wright - Bass
Joe Morello - Drums

Recorded: June 25, July 1, and August 18, 1959ソングリスト
A1. Blue Rondo A La Turk
A2. Strange Meadow Lark
A3. Take Five
B1. Three To Get Ready
B2. Kathy's Waltz
B3. Everybody's Jumpin'
B4. Pick Up Sticks







●SONNY ROLLINS ソニー・ロリンズ / SAXOPHONE COLOSSUS (LP/180G/BLUE VINYL) 
輸入LP 1,760円(税込) (DOL / DOL773HB / 0889397006112)


※LP / 180g / Blue Vinyl

ソニー・ロリンズの定番・超名盤が、お買い得プライスで180g重量盤LP、BlueVinyl仕様復刻!!

テナーの巨人、ソニー・ロリンズによるモダン・ジャズ史上に輝く金字塔。
全てジャズ・ファンが認める50年代ハード・バップの最高到達点。

この究極の名盤をアナログ重量盤でお楽しみ下さい!
しかも超リーゾナブル価格です!

Personnel:
Sonny Rollins - tenor saxophone
Tommy Flanagan - piano
Doug Watkins - bass
Max Roach - drums

録音年 1956年6月22日
録音場所 ニュージャージー、ヴァン・ゲルダー・スタジオ

ソングリスト
A1. St. Thomas (Sonny Rollins) 6:49
A2. You Don't Know What Love Is (Gene de Paul, Don Raye) 6:30
A3. Strode Rode (Sonny Rollins) 5:17
B1. Moritat (Kurt Weill, Bertolt Brecht) 10:05
B2. Blue 7 (Sonny Rollins) 11:17







●MILES DAVIS マイルス・デイビス / KIND OF BLUE (LP/180G/BLUE VINYL) 
輸入LP 1,760円(税込) (DOL / DOL725HB / 0889397006006)


※LP / 180g / Blue Vinyl

オリジナルは1959年リリース!! もはやモダンジャズの伝説的存在となっているモード・ジャズの金字塔「Kind Of Blue」が、お買い得プライスで180g重量盤LP、BlueVinyl仕様復刻!

この名盤をアナログ重量盤でお楽しみ下さい!
しかも超リーゾナブル価格です!

Personnel:
Miles Davis - Trumpet
John Coltrane - Tenor Saxophone
Julian Adderly - Alto Saxophone
Bill Evans , Wyn Kelly - Piano
Paul Chambers - Bass
James Cobb - Drums

Recorded: March 2 and April 22, 1959

ソングリスト
A1. So What
A2. Freddie Freeloader
A3. Blue In Green
B1. All Blues
B2. Flamenco Sketches





●JOHN COLTRANE ジョン・コルトレーン / MY FAVORITE THINGS (LP/180G/BLUE VINYL) 
輸入LP 1,760円(税込) (DOL / DOL844HB / 0889397006044)


※LP / 180g / Blue Vinyl

J・コルトレーン(ts,ss)の定番・超名盤が、お買い得プライスで180g重量盤LP、BlueVinyl仕様復刻!!

アトランティック時代のコルトレーンにとって総括となったマラソン・セッション作品群の中でも最も人気がある作品です。
この名盤をアナログ重量盤でお楽しみ下さい!
しかも超リーゾナブル価格です!

Personnel:
John Coltrane - soprano saxophone on side one and bonus tracks; tenor saxophone on side two
McCoy Tyner - piano
Steve Davis - double bass
Elvin Jones - drums

Recorded: October 21, 24, 26, 1960







●GIANT STEPS (LP/180G/BLUE VINYL) / GIANT STEPS (LP/180G/BLUE VINYL) 
輸入LP 1,760円(税込) (DOL / DOL857HB / 0889397006020)


※LP / 180g / Blue Vinyl

オリジナル盤は1959年リリース!!! モダンジャズ界を代表するコルトレーンの定番・超名盤が、お買い得プライスで180g重量盤LP、BlueVinyl仕様復刻!!

この名盤をアナログ重量盤でお楽しみ下さい!
しかも超リーゾナブル価格です!

Personnel:
John Coltrane - tenor saxophone
Tommy Flanagan - piano
Wynton Kelly - piano on "Naima"
Paul Chambers - bass
Art Taylor - drums
Jimmy Cobb - drums on "Naima"

Recorded: May 4-5, 1959, December 2, 1959
ソングリスト
A1. Giant Steps
A2. Cousin Mary
A3. Countdown
A4. Spiral
B1. Syeeda's Song Flute
B2. Naima
B3. Mr. P.C.




▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す