【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。
2017年12月22日発売予定
限定盤ですのでご予約はお早めに!



●V.A.(ESOTERIC) / グレート・ジャズ・セレクション 6 / エソテリック (ESOTERIC) / JPN / SACD / ESSO90173/78 / 4907034221950 / 23,400円(税込)



エソテリック株式会社(代表取締役社長 大島 洋)は、ジャズが最も隆盛を誇っていた 1960 年前後の人気作品 6 作品(Super Audio CD/CD ハイブリッド 6 枚組ボックスセット)を発売開始いたします。
ジャズ界のエポックとなった問題作というのではなく当時日本のジャズ喫茶でも圧倒的人気でリクエストされ、今なお愛されている楽しく聴きつがれている名盤をここに揃えました。

■モダン・ジャズ最盛期に咲いた日本でも人気を誇った親しみやすい名盤の数々
ステレオ録音の初期、1950 年代中頃からモダン・ジャズのレコーディングは実に活発になりました。
ジャズ専門レーベルがいろいろと誕生したのもその要因のひとつでした。ブルーノート、プレスティッジ、ヴァーヴ、リヴァーサイドなどが覇を競って血気盛んなミュージシャンのレコーディングを行いました。当時のハードバップ・ムーヴメントを的確に記録したディスクなど、今なお多くの人に共感をもたれているものも多く存在しますが、ここではそうした熱気に富んだジャズ・シーンの歴史的名演というよりは、そうした激動の時期から一つ歩みを進めた「円熟期」とも言える 1960 年前後の作品、それもジャズ史を揺るがすような歴史的名盤というよりは親しみをもって受け入れられ、日頃の生活のなかでも日本の人々の間で、その1フレーズ、1局面が脳裏に浮かび口ずさめるようなポピュラーな人気を誇っていた名盤を取り上げました。これらの中には 21 世紀になっても最新録音に引けをとらない、むしろ音質的には親しみを込めてより良好とも思われるディスクもふくまれています。

■最高の状態での Super Audio CD ハイブリッド化が実現
ステレオ化がやっと定着し始めた 50年代の後半、このあたりから音質的にも各社それぞれが独自のアプローチをしながら「新しいサウンド」を求めはじめました。マイクのセッティング、使用する機器も時代とともに著しく進歩し、アーティストの出す音を隅々までしっかりと収録しようとする試みがなされてきました。「生以上に生々しい音」を求め、レコードならではのリアリティ追求がなされたのもこの時期からでした。そうしたレコーディング・スタッフの努力、熱意がこの6つのディスクからは溢れ出るように感じら
れます。そうした現場の熱い思いを、しっかりとした充実度の高い音質を確保するように、綿密な製作工程を実践し、往年の名手の生々しい楽器の音色、リアルな現場の状況再現、これらを考慮しながら、エソテリック特有の丁寧なマスタリング、製盤作業を行いました。
各ディスクで録音状況に違いはありますが、通常のエソテリックの志向と同様に“マスターに残された音、そのものを再現する”ように心がけています。今回の Super Audio CD ハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターの選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特に DSD マスタリングにあたっては、DA コンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整された ESOTERIC の最高級機材を投入、また MEXCEL ケーブルを惜しげもなく使用することで、貴重な音楽情報を余すところなくディスク化することができました。
この Super Audio CD ハイブリッド・ソフトはエソテリックの独占販売で、主にオーディオ販売店にて限定 2,000 セット販売されます。




[アルバムの特徴]


WYNTON KELLY
KELLY BLUE
ウィントン・ケリー/ケリー・ブルー
ESS0-90173

■ブルース・フィーリングに満ちた「これぞジャズ」と言える名演
ケリー・グリーンという色をご存じですか? とっても鮮やかで、蛍光色のようにも見える、とても発色の良い緑色のことで 50 年代後半にアメリカで流行していました。それに引っかけて作られたタイトル『ケリー・ブルー』はウィントン・ケリーのプレイスタイルを物の見事に象徴した名文句となりました。ブルース的な表現に圧倒的な素晴らしさを示すウィントン・ケリーは 10 代の頃から活躍し、マイルス・デイヴィス・グループのピアニストに抜擢された 50 年代後半から、ピアニストとしての絶頂期を迎えます。こ
のディスクはウィントン・ケリーのピアニストとしての充実期にあたり、彼の魅力満載の、そしてジャズの香りがこれでもかと盛り込まれた名演が詰め込まれています。管楽器を多用したトラックとそれを挿むように組み込まれたジャズでよく取り上げられる名曲によるピアノ・トリオの演奏、この2つのセットでウィントン・ケリーは自身の持ち味を十二分に発揮しています。

■わが国ジャズ喫茶でも最大の人気盤
「ウィントン・ケリーの代表作であるばかりでなく、ファンキー・ブームの渦中で生まれた最も象徴的な成果としてひときわ光彩をはなつ1枚である。発売当時わが国のジャズ喫茶でも最大の人気盤となった」(ジャズ・レコード百科'79)

■作品のダイナミズムや情報量の多さにしびれてしまう
「ケリーの右手の微妙なイントネーションや左手の音圧が楽しめるタイトル曲やポール・チェンバースの太い音色のベースにノックアウトされるピアノ・トリオを聴くと、この作品のダイナミズムや情報量の多さにしびれてしまうのだ」(モダン・ジャズ名盤 500)

■Super Audio CD ハイブリッドの音質
密度が高く、肉厚な音に仕上がっています。ノイズに関しては特別な減衰処理をせず、それを残しながらも耳当たりがよく、質感を保つことができるようにしています。全体的に音像が立体的になり、ピアノは分離がよくウィントン・ケリーのタッチも明快、手をかざすと触れることができるかのような錯覚すら覚えるリアリティに満ちたサウンドになりました。音に若干感じられたヴェールは数枚剥がすことに成功したと自負しております。管楽器の入ったトラックでは楽器に付いたエコーが特徴的でしたが、原音ときれいにすみ分けができるように明確なサウンドにして、モヤモヤ感は一掃しています。


[収録曲]
ケリー・ブルー/朝日のようにさわやかに/オン・グリーン・ドルフィン・ストリート/柳よ泣いておくれ/キープ・イット・ムーヴィング/オールド・クローズ
ウィントン・ケリー(ピアノ)/ポール・チェンバース(ベース)ジミー・コブ(ドラムス)/ナット・アダレイ(コルネット)/ベニー・ゴルソン(テナー・サックス)/ボビー・ジャスパー(フルート)

[レーベル]リヴァーサイド [録音]1959 年 2 月 19 日、3 月 10 日 ニューヨーク、オリジナル・レコーディング プロデューサー:オリン・キープニュース
[Super Audio CD プロデューサー]大間知基彰(エソテリック株式会社) [Super Audio CD リマスタリング・エンジニア]杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) [Super Audio CD オーサリング]藤田厚夫(有限会社エフ) [解説]野沢龍介 佐藤秀樹 [企画・販売]エソテリック株式会社 [企画・協力]東京電化株式会社


