【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
新宿ジャズ館 ウィークリー・チャート
BEST5 2/3(月)~2/9(日)







●JAZZ AT LINCOLN CENTER ORCHESTRA / MUSIC OF WAYNE SHORTER (2CD) 輸入CD 2,530円(税込) (BLUE ENGINE RECORDS / 23 / 0857509005278)
※ 2CD、デジパック
※ライナー・ノーツ(英語)はクリスチャン・マクブライトによるもの。

JLCO(Jazz At Lincoln Center Orchestra)が行った、ライヴコンサート"The Music Of Wayen Shorter"の実況盤が登場!!

2015年5月に3晩に渡って行われた、生きる伝説、ウェイン・ショーター(ts,ss)の歴史的作品から厳選された10曲を、ウィントン・マルサリスが監督・指揮するJLCO(Jazz At Lincoln Center Orchestra)の15人編成ビッグバンド用にアレンジし、当のウェイン・ショーターもメイン・ゲストとして迎えて演奏するという、とてつもないビッグな企画を捉えた実況盤2枚組CDです。

「2002年にダン・ハーグでウェイン・ショーター・カルテットの一員として演奏したんだけど、リハーサルの予定があまり確保できず、凄く不安だった。到着を知らせるためにホテルにいた彼にすぐ電話してその不安を率直に伝えたところ、彼はこう言ったんだ。『確か、コメディの大ファンだったよね、、、じゃあ、そういう感じでやろうか。僕にちょっとしたコメディをやってくれれば良いさ。』ウェインから学んだのは、強い想像力(プラス経験値)があるなら、想定外の領域というのは、怯えるべきものではなく、楽しむべきものなんだってことさ。」(クリスチャン・マクブライトのライナーノーツより抜粋)

■Personnel:
Wayne Shorter (tenor and soprano saxophone)
Wynton Marsalis (trumpet)
Marcus Printup (trumpet)
Kenny Rampton (trumpet)
Ryan Kisor (trumpet)
Walter Blanding (saxophone)
Victor Goines (saxophone)
Sherman Irby (saxophone)
Ted Nash (saxophone)
Paul Nedzela (baritone saxophone)
Chris Crenshaw (trombone)
Vincent Gardner (trombone)
Elliot Mason (trombone)
Dan Nimmer (piano)
Carlos Henriquez (bass)
Ali Jackson (drums)

Recorded May 2015 @ Rose Hall, Jazz at Lincoln Center

ソングリスト
01. Yes or No
02. Diana
03. Hammer Head
04. Contemplation
05. Endangered








●ジェフ・パーカー / SUITE FOR MAX BROWN 国内CD 2,310円(税込) (HEADZ / HEADZ-244 / 4582561391378)

シカゴの新興ジャズ・レーベル、International AnthemとあのNonesuch Recordsとの共同リリースの第一弾アルバム!
2月に1998年の名盤『 TNT』の完全再現公演で来日するポストロックの代表バンド、トータスのメンバーであり、平行してジャズ・ギタリストとしての活動も行なっているジェフ・パーカーの名盤の誉れ高き、2016年のリーダー作『The New Breed』(NPR、Observer、Ne w Yor k Tim e s、Los Angeles Times、Jazz Standard、Bandcamp等にて、2016年の年間ベストに選出。日本盤は2017年リリース)に続く、新作アルバム『Suite for Max Brown』が遂に完成

ジェフと並ぶ看板アーティストでもあるドラマーのマカヤ・マクレイヴンのリーダー作等で日本でも近年注目が高まっているシカゴの新興ジャズ・レーベル、International AnthemとあのNonesuch Recordsとの共同リリースの第一弾アルバム(第一弾は昨年12月2日にリリースされたジェフのアルバムの先行シングル『Max Brown - Part1』)となる本作は、『The New Breed』の姉妹作(『The New Breed』はジェフの亡き父親に捧げられたアルバムで、アルバムのアートワークにもフィーチャーされていたが、本作はジェフの母親がジャケットにフィーチャーされている。ちなみにご存命です)ともいえる作品で、前作同様にジェフがマルチ・インストゥルメンタリストやビートメーカーとして一人で制作した楽曲とThe New Breedというグループ名でライブ活動をするまでに発展した前作のレコーディング・メンバーが再び集結して制作された楽曲が収録されている。

