【ディスクユニオン新宿ジャズ館】 tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552 / mail: ds2@diskunion.co.jp / 営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
お客様のジャズアイテムを高値で買わせていただきます。CD, DVD, LP, EP, 本など何でもお任せです。

■PAUL RUTHERFORD ポール・ラザフォード / Conscience(LP) / NO BUSINESS RECORDS / IMPORT / LP(レコード) / NBLP102 / 2299990356745 / 3,132円(税込)

【超貴重盤! 他界した超越技のトロンボニスト&日本人フリージャズドラマーとの日本でのライブ音源がLP盤に!】

※LP
リトアニアのフリー・ミュージック専門レーベルNO BUSINESS RECORDSからのリリース!
職人的トロンボニスト、ポール・ラザフォードと日本人フリー・ジャズ・ドラマーの豊住芳三郎。
彼らが1999年に愛知県常滑市のCafé Jumboでのライブ録音盤がLP盤に。ポール・ラザフォードは2007年に他界したために、かなりの貴重盤といえるでしょう。
1999年10月11日 Café Jumbo (常滑、愛知) ライブ録音

■Co-producer – Valerij Anosov
Coordinator [Release Coordinator] – Kenny Inaoka
Design – Oskaras Anosovas
Drums – Sabu Toyozumi
Liner Notes – Sadamu Hisada
Liner Notes [Translation (English)] – Kenny Inaoka
Mastered By – Arūnas Zujus
Photography By, Producer [Concert Produced By] – Sadamu Hisada
Producer – Danas Mikailionis, Takeo Suetomi
Recorded By – Ryuji Enokida
Trombone – Paul Rutherford

※参考映像


A1. The Conscience
B1. Beer, Beer And Beer
B2. Dear Ho Chi Mihn
B3. I Miss My Pet Rak

************************************
コピペでラクチン!メールご注文シート

お名前:
お届け先:(店頭購入の場合は不要です。)
お電話番号:
ご注文内容:(当店ブログもしくはメルマガから商品名をコピペして下さいませ。)
(例)●JOHN ZORN / THE DREAMERS / TZADIK / CD+シール付 / 2,300円 〔1枚〕
※枚数の記載がない場合、ご注文枚数は1枚と判断させていただきます。

お支払い方法:(不要な支払い方法をデリートくださいませ。)
 a.銀行振込(①三井住友銀行②ゆうちょ銀行※ご選択ください。)
 b.佐川急便による代金引換
 c.店頭購入

上記ご入力の上、返信くださいませ。改めまして、メールにてご注文確認のご案内をいたします
************************************



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

【新品CD】 4/21 新入荷一覧! 

●“European Jazz Legends”とレーベルIntuition のコラボ企画第10弾に、ダニエル・ユメールが登場!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17579/


●ベテランの域にも突入した人気ピアニスト、ベニー・グリーンの大絶好調ライヴの登場!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17580/


●現代屈指のソング・ライター, ジェシー・ハリス待望の新作!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17581/


●ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツがデンマークの名門ビッグ・バンドと共演したアルバムがインパルスよりリリース!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17582/


●2017年台風の目!?Maurice Brownが贈るジャズ × ヒップホップが絶妙な塩梅でクロスオーバーされた傑作が完成!
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/17583/






●早川泰子 / ノスタルジア / フルハウス / JPN / CD / FHJ170320 / 2299990362195 / 2,800円(税込)

早川泰子、究極のソロピアノプレイ

左手が繰り出すベースライン、リズム、コードワーク。そして右手が奏でるメロディー+アイディア豊富なインプロヴィゼーション。たった一人でこれだけの技を結合させて見事にスイングするのですから驚きですね。全編にわたって"いま生きていて、ピアノが弾ける!!" という歓びも伝わって来ます。──新宿「J」店主 バードマン幸田氏(ライナーノーツより)

2016年12月7日、2017年1月12日/秋田市文化会館にて録音

プロデュース/早川泰子
レコーディング・ミキシング/佐藤広則


1. Woody'n you (Dizzy Gillespie) 2:28
2. This can't be love (Richard Rodgers) 4:46
3. Tricrotism (Oscar Pettiford) 2:45
4. Hydrangea(紫陽花) (Yasuko Hayakawa) 4:50
5. Passing Down (Yasuko Hayakawa) 5:30
6. I've never been in love before (Frank Loeser) 4:50
7. When I look in your eyes (Leslie Bricusse) 4:14
8. Moon Walker (Yasuko Hayakawa) 5:05
9. Waltz for dedication (Yasuko Hayakawa) 3:36
10. Nostalgia (Fats Navaro) 3:28
11. Longing for my life (Yasuko Hayakawa) 4:18
12. Glaring snow flake (Yasuko Hayakawa) 4:31




【DOUBLE MOON】


●CHRISTOPHE BECK / Reflections / DOUBLE MOON / EU / CD / DMCHR71183 / 0608917118322 / 2,376円(税込)

★一聴しただけで、その芳醇なサックスの音色が心地よく響き渡ってくる、注目のテナー・サックス奏者、クリストフ・べックのデビュー・アルバム。
★ドイツのシュヴァーベン地方出身。シュトゥットガルトで音楽を学び、ユース・ジャズ・オーケストラ(BuJazzO)にも参加。その才能は、早い段階で認められ、「ヤング・ライオンズ・ジャズ・アワード・シュツットガルト」を受賞するなど、メキメキと頭角を現してくる。Tobias Becker Big Band、Hot Damn Horns、SlavkoBenic Orkestr 等々、数多くのビッグバンドにも参加、ミュージカルや劇場音楽にも携わり、音楽スクールの教師も務めるなど、その多彩ぶりは高く評価される。
★本作では、全ての楽曲の作曲をてがけており、作曲家としての才能も計り知れない。各楽器とのコンビネーションも素晴らしく、全く飽きることなく聴ける、モダン・ジャズ作品。ワン・ホーンの形をとりながら、スウィンギーなハード・バップ形式ではなく語り口はヨーロピアン。叙情的な表現は詩的でもあり、ECM の世界にも通じるものがあります。
メンバー:Christoph Beck (sax), Andreas Feith (piano), Sebastian Schuster (bass), Thomas Wörle (drums)

(メーカーインフォより)




●KATIE CRUEL / Roving Jewel / DOUBLE MOON / EU / CD / DMCHR71178 / 0608917117820 / 2,268円(税込)

★アメリカ人ギタリストGeoff GoodmanとアルメニアのシンガーFjoralba TurkuによるDuoユニット, Katie Cruelの新作。
★アメリカのフォーク・ミュージック、ロック、ブルース、中東の伝統的音楽をミクスチャー。本作は、2作目の作品ながら、一作目からはブランクもあって気分も一新し、本人たちにとっては、初めて臨むようなフレッシュさを感じて録音した作品とのこと。
■Fjoralba Turku (vo),
Geoff Goodman (g, banjo, mandocello),
Max Grosch(vln-M3.6.7.9)






●RICK BRAUN / Around The Horn / SHANACHIE / US / CD / SHANCD5448 / 0016351544827 / 2,376円(税込)

90年代スムース・ジャズ・ブームの一翼を担い、チャート入りは20曲以上、カーク・ウェイラムとノーマン・ブラウンとのスーパー・グループBWBでも活躍するスムース・ジャズ/フュージョン界のカリスマ的トランペット奏者/プロデューサー、リック・ブラウン。
そのShanachie移籍第1弾となる最新作がリリース。スムーズ・ジャズ・チャート急上昇中
のM1、人気ギタリストのピーター・ホワイトをフィーチャしたロマンティックなM9、新星リンジー・ウェブスターが歌うM3など素晴らしきオリジナルから、コールドプレイM10やアリシア・キーズのヒット曲M6といったカヴァーまで、洒脱で洗練された全11曲を収録。

(新譜情報より)






●MARC VAN ROON / Inventions & Variations(SACD/HYBRID) / BUZZ / IMPORT / SACD / ZZ76124 / 0608917612424 / 2,376円(税込)

★オランダの中堅ピアニスト、Marc van Roonによるプロジェクト。バッハがもし、この21世紀に生きていたら・・?という考えのもとに自らが作曲したInventionsそれをさらに即興で変奏した演奏Variations,合わせて26トラックを収録。




【MO BLACK】

 
●HOLLIE MCNISH / POETRY VERSUS ORCHESTRA / MO BLACK / CD / MO1503 / 9789082394641 / 4,860円(税込)


 
●METROPOLE ORKEST STRINGS / INVENTORS / MO BLACK / SACD(Hybrid) / MO1501 / 0608917570120 / 2,700円(税込)



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

●MAURICE BROWN / Mood / MOBETTA MUSIC / IMPORT / CD / 0888295563123 / 2,160円(税込)

2017年台風の目!?Maurice Brownが贈るジャズ × ヒップホップが絶妙な塩梅でクロスオーバーされた傑作が完成!