BILL EVANS TRIO
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ
ESSO-90174

■最高の演奏と最高の音質で迫る 20 世紀を代表するピアノ・トリオの名盤
ビル・エヴァンスとベーシスト、スコット・ラファロのコラボレーションを記録した最後の名演奏です。この数日後スコット・ラファロは交通事故死を遂げこのセッションが正真正銘のお別れとなったのです。
同じ日の収録『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』に比べて選曲も親しみやすい、ピアノ・トリオ不朽の名盤です。ニューヨークのクラブ“ヴィレッジ・ヴァンガード”に連日出演していた時の最終日の記録ですが、両者の一体となって絡み合う演奏の素晴らしさと同様に、ライヴ収録としては異例とも思われる音質も、本ディスクの魅力の一つといえるでしょう。クラブの雰囲気、客席のちょっとした囁きなどもリスナーには演奏以上の生々しさで伝わってきます。

■ビル・エヴァンス・トリオの人気を決定的にした傑作ライヴ
『「マイ・フーリッシュ・ハート」のなんと美しいこと、「ワルツ・フォー・デビイ」のなんと愛らしいこと。これぞエヴァンス・トリオの人気を決定的にした傑作ライヴ』(完全新版モダン・ジャズ名盤 500)

■「ワルツ・フォー・デビイ」はその後も何度も演奏されているが、ここでの演奏が最高だ
『冒頭曲の驚嘆すべきバラード解釈とイマジネイティヴな語り口によって綴られる演奏は、エヴァンスのリリシズムの結晶といってもよい。タイトル曲はその後も何度も演奏されているが、ここでの演奏が最高だ』(ジャズ・ジャイアンツ これが決定盤)

■Super Audio CD ハイブリッドの音質
クラブ“ヴィレッジ・ヴァンガード”の空気感が見事に再現されています。各楽器の音も生々しく、ステージをうかがう最前列の席についた、というよりも本マスタリングでは最前列を通り越してステージに一緒に上がり、客席に目を向けているかのような錯覚すら感じさせるリアリティの再現に成功しました。
その臨場感は圧倒的で、ベースは太く、力強く、深く、かつ音程はしっかりと明瞭、ドラムスは目の前というより脇に鎮座しているかのようです。繊細な面もちゃんと表現しているピアノは混濁がなく、タッチの明快さが魅力となっています。

[収録曲]
マイ・フーリッシュ・ハート/ワルツ・フォー・デビイ/デトゥアー・アヘッド/マイ・ロマンス/サム・アザー・タイム/マイルストーンズ
ビル・エヴァンス(ピアノ)/スコット・ラファロ(ベース)/ポール・モチアン(ドラムス)

[レーベル]リヴァーサイド [録音]1961 年 6 月 25 日ヴィレッジ・ヴァンガード、ニューヨーク(ライヴ)、オリジナル・レコー
ディング プロデューサー:オリン・キープニュース
[Super Audio CD プロデューサー]大間知基彰(エソテリック株式会社) [Super Audio CD リマスタリング・エンジニア]杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) [Super Audio CD オーサリング]藤田厚夫(有限会社エフ) [解説]野沢龍介 [企画・販売]エソテリック株式会社 [企画・協力]東京電化株式会社


WES MONTGOMERY
FULL HOUSE
ウェス・モンゴメリー/フル・ハウス
ESSO-90175

■絶好のシチュエーションを得、一大ブローイング・セッションを展開する豪華メンバーたち
ウェス・モンゴメリーが飛ぶ鳥を落とす勢いでアメリカ中にその名が知れ渡りだした時期の最高メン
バーによるライヴ録音です。場所は西海岸、当時マイスル・デイヴィスのグループでツアーをしていたリズム・セクションにテナー・サックス奏者ジョニー・グリフィンを加えた豪華クインテットによる演奏です。インディアナ・ポリスから出ることなく現地で活躍していたギタリスト、ウェス・モンゴメリーがサックス奏者キャノンボール・アダレイに見出されニューヨークに登場、リヴァーサイド・レーベルからレコードを出して、急激にギター界の第1人者に上り詰めていた時期の収録で、ライヴならではの迫力、ウェスのギタリストとしての今までには考えられなかった奏法がここで一挙に呈示されています。サウンド面でも定評のあったサンフランシスコ近郊の“ツボ・クラブ”という絶好のロケーションを得、超満員の小さなお店に駆けつけた聴衆を前に、一大ブローイング・セッションが繰り広げられています。

■ウェスの真価があふれ出るライヴの快作
『ウィントン・ケリーとジョニー・グリフィンの相性は抜群、リズム陣も申し分ない名コンビ、豪放で精緻、悠然としながらおごり高ぶらないウェスの真価があふれ出るライヴの快作である』(完全新版モダン・ジャズ名盤 500)

■ジャム・セッションとは一線を画した豊かな音楽性
『スタジオ収録にはない迫力がこの収録では生まれている。ジャム・セッションにありがちなオーバーな表情がなく、彼らの豊かな音楽性がよく表れた立派な作品』(ジャズ・レコード百科'79)

■Super Audio CD ハイブリッドの音質
何種類ものリリースがある『フル・ハウス』盤の中でギターの音がこれほどリアルに再現されたディスクは他にない、と自負したくなるサウンドに仕上がりました。親指でギターを弾くウェスですが、その指の腹が弦に当たる瞬間の暖かさを含んだ力強さ、これをちゃんと表現することに成功しました。リズム・セクションもタイトかつ広いレンジを確保し、ベースのランニングとシンバルのハイハットが刻むリズムも心地よく響きます。ピアノもコードワークの際の各音がそれぞれはっきりと聴き取れるようになりました。サックスも細かい口の動きが見て取れるようで、クラブの雰囲気、熱気がディスクから明確に伝わってきます。

[収録曲]
フル・ハウス/アイヴ・グロウン・アカスタムド・トゥ・ハー・フェイス/ブルーン・ブギ/キャリバ/降っても晴れても/S.O.S.

ウェス・モンゴメリー(ギター)/ジョニー・グリフィン(テナー・サックス)/ポール・チェンバース(ベース)/ウィントン・ケリー(ピアノ)/ジミー・コブ(ドラムス)

[レーベル]リヴァーサイド [録音]1962 年 6 月 25 日バークレイ、カリフォルニア オリジナル・レコーディング プロデューサー:オリン・キープニュース

[Super Audio CD プロデューサー]大間知基彰(エソテリック株式会社) [Super Audio CD リマスタリング・エンジニア]杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) [Super Audio CD オーサリング]藤田厚夫(有限会社エフ) [解説]野沢龍介 [企画・販売]エソテリック株式会社 [企画・協力]東京電化株式会社


