【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
新宿ジャズ館 ウィークリー・チャートBEST5

2/10(月)~2/16(日)







●TIM BERNE / FANTASTIC MRS. 10 輸入CD 2,420円(税込) (INTAKT / 340 / 7640120193409)

Tim Berne's Snakeoilのプロジェクトが始まって早8年。ついに盟友Marc Ducretが参加!
七色のテクスチャーを駆使した独自のサウンドロケーションが新たなSnakeoilの世界観構築に一役買っています。
そして4種の打楽器を用いての幅のある表現でメリハリを付けたChes Smithも重要なポイント。過去最高のパフォーマンスかもしれません。

■Tim Berne: Alte Saxophone
Marc Ducret: Guitars
Matt Mitchell: Piano, Tack Piano, Modular Synths
Oscar Noriega: Bass Clarinet, BB Clarinet
Ches Smith: Drums, Vibes, Glockenspiel, Haitian Tanbou

Recorded by D. James Goodwin at Clubhouse, Rhinebeck, NY on May 29th 2019. Recording assistant: Shubham Mondal. Mixing, mastering and recording production by David Torn. Cover art: Steve Byram. Graphic design: Fiona Ryan. Photos: Caterina Di Perri. Liner notes: Jim Macnie.
ソングリスト
1.The Fantastic Mrs. 10
2.Surface Noise
3.Rolo
4.Dear Friend
5.The Amazing Mr. 7
6.Third Option
7.Rose Colored Assive








●ジェフ・パーカー / SUITE FOR MAX BROWN 国内CD 2,310円(税込) (HEADZ / HEADZ-244 / 4582561391378)

シカゴの新興ジャズ・レーベル、International AnthemとあのNonesuch Recordsとの共同リリースの第一弾アルバム!
2月に1998年の名盤『 TNT』の完全再現公演で来日するポストロックの代表バンド、トータスのメンバーであり、平行してジャズ・ギタリストとしての活動も行なっているジェフ・パーカーの名盤の誉れ高き、2016年のリーダー作『The New Breed』(NPR、Observer、Ne w Yor k Tim e s、Los Angeles Times、Jazz Standard、Bandcamp等にて、2016年の年間ベストに選出。日本盤は2017年リリース)に続く、新作アルバム『Suite for Max Brown』が遂に完成

ジェフと並ぶ看板アーティストでもあるドラマーのマカヤ・マクレイヴンのリーダー作等で日本でも近年注目が高まっているシカゴの新興ジャズ・レーベル、International AnthemとあのNonesuch Recordsとの共同リリースの第一弾アルバム(第一弾は昨年12月2日にリリースされたジェフのアルバムの先行シングル『Max Brown - Part1』)となる本作は、『The New Breed』の姉妹作(『The New Breed』はジェフの亡き父親に捧げられたアルバムで、アルバムのアートワークにもフィーチャーされていたが、本作はジェフの母親がジャケットにフィーチャーされている。ちなみにご存命です)ともいえる作品で、前作同様にジェフがマルチ・インストゥルメンタリストやビートメーカーとして一人で制作した楽曲とThe New Breedというグループ名でライブ活動をするまでに発展した前作のレコーディング・メンバーが再び集結して制作された楽曲が収録されている。

『The New Breed』と同様プロデュースはジェフ自身と、エイミー・マン、アラン・トゥーサン、ノラ・ジョーンズの作品等で有名なポール・ブライアン(2018年のグラミーでエイミー・マンの2017年のアルバム『Mental Illness』のプロデューサーとして「Best Folk Record」を受賞)が担当(ミックスも担当し、ベースでも参加。ミシェル・ンデゲオチェロやルーファス・ウェインライトのライブにも参加するなどプレイヤーとしても活躍している)。