これまでにDE LA SOULやTALIB KWELIといったヒップホップ・アーティストのアルバム参加や、アレンジャーを務めるTedeschi Trucks Bandではグラミー受賞歴、2014年にはコアなゲスト・ラッパーを迎えた「MAURICE VS MOBETTA」をリリースするなど、ジャズとヒップホップを横断しながらもプロデューサー、コンポーザー、アレンジャーと多岐にわたる活動をする注目のトランぺッター、モーリス・ブラウン待望の2017年作がリリース。
今作でも、黒田卓也「Rising Son」やJOSE JAMESのバックでキーボードを弾くKris Bowers、2010年作「CYCLE OF LOVE」や同じく黒田卓也「Rising Son」でもうねりのあるベースを聞かせてくれたSolomon Dorsey、現在最も注目を浴びるジャズ奏者のひとり、Christian Scottの2017年作「Ruler Rebel」でもパーカッションを叩くWeedie Braimahやブルックリンが生んだ天才リリシストTALIB KWELIもゲストで参加する実力ある豪華ミュージシャンが参加した渾身のアルバム。
ジャズとヒップホップを横断するクロスオーバーな音楽性は今作でも健在ですが、よりメロディアスに、よりハーモニックに、絶妙な塩梅の度合に磨きがかかっています。2017年台風の目となるアルバムがここに完成。

■Maurice Brown -- Trumpet / Vocals
Kris Bowers -- Piano / Keyboards
Solomon Dorsey -- Bass
Joe Blaxx -- Drums
Josh Connolly -- Guitar (tracks 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 9, 10)
Chelsea Baratz -- Tenor Sax & Vocals (tracks 1, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 10)
Derek Douget -- Tenor Sax (tracks 2, 9)
Weedie Braimah -- Percussion (tracks 5, 8)
Saunders Sermons -- Trombone (track 3)
Talib Kweli -- Vocals (track 4)
Chris Turner -- Vocals (track 10)
J. Ivy -- Spoken Word (track 10)



1. The Mood 07:46
2. On My Way Home 07:16
3. Intimate Transitions (Jardin Le Sonn) 06:20
4. Stand Up ft. Talib Kweli 04:05
5. Moroccan Dancehall 07:40
6. Shenanigans 07:39
7. Capricorn Rising 05:43
8. Journey Exotique 06:45
9. Serendipity 03:29
10. Destination Hope ft. Chris Turner & J. Ivy 05:10


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

●チャーリー・ワッツ meets ザ・ダニッシュ・ラジオ・ビッグ・バンド / ライヴ・アット・ザ・ダニッシュ・ラジオ・コンサート・ホール, コペンハーゲン 2010 / ユニバーサルミュージック クラシック / JPN / SHM-CD / UCCI-1039 / 4988031220139 / 2,808円(税込)

今年12月に11年振りのスタジオ・アルバムをリリースしたザ・ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが、デンマークの名門ビッグ・バンドと共演したアルバムがインパルスよりリリース!

◆もともとジャズ・ドラマーだったチャーリー・ワッツは、ストーンズの活動とは別に1986年よりソロワークとして自らのジャズ・バンドを率いて精力的な活動を展開している。また共演するザ・ダニッシュ・ラジオ・ビッグ・バンドは50年以上の歴史をもつ名門ビッグ・バンドで、もともとはデンマークのラジオ局の企画として1961年に結成したが、演奏のレヴェルの高さが評判となり、60年代から、スタン・ケントンや、サド・ジョーンズをはじめとする有数の人気アレンジャーを迎えたことはもちろんのこと、ベン・ウェブスターや、アート・ファーマー、またジョージー・フェイムといった人気ヴォーカリストもゲスト参加。また90年代には、英国の鬼才ジャンゴ・ベイツをコンダクターに迎えたり、多数の現代のアーティストが手本と仰ぐボブ・ブルックマイヤーもたびたび参加している。
◆レコーディングはデンマークのコペンハーゲンにあるナショナル・コンサート・ホールにて観客を入れて行われ、収録楽曲には「黒くぬれ!」「サティスファクション」「無情の世界(You Can't Always Get What You Want)」等、ザ・ローリング・ストーンズの名曲を収録!

1. エルヴィン組曲-Part 1
2. エルヴィン組曲-Part 2
3. ファクション (サティスファクション)
4. アイ・シュッド・ケア
5. 無情の世界
6. 黒くぬれ!
7. Molasses



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

【輸入盤】
●JESSE HARRIS / Music For Chameleons / SUNNYSIDE / US / CD / SSC1480 / 0016728148023 / 2,268円(税込)
【国内帯、解説付】
●ジェシー・ハリス / Music For Chameleons / キングインターナショナル / JPN / CD / KKP1044 / 4909346013414 / 2,500円(税込)

現代屈指のソング・ライター, ジェシー・ハリス待望の新作!
ノスタルジーをそそるフォーキーなムードと都会の洗練
キャンディス・スプリングスに提供した2 曲を含む
モダン・アメリカーナの心象風景が広がる13曲

★現代屈指のコンポジション / ソング・ライティングで多くのアーティストを魅了するジェシー・ハリス、待望の新作! !
★ノラ・ジョーンズが歌い、大ヒットとなった楽曲“Don't Know Why"で一躍脚光を浴びたのを始め、ウィリー・ネルソンや、メロディ・ガルドウといったスター・プレイヤーにも楽曲を提供。また昨年は、ジャズベースの巨匠チャーリー・ヘイデンの血を引くペトラ・ヘイデンとタッグを組んだ作品『シームド・ライク・ア・グッド・アイディア』を発表するほか、あのプリンスも絶賛したというキャンディス・スプリングスにも楽曲を提供して、大きな話題も集めました。
★本作は、そんなジェシーのちょうど一年振りとなるリリース作品。
★基本路線は、いい意味で変わらない、ジェシー・ハリスのジェシー・ハリスらしいオーガニックな心地よさと都会の洗練がブレンドした至高のポップ・サウンド! ! フォーキーで、ノスタルジック、それでいて、凛としたたたずまいを感じさせる曲の数々は、自然体でいて、相反する感覚をこれ以上にない絶妙な塩梅で包み込み、いいようのない魅力でリスナーを不思議な場所に誘います。
★たとえれば、70年代のヴァン・ダイク・パークス『ソング・サイクル』あたりにも通じる音楽世界。
★ポップな話題としては、キャンディス・スプリングスに提供した“Talk to Me"“Neither Old Nor Young"をジェシー・ハリス自身が歌った2曲。 アコースティック・ギターの響きに囁くようなヴォイスで歌うノスタルジックなM6 に対して、NYの街の空気が伝わるようなM9は、まさに、ジェシーの魅力100%といったところでしょう。
★しかし、そうしたキャッチーさとともに、どの曲もアーティスティック! ブラジリアン・ミュージックに新しい世界を切り拓いたアー ト・リンゼイあたりの感覚にも通じるオープニング、3/4, 4/4の拍子を組み合わせたM2、映画『Hello, My Name is Doris(邦題;ドリスの恋愛妄想適齢期)』のための音楽(M4)、再びのペトラ・ヘイデンのコーラスをフィーチュアしたM5 などなど、聴き所は満載。また鬼才ジョン・ゾーンとの再びのコラボ曲(M8)の奇妙にカッコいいボサ・サウンドのオリジナリティにも注目です。
★今回は、マルーン5 のJason Ladar をプロデューサー、及びベーシストとして迎え、同グループのメンバーJesse Carmichae も、Star Rover の面々 (Will Graefe, Jeremy Gustin) とともに参加。
★正に、ジェシー・ハリスの魅力が満載の13曲。ライヴでもよく演奏するというインストのラスト曲まで、一気に聴いてしまいます。そして、何回聴いても新しい発見と、心地よさを感じられる作品でもあります。
★タイトルはトルーマン・カポーティの作品から。6月には、全国ツアーも予定されて、そちらも最高に楽しみです! !
(メーカーインフォより)