BUD POWELL
THE SCENE CHANGES
バド・パウェル/ザ・シーン・チェンジズ
ESSO-90176

■再度チャレンジしてやっと納得のいくサウンドが得られた超人気盤
冒頭の「クレオパトラの夢」ほど有名な曲はないでしょう。すべてのジャズ・レコードのなかでも人気のナンバー・ワンはこの曲かとも思われます。儚くも美しいマイナーな旋律、これこそがバド・パウェルの魅力と思っている人も多いに違いありません。ところがバド・パウェルのプレイヤーとしての全盛期となると、この収録より8年近く前の 1950 年前後でした。以前からリズム・セクションとしては成立していたピアノ、ベース、ドラムスというフォーマットだけで演奏するというスタイルを作りあげたのも全盛期の彼でしたが、50 年代に入り体調がすぐれない日々を送っていた時期に、奇跡的に好調をもたらした心身共に元気な、ほんの一時期に記録されたのが、この作品です。エソテリックでは、本ディスクのマスタリングを数回試みていたのですが、どうしても満足できる内容に仕上がらず、リリースを断念していました。そして今回再度のチャレンジでやっと納得のいくサウンドを創り出すことができました。マスターに残されたピアノの音から出来る限り歪成分を調整して、当時のバド・パウェルのピアノに近づいたこの音を是非お聴きください。

■全モダン・ジャズ・レコードの中でももっとも人気の高い作品
『パウェルの作品中だけでなく、全モダン・ジャズ・レコードの中でももっとも人気の高い作品。人気盤と同時にパウェルの世界を知るための入門的性格をもつアルバムといってもよいだろう』(モダン・ジャズ名盤 500)

■ブルーノート最後の記念碑的な1枚
『リラックスした内容とあわせ、一種の彼自身のショウケース的作品とも言えるだろう。極め付きの冒頭曲ではパウェルのエキゾチシズム趣味が出ている。ブルーノート最後の記念碑的な1枚』(ジャズ・レコード百科'79)



■Super Audio CD ハイブリッドの音質
ピアノのレンジは著しく拡がり、ハイノート、刺激的な強音時の歪みもかなり減少されています。右チャンネルに定位するベースとドラムスのリアルさ、特にアート・テイラーのドラミングは素晴らしい状態で再現されていて、ブラッシュワークなどは実に生々しい音で収められています。パウェルのつぶやくような声もしっかりとしているし、どれもが信じられないような鮮明さで再現されています。「このリアリティは一体何なんだ!」おもわず声を出てしまうほどです。

[収録曲]
クレオパトラの夢/デュイッド・ディード/ダウン・ウィズ・イット/ダンスランド/ボーダリック/クロッシング・ザ・チャンネル/カミン・アップ/ゲッティン・ゼア/ザ・シーン・チェンジズ

バド・パウェル(ピアノ)/ポール・チェンバース(ベース)/アート・テイラー(ドラムス)

[レーベル]ブルーノート [録音]1958 年 12 月 29 日 ニューヨーク オリジナル・レコーディング プロデューサー:アルフ
レッド・ライオン
[Super Audio CD プロデューサー]大間知基彰(エソテリック株式会社) [Super Audio CD リマスタリング・エンジニア]杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) [Super Audio CD オーサリング]藤田厚夫(有限会社エフ) [解説]野沢龍介 佐藤秀樹 [企画・販売]エソテリック株式会社 [企画・協力]東京電化株式会社


LEE MORGAN
THE SIDEWINDER
リー・モーガン/ザ・サイドワインダー
ESSO-90177

■60 年代に流行した“ジャズ・ロック”の代表的名作
10 代でジャズ・シーンに颯爽とデビューしたリー・モーガン。50 年代後半の彼の人気には凄まじいものがありました。自身リーダー作はもちろん、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズでも大活躍、あの「モーニン」の伝説的なソロもふくめ絶好調の日々を送っていました。ところが 60 年代に入ると体調を壊し、故郷フィラデルフィアに戻り、健康維持の生活を送ることになりました。1年以上の療養を経て再びニューヨークへ戻った彼は積極的にジャズ・シーンに登場、ブルーノートでは彼の復帰作にこの作品を選びました。ここでは 50 年代と違いリー・モーガンのオリジナル曲が並んでいます。その中でも冒頭曲「ザ・サイドワインダー」は 60 年代に流行した“ジャズ・ロック”の代表的名作です。ヒット・チャートも駆け上がりリー・モーガンはこの作品で再びスーパースターの道を歩むこととなりました。

■若々しい冒険心にみちたリー・モーガンのプレイ
『ロック・ビートを取り入れた 60 年代のヒット作品。リー・モーガンの特徴はその若々しい冒険心にある。「ザ・サイドワインダー」におけるいなせなソロは最高、続くジョー・ヘンダーソンの野太いけれど澄んでいる不思議な音色、基本的に上品さを感じさせるプレイも魅力だ』(モダン・ジャズ名盤 500)

■けっして単純なロック・リズムではない。そこがカッコいい
『「ザ・サイドワインダーはジャズ・ロックのビートをもっているが、けっして単純なロック・リズムではな
い。そこがカッコいい。たくさんあるジャズ・ロックの演奏の中で、この曲が際だって高い人気をもってい
るのも、このビートに秘密があるように思う』(完全新版モダン・ジャズ名盤 500)



■Super Audio CD ハイブリッドの音質
ブルーノート・レーベルの主張する、音楽のもつ力強さを理解した上でのマスタリングを行っています。低域のエネルギーを十二分に引き出すためにいくつかの工夫を凝らし、エネルギーを凝縮したマッシヴなサウンドを生み出すマスタリングを試みました。各楽器の音像をスピーカーの中心に集め、ジャズのもつエネルギーを集中させています。ブルーノートの迫力を感じていただけるようなサウンドに仕上げました。通常、現在の定番となっているルディ・ヴァン・ゲルダーがコンパクト・ディスクのために行なったリマスタリングに比べ、ドラムスのリアリティに一層着目したマスタリングにもなっています。

[収録曲]
ザ・サイドワインダー/トーテム・ポール/ゲイリーズ・ノートブック/ボーイ、ホワット・ア・ナイト/ホーカス-ポーカス

リー・モーガン(トランペット)/ジョー・ヘンダーソン(テナー・サックス)バリー・ハリス(ピアノ)/ボブ・クランショウ(ベース)/ビリー・ヒギンス(ドラムス)

[レーベル]ブルーノート/[録音]1963 年 12 月 21 日ニューヨーク オリジナル・レコーディング プロデューサー:アルフレッド・ライオン

[Super Audio CD プロデューサー]大間知基彰(エソテリック株式会社) [Super Audio CD リマスタリング・エンジニア]杉本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) [Super Audio CD オーサリング]藤田厚夫(有限会社エフ) [解説]野沢龍介 いソノてルヲ [企画・販売]エソテリック株式会社 [企画・協力]東京電化株式会社



THE OSCAR PETERSON TRIO
WE GET REQUESTS
オスカー・ピーターソン/プリーズ・リクエスト
ESSO-90178

■楽しくて聴き応えがあり、興奮度マックスのアンサンブル
メイジャー・デビュー以来 10 数年間オスカー・ピーターソンが行動を共にしていたヴァーヴ・レーベルとの最後のレコーディングです。レコーディングした作品どれもが名演で、すべてが代表作と言われている彼ですが、その中でも演奏内容、人気ともに絶大な評価が与えられているのが本作です。黄金のトリオといわれたベースのレイ・ブラウン、ドラムスのエド・シグペンとの息もあいかたも最高潮。楽しくて聴き応えがあり、興奮度マックスのアンサンブルがここに展開されます。また本作は音質面でも定評があり、50 年以上の歳月を経た今でも、オーディオ・フェアなどのデモンストレーション・ディスクとして採用される程のクオリティをもっている 20 世紀不滅の記録でもあります。曲もタイトルのように(原題はWe Get Request:リクエスト承ります)ポピュラーな人気曲が含まれていて、ゴキゲン。ピーターソンの生み出すジャズの楽しさを満喫してください。