エスペランサ・スポルディングやミゲル・アトウッド・ファーガソン、リオン・ブリッジズとも共演してきたサックス奏者のジョシュ・ジョンソン、ロバート・グラスパー・トリオのメンバーで、先鋭的ジャズ・コレクティヴ、エリマージを率いる新世代ドラマー、ジャマイア・ウィリアムス(モーゼス・サムニーの2017年作『Aromanticism』にはドラマーとして、ソランジュの2019年作『When I Get Home』にはプロデューサーの一人として参加している)が脇を固めている。本作には更に二人のドラマーが参加しており、一人はレーベルメイトで何度も共演していて、日本でも人気上昇中のマカヤ・マクレイヴン(『The New Breed』の日本盤のボーナス・トラックとして収録されたリミックスも担当)、もう一人は『The New Breed』にも参加していたジェイ・ベルローズ(ポール・ブライアン関連作のみならず、ポーラ・コールの作品を中心に、エルトン・ジョン、ロバート・プラントとアリソン・クラウスのグラミー受賞作『Raising Sand』他、ジャンルに関係なく活躍)。

シカゴ・アンダーグラウンド・オーケストラ以降、何度も共演を重ねてきた盟友ロブ・マズレクがピッコロ・トランペット、ブライト・アイズ(コナー・オバーストのソロ作も)やエンジェル・オルセンの2019年作『All Mirrors』にも参加しているネイト・ウォルコットがトランペットで参加している。

また、ジェフのバークリー音楽院時代の同級生で、現在はChicago Symphony Orchestraに在籍しているチェリスト、Katinka Klejin(昨年末来日したラリー・ウォーカーと共演作をリリースしている)も参加している。アルバムの冒頭を飾る「Build a Nest」には、前作収録の「Cliche」に引き続きChicago High School of the Artsの学生でもある17歳のジェフの愛娘、ルビー・パーカーのヴォーカルをフィーチャーしている。

ジェフのオリジナル楽曲とともに、ジョン・コルトレーンの1963年作『インプレッションズ』収録の「After the Rain」のカヴァー、ジョー・ヘンダーソンの「ブラック・ナルシサス」をジェフ流に解釈した「Gnarciss」を収録している。

マスタリングも前作同様、Jディラ『Donuts』を手掛けたデイヴ・クーリーが担当している。

現在進行形のサウンドと、古き良きジャスがバランスよく収録されており、ジェフのミュージシャンやコンポーザーとしての懐の深さを感じさせつつも、非常に才気溢れる作品となっている。

日本盤には昨年6月に7インチのソノシートのみでフィジカル・リリースされた、Madlibとのコラボでも知られるジョージア・アン・マルドロウ(ストーンズ・スロウ初の女性アーティストとしてデビューし、現在はブレインフィーダー所属)の「Blackman」(1stフル・アルバム『Olesi: Fragments of an Earth』収録曲)のカヴァー曲(この曲もルビー・パーカーのヴォーカルをフィーチャー)をボーナス・トラックとして収録決定。

ライナーノーツは、Jazz The New Chapterの柳樂光隆が担当。

ソングリスト
1.Build a Nest (feat. Ruby Parker)
2.C’mon Now
3.Fusion Swirl
4.After the Rain
5.Metamorphoses
6.Gnarciss
7.Lydian Etc
8.Del Rio
9.3 for L
10.Go Away
11.Max Brown
12.Blackman







●BEN WILLIAMS / I AM A MAN 輸入CD 2,200円(税込) (RAINBOW BLONDE / RWBL202 / 0192641067457)
※デジパック

ファースト・コールのベーシストが放つネオ・ソウル作品。
●2009年にセロニアス・モンク・コンペティションで優勝を飾り、以降、パット・メセニー、ウィントン・マルサリス、ロバート・グラスパー、ホセ・ジェイムズ、渡辺貞夫などと共演してきたファーストコールのベーシストが、初めてヴォーカルに挑戦したソウル作品。ホセ・ジェイムズが立ち上げたレーベル「レインボー・ブロンド」からのリリース。

●ザ・ルーツ、ディアンジェロ、エリカ・バドゥ、コモン、RHファクターといったネオ・ソウル的アプローチ。キーヨン・ハロルド、マーカス・ストリックランド、クリス・バワーズ、ジャマイア・ウィリアムス等、同世代のシーンのキー・ミュージシャンがバックアップした注目作。

ソングリスト
1.Intro: I Am A Man 02:41
2.If You Hear Me 06:31
3.March On (feat. Wes Felton) 04:12
4.Promised Land (feat. Kendra Foster) 05:30
5.High Road (feat. Muhsinah) 05:12
6.Take It From Me (feat. Niles) 03:23
7.Come Home (feat. Kendra Foster) 04:16
8.The Death Of Emmett Till 05:47
9.High Road Pt. 2 04:18
10.We Shall Overcome 05:00