Jesse Harris(vo, g), Will Graefe(g, b, background vocals), Jeremy Gustin(ds, perc),
Jesse Carmichael(key, g, background vocals), Jason Lader(b, key)

1. On My Way Back
2. Forget It Happened This Way
3. I'm Not On Your Mind
4. Anything Was Possible
5. Everybody Thinks You're A Movie Star
6. Neither Old Nor Young
7. You Can Only Wait So Long
8. Taking My Time
9. Talk To Me
10. A Matter Of Time
11. You Don't Have To Be Alone
12. I Always Thought The World Would Catch Your Fall
13. Surfside


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

【輸入盤】
●BENNY GREEN / Happiness! / SUNNYSIDE / US / CD / SSC1485 / 0016728148528 / 2,268円(税込)
【国内帯、解説付】
●ベニー・グリーン / ハピネス! / キングインターナショナル / JPN / CD / KKE063 / 4909346013520 / 2,500円(税込)

ベテランの域にも突入した人気ピアニスト、ベニー・グリーンの大絶好調ライヴの登場!

場所は、カリフォルニア州サンタ・クルーズにあるクンブワ・ジャズ・センター! この場所は、ベニーのジャズ・キャリアにとってホーム・グラウンドというべき、重要な拠点。このクラブはベティ・カーター、ブレイキーのメンバーとして出演した場所であり、のち93年にレイ・ブラウンの作品を録音したのもこのクラブで、30歳の誕生日を祝ってもらった場所でもあるのです。さらに、2013年、14年には、50歳を迎えたことを節目ととらえ、クラブオーナーと相談し、ライヴ録音を決行。その成果が『Live in Santa Cruz!』として作品化されたのは、記憶に新しいところです。
そして、本作は、再び同地での、なじみの仲間とのライヴ録音。デヴィッド・ウォン、ロドニー・グリーンとは、昨年2016年に来日も果たしており、その内容の高さは、背景だけみてもお墨付きという感じですが、実際、このライヴには、聴く人の心を躍らせるものがあります。
しかし、それもそのはず。本作(本ライヴ)、最初は、作品化を考えずいつもの習慣のように録音していただけながら、その録音をベニー・グリーン自身が聴いて驚き、作品化を決意したというものなのです。つまり、アーティスト自身が、予想を越える演奏の好調ぶりを感じての結果がここにあるのです。
“自分自身の気分を最高に高めてくれる魔法の空間”とベニー・グリーンが語る場所には、その夜も熱心な観客が集合。その熱気がトリオにさらにエネルギーを与えたのは、いうまでもないでしょう。演奏前のイントロダクションだけでも、観客の期待が伝わってやみませんが、演奏が始まると、その場の空気は白熱の一途。勢いあふれるスウィンギーなリズムに、ジャズ・ピアノの王道というべきブルーズ感覚を感じさせるフレージングが、抜群のテクニックをもって決まり、会場には熱があふれます。
『Live in Santa Cruz』とはうって変り、今回はスタンダード・ナンバーが中心の構成も興味深いところ。ブレイキーのバンドで活動したグリーンらしく、ホレス・シルヴァー、フレディ・ハバード、シダー・ウォルトン、サド・ジョーンズ、デューク・ジョーダン、ウェス・モンゴメリーといった黄金のジャズ時代を物語る名曲が並びます。
2016年6月13日録音。52歳となったピアニストの好調ぶりを伝える名ライヴ作品です!
(メーカーインフォより)


Benny Green(p)
David Wong(b)
Rodney Green(ds)

録音:2016年6月13日、カリフォルニア州サンタクルーズ、クンブワ・ジャズ・センター


1. introduction
2. The St. Vitus Dance (Horace Silver)
3. announcement
4. Down Under (Freddie Hubbard)
5. Martha's Prize (Cedar Walton)
6. Sixth Avenue (Cedar Walton)
7. 50-21 (Thad Jones)
8. Chant (Duke Pearson)
9. Pittsburgh Brethren (Benny Green)
10. Twisted Blues (Wes Montgomery)


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

●DANIEL HUMAIR / Seasoning: Live At Theater Gutersloh / INTUITION / UK / CD / INTCHR71322 / 0608917132229 / 2,268円(税込)

ドイツのジャズ誌『Jazzthing』が創刊100 号を記念して立ち上げた企画 “European Jazz Legends”とレーベルIntuition のコラボ企画第10弾に、スイス人ドラマー、“ヨーロピアン・リズムマシーン”ダニエル・ユメールが登場!

◆ユメールは58 年頃に活動を開始、68 年のフィル・ウッズとの共演で広く認知され、その後リー・コニッツ、デクスター・ゴードン、エリック・ドルフィーなどを始め、数多くの巨匠達と共演を重ね、ヨーロッパ・ジャズの第一人者となった。

◇そんな生きるジャズ・レジェンドが今もなお精力的に活動しているのは嬉しい限り。今作でも、全く衰えないテクニック、音楽性、即興性を聴かせてくれる。

◇このカルテットは、パリ高等音楽院でダニエル・ユメールに師事していたミュージシャンで構成されている。サックス奏者のVincent Lê Quang は、現在、同音楽院の教授を務めている。Stéphane Kerecki はパリ出身のベーシストで、自身のトリオ作、『Focus danse』は、シャルル・クロス・アカデミー賞を受賞した。Emil Spanyi はハンガリー出身のドラマーで、現在はパリ地方音楽院とローザンヌ音楽院で教鞭を執っている。

◆曲は、完全即興の“Ballad”と、ユメールのオリジナルが4 曲(共作含む)、ユメールとともに歴史を創り上げてきたフランソワ・ジャノウの“Arfia”と、ミシェル・ポルタルの“Mutinerie”だ。

◆ 1 曲目“Arfia”は、『Humair, Jeanneau, Texier / Akagera』にも収録されており、こちらは激しめのフリー・ジャズ要素が強いが、今作では間や抑揚を大切にしたインプロという印象。そして、6 曲目“Mutinerie”は、『Humair, Ducret, Chevillon +Eskelin / Liberté Surveillée』にも収録されて広く知られるようになった楽曲。この曲をかつての生徒と共演しているところも聴き所だ。

◆ 3 曲目“Huchedu”は、フリーキーなソプラノ・サックスから始まり、即興的に展開。怪しいメイン・テーマのユニゾンがあり、その雰囲気のまま、またインプロに突入する。5曲目“Couscous Purée”は、リズムやベースラインがはっきりしているものの、やはり即興がメイン。ユメールの曲は、一つのモチーフがあり、そこから共演ミュージシャンが自由に展開していく余白を大きくもっている。そんな4 人が、完全即興の4 曲目“Ballad”を、他の曲と同クオリティで演奏出来てしまうのも当然なのだろう。

◆「演奏をするときはいつでも何かを学べる状況にしていたい。」と語るユメール。78 歳にして未だに挑戦を続ける彼の今を存分に味わえる作品だ。

(メーカー・インフォメーションより)

メンバー:
Daniel Humair(ds)
Vincent Lê Quang(sax)
Stéphane Kerecki(b)
Emil Spanyi(p)



1. Arfia (François Jeanneau)
2. Ira (Daniel Humair)
3. Huchedu (Daniel Humair)
4. Ballad (Daniel Humair, Vincent Lê Quang, Stéphane Kerecki, Emil Spanyi)
5. Couscous Purée (Daniel Humair, J.P.Muvien)
6. Genevamalgame (Daniel Humair)
7. Mutinerie (Michel Portal)
8. Interview with Daniel Humair



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

★4/21(金)新宿合同「新品輸入品お買い得DAY」開催中!!