『The New Breed』と同様プロデュースはジェフ自身と、エイミー・マン、アラン・トゥーサン、ノラ・ジョーンズの作品等で有名なポール・ブライアン(2018年のグラミーでエイミー・マンの2017年のアルバム『Mental Illness』のプロデューサーとして「Best Folk Record」を受賞)が担当(ミックスも担当し、ベースでも参加。ミシェル・ンデゲオチェロやルーファス・ウェインライトのライブにも参加するなどプレイヤーとしても活躍している)。

エスペランサ・スポルディングやミゲル・アトウッド・ファーガソン、リオン・ブリッジズとも共演してきたサックス奏者のジョシュ・ジョンソン、ロバート・グラスパー・トリオのメンバーで、先鋭的ジャズ・コレクティヴ、エリマージを率いる新世代ドラマー、ジャマイア・ウィリアムス(モーゼス・サムニーの2017年作『Aromanticism』にはドラマーとして、ソランジュの2019年作『When I Get Home』にはプロデューサーの一人として参加している)が脇を固めている。本作には更に二人のドラマーが参加しており、一人はレーベルメイトで何度も共演していて、日本でも人気上昇中のマカヤ・マクレイヴン(『The New Breed』の日本盤のボーナス・トラックとして収録されたリミックスも担当)、もう一人は『The New Breed』にも参加していたジェイ・ベルローズ(ポール・ブライアン関連作のみならず、ポーラ・コールの作品を中心に、エルトン・ジョン、ロバート・プラントとアリソン・クラウスのグラミー受賞作『Raising Sand』他、ジャンルに関係なく活躍)。

シカゴ・アンダーグラウンド・オーケストラ以降、何度も共演を重ねてきた盟友ロブ・マズレクがピッコロ・トランペット、ブライト・アイズ(コナー・オバーストのソロ作も)やエンジェル・オルセンの2019年作『All Mirrors』にも参加しているネイト・ウォルコットがトランペットで参加している。

また、ジェフのバークリー音楽院時代の同級生で、現在はChicago Symphony Orchestraに在籍しているチェリスト、Katinka Klejin(昨年末来日したラリー・ウォーカーと共演作をリリースしている)も参加している。アルバムの冒頭を飾る「Build a Nest」には、前作収録の「Cliche」に引き続きChicago High School of the Artsの学生でもある17歳のジェフの愛娘、ルビー・パーカーのヴォーカルをフィーチャーしている。

ジェフのオリジナル楽曲とともに、ジョン・コルトレーンの1963年作『インプレッションズ』収録の「After the Rain」のカヴァー、ジョー・ヘンダーソンの「ブラック・ナルシサス」をジェフ流に解釈した「Gnarciss」を収録している。

マスタリングも前作同様、Jディラ『Donuts』を手掛けたデイヴ・クーリーが担当している。

現在進行形のサウンドと、古き良きジャスがバランスよく収録されており、ジェフのミュージシャンやコンポーザーとしての懐の深さを感じさせつつも、非常に才気溢れる作品となっている。

日本盤には昨年6月に7インチのソノシートのみでフィジカル・リリースされた、Madlibとのコラボでも知られるジョージア・アン・マルドロウ(ストーンズ・スロウ初の女性アーティストとしてデビューし、現在はブレインフィーダー所属)の「Blackman」(1stフル・アルバム『Olesi: Fragments of an Earth』収録曲)のカヴァー曲(この曲もルビー・パーカーのヴォーカルをフィーチャー)をボーナス・トラックとして収録決定。