●JOHN ZORN / BEYOND GOOD AND EVIL 輸入CD 2,420円(税込) (TZADIK / TZ8369 / 0702397836926)
※ペーパースリーブ

2015年に発売された「Simulacrum」のライブ盤がTZADIKから発売。オルガン奏者ジョン・メデスキが参加しメタルやハードコア、フリージャズが渾然一体となった血管がはち切れくらいハイテンションな演奏を披露。

Personnel:
John Medeski: Organ
Kenny Grohowski: Drums
Matt Hollenberg: Guitar

ソングリスト
1.The Illusionist
2.Ghost Sonata
3.Ravens
4.Alterities
5.Danse Macabre
6.Plague
7.Dark Pageant
8.Angelic Voices
9.The Divine Comedy








●サム・ウィルクス / LIVE ON THE GREEN SPECIAL EDITION 国内CD 2,530円(税込) (ASTROLLAGE / ASGE30 / 4988044052079)
※日本限定CD (輸入盤CDは、ございません。)

2018年のベストディスクとして、バイヤーやライターからピックアップされたサム・ウィルクス「Wilkes」から1年・・・待望の新作となるライブ&スタジオ盤が完成!!
LPに未収録だった5曲の音源を追加した、正にライブ・オン・ザ・グリーンの完全盤となる日本企画限定盤がCDリリース!!

2018年のベストディスクとしてジャズやニュー・エイジ、ポスト・クラシカルを中心としたバイヤーやライターからピックアップされた名盤かつ初ソロ作となった『Wilkes』は、2019年5月astrollageより日本限定でCD化されたことも記憶に新しい実力派ベーシスト/コンポーザー、サム・ウィルクス。

待望の新作は、名作『Wilkes』のアルバム発売直後の2018年11月に行われたライブ音源とスタジオ録音で構成。このCD盤には『Wilkes』から“Today”、“Run”、“Descending”に、アナログ盤には未収録の“Tonight”に“Welcome”、“Hug”と更に2曲を追加した5曲を含む、計13曲が収録されており、正に“Live on The Green”の完全盤と言える内容になっている。

ジョー・ヘンダーソンやアリス・コルトレーンといったジャイアンツのカバーも披露。「エクスペリメンタル・ライブ・アルバム」と言うように、ジョン・ケージにもインスパイアされた観客が放つサウンドも含めて、あの楽曲群がライブではどのように変化しているのか・・・新たな才能の一端に触れることのできる素晴らしい作品に仕上がっている。『Wilkes』で衝撃を受けた方は問答無用で聴いていただきたい、新世代ジャズ重要作品の1つなのではないでしょうか。

ソングリスト
1.Sivaya(Live) *
2.Welcome(Live) *
3.Today(Live)
4.The B Section Of Inner Urge(Live)
5.Tonight(Live) *
6.Alma(Live)
7.Run(Live)
8.Unsure(Live) *
9.Hug(Live) *
10.Descending(Live)
11.Sivaya(Studio)
12.Unsure(Studio)
13.Descending(Alternate Mix)(Live)









●島靖国) / JAZZ BAR 2019 (LP) 国内LP 4,620円(税込) (寺島レコード / TYLP1085 / 4988044052017)
※LP / 完全限定プレス

2001年にスタートした長寿コンピレーション
寺島レコードの『Jazz Bar』シリーズ最新作
20周年イヤーの訪れを告げるアナログ盤発売決定
来年2020年に金字塔となる20年を迎える『Jazz Bar』シリーズ。名実ともに歴史にその名を刻むシリーズへと成長を遂げたが、寺島靖国の選曲熱はまだまだ衰え知らず。続々と新シリーズも発表する中でも、本シリーズでブレずに20年にわたり「哀愁」の「美しいメロディー」をもつ「知られざる名曲と演奏家」をコンパイル。今回も世界各国の美旋律ジャズをご紹介します。