 
新宿の新品輸入品取扱店舗にて「1日限定」お買い得セールを開催致します。
ぜひ新宿各店にお立ち寄り下さい!


●開催日時●

4/21(金) 1日限定!!

●セール内容●

新品輸入品 2点お買い上げ毎に ⇒ 500円OFF!!
※2点、4点、6点 と 2点毎の値引きとなります


●開催店舗●
★ディスクユニオン新宿
1F:ロック新品ストア
3F:プログレッシヴロック館
4F:ラテン・ブラジル館
6F:インディ・オルタナティヴ・ロック館
7F:パンクマーケット
★新宿ロックレコードストア
★新宿ジャズ館
★新宿SOUL/BLUES館
★新宿CLUB MUSIC SHOP
★シネマ館
★新宿HEAVY METAL館
★クラシック館





●1F新品CDフロア推薦盤●
             
ジャズの聖地・新宿ジャズ館は、他では入手困難な輸入盤の品揃えが最大のポイント!
最新録音に限らず、今ではレア盤となった旧譜の掘り起し、知られざる高音質録音盤を4月もどしどしご紹介してまいります。ご期待下さい。



■2017年3月度輸入品販売ランキング(CD館)■


1位
★あの伝説の東京公演が遂にCD化!!

●HERBIE HANCOCK / VsopII Tokyo 1983 / HI HAT / EU / CD / HHCD3051 / 5297961305113 / 1,944円(税込)

あの伝説の東京公演が遂にCD化!!
ウィントン&ブランフォード・マルサリス兄弟をフロントに向かえた「VSOP Ⅱ」の貴重音源!

世界を席巻したスーパー・グループ「VSOP」。ウェイン・ショーターとフレディ・ハバードに代わり、ウィントン&ブランフォード・マルサリス兄弟をフロントに向かえた「VSOP Ⅱ」の貴重音源です。
「VSOP Ⅱ」は、おそらくライブ・ツアーのみのグループだったため、今まで放送音源やプライベート音源でしか聴くことができませんでしたが、演奏の素晴らしさからも伝説化していた東京公演がついにCD化されました!NHK放送音源なので音質も良好。必聴です!



2位
★impulse!からアンドレア・モティスがソロ・デビュー!

●ANDREA MOTIS / Emotional Dance / IMPULSE! / FRA / CD / 2,160円(税込)

ジョアン・チョモローとの共演作も大人気だった女性トランぺッター/シンガー、21歳のアンドレア・モティスがソロ・デビュー!
ヴォーカルはノラ・ジョーンズ、ビリー・ホリデイ風+スペイン人ならではのかわいらしさがあり、彼女のトランペットもとっても素敵です!本作は自身作によるオリジナル+スタンダード。


3位
★2017年、全ジャズ・ファン必聴盤!!

●BILL EVANS / On A Monday Evening / CONCORD / FAN00095 / 0888072019713 / 2,160円(税込

奇跡の発掘! ビル・エヴァンスの晩年を代表する名盤『アイ・ウィル・セイ・グッドバイ』『ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング』と同じメンバーによる完全未発表コンサート音源(プライベート盤でも過去に流通なし)が、40年の時を経て届けられる。






●レコード館推薦盤●



奇跡の発掘!!ビル・エヴァンスの完全未発表コンサート音源が、40年の時を経て届けられる!!
説明不要のサンバジャズ大名盤!!テノーリオ・ジュニオールの 『エンバーロ』 が久々にアナログで復刻!!
おすすめ!!ハーレム・リヴァー・ドライヴ のあのレア・グルーヴ大名盤から人気の2曲が7インチでリリース!!
4月も新旧問わず充実の品揃えでお客様のご来店をお待ち申しあげております!!

■2017年3月度販売ランキング(レコード館)■

1位
★奇跡の発掘!!ビル・エヴァンスの完全未発表コンサート音源が、40年の時を経て届けられる!!


■BILL EVANS ビル・エヴァンス / On A Monday Evening(LP/180g) / CONCORD / 0888072019720 / 4,320円(税込)

※LP / 180g重量盤 / ゲイトフォールド仕様
■1976年11月25日(月)にウィスコンシン大学マジソン校のユニオン・シアターで行われたライヴ録音。

■1973年にネネット・ザザーラと結婚、1975年には息子エヴァンが誕生し、ニュージャージーに新居を構え心身共に充実した日々を送っていた頃のビル・エヴァンス。エヴァンスと最も長く共演してきたベーシスト、エディ・ゴメス、そしてドラムスには1975年からマーティ・モレルに変わりエリオット・ジグムンドが加入。このトリオでの活動はわずか約2年ほどでしたが、1976年録音の『アイ・ウィル・セイ・グッドバイ』や『ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング』などの晩年のスタジオ録音の名盤も生んでいます。しかしながら、このトリオでのライヴ盤はオフィシャル・レコーディングとしては初。

■海賊盤でも流通していないこのコンサートの録音をアシストしていたのが、当時22歳だったラリー・ゴールドバーグ(ボストンの公営ラジオWGBHで活躍)とジェイムス・ファーバー(マイケル・ブレッカーやブラッド・メルドーをはじめ多くの作品に携わるNYのレコーディング・エンジニア)ということでサウンド・クオリティにも問題ない模様で、約48分収録予定。「いつか王子様が」や「オール・オブ・ユー」などの人気スタンダードも演奏しており、ジャズ・ピアノの詩人の47歳の円熟期の煌めきを捉えた、全ジャズ・ファン必聴盤となること必至です。ライナーノーツは、マイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーン等の書籍で知られるアシュリー・カーンが執筆。

2位
★NONESUCHを代表する二大アーティスト、CHRIS THILEとBRAD MEHLDAU。二人の名前をタイトルに冠した『CHRIS THILE & BRAD MEHLDAU』!!


■BRAD MEHLDAU ブラッド・メルドー / Chris Thile & Brad Mehldau(2LP) / NONESUCH / 0075597941005 / 4,644円(税込)

※2LP
◆NONESUCHを代表する二大アーティスト、CHRIS THILEとBRAD MEHLDAU。二人とも以前よりお互いの作品を賞賛し合い続けてきた二人がデュオとして初めてツアーを行なったのは2013年の出来事だった。そして、2015年の年末、二人は再びデュオとしてNew YorkにあるBowery Ballroomにて2夜に渡るコンサートを行ない、そのまま二人でレコーディングに入っていく。そこで二人が作り上げた作品が、1月27日に発売となる、オリジナル曲や他アーティストのカヴァー曲からなる、二人の名前をタイトルに冠した今作『CHRIS THILE & BRAD MEHLDAU』だ。

◆PUNCH BROTHERSの中心メンバーにしてプログレッシヴ・ブルーグラスの雄、CHRIS THILEと、過去20年における最も影響力を持つジャズ・ピアニストとして知られるBRAD MEHLDAU。二人は異なるジャンル/世界に住んでいながら、共通項を多く持つ”同種”の人間でもある。共にチーム・プレイヤーであり、共にこよなくバッハとTHE BEATLESを愛し、そして何といっても、それぞれのジャンルに属するどのアーティストよりも、より幅広い、大きな、そして若いファンを獲得し、ファン層を開拓し続ける二人なのだ。様々なアーティストとのコラボレーションを行ない、その豊かな才能を常に押し広げ続ける彼らが、デュオとしてのステージを経て、遂にデュオ名義での作品を発表する。