ライナーノーツは、Jazz The New Chapterの柳樂光隆が担当。

ソングリスト
1.Build a Nest (feat. Ruby Parker)
2.C’mon Now
3.Fusion Swirl
4.After the Rain
5.Metamorphoses
6.Gnarciss
7.Lydian Etc
8.Del Rio
9.3 for L
10.Go Away
11.Max Brown
12.Blackman








●TIM BERNE / FANTASTIC MRS. 10 輸入CD 2,420円(税込) (INTAKT / 340 / 7640120193409)

Tim Berne's Snakeoilのプロジェクトが始まって早8年。ついに盟友Marc Ducretが参加!
七色のテクスチャーを駆使した独自のサウンドロケーションが新たなSnakeoilの世界観構築に一役買っています。
そして4種の打楽器を用いての幅のある表現でメリハリを付けたChes Smithも重要なポイント。過去最高のパフォーマンスかもしれません。

■Tim Berne: Alte Saxophone
Marc Ducret: Guitars
Matt Mitchell: Piano, Tack Piano, Modular Synths
Oscar Noriega: Bass Clarinet, BB Clarinet
Ches Smith: Drums, Vibes, Glockenspiel, Haitian Tanbou

Recorded by D. James Goodwin at Clubhouse, Rhinebeck, NY on May 29th 2019. Recording assistant: Shubham Mondal. Mixing, mastering and recording production by David Torn. Cover art: Steve Byram. Graphic design: Fiona Ryan. Photos: Caterina Di Perri. Liner notes: Jim Macnie.

ソングリスト
1.The Fantastic Mrs. 10
2.Surface Noise
3.Rolo
4.Dear Friend
5.The Amazing Mr. 7








●平戸祐介 / タワー・オブ・タッチ 国内CD 2,750円(税込) (AT HOME SOUND / AHS15 / 4988044050921)

AT HOME SOUND第13弾はこちら!!!●クラブ・ジャズ・シーンにおける日本を代表するバンドquasimode(クオシモード)のリーダー、日本を代表するジャズ・ピアニスト、平戸祐介による、「踊れる」クラブ・サウンドを意識し回帰した、世界基準の渾身のソロ・プロジェクト・アルバムが遂にCDリリース!コズミックでスペイシー、ファンキーでソウルフルな進化系のジャズ・サウンドがここに登場!今このJAZZ、HIP HOP、エレクトロを融合させた唯一無二のサウンドを鳴らせるのはYUSUKE HIRADOしかいない!
●ウエスト・ロンドン系に代表されるブロークンビーツの雄DegoやKaidi TathamやHenry Wuを踏襲しつつも、氏が師と仰ぐジャズの巨匠Miles Davis、更にRoy AyersやJames Masonといったジャズ~レア・グルーヴの巨匠からのインスパイアもひしひしと感じます!渾身のタイトルは、タッチ(指先)を通し音を伝え、本作で世界を狙う鍵盤奏者平戸ならではの「タッチの頂点」を意味する『TOWER OF TOUCH』。
●また、今回のプロジェクトに招聘したメンバーは、有望若手ジャズバンドGecko & Tokage Paradeから若干23歳のベーシスト中山拓哉、そして在日ファンクのメンバーとして、また吉澤はじめとの共演で知られるドラマー永田真毅!自由度の高いセッション性のものから派生して一つのストーリーを展開させ、平戸の作品に未だかつてない緊張感と高揚感を生み出している。
●更に、ジャズとヒップ・ホップ&クラブ・ミュージックがクロスオーヴァーしたクールなジャケットも素晴らしい!