■トリオのエッセンスが入った入門的な作品
『録音の良さも手伝って彼の代表作に上げられる作品だ。全 10 曲のほとんどが4分前後という演奏時間で選曲もポピュラーなものもあり、その意味で入門向きともいえる。しかもトリオとしてのエッセンスが失われていないのはさすが』(ジャズ・レコード百科'79)

■好きな曲を聴きながらオーディオ・チェックできたら、こんないいことはない
『好きな曲を聴きながらオーディオ・チェックできたら、こんないいことはない。ピアノ対ベースとドラムスが50対50の勢いで演奏するのが多いこのトリオだが、ここではピーターソン、ブラウン、シグペンの3人が同タイムでゴールを争うレースの激しさが聴こえてくる』(ジャズ・ジャイアンツ おれが決定盤)



■Super Audio CD ハイブリッドの音質
今までのディスクに比べ音のヴェールが数枚剥がされたようなイメージが最初の音から浮かびます。切れ味抜群。ベースの弓弾きでの深く音程の明確な音は実に印象的で、眼前に迫るリアリティがあります。さすがに半世紀の間、ジャズ名録音の代名詞的存在であったサウンドだと唸らされます。レイ・ブラウンの駒の高い(弦と指版の間が広い)ブンブン鳴るベースの音が実に快く響き、ピアノはタッチの変化が的確に聴きとれ、ピーターソンの指が見えるようです。左に位置するドラムスは「そこに居る」ような臨場感で、リスナーはわくわくすることでしょう。

[収録曲]
コルコヴァード/酒とバラの日々/マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ/ジョーンズ嬢に会ったかい/ピープル/ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー/イパネマの娘/D. & E./タイム・アンド・アゲイン/グッドバイJ.D.

オスカー・ピーターソン(ピアノ)/レイ・ブラウン(ベース)/エド・シグペン(ドラムス)

[レーベル]ヴァーヴ/[録音]1964 年 10 月、11 月 オリジナル・レコーディング プロデューサー:ジム・デイヴィス

[Super Audio CD プロデューサー]大間知基彰(エソテリック株式会社) [Super Audio CD リマスタリング・エンジニア]杉
本一家(JVC マスタリングセンター(代官山スタジオ)) [Super Audio CD オーサリング]藤田厚夫(有限会社エフ) [解
説]野沢龍介 油井正一 [企画・販売]エソテリック株式会社 [企画・協力]東京電化株式会社






▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

【新品CD】12/12 新入荷情報一覧!


●MAYA 高音質LIVE録音盤がUHQCD+DVD、完全限定プレスLPでリリース!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18339/


●日本が誇る名門レーベル『ヴィーナス・レコード』25周年記念限定生産BOX SET発売! オーディオ/ジャズ評論家 山口孝氏がセレクト!!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18354/


●内容抜群!!フランス出身のアルト奏者Sebastien Chaumontののワンホーン2作品が入荷!「Moonglow」「Still Walkin'」
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18487/


●ベテラン・サックス奏者 山口真文の6年ぶり最新アルバムが発売! 「Let Your Mind Alone」
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18490/


●DJ 大塚広子プロデュースRM jazz legacyのリーダー守家巧のセカンド・ソロ・アルバム!『FAMILY』
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18489/


●“European Jazz Masters”シリーズよりFRED FRITH/GUNTER HAMPELの2作品が登場!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18488/








●橋本徹/SUBURBIA / GOOD MELLOWS FOR AFTERGLOW MEDITATION / SUBURBIA RECORDS / JPN / CD / SUCD1008 / 4988044036529 / 2,700円(税込)

★ディスクユニオン特典:コースター★
ジャケット・デザインを用いた特製コースター付きます!

2015年春からスタートし国内から海外まで広く大絶賛・大好評を博している “Good Mellows”シリーズに、いよいよ第10弾となる待望の新作コンピ 『Good Mellows For Afterglow Meditation』が登場!

今回も14曲中12曲が世界初CD化、橋本徹(SUBURBIA)が「余韻と瞑想のメロウな旅」をテーマに珠玉のアンビエント・ブレイクス〜バレアリック・ブリーズ〜フォーキー・バレアリカ〜フローティン・ハウス〜ジャジー・ビートダウン〜エスニック・ラウンジ〜オーガニック・エレクトロニカ〜スピリチュアル・メディテイションを80分以上にわたって紡いだ、絶品のチルアウト・セレクションです!

1. The Elder Statesman/Montreux Sunrise
2. Trance/Ambiente
3. Mark Barrott/Winter Sunset Sky
4. Nick Mackrory & Harry Collier /Elle Dit (Seahawks Remix)
5. CFCF/Chasing (Apiento Edit )
6. The Beat Broker/Extended Away
7. Underground System/Bella Ciao (Gigi Masin & Leo Mas & Fabrice Laguna Mix)
8. Mindstreaming /Screen Memory
9. Luvless/Sometimes(Original Mix)
10. Mind Fair/Steppin Out(Mark E Merc Dub)
11. Benedek/Afterglo
12. Melba /Phantasea
13. Msafiri Zawose/Malugaro
14. Uyama Hiroto/Magicnumber(Saxmental Version)





●マグネティ・カルテット / M / D-musica(ダイキムジカ) / JPN / CD / DNCD16 / 4560326413169 / 2,700円(税込)