◆CHRIS THILEがヴォーカルとマンドリンを、そしてBRAD MEHLDAUがピアノを担当し、二人の共同プロデュースという形で制作されたこの作品は、2人のオリジナル楽曲のほか、ジョニ・ミッチェルやエリオット・スミス、ボブ・ディランやアイルランドの伝承歌などのカヴァーなどを含む全11曲を収録。二人の才能が時に火花を散らしながら、そして時に共鳴しながら綴っていく、その濃厚な二人のパフォーマンスを、2枚のCDにたっぷりと収録した今作は、まさに「至高」の名にふさわしい作品だ。

◆それぞれが2016年に来日公演を行っており、その素晴らしいライヴで日本のファンを魅了してくれたことも記憶に新しいだろう。現在、2015年に二人がデュオとしてNew Yorkで行ったライヴ映像の中から、今作にも収録されているギリアン・ウェルチとデヴィッド・ローリングスのカヴァー曲「Scarlet Town」の映像が公開されており、その映像を見るだけで、今作への期待感が募ってくる。至福の時を過ごすにはぴったりの作品を、二人の才能が今届けてくれるのだ…。

(メーカーインフォより)

3位
★未発表音源のリリースで知られるレーベルJAZZLINEから。CHET BAKER ドイツ ハンブルクでのライヴ音源!!


■CHET BAKER チェット・ベイカー / At Onkel Po's Carnegie Hall Hamburg 1979(2LP) / JAZZLINE / 5055551780388 / 4,320円(税込)

※2LP / Gatefold
1979年4月2日にドイツのハンブルクで行われたライヴ音源が未発表音源のリリースで知られるレーベルJAZZLINEから登場。貴重なライヴ音源を2LPにたっぷりと収録しています。

■CHET BAKER, trumpet, vocals
PHIL MARKOWITZ, piano
JEAN LOUIS RASSINFOSSE, bass
CHARLIE RICE, drums


▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

【新品CD】 4/20 新入荷一覧! 


●ジェラルド・クレイトン / トリビュータリー・テイルズ / CD / AGATE、インパートメント / JPN / 4532813835945 / 2,376円(税込)

ジャズ界のサラブレット=ジェラルド・クレイトン4年ぶりの新作。ジャズ一家に生まれの伝統的スタイルと深く関わるジェラルドが自身の探求と改革を進めた2017年作品。

84年生まれ、これまでにロイ・ハーグローブ、渡辺貞夫、ダイアナ・クラール、ジョン・スコフィールド、アヴィシャイ・コーエン、クリスチャン・スコットなどのミュージシャンとの共演。“オスカー・ピーターソンを彷彿とさせるプレイスタイルの逸材”と紹介され、デビューアルバムでグラミー賞にノミネート。ジャズの伝統を更新するピアニスト、ジェラルド・クレイトンが新作『トリビュータリー・テイルズ』を完成。

録音メンバーにはサックス奏者にローガン・リチャードソン、ベン・ウェンデル、ダイナ・ステフェンス、不動のリズムセクション、ジョー・サンダース(bass)、ジャスティン・ブラウン(drums)と男性ボーカルの注目株サッチャル・ヴァサンダニ、ポエトリー・リーディングにカール・ハンコック・ラックス、アジャ・モネを起用。目まぐるしい展開の1で幕を明け、キャッチーなメロディとR&B/ゴスペルテイストのアレンジで恍惚感に浸らせるシングル曲10、サッチャルの歌声が、ローガン・リチャードソンとベン・ウエンデルのメロディと合わさるリッチなハーモニーを生み出す13、ポエトリー・リーディングを採用した8など収録。レコーディングは、ブルックリンのBUNKER STUDIOにて行われました。“River”(川)の物語をコンセプトに作られた「トリビュータリー・テイルズ」は、人生の中での様々な出会い、地域、食べ物、多様な文化をツアーを通して経験したことを基に作曲されています。生々流転する現代のジャズシーンに先代から学んだ伝統的なジャズを新たらしい方向へ流し出す注目作。

*日本盤オリジナルライナーノーツ収録
*日本盤限定ボーナス・トラック収録

【パーソネル】
ジェラルド・クレイトン (Gerald Clayton) - piano
ローガン・リチャードソン (Logan Richardson) - alto saxophone
ベン・ウエンデル (Ben Wendel) - tenor saxophone, bassoon (Tracks 8 & 10)
ダイナ・ステフェンス (Dayna Stephens) - baritone saxophone (track 9)
ジョー・サンダース (Joe Sanders)- bass
ジャスティン・ブラウン (Justin Brown) - drums
アジャ・モネ (Aja Monet) - spoken word (tracks 8 &14)
カール・ハンコック・ラックス (Carl Hancock Rux) - spoken word (tracks 8 &14)
サッチャル・ヴァサンダニ (Sachal Vasandani) - vocals (track 13)
ヘンリー・コール (Henry Cole)- percussion (tracks 1, 10, 12, 13)
ガブリエル・ルーゴ (Gabriel Lugo)- percussion/post production (tracks 1, 10, 12, 13, 14)

(新譜案内より)





●MARVIN PARKS / Marvin Parks / CD / SCHEMA / ITA / 8018344014760 / 2,268円(税込)

ジャズ・ヴォーカルのニュー・スタンダード!
ニコラ・コンテが送り出す、アフロ・アメリカンのジャズ・ヴォーカリスト!!
マーヴィン・パークス登場!!!

イタリア、バーリを拠点に世界で活躍する、プロデューサー&アーティスト、ニコラ・コンテが新たに送り出す、期待のジャズ・ヴォーカリスト、マーヴィン・パークス!
マーヴィン・パークスは、アメリカ出身。ゴスペルや50~60年代のジャズ・シンガー、ナット・キング・コール、ジョニー・ハートマン、ジョー・ウイリアムスらのジャズ・シンガーからの流れを汲む、ヴォーカリストである。繊細で滑らか、切れのあるバリトン・ヴォイスを持つ、マーヴィン。ニコラ・コンテ・プロデュースによる、イタリア・ジャズの先鋭たちによる、確かな演奏。良く知られたスタンダード(幾つかのオリジナル曲を含む)に新たな光を与えるべく、練られたアレンジメント。もちろん、ニコラ・コンテもギター演奏で参加!
優雅でアダルト、それでいて2017年の空気感のあるジャズ・ヴォーカル・アルバムに仕上がりました。
(メーカーインフォより)




【 TZADIK RECORDS 】


●BRIAN MARSELLA / Buer: the Book of Angels Vol 31 / CD / TZADIK / US / 0702397835325 / 2,376円(税込)

ジョン・ゾーン・マサダの楽曲を様々なミュージシャンが演奏するBook of Angelsシリーズ31作目。
今回はダイナミックな演奏で注目のフリー系ピアニスト、ブリアン・マーセラ がトリオ編成で贈ります。
前作と同様、ジャズのオールスターとも言うべきメンツが揃いました。こんなピアノトリオはなかなか他では見られません。

Trevor Dunn: Bass
Brian Marsella: Piano
Kenny Wollesen: Drums


●CRAIG TABORN / Highsmith / CD / 2,376円(税込) / ZADIK / US / 0702397401728

人気ピアニストのクレイグ・テイボーンと、電子オルガン奏者で日本人女性アーティスト、イクエ・モリによるデュオ。
2016年10月のN.Yのライヴハウス・ヴィレッジ・ヴァンガードにてのパフォーマンスとスタジオセッションが収録されています。

CRAIG TABORN(p)
IKUE MORI(electronics)




TOSHIRO MAYUZUMI / 黛敏郎 / Toshiro Mayuzumi NIKKATSU Jazz Selection / 黛敏郎 日活ジャズセレクション
●黛敏郎 / 黛敏郎 日活ジャズセレクション / CD / スリーシェルズ / JPN / 4560224350306 / 3,000円(税込)

黛敏郎の日活映画ジャズがCD化!
リズム、スピード、エネルギー!スクリーンに炸裂する青春のビートリズム!
和ジャズファン、シネジャズファンのマストアイテム完成!