●THEO HILL / REALITY CHECK 輸入CD 2,200円(税込) (POSI-TONE / PR8203 / 0768707820320)
※ペーパースリーヴ

大人気ピアニストの今回の新作もすごいです。
天才ヴィブラフォン奏者ジョエル・ロスをフィーチャーしたカルテット作品。
自身のオリジナルに、デビッド・バークマン、マルグリュー・ミラー、スティービー・ワンダーのナンバーを収録。

■Personnel:
Theo Hill (p)
Joel Ross (vib)
Rashaan Carter (b)
Mark Whitfield Jr. (ds)

ソングリスト
1. Blue Poles (David Berkman)
2. Swell (Theo Hill)
3. Guardians Of Light (Theo Hill)
4. Afrofuturism (Theo Hill)
5. Scene Changes (Theo Hill)
6. Mantra (Theo Hill)
7. Superwoman (Stevie Wonder)
8. Aquanaut (Theo Hill)
9. Pressing The Issue (Mulgrew Miller)
10. Song Of The Wind (Theo Hill)









●JEFF PARKER / SUITE FOR MAX BROWN(LP) 輸入LP 3,630円(税込) (INTERNATIONAL ANTHEM / 6249711 / 0075597922554)
※LP

鬼才ジェフ・パーカー2020年待望の新作がInternational AnthemとNonsuchが共同リリース!
カリスマ、ジョン・コルトレーンの"After The Rain"をカヴァーも収録、2016年作「New Bleed」に続くジェフ・パーカーの才気が爆発した素晴らしい作品に仕上がっています。

ソングリスト
A1.Build a Nest (feat. Ruby Parker) 02:13
A2.C'mon Now 00:25
A3.Fusion Swirl 05:32
A4.After the Rain 04:45
A5.Metamorphoses 01:48
A6.Gnarciss 02:12
A7.Lydian 00:55
A8.Del Rio 01:38
B1.3 for L 04:47
B2.Go Away 04:58
B3.Max Brown 10:36








●JEFF PARKER / MAX BROWN(7") 輸入7" 1,870円(税込) (INTERNATIONAL ANTHEM / IARCS029 / 6037849121720)
※7" / 限定300枚

ポストロックを代表するモンスターバンド、トータスのギタリストとしても知られるジェフ・パーカー。
名盤「The New Breed」をリリースしたInternational Anthemと名門Nonesuchとの共同リリース第一弾シングル「Max Brown - Part 1 / Part 2」が入荷。ロバート・グラスパー・トリオでの活躍で脚光を浴びるドラマー、ジャマイア・ウィリアムスのビートの効いたプレイに洗練されたコンテンポラリーなジャズのエッセンスも感じられ、聴けば聴くほど味わいが深まる強力シングル。300枚限定。

■Paul Bryan - bass guitar
Josh Johnson - alto saxophone
Jeff Parker - guitar, Korg MS20, JP-08
Nate Walcott - trumpet
Jamire Williams - drums

ソングリスト
A1.Max Brown - Part 1
B1.Max Brown - Part 2









●GIL SCOTT-HERON / WE’RE NEW AGAIN -A REIMAGINING BY MAKAYA MCCRAVEN(LP) 輸入LP 2,530円(税込) (XL RECORDINGS / XL1006LP / 0191404100615)
※LP

Gil Scott-Heronの遺作『I’m New Here』が発売10周年を記念して新鋭ジャズ・ドラマーMakaya McCravenによって再録/再構築されたコラボ作品として〈XL Recordings〉より発売!
2011年に62歳でこの世を去った伝説の‘黒人吟遊詩人’と語られるミュージシャン、詩人、作家でありEminemやSnoop Doggなども敬愛するラップの始祖でもある、Gil Scott-Heron。彼の生前最後のスタジオ・アルバム『I’m New Here』が発売10周年を記念し、シカゴ発の新鋭ジャズ・ドラマー兼プロデューサーであるMakaya McCravenによって再録/再構築された作品『We’re New Again - a Reimagining by Makaya McCraven』として〈XL Recordings〉よりリリース。

