【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
【新品】 5/22  新入荷一覧! 


●MARCIN WASILEWSKI (SIMPLE ACOUSTIC TRIO) マル / ARCTIC RIFF
輸入CD 2,530円(税込) (ECM / 835983 / 0602508359835)



マルチン書き下ろしの4曲、ジョー・ロヴァーノのオリジナル1曲、さらにカーラ・ブレイのクラシック “Vashkar” (2つのヴァリエーションで), そして4人によるインプロヴィゼーション、とても集中した、強い感情のこもった中にもリリスズムを感じられることのできる特別な音楽。特に"Arco"での Slawomir Kurkiewiczのベース・プレイはすごい!今秋にはツアーも4人で予定されている。

【パーソネル】 Marcin Wasilewski (p) Slawomir Kurkiewicz  (double-b) Michal Miskiewicz(ds) Joe Lovano (ts)

ソングリスト
1.Glimmer Of Hope
2.Vashkar
3.Cadenza
4.Fading Sorrow
5.Arco
6.Stray Cat Walk
7.L'Amour Fou
8.A Glimpse
9.Vashkar (var.)
10.On The Other Side
11.Old Hat







●V.A. / I STILL PLAY
輸入CD 1,980円(税込) (NONESUCH / 7559792086 / 0075597920864)


※ペーパースリーヴ

錚々たる面々が作曲した11篇のピアノ作品〜NONESUCHボブ・ハーウィッツへのトリビュート・アルバム『I STILL PLAY』。

この上なく贅沢で稀有な音楽的会話――。
1964年の創立以来、一貫して良質な音楽を発掘し続け、世に届けてきたニューヨークのレーベル、NONESUCH。そのレーベルを32年もの間率いてきた偉大なる音楽通、ボブ・ハーウィッツへのトリビュート・アルバム『I STILL PLAY』。ジョン・アダムス、ローリー・アンダーソン、ティモ・アンドレス、ルイ・アンドリーセン、ドナチャ・デネヒー、フィリップ・グラス、ニコ・マーリー、ブラッド・メルドー、スティーヴ・ライヒ、パット・メセニー、そしてランディー・ニューマンといった錚々たる面々が作曲した11篇のピアノ作品がファンの元にも届けられる。

1964年の創立以来、一貫して良質な音楽を発掘し続け、世に届けてきたニューヨークのレーベル、NONESUCH。レーベルが持つ拘りの審美眼は世の音楽通を唸らせ、世界中にファンも多い。そのNONESUCHレーベルの社長を32年もの間務めてきたボブ・ハーウィッツが2017年、名誉会長職に就いたことを祝い、レーベルに所属するアーティストたちが作曲した11のソロ・ピアノ楽曲を集めたアルバム『I STILL PLAY』が発売となる。(ちなみにボブ自身、ピアニストでもある)

アルバム『I STILL PLAY』に収録されているのは、ジョン・アダムス、ローリー・アンダーソン、ティモ・アンドレス、ルイ・アンドリーセン、ドナチャ・デネヒー、フィリップ・グラス、ニコ・マーリー、ブラッド・メルドー、スティーヴ・ライヒ、パット・メセニー、そしてランディー・ニューマンといった錚々たる面々。クラシックに現代音楽、ジャズにポップス、ロックまで幅広いスタイルの音楽家が集まったのも、最初はクラシック・レーベルとしてスタートしたNONESUCHにワールドから現在音楽、ジャズ、ロックにポップス、アメリカーナからブルーグラスなど様々なアーティストたちを招き入れたボブ・ハーウィッツの功績を反映していると言えるだろう。そして収録されているピアノ・ソロ作品を演奏するのは、ノンサッチを代表するピアニスト、ティモ・アンドレスにジェレミー・デンク。またブラッド・メルドーとランディー・ニューマンは自身の曲を自ら演奏している。