このCDは、日活映画で黛敏郎が作曲した61作の映画BGMで現存する1502トラックの音源より厳選されたジャズセレクションである。クラシック、現代音楽、電子音楽など様々なジャンルに精通する黛敏郎の映画音楽から、ジャズ的なフィーリングがきわだつトラックを選曲。ブルーコーツのピアニストとして活躍し、ジャズイディオムを活用した現代音楽を発表した黛らしい輝かしくもクールなジャズから、ユーモアあふれるダンスホール系ジャズまで幅広く収録。これまで知られにくかったジャズメンとしてのマユズミの才能がいま明らかになる!

作曲:黛敏郎
収録曲数:52曲(映画27作品から)
企画構成解説:西耕一(スリーシェルズ)
マスタリング:仁木高史(スリーシェルズ)
デザイン:橘川琢
協力:日活、宇都宮弘之
原盤:日活株式会社(C)日活株式会社





●ボビィ・ボイル / ノー・ラヴ・ソング / CD / MUZAK / JPN / 4524505334676 / 2,592円(税込)

幻のシンガー&ピアニスト、ボビィ・ボイルの未発表音源が奇跡の初CD化!

昨年7月発売された2枚のアルバム、『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』 (日本初CD化)と 『シングス』 (世界初CD化) によって存在を知られるようになったボビィ・ボイル。そのスタイルは当時のポップ・チューンをジャズ・フォーマットで演奏した正にソフト・サウンディング・ジャズの草分けともいえるもの。そして彼女の死後、自宅で放置されていたアナログ・テープがプロのギタリストでもある息子、マイケル・マコーミックによって保管箱の中から取り出された。それは全盛時の輝かしいパフォーマンスを記録したもので全てが未発表という内容だった。本作はそのテープを元にマイケルの協力を得て編集、マスタリングが行われ世界で初めて陽の目をみることになった。おそらくこれは商品化を前提したものではなく、その為、彼女のプリミティブな魅了満載のリラックスしたプレイが堪能出来るボビィ・ボイル入門用としても楽しめる作品。音楽がグローバル化した今、ジャズ・ヴォーカルとソフト・ロックの良質のエッセンスを散りばめたこのアルバムこそジャンルを超えて多くの音楽ファンの耳に届いてほしい。

メンバー
ボビイ・ボイル(vo,p,vib)
ロン・アンソニー(g)
クリス・クラーク(b)
チャック・ピッチェロ(ds)
ジミー・スチュワート(g)
ビル・プラマー(b)
チャック・スティーヴンス(g)・・・・他
録音:1966年-1970年

ボビィ・ボイル:
ヴォーカル、ピアノ、ヴァイブ奏者。1931年ボストン生まれ。ミュージシャンだった両親と祖父母の音楽一家の元で育った。ジャズ・グループを率いたトランぺッター、ジョニー・マコーミックと結婚、60年代後半にロサンゼルスのエンシノに移住し主に地元のクラブやラウンジを拠点に活動。1968年にその地名を使った自主レーベルEncino Recordsからデビュー・アルバム『A Day In The Life』をリリース。続けて1970年にセカンド『Bobbi Boyle Sings』を発表したが話題になることもなく、その後離婚を経てスタジオ・ミュージシャンや職業作家など裏方の仕事をしながら子育てに追われていった。1995年にビング・クロスビーの息子、ゲイリー・クロスビーと婚約するも式を挙げる直前に彼が病死するという不幸な結末となった。2000年に入ってかつてのパイド・パイパーズを彷彿とさせる4人組のコーラス・グループThe Sunnysidersに参加、アルバムを1枚残した。2008年アメリカのDJ、クリスチャン・フリッツにより『A Day In The Life』が世界で初めてCD化され世界中の音楽ファンを驚かせた。本人も思いもよらぬ再発を大変喜んでいたが、それを見届け惜しくも翌年の2009年7月23日に帰らぬ人となった。

(新譜案内より)




【 澤野工房 】


●エドゥアール・フェルレ / Think Bach Op.2 / CD / 澤野工房国 / JPN / 3770002527122 / 2,571円(税込)

バッハをテーマにしたソロ・アルバム「THINK BACH」の第2章。
即興演奏の原点に立ち戻り、敬愛するバッハを新解釈した現代音楽。
その芸術性はジャズやクラシックの領域をも超越する。
ヨハン・セバスティアン・バッハが生きた時代、彼は、作曲家というより、「即興演奏家」として名声を博した。仏の気鋭ピアニスト、エドゥアール・フェルレの『Think Bach Op.2』は、当時ごく一般的だった即興演奏の原点に立ち戻ったアルバムなのかもしれない。『Think Bach』を英語読みすれば『Think Back(振り返って考える)』なのだから。
各曲に付いたサブタイトルには、演奏者の想いが宿る。例えばラストの〈Prelude in C major〉は、バッハのゴースト・ライターと言われながら、影の存在に留まった妻〈ミス・マグダレーナ〉へのトリビュートだ。
それぞれ趣向を凝らしたトラックからは、可愛い!と思うほど無垢なバッハ愛がシャンパンの泡のようにフツフツ湧き上がる。前作の『Think Bach』が内省的なムードを漂わせるのに対し、本作は、例の白いカツラを脱ぎ捨てたバッハがジーンズ姿でパリの街を闊歩しているような驚きと楽しさが一杯だ。バッハを現代に飛翔させるためなら、フェルレは手段を選ばない。カリプソ・リズムや変拍子、コンピューターを駆使して原曲をデフォルメするし、ピアノ弦をマレットや弓でダイレクトに鳴らす荒技だって厭わない。でも、「わざとらしさ」や「いやらしさ」は感じない。フェルレは古楽器を演奏するし、バロック全般への造詣の深さが根底にある冒険だからだ。美しいピアノ・タッチと絶妙なペダル使い、それは楽器と音楽に対する真摯な姿勢を物語っている。
フェルレ自身はこう語る。-「失敗を恐れ、音楽の殻に閉じこもるのは嫌だ。音楽を愛するからこそ、その扉は大きく開けておきたい。」その言葉通り、開け放たれた扉から吹き込む風が心地よいアルバムだ。
(ライナーノーツより Text by 寺井 珠重)


●ジャン・フィリップ・ヴィレ / Les Idées Heureuses / CD / 澤野工房国 / JPN / 3770002527115 / 2,571円(税込)

ジャン・フィリップ・ヴィレの独創的なセンスが別次元に誘う。
幾重にも艶めかしく折り重なった音粒はベルベットのよう。
言葉では言い表せない世界観は、もはや芸術である。
ジャズ、クラシック両方で活躍する現代最高のフランス人ベーシスト、ジャン・フィリップ・ヴィレ。彼が奏でるコントラ・バスの音の多彩さは、まさに究極である。特筆すべきはその作曲センスにおける独創性だ。ヴィレの脳内から湧出した美しいメロディーが、ヴァイオリン、アルト・ヴァイオリン、ヴァイオリンチェロといったそれぞれの帯域の弦楽器から放たれ、幾重にも艶めかしく折り重なった音粒はベルベットのよう。もはや芸術である。
かのヴァイオリンの巨匠、ステファン・グラッペリのバンドに1989年から97年までレギュラー・ベーシストであったヴィレ。書く曲もやはり高域のヴァイオリンにスポットがあたるが、次の音程を受け持つアルトも、なかなか目を見張るのがある。ちなみにアルトとはヴィオラとの表記が一般的だが、フランス語表記のスコアの場合ヴィオラをアルトとするとのこと。聴きどころ満載の本作品においても、各トラックの要所要所で聴けるアルトの奏でる繊細かつ大胆な音色の響きは白眉である。アルトを演奏するデイヴィッド・ガヤルド、要チェックだ。ランボルギーニを連想すれば覚えることができる。
ヴィレ・トリオのピアニストであるエドアール・フェルレが主宰するレーベル、Mélisseから、同メンバー編成で「SUPPLEMENT D'AME」を2012年に発表している。そのときに聴いた衝撃は忘れ難く、いまだに興奮醒めやらないままであったから、この作品はマジで嬉しい。
(ライナーノーツよりText by 前泊正人)





●ANDREA MOLINARI / L'Era Dell'Acquario / PICANTO / CD / ITA / 8032947700332 / 2,484円(税込)

Andrea Molinari | guitar
Logan Richardson | alto sax
Domenico Sanna | piano & rhodes
Luca Fattorini | double bass
Marco Valeri | drums




【 その他 】

●SCOTT HAMILTON / BALLADS FOR AUDIOPHILES / fone / CD / 8012871017553 / 2,376円(税込)

●BEBO FERRA / FRAMES OF CRIMSON / VIA VENET / CD / 8013358201144 / 2,160円(税込)

●NICO GORI / OPPOSITES / PHILOLOGY / CD / 8013284004871 / 2,268円(税込)



▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

【新品CD】 4/19 新入荷一覧! 