国鉄(今のJR)稲毛駅東口のビルの地下に小さな小さな、しかし濃密で深遠なジャズ、レコードの音が溢れてやまないJazz Spot『Candy』が誕生した。ちょうどジャズに傾倒していた16才だった私はこの場所に通い『Candy』によってかなり偏ったジャズの洗礼(笑)を受けることになる。翌年17才でライブデビューするのだが、そのトリオは山下洋輔トリオの模倣だった。そして20才の頃宮坂高史氏のボーヤ時代に井上淑彦さんと知り合い「ジャズとは?本物とは?」という深い森に連れ込まれていった。(この時期の私のバンドで池田篤君がライブデビューしたのだ。)その後様々な迷い道を歩みながら、途中15年の空白を挟み、2017年12月13日、57才最後の日に、私のファーストアルバム『M』が発売されることになりました。15年の空白期はほんとうにジャズも聴かずドラムに触れもせずに過ごしていたのだが、46才の時ある事故に遭い体の自由が効かなくなり、そのためのリハビリをしていた時期に偶然立ち寄った千葉大学祭のゲストで来ていた石田衛トリオを聴いて刺激され復帰する気になり、それから千葉大学ジャズ研の部室で数時間ドラムに向かう毎日。そして、少しづつジャムセッションに通い才能豊かな若手たちとの交流を得て、『Candy』でスガダイローとのデュオで本格復帰し、以後『Candy』や柏『Nardis』の小峯氏にも多大なる後押しをしていただきながら、レイモンドマクモーリン、石田衛、石井彰、佐藤浩一、西口明宏、吉本章絋、須川崇志、山本昌弘、山田貴子、小美濃悠太、トッドニコルソン、ジャンニジェビアなどと活動をしながら自己納得のゆくジャズを模索し続け、最近はハクエイキム、安ヵ川大樹と5年ほど前にやりはじめたマグネティカルトリオを主な活動としてきた。そこに昨年から旧知の池田篤が参加し『Candy』のママの命名によって『マグネティカルテット』が誕生する。コンセプトは「何も決めないのが決まり」だ。だからこの録音当日も何も決めないで始めた。このCDはその日の記録である。何も決めていないのに見事にジャズになっているなと私は思う。「その場作曲による即興」たどりついた境地がこれだ。これはこの日の記録でもあるが、私のジャズの記録でもあり、メンバーひとりひとりのジャズの記録でもある。録音日から半年が過ぎているが、マグネティカルテットはさらに進化してる。今はすぐに過去になり、未来はすぐに今になる。現在過去未来は一瞬にして入れ替わる。過去はもう手が届かないし、現在をつかんだままにはできないし、未来はつかんだ時点で現在になる、故に永遠に未来をつかむことはない。時間とはそういうものだ。記録のなかに現在の私たちはいない。だが、確実に私たちだったのだ。そんな過去の追体験をご一緒に。未来の同時体験はライブにてどうぞ!(文中敬称略) マサ・オグラ

【Member】
マサ・オグラ (ds)
池田 篤 (as, ts, ss)
ハクエイ・キム (p)
安ヵ川 大樹 (b)

Recorded on 7th June 2017 at Jazz Spot Candy
Mixed and Mastered by Hiroki Torimitsu

1. M1 41:30
2. M2 26:09
3. Encore 5:46





●マーサー・ハッシー(橋本眞秀) / Waon 輪音 / MERCER HASSY RECORDS / JPN / CD / MHR1222 / 4589854200010 / 2,500円(税込)

日米の一流ミュージシャンが自然豊かな札幌とロサンゼルス,ボストンで録音して創り上げた音楽絵巻。 和の色合いを前面に押し出しながら既存のジャンルに括り難い異色作。

演奏はもちろん、録音、ミックス、マスタリングの素晴らしさは専門家、オーディオ・ファンをも唸せます。 世界的なミュージシャン多数が全面参加する中、新進気鋭の箏奏者、木原朋子と邦楽界の至宝、菅原久仁義(尺八)の音色が独特の空間を彩り、体験した事の無い音宇宙に誘います。 タイガー大越がトランペット、フリューゲル・ホーンソロのほか、プロデュースとミキシング、マスタリングにも全面参加。

【Member】
Tiger Okoshi-Trumpet. F.Hr(2,3,7,8,14)
Peter Erskine-Drums(All Tracks)
Alan Pasqua-Piano(1,2,3,5,7,8,9,11,13,14)
Damian Erskine-E/Bass(1,3,4,7,8,11,12,14)
Nori Tani-Flute(7,8,11)

木原朋子-箏(1-5,8,9,11-14)
菅原久仁義-尺八(1,3,4,5,8,11,12,13)

String Ensemble
Paul Cartwright(1st Violin)
Ina Veli(2nd Violin)
Lauren Baba(Viola)
Artyom Manukyan(Cello)
(1,3,4,8,11,12,14)

Hiro Morozumi-Piano(4,12)
Jim Thompson-Shakuhachi(3)
Mercer Hassy-Electric Piano Programming(1,3,4,8,12,14)
Mercer Hassy Orchestra(14)





●青紀ひかり / Le Jazz Noir / ギザ / JPN / CD / GZCA-5281 / 4523949085106 / 3,240円(税込)





●田中真由美 / デザート・ローズ / リボーンウッド / JPN / CD / RBW0007 / 4988044891203 / 2,500円(税込)

JUJU等の楽曲提供で有名なE-3氏による全面プロデュース作品。
ジャズシンガー・田中真由美の新作は初の日本語詩によるオリジナル+カバー曲アルバム。

羽仁知治(ピアノ、キーボード)
齋藤“クジラ”誠(エレクトリック&アコースティック・ベース)
藤井摂(ドラム)
伊丹雅博(アコースティック・ギター#2)
高木弾(ヴァイオリン#4 & 7)
飯田俊明(鍵盤ハーモニカ#4)
井上“KB”幸法(エレクトリック・ギター#3 & 6)





●阿部大輔 & 津川久里子 / アナザー・ジャーニー / UoU Productions / JPN / CD / UOUP102 / 4571209502504 / 2,160円(税込)

ギタリストの阿部大輔とベーシストの津川久里子が愛娘に捧げた前作『ピュア・ソングス』から約1年と半年。さらに新たな生命を授かったふたりが“生きる”をテーマに世に送り込んだデュオ・アルバム第2弾。両者のオリジナル曲を中心に、オープニングでは黒澤映画でも使用された古い歌謡曲も。NYの自宅アパートのごく普通の部屋で録音された全9曲。だからこそ逆に得も言われぬ極上の空間が生まれている。夫婦だからこそ紡ぎ出せる深遠なインタープレイと、温もりに満ちた演奏が心に染み入ること必至!
(音楽アナリスト&ライター石沢功治)

【Member】
阿部 大輔 (ギター)
津川 久里子 (ベース)

【Credits】
Recorded by Daisuke Abe
Mixed and Mastered by Katsuhiko Naito
Recorded at UoU studio, Elmhurst, NY





●川本悠自 / 白雲一片去悠悠 / F.S.L. / JPN / CD / FSCJ0013 / 4988044892781 / 2,700円(税込)

「はくうん いっぺん さりて ゆうゆう」は一片の白雲が、ゆっくりと流れていくさまを詠った漢詩の一説

ジャズを中心として、ポップスや演劇など様々な場面で演奏活躍の場を拡げているベーシスト、川本悠自。それぞれの場所でコンポーザーとしての能力も発揮するなか、2016年から展開している現行のリーダーカルテットは全て自作曲にて構成。
散歩中に、車の運転中に、友を想い、人を想い、駅のホームで、美術館の片隅で、リヨンの街角で、自身の日常から紡いだ旋律を信頼するカルテットメンバーと奏でた9曲。
タイトル通りの穏やかさと、普遍性のもつ力強さを秘めた川本悠自曲集。

川本 悠自(Kawamoto Yuji) Bass
杉本 匡教(Sugimoto Masanori) Tenor Sax
成田 祐一(Narita Yuichi) Piano
河村 亮(Kawamura Akira) Drums





●アーノウ・ドルメン / トンベ・レーベ / モークラウド・レコーズ / JPN / CD / MCLD10 / 4580157820103 / 2,484円(税込)

小沼ようすけJam Kaバンドのka奏者に抜擢されるなど、パリのクレオールジャズの中心的存在になりつつある若き天才ドラマー/ka奏者アーノウ・ドルメンのデビュー作。

Arnaud Dolemn Quartet:
Arnaud Dolmen アーノウ・ドルメン (dr, perc)
Léonardo Montana レオナルド・モンタナ (Piano, Fender Rodes)
Adrien Sanchèz アドリアン・サンチェス (Tenor and Soprano Saxophone)
Joachim Govin ヨアヒム・ゴヴァン (Double bass)

Guests:
Lionel Loueke リオーネル・ルエケ(g)
Mario Canonge マリオ・カノンジュ (p)
Fanm Ki Ka ファンム・キ・カ
Erik Pédurand エリック・ペデュラン (vo)
Cynthia Abraham シンシア・エイブラハム (vo)




【ITI RECORDS】


●RENAUD PENANT / I Want To Be Happy / ITI RECORDS / IMPORT / CD / ITI201406 / 0855925004240 / 2,484円(税込)

フランス・ノルマンディー州で1959年に生まれたドラマーRenaud Penant 率いるピアノトリオ作品、2017年最新盤がリリース!!