『I STILL PLAY』に収録されている楽曲が初めて演奏されたのは、2017年、ボブ・ハーウィッツのNONESUCHレーベルでの在任期間を祝って開催されたBrooklyn Academy Of Musicでのコンサートだった。これらの楽曲、そしてアルバムについて、ハーウィッツの長年の友人であり、同僚でもあるNONESUCHレーベルの現社長、David Bitherは次のように語った。
「ボブの偉大なる友人、ジョン・アダムスがこのアルバムの核となるアイディアを思いついたんだ。ボブの在任期間を祝うのに何をしたらいいか、彼に相談した。すると数週間後、彼はボブと近しく仕事をしてきた作曲家たちにそれぞれ曲を作ってもらうのはどうだろうかと提案してきた。あっぱれな考えだった、でも少し捻りが効いていたんだ」その”捻り“についてバイザーはこう明かす。「ボブはピアニストで、実際子供の頃から毎日欠かさずピアノを弾いているんだ。そのことが自分の音楽の聴き方に大きな影響を与えていると彼は言う。ジョンの提案は、コンサートで演奏するようなものではなくて、ボブのようなピアノの達人が演奏するような曲をそれぞれの作曲家が作るのはどうだろう、ということだった」

アルバムに収録されている11曲はどれもボブ・ハーウィッツへのトリビュートであり、とあるニューヨークのアッパー・ウエスト・サイドにあるリヴィング・ルームのスタインウェイ・ピアノで、たった一人の観客の為に演奏されるべく作られたものだ。本作『I STILL PLAY』は、二人の親しい友人の音楽的会話を目の当たりにしたような、そんな親密感と緊張感が感じることができる、この上なく贅沢で稀有な作品と呼べるだろう。

Performed by
Timo Andres (piano)
Jeremy Denk (piano)
Brad Mehdau (piano)
Randy Newman (piano)

ソングリスト
1. Move (Nico Muhly, composer / Timo Andres, piano)
2. Wise Words (Timo Andres, composer, piano)
3. Rimsky or La Monte Young (Louis Andriessen, composer / Timo Andres, piano)
4. I Still Play (Pocket Variations) [John Adams, composer / Jeremy Denk, piano]
5. Evening Song No. 2 (Philip Glass, composer / Timo Andres, piano)
6. Song for Bob (Laurie Anderson, composer / Timo Andres, piano)
7. L.A. Pastorale (Brad Mehldau, composer, piano)
8. For Bob (Steve Reich, composer / Timo Andres, piano)
9. 42 Years (Pat Metheny, composer / Brad Mehldau, piano)
10. Her Wits (About Him) [Donnacha Dennehy, composer / Timo Andres, piano]
11. Recessional (Randy Newman, composer, piano)







●GEORGE COLLIGAN / LIVE IN ARKLOW
輸入CD 1,650円(税込) (UBUNTU / UBU0055CD / 5065002180612)
ジャック・ディジョネット(ds)、バスター・ウィリアムス(b)、リー・コニッツ(as) などのサイドを務め、自らも数多くのアルバムをリリースしてきた実力派ピアニスト、ジョージ・コリガンの最新作。アイルランドの David Redmond (b)、Darren Beckett (ds) とのトリオによる2018年ライブ録音作。
George Colligan (piano)
David Redmond (bass)
Darren Beckett (drums)
ソングリスト
1. Up Jumped Spring
2. Lost On Fourth Avenue
3. Again With Attitude
4. What Is This Thing Called Love
5. The Influence Of Jazz
6. Usain





●ROB LUFT / LIFE IS THE DANCER
輸入CD 2,420円(税込) (EDITION RECORDS / EDN1152 / 5060509790906)


※ペーパースリーヴ

巨匠トランペット奏者:ケニー・ウィーラーの音楽賞で優勝、2016年のモントルー・ジャズ・フェスティバルのギターコンペでも準優勝するなど、ギタリストとしてすでに注目の存在であるロンドンの若き異才、ロブ・ラフトのセカンド・アルバム。
アフロ/ラテン/インドなど、様々なルーツ・ミュージックが浸透する英国・ロンドン発のジャズらしさ溢れる作品。