【UNIT RECORDS】


●TIBOR ELEKES - KIRK LIGHTSEY - DON MOYE / Le Corbu / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4622 / 7640114796227 / 2,160円(税込)

ベース奏者ティボール・エレケスの2015年リリース作。このラテンノリ?なジャケットから聴かずにスルーしてしまいそうになりますが、メンバーを見てビックリ。
60年代よりチェット・ベイカーのサイドで活躍してきたヨーロッパ・ピアニストの中でも屈指の実力者カーク・ライトシー、そのカーク・ライトシーとも共演歴のあるアート・アンサンブル・シカゴのドラマー、ドン・モイエでのトリオ盤。
このメンバーというだけで耳が反応してしまう要注目作。

■Kirk Lightsey - piano / flute
Tibor Elekes - double bass
Famoudou Don Moye - drums / percussion




● TIM ALLHOFF / There Will Be Light / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4781 / 7640114797811 / 2,160円(税込)

過去作が良質ピアノ・トリオ盤として話題を呼んだティム・オルホフの2017年作がリリース。
前作となる2015年「Lovebox Sessions」はピアノ・ソロを基調としただけに、ピアノ・トリオファンには待望のリリース。ピアノだけではなくフェンダー・ローズを使った都会的な楽曲も収録されピアノ・トリオの良盤が聴きたい方はもちろん、ビートの立ったジャズが聴きたい方にも大推薦の1枚。彼らしいクラシカルの1面が要所で聴けるところも素晴らしいです!

■Tim Allhoff / piano & fender rhodes
Andreas Kurz / bass
Bastian Jütte / drums





● TIM ALLHOFF / Lovebox Sessions / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4638 / 7640114796388 / 2,160円(税込)

過去作が良質ピアノ・トリオ盤として話題を呼んだティム・オルホフの2015年リリース作。
今作はピアノ・ソロアルバムとなりますが、曲によってはギター、ドラム、ベースが入っております。クラシカルでジャケットのようなノスタルジーで落ち着いた1枚。ポスト・クラシカルが好きな方にもオススメできる良質ピアノ盤です。

■Piano, Synth, Melodica, Glockenspiel – Tim Allhoff
Bass – Michael Kamm
Drums – Jakob Mader
Guitar – Martin Schmid
Guitar – Andreas Kurz
https://youtu.be/IodNYatDlho




● TILL MARTIN / Knit for Elly / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4747/ 7640114797477 / 2,160円(税込)

ジャケットからして名盤を予感させる匂いがプンプンします!90年代からリリースを行うテナー奏者・ティル・マーティンの2016年録音作がUNIT Recordsから新作を発表。今作はドラムレス・トリオでの作品で、ジャケット通りの好内容っぷり。艶やかなテナーに柔軟な演奏をするピアノの絡みが絶妙で、派手な作品ではないですが「この感じを聴きたかった」と思う方も少ないなのでは!?

■Till Martin - tenor saxophone
Christian Elsässer - piano
Henning Sieverts - bass




● HOLOBIONT / Dawn / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4742 / 7640114797422 / 2,160円(税込)

ドラムレス・トリオ、HOLOBIONTの2017年作がUNIT Recordsよりリリース。研ぎ澄まされたコンテンポラリーな楽曲からフリー・ジャズ的な音響に視点を向けた楽曲までふり幅の大きな作品。

■Felix Fritsche - alto-saxophon, bassclarinet
Julian Bohn - piano
Johannes Nebel - bass




● MATTI OEHL / Ornament / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4725 / 7640114797255 / 2,160円(税込)

2管カルテット良盤!アルト・サックス奏者MATTI OEHLの2017年作は現代テナーの注目株として注目度の高いJohannes Endersが参加したピアノレス2管カルテットです。アルバムに3曲収録されている「Wahrtraumdeuterei 」はどこかオーネット・コールマンの「LONELY WOMAN」を彷彿とさせるような名曲・名演。

■Matti Oehl - alto saxophone
Johannes Enders - tenor saxophone
Robert Lucaciu - bass
Tom Friedrich - drums




● KUHN FU / Kuhnspiracy / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4753 / 7640114797538 / 2,160円(税込)

摩訶不思議な音楽、グルーヴを創り出すバンド、キューン・フーのアルバムがUNIT Recordsからリリース。名門レーベルTZADIKからリリースされてもおかしくない、映像的な楽曲にコアな演奏がたまらない1枚。上記レーベルや摩訶不思議なサウンドに反応する方へ推薦のアルバムです。

■Christian Achim Kühn - guitar, comp
Ziv Taubenfeld - bass clarinet
Esat Ekincioglu - double bass Lav Kovac - drums




●ANDREA BAZZICALUPO / MATTONI / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4669 / 7640114796692 / 2,160円(税込)

Andrea Bazzicalupo - guitar
Jean-Marc Baccarini - tenor, alto and sopranino saxophones
Pierre Marcus - doublebass
Jérôme Achat - drums, percussions




● EVA KESS GROUP / Flying Curly / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4758 / 7640114797583 / 2,160円(税込)

Eva Kesselring – Doublebass, Composition
Peter Kronreif – Drums
Gregor Ftičar – Piano
Filipe Duarte – Guitar




●JEROME BERNEY / BLUE FLOWER SONGS / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4744 / 7640114797446 / 2,160円(税込)

Ganesh Geymeier – saxophone ténor
Fabien Sevilla – contrebasse
Jérôme Berney – batterie et compostion
Académie vocale de Suisse romande
Dominique Tille – direction




●FATJETA BARBULLUSHI / LULE BORE / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4756 / 7640114797569 / 2,160円(税込)

Piano - Gjon Guralumi
Vocal - Fatjeta Barbullushi
Bass -Tiziano Tomasetti
Clarinet - Damian Converset
Drums- Colin Gauthier




●DOMINIK SCHURMANN / UPSWING / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4741 / 7640114797415 / 2,160円(税込)

George Ricci: Tenor Saxophone, Clarinet, Bass Clarinet
Christian Gutfleisch: Piano
Dominik Schürmann: Kontrabass
Samuel Dühsler: Schlagzeug




●FABIAN MEYER / CHRYSALIDE / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4694 / 7640114796944 / 2,160円(税込)

Fabian Meyer - Piano, compositions
Sebastian Schuster - Bass
Felix Schrack - Drums




●FABIAN MEYER / CHRYSALIDE / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4694 / 7640114796586 / 2,160円(税込)

Mildred Aubry - Vocals
Floriano Inácio Jr. - Piano, Cavaquinho
Dudu Penz - Electric bass, Bass
Roberto Taufic - Guitar
Mauro Martins - Drums
JoaÌfo Bastos âEUR" Flute, Alto Flute
Frederico Henning - Mandolin
Rodrigo Botter Maio - Soprano Sax
Jr Denden - Guitar 7 strings, Banjo
Daniel Pezzotti - Cello Renato Campos - Pandeiro, tantaÌf, reco-reco, tamborim, afoxé, surdo, cuica
Fabinho César - Pandeiro, repique, agogoÌ`, tamborim, afoxe