Emmanuel BEXやJean-Philippe VIRETと70年代後半に一緒に活動後、ジャズフェスティバルで、ドイツとイタリアでも演奏。そして、
その後ニューヨークに移住。スティーブ・アッシュのピアノをフィーチャーし、アップテンポながらもニューヨーク住人の都会ずれがない、澄み切った音を紡ぎだしています。

■Renaud Penant (ds)
Steve Ash (p)
Chris Haney (b)





●HEARD-RANIER-FERGUSON / BACK TO BACK / ITI RECORDS / US / CD / ITI201201 / 0855925004042 / 2,484円(税込)

Tom Ranier(p,syn,reeds)
John Heard(b)
Sherman Ferguson(ds)





●BEATRICE ALUNNI / Dance With Me / ITI RECORDS / US / CD / ITI201502 / 0855925004172 / 2,484円(税込)

ヨーロピアンな気品・雰囲気が溢れたピアノとベースのデュオ作品が入荷!!ヨーロピアン・ジャズ・ファンは必聴です!
ピアニスト・作曲家Beatrice Alunniとベーシスト・作曲家・アレンジャー・Marc Peillonのデュオ作品が入荷。どこかアンニュイで哀愁感の漂うヨーロピアンなメロディが、ドラムレスのため独特の浮遊感をもって引き立っています。このデュオはピアノ・ソロファンでも聴けるのではないでしょうか?
シンプルなメロディのためヨーロピアン・ジャズファンはもちろん、映画音楽やポスト・クラシックが好きな方にもオススメしたい傑作です。

■Béatrice Alunni(p)
Marc Peillon(b)





●LAIA GENC / Bird / DOUBLE MOON / IMPORT / CD / DMCHR71187 / 0608917118728 / 2,376円(税込)

ドイツ在住のピアニストで1978年ベルリン生まれ、Laia Gencのトリオによる2017年最新盤がリリース!!

ケルン音楽大学ではジャズ・ピアノを専攻。2016年にはデイヴ・ブルーベック・トリビュートのデュオ・アルバム『In Your Own Sweet Way』をリリースするなど、話題に事欠かない存在です。 12曲中9曲がオリジナル楽曲。表現力は幅広く、歌声もクリアでとても魅力的です。

■Laia Genc(p, vo 3,6,10)
Markus Braun(b)
Jens Dueppe(ds)





●BLACK DIAMOND / MANDALA / SHIFTING PARADIGM / US / CD / SHFI127.2 / 1910793942342 / 1,836円(税込)

Artie Black - tenor saxophone
Hunter Diamond - tenor saxophone
Matt Ulery - bass
Neil Hemphill - drums





●PETER HORSFALL / Nighthawks / APP / IMPORT / CD / APP003CD / 5056032311688 / 2,160円(税込)

2017年度UKジャズ・デビュー作最後の良質盤がこちら!!
BBC Radioが"ほろ苦く美しい歌声、タイムレスなトランペット"と賞賛するボーカリスト・トランぺッター、ピーター・ホースフォールのデビュー盤が入荷!

2017年はガブリエル・ラッチン「Introducing Gabriel Latchin Trio」、レオ・リチャードソン「Chase」、ナット・スティール「Portrait of the Modern Jazz Quartet」といった良質なUKジャズ・ニューカマーのデビュー盤が相次いでリリースされましたが、2017年度UKジャズ・デビュー作最後の良質盤がこちらです!!
ボーカリスト・トランぺッター、ピーター・ホースフォールのデビュー盤。英国のBBC Radio3が"ほろ苦く美しい歌声、タイムレスなトランペット"と賞賛する歌声は、本作のタイトルの如くまさに夜をまとった歌声。全曲バラードで占められ、"薄明り"・"孤独"・"ロマンス"などビタースウィートなキーワードをあげたくなる良質バラード作に仕上がっています!
2曲を除いて全て自作曲であり、ボーカルがスーっと良い抜け加減で気持ちよく聴こえてくるのは自身の声質やボーカル領域をわかったうえで作曲しているからのように感じられます。
2017年度シメのボーカル作品として大推薦です!!

■Pete Horsfall - vocals
Giacomo Smith - alto saxophone
Ferg Ireland - double bass
Joe Webb - piano
Pedro Segundo - drums







●ROSCOE MITCHELL / More Cutouts / CECMA / IMPORT / CD / CECMA002 / 8012786000220 / 2,268円(税込)

シカゴ・ジャズの重鎮、ロスコー・ミッチェルの1997年録音盤がリリース!!

■Drums, Vibraphone, Percussion – Tani Tabbal
Leader, Saxophone [Tenor, Alto, Soprano], Flute – Roscoe Mitchell
Trumpet, Trumpet [Four-valve Piccolo], Flugelhorn – Hugh Ragin




 
●BUNNY BERIGAN / BUNNY BERIGAN & HIS BOYS FEB 1936-FEB 1937 / Retrieval / CD / RTR79083 / 0608917908329 / 2,376円(税込)





●PHILIPPE SAISSE / ON THE LEVEL / Bandar Log Music / CD / BDRG69820 / 0711583698200 / 2,160円(税込)





●OSCAR PETERSON / OSCAR PETERSON PLAYS / VERVE / CD / 538361 / 0600753803615 / 4,212円(税込)





●OSCAR PETERSON / OSCAR PETERSON PLAYS / VERVE / CD / 538361 / 4,212円(税込)





●ロバート・グラスパー / ベスト・オブ・ロバート・グラスパー / ユニバーサルミュージック クラシック / JPN / CD / UCCQ-1077 / 4988031254127 / 2,700円(税込)





●V.A. / ジャズ・ナウ2018 / ユニバーサルミュージック クラシック / JPN / CD / UCCU-1562/3 / 4988031254134 / 2,160円(税込)





●V.A. / ヒストリー・オブ・スウィング・ジャズ / ソニー・ミュージックレーベルズ / JPN / CD / SICJ-226/7 / 4547366332995 / 2,592円(税込)

【ジャズ100周年記念 / 日本独自企画】





●V.A. / ヒストリー・オブ・ディキシーランド・ジャズ / ソニー・ミュージックレーベルズ / JPN / CD / SICJ-224/5 / 4547366333008 / 2,592円(税込)

【ジャズ100周年記念 / 日本独自企画】

▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
 本日も新着品が多数入荷しております!