ROB LUFT guitar
JOE WRIGHT tenor saxophone
JOE WEBB hammond organ, piano
TOM McCREDIE bass
CORRIE DICK drums 

ソングリスト
1.Berlin
2.Life Is The Dancer
3.All Ways Moving
4.One Day In Romentino
5.Tanpura
6.Synesthesia
7.Other Wise
8.Snow Country
9.Sad Stars
10.Expect the Unexpected





●VERNERI POHJOLA / DEAD DON'T DREAM
輸入CD 2,310円(税込) (EDITION RECORDS / EDN1153 / 5060509790937)


※ペーパースリーヴ

フィンランド出身のトランぺッターVerneri Pohjolaの最新アルバム。
彼が過去に発表した3作品それぞれのスタイルを織り交ぜてひとつにまとめ上げた、彼自身や彼のクリエイティビティがよく表れた美しいアルバム。

Verneri Pohjola – trumpet
Tuomo Prättälä – piano & electronics
Mika Kallio – drums and gongs
Antti Lötjönen – bass
Pauli Lyytinen – soprano saxophone & tenor saxophone (on ‘Wilder Brother’ and ‘Suspended’)
Miikka Paatelainen – pedal steel (on ‘Monograph’, ‘The Dead Don’t Dream’ and ‘Suspended’)

ソングリスト
1.Monograph
2.Wilder Brother
3.Voices Heard
4.The Conversationalist
5.The Dead Don’t Dream
6.Argirro
7.Suspended







●MASAHIKO SATO / KAYOBI NO ONNA(LP)
輸入LP 3,630円(税込) (MITSUKO & SVETLANA / MITSUKO004 / 4251648417941)


※LP

日本ジャズシーンの大御所ピアニスト/作曲家の佐藤允彦が、1969~70年に放送された連続サスペンスドラマ『火曜日の女』シリーズのために1970年に東宝レコードからリリースされたサントラ「佐藤允彦女を奏う―火曜日の女」がアナログ盤で初のリイシュー!!

テレビドラマのサントラとはいえ、“やっつけ仕事”臭は皆無。変幻自在のピアノと絡み合うコクがあり流麗な音楽空間は佐藤允彦第一次黄金期を代表する作品と言われながらも幻とされた名作。石川晶のスネアと佐藤のエレピが余りにも美しく溶け合う曲や佐藤の壮絶なアドリブに絡み合うスキャット等、実に見事な1枚。

Bass – Kunimitsu Inaba, Yasuo Arakawa
Drums – Akira Ishikawa
Guitar – Kiyoshi Sugimoto
Piano – Masahiko Sato
Vocals – Yoshiko Goto

ソングリスト
A1.庸子・愛と過去 (耳飾り) = Yoko, Ai To Kako (Mimikazari)
A2.典子・愛と汚名 (美しき獲物) = Noriko, Ai To Omei (Utsukushiki Emono)
A3.千恵・愛と真実 (雨の日の罠) = Chie, Ai To Shijitsu (Ame No Hi No Wana)
A4.美弥子・愛と追跡 (恋の罠) = Miyako, Ai To Tsuiseki (Koi No Wana)
A5.信子・愛と逃亡 (死と空と) = Nobuko, Ai To Tobo (Shi To Sora To)
B1.美矢子・愛と犠牲 (蒼いけものたち) = Miyako, Ai To Gisei (Aoi Kemonotachi)
B2.美佐子・愛と希望 (逃亡者) = Misako, Ai To Kibo (Tobosha)
B3.佐紀子・愛と裏切り (人喰い) = Sakiko, Ai To Uragiri (Hitokui)
B4.早苗・愛と恐怖 (木の葉の舟) = Sanae, Ai To Kyofu (Konoha No Fune)


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00 / 元日のみ休業

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間(時短営業)12:00~21:00 / 日・祝 12:00~20:00
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 3F
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

12:00~21:00 (時短営業)
(日・祝 12:00~20:00)

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す