●FRANKFURT EXPLORATION / BLUE CLOUDS / UNIT RECORDS / SUI / CD / UTR4646 / 7640114796463 / 2,160円(税込)

Heinz Sauer: sax
Bob Degen: piano
Valentin Garvie: trumpet
Markus Schieferdecker: bass
Uli Schiffelholz:drums




【BASHO RECORDS】

●TRISH CLOWES / MY IRIS / BASHO / UK / CD / SRCD532 / 5070000006758 / 2,376円(税込)

Trish Clowes – saxes, Chris Montague – guitar, Ross Stanley – piano/Hammond organ, James Maddren – drums





●ANDY SCOTT & GROUP S / RUBY & ALL THINGS PURPLE / BASHO / UK / CD / SRCD522 / 5070000006741 / 2,376円(税込)

Andy Scott - tenor saxophone, bandleader, Rob Buckland - sopranino and soprano saxophones, Krzysztof Urbanski - soprano saxophone, Simon Willescroft - alto and soprano saxophones, Dave Graham - alto saxophone, Mike Hall - tenor saxophone, John Helliwell - tenor saxophone, Rob Cope - tenor and baritone saxophones, Chris Caldwell - baritone saxophone, Jim Fieldhouse - baritone and bass saxophones

Gwilym Simcock – piano, James Pusey – guitar, Laurence Cottle - bass guitar, Elliott Henshaw – drums

With special guests; Barbara Thompson - tenor saxophone ‘La Grande Image’ Jon Hiseman – drums ‘La Grande Image’




【再入荷】

●EDDIE PALMIERI / LISTEN HERE! / CONCORD / US / CD / 0013431227625 / 2,160円(税込)

サルサ/ラテンジャズ界のピアノ・キラー、エディ・パルミエリ待望の新譜!さすがマエストロ、メンバーもスゴイ。ジョバンニ・イダルゴ、オラシオ・エル・ネグロ・エルナンデス、ジョン・ベニテス、ブライアン・リンチ等、強力なメンバーがズラリ勢揃い。さらにマイケル・ブレッカーも特別ゲストで参加!個々のホットなプレイも然ることながらアレンジ、選曲面も素晴らしい!パルミエリのオリジナル曲に加えて、ティン・ティン・デオやニカズ・ドリーム等ラテン・クラシックも見事なセンスでプレイ。




【TROST】

●KEN VANDERMARK / Burning below Zero / TROST / IMPORT / CD / TR139 / 9120036682061 / 2,160円(税込)

現代フリージャズシーンを牽引するケン・ヴァンダーマークがトリオ編成での作品をオーストリアのフリー系レーベルTROSTよりリリース。

■Elisabeth Harnik: piano
Didi Kern: drums
Ken Vandermark: reeds




●DANIEL LEVIN / Spinning Jenny / TROST / IMPORT / CD / TR153 / 9120036682276 / 2,160円(税込)






●BILLY PORTER / BILLY PORTER PRESENTS: THE SOUL OF RICHARD RODGERS / MASTERWORKS BROADWAY / US / CD / 0889854056223 / 1,944円(税込)

ブロードウェイのスター=ビリー・ポーターと、デボラ・コックス、インディア・アリー、ペンタトニックス等が共演ミュージカルの名曲がスタイリッシュに生まれ変わる!

トニー賞、グラミー賞など数々の受賞歴誇り、シンガー/作曲家/俳優/脚本家/監督としてマルチな才能で知られるビリー・ポーター。キンキー・ブーツのローラ役をはじめ、ブロードウェイ・ミュージカルでの数々の当たり役で人気を得る一方、これまでにソウル/ゴスペルのバックグラウンドを生かしたソロ・アルバム作品を発表してきた。今作はビリー・ポーターとしては4作目であり、初のプロデュース作品となる。1940~60年代にかけてブロードウェイやハリウッドで大活躍した作曲家、リチャード・ロジャーズによって書かれたミュージカルの名曲を取り上げ、デボラ・コックス、インディア・アリー、ペンタトニックスといった人気アーティストや、ブロードウェイの人気俳優と、ビリー・ポーターによるコラボレーションが楽しめる。共演アーティストの個性が光り、またソウルやジャズの要素を取り入れたアレンジによって、なじみ深い楽曲の数々が、ミュージカル音楽の枠を超えてスタイリッシュに生まれ変わる。<メーカーインフォより>





●BERT SEAGER / TETRAPTYCH / RPR145994426 / 0888295542258 / 2,160円(税込)





●西田まこと / ザッツ・ライフ / BSMF RECORDS / JPN / CD / BSMF5045 / 4546266211393 / 2,500円(税込)

関西の実力派ベテラン・ギタリスト、西田まことによる8年ぶりの最新アルバム!80年代の王道フュージョン・サウンドを核に、ファンキーでブルージーなロックからアダルトなスムース・ジャズまで、バラエティに富んだオリジナル曲を存分に聴かせる。全編で炸裂する確かなテクニックに裏打ちされたハイテンションなギター・プレイは必聴!まさにジェフ・ベック、ラリー・カールトン、ジョン・スコフィールドなどを踏襲した痛快フュージョン・ギター・アルバムだ!

西田まことは、1963年3月4日大阪出身のギタリスト。高校時代はディープ・パープル、ジェフ・ベック、バウ・ワウなどのロック系を愛聴。大学進学後はフュージョン・ブームに乗り、ラリー・カールトン、リー・リトナー、ナニワ・エキスプレス、カシオペアなどに傾倒。その後、本格的に音楽活動を開始しハードロックやポップス、ロック系のバンドを組んでライブを行う。1996年からはジャズを学び始め、関西で有数のギタリストである池田定男氏に師事。その後はポップス、ジャズ、ソウル、ファンク系のグループ、セッションで活躍。現在はギタリストとして様々なグループ(Chokami It!!、We Are Soul Fever!、松田一志グループ他)に参加するとともに、オリジナル曲を提供するなど作曲活動にも力を入れている。2009年にはソロ・デビュー作となる『Inishie』をリリース。川辺ぺっぺい(Bass)、荒木茂(Key)、逸見勝(Drums)と関西の腕利きミュージシャンが脇を固めたアルバムは高い評価を受けた。

(新譜案内より)




 
●SUSANNE ABBUEHL / PRINCESS / Vision Fugitive / AD4227C / 3521383442272 / 1,836円(税込)


Susanne Abbuehl (voix)
Stephan Oliva (piano)
Øyvind Hegg-Lunde (batterie)


 
●ROMANE / GYPSY GUITAR MASTERS / Iris Music / CD+DVD / FA549 / 3448960254922 / 2,484円(税込)
▼商品のお問い合わせ・通販のご注文はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ館】
tel : 03-5379-3551 fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp
営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00)

▼買取のご相談はこちら▼
【ディスクユニオン新宿ジャズ買取センター】
tel :0120-602-677
※携帯からは 03-5379-3551 受付時間11:00~21:00(日祝は20:00)
CD・DVD・レコード・音楽本 高価買取致します! 無料見積・都内即日訪問
ジャズレコード/CDの買取は廃盤のスペシャリストが揃う新宿ジャズ館へ

友だち追加数
Bookmark and Share

diskunion 新宿ジャズ館

友だち追加数

新宿区新宿3-31-2丸江藤屋ビル
tel : 03-5379-3551
fax : 03-5379-3552
mail: ds2@diskunion.co.jp

買取専用フリーダイヤル

0120-602-677
03-5379-3551 (携帯電話の方)

営業時間

11:00~21:00 (年中無休)
(日・祝は、11:00~20:00)

 

twitter

レコード館 twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
新品CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう
中古CD twitter:
diskunion_S_NCDをフォローしましょう

 

リンク

 

もっとしぼりこんで探す
このナビゲーションを隠す