3F新着コーナー商品総入れ替え致しました! 






KURT ROSENWINKELや、DOUG RANEY,AVISHAI COHENなどなど、人気アーティストの商品が入荷しております!

人気盤が多数入荷!



 
紙ジャケットも良盤出展しております!

 
廃盤ものや人気の女性Voものも出し惜しみなく出展しております!


  

日本人ジャズも充実しております!日野照正さんのCDや、森山威男さんの廃盤CDなどが入荷!

この他にも店内魅力的な商品多数入荷しております!

本日もご来店お待ちしております!




▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

●山口真文 / レット・ユア・マインド・アローン / SPICE OF LIFE(JAZZ) / JPN / CD / SOLJP0015 / 4562263550938 / 2,592円(税込)

山口真文待望の新作が6年ぶりに発売される
自然体で美しいメロディーを歌い上げる独自の世界
有望な若手を起用し清々しい珠玉のアルバムが完成した

永い間日本ジャズ界を牽引し、有望な若手ミュージシャンを数多く育て上げて来たテナー&ソプラノ・サックス奏者、作曲家である山口真文の6年ぶり最新アルバムが発売される。この作品に関して彼は次のような事を語ってくれた。「前作から6年たちました。その間次の作品をずっと考えてたわけではないのです。今回のアルバムは急に思い立って(録音日の2ヶ月前)作ったものです。気持ちがフッと動いたのです、まさに Let Your Mind Alone という感じでした。今回のレコーディングメンバーは、あまり知られてない人達ですが、いずれも才能豊かですばらしい演奏をしてくれました。」—山口真文— 気負わずに常に自然体で歌い上げる彼のサックスは人間的な温かさと美しい歌心を持っており、日本の風景を彷彿とさせる詩情あふれるアルバムとなっている。
(All tracks composed and arranged by Mabumi Yamaguchi)
(メーカーインフォより)

山口 真文(Mabumi Yamaguchi)Tenor & Soprano Sax
東海林 由孝(Yoshitaka Shoji)Guitar
奥村 美里(Misato Okumura)Piano
小牧 良平(Ryohei Komaki)Bass
小松 伸之(Nobuyuki Komatsu)Drums

1. Sequel To A Dream / シークエル・トゥー・ア・ドリーム
2. Little Sorrow / リトル・ソロウ
3. Let Your Mind Alone / レット・ユア・マインド・アローン
4. Incantation /インカンテイション
6. The Plot II / ザ・プロット・II
7. Carmen / カルメン
8. Arm Of The Sea / アーム・オブ・ザ・シィー



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

●守家巧 / FAMILY / Key of Life+ / JPN / CD / KOL13 / 4988044035997 / 2,700円(税込)


DJ 大塚広子プロデュースRM jazz legacyのリーダー守家巧のセカンド・ソロ・アルバム。
ゲスの極み乙女。、yahyel、toe/theHIATUS、ものんくる を支える技巧派プレイヤーを抜擢し、ジャマイカ愛を奏でる唯一無二のトリオ作品。

先鋭ジャズミュージシャンが集うRM jazz legacyでの活動や、昨年発売の初ソロアルバム『エスポワール』(KOL6)の評価も高いベーシスト、守家巧が、セカンドアルバムを発表。前作からの鉄板コンビ、坪口昌恭と、toe/theHIATUS のドラマー、柏倉隆史との魅力のベテランコンビに加え、ゲスの極み乙女。、yahyelのキーとなる才能ある若手メンバーを抜擢。ものんくるのツアーメンバーとしても近年注目度が高いジャズピアニスト、渡辺ショータもいち早く抜擢し、個々の本質的な魅力を浮き彫りにしたピアノトリオ作品。この1年で自身のレゲエ・ルーツに立ち返り、貧欲にセッションを重ねてきた彼が突き詰めた極上のチルアウトミュージック。R&B〜ソウル、そしてルーツ・レゲエの世代を超えた楽曲セレクトも際立った渾身のセルフ・プロデュース作品。

■演奏:
守家 巧(b)
坪口昌恭(p)
渡辺ショータ(p)
ちゃんMARI(p) <ゲスの極み乙女。>
柏倉 隆史(ds)<toe/the HIATUS>
大井一彌(ds)

■プロデュース:守家 巧 ■解説:大塚広子

■収録曲
・Tell Him (Lauryn hill)
・Come To My Door (Jose James)
・Hey Laura (Gregory Porter)
・Dancing Mood (Delroy Wilson)
・Let's Stay Togther (Al Green)
・Turn Your Lights Down Law (Bob Marley)
・Police & Thieves (Junior Murvin)
・Smile Jamaica (Chronixx)



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

●FRED FRITH / Storytelling: Lie At The Theater Gutersloh / INTUITION / IMPORT / CD / INTCHR71324 / 0608917132427 / 2,268円(税込)

英国生まれの人気ギタリストが中心のトリオ編成が贈る“European Jazz Masters”12弾!!

英国生まれのフレッド・フリスがこの“European Jazz Masters”シリーズに登場するのは不思議でも何でもないのですが、米国に渡り、ビル・ラズウェルと“Massacre”や“Material”、“The Golden Palominos”などで活動したりしてきたフリス、というイメージが強いので、初めはちょっと意外な感じが...。でも、やはりフリスがEuropean Jazz Masterであることは間違いのない事実。例によってTheater Gütersloh を舞台にしたフリスのライヴ・パフォーマンスは、すでに共演歴もあるデンマークの女性サックス奏者ロッテ・アンカーとスイスのドラマー、サム・ドゥースラーを加えたトリオによるもので、ヴォイス・パフォーマンスを披露しながら歩いてステージに登場
したフリスは、3 人で自由な、それでいて様々な感情を揺り起こす演奏を繰り広げていきます。

特に、感傷的でタイトルどおりバックスライディングな5 曲目での多彩な音色を駆使したギターや艶やかなトーンのソプラノ・サックスは聴衆から大きな拍手を浴びました。このシリーズ作品に必ず収められているインタヴューでは、ユーモアを交えたフリスのトークが、内容もおもしろく、演奏同様に印象深いものとなっています。


■Fred Frith(g)
Lotte Anker(sax)
Sam Dühsler(ds)

1. Storytelling (for Eduardo Galeano) - Chapter 1
2. Storytelling (for Eduardo Galeano) - Chapter 2
3. Storytelling (for Eduardo Galeano) - Chapter 3
4. La Pasión de Soñar
5. Backsliding
6. Interview with Fred Frith (By Götz Bühler)





●GUNTER HAMPEL / Bounce: Live At The Theater Gutersloh / INTUITION / IMPORT / CD / INTCHR71325 / 0608917132526 / 2,268円(税込)

ヴァイブラフォンのベテラン奏者がフルート、バスクラもプレイ!! ワクワクするようなグループ・エクスプレッションが溢れる1枚!!

