【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。


●LEE KONITZ, BRAD MEHLDAU, CHARLIE HADEN, PAUL MOTIAN
/ LIVE AT BIRDLAND / ECM / CD / 2,500円


リー・コニッツ、ブラッド・メルドー、
チャーリー・ヘイデン、ポール・モチアン!

2011年のマスト・アイテム!

the new york times より

2009年12月に話題にあがり、その演奏を見れなかった日本のジャズ・ファンが涙を流して悔しさをつぶやきあい、心の底からアルバム化を祈り合ったあのメンバーのあのライブが、
ECM からでました!!!

参考記事: brad mehldau, paul motian, lee konitz, charlie haden でライブをしたようです。

------------------------------
今年のジャズ最重要作品の1枚!現代ジャズにおける最重要ミュージシャン・カルテットによるジャズ・スタンダード作品!
本作は“Live At Birdland”は2009年12月9日10日にNYの伝説のジャス・クラブBirdlandでLee Konitz,Brad Mehldau,Charlie Haden,Paul Motianという現代を代表するジャズ・ミュージシャンたちが “Lover Man”, “Lullaby Of Birdland”, “Solar”, “I Fall In Love Too Easily”, “You Stepped Out Of A Dream” “Oleo”というジャズ・クラシックスをリハーサルや事前のセット・リスト共有一切なしに演奏。自由と柔軟性、さらにメロディーへの大きな愛に満ちた至福のライヴを収録。これほどのメンツがこれまでの経験とインプロヴィゼーションの直感そのままに演奏されたスタンダードは、やはり新鮮で新しい。Charlie HadenとPaul MotianはKeith Jarrettのトリオに10年間在籍、さらに‘American quartet’やHadenの Music Liberation Orchestraでも共演、魔法のようにお互いを分かり合えているリズム隊。 Lee KonitzとBrad Mehldauは1990年代Bluenoteからリリースの『Alone Together』『Another Shade of Blue』の2作品ではHadenも一緒だった。さらにKonitzとHadenはPaul Motianの “On Broadway” セッションで共演経験があるが、この4人によるライヴは今回が初めて。また4人共にECMとのかかわりも深い。Hadenは昨年のベスト・セラー・アルバム『Jasmine』をKeith Jarrettとのデュエットでリリース、Motianは2009年『Lost In A Dream』をリリース、どちらも大きな成功を収めた。Lee Konitzは1996年にKenny Wheelerの名盤『Angel Song』でECMデビュー, Brad Mehldauは Charles LloydのECM名盤『The Water Is Wide』に参加。

Lee Konitz83歳, Brad Mehldau40歳, Charlie Haden73歳, Paul Motian79歳という3人の巨匠と人気実力共に若手の中でのNo.1がセット・リストを決めずにステージに立ち、超有名スタンダードを完全即興演奏した本作、特にKonitzは(1949年にオープンしたオリジナルのBirdlandのステージに立ったジャズ・ソリストで今でも生きている“最後の伝説”のはKonitzただ一人)まだまだ自身の演奏を探求しつづけており、彼のフレーズはこれまで以上にに冒険的。「初めてこの曲に遭遇したかのように演奏するように心がけている。」とのこと。またジャケット・デザインにも定評あるECM、本作品のジャケットを手掛けたのはフランスの映画監督でヌーベルヴァーグの旗手とも言われるJean-Luc Godard。“Lover Man”はBillie Holidayがよく取り上げていたことで知られる曲(NewportでのLee KonitzとGerry Mulliganの演奏でも知られる)がオープニングを飾る。Konitzのメランコリックな泣きのアルト・サックスが全開、Mehldauのソロも一聴しただけでプレイヤーとしての知性を感じる、個性的な共演者の間でブリッジを持続的に伴奏をするのも素晴らしい。Hadenのベース・ソロはソウルフルでMotianの器用なブラッシングも完璧。
“Lullaby Of Birdland”は残念ながら今年2月に逝去した1952年にGeorge Shearingが作曲。HadenとMotianによるリズミックなインタープレイが疾走、1960~70年代Keith Jarrett Trioで共に分かち合ったテレパシーが通じたような演奏は圧巻。
Miles Davisの“Solar”はKonitzの抽象的なクラリオンのコールから始まるが、すぐMotianが入りそして残り2人も入ってグルーヴとなる。Mehldauのソロは驚異のインヴェンション、さらにMotianの予測不可能なドラムにより演奏は高揚する。
“I Fall In Love Too Easily”はJule Styneの心打つバラッドでFrank Sinatraによって1945年に初めて歌われた曲。Mehldauがメロディーのアウトラインを美しく演奏、KonitzはまるでOrnette ColemanのようなフレージングでHadenの心からのソロも加わり歌心溢れるパフォーマンス。
“You Stepped Out Of a Dream” は1997年にKonitz,Mehldau,HadenのトリオでBlue Noteのアルバムに録音したことのあるナンバーだが、パワフルなMotianが加わることで完成されたといえる。
Sonny Rollinsの “Oleo”は今回のセットで最もフリーなパフォーマンス、Konitz/Motianの美しいデュエットから始まるが、Mehldauはクールな半音階主義をビバップのリズミックなフレージングに結び共同ソロが分解する最後の瞬間まで演奏。 スタンダードの新しい姿を聴くことの出来、今後のジャズ史上にも残る今年の最重要作品!(インフォより)

Lee Konitz(as), Brad Mehldau(p), Charlie Haden(double-b), Paul Motian(ds)
Recorded live on December 9+10, 2009 at Birdland, New York
Produced by Manfred Eicher

1. Lover Man
2. Lullaby Of Birdland
3. Solar
4. I Fall In Love Too Easily
5. You Stepped Out Of A Dream
6. Oleo

▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す