ソングリスト
A1.To Michel [Daniele Sala Trio]
A2.And You Are [Noam Lemish, George Marsh & Jim Kerwin]
A3.Maria Gennem torne gar [Carsten Dahl, Mads Vinding, Alex Riel]
A4.La Valse d'Oscar from "Oscar et la Dame rose" [Fran〓ois Ingold Trio]
B1.Graceful Touch [Yoko Teramura Trio]
B2.El Bailador [Peter Sarik Trio]
B3.Accarezzame [Julian Oliver Mazzariello Trio]
B4.Chez Mini [Andrea Garibaldi Trio]
B5.Maria durch ein Dornwald ging [Oli Poppe Trio]









●JEFF PARKER / SUITE FOR MAX BROWN(LP) 輸入LP 3,630円(税込) (INTERNATIONAL ANTHEM / 6249711 / 0075597922554)
※LP

鬼才ジェフ・パーカー2020年待望の新作がInternational AnthemとNonsuchが共同リリース!
カリスマ、ジョン・コルトレーンの"After The Rain"をカヴァーも収録、2016年作「New Bleed」に続くジェフ・パーカーの才気が爆発した素晴らしい作品に仕上がっています。

ソングリスト
A1.Build a Nest (feat. Ruby Parker) 02:13
A2.C'mon Now 00:25
A3.Fusion Swirl 05:32
A4.After the Rain 04:45
A5.Metamorphoses 01:48
A6.Gnarciss 02:12
A7.Lydian 00:55
A8.Del Rio 01:38
B1.3 for L 04:47
B2.Go Away 04:58
B3.Max Brown 10:36








●MILES DAVIS / EARLY MINOR: RARE MILES FROM THE COMPLETE IN A SILENT WAY SESSIONS(LP) 輸入LP 3,300円(税込) (LEGACY / 19075978321 / 0190759783214)
※LP

「The Complete In a Silent Way Sessions」(2001)で初めて発表された幻の3トラックが初アナログ盤リリース!
60年代の黄金クインテットの解体時期から、先駆的な「ビッチェズ・ブリュー」発表に至るまでの期間、マイルス・デイヴィスは数多くの過渡期的なセッションでのレコーディングを行っているが、「In a Silent Way」はその最高点ともいえるリリカルな美しさに溢れる作品。
本作品に収められた、"Splashdown"、"Early Minor"、"The Ghetto Walk"の3つの質の高いトラックは、2001年リリースの「The Complete In a Silent Way Sessions」で初めて発表されたもので、それ以降で初めてアナログでの一般的なリリースとなるものです!(レコード・ストア・デイのInfoより)

今年のRecord Store Day Black Friday2019ジャズリリースタイトルの目玉の一つはコレでしょう!!
2001年にCDで発売された「The Complete In a Silent Way Sessions」で初出となった3曲が初アナログ盤化。「In a Silent Way」本編の音源は入ることなく、初出となった3曲のみがピックアップされて収録されているので、本編をお持ちの方はダブることがないのもポイント。ファンの多い「In a Silent Way」の時期の音源ということでマイルス・マニアはもちろんのこと、エレクトリック・マイルスやモーダルが好きな方も見逃せないリリースです。

■Personnel:
Wayne Shorter (Tenor Saxophone)
Miles Davis (Trumpet)
Chick Corea, Herbie Hancock, Joe Zawinul (Electric Piano)
Joe Zawinul (Organ)
Dave Holland (Bass)
Tony Williams* Jack DeJohnette (Drums)








●GIL SCOTT-HERON / WE’RE NEW AGAIN -A REIMAGINING BY MAKAYA MCCRAVEN(LP) 輸入LP 2,530円(税込) (XL RECORDINGS / XL1006LP / 0191404100615)
※LP

Gil Scott-Heronの遺作『I’m New Here』が発売10周年を記念して新鋭ジャズ・ドラマーMakaya McCravenによって再録/再構築されたコラボ作品として〈XL Recordings〉より発売!
2011年に62歳でこの世を去った伝説の‘黒人吟遊詩人’と語られるミュージシャン、詩人、作家でありEminemやSnoop Doggなども敬愛するラップの始祖でもある、Gil Scott-Heron。彼の生前最後のスタジオ・アルバム『I’m New Here』が発売10周年を記念し、シカゴ発の新鋭ジャズ・ドラマー兼プロデューサーであるMakaya McCravenによって再録/再構築された作品『We’re New Again - a Reimagining by Makaya McCraven』として〈XL Recordings〉よりリリース。