グンター・ハンペルと言えば、デビュー作『Heartplants』(Saba/MPS) やマリオン・ブラウンとの数作などでのヴァイブラフォン演奏が多くのジャズ・ファンに強烈な印象を与えましたが、ハンペルはヴァイブラフォン以外にもピアノやクラリネット、バスクラ、フルートなどを演奏する多楽器奏者であり、ここでもバスクラ、ヴァイブラフォン、フルートをプレイしています。

2017 年6 月17 日、Theater Gütersloh のステージにハンペルは自らの“ベルリン~ニューヨーク・クァルテット”を率いて登場しましたが、このグループは、グンター・ハンペルとサックスのヨハネス・シュライアーマッハー、ドラムのベルント・ウーツェヴィム、そしてグンターの娘キャヴァナ・リー・ハンペルという4人で構成されており、グンターがさまざまな楽器を持ち替えてグループの表情に変化をもたらしたり、キャヴァナ・リーがウルシュラ・ドゥジアクやローレン・ニュートンなどの流れを引く自在なヴォイス・パフォーマンスで他の3 人と同等に渡り合ったりと、ワクワクするようなグループ・エクスプレッションが展開されていきます。3 曲目のテーマを吹くシュライアーマッハーのテナーがアーチー・シェップを髣髴とさせたりするのも興味深いところ。ハンペル久々の会心作と言えるでしょう。

■Gunter Hampel(b-cl, vib, fl)
Cavana Lee-Hampel(vo)
Johannes Schleiermacher(sax, fl)
Bernd Oezsevim(ds)

1. Kindred Spirits
2. New Waves / 2004
3. Godzilla
4. Smiling Energy
5. Approachable
6. Bounce
7. Workout
8. Magic Touch (ded. to Danilo Cardoso)
9. Interview with Gunter Hampel



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
ヤバイです。これはチェックし忘れてました!!
フランス出身のアルト奏者Sebastien Chaumontの2015年&2013年リリースのワンホーン2作品。内容抜群!!



●SEBASTIEN CHAUMONT / Moonglow / ITI RECORDS / US / CD / ITI201506 / 0855925004066 / 2,484円(税込)


2017年はLeo Richardsonなどワンホーンの傑作がリリースされましたが、本作はフランス出身のアルト奏者Sebastien Chaumontが2015年にリリースした作品。

2年越しに遂に入荷となりますが、この内容が素晴らしいんです!!
物凄く雰囲気のある音色は往年の名アルト奏者達を彷彿とさせ、管もの好きのツボにハマること間違いなしの作品。
ピアノのマルク・デヴァイン・トリオもいい味出してます!
2017年度シメのワンホーン作品としてお聴き漏らさぬようお願い致します!!

■Sebastien Chaumont(as)
Marc Devine(p)
Hassan Shakur(b)
Fukushi Tainaka(ds)



1. Moonglow 8:37
2. Tuesday's Rain 4:01
3. Sunflowers and Butterflies 4:46
4. Short Cut 2:22
5. What's This All About 5:57
6. Time Is Yours 5:56
7. There Is A Small Hotel 6:45
8. We'll Be Together Again 6:35
9. Slama's 6:43
10. Busted 5:13






●SEBASTIEN CHAUMONT / Still Walkin' / ITI RECORDS / US / CD / ITI201404 / 0855925004226 / 2,484円(税込)


フランス出身のアルト奏者Sebastien Chaumontが2013年に非常にマイナーなレーベルからデジタル・リリースしていた1stアルバムがフィジカルで入荷!

Bud ShankとArt Pepperが出会ったような音色、プレイは既に本作でも健在!
レコーディングも8トラックのオープンリールを使用、アナログ宅でのミックスとデジタルを介さないで録音され温かみのある気持ちの良い音色に仕上がっています。
2ndアルバム「Moonglow」と共に2017年度シメのワンホーン作品としてお聴き漏らさぬようお願い致します!!

■Sébastien Chaumont(as)
Olivier Slama(p)
Sébastien Lamine(b)
Max Miguel(ds)





1. Miss Tika
2. P.T.P
3. One after another
4. Corner Stone
5. Tulip's bounce
6. Still walkin'
7. When I grow too old to dream


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share


新譜を聴くイベント47回『NEW ARRIVALS』
ユニバーサルジャズ×ディスクユニオン合同主宰新譜リスニング・セッション

ユニバーサルジャズとディスクユニオンがタッグを組んで送る新譜試聴会。入荷直後の輸入盤やリリース前の音源など、両社が自信を持ってオススメする新譜を「いーぐる」のオーディオ装置でご紹介。ご紹介するCDはその場でお買い求めいただけます。チャージなし・飲食料金のみですので、お気軽にご参加ください。

今月はおすすめの新譜の加え、2017年間ベストの発表をいたします。

日時:12月13日(水)【20:00~22:00 チャージなし】
場所:ジャズ喫茶 いーぐる 
東京都新宿四谷1-8 TEL 03-3357-9857
http://www.jazz-eagle.com/


試聴DISC

<universal music>
クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ / クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ
ロバート・グラスパー / ベスト・オブ・ロバート・グラスパー
エラ・フィッツジェラルド / ライヴ・アット・ザルディーズ
エラ・フィッツジェラルド / サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
【年間ベスト・アルバム】BIGYUKI / リーチング・フォー・ケイローン

<diskunion>
Bob Reynolds / Guitar Band
Mike Moreno / 3 for 3
Or Bareket / OB1
Mikkel Ploug / Alleviation
【年間ベスト・アルバム】Kurt Rosenwinkel / Caipi


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

今日は晴れてとても良い天気ですが、とても冷えこんでいますね。

いよいよ師走らしくなってまいりました。

新宿ジャズ館レコードフロアでは、今日も新着出してまいりますよ。

こんなのもあります。いかがですか。

☟今日のトピックはこちら☟
 WAVE JAZZ CLASSICSのシール帯付です。きれいですよ。RIVERSIDE/JAZZLAND/PRESTIGEの名盤がお手頃価格で聴けちゃいます。

寒い日ですが、お近くにお越しの際は、新宿ジャズ館レコードフロアにぜひお立ち寄りください。お客様のご来店をお待ちいたしております。

暖房きいてます♨

年末セールの価格付リストです。まだ在庫残っているものもありますよ。
☟いかがでしょうか。☟


■12/2(土)BLUE NOTE廃盤レコード・セール
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18368/


■12/9(土)VOCAL廃盤レコード・セール【レコード館】
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18369/


■12/10(日)【レコード館】ジャズ・ギター&ECM廃盤セール
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/18370/




▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share
ここ数日、師走らしい寒い日が続きましたが、今日は穏やかでとても良い天気ですね。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

新宿ジャズ館レコードフロアでは今日も元気に新着を出してゆきますよ。

☟今日のトピックはこちら☟

ブルーノート 東芝盤 帯付 美品 けっこうあります。
新着コーナーに出しますよ~。早い者勝ちです。

12月ですのでラッピングもやってますよ。クリスマスプレゼントに日々のちょっとしたプレゼントにレコードはいかがですか。



明日からまた寒くなるようですが、新宿ジャズ館レコードフロアは今日もホット に営業中!!

皆様のご来店をお待ち申し上げております。

▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・出張買取・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す