オリジナルの『I’m New Here』は、2008年に〈XL Recordings〉の創設者Richard RusselによってNYで録音/プロデュースされ2010年にリリース、2011年にはJamie XXによる同作のリミックスが収録されたアルバム『We're New Here』としても発表されている。今回『I’m New Here』のリイマジニング(オリジナル作品を再び作り直すこと)を手掛けたMakaya McCravenは、モダン・ジャズの中でも最も刺激的でユニークなサウンドを生み出す新世代ジャズ・シーンの最重要ドラマー、ビートメイカー、プロデューサーとして注目を浴びており、Richard Russelが彼のアルバム『Highly Rare』を聴いてそのサウンドに惚れ込んだことがきっかけとなり、今回のプロジェクトが実現した。

本作は、シカゴにあるMakayaのホーム・スタジオでレコーディング/制作が行われ、エレクトロニックな要素やサンプリングを駆使したMakayaならではのインプロビゼーションが加えられ、Gil Scott-Heronの世才のある詩を歌うそのディープなボーカルに更なる力強さを与えている。オリジナル作品のサウンドをさらに豊かにするだけでなく、完全にユニークでありながらオリジナル作品を心の底から讃える内容になっている。(メーカーインフォメーションより)

ソングリスト
A1.Special Tribute (Broken Home pt.1)
A2.I'm New Here
A3.Running
A4.Blessed Parents
A5.New York is Killing Mex
A6.The Patch (Broken Home pt.2)
A7.People of The Light
A8.Being Blessed
A9.Where Did the Night Go
B1.Lily Scott (Broken Home pt.3)
B2.I'll Take Care of You
B3.I've Been Me
B4.This Can't Be Real








●MATS GUSTAFSSON / FLUTEOPHONE AND PIANOHARPA(5") 輸入5インチ・ヴァイナル 1,870円(税込) (BOCIAN RECORDS / FLUTEOPHONE / 2299990912234)
※5" / 75枚限定

ポーランドはワルシャワのレーベルBocianから人気サックス奏者マッツ・グスタフソンの音源がリリース。
なんと5インチというフォーマットで、CDペーパースリーブにレコードが封入された作品。世界75枚限定で内容 / フォーマット / 生産数ともにマニア向けな1枚。既にレーベル廃盤のため最初で最後の入荷となります。

■Mats Gustafsson - Fluteophone and pianoharpa

Recorded and edited by Olof Madsen, Sept 19th 2019 at Studio Discaholic, Nickelsdorf, Austria
Pianoharpa / Psalmpositiv (1890) by Gustav and Wilhelm Andersson, Nässja / Näshult, Sweden
Front cover illustration by Louis Le Breton from “Dictionnaire Infernal” Little help: Joanna John

ソングリスト
A1.Nässja
B1.Näshult






●SONNY ROLLINS / SAXOPHONE COLOSSUS (LP/TRANSLUCENT BLUE VINYL) 輸入LP 4,620(税込) (PRESTIGE / OJC291 / 0888072109919)
※500枚限定プレス / Translucent Blue Vinyl (半透明ブルー・ヴァイナル)

第6期プレスティッジ70周年記念"ThinkIndie"シリーズ
ソニー・ロリンズ(ts)による不朽の名盤「Saxophone Colossus」が、"プレスティッジ70周年記念 ThinkIndie シリーズ”としてアナログ復刻!!
今回は、半透明ブルーというレアな仕様での限定生産のため、是非お早目にご注文ください!

■Personnel:
Sonny Rollins - tenor saxophone
Tommy Flanagan - piano
Doug Watkins - bass
Max Roach - drums

ソングリスト
A1. "St. Thomas" (Sonny Rollins) 6:49
A2. "You Don't Know What Love Is" (Gene de Paul, Don Raye) 6:30
A3. "Strode Rode" (Sonny Rollins) 5:17
B1. "Moritat" (Kurt Weill, Bertolt Brecht) 10:05
B2. "Blue 7" (Sonny Rollins) 11:17





▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00 / 元日のみ休業

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

12:00~21:00 (時短営業)
(日・祝 12:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す