オリジナルの『I’m New Here』は、2008年に〈XL Recordings〉の創設者Richard RusselによってNYで録音/プロデュースされ2010年にリリース、2011年にはJamie XXによる同作のリミックスが収録されたアルバム『We're New Here』としても発表されている。今回『I’m New Here』のリイマジニング(オリジナル作品を再び作り直すこと)を手掛けたMakaya McCravenは、モダン・ジャズの中でも最も刺激的でユニークなサウンドを生み出す新世代ジャズ・シーンの最重要ドラマー、ビートメイカー、プロデューサーとして注目を浴びており、Richard Russelが彼のアルバム『Highly Rare』を聴いてそのサウンドに惚れ込んだことがきっかけとなり、今回のプロジェクトが実現した。

本作は、シカゴにあるMakayaのホーム・スタジオでレコーディング/制作が行われ、エレクトロニックな要素やサンプリングを駆使したMakayaならではのインプロビゼーションが加えられ、Gil Scott-Heronの世才のある詩を歌うそのディープなボーカルに更なる力強さを与えている。オリジナル作品のサウンドをさらに豊かにするだけでなく、完全にユニークでありながらオリジナル作品を心の底から讃える内容になっている。(メーカーインフォメーションより)

ソングリスト
A1.Special Tribute (Broken Home pt.1)
A2.I'm New Here
A3.Running
A4.Blessed Parents
A5.New York is Killing Mex
A6.The Patch (Broken Home pt.2)
A7.People of The Light
A8.Being Blessed
A9.Where Did the Night Go
B1.Lily Scott (Broken Home pt.3)
B2.I'll Take Care of You
B3.I've Been Me
B4.This Can't Be Real
B5.Piano Player
B6.The Crutch
B7.Guided (Broken Home pt.4)
B8.Certain Bad Things
B9.Me and the Devil







●PUSS N' BOOTS / SISTER(LP) 輸入LP 3,960円(税込) (BLUE NOTE / 848370 / 0602508483707)
※LP

ノラ・ジョーンズによるガールズ・バンド=プスンブーツ、オリジナル曲を多数収録した待望のフル・アルバム!
●ノラ・ジョーンズがギターの練習をするために親しい友人同士で集まったことがきっかけで、2008年よりニューヨーク、ブルックリンのライヴ・ハウスを中心にバンドとして活動をスタートしたプスンブーツ。フル・アルバムをリリースするのは2014年、ローリング・ストーン、ペースト、アメリカン・ソングライターなどのメディアから称賛されたデビューアルバム、『ノー・フールズ、ノー・ファン』から約6年ぶり。

●ポール・ウェスターバーグ、トム・ペティ、ドリー・パートンのカヴァー曲も収録しているが、今回はカヴァーが多かったファースト・アルバムとは異なり、オリジナル曲がメイン。タイトルにもなった「シスター」という言葉からも連想できるように彼女たちのいい関係性が存分に詰め込まれ、少しダークで遊び心のある歌詞にも注目したい。

●自由気ままな挑戦が満載のアルバムで、特に楽器担当の固定はなく、楽曲によってそれぞれ担当している楽器が異なる。3人が音楽を通して遊ぶ楽しさが伝わってくるような作品だ。

●彼女たちの本拠地であるブルックリンでレコーディングされ、録音はノラ・ジョーンズを担当してきた名匠トム・シック。アルバムと通して全曲プロデュースもプスンブーツとして彼女たち自身が行っている。ライヴで大切に歌ってきた曲も収録し、3人のこだわりがたくさん詰まったアルバムに仕上がった。ノラの普段のソロ活動からは垣間見られない一面を楽しむことができる。

ソングリスト
A1.Jamola
A2.It's Not Easy
A3.Nothing You Can Do
A4.Lucky
A5.You and Me
A6.You Don't Know
B1.The Great Romancer
B2.It's A Wonderful Lie
B3.Sister
B4.The Razor Song
B5.Angel Dream
B6.Same Old Bullshit
B7.Joey
B8.The Grass Is Blue



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00 / 元日のみ休業

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

12:00~21:00 (時短営業)
(日・祝